Juuuust chillin' out!! Saint Patrick's Dayにして。。

Saint Patrick's Dayにして。。

3連休初日の今日は

Saint Patrick's Day!

wikiさんによると日本語では「聖パトリックの祝日」ですが、日本にいた時もいつもそのまんま「セント・パトリック・デー」って呼んでました。

元々はアイルランドの祝祭日みたいですね。
しかしアイルランド系移民の多いアメリカやオーストラリアなどをはじめ、世界各地で最近はパレードとかも行われてるようです。パレードはさすがに見たことなかったなぁ。。。

私てきにはこの日と言えばこれ↓
Shamrock.jpg
シャムロック

と、

GreenBeer.jpg
グリーンビール
※両者とも画像はwikiさんより拝借。

グリーンビールは普通のビールに緑の着色料を加えたビールなんですけど、なんとなk~~~く苦手(^_^;)
やっぱ色って大事!!

アイルランド人でもない私と相方がなんでこの日を覚えてるかと言うと。。。

実は記念日なのです(>_<)
12年前のこの日からお付き合いをし出したのです。
お付き合い前は同僚であり、親友であり、飲み友でありだった相方。
ぶっちゃけ二人して大阪にある(今もあるのかなぁ。。。)アイリッシュ・パブに飲みに行ってて、色々話して付き合うことになったのです(*^_^*)
なので特にアイルランドに思い入れがある訳でもないと言うか、私自身は行ったことがないのですが、毎年秘かにお祝いしていたりします。

昨日も書きましたが、この12周年を記念して、さらに今年は3連休なのでブルゴーニュ旅行へ!!って意気込んでいたのですがどうも雲行きが怪しいので、せめてLuganoに唯一(と思う)あるアイリッシュ・パブにでも一緒に出掛けてみる?!と昨晩提案したけど、空返事だったし・・・
共通のお友達からLuganoに来るんでご飯でも~ってメールが入ってたから(彼らは記念日のことは知らない)、普通にLuganoでご飯するのかなぁ。

昨晩はじょばどのが教えて下さったスポットに

相:朝から行くぞ!

って言ってたけど、この『朝から』ってつく時は大抵実行されない
だいたい休みの日の『朝』に起きないし、今もぐっすりお休み中
さてさてどうなることやら


最後にこのセント・パトリック・デーについて少し・・・

聖パトリック(St. Patrick)は5世紀ごろからアイルランドにキリスト教を広めた司教で、この3月17日は彼の命日です。
聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。
あまり知られてませんが、日本にも守護聖人がいるんですよ。
それはみんなが知っているそう、あの人!!

フランシスコ・ザビエル!

ちなみに彼はアジア・パシフィック地帯の多くの国の守護聖人だったりします。
ちなみに、ちなみにイタリアの守護聖人ってのは2人いて、シエナのカタリナとアッシジのフランチェスコだそうですよ。
プラス、イタリアでは各都市に守護聖人もいたりするみたい。さすがカトリックの国!

もとい。。。
聖パトリックはシャムロックを片手に三位一体を説いたのでこのシャムロックがセント・パトリック・デーのシンボルになってそうです。
よく4つ葉のクローバーが飾られてたりしますけど、この三位一体の3からも3つ葉のシャムロックってことに意味があるのかな~と思ったり。

グリーンビールに関してはアイルランドのナショナルカラーがグリーン
そしてアイルランドと言えばビールってことでグリーン・ビールなのかしら?!と思ったり。

本場アイルランドではこの日は祝日でパレードなんかが行われています。
偶然だけどなんかゆかりを感じるこの日。
いつの日か本場のパレードに二人で参加してみたいな~と思いました。
ひとまず今日はちょっとグリーンを身に着けて・・・

コメント

おめでとうございます~

記念日!12年前の出会いですか~。干支も一回りして大記念日では?素敵な一日になるといいですね!

スイスでは3連休なんですね、いいなぁ。イタリアではGiannaさんが前回エントリーで書かれていたように、19日のサン・ジュゼッペは平日なので残念...。カーニバルのお菓子とちょっとかぶりますが、この日に食べる小さなクリーム入り揚げ(オーブンで焼くタイプもあるかも)ドーナツ(Bigne' di San Giuseppe)だけが楽しみです。

話が19日に飛びましたが(食い気先行でお菓子を思い出したせいです)、記念日スタートの3連休をお二人で楽しく過ごせますように!


ありがとうございますm(_ _)m

またブログに書きますが、いや~昨日は・・・な感じで終わりました(苦笑)。

12年。。。ほんとviasardegnaさんがおっしゃるようによくよく考えたら干支が一周してました(^_^;) そっかぁ~辰年(ですよね、今年?!)からつきあってたのかとふと思ったりしました(>_<)

Bignè di san Giuseppeって食べたことあったっけなぁ~とググってみたら、名前に聞き覚えはなかったんですけど画像には!!これ私も大好きです!!
一度だけなんですけど、相方の実家に帰省した際にSan Giuseppeでも何でもない日に食べました(笑)。どうもすごくおいしいからその店の定番メニューになってるみたいで(!)、いつもこの日にはPescaraに帰省しないので珍しいでしょ~って地元のお友達がオーダーしてくれました。いや~おいしかった!!
確かZeppolaってよんでたような。。。

去年はバタバタしていてまったく気づかなかったこのお菓子の存在!ここティチーノでもあるのか(いや、お店が開いてないか。。。)ちょっと探ってみます♪
あっ、でも私がPescaraで食べたのは揚げタイプではなかったような気がします。
え~~何バージョンがあるんですかねぇ?!?!
ちなみに私が食べたのはこんな感じでした。
http://gianna.blog4.fc2.com/blog-entry-914.html
え~~揚げタイプが超~気になります!!
いや~ドルチェもLove~なので私もここに食いついちゃいました(>_<)

お菓子!

揚げドーナツというか、どうやら揚げシューに近いお菓子でした(失礼しました)。この日のお菓子、南よりの方ではGiannaさんが召し上がったようなゼッポレ、中部あたりではビニェ(コロっとしたタイプ)が主流傾向にあるようです。調理方法、ローマでは揚げが主流だったとように記憶しています。サルデーニャではまだ食べていなかったので勇んで買いに行ったら、行った先には影形もなく...あんまりここでは浸透していないのかな~とちょっとさみしかったです。他のお店にはあったのかもしれませんが、時間がなかったので代わりに全然関係ないお菓子を買ってしまいました。残念!

北でも・・

最近どうもブログが公開されるのにえらく時間がかかっちゃうことが多くって(管理画面では公開になってるのに)、ブログと少しダブってしまうコメントになっちゃって恐縮なのですが、どうやら北イタリアでも父の日ドルチェがないというか様相が違うというか・・・

実は私もPescaraで食べた味が忘れられずに勇んでVareseまで買いに行ったんです!が。。。ないみたいです(涙)。後で(先にすればよかったです。。)ググってみたらどうも南伊中心みたいで、viasardegnaさんがおっしゃるように中部ではシュータイプっぽいのがあったり。北はない・・って感じですね。
VareseのBarのおばさまは「特にこれってのはない」っておっしゃってました。
いや~是非全国区で流行らせて~~~って感じです。

ちなみにAbruzzoというかPescaraで食べたのは揚げタイプではなかったんですよ。普通のシューっぽい生地でした。軽やかでいくつでも食べれる(でも多分カロリーは結構しっかり)って感じの危険な食べ物ではあったのですが(^_^;)

No title

今ごろ遅いんですが、12周年おめでたぅう~ございます♪♪♪
そっか~アイリッシュパブはお二人にとって特別だったんですね~ ニヤニヤvv
これからもグリーンビールと共に末永く仲良くお幸せに♪
じゃなくて…グリーンのビールはいただけませんね…メロンの味がしそう(笑)
うんうん…色って「とっても」大事…(>_<)// 焼きそばもおたふくソースのあの色と照りがないと!!!(違)

セント・パトリック・デーといえば緑の三つ葉ですね~♪バグパイプ吹いて行進するのもそうですよね?映画にもよく登場してたと思いますが、アタシがあの衣装とバクパイプ見て思い出すのは「キャンディキャンディ」(笑) こっちはスコットランドですが(^^ゞ

で、思い出したんだけど、版権でもめてマンガ本が絶版状態なんだって。だから友だちの友だちの友だちが(笑) 必死こいて探してるんだ~って。そ~だウチにあったよ~!ボロボロだけど。でもあげない!(イヂワル) だって名作ですもん♪

でね、今、はじめてwikiでキャンディキャンディの所読んだら
http://ja.wikipedia.org/wiki/キャンディ・キャンディ

>>イタリアでは放映に合わせて少女雑誌『キャンディ』を創刊し原作漫画を翻訳連載。これが大人気となりイタリア独自の続編漫画がイタリアのみの公開という条件で許可された

だって~~!!やるじゃんイタリア♪♪どんな続編だったんだろう??
あ、、、むっちゃ脱線しちゃいました…ゴメンなさい…

コレ知らなかったので、スゴ~~イ!!ってのも言いたかったんです
日本の守護聖人、フランシスコ・ザビエル!!うへ~そうだったんだ!
勉強になりましたvv

「例の場所」(笑)はこれから季節がよくなったら出かけてください♪
お二人の記念日の記事の時に、暴走コメントすいません…

ありがとうございま~す(*^_^*)

12年って長いでしょ~!も~自分でもびっくりです。
結局この日はLuganoに唯一あると思われるアイリッシュ・パブが閉まってて普通の日となりました(笑)。まぁお友達も含めてビールで乾杯したからOKか?!って感じですけど。。。

このグリーンビールって染料が入ってるから味とかは変化なしらしいです。
でもな~んか緑のビールって・・・っていつも飲まないんですけど。グリーンカレーならOK!(違う?!?!)

S.パトリックのバグパイプ行進、私知らなんだ~~~~!!さすがじょばさん!!勉強になります(^_-)-☆
今wikiって見たら日本人が思ってるバグパイプはスコットランドのやつでアイルランドのとはまたちょっと種類が違うんですね。

バグパイプじゃないけど、Zampogna(ザンポーニャ)ってご存知ですか?!
これ最初見た時にバグパイプ?!ちょっと違う?!変化形??って思うぐらいのバグパイプ認識度です、私。。。いやいや勉強せんといかんですなぁ、ほんま。

キャンディ♥キャンディってそんなことになってるとは知らなんだ~~~!!びつくりです、ほんと!!なんか悲しぃ~(T_T) 超~名作なだけに・・・
私もさっそくwikiって見ました!イタリアでとても人気があったのは知ってたんです。相方もお姉さんがキャンディ♥キャンディ見てたからチャンネル権の都合上(!)見ていたそうです。他のイタリア人の女の子も「見てた~!!」って言ってたから流行ってるんやろうなとは思ってましたが、イタリア特別続編があったとは!!でもイタリア語wiki見たら、どうも作家さんとかはイタリア人になってるみたいですね。うわぁ~イタリア語のキャンディ見てみたい!!eBayって言うオークション売りみたいなサイトがあるんですけど、それで見たらごっつ高いです!そしてキャンディを出してた出版元のサイト見ても、も~載ってないからこっちも廃版なのかなぁ・・と。

しかしwikiで「ただしアメリカ合衆国においては、ヒットしなかった。」がちょっと笑えた。舞台はアメリカとイギリスやのに・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)