Juuuust chillin' out!!

イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記

Entries

クリスマスまで2週間!

やっぱ12月は早い!!

なんだかんだとバイトが終わってほっとしてると12月も中旬&クリスマスまであと2週間!!
大阪の町もいろんなところでイルミやらやってる様子。

大阪の観光名所の1つにもなったUSJ(大阪人は「ユーエスジェー」ではなく、「ユニバ」と言います)でも、かなり大きなクリスマスツリーが飾られて、花火とかもやってるみたい。

町のケーキ屋さんもクリスマスケーキの予約受付に大忙し。

ここ何年かクリスマスやお正月は日本で過ごしてる私。
イタリアで過ごしてる時は、日本の生クリームがたっぶりのクリスマスケーキが食べたいな~~~って思ったけど、それがあると逆にPandoro(パンドーロ)が食べたいな~って思ったり(笑)。

あっ、最近こちらでもたま~~~~に、パネットーネとか見るんです。
それもイタリアから輸入したんじゃないやつ(自家製)。

以前にも書きましたが(こちら)、イタリアの2大クリスマスケーキと言えば先述のPandoroと、ミラノ発祥のPanettone(パネットーネ)。

そう、どちらも北イタリア発祥のお菓子です。

Abruzzoにもアブルッツォ独自のお菓子があるんですけど、やっぱアブルッツォ以外ではほぼ見ないし、ましてや日本でお目にかかることはまずないなぁ

特にあんまり食べた回数がない、Caggionetti(カッジョネッティ)が食べたいなぁ・・・・

相方を含め、アブルッツォ友は、かなりParrozzo(パッロッツォ)が好きな様子。
私てきには嫌いではないけど、これ、すっごい口の全水分を奪っていく代物。
飲み物なしで食べ始めたらやばい!って感じです(獏)。
なので、私はそ~~~~んなに好きってわけでもないかなぁ。。。

まぁアブルッツォはDeepな感じだとしても、どうしてクリスマスのお菓子は北イタリアのものが主流でイタリアで流通されてるのかなぁ?!?!
中・南部のものも1つぐらい入っててもいいのにってたまに思う。
きっと北イタリアの方が工業が栄えてるから、大量生産がしやすいのかなぁ。。。

普通のお食事もそうだけど、州によって食べ物が違うイタリア。
クリスマスのお菓子もきっとそうだろうと創造してる。
他の州のクリスマスのお菓子を食べるチャンスってほっとんどないけど、これからは色々と試していけたらいいなって思ったり。

今年もイタリアのクリスマス・イルミが見れない&メルカート(マーケット)に行けないのも残念だけど、おいしい日本の御節があるからよしとしよう!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

月別アーカイブ