07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

永遠の幼3と真の幼3

2014年02月07日
昨日は一日だけいいお天気だったけど、ここ3日ほど徹夜→朝から昼にかけて寝る相方のせいで(!)結局時間がうまく取れずに掃除して終わってしまった

そして今日も・・・



お天気がいいことだけが取り柄のLuganoからお天気を取ると・・・
いやはやです、ほんと。。。

さてさて・・・

アリタリアのストなんかもあって、結局今回3か月ほど日本に滞在していた私。
1年ぶりに会う両親および妹はすでに大人につきあまり変化なしって感じ(笑)。
反面やはり成長が見てとれるのは子供たち!!
甥っこが1・2・3といるのですが、1は去年にも増して顔から子供っぽさが消えて青年って感じ。
背もかなり伸びて今やうちの父親よりも背が高くなっている。
まぁ色々と難しい年頃でもあるけれど、比較的精神面は幼く素直でよい子です。

2は背こそうちの母親を越した(うちの元々の家族内では母親が群を抜いてチビ)けど、顔つきなどは一切変わらず。
昔の写真を見てもずっとこの顔なんで、きっと一生ほぼ顔が変わらんタイプなのかなって感じ。
性格はやけに3と対抗し、やや子供返り(って年でもないのに)か???

そして3!
この甥っこ3は私がLuganoに引っ越してから生まれて子で、まさにただ今新の幼3(幼児3歳)!
超~~~~~かわいい時期です。
今回異常~~~~に私になついていて、ともにする時間が多かったのですが・・・・

行動がわが家の幼3に似てる!!!

例えば・・・

1. 行動は自分の気持ちの赴くまま
2. とにかく散らかす
3. そして散らかす!!
4. もちろん片付けない
5. 自分の偏愛していることを繰り返しする
6. 色んなことに興味津々
7. 人がすることは自分もできると即試みる
8. やたら寝る
9. お菓子が好き
10. 特にチョコとアイスは歯止めがきかない

などなど・・・

しかし甥っこ3は成長し、来年帰国できたとして、来年は幼4になって少しはお兄さんになっているだろうけど、わが家の幼3は永遠の幼3・・・

子供がいないのに幼児の扱いがうまいと妹に褒められたけど、日ごろから幼児のようは大人を扱っているからだろうと思いました。

相方よ!
君のお陰で甥3は私にメロメロだったよ、ありがとう!!
何よりも超~多忙な中、3か月も帰らせてくれてありがとね

ちなみに3か月も不在にしたために、嫁のありがたさが身に染みた様子のわが家の永遠の幼3です。。。
Amore | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示