07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Tramp Snack Bar

2012年06月22日
※6/26赤字訂正入れてます。

なんだか気づけば6月もあと1週間強。。。
光陰矢のごとし!
いや、私にはむしろ少年老いやすく学なりがたしがぴったりか

ちょっと面白いな~って思ったこの諺!
と、言うのも。。。

日本語では『光陰矢のごとし』と『少年老いやすく学なりがたし』は類語のはず。
英語で言うと“Time flies”(直訳すると「時は速く過ぎ去る」)で、この類語には“Time and tide wait for no man”(直訳すると「時と潮の流れは人を待たない」。
と。。。後者は『歳月人を待たず』か?!と、じゃあこれも類語か。。。と思ったり。

せっかくだから(?!!)イタリア語でも

Il tempo vola”(まさに英語の“Time flies” と一緒)が『光陰矢のごとし』で、“Chi ha tempo non aspetti tempo”(直訳すると「時間のある人は時間を待たない時期を待たない」→時間に余裕がある人ほど時間を無駄にしない)が『歳月人を待たず』。
そして“Chi tempo ha e tempo aspetta, tempo perde”(直訳すると「時間があり、時期を待つ人は時間を失う」)が『少年老いやすく学なりがたし』かなぁ。。。→こちらも、だから即行動しましょうということのようです。なので前の諺と同じ意味になるそうです。

ここに来て疑問!
『少年老いやすく学なりがたし(Chi tempo ha e tempo aspetta, tempo perde)』と『歳月人を待たず(Chi ha tempo non aspetti tempo)』は反対語じゃない???
だって前者は待ちまくって時間を無駄にしちゃう系で、後者は限られた時間を無駄に過ごさず何かを得る系ですよね???
諺、深いね。。。。

と、またまたタイトルと何の関係もない長すぎる前ふり 失礼いたしました(苦笑)。
そろそろ本題・・・・

Valenciaから戻って間もなくの13日、私が企画しているグループの会合がありました。
まずこのグループと言うのが本を読み、その本について話し合うというグループです。
ハハハ・・・半分はあまりにも本を読まないから強制で読むようにと作ったグループ。。。
この日はそのグループの第一回目の会合でした。

※gioiaさ~ん、夏の間はお忙しいかとお声をかけませんでしたが、定期的に開催するのでまたお時間があれば是非~~~~♪

メンバーは十数人いるのですが、第一回目の会合に来たのは7名でした。
ちなみにこの日のディスカッション対象本はこちら↓
風の影 (上) (集英社文庫) 風の影 (下) (集英社文庫)

意外とメンバーには不評だったのです。。。
思った以上に不評だったこの本。
ディスカッションもさっさと終了~!
次回乞うご期待!

このグループにcA_riNoさんも入っていただいてるのですが(我々唯一の日本人!)、久々にお会いしたのでアペリティーヴォでも・・・ってことになり、その場にいたフランス人2名(ご近所EとH)と4人でGo

せっかく第一回目だったから、ワインででも乾杯~~~ってことで意見が一致。
4人だし、ボトルでいく?!ってことになって・・・

H:チィチーノ・メルローを1本!

と、オーダーするも、入ったお店がどうもこの日付近に開店したばかりのようで

店:まだ入手できてないのですが。。。

と、撃沈

ワイン飲む気だったので、すでにチーズの盛り合わせ↓を頼んでいた我々。
1306201201.jpg

まだチーズが来る前だったのでEが、

E:喉かわいたからビールでもいいかも。。
H:えっ?!
  でもビールとチーズ?!!

と、このあたりはさすがフランス人!!って思ったHの返し!!
が、結局・・・
1306201202.jpg
↑みんなビールでかんぱ~い

お腹が減っていた時間ってこともあり、ささ~~~っとチーズに手をつけるも実はかなりの量!

ふと。。

E:これってさぁ、1人分?
皆:多いよね?!!
E:スイスにしては・・・
H:1皿って言ったけど、1皿ずつになってる?!?!
  確かに1皿25フランやったから、スイスでこれは
  ないよね?!!
E:この前別のところでは15フランで4切れやったよ。。。

と、1人25フラン+飲み物払うことを覚悟していたのですが・・・・

この1皿で25フランでした!

お店の人いわく、

店:うちはイタリアから直輸入で、安い料金、気持ちのいい
  カスタマーサービスを心がけています!

と豪語するだけあって、安かった(スイスにしては)!!
チェントロ付近なのに凄いな~と思いました。

お店の人によると、ピザが一押しらしいです。

店;これでも儲けは出てますから。

らしいです。
ってことは他のお店ってすごい設けてるの??
それとも原価が高すぎるの???

おしゃべりもチーズも満喫した後、

H:車で来てるから送って行くわ♪

と、優しいお言葉。
実はHは前の学校の先生に時期違いで習っていたというつながり。
数回この元先生を交えてのディナーで一緒になった仲なんだけど、いつも優しく感じがいい!!

Hの車を停めている駐車場に向かう途中・・・

※ちょっと暗くて見にくいですが・・・
1306201203.jpg
↑↓一人用の車発見!
1306201204.jpg

smart(2人乗り)見た時に、ドイツやるな~って思ったけど、フランスは1人乗り用ですか~~と思いました(笑)。
一応シートの後ろには荷物も積めるみたい。。。



Tramp Snack Bar
住所:Via Pretorio 2, Lugano
電話:???(また調べておきます)
スイス | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
お気遣いいただいてすみません!名前が出てきてビックリしました(笑)
仕事のストレス&疲労度がず~っとMaxの私です。
Giannaさん、いろいろ活動してらっしゃいますね~。
スペイン旅行記も楽しく読ませていただいてます♪

本は翻訳の場合、本の内容だけでなく翻訳の好みが出ると思うんですよね。
私の場合、翻訳の文体が好みに合わないと、ぜ~んぜん前に進まなかったりするんで・・
本も映画も原語で読める&観られるのが一番なんですけれど(苦笑)

う~ん。ビールにはピザでしょう!!
ビールが美味しい季節の間に、お店の人がお薦めのピザ、食べに行きましょうね☆
お忙しそうですね・・・
やっぱ夏に向けてお忙しそうですね。。
また隙間のお時間があれば是非是非お声かけくださいませ☆ お茶でもアペリでも何かいたしましょ~♪♪

私の場合、活動と言うかブラブラしてるってのが正解かもしれません(苦笑)。gioiaさんのようにお仕事をしてて忙しいのとは訳が違うので(~_~;)

翻訳本ってその人の訳し方とかクセというかが出ますよね?!この日本語の訳者さんは結構読みやすいというかお話にどんどん引き込まれていく感じでした。スペインがすごく好きなのかな~って言う印象です。
英語の訳者さんはイギリスの詩人、ロバート・グレーヴスのお嬢さんみたいです。上手なんですけど、何だろう、私てきには日本人の方に1票というか・・・

訳本ってたま~~に、「ん???」って思っちゃうのもありますよね。肌にあうあわないが出てくると思います。反面、うまいな~って訳し方されてる方も結構いらっしゃって面白いですよね。

この日はワインとおつまみにチーズって決めてたんですけど・・・その後ピザにリベンジするも撃沈したのでまだピザは食べてません。
次回チャンスがあれば是非ご一緒に~♪♪
ナポリ風ピザみたいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございますm(_ _)m
諺のご指摘ありがとうございます。
本日訂正を入れております。
う~~ん、まだまだわかってるようでわかってないですね、私・・・いいお勉強になります♪

読書会は主宰というか、ノリで言い出して回りから「どうなってんの?!」ってつっつかれたってのが正解です(苦笑)。
最近はお友達も中にはずぼらな日本人(私)がいるってことに気づいてきたようですが、少し前まではやっぱステレオタイプで全日本人はきっちりしてると思っていたようです・・・なので言い出した=即お誘いメールが飛ぶって思ってたみたいなのに2か月ほど放置していたので「ちょっと~~!」ってなりました。。。

同じ本を読んでも感じ方、見方が違うのでこの読書会、結構面白いです。7月はバカンスシーズンなのでやらなくって、8月の末ごろに次回を予定しているのですが、次は日本の作家さんの本なのでどういう風にみんなが読んで感じるのかがとても楽しみです♪
一応読書は各自好きな言語で家でしましょ~って感じで、集まって話し合うのはイタリア語です。
今月は時間がなかったので、前半は日本語、後半は英語でズルしちゃいました、私・・・本当はイタリア語で頑張って読もうかなって思ってたんですけど。。

smartの2人乗りも衝撃でしたが、それ以上に衝撃です、このフランスの1人乗り。
確かに駐車スペースが微妙ですよね・・しかしもっとこの車が増えれば、みんなと同様に縦に停めるんじゃなくって横に(入らないかしら・・)入れればこのタイプの車が2台停めれるか?!と思ったり。。ちなみにLuganoでは2度見ました(同じ車かもしれませんが)。まだまだsmartのようにメジャーじゃないみたいですね。。。

管理者のみに表示