Juuuust chillin' out!! ハラハラ~~!!

ハラハラ~~!!

UEFA EURO 2012が開催されておりますが、昨日は準々決勝最終試合にしてイタリアの試合でした

もちろん結果は↓だったのですが・・・
CoppaE2012QF.jpg
※写真はUEFAより拝借

いや~、も~~~~ほんとにハラハラ

まず、今年Azzurri↓を率いるのは今や大御所Buffon。
SquadraItalia2012.jpg
※写真はUEFAより拝借

今回何かと活躍しているPirloといい、昨晩ナイスセーブのBuffonといい、登場を心待ちにしてたのに昨晩は活躍の場がなかったToto Di Nataleといい、イタリアチームは30代頑張ってます

まずこのAzzurriたちはCグループ↓から勝ち抜いてきて、この準々決勝に辿り着きました。
CoppaE2012.jpg
※画像はUEFAより拝借

この図でお分かりのようにスペインについでの2抜けです。
いや~この2抜けもハラハラだったんですけど。。。

まず初戦はこの1抜けのスペインと1-1で引き分け、2戦目もクロアチアと1-1で引き分け。

その間、スペインはアイルランドに4-0で、クロアチアに1-0で勝って唯一イタリアとは引き分けだったので負けなしやし、クロアチアはスペインにこそ負けたけど、アイルランドに3-1で勝ってて、イタリアとは引き分け。

イタリアは負けこそないけど、勝ちもなく微妙~~~~な感じで最終戦アイルランド戦に挑んだわけで。。。
アイルランドも後がないだけに必死やったやろうし。
そんなドキドキの試合を2-0で勝利をおさめたのでCグループ2抜けとなりました

準々決勝の対戦相手はDグループ(イギリス、フランス、ウクライナ、スウェーデン)の1抜けと。
なんとな~~~くフランスが1抜けするか?!って思ってました。
となると、この準々決勝は対フランス・・・

ぶっちゃけ対フランスは心理的によろしくないです
個人的にはあまり思い入れがないのですが、この時ばかりはイギリスチームをにわかに応援(苦笑)。。
功を奏してか(??)、イギリスが見事Dグループ1抜けとなったため、昨晩の準々決勝は対イギリス戦となりました。
しかしスペイン対フランスの準々決勝の試合を観てたら、対フランスのがよかったか?!と思うぐらいになんだかいつものフランスらしからぬ試合だった気もするけど。フランスちょっと不調なのかしら?!

そして昨晩。。。
実はCinema al Lago Lugano 2012The Artistやってる日だったんで、準々決勝の日が決まるず~~っと前に相方と行こうって約束してたのですが、返上(笑)!

さらにはAから突如昼に電話があり、

A:うちで一緒に見よ~~!

で、これまた急遽Aのお宅へお邪魔することに
準備↓を整え、いざ観戦
CalcioItalia01.jpg

ちなみに上の向かって右端はこれ↓
CalcioItalia02.jpg

かなり前にもらったイタリア国旗に国歌が書かれたすぐれもの(笑)。
随分前にこっちに来た際におきっぱにしていた品の1つなのですが!!

相方、勝手に使ってた!

どこでいつ使ったのかは謎なのですが(恐らくイタリアの試合)、横についてた棒がなくなってました。。。
本当は棒につけてふるんですけどねぇ・・・

これ随分前の試合で誰かにもらったもので、その時はその場(イタリア戦だった)で配りまくられてたもの。
が、その後何かの時にちょうどええわ!と持って行ったらイタリア人に

伊:ちょうだい、それ!!

って言われました(笑)。

配りまくってた時に実は2つほどもらってたんですけど、降り過ぎて1つはダメにしてしまったのでこれが唯一私が持ってるもの。だから丁重にお断りして大事にしてましたが・・・・

我が家の伊人が。。。

ちなみに見えにくいですが向かって左上のはこうやって使います↓
CalcioItalia03.jpg
※これはCグループ内最終戦の時の写真です。

全く関係ないですが、相方のもじゃ毛に先日虫が迷いこみ、あまりの密林に出口が見つからず相方の一打で成仏することとなりました。密林には気を付けましょう・・・・

もとい!
どうもAの彼女のCはあんまりサッカーに興味がないようで(イタリア人です)、応援グッズのタオルマフラーを見て・・・

C:タオル?
  それって何に使うの???

と言われちゃいました

あまりにも応援に必死でカメラを持って行ってたのに一切写真が撮れてませんがAも相方もイタリア応援ユニフォーム着での応援でした。私は買いそびれてひとまず国旗カラーの1色である赤シャツで応援してました。

ボール所有率は断然イタリアのが多かったのに、ここぞというところで決まらないゴール
某ラジオ局のインタビューで大口たたいてたBalotelli、なにしとんねん!!とそうツッコミ
我らが(?)ピッポはボール所有率は少ないかもやけど、ここぞ!!って時には決めてたように思うんだけど・・・

結局、延長戦に持越し。
そこでも決着がつかずでPK戦(イタリア語ではTiri di rigoreと言います)!
PK戦ってば本当に運次第な気がする。
まさにみんなで神頼み

まずはBalotelliが成功。
が、イギリス側もGerrardが成功。

2番手のMontolivoが外しちゃった
が、Rooneyはしっかりと決めてきた。

この後のMontolivoの顔が観てられない
いや~責任感じるよね・・・

そして3番手はPirlo
もちろんきっちりと決めてくれましたが、いや~~~ほんと見事なゴール
一番いい感じやったんとちゃうでしょうか?!!
さらにMontolivoの重責を感じたのか大御所Buffonの顔が怖かったのか(笑)?!イギリス側のYoung、外した~~~!!

ここでタイタイです。

ここからはきっちりと決めていかんといかんイタリア!
4番手はNocerino。もちろんきっちりと決めてきました。
反面イギリス側のColeは。。

Buffon気迫でとめた~~~~~

ここでイタリアが一歩リード。
最後のDiamantiが決めればイタリアはベスト4進出になる。
かなりのプレッシャーやったと思います、Diamanti。
しかしもちろん

ゴ~~~~~~ル

Azzurri たちもへとへとになりながらのベスト4進出を決めました

準決勝戦は今週の木曜、対ドイツです。
ちなみに前日の水曜にはポルトガルVSスペイン戦が行われます。
こうやって見ると、グループBとCの2チームがベスト4に残って来たってことになる。
明日からまたまたスペイン行きの相方とは準決勝戦を一緒に観戦できませんが、ドイツ戦も頑張れ~~~~~!!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

いや~

本当にドキドキものでしたね!いや~、勝ってよかった!!私は一人自宅のテレビ前で、グッズなしの素観戦(?)したのですが、終始一人で喋ってました(サッカー経験もないのに勝手に指示出ししたり檄を飛ばしたりして)。あまりに得点が入らないと、まさかいきなり逆襲受けて得点されちゃうんじゃないでしょうね...なんて不安もよぎったりしますよね。
ともあれ、手に汗握りつつ興奮気味に観戦していたのですが、意気地なしの私は、最後のPKが怖すぎてまともに観戦できず...。毎回、各PK直前にチャンネルをお隣の局にスイッチして、ご近所の窓から洩れてくる歓声等で成功と失敗を確認してから、またサッカー中継に戻るということをしておりました。
後からニュースで全PKを見ましたが、Pirloのチップキックのループシュート(って言うんですかね?実況イタリア語で『スプーン』とか言ってたあれ)、すごいですよね。Buffonもさすがお兄さん格と言う感じでよかったですよね。試合の時のヘアピンもいい感じで...!?
次は強豪ドイツ!ドイツビールを片手に応援しようかなと思ってます。

すごかったですよね!!

本当に心臓に悪い試合というか、Dグループの最終戦でイギリスを応援した罰というか・・・終わったらどっと疲れました(笑)。

本当にピルロのil cucchiaioすごかったですね!!
いや~、あ~さら~~~っと決めちゃうとは!!って感じでしたが、さすがピルロって気もしました。試合後の被災地の子供との会話もよかったし、ピルロの好感度超~アップです!!

確かにお一人であのPK戦観戦は心臓に悪すぎですよね。延長ですでにかなりのドキドキ度だし、イタリアってあんまりPK戦、運がないというか・・・
この運にのっかって次のドイツ戦も突破して欲しいものです。

試合が始まってすぐぐらいに私もBuffonのヘアピン見ました(笑)。なんだかちょっと前の若い日本のチャラ男君みたいで一人ウケてたんですけど(笑)。
それにしても大御所揃って大活躍ですね。
でもDiamantiもいいですね!!
Diamantiの集中力と精神力の強さにも1票です、私☆

うちはイタリア戦は願掛けをしていて、イタリア国旗カラーの食べ物を食べるようにしてるんです。
今回も生ハム(赤と脂身部分の白)、パスタはジェノヴェーゼ(緑)、前菜は緑のオリーブと3色いただきました。次のドイツ戦は相方不在ですが、私はやっぱイタリア国旗カラーで願掛けしたいと思います。
ドイツビールとともにドイツの勢いを飲み干すってのもありですね♪♪
木曜、またハラハラですね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)