Juuuust chillin' out!! Giornata della Terra

Giornata della Terra

今日はGiornata della Terraアースデイ)↓ですね
EarthDay.jpg
※画像はGoogleより拝借。

『地球環境について考える日として提案された記念日』だそうです。
個人として何ができるか?!と考え、ひとまず我が家では省エネ(省エネルギー)行動をしようと思っています。
もちろんそれは今日だけやっても意味がないので、今日は見直しをして実行は今後も続けていてたらなと考えています。
省エネと言っても思いつくのは待機電力オフぐらい
それじゃ~あまりのもさびしいのでググって見たらこちらのページがヒット。

このページに書かれている『省エネ行動のポイント』は12。

①照明やテレビなどの電化製品のスイッチはこまめに切る。
②長時間使用しない機器はコンセントを抜いておく。
③冷蔵庫の中には空間を設け、詰め込み過ぎないようにする。
  扉の開け閉めは最小限にする。
④エアコンの設定温度を適正にする。
⑤エアコンや掃除機のフィルターはこまめに掃除する。
⑥洗濯物はまとめて洗う。
⑦太陽光や自然風を利用し乾かし、乾燥機はなるべく使わない。
⑧洗顔、洗髪、歯磨きなどのときは水や湯を出しっぱなしにしない。
⑨食事は家族そろってバラバラにしない。
⑩食器はつけおきをし、スムーズに洗えるようにする。
⑪生活を朝方にし照明の使用を控える。
⑫自動車の利用は最小限にする。


まずは我が家の見直し・・・

①照明やテレビなどの電化製品のスイッチはこまめに切る。
まず我が家はほとんどTVを見ない、電化製品も少ない(食洗機なし、レンジなし。さらにスイスの多くの家と同じく部屋に洗濯機なし)。私は照明もいない部屋はもちろんすぐにOFFにするけれど、もう一方の人(=相方)は「一体どこにいてんの 」って言うぐらいに通った道筋の電気はすべてON ┐(-。ー;)┌
どうも電気を消す、蓋を閉める、出したものを元に戻すなどの機能が相方には装備されていないようなのでこちらの教育要です。

②長時間使用しない機器はコンセントを抜いておく。
これも私は実践済みかもです。
プリンター、リビングのスタンド型照明(これは滅多に使わない)、ホームベーカリー(すっかり登場回数激減)、瞬間湯沸かし器Tefalなどなどコンセントは抜いております。
頻繁に使わないのは・・って言う認識だったのでほぼ見ないTVのコンセントや故障しちゃったよね、最近のDVDプレイヤーもコンセントを抜くようにしようと今反省中です。
これは私の課題として・・・

③冷蔵庫の中には空間を設け、詰め込み過ぎないようにする。
  扉の開け閉めは最小限にする。

これはちょっときついなぁ
と言うのも我が家は何度かこちらでも書いているかもですが、家計のやりくりのためにお買い物は週末にイタリアのスーパー(お肉やお魚のお値段もさることながらチョイスの豊富さが違うので)で1週間分まとめて買い出しをしております。
そのため、当然買い出し日は結構一杯・・・
1週間分なので基本は魚・お肉は冷凍庫に行くのですが、なんせ冷凍庫が小さいために入らないものは冷蔵庫へ。
逆に週の終盤はガラガラ気味なのですが(笑)。。。
開閉は私は最小限ですが、相方はなんせ閉める機能が搭載されていないので要教育です。
まぁでも彼が冷蔵庫にアプローチすることはあまりないので、大丈夫かなぁ・・・

④エアコンの設定温度を適正にする。
エアコンはないです。
冬は室内暖房が入るのですが、これは部屋でコントロールできない下限(が結構暑かったりもする)があるので、スイスではちょっとむずかしいかなぁ・・・
反面夏の間は一切エアコン使用しないので何とかOKにならないかなぁ・・・

⑤エアコンや掃除機のフィルターはこまめに掃除する。
エアコンなしのでこちらは該当外です。

⑥洗濯物はまとめて洗う。
ハハハ、これはスイスはそういうシステムになってるので自然とそうなっちゃいます(苦笑)。
洗濯はまとめたくなくても基本洗濯割り当て日(我が家は週に1回。それも半日)にしか洗濯できないから。。。

⑦太陽光や自然風を利用し乾かし、乾燥機はなるべく使わない。
我がマンションにある共同の洗濯機・乾燥機は新型ではないのでいかにも生地を傷めますって感じで洗濯が終了します。なので私は乾燥機を使いません。さらに生地を傷める気がするし、隣のシニョーラ(おばさま)いわく、

シ:あの乾燥機、なっかなか乾かないわよ・・・

って忠告をいただいているので使いません。

⑧洗顔、洗髪、歯磨きなどのときは水や湯を出しっぱなしにしない。
私は洗髪時のお湯の使い方を要見直しです
ユニットバスで基本シャワー使用なので日本のように座って、桶があって・・・って言うつくりでないためについつい出しっぱのままシャンプーしてしまってます。一応体を洗う時だけは止めてるのですが・・・
相方に至ってはシャワー中一度もお湯を止めることなし&歯磨きも出しっぱが多いのでこれまた要教育。

⑨食事は家族そろってバラバラにしない。
ランチ以外はこれも我が家はクリアーかな。
でもたま~~~に、いえ頻繁に夜12時とかに戻ってくるから、翌日用事がある時は先にいただいてますけど・・・
こちらは相方の生活態度が要見直しです(苦笑)。

⑩食器はつけおきをし、スムーズに洗えるようにする。
これはクリアーです。
相方はノータッチだから(笑)。

⑪生活を朝方にし照明の使用を控える。
これ・・・・
私もそうしたいのはやまやまですが、なんせバットマンがいるから、我が家
頭を使う仕事だから無理からに夜型人間を朝から起こすと不機嫌だし、仕事にならないみたいだし・・・
仕事はしてもらわんと生活やってけないので、これが一番の難関だなぁ
う~~~ん、対策考えます。

⑫自動車の利用は最小限にする。
これも大きな課題です
私は免許すらないので対象外。
問題は『車とぼく』の人(=相方)。
基本は会社までの通勤に車で往復するのと、週末に買い出しに行く時やお出かけの時に使っています。
ただ頻繁に「いや~その長距離は飛行機で行って~~!」も公共交通機関に乗り遅れ常習犯の相方は緊張して前の晩寝れなくなるのが嫌ですぐに車で出かけちゃう (-_-)
最近は頑張って(?)スイス国内なら電車移動するように仕向けた努力されてるみたいで、70%ぐらいの割合で電車で行きはるかなぁ・・・
通勤は公共交通機関ではかなり不便な場所なのでちょっとバスで行きって言うのはかわいそう。
まぁ最小限と言えば最小限に近い方かなと思います。


と、こうやって見てみると私も再度見直しが必要な項目があるので頑張って今日から実践していこうと思います。
相方どのは徐々に頑張ってもらうように、私も目を光らせないと(~_~;)

自分だけでは小さな力かも知れませんが、このブログをご覧くださり賛同してくださる方が増えればいいなと思っております。限りある資源!皆さまも省エネにご協力お願いしま~す m(_ _)m

コメント

去年の節電推進運動から、仕事してるMacから聞けばイイし…と思って、今までラジオ代わりにつけてたMacを立ち上げない。コンセントもまめに抜く。週末休む時は「徹底的に」抜く!ってしてたら、月の電気使用量が結構減ったんですよvv

自宅では何に幾らかかってるのか全く!知らないんですが(ダメダメ〜!) 仕事場のモロモロは自分で管理しないといけないでしょう?ちゃんと数字(請求書) で出てくると、俄然、ヤルキというか変な達成感が出ちゃいました(笑) いや…ただ、経費削減のため??いやいやそうゆう理由でもイイですよね?(笑)

数字には弱いし嫌いだけど、こうゅうデータとして見るにはハッキリしててイイな〜って思いました。なんでも小さなことからコツコツと…ですよねvv

すご~~い!!

やっぱ待機電力って侮れないんですね!!
こうやって数字になって返ってくると俄然やる気がでますよね!!
うちはどうなんだろう・・・
ご多分に漏れず家計を握っているのは相方です(外国人男性はこのパターンが多いそうです)。なので私の目には見えないのですが、以前に一人世帯から二人世帯になって生活費に大きな変化があったかどうか聞いた際「あんま変わってない」って言ってました。
基本私の方が家にいる時間が長いから使用電力やら諸々が食費とともに倍増してるかしら?!って思ったんですけど・・・

経費削減もできて環境にも優しくなるんですからまったくもって威張っていい理由ですよ~じょばさん!!
入口ではどうであれ、実践するかしないかは個人の判断となる訳ですから、このじょばさんコメをみて「え~そんなに経費減る?!」って思って実践される方もいるかもしれないし。ほんと小さい力も集まれば大きな力。ええことはどんどん実践していきましょ~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)