Juuuust chillin' out!! Giovedì grassoのチェントロ

Giovedì grassoのチェントロ

Giovedì grasso(『肥沃な木曜日』とでも訳しましょうか?!)だった昨日、用があってチェントロへお出かけ

Giovedì grassoはカーニヴァル直前の木曜日でここからMartedì grasso(『肥沃な火曜日』かな。。)にかけて最高潮に盛り上がると言われているみたいです。ラストスパートってところかしら?!えっ、違う???
またgrassoは脂とか太ってるって言う意味もあるんですけど、この日は脂ののったお肉をいただいたり、フライなんかにして油もんでお肉をいただいたりするみたいでいつもお昼に見てる料理番組でもお肉にパン粉とかつけて揚げ物にしてはりました。

ティチーノの学校は明日(2/18)~2/26までカーニヴァル休暇。
その前にいっちょ盛り上がろうぜ~ってことだったのか(想像)・・・
1602201201.jpg
↑↓町では仮装した子供たちのマーチ
1602201203.jpg

なんかカーニヴァルの盛り上がりの初日であるGiovedì grassoって感じがしました(笑)。

1602201202.jpg
↑大人もいた!

どうもうちの区域の小学校(だけか?他の区域と合同か??)のカーニヴァルやったみたいです。
全ての写真は撮れんかったけど(すごい数!)クラス毎か何かで違った仮装をしてました。
やっぱ子供たちはかわいい~~~!!
でも大人(多分先生)は大変そうだった(^_^;)

1602201204.jpg
↑Luganoメインの広場。
どうも最終ここに集まり、親とともに解散のようでがったがえし~~~!!
ここでうちの地区の小学校のカーニヴァルって言ってたんでそうかな~って思ったんですけど。
とにかくこの子供たちのカーニヴァル・パレード、そしてそのを見に来ている親御さんの集団でチェントロはごった返しておりました!!

昨日は本当に暖かくって日中は厚手のコートでは汗
昨日の“20 minuti”(フリーペーパー。20分の意味)によると12℃あったみたいです!!

1602201205.jpg
↑雪もかなり姿を消してます。

せっかくの子供たちのカーニヴァルの日。
いい天気でよかったね♪

そうそう。。チェントロに出かけた理由は2つ。
1つはこれ↓を買うため。
1602201206.jpg

写真をクリックいただくとやや拡大するのでちょっとわかりやすいのですが、何の変哲もない真ん中に線の入ったノート。
サイズはE6というちょっと変わったサイズ。
これ、単語帳なんです。
以前の学校の先生が英単語の勉強するのにこのノートが一番使いやすいって言い出してから前のクラスで流行ってた(笑)。

G:普通のノートを半分に折って使ったらええんちゃうん?

って言ってたけど、H(元クラスメイト)がプレゼントしてくれたんで使ってみたら結構使いよい。
※先生が「どこにも売ってないけど、誰か売ってる場所知らない??」って言ったのをうけてHが先生とSと私の分を買ってきてくれた。

新書サイズぐらいの大きさで薄いからカバンに入れて持ち歩いたりもしやすいので、長~~~い時間電車に乗る時なんかは単語暗記のためにカバンに忍ばせたりもしています^m^

私が知る限りLuganoではチェントロにしか売ってないのでチェントロに買いに行ったという訳です。

もう1件は郵便局での用事。
実は口座を開こうと思ってお話を聞きに行きました。
色々と不便があって自分の口座をって思ったのですが、スイスってある一定の貯金額がないと微々たる金額ですが(口座の種類にもよる)月々口座から引かれるんですね!!
イタリアではあるって聞いてたけど、これって日本にはない制度なだけに微々たる金額でもなんだか腑に落ちないなぁ・・・
その他にもちょっと腑に落ちないこともあって一旦今日はお話だけ聞いて帰ってきました。

ちなみに口座自体はスイスの滞在許可書BかCを持っていれば誰でも開設できるみたいです。
しかしスイスに流れてる黒~~いお金の持ち主さんたちは滞在許可書持ってると思えないんだけど・・・・
まだまだ謎多しです。。。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

かわいい♪

昨日からですよね~♪
去年は、近くの村のCorteoとBellinzonaのCorteoに行ってまいりましたが、私はどちらかというと村レベルの小さなもののほうが好きでした!村レベルという感じで、住んでいる人のおまつりという感じがして!なので、Veneziaのカーニバルは旅行者としては2回もいったのですが、住んでいたときはちらっと見ただけで‥
Luganoは都会ですが、お写真を見る限り、なんだか村レベル(すみません!でも、ポジティブな意味です!)で、かわいい~♪住んでいる人が楽しめるお祭りって好きです♪♪

郵便局、そうなんですか!?
私は夫との共同の口座にしているので、その辺の事情は全くしりませんでした‥
クレジットカードをうちは郵便局発行のものにしているんですが、昨日年会費を払っていることがわかり‥
「来年は、無料のに変えよう!!!!!」と説得したばかりです。

子どもの仮装は

どこもかわいいですね~。衣装を準備するお父さんお母さんは大変かもしれませんが。

単語帳!なんだか使いやすそうです(自分で線引いたりするのって結構面倒なんですよね)。単語帳という概念(?)があることにちょっと驚きました。同じようなサイズで、ジャーナリストさんや通訳さんたちがよく使う、裏表紙が固いタイプの縦長メモ帳(見開きタイプではなく、日めくりカレンダー形式。スイスでも売ってるかな???)も、電車やバスの中で使うにはコンパクトで使いやすいですよ~。中央の線はないんですが...。あと、紙の裏側を使うかどうかっていうところがだいたい争点(?)になるんですが...。

どうも・・

うちの地区(Luganoは確か17やったと思うのですが、地区(Quartieri)に分かれてて、うちの地区の小学校のCorteoやったみたいです。なのでまさに小規模&地元系って感じでした(笑)。それにしても小学校のCorteoに楽団(は一体誰なのかは??ですが)が出てくるってまさに町一体化?!って思っちゃいまいた(笑)!!
いや~ラッキ~でしたチェントロ行って♪

郵便局は口座の種類にもよるんですけど、ある一定額の貯金があれば無料みたいですよ。なので相方は払ったことないって言ってました。私の場合、相方が出張多いので、何かあった場合にインターネットで送金してもらおうかな~って思ってるレベルなんでその最低貯金額に達しないため要支払いって感じです。cA_riNoさんところみたくパートナー口座にしてくれたらいいんだけど、嫌なんですって(苦笑)。
口座のパンフもらってきたのでよかったらスキャンしてメールしましょうか?!

おっしゃる通り!!

仮装の衣装作りは親が大変だと思います!!
多分親が作ってると思うのですが、組によってはかなり凝った衣装のところもあったり、写真を撮り損なったのですが、新聞でソンブレロみたいな帽子を作ってるクラスもありました。私、あまり器用ではないので絶対無理です(-"-;A ...

これまさに単語帳で今見てみたらパッケージには“Quaderino del vocaboli”になってました。
おっしゃってるメモは売ってような気もしますが、う~んどうだったかしら (^_^;) 確かに移動時に書き込みする時は便利ですよね♪ 昔カナダで使ってました。
確かのあのメモは裏側を使うかどうかはその時の筆圧によっても左右されると言うか、裏表紙が硬い分、力がこもるというか、裏ページは使い勝手が悪いですよね(^_^;)
主流派やはり表だけなのでしょうか?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)