Juuuust chillin' out!! Osteria d’Alberto @ Brissago Valtravaglia

Osteria d’Alberto @ Brissago Valtravaglia

春ぐらいからでしょうか。
相方が本当に出張続き!
ひどい時は約1週間出張に出て、1日か2日帰ってきてまた出張・・・
そうなるとイタリアへの買い出しがなっかなかできずに冷蔵庫が空っぽ~~~~になっちゃう

先月15日にちょっと買い出しへ行こう!ってなったのですが、ここんところイタリア方面は大渋滞
ドイツやオランダ、最近は結構イギリスやら北欧ナンバーもよく目にする。
皆さんバカンスなのね・・・

15日はど平日だったので、仕事の後に閉店ギリで入れるか?!って感じだったけど、この渋滞で無理だろうな・・・となり、いつもとは違う場所でお買い物
そのスーパーはあまり好きではないスーパーなのですが、冷蔵庫に何もないよりはずっとマシなので我慢してGO

平日だし、いつもならそこで即家に帰るのに・・・

相:外食しよっかな~~~!!!
G:えっ?!
相:何か外食の気分!!
  どっかいいとこないかなぁ・・・
G:ここからだったらOsteria D'Albertoそんなに遠くないんじゃない?!
相:決まり!!

で向かった先は今回で3回目となる(1回目2回目Osteria D'Alberto

相方と私のお気に入りレストランの1つです。

今回のお食事のお供は、
15071401.jpg
Poderi Mattioli社のYlice。

Abruzzoのお隣、マルケ州の白ワインです。
これ、おいしすぎで、相方しょっぱなからガブガブ飲み過ぎ!!

お陰で「ガブガブ」という言葉を覚えました(笑)。

ちなみに、急に行くことになったので、カメラを持ってきてなくって、携帯での撮影です。

15071402.jpg
相方のプリモ↑Ravioli di burrata e melanzane con pomodorini profumati alle olive taggiasche(ブッラータ・チーズと茄子のラヴィオリ タッジャスカ種のオリーブの香りのプチトマト添え)

これ、相方の携帯で撮影。
何か光が弱いといつもこの赤味が強いのはなぜ?!

15071403.jpg
私のプリモ↑Pasta fagioli e cozze(パスタ、お豆さんとムール貝)

これ、めっちゃおいしかった!!!!
と、こちらは私の携帯。
いい感じでしょ?!
なんで私のですべて写真を撮らんかったかというと、電池がなかったから。。。

と、言うのも、このプリモが来る前に謎の電話が

まず相方の携帯が鳴った。
いつもイタリアでスイスの携帯が鳴った時はローミング代がバカ高いから、こっちからかけなおすようにしてる。
見ると「プライベート・ナンバー」と表示で電話番号が出んかった。

特に待ってる電話もないし、そのまま放置。
いつもはここではい、終わりなんだけど。。。

私の携帯が鳴った。
二人の携帯番号を知ってる人ってかなり限定される。
こちらも同じく、「プライベート・ナンバー」と表示。
でも私も放置してた(苦笑)。

めぼしく人に相方が電話してると(結局違ったみたいだけど)、また割り込み電話が入った様子。
「プライベート・ナンバー」ってことは家電の可能性が高い?!ってことになり・・・

相:もしかしたら家で何かあったんかも!!!

とか言い出し、私の携帯を取り上げ、実家に電話し出した

結局違った(って私の携帯番号は言ってないし)のに、いつものごとく長電話・・・・
で、電池がかなり消耗してしまったのです。

ちなみにこの謎の電話の主はいまだに謎!
3回も電話してきたから、緊急?って思ったけど、翌日もその次の日もどちらの携帯にもそれらしき人からの電話はなかった。

もとい・・・

15071404.jpg
相方のセコンド↑Seppie del Mediterraneo arrosto con purea di patate allo zafferano(地中海産コウイカのグリル サフラン風味のマッシュドポテト添え)

これが相方的に超~~~~~~ドンピシャみたいだったようで、しきりに、

相:理想!
  おいしすぎ!!
  まだ食べれる!!!

と、うるさかった。
ちなみにこの時点でワインはすでにない感じでしたけど(苦笑)・・・

15071405.jpg
私のセコンド↑Salmerino del nostro lago spinato e cotto alla brace(地元産カワマスのグリル)

こちらもおいしかったです。
でもお味見させてもらったけど、やっぱ今回は相方のセコンドに1票かな(笑)。

15071406.jpg
↑こちらは相方のイカにかけるオリーブオイル。
このオイルがおいしかったらしい。
後でパンでお味見しようと思ってたのに、ベラベラ喋り過ぎて忘れてた(苦笑)。

15071407.jpg
↑お店からのサービスのデザート用のワイン

これが、見えますかねぇ、王冠キャップなんです!!
ワインにしたら超~~~~~希少。
始めて見た!!!

このワインがまたうまかった~~~~!!!!

15071408.jpg
↑迷いに迷ったデザートは見かねて盛り合わせにしてくれた(爆)。

何気にティラミスが激うま!!

毎回、毎回堪能させてくれるこのお店!
もう少し近かったらほんともっとしょっちゅう行くのになぁ・・・・

続きはお隣のテーブルにいた人たちの小話。




Osteria D'Alberto
住所:Via Garibaldi 15, Brissago Valtravaglia
電話:+39 333 110 0404
営業:木~火 12:00~23:30
    水・定休
お隣のテーブルの老夫婦と中年夫婦(どうも家族っぽかった)はどうもティチーノ人のよう。

帰りがけに、店主アルベルトに

隣:待ち時間が長すぎ!!

と、文句を言って帰って行ったそう(苦笑)。

確かにこのお店は観光地のようにできたものを再加熱してすぐに出てくるお店ではない。
オーダーが入ってから調理。
それも1テーブルに人数がいれば、一斉にみんなのものが出せるように時間を合わせて調理される。
何を頼みはったんかは???やけど、もちろん一人がリゾットを頼むと、一番時間のかかるリゾットに合わせて他のお料理も準備される。

ファストフードや観光地のはっきり言ってマズいレストラン以外では、オーダーして即出てこないのはイタリアでは常識だと思う。
逆に私なんかはルッカのレストラン(こちら)のように即出てくると、食べる前からテンションが下がる・・・

待たせすぎと言ってもマックス15~20分ぐらい。

そのために、アミューズが出されたり、グリッシーニ類が出されたりするわけだが。。。
大抵のイタリア人はおしゃべりが大好き。
食べだすとやはりおしゃべりがしにくくなるので、この待ち時間はかっこうのおしゃべりタイム。

ちなみに今回で3回目だが、お料理お待ち時間が気になったことはないなぁ、私・・・
確かに色々とティチーノのレストランに行ったけど、ほぼ99%は「あ~、これってオーダー入ってからいちから作ってないよね・・・」という速さとそれなりのお味。

確かにお隣、4人もいたのに、お通夜のように、シ~~~~~ンとしてたなぁ・・・
同じイタリア語を使うと言えども、やはり文化はかなり違うんだなと痛感しました。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)