07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Bistrot du Terroir @ Compiègne

2014年07月21日
結局1日目の夜は何も食べなかったので(昼がかなり遅かったし)、2日目はちゃんと食べましょうと色々検索して、Bistrot du Terroirという市庁舎の裏近くにあるビストロに行くことになった。

300614C01.jpg
↑外観はこんな感じ

単品でもオーダーできるけど、相方は“Menu Plaisir”、私は“Menu du Terroir”というセットメニュ-にすることにした。

どちらも前菜、メイン、デザートそして1ドリンクがついてきます。

相方のメニューと私のメニューの違いは前菜とメインのチョイスが違いです。

300614C02.jpg
↑私の前菜はサーモンとズッキーニのフリット

300614C03.jpg
↑相方はホタテのグリル

サーモン、ちょっと加熱されてるかな・・・って期待してたけど、結構生っぽい感じで出てきた

私、生とスモークのサーモンは超~苦手!

で、相方がお味見したらどっちも好きなお味みたいだったんで、替えっこしてもらった

だったらサーモン頼むなよって話なのですが、ほんとちょっとでも加熱されてると大丈夫&好きなので、期待してたんです。。。

300614C04.jpg
↑私のメインはブフ・ブルギニオン

300614C05.jpg
↑相方のメインは白身のお魚のソテー

どちらもおいしいけど、すっごい濃厚なお味。
THEフランスって感じのプレート。

何気に年のせいか(!)、私のお肉、半分食べた時点でギブアップ

めっちゃ柔らかだし、おいしいんだけど、やっぱこの濃厚さはダメなのよね。。。

ちなみにこちらのお店、Trip Adviserで見て来たお店だったと思います。
Trio Adviserのフィードバック・コメって面白いですよね(爆)。

ここもネガティヴ意見派は「サービスが遅い!」という英語で書かれたコメントでした。
確かにファストフードになれてるお肉の方々には夕食時間を楽しむお国のサービス(ゆっくりめ)は遅く感じちゃうのかな。。
まぁ、ちょっと遅めなサービスではあったけど、ネガティヴな意見を残すほど気にはならなかったけど。

英語圏の人のネガティヴ意見って、大抵この「サービスが遅い」、「英語が通じない」、「英語メニューがない」なのが面白い。サービスの部分はともかく、英語圏を出たら後者の2つはそりゃ、そうやろって感じ。

メインの残りは相方にお手伝いいただいたものの、デザートは別腹!

300614C06.jpg
↑私のデザートは栗粉を使ったケーキ

300614C07.jpg
↑相方は確かクレームブリュレ

やっぱデザートも濃厚!

フランス料理っておいしいけど、やっぱ濃厚・・・
次回来るチャンスがあれば、私は単品でいこうと思いました。



Bistrot du Terroir
住所:13 Rue Eugène Floquet, 60200 Compiègne
電話:03 44 40 06 36
営業:月~土 12:00~14:00/19:00~22:00(週末は~23:00)
    日曜定休
フランス | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示