07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Bordeaux~2日目・2階建てバス観光編前半

2014年10月02日
ポルトガル人たちとお別れした理由は、CITY PASSの料金に含まれている、階建てバスツアーに参加するため!

090914T01.jpg
↑こちらが階建てバス

THEおのぼりさんだけど、結構こういうの、好き~~~

CITY PASS提示で、バスに乗り込む。
運転手さんがパスの確認の後、イヤホンをくれる。
2Fの好きな座席に座り、好みのオーディオガイド言語を設定↓
090914T02.jpg

ちなみに、「1」は、「2」は、「3」は、「4」はでした。
※あとは写真に写ってる言語が選択可能。

私が参加した時点でのバス運行は、観光案内所前から、11:00、13:45、15:30、17:15発。
所用時間は約70分。

参加した日は日差しも強く暑かった。
11時のに参加したかったけど、観光案内所でパスを買って外に出たらすでに出発した後だったんで、あえて暑そうな時間を外した最終便にしました。

しかし結論から言うと、午後5時過ぎでもまだ暑く、日が落ちかけってこともあり、結構な日差し!
なので、かなり写真を撮ったけど、逆光とかになっててボツ写真の連続となりました

行く時期によるかもだけど、やっぱ11時を狙うのがいいのかなって思ったり・・・・

観光案内所横を出てまず向かったのは、やはり(!)

090914T03.jpg
↑Place des Quinconces(カンコンス広場

カンコンス広場のところでも書きましたが、

090914T04.jpg
↑広場では催し物が開催中(か、その準備中)!

そこから川沿いの道路を行きます。

090914T05.jpg
↑Place de la Bourse(ブルス広場)の前も通ります。

ご覧のように、本当に太陽が照ってるんです

そして、Porte Cailhau(カイヨ門)の前を通り(ここの写真は逆光でボツ!)、

090914T06.jpg
↑Porte de Bourgogne(ブルゴーニュ門)の前を通ります。

ここからPont de Pierre(ピエール橋)を渡るのかしら・・・と思ったら、まだまだ川沿いの道を直進!

090914T07.jpg
↑Conservatoire de Bordeaux Jacques Thibaud(ボルドー地方音楽院)の前を通ります。

こちらは自力で行かなかった場所!
フランス語名には入ってる“Jacques Thibaud(ジャック・ティボー)”はボルドー生まれの音楽家。
詳しくは日本語名に貼ってるリンク先(wiki)をご覧くださ~い!

こちらの音楽院を過ぎてすぐの交差点のところに、何やら目立つ建物が↓と思いきや・・・
090914T08.jpg
↑ガソリンスタンドだった(笑)。

そのまま直進していくと、何やらお城のような豪華な建物が。

その建物は大きすぎ、バスからはうまく写真が撮れなかったのですが、それは旧Château Descasでした。

090914T09.jpg
↑今はクラブなのか、レストランなのかになってるみたいだけど・・・

Descas Père & Filsというボルドーワインのネゴシアンの邸宅だったようです。

ワイン樽製造者だったJean DescasはMaison Descasを設立し、1861年からワインの販売を始めたそうです。
色々とあり、今ではDescasファミリーのメゾンではなくなったようですが、メゾンとしてのワインは存在し、会社の場所もガロンヌ川対岸にあるそうです。
詳しいDescas家の歴史は該当サイトに掲載されてるので、ご興味のある方はそちらをご覧くださいね。

その後バスは、Gare Saint-Jean(サン・ジャン駅)付近まで行き、橋を渡ります。

090914T10.jpg
↑渡った橋から見えていた電車の鉄橋

と、何だか色々書いてるとやけに長くなってきたので、2回に分けます

後半へ続く・・・
フランス | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示