07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

およばれ

2014年02月24日
バレンタインの翌々日にお友達からランチのご招待を受けていた。
前日に寝込んでいた私と、前夜徹夜をしていた相方。

G:ランチからディナーに予定変えてもらえない?!

とSMSを送りディナーに予定を変えてもらった。

16021402.jpg
↑お手伝いをよくしてくれるダ~リン!

わが家の幼3とは大違いだ(爆)。

この日のメニューは奥様であるM作の・・・

16021401.jpg
↑ピッツォッケリ!

Mはお料理上手で健康志向につき、スタンダードなピッツォッケリではなく、軽めに仕上げたピッツォッケリだったので、ついついおかわりをしてしまった我々(笑)。
いや~マジ彼女はお料理上手!!

秘訣はバターの代わりにオリーブオイルを使うってことらしいんだけど、その匙加減が結構ムズイ気がしないでもないんだけど。。。
ほんとおいしかった。

そしてディナーの後は・・・

16021403.jpg
↑ガレージを改装して作ったシネマ・ルーム

なんとお部屋には名前がついていて、Mのあだ名がつけられています

いつも思うけど、ほんといい夫婦だな~~~~!!
旦那さんのLとの付き合いの方が長い我々だけど、今やMともほんといいお友達♪

16021404.jpg
↑お部屋をどうやって改装したのかなどの説明を聞いているところ。

この日皆んなで見た映画はこちら↓
プレステージ [Blu-ray]

ネタバレのあらすじと感想は続きに・・・

ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)は、ライバル同士のマジシャン。
最初はアンジャーの妻であるジュリア(パイパー・ペラーボ)とともに水中縄抜けのマジックを得意としていた。

そんなある日ボーデンが結び目をもっと複雑にしてはと提案する。
アンジャーをはじめ、彼の師であるハリー・カッター(マイケル・ケイン)には却下される。
しかしボーデンはある日こっそりとこれを実行。
その結果、ジュリアは縄抜けに失敗し、死亡へと至る。
それを機にアンジャーはボーデンへの復讐を誓う。

時は立ち、別々にマジシャンとして活躍し始めた二人。
ボーデンはほどなくしてサラ(レベッカ・ホール)と出会い、結婚。一児をもうける。

またアンジャーの元にはオリヴィア(スカーレット・ヨハンソン)が助手として新たにマジックに加わった。

ある時ボーデンは、拳銃マジックを思いつく。
そのマジックの際、客としてまぎれていたアンジャーの細工により、左手の指を2本失ってします。

とにかくここからはお互いがお互いのマジックのトリックを見破り復讐劇がなされていく。。。

感想。
すごい執念やな~ってのがまず出てくる感想でしょうか(笑)。
俗に女の執念は怖いって言うけど、男の意地と執念も相当なもんやなって感じました。

まずなんでボーデンはトリガーとなった不用意な縄の結び目を打ち合わせなく変えてしまったの??って感じ。
それをすることによって彼のメリットはまったく感じられないし、逆に起こった事故は予測できたのでは?!って気がする。
まぁこれがなければ話は展開していかないから必要ちゃ~、必要はシーンなんだろうけど。。。

結構最後の方はどんでん返しに次ぐどんでん返しって感じで、ついていくのに大変だった(笑)。
特にイタリア語で観たもんだからマジたいへんでした

映画には懐かしの(だよね?!)デビット・ボーイなんかも出てきて、うぉ~~~って思ったりもした。
もう一回違った目で観てみたいなって思いました。
あっ、できればせめて英語で(笑)。。。
映画・ドラマ・音楽 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示