Juuuust chillin' out!! Valencia 2日目~食事編

Valencia 2日目~食事編

Varencia1日目はご飯食べて終わったって感じですが、またまた食事ネタから・・・

Valencia2日目の6月5日(火)は前日遅くまでこの日のプレゼン資料を作っていた相方がお寝坊(っていつもよりも早い時間の起床ですが )。
ここはホテル!
あんまり物音たてたり電気をつけるとかわいそうかな・・・としばしベッドにいたのですが、起きそうにないのでまずはシャワー
我が家と違い、浴室はベッドの壁裏ではないのでシャワーは自由にできる

するとムクムク~~~っと起きてきた相方。
開口一番!!

相:お腹減った~~~~!

ホテルの朝食ビュッフェがついてるのですが、勝手に10時までって相方が思い込んでいたため(この時点で10時ちょっと前)、

相:外で食べよう!

と、相方のシャワーを待って朝食を取りに外へ。
ほどなくBarを見つけ・・・

05062012C1.jpg
↑朝食。

このBar、ローカルBarでスペイン語以外一切通じず

が、最近再読していたこちら↓のお蔭で・・・
風の影 (上) (集英社文庫) 風の影 (下) (集英社文庫)

Café con leche(カフェ・ラテみたいなの)は難なくGET
この本で主人公が何度かこれをオーダーするので覚えてました。
ほんまどこで何が役に立つことやら(笑)。

ちょっとびっくりしたのがクロワッサンの食べ方!
写真をクリックしていただくとわかりやすいのですが、半分に切ったクロワッサンをトーストしています。
それにバターとジャムがついてくるのですが、クロワッサンってかなりバター使って作りませんか?!
さらにバターって・・・って思ったけど、郷に入れば郷に従え!
試してみたらおいしかったけど、かなりがっつり!!

ちなみに翌日わかったのですが、ホテルの朝食は10:45まで。
なのでこの日もホテルで朝食を取れてたのです。
しかし面白い体験だったのでこれはこれでGood!!

この後相方は会議へ、私は市内観光へと出かけました。
私の市内観光のお話はまた後ほど・・・

この日もその後の日も連日ヴァレンシアは30℃越え~~~
Luganoで薄ら焼けしていた私はさらに日焼けというか焦げ焦げ
かなり日差しはきついようでいつもLuganoでしてるサングラスをしてても(レンズは茶系)役に立たないのか目が赤い~~~~

日焼け、意外と体力消耗します・・・
ひとまず観光の後はホテルでひとっ風呂浴び、フロントへ!

G:この近くでおいしいレストランありますか?!

で、勧めてもらったレストランへ
ちなみに相方はこの日は会議主催のWelcome Dinnerでした。

地図を見ながら・・・・

迷う

自慢ではないですが、強度の方向音痴な上に、地図読めません
しかし度胸は人一倍

前方におじさん二人組発見

G: 英語わかりますか?!
お1: (お2に)おい、お前わかるか?!
お2: わからん!
    お前、わからんのか?!
お1: わからん・・・
    え~・・・英語はわかりません。
G: これはどこですか?
  ※地図を指さしながら・・・

地〇の歩き方で前日に覚えた2フレーズ(「これはどこですか?」と「ここはどこですか?」)いきなり実践

お2:そっちに行くから一緒に行こう!

と、身振りとわかる言葉からレストラン付近へ
イタリア語とスペイン語は似てるので、いくつかの単語はわかる。
これまたイタリア語やっててよかったよ~とイタリア語Love~~~
ほんまどこで何がどう役に立つのか?!!

しばらく行くと・・・

お1:ここで友達とビールを飲む約束で、
   レストランは道を渡ってもう少し行ったところ。
   あっ、でもビール1杯飲んで行く?!

相方も当分帰って来んし、道教えてもらったしビール1杯ぐらい一緒にいただこうと承諾。
そして

お1:(お3に)おい、お前は英語できるやろ!
お3:ちょっとだけなら・・・
お1:こいつは英語できるから!!

で、わ~~~って英語で話たら

お3:やっぱできん!
G:
お3: フランス語できる?
G: 少しだけなら。
お3: オレはできん。

って、じゃあなんで聞いてきたんやろか???
おっちゃんらおもろすぎ

ここでイタリア語、英語、スペイン語を交えながらしばし歓談。
スペインは初めてかとか、スペインは好きかとか聞かれた。
どうもお1とお3は出版系(やと思う)のお勤めで、お2はIBMのエンジニアみたい。
結局お3にビール2杯(というか小瓶2本)おごってもらった。
ありがと~、ヴァレンシアのおじさん達☆

その後目的地のレストランへ
ホテルのフロントの人に教えてもらったそのレストランはla marといい、おじさん3人組によると

お:そのレストランと言えばタコ らしい。
ホテルの人は

ホ:シーフードがお勧め!

って言ってたけど。。。
まぁタコもシーフードだけど(笑)。

タコを食べる気満々だったので・・・

05062012Ce1.jpg
↑グラスワインは白。
Marqués de FríasのAlbariñoを使った白ワイン。
どうもこのAlbariñoはガリシアの白ワイン用のブドウのようです。

と、言うことで・・・
05062012Ce2.jpg
↑食事はまさに“Pulpo a la Gallega sobre patatas”。
タコのガリシア風というこのメニューは茹でたおじゃがの上にお塩とパプリカで味付けされたタコがのっています。

ワインとお食事の組み合わせの基本に地元同士を合わせるってのがあるんですけど、やっぱあう!!!

もっと色々と試してみたかったのですが、この前におじさん3人組とビールを飲んでる時におつまみにナッツやらチップスをパクパク食べ過ぎた&一人なんでシェアーってのもできんしこの後は・・・

05062012Ce3.jpg
↑デザートで〆。
こちらは“Volcán de chocolate con helado”。
これが結構がっつり系だったのでお腹いっぱいになっちゃいました(笑)。

でもよくよく考えたらヴァレンシアでガリシア料理って・・・・
まぁおいしかったのでOK!



la mar
住所:Avenida de Baleares, 28, 46023 Valencia, España
電話:963 25 09 36

テーマ : スペイン - ジャンル : 海外情報

コメント

すごいわ~

ジャンナはん、いくら道教えてもらったからって知らんオッサン3人とビール飲みに行くなんてスゴイわ!私は小心者すぎて(ホンマか?)無理やわ~。
いくら相方さんにつきあってとはいえ、海外旅行うらやましいわ~私はJO妊娠中にバルセロナに行って以来3年半海外未踏(あ、一応フリウリからスロヴェニアには行ったか)。アンダルシアに行きたいわ~!

そう??

怪し~~~い感じのおっちゃんではなかったし、レストランとこのBar(外席)は大きな通り沿いで結構外席にはお客さんがいたから大丈夫かな~って思ってビール飲んでたんやけど、やっぱヤバい?!?!
ちなみにおっちゃん2人とは道すがらこっちはイタリア語と英語を駆使し、向こうはスペイン語でうす~~~く話しながら行ったし、もう1人のおっちゃんはすでにそのBarでビールを1杯飲んでた。

基本、人見知りをせんから知らん人の中でも平気は平気なの、私。。。プラス人間ウォッチング好きやから結構「こいつはヤバい!」とか「この人はええ人」とかって言う勘は鋭いかも(笑)。
道聞いた先もテニスクラブ前の駐車場やったから、そこそこのおっちゃんかな~って安心してたのですが (6 ̄  ̄)
もちろん後で相方にも報告済みで、相方も「あっ、そう」って感じだったけど。。

そっか~、スペインって陸続きやけど、海外旅行になるんやね!!だったらさぁ、くみこはん!私らってばほぼ毎週海外旅行してるで~。だってスイス→イタリアへ買い出し~(笑)。こちらはまさに税関通過です!!って。。こっちは車で20分ほどの距離やし、言葉も一緒やからあんまり違う国感低いねんけど。。。唯一通過が違うかな。

えぇぇ~~~~。バルセロナ行ったん?!?!ええなぁ~~~~~~!!!やっぱよかった?!?!治安は評判悪いけど、バルセロナ行った人らってバルセロナ・ラブ~~~♡な人が多い気がする。一回は行きたいよ~~~~!!!!
私もアンダルシア行きたい!そしてガリシアにも行ってみたいなって思ってる。が、まずはイタリア残り2州制覇から。。。

No title

くみこはんに続いて、同じく、さすが!Gianna姐!!
でも…
>>「こいつはヤバい!」とか「この人はええ人」とかって言う勘は鋭い
コレはよくわかる!ビビ!ってくるもんあるよね。で、大抵その第六感に間違いはないよねvv…うむ

ガリシアっていうとタコ!ってくらい有名なんですよね。白ワインも!そして!なんといってもサンティアゴ・デ・コンポステーラ!コレもいつか歩いてみたい……

ってガリシアの話じゃない!!ちゅう〜〜の!!(笑)

本の中での言葉思い出したなんてナイス!!
Café con leche は毎日飲んでたし「どこですか?」っていうドンデエスタもしょっちゅう使うから覚えたなぁ〜(笑)
あと、ニンニクのアホ!牛肉のバカ!ってのは大ウケしたので(言われて嫌な東西対決!みたいな(笑)、コレもすぐ覚えましたvv

やっぱ言語って、実際使うってことも大事だけど、興味持って接すると吸収が違いますよね〜♪って、アタシの場合、食べ物に偏るかも…だけど(^^ゞ

確かコチラで書いたと思うんだけど、今まで食べた中で一番美味しかったものアンケートの中に、ニンニクスープ〜ソパ・デ・アホを挙げたなぁ〜って思い出しましたよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/ソパ・デ・アホ

にしても30度あるんですね……
24日出発なんだけどシチリアだと何度になるんだろ??(TOT)//
もちろんスカ〜って晴れてるのにこしたことないけど、歳考えると……(怖) え〜い!!オンナは度胸!私も焦げてきます!!!!!(違!)

私も~~!

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、行ってみたい!!
特にキリスト教徒じゃないけど、ピレネーからの巡礼路も行ってみたかったりします(笑)。
実は車移動やったもんやからピレネーのすぐ南側のダリの里Figueresの辺りを通過してて、「ちょっとルルド(フランスやけど)行っちゃう?!!」みたいなノリになってたんですけど、相方部下Aが「いや、寄り道する時間はないです!」ともっともでかつ正しい意見を言ったもんだから今回は寄り道なしでヴァレンシアへ。きっと相方と二人やったら「お前らいつ着くねん?!」的に寄り道しまくってたと思います(~_~;)
確かにすごい遠回りやし、寄り道する時間はなかったです。。

おっちゃん質とのビールやっぱやばい?!
でもね、ほんと第六感じゃないけど、状況的にも大丈夫って感じだったので。。これが逆におっちゃん一人で、裏道にひっそりしたBarだったら失礼してたと思います(笑)。
しかしお蔭で色んなお話を聞かせてもらえた&後に役立つスペイン語の単語を教えてもらったりでラッキ~でした☆

ソパ・デ・アホは試さんかった~~~(+_+)
あったのかなぁ?!?!きゃ~ちょっとショック!!次回のためにとっておきます♪

気温はだいたい日中33℃ぐらいでした。
海も近いから湿度もそこそこあるんだろうけど、あまり感じず、夜はぐっと気温が下がるので半袖では寒いって感じでした。
なんとな~くシチリアっぽい気がします。
シチリアの気温も同じっぽいですよ。
http://www.meteo.it/Previsioni-del-tempo/Sicilia

今回のヴァレンシアも一応pH30(がいつも買うお店では一番強いやつだったのですが。。。)の日焼け止め塗って出かけてましたが、効きませ~~~ん。ノースリで日中お出かけしてたもんだから、水着のバカンス焼けではなく、野外でしばし労働しておりました風になっています。。。
でもこっちって日傘さしてるとみんな変な目で見る&日傘は実家におきっぱだから、仕方ない!
あっ、グラサンはちゃんとしたやつでレンズの色濃いめのを持ってきはった方がいいですよ。
イタリアで買った茶レンズのグラサンでは目が赤くなってました。。。そう、目薬も!!

もうすぐシチリアですね~~!
よろし~なぁぁぁぁ~~~~!!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)