Juuuust chillin' out!! 3月のお弁当(2013年)

3月のお弁当(2013年)

ニュースを見ているとPasquaの時期、イタリアでは雪崩があったりもしてお天気があまりよくなかった様子だけど、Luganoは土曜に雨が降ったけど、金曜も含めてそれ以外の日はまぁまぁないい感じのお天気だった。

310313.jpg
↑桜か アーモンドかのお花が咲いてて春を感じ始めました。
※Pasqua中に撮影

さらに今日に至っては日中、13℃ってなってるけど、絶対にもっとあったと思う
薄手のセーター+皮ジャンで出かけたら。。。

汗だく

ドイツ語圏からの人っぽいお兄ちゃん(顔がドイツ語圏風)は半袖Tシャツやったもんなぁ・・・
さすがにそれははりきり過ぎやろっ ってつっこみそうになったけど、長Tにパーカーぐらいでちょうどいいかもって感じやった。
何だか今日は忙しいのに汗臭いからまたシャワーして、余分な作業が多過ぎ・・・


さてさて自己記録のために・・・

3月1日(金)
O130301.jpg
エビのグリル&野菜もろもろとおにぎり。


3月4日(月)
O130304.jpg
パッサータライス。

この日、冷蔵庫は空。
いつもは・・・

G:お弁当いる?!
相:別に~・・・どっちでも~・・・

なクセに!!この冷蔵庫が空な日に限って。。。

G:今日はお弁当なしな。
  いらんやろ。な~んもないし!
相:えぇ~~~~~!!!
  何とかして!

で、冷蔵庫空の時のお助けメニューのパッサータライス。
聞く時に「いらんよね。」じゃなく「いる?!」って聞けばよかったのか?!


3月6日(水)
O130306.jpg
豆腐ハンバーグ&野菜もろもろとおにぎり。


3月11日(月)
O130311.jpg
タラのフライ、お豆さん&野菜もろもろとおにぎり。


3月12日(火)
O130312.jpg
ターキーのハーブ焼き、お豆さん&野菜もろもろとおにぎり。


3月13日(水)
O130313.jpg
タラのフライ、ゆでたまご&野菜もろもろとおにぎり。


3月14日(木)
O130314.jpg
コトレッタ&野菜もろもろとおにぎり。


3月15日(木)
O130315.jpg
パスタ。

この日レンジでチンのパスタに初挑戦の相方。
もちろんパスタをチンする容器はじょばさんからのいただきもの(こちら)。
まず仕事に行く前・・・

G:自分でできる?!
  やめとく?!
相:できる!!

しかし数分後・・・

相:どうすんの、これ。
  ちゃんと説明してよ~~~~!!!

で、どこまで水を入れるか、何分チンするか(紙に書いてはっといた)、チンした後茹で具合を見てダメそうならまたチンをしてとか支持。

そしてどうやら会社で・・・

同:え~~~~、イタリア人やのにレンジでチン?!!

と写真撮影されたそうな(爆)。

しかし結構本格派に仕上がることがわかった相方は・・・

相:次回はこれと鍋でゆでたんとでブラインド対決してみたいもんやわ!

と、鼻息荒し(爆)。



3月20日(水)
O130320.jpg
シーフードフライ&野菜もろもろとおにぎり。
※シーフードフライが入るお弁当箱が見つからずにアルミフォイルに包んで持参することに。


3月22日(金)
O130322.jpg
茄子のオーブン焼き、タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。


3月26日(火)
O130326.jpg
コトレッタ&野菜もろもろとおにぎり。
※この日よりダイエット開始らしく、お弁当は超~縮小版。


3月28日(木)
O130328.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

また今月も頑張ります

コメント

ついに!?

秘密兵器のパスタ茹でグッズがデビューしたのですね。初回の成功を機に、Giannaさんがちょっとお休みしたい時など、このグッズが幅をきかせるようになるといいですね〜。それにしても、日本の便利グッズは素晴らしいですね。そしてプレゼントしてくださったお友達の方も、そのお心遣いが嬉しいですよね〜。
お弁当、というかこちらの「お弁当もどき」って、パニーノにバナナ、チーズ、サラミ...とかそういうノリが多くて、なかなかお写真のようないわゆる日本のお弁当には巡り会えないので(自分で作らない限り)、旦那様がとってもうらやましいです!

そうなんです!!

このパスタ茹でタッパ、超~~~~便利です!
元々お友達の仕事場で集まって飲み食いしてた時にお友達が使ってるのを見て「どこで買ったの???」って聞いてたらプレゼントしてくださったんです☆
わが家はレンジがないので、最初は欲しいけど使わんなぁ・・って思ってたけど、相方の仕事場にレンジがあると聞いてこりゃ~ぜひとも!!って思った探してたんです。
忙しい時とか本当に便利!!
日本って工夫されたものが色々と売ってるなってつくづく思いました。

おっしゃる通り、こちらはお弁当文化ではないので圧倒的にお弁当部屋に集まる人たちはどっかで買って来た切り売りピザ、チーズとサラミ類+パン、サラダ、パニーノが圧倒的だと言ってました。中にはパスタ(できたやつ)を持ってきてチン!ってしてる人もいるみたいですけど、これだけは絶対に嫌だと相方から言われてるので、うちは基本パスタは持って行かせてませんでした。
でもたまにはパスタ食べたいやろな~(基本わが家は夜はプリモなしなので)って思ってたから本当に嬉しいです。

わ〜〜い!!!ついにチンパスタ(と、我々は呼んでいる)、デビュ〜ですねvvv 美味しく使ってもらって何よりデスvv 中にパスタ入れて持って行く…ってのが斬新!!塩もしっかり入れてねvv イタリア人なのに…って、他の人にはとっても奇異に目に映ったんだ?うんうん、確かに…だろ〜な(^^ゞ 一躍時の人?!でも一口食べたらその「実力」にみんな驚くはず!!

>>次回はこれと鍋でゆでたんとでブラインド対決〜〜
ワハハ!!!(≧▽≦)/// ウケタ!!ナイス〜〜!!
私もしてみたい(笑) ってか是非隠し芸大会でやってみてみて〜vv 景品はもちろんパスタ1年分!(笑) あ、コレ友人うちでもできそうじゃない??

そこはやっぱ・・・

幼3がザルいので、食べる量を持って行かせないと「パスタが多過ぎてソースとからまんかった・・・」か「パスタが少なすぎてお腹が減った・・・」って文句を言うので!
そうすると次回、「もう嫌だ・・・」になるからここはきちっとツボを押さえております(談:母)。

お塩や調味料類はどうも会社にある(勝手に人のを使ってる?!)って言ってたんで、お塩は持たせずに行かせたんですけど、「塩入ってないから水と塩を入れてチンするんやで!」って言ってあったので、多分入れてたはずです。
それに家ではな~~~~~んもせん幼3なんですけど、少しずつお手伝いもさせていて、習慣になりつつあることがいくつかあるんです。そのうちの1つにパスタを茹でる前に塩を入れるという作業。えっ?!って感じでしょうが、いつ起きるか、ランチを食べるんか朝ご飯にするんかも謎の幼3!起きてからが嵐の始まりで時として幼3がボッサ~~~っと起きてきてすぐにプリモとセコンドの用意をせねばならぬ母(=私)がいるのです。
なのでティファールでお湯をわかしてる間にセコンド準備にとりかかり、ティファールがパチっとなったらそれを鍋に入れて塩を入れる係をさせています。(それしかしないって説もあるけど。)だから多分今回もできていたと思います(爆)。

イタリア人たちからは避難ごうごうだったらしいけど、相方いわく、「朝作ったパスタを持ってくる方が信じられん!」らしいです(笑)。確かにゆでたてがこれだと食べれるんだもの!!
新兵器をありがとうございます、じょばさん♡
と、一度じょばさんもブラインド対決してみて~~~~☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)