Juuuust chillin' out!! Comoも研究せんと・・・

Comoも研究せんと・・・

昨日のエープリル・フールに小3に仕掛ける・・・と書いておりましたが、結局昼過ぎにムク~~~っと起きてきた相方に。。。

G:た~いへん!
  ベルル(スコーニ元伊首相)が返り咲きやってさっ!
相:そんなはず、絶対ないしっ!
G:いやいや朝からず~~~っとこればっかニュースでやっててさぁ、
  私もびっくり&がっくりやわぁ。。
  どないなってんねん、イタリア!!
相:嘘つけ~!

と言いながらチャンネルを慌てて探し出して顔を笑ってなくなったので。。。

G:エイプリル・フールでした♪

いつも思うけど、人を安易に信用しすぎです我が家のイタリア人・・・

さてさて。。。
先週の3/29の木曜、cA_riNoさんのお母様たちが翌日に帰国される(今はもうご帰国なさってますね。またいらっしゃってくださ~い\(^O^)/)という日でした。
スイス~イタリアをご旅行されてらっしゃり、この日はComoへ!
ご一緒させていただきました

cA_riNoさんご一行は先にこの日行われていたComoのメルカート(市)へ。
私はやや出遅れで家を後にしました。

前にも書いたかもですが、Luganoの駅ってちょっと高台なんですよね・・・・
我が家はチェントロ(中心地)からもさほど離れていないところなのですが、駅までとなると高台のぼるのがしんどいから(年です、はい)いつもチェントロまで 、そしてケーブルカーで駅ってパターンが多いです。
近所からもバスが出てるんですけど、駅行きは20分に1本とかであまり便利ではないのでいつもケーブルカーのパターン。
※荷物が多い日は近所からバスですが。。。

この日もケーブルカーで・・・とチェントロまで

するとManor(スイスの大衆派デパート)でもうすぐやってくるPasqua(復活祭)用のチョコのプロモなのか・・・

2903201201.jpg
↑金うさぎバージョンのLindt車!
※なんでうさぎバージョンなのかはこちらを。

かわいいけど、後ろ走ってる人ちょっと大変?!

難なくケーブルカー→電車でコモ到着~~~!
ukoさんが来てる時に何度も来たComo。
何だか懐かし~~~。

ひとまずメルカートを回られたcA_riNoさんご一行とDuomo広場で落ち合い、誰も昼食を食べていなかったことがわかり昼食場所へ
またまたワンパターンでukoさんとも行ったいつものOsteria del Galloへ。

2903201203.jpg
↑cA_riNoさんチョイスでオムレツ。
チーズが入っていたそうです。
こちらのオムレツって結構油いっぱいで揚げるに近い焼きなのですが、結構あっさり目立ったそうですよ。

2903201204.jpg
↑お母様チョイスの野菜のキッシュ。

お二人のにはこれに野菜のミストがついてきます。

2903201202.jpg
↑お二人以外のチョイスでFusilli(フジッリ)。
トレヴィスとチーズ入りです。

cA_riNoさんの従弟くんたちにはちょっと少なかったかなぁ・・・

2903201205.jpg
↑デザートのイチゴのタルト。
写真撮るの忘れてちょっと食べちゃってます(汗)。。

cA_riNoさん(はブルーベリージャムのタルト)が写真を撮りだして、取り忘れに気づいたのです(^_^;)

ここで従弟くんたちは別場所へ行くためにお別れ。
その後3人でコーヒーで〆ていざコモの町へ!

ご飯を食べている間にDuomoも入れる時間(お昼はクローズしています)になったのでまずはDuomoへ。
やっぱ何度来ても財力を感じるComoのDuomo。圧巻です。

この日はConfessione(告解)しに来てらっしゃる方がいっぱいで、4つほど告解室が開いていたのですがどこも順番待ちしてはりました。初めて見たんですけど、カーテン閉め切りではなく告解してる人と神父さんと顔をあわせるんですね!!
ちょっとびっくり発見でした。

そんなびっくり発見があったDuomoを後にして、湖側へ。
コモ湖。
やっぱルガ湖とは違う~~~~(当たり前ですが)!!
LuganoもComoも湖畔の町だけど、私はComoの方に活気を感じます。
Luganoはこ~お上品な感じ。

2903201206.jpg
Chiesa di San Fedele
前々からコモ友Rが

R:ここ一番お気にの教会!

って言ってたんですけど、彼女と来る時はいつも閉まってて入ったことがなかった。
が、この日は開いてました!!

THEロマネスコ・ロンバルディアって風貌のこの教会は確か11世紀~12世紀のものと書かれていたように記憶。。。
ちょっと不確かかも。。

前は広場になっていてお店が立ち並んでいます↓
2903201207.jpg

そんな喧騒も一歩教会に踏み入れると厳かで神妙な気持ちなるのが不思議!
Duomoほど大きくはなく絢爛さもないですが、私もこちらに1票かな。。。

中で恐らく地獄(?)かと思われる模型(人形など)があったんですけど・・・

G:これってきっと地獄を描いてるんですよね?!
c:多分そうだと思います。
G:そう思うと日本の地獄の方が怖くないですか?!!
c:確かに!
G:仏教って5国(←6道お間違いでした )中3つは地獄ですよね?!
c:そうですね。
G:そう思うと仏教の方がやっぱ地獄観怖いんですかねぇ・・・

と無宗教のくせにちょっと怖くなった(苦笑)。

ご飯を食べたばっかだったけれど、ComoにcA_riNoさんと来たら絶対にここ!!って思ってたのでやはり・・・

2903201208.jpg
↑↓Pane & Tulipani Compagnia Botanica Cafè fleursでお茶
2903201209.jpg

こういう雰囲気、Ticinoにはないと思います。
cA_riNoさんもお母様も気に入ってくださった様子でよかった~~~♪

なんだかアッと言う間に時間は過ぎてしまいました。
cA_riNoさんとお母様の観光にも何度かお邪魔させていただいちゃいました (>_<)
お母様にはお土産をいただき、お茶代やらランチ代などを出していただき本当に恐縮です。
さらに帰りにはcA_riNoさんの叔母様から送られてきた玉筋魚の佃煮のおすそ分けまでいただいちゃいました(^_^;)
どこまでも厚かましい大阪のおばはんに、そしてマイペースすぎる我が家の小3相方にお母様はcA_riNoさんのスイス生活を取り巻く環境(我が夫婦)にビックリ仰天だったのではと身が引き締まる思いです

LuganoやComoをご案内したことがないので(ukoさんは私より物知りだから・・・)、すごくいい勉強になりました。
と、まるですごく案内したみたいですが、逆で何も知らないな~と認識したということで。。。
次回いらっしゃる際にはもっとLugano近辺を楽しんでいただけるように色々と研究しておきますので、これに懲りずにまたお越しになる際にはお声掛けくださいませ m(_ _)m



Comoメルカート
時間:火・木 8:00~13:00
    土   8:00~18:00
場所:旧市街の城壁沿い


Osteria del Gallo
住所:Via Vitani 16, Como
電話:+39-031-272591
営業:月:  9:00~15:00
   火~土 9:00~20:00
   日   休み
備考:ランチはだいたい12:30~15:00みたいです。
   それ前後はお茶やアペリティーヴォのみのようです。
   最近はディナーもやってるってこの日言ってたような。。。

Pane & Tulipani Compagnia Botanica Cafè fleurs
住所:Via Lambertenghi 3, Como
電話:+39-031-264242

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

ありがとうございました<(__)>

☆Giannaさん☆
31日に無事帰国しました
この度はお忙しい中、滞在中3度もお時間を割いていただきありがとうございました
楽しいひと時を過ごすことができましたo(^-^)o
ブログの1ファンといたしましては、Giannaさんのブログに私が登場するなんて…
それも3回も!!
ミーハーな私はとても喜んでいます\^o^/

私の事を[positive]と表現していただきましたが、身内には[strange]と思われているので『3度もお会いすると化けの皮がはがれるなぁ』と躊躇があったのも事実ですf^_^;

ご一緒した夕食では、少年?のような澄んだパッチリお目めのイケメン相方さんと素敵なGianna姐さんとのやり取りに、ブログのイメージそのままで微笑ましく感じました

案内していただいた湖畔の街Lugano、Comoもわずかな距離の差なのにスイスとイタリアの国民性の違いを感じて興味深かったです
丘の上にあるLugano駅からチェントロに向かう坂道は趣がありました
高級ブランドが立ち並ぶチェントロを抜けると目の前に広がる湖畔に沿って教会があり綺麗な街並が連なっていました
対して、Comoは街中が良かったです
私好みの露地に沿って連れて行っていただいたレストラン、カフェ…お洒落な店が連なっていました
教会も特に内部が印象的でした
どちらも日本の女性誌に紹介されてもよいのではないかと思われる素敵な街ですよね

そして陸続きの国境越えも初めて鉄道や車で経験して、面白かったです
次回は是非とも徒歩での国境越えを体験したいです

長いコメントとなりました(-.-;)
滞在中、何度もおつき合いいただいてありがとうございましたm(._.)m
本当に楽しく過ごすことができました
イケメン相方さんにくれぐれもよろしくお伝えくださいね
これからもブログを楽しみに日本からエールを送ります(@_@)
cA_riNo mamma

時差ボケ大丈夫ですか?!

お母様、本当に色々とありがとうございましたm(_ _)m
何度かご一緒させていただき、毎回とても楽しかったです。
そして相方の傍若無人ぶり、大変失礼いたしました v-435

お帰りフライトはいかがでしたか?!
新しいスーツケースの使い心地はいかがでしょうか。

3度ご一緒させていただきましたが、やはり私のお母様の印象は終始「Positive」です。物事の見方、考え方、とても素敵ですし、お手本にさせていただきたく思いました。
またきっとそんなお母様に育てられたからcA_riNoさんもPositiveで聡明な方なのだとつくづく思いました。
彼女はかなり私よりもお若いですが、見習うところ満載です v-343

コモとルガーノ。
同じ湖畔の町でも本当にイタリアとスイスの違いが出ているなといつも感じます。本当にすぐそこの町でも国境を超えるだけで色々なことが違うので面白いなと思っています。島国日本ではなかなか体験できないことですし。
なかなかできない体験で言えば陸続きの国境越え!
次回是非是非徒歩で体験してみてください♪

今回お母様とご一緒させていただいて普段何気なく通っているLuganoの町、いまだに「この建物は何か?!」と知らない建物があるな。。と反省しております。何気なく疑問を持つこと、とても大切だな~と勉強になりました。
もっとLuganoの町のこと、お勉強してみようと思いますo(^-^)o

スイスもイタリア語圏、cA_riNoさんの旦那様のご実家があるドイツ語圏、そしてフランス語圏と言葉が変われば雰囲気もガラリと変わって面白いですよね。
フランス語圏の方にはご旅行なさったのでしょうか?!
こちらイタリア語圏からはちょっと行きにくいのですが、あちらも綺麗ですよ♪

次回いらっしゃるのを楽しみにうちの小3とともにお待ちしておりますので、またお見えになる際には是非お声掛けくださいませ(*^_^*)
イケメンかどうかは謎ですが、我が家の小3もお母様によろしくと申しております。
これに懲りずに今後ともごひいきによろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)