Juuuust chillin' out!! Park and Read 2012

Park and Read 2012

実はすでにもう今年も始まっていたのですが、最近ちょろちょろと行ってることが多いので、ご案内・・・

去年も(こちら)やっていたLuganoの観光スポットの1つであるParco Civicoの中で今年も開催されている『Park and Read』(伊のみですがこちら)↓
PnR2012.jpg

かなり見えにくいのですが(携帯で撮影したため・・・)、緑のリクライニング式(って言うのか?!)シートわかりますか↓
23022012.jpg

これが時間内になると出ていて勝手に使っていもいいはず(いつも勝手に使ってるけど・・・周りもそんな感じ)。
この周辺には本(主にはイタリア語)もあって、勝手に借りて読めます。

私は大抵自分の本やらKindleを持ってここで日光浴をしながら本を読んでることが多いです。
それは私のみならず、そこそこの数の人もそうしてる。
しかし大半は数人で来てこのシートに座って日光浴しながらおしゃべりってのが多いみたいです(笑)。
今日もいいお天気だったので本を持って出かけたのですが・・・

満席!

仕方なく(?)既存の公園ベンチでしばし読書しながら日光浴。
日本は色白がはやり&もう日焼けしてOKの年齢ではないけど、やっぱちょっと浴びたい日光
ちなみに早くも薄~~~~く焼けてます

またこの地帯には売店みたいなのもあってそこで飲み物やらも買えるみたいですよ。
買ったことはないのですが・・・

しかしこの時期お天気もよくなってきているだけにここLuganoでは2つの要注意事項!

①日焼け止め対策
 かなり日差しがきついです!
 ちなみに薄ら焼けの私も日焼け止め塗ってるのですが、薄く焼けてます。

②蚊よけ対策
 こちらには“zanzara tigre” なるやぶ蚊の1種が出てきます。
 この蚊、注意報の回覧も回ってくる(らしいがうちには来ないぞ!)ぐらい、
 刺されると結構腫れるそうです。
 クラスメイトは昨年刺されたようで、数日にわたり腫れたって言ってました。
 この蚊に限らず、こちらの蚊って毒性が強い気がするのは私だけ?!

タイトルからは話がそれますが、じょばどのお待たせです!
こちらの蚊対策の私の秘密兵器(じゃないか・・)はこちら↓
fenistil.jpg
Fenistilのジェル。

ちょっとサイトの方の画像が気になったのでご紹介↓
3fenistil.jpg
↑3兄弟なの?!?!

実は昨年、私何かに刺されました。
私てきにはハチ と思ってるのですが、とにかく何かに刺されたようで、手がすごく腫れました。
その時に薬局で買ったのがこのFenistilです。
が、去年の場合はかなりひどかったようで、そのまま学校に行ったんですけど静脈を伝って赤い線がツツ~~~っと入り、肘の裏ぐらいまで来てました。これを見た当時のクラスメイトのM(オランダ人)が

M:ちょっと~~!!
  これは病院よ、病院!!
  呑気にしてる場合じゃないのよ!!!
  絶対に学校終わったら病院!!!

って、何度も言うもんだから怖くなって病院に行きました(苦笑)。
しかしこれが大正解でその後、抗生物質を処方されたり、注射されたりしました
実はこれがスイスでの病院デビューとなったのです。

なのでその時は使わなかったこのジェル。
ある時相方が出張中に蚊(と思う)に刺されてまたまたかなり腫れあがった
予防注射してるから大丈夫と思いつつ、ヤバくなったらいややな~~~と思いこのジェルをたんまり塗って、かかないようにバンドエイドを上から貼って寝た(夜でした)。
すると翌朝には何事もなかったかのごとく跡形なし!
それからは蚊にさされたらこれを塗ってバンドエイドでかかないパターンが多いかなぁ・・・

去年の夏は結構蚊に刺されて跡形がいつまでも残っていて醜かったけど、この方法を見つけてからはいい感じです。

※肌に合わない場合もあると思いますので、ご注意を!

と・・・話がそれました。

読書って家でするイメージが強いですが、自然の中、そして太陽の下で本を読むのも悪くないですよ
ちなみに日差しがきついので私はサングラス着用で読書しております



Park and Read 2012
時間:5月    10:00~1800
   6月~8月 10:00~1900

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

「Park and Read」イイですね〜♪
毎度の事ながらポスターもとってもオサレでぐ〜デス!

私もiPhoneにしてから別に触らなくても触るようになって、
通勤車中で本を読む時間がめっきり減り反省してるんですが、
やっぱ本は読まないと〜〜〜ダメです!うんvv
でもこんな屋外でシートって…読まずにお昼寝しちゃいそう…(^^ゞ
こゆう時はページを繰る手間も惜しいドキドキミステリーがいいかな?

>>じょばどのお待たせです!
やった〜〜!!ありがとうございます♪
キャハハ!!三兄弟とってもカワイイ!!
小物も凝ってるしvv こ〜ゆ〜のめっさ好き!!!
よぉし!画像を取り込んで持っていきます!
島にも(愛しの(笑) coopあるかな〜痒いのもたまらん!ですがこの歳になると(笑)跡が残ると凹むので絶対見つけて頼りにしちゃおう!

>>静脈を伝って赤い線がツツ~~~っと入り、肘の裏〜
うわわわ!!私も子供の頃(笑) 同じような事になってビックリしたことがありますが、バイ菌が入っちゃったんでしょうね…なるほどコレが病院デビューだったんですね

刺されて痒い=蚊って単純に思っちゃうけど、いろんな蚊…とかダニ?とか、噛む虫がいっぱりいるわけで(笑) 外国に行ったら気を付けないとダメですね〜(>_<)//

さすが!!

やっぱポスターとかのデザイン系に目がいっちゃうんですね。
お仕事柄そうなのかしら?!とそちらに感動!!!

本・・・
本当に最近の環境って気合い入れないと(って大げさ?!)読まくなっちゃいましたよね(-_-) こりゃ~いかんとただ今ちょっとしたことを考えて実行中でございます。それはまた今度ご報告いたします(^_-)-☆

家にいるとついついネット・・ってなっちゃうんで、お天気もいいしこのPark&Readもあるしでええぇ~~いって外に本を持って外で読書しております(笑)。日光の下本を読むって発想、実はPescaraで習得というか・・・
夏に向こうに行くとビーチで寝ている子供(=相方)がいるので、海に入るでもなく、話をするでもなくで暇~~~だったから本を持って行き始めたのがはじまりです。それまでって海に行ってもお友達と話してるか、ちょびらっとだけ焼いてるかとかだったのに、小3と行くとひたすら寝てるから。。。ほんまよ~寝れんなぁと感心します。

ドキドキミステリー、確かにいいですね!!
絶対持って行ってはいけないのは爆笑系!確実に一人で笑ってると大注目ですから。。。もしくは笑いをこらえてすっごい怖い顔の人になるか。こういうのは家で読むしかないんですよね・・
と、最近爆笑系読んでないなぁ。。。

この炎症止めの薬、薬局で買いました。
と。。。Fenistilってスイスの会社なんですけど、イタリアでも売ってるのかしら?!?!

そっかぁ~~~!
じょばさんもうすぐイタリア入りですね!!
どうも6月は相方どさ回り、いえ出張多いみたいなんで私も行きたいなぁ・・・・ただ先立つものがない(涙)。
また旅程わかったら教えてくださ~~~い♡

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)