Juuuust chillin' out!! すごくない?!

すごくない?!

持病があって、何となくよろしくないな~~~って思って少し前に病院に行ったのですが、やはりよろしくない感じ。
まぁそれは薄々と気づいていて確認のために病院に行ったのでいいんですが・・・
そして当座しのぎのために薬を処方してもらっていた。
が・・・

すっかり忘れてた

一昨日ふと気づいて・・・

G:ちょっと~薬もらってきてくれる?!
相:自分で行け!

と、病院の帰りには

相:薬は明日俺がもらってきとくから・・・

と、処方箋を持ってたくせに置き去りにして会社へ行った ┐(-。ー;)┌
だったら最初っから処方箋くれよって思ったけど、もう行った後だったので昨日近所の薬局へ

いただく薬は2種類だったのですが・・・

薬:1つは取り寄せになりますね・・・
  少しお時間かかりますけど、どうされますか?!
G:って、どれぐらいの時間ですか?!
薬:明日の(つまり今日)朝には入ります。

少しお時間って言うから2~3週間後かしら?!って思ってたのに、いい意味で恐ろしやスイス!!
もちろんオーダーしてその日は1種類だけもらって帰って来た。

そして今日の午後届いてるかしら?!と行ったらやはり届いていた。
いい意味で恐ろしやスイスって2回も思う私ってやっぱイタリア人化

今日は超~お天気がよくって気温も27℃ぐらいまで上昇
薬をもらいに行ったその足で日光浴、日光浴と近くの公園へ本を持って向かった

太陽の下本を読んでると何だか眠~~~~~くなってきた。
だっていつもは寝る前に本を読む習慣だから・・・
が!!

爆音!

Luganoでは見かけん中レベルのポータブル式のラジカセを持ったおっさんが公園を徘徊。
そのラジカセからは爆音で音楽が流れていた
本を読める環境ではなくなったのでそろそろ・・と家へ帰ったのですが、家についてすぐにインターホンが

実は我が家のインターホン壊れてるんです
もう随分前からで管理人に言ってくれるように相方にお願いしてるのですが(こういう家の関係は相方が仕切ってて、私は管理人の連絡先すら知らなかったりする・・・)、暖簾に腕押し・・・

なので普段は無視してることが多いのですが(大抵はセールスか郵便局。郵便物は後で相方に取りに行かせるのだ!)、なんとな~~~く予感がして玄関までダッシュ!

あっ、インターホンですが、ブ~~~~って聞こえるのですが、受話器をとっても向こうの声は聞こえないし、こっちの声も聞こえないのです。

すると今日のお昼に薬局で対応してくれた薬剤師さんだった。

薬:すみません、今日お渡しした薬の接種の方法を
  間違ってお知らせしてて・・・

※薬箱に接種の方法をシールで貼ってもらってた。

G:・・・
薬:シールを作りかえてきたので、これが正しい方なんです。
  本当にすみません。
G:わざわざ持ってきてくださったんですか?!
薬:ほんとすみません・・・
  少し前にもご連絡したんですけど、いらっしゃらなかったので。
  今仕事が終わったんでよってみたんです。
G:えっ ( ̄∇ ̄;)
  わざわざ仕事の後にすみません。
薬:いえ、こちらこそ本当にすみません・・・
G:わざわざありがとうございました。

基本私は人を信用してないところがあって、こういう感じで薬箱に接種の仕方をシールで貼ってもらっても家に帰ってから中の説明書を読んでから摂取するようにしているのです。
と言うのも、以前もこんなことがあって(ここの薬局じゃないけど)、中の説明書は読まんとな・・って思ったから。
この薬も呑気な私は明日からでも接種しようと思ってて、まずは夜に説明書を・・・って思ってほったらかしにしてた(苦笑)。

まぁ超~近所の薬局とは言え、そして接種の仕方を間違うとヤバいのかもとは言え、わざわざ家までってかなり親切じゃないですか?!?!

その話を相方にしたら。。。

相:えっ?!それでわざわざここまで来はったん???
G:そう!
  びっくりじゃない?!
相:びっくりや!!
  だいたい中の説明書を読まんと接種すると思ってるんかな?!
G:だいたいはそうなんじゃない??
相:普通は読むやろ。。

ある種スイス、いやこの薬局ってすごいな~と感心しました。
ちなみになんでうちの住所がわかったかと言うと、今回処方してもらったお薬は全額保険適用のお薬だったために、保険カードの提示を求められた。
今時のスイスの(他でも?!)保険カードは情報を読み取れるようになっていて、そこからたどり着いたのだと思います。

薬剤師さん的には「きゃ~~~~!大変!!!誤情報を出してしまった・・・・」って焦ってたみたいだけど、相手(=私)は呑気かつ、用心深い質なのでそこまで焦らんでもよかったのですが・・・・
反面、これからは処方箋で買う薬はここにしようと秘かに思ったりもしました(笑)。

こういうきっちりとしたところを見ると私ってばまだまだスイスへの道は遠いかなぁ・・・
相方にいたっては一生たどり着けんやろって感じがしました(爆)!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

その後体調いかがです?ってカエル食べたから大丈夫!…なワケないですね…ゴメンなさい!

でもでもすごい!!!!!と思う!!!
わざわざ家に来てくれるなんて!!(>_<)///
これからそこで処方してもらいなさい!!
仲良くしておきなさい!!! (なぜか命令形…(笑) スイマセン…(^^ゞ
ちなみにお幾つくらいの男性?女性?

ちょっとショックだったのは
(これも失礼な話なんだけど…)

>>相:だいたい中の説明書を読まんと接種すると思ってるんかな?!

あへえ〜〜!!説明書ってのは中に入ってる別紙の説明書ですよね?私、箱とか瓶に貼ってる、書いてるとこだけ読んで使っちゃう人でした(TOT)// ほとんど薬って飲まないけど、ちゃんと詳細読まないとダメですよね。相方氏でさえ(ココが失礼!スイマセン) そうおっしゃってるんだから!

それよりそもそも「説明書」たるものがちゃんと残ってるのか?とっても不安になってきました(^^ゞ

きっと・・・

相方てきに「説明書読まんと・・・」はイタリア人的発想なんだと思います(苦笑)。と言うと、イタリアの薬剤師さんがいい加減みたいで語弊があるのですが、まず人を信じず自分を信じる的なところが相方にはあります。用心深いです、意外と。
なので自分が納得するまでは私が言っても疑ってたりするところもありで最初はかなりイラっときてたんですけど。。。

ちなみに私てきにはこれがスイスで処方してもらうのは2回目なんですけど、2回とも薬剤師さんの間違いありで私は逆にスイスの薬剤師さんを信用してないところがあります(苦笑)。たまたまなんでしょうが、この1年半でたった2回病院に行って2回処方してもらって2回とも・・って確率100%で間違われてる(笑)。
当たるのは宝くじだけで十分なんですけどねぇ・・・
なので読んでから摂取しようと思ってました。

日本にいるときはそんなこと考えたこともないし、素直な心で素直に言われた通りしてましたよ、私も。なんとなく自分の国は大丈夫かしらって思ったりしてます(笑)。

薬剤師さんは多分同年代かしら。。女の人です。
多分摂取するタイミングが大事っぽい薬だったみたいで焦ったんじゃないですかねぇ?!私はまず読んでからor相方に読んでもらってから摂取って思ってたんで「あ~どうも」って感じでしたけど(笑)。
読まずにはりきって飲んでたら焦ってたかもですけど・・・・

と、ますますスイスで薬を処方してもらったら説明書を読もうと心に誓った日でもありました。さてさて誤情報100%脱却日がくるか?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)