Juuuust chillin' out!! Vercelliウロウロ

Vercelliウロウロ

先週の日曜日、相方も疲れてるだろうからまっとりと。。。と思っていたのですが・・・

相:今年はRabadan行こ~!!
G:えっ?!
  去年は絶対行かないって言ってたんちゃうん??
相:行こ~!!

と言ってからがいつも長い!!

相:まずはご飯を食べて・・・・

と、やっぱりきた!
そして食事中に珍しくふとTVをつけてみると、スイス・イタリア語チャンネルではRabadanの模様が放送されていた。
が・・・
どうもイメージと違ったみたい&人ごみに

相:どうしても行きたい?!
G:えっ ( ̄∇ ̄;)
  いや別にしんどかったら今日はゆっくりと家で過ごしても。。。
相:いやっ!オレは出かける!!!

と、何に駆り立てられてるのか

相:よしっ!
  Comoのカーニヴァルに行く!
  いや、近すぎるから(Bellinzonaも近いぞ)〇〇(ピエモンテのどこだったか・・)か
  Vercelliのカーニヴァルを見て、帰りにTir a Scioppへ行こう♪
  どっちがいい??
G:どっちって聞かれても・・・
  Ivreaみたいなんじゃない方で。。。
  ありゃ~ちょっと恐怖やったからさぁ。。
相:せやなぁ。。
  じゃあVercelliってオレら行ったっけ?
G:町?
相:そう。
G:行ったことないよ。
相:じゃあそこにしよ~☆

で出かけたVercelli

しかし到着するも。。。

シ~ン・・・・

G:何かカーニヴァルって雰囲気じゃなくない?!
相:(-"-;A ...アセアセ

どうも前日の土曜がピークだったみたいです(爆)!

相:ごめん・・・
G:いいんじゃない?!
  せっかく来たし、来たことない町やから町歩きして
  おいしいもんでも食べて帰ろ♪

で、街歩き開始!

1902201201.jpg
↑Piazza Cavour(カヴール広場)
ここはメインのピアッツァ(広場)です。

1902201202.jpg
↑Camillo Benso, Conte di Cavour(カヴール

イタリアの町を歩いてるとよく耳に目にするカヴール通り。
このカヴール氏から来てるもんやな~とは思ってたのですが、実際この方は誰ぞや?!とず~っと思ってもいました(無知~!)。

G:前から聞こうって思っててんけど、カヴールって誰?!
相:えっ ( ̄∇ ̄;)
  マジで知らんの?!!
G:知ってたら聞かん!

で教えてもらいました。
ガリバルディマッツィーニと並んで「イタリア統一の三傑」と言われてるイタリア王国初代首相だそうです。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が初代首相と思いきや、彼は初代国王だったんですね。。。納得。

また街歩きを開始していると。。。

フロート発見!

1902201203.jpg
↑赤ずきんちゃんモチーフのフロート

1902201204.jpg
↑↓何がモチーフ
1902201205.jpg

1902201206.jpg
↑なぜかユーロ札
何がモチーフ

カーニヴァルはもう終わったと思ってたのでちょっと得した気分♪

1902201207.jpg
ARCA
展示場のようですが、時間的にもちろん中には入れず。。

1902201208.jpg
↑その向かいにあったChiesa di San Bernardo(サン・ベルナルド教会)

1902201209.jpg
↑↓Basilica di Sant'Andrea(サンタンドレア教会)
1902201211.jpg

わかりにくいですが、ゴシック様式の教会です。ちょっとロマネスクも混ざってる?!

1902201210.jpg
↑中は質素

最初ドミニコ会系の教会かと思ってたのですが(なんとなく)、後で外に出て道で標識を見たら違いました(^_^;)
う~ん、まだまだだなぁ、私・・・

何となくPaviaで見た教会(今自分のブログ見たらChiesa di San Francesco Grandeやからサンフランシスコ会でまったくのうろ覚え。。。)と似てるか?!ってこの時は思って、それがドミニコ会系の教会やって勘違いしてたからです(6 ̄  ̄)

ちなみにもっと勘違いしてる人が隣にいました!!

G:これってさぁ、ドミニコ会系の教会ちゃう?!
相:これは大聖堂やで!
G:えっ、違うと思うけど。。。
相:いや、これがここの大聖堂やねん!!

いえいえ、大聖堂はこっちです↓
1902201212.jpg
↑Cattedrale(大聖堂)

暗すぎてうまく写真が撮れんからやっさもっさしてると偶然!!

1902201213.jpg
↑↓フロート通過!
1902201214.jpg

ある種ラッキ~やったんちゃう、私たち?!と二人でニヤリ( ̄ー ̄)

1902201215.jpg
↑その前にあった大学の工学部の校舎
教会っぽい作りにひかれてひたすら写真を撮ってた相方。
Aにもらった三脚忘れてごめんちゃい

残念ながらカーニヴァルは見れなかったけど、それはそれで楽しんできました
そしてその後予定していたレストランではなく、Vercelliのレストランへと向かった我々でした。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど

こういう経緯でVercelli...だった訳ですね。カーニバルのピークを過ぎた町の散策もまた落ち着いた感じ(?)でよさ気です。とにかく誰にも邪魔されず...。
ところでテレビでの放送言語、例えばお住まいの地域(イタリア語圏)では、やっぱりイタリア語放送の割合がずば抜けて高いのでしょうか?それとも、他の公用語のテレビ放送も同じような割合で受信できるようになっているのでしょうか?
ふと、チャンネル構成がどんな感じなんだろう??と思ったもので。いきなり変な質問ですみません。

はじめまして(*^_^*)

はじめまして。
私のサイトへようこそ。
お問い合わせの件ですが、添付いただきましたメールアドレスにご返信しておりますのでよろしくお願いいたします。

そうなんですよ~!!

すったもんだでVercelliに行って参りました(笑)。でもとてもかわいい町だし、美術館が多い町だったので今度は日中、美術館が開いてる時間に再チャレンジしたいな~と思いました。ピエモンテの中規模以上の町ってすご~く文化的な面に力を入れてる印象があり、結構好きなのです☆

こちらのTVですが、ケーブルTVとなります。
なので契約内容や会社によって見れるチャンネルも異なってくるようです。我が家はあまりTVを見ないので一番ベーシックな契約にしています。なのでスイスのチャンネル(伊・独・仏)とRAI(さすがにRAI4は入らないですが)やIRISなんかのイタリア語放送、CNN(英語)、フランスのフランス語放送、ドイツのドイツ語放送なども入ります。
以前住んでいたマンションは契約している会社が違ったのですが、BBCなども入ってました。
あと1チャンネルスペイン語のチャンネルも入ってるみたいです。色々なチャンネルが見れて嬉しいのですが、イタリアのMTVが見れないが残念です(涙)。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)