Juuuust chillin' out!! Grotto del Mulino @ Morbio Inferiore

Grotto del Mulino @ Morbio Inferiore

3月3日はお雛様でしたね

ひとまずうちでもプチ★ひな人形↓は飾り物いっぱいの相方用本棚の最上段へ配置!
110303.jpg
※写真は去年撮ったのを使いまわし・・・
撮りなおそうと思ってすっかり手抜きです(^_^;)
相方がデジカメ持参で出張中だし。。。
なんか画像暗~くて怖い

去年同様、なんちゃってちらしでも作って・・・と材料はそろえていたのですが、実は急遽お雛さんの日からドイツへ行く予定となりました。が。。。

出発中止!

我が家ではありがちな事(苦笑)。
まず出発のお雛さんの日に

相:ちょっとAM中仕事行ってくる!
  終わらさんといかんことがあるから!!
G:はいは~い。でお昼は?
相:2時半までには帰ってくるからささっと食べる。

まずこの会話をしてたのが11時ごろ。
まぁ3時半に帰ってきたらええかな~と思ってたのですが・・・

帰って来ない (-_-)

朝遅かったとは言え、4時になっても戻らん相方。
私の堪忍袋はまだまだ余裕やけど、お腹は限界!!
遅すぎの昼食を済ませると4時過ぎにやっとこさ帰宅の相方。

でも顔を見ると疲労の色満載&またちょっと腰がおかしいか?!って思ったので・・・

G:もう今日の出発はやめよ!
相:何で?!今から・・
G:しんどいんちゃうん?!
相:・・・
G:顔はしんどいになってんで。
  こんなんで車で出たら事故るわ!
  中止!
相:でも・・・
G:その代り晩御飯あんたのおごり!!
相:わかった(^_^;)
G:ピザでええで♪

が向かった先は去年のバレンタインに連れてってくれたGrotto del Mulinoというグロット
どうもピザでは相方の気がひけたようです(笑)。ラッキ~♪

またまた地図もMelideに行った時のを使いまわしですが
MendrisiottoMap.jpg
Melideから右下のChiassoに向かって降りていくとChiassoのちょっと上ぐらいにMorbio Inf. って場所があると思います。そこです。

食事のお供は
0303201201.jpg
Cave du LacのFendant de Saint-Léonard(白)。
このボトル、実は700mlという私にとっては人生初の独特量ボトルでした。
ちなみに通常のワインは750mlです。
Chasselas(シャスラー)100%のワインでした。
やっぱシャスラー独特の苦みがありましたが、チーズ系には合うのかなと思いました。

0303201202.jpg
↑サラミ系盛り合わせ小

0303201203.jpg
↑Valle di Muggioのチーズ

上の2つを前菜として分け分けしました。
とにかく私のお気に入りはチーズ!!
すご~~~くミルキー!!
いくらでも食べれるって感じ。

そしてサラミ類の中では実は私、サラミ苦手なんですけど(って言いながら最近ちょっとファンになってきてるけど)、サラミが一番おいしかったです。
特に向かって右側にあるサラミがおいしかった!!
もちろん他のもおいしかったのです。

0303201204.jpg
↑プリモは二人ともPizzoccheri(ピッツォッケリ)。
元々二人ともそば粉が好きなんだと思います。
なので日本のお蕎麦もピッツォッケリも大好き

ただ本場Valtellinaと使用しているチーズは違いました。
ここではフォンデュー用のチーズ(ってグリュイエールってこと???具体的なお名前はおっしゃいませんでした)使ってますって言ってはりました。私はラクレットか?!って思ったりもしました。
と言うのも。。。

かなり強烈なにおい!

お味はおいしいですし、私はチーズのにおいはまったく気にならないけど、チーズ嫌いな人が近くにおったら「おのれ~~~!!何を頼んだ!!」って文句言われそうなぐらいにただよってました(笑)。
結構がっつり系!

最後にデザートは。。
0303201205.jpg
↑相方オーダーのホワイトチョコと胡椒のセミフレッド

0303201206.jpg
↑私のはアマレットがけセミフレッド

私の、すご~~~いアマレットがかかってたので相方のと交換してもらいました(^_^;)
おいしかった!

その後運転しないといけない相方はコーヒーを。すでに眠い私はコーヒーはパスでお店を後にしました。
去年来た時はシニョーラが切り盛りされていたけど、今回は若者(男の子)。
どうやらお母様から代を引き継いだらしい。

親から引き継げるお商売とか家とかある人ってラッキ~やなって思いつつ帰途につきました。
どうもこのグロットのあたり、ハイキングコースっぽいので次回はハイキングをし、帰りがけにご飯食べて帰ろうかな(笑)♪


Grotto del Mulino
住所:Via ai Crotti 2
   6834 Morbio Inferiore
電話:+41-(0)91-683-1180
営業:月~土 17:00~24:00
   日   11:00~15:00

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

おおぅう!!今、コメントしてたらオニューな記事があがった!
カブったわ~~!!としみじみ涙……
さぁさ、白いハンカチで拭いてくださいGiannaさん…(>_<)//
じゃなくて…
そうそう、すっかり忘れてました!お雛様!
って、持ってはるんですね~~スゴイ!!!
ウチなんて、そもそもあるのか!って疑問ですわ(爆)

700mlのボトルってあるんですね???ビックリ~~
なんでそんな中途半端な量なんだろう??
「おのれ~~~!!何を頼んだ!!」
ワハハ!!!キョ~~レツだったんですね~(笑)
タイでドリアンを食べた時に「うわ~こんなとこで食うな!」って視線が飛んできたのを思い出しました(笑) 匂いって、本人じゃなくて、第三者の方が効いたりしますもんね。シャスラーとあいました?

チーズって・・・

食べない人にとってはなんて臭い(ものによりますけど)ものなんだろうと思います。なので食べない人にはきっと「おのれ~~~!!」と言わしめてしまうぐらいのにおいが漂ってるんやろなぁ~と思いました。
一度イタリアで大好きなゴルゴンゾーラを食べてたら友達(伊人)に「足の裏のにおいせ~へん?!!」って言われました(^_^;)
いや~毎日風呂入ってるから足の裏はこんなにおいせんけど。。って言い返しておきましたけど(笑)。

いちおう季節もんの小物はだいたいそろえてるんです、ここ。
このお雛さん、子供の日、お正月と。こっちもんではクリスマスもんも。
ただ、子供の日のこいのぼりセット(小さいやつ)はなぜか分解されて(!)アルベロベッロのトゥルッロの小物の後ろにこいのぼりが建てられてました(←小3の仕業)。も~めんどいんでスルーでほったらかしにしてますけど┐(-。ー;)┌ あと正月オブジェは正月前からここにいないので登場したことがないのですが。。。

ピッツォッケリとシャスラーは結構いい感じだったように思います。
ちょっとしたシャスラーの苦味が強烈チーズを洗い流し(ていいのか?!)くれるというかリフレッシュしてくれるというか。やっぱスイス系のチーズには白ワインか?!って思い始めました。
またフランス語圏に行ってシャスラーも色々飲んでみたいです♪

P.S. コメと記事のアップがかぶるって私たちLove Loveですね^m^

No title

我が家ではお雛様、あっという間に過ぎてしまいました!
やはり雛人形を飾るだけで、豊かな日本情緒が味わえ素敵ですね~♪

またまた美味しそうなお料理!
グリュイエール(?)のチーズを使用してパスタだなんて興味深い~。
本当にラクレレットとパスタがミックスしているようなお料理ですね(*^_^*)


そば粉なんですよ

このピッツォッケリってそば粉のパスタなんです。
最初食べた時は「そば粉が・・・」って思いましたけど、慣れるとやっぱそば粉独特のお味が心地いいです♪
多分グリュイエールだと思うんですけど、ラクレットか?!って思い始めたりも。かなり強烈なにおいでした(笑)。発祥の地はイタリアなんですけど、イタリア版は現地のチーズでやってました。向こうで食べたのが一番最初の出会いのパスタで、お気に入りの1つです☆
でも寒い地方のお料理なのでやっぱがっつり系であるんですけどねぇ・・・・

こっちにいても日本を思うために、何かの行事事はなるべく実行するよういしてるんですけど、この日はちらし、作れませんでした(>_<) 来年は頑張りま~す♪

お雛様!

いいですね~。飾ると一気に季節感が出ますよね。うちも欲しいなお雛様。

さてさて、美味しいチーズって本当に止まりませんよね~!ワインとパンが一緒であれば尚更...。記事を拝見したら無性にこの3点セット(?)が食べたくなってしまいました。

強烈な香りのチーズ、どのくらいがっつり系なのか気になります(個人的には雑巾っぽく?なければだいたい大丈夫なんですが)!スイス系のチーズには普段あまりご縁がないのですが、機会があれば試してみたいところです。う~ん、こんな時、陸続きなら...!

引き続き、チーズやワインの話題を楽しみにしていま~す。




ウォッシュ系でしょうか?!

雑巾っぽいにおいと言うことはウォッシュ系のチーズでしょうか?!
イタリアだと熟成したタレッジョあたりが若干あるかな?!と思うのですが、フランスでいくとエポワスなど。。。
それでいくとスイスとフランス両方にあるのですが、モンドールはやややばいかもです(^_^;) でもこういう系統のチーズは皮の部分がそのにおいがするだけで皮だけはがしちゃえば中はそんなにおいはないですよ。
ただ、固まりと買って冷蔵庫に入れてると開けるたびにプ~~~ンですけど(笑)。。。我が家が今そうです(モンドール入り)。

viasardegnaさんはどんなチーズがお好きですか?!
やっぱサルデーニャだと羊乳製チーズがお好みですか?!!
意外とスイスは羊乳製がないように思います。食べた記憶がないというか思い出せない。。。やはり牛乳製が主流ですし、山のチーズ系(フォンターナみたいな)が多いです。熟成させたものもあるので結構強烈なにおいのものは強烈ですけど。

ほんとうにおいしいパンとチーズとワインがあれば幸せですね♪♪
ちょっと休業気味のホームベーカリーにまた活躍してもらわないと(笑)・・・

そうそう!

私が過去に「う~ん、ちょっと苦手かも~」と思ったのはウォッシュ系のものがほとんどでした(雑巾系の匂いとか言ってすみません..ウォッシュ系という言葉が出てきませんでした…)。中は美味しい…というのはわかるのですが、そう、冷蔵庫での塊保存が諸悪の根源!??

その昔アパートをシェアしていた時、冷蔵庫に「匂い爆弾」としか言いようのないチーズの塊が入っていたことがありまして、まさにそれがウォッシュ系のきつい香り。冷蔵庫の開閉時は息をとめてました。それ以来、なんだか苦手意識がついて回るようになったような気がします。

私が特に好きなのは、無難に(?)白カビ系のチーズです!普段は羊文化の島サルデーニャにいるので、羊のチーズ各種をいただくことが多いのですが。

それから、以前「焼きそば」の話題でレスを返し忘れてしまったのですが(すみません!)、私は家で焼きそばを作ったことがありません…。が、しかし、昨年ウンブリア在住の日本人の友だちの所に遊びに行った時、彼女が冷やし中華を作ってくれて、その麺はかなり中華麺に近かったです。卵入りパスタ麺を使っていたのですが、「茹でる時に重層を少し入れると、麺がもちもちっとなってパスタっぽさが抜ける」のだと教えてもらいました。いろんな知恵がありますね~。

長くなってすみませ~ん!

コメみるだけで学習できる!

ご主人、お疲れさまでした~!
何よりも、Giannaさん、優しい♪ご主人もGiannaさんの優しさに思わずほろっときた(というよりもぐっときた!)ことだと思います♪
私、このグロット、一度だけいったことあります。たしかスイスに来てちょうど1周年だったような…このグロットがある公園は、Geoパークでかなりおすすめです♪夏場は日も長くなるので、ちょっと歩いて→食事というパターンもありかも♪

ピッツォケリは、バルテッリーナ出身のイタリア兄さんの実家で何年も前にごちそうになったのですが、おいしすぎて私はかなり食べました…。その後食べてないのですが、よく考えたらピッツォケリってかなり後で来ますよね?よくあんなにも食べれたなぁと思います。若さゆえか…(なんせ2人分くらい食べました…)。
イタリア兄さんのおばあさんが、でっかい鍋でつくっておりました。まさにこちらでいうポレンタのような感じで!
スーパーに売っているので最初みたときは「おおー!」と思いましたが、そのまま試しておりません。

コメ読ませていただくだけで、色んなチーズがでてきて、勉強になります。
ワインもそうですが、名前を知らずに口にしていることが多く…というか名前が覚えられない。
最近は、夫と「ワイン帳作ろう」とはりきり、写真だけ溜まっていくという始末。ある意味私たちには恒例ですが…(汗)
でもせっかく飲むのなら、さらに楽しく♪ということで、またいろいろと教えてください~!

ベルギーの・・・

ウォッシュ系で超~~~強烈なのがあります。さすがにウォッシュ・チーズOKの私もドン引きほどのにおい・・・なのでウォッシュが苦手というお気持ちお察しします!!実はうちの冷蔵庫にいたモンドールちゃんも50%オフで買っただけあって熟してきているのかかなりのにおいがしておりました。なので今晩冷蔵庫から出て行き我々の胃の中に行ってもらいました(笑)。しかし部屋中まだにおってます(^_^;)

「匂い爆弾」チーズの正体がすごく気になっています。イタリアってウォッシュ系少なくないですか?!フランスのだったのでしょうか?!!エポワスか?!と思ったりしてるのですが。

私も白カビ好きです♪ おいしいですよね☆
月並みですが、Camembert de Normandieがやっぱり好きです(*^_^*)
後Chaource(シャウルス)も♪♪

チーズは全般的に好きです。
実は日本でチーズのクラスを取っていた時に唯一スペインの青カビをおいしぃぃぃ~~って言って食べてた女だったりします(^_^;) どうも先生も苦手だったみたいで、「これは私も苦手なので・・」って前ふりがり、結構クラスのみんなも降参気味だったチーズなのですが(>_<)
ちなみにカブラレスというチーズでした。

焼きそばの件、私も聞いたことがあります。
私も試そうかなって思ったのですが、普段使ってる麺もすごく高くはないのでまぁいっかとそれを使い続けていたりします。そんな頻繁にしたりはしないし、ゆで時間が超~短いのも魅力の1つだったりします。

と。。
ウンブリアにいらっしゃったんですか?!いいなぁ~~~!!ウンブリアって食べ物もワインもすっごいおいしいですよね!!
アッシジとスペッロにしか行ったことがないのですが、すっかり虜になりました!!また別の町も見てみたいです、ウンブリア!

チーズは・・・

試験がマークシートじゃなく筆記だったから泣きながら覚えたのでいまだにうす~~~~く残ってます(笑)。いや~ワインの試験の時も泣きましたけど、チーズの時は大泣きでした v-406

イタリア兄さんのご実家で食べられたピッツォッケリは本場中の本場やと思います!!そう!あのチーズなのかおじゃが(入ってますよね?!)なのか後でズシ~~~ンと来るなかなかの曲者(笑)!プラス、シャットってチーズ揚げたの食べたことあります?!あれもなかなかのつわものでした!!

ワイン、私もいつかあげようと写真いっぱい撮ってるんですけどそのまんまになってます。きちんと記録を・・・といつも思うのですが、分析し出すとおいしくなくなるので最近は楽しむ派になってきています(>_<) かなり臭覚・味覚ともに劣ってきた~~っと焦ってはいるのですが(-"-;A ...

このグロット、公園内なんですね?!!
夏は暑すぎそうだし、春ごろに4人でハイキング+グロットで夕食ツアーでもいたしましょ~♪
あっ、またご合席お願いしますになるかしら^m^

今となっては

昔の話、「匂い爆弾」の正体は覚えていないのですが、イタリア産でないことだけは確かです。おぼろげな記憶では、確かドイツで買ってきたものだったような(でも、ドイツ産かどうかはわかりません...)。

そうそう、私は特にチーズに詳しい訳ではないのですが、イタリアってウォッシュ系のものが少ない印象があります。というわけで、私的にはだいたいどれもOKって感じで嬉しい限り。ただ、このあたりにはかの有名な(?)にょろっとしたムシさんの入ったチーズ "casu marzu" というのがあって(販売は法律で禁止されているのですが、勝手に作って自己責任で食べるのはアリという...)、それだけは匂いではなく見た目で受け付けません。しっかし、いろいろ考える人がいるものですね~。

Camembert de Normandie、私も大好きです!一方、Chaourceというのはまだ食べたことがないと思います(→メモりました!!)。




マンステールかしら・・・

ドイツではないんですけど、フランスのアルザス(ドイツとスイスと接しています)地方のウォッシュ系のチーズで結構においます(^_^;) においは強烈なんですけど、食べるととてもおいしいんですけど、やはり最初のとっつきはウォッシュ系はよくないですよね。。。そういう意味では青カビも嫌な人はにおいが嫌みたいですね。

casu marzu知ってますよ~~~!!!
私もちょっと話を聞いてドン引き度↑↑です(^_^;)
確かむか~~しに大村 崑さんの奥さんが食べてるをTVで見ました。
うちの相方も現物を見たか食べたかって言ってたような・・・
相方の従弟の奥さんがサルデーニャの人なんです。
おいしいらしいですけど、う~~~~ん。。。。勇気がでないかもです(>_<)
まぁ無理して嫌なものをいやいや食べる必要ってないですものね(^_^;)
チーズは好きなものをおいしく楽しくいただきましょ~❤
ちなみに私の一番LOVEはナポリの駅前で買った水牛製のモッツァレッラです。
って場所まで細かいですね。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)