Juuuust chillin' out!!

イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Appenzell Innerrhoden へ

ザンクト・ガレンを後にした我々。
cA_riNoさんダ~リンのナビで車は一路St. Antonへ

St. AntonはAppenzell Innerrhoden(アッペンツェル・インナーローデン準州)のObereggという町の中にあります。

またまた地図を持ってきます(笑)。
SwissLingueMappa.jpg
※画像はswissworld.orgより拝借m(_ _)m
 クリックすると拡大します。

そうです。今週末の東スイスの旅2つ目の州なのです。

cA_riNoさんが以前書いてらっしゃいましたが(こちら)、「アッペンツェル」「アッペンツェル」と言っていますが、アッペンツェル州なるものはなく、アッペンツェルは町の名前です。
州としては、ここアッペンツェル・インナーローデン準州(州都:アッペンツェル)とアッペンツェル・アウサーローデン準州(州都:ヘリザウ)があるそうですよ。

もとい。。
このSt. Antonの丘の上にあるこの道路からの眺めはとてもよく↓
28041201.jpg

28041202.jpg

28041203.jpg

バイクや車が結構駐車し、写真撮影してはりました。
本当にここから眺める景色は圧巻です!!

G:すごいね~ここ!!
相:めっちゃ綺麗!!!

って写真を撮っていたら・・

c:ここが宿泊先なんです♪

とまさにこの道路の脇にあるところが私と相方の宿泊先でした

お部屋は木のぬくもりを感じます↓
28041204.jpg

一番上の階の角部屋なので窓からは先ほどの圧巻の景色が見えたりする

アーティストの人たちが集まっていた(集まっている?)ところ言うだけあり、2Fは図書館だし、我々のお部屋内にも。。
28041205.jpg
↑半分は壁に描かれたいす。
クリックしていただくと拡大するのでわかりやすいと思うのですが、微妙~に白色が違うんです。
向かって左側の白い色の方が立体的というか突起している部分で、別の方は壁です。

ちなみにベッドの写真を撮っている反対側がバスルーム(バスタブあり)です。

相方と窓側にどっちが寝るか話し合った後(結局窓側は電動で鎧戸が閉まるので相方はそっちがいいと窓側をチョイス)、我々の車はつかの間置いてきぼりでcA_riNoさんのダーリンの車にてまたまた州越えです

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。