Juuuust chillin' out!! おじゃが事情

おじゃが事情

いや~今日も快晴
まだまだ空気は冷たいけど、暖かくなっていくのかな~、いや、なってくれっ!
が天気予報によるとまたまた明日から週末にかけて最高気温マイナスの世界みたい
今しばらくこんな日が続くんかなぁ・・・

火曜にちらっと元クラスメイトの一部と元先生とお茶したことを書きましたが(こちら)、その時にジュネーヴ出身のSが

S:ジュネーヴはもっと寒いのよ~!!!

と言ってた。
そして昨晩「ほらっ!」と写真が送られてきた。

しばし氷の世界を・・・

Ginevra201201.jpg
↑この車の人が車に乗れる日はいつ?!

Ginevra201202.jpg
↑元が何かも謎!

Ginevra201203.jpg
↑ロック解除はできるんか?!

Ginevra201204.jpg
↑船も出れん!

やっぱここは暖かい方やったんですね。。。

さてさてベータ―は相変わらず故障中。
なんと今日は相方も乗れんくってもう完全停止状態!
どうも誰かが連絡して修理待ちみたいやけど、それはいつ来るの
そんないつの日になるかわらかんベータ―を待っている訳にもいかないのでカートを担いで買い出しへ!
プチ★ヘラクレスの嫁もプチ★プチ☆ヘラクレスに変身です♪
とりあえずお水を買わんことには
さらにおじゃがもないし

そうそう!!
このカートを担いだ途端に隣のシニョーラが扉を開けてまたまた世間話開始!
どうもバルコニー側じゃない窓の外の足跡(こちら)はネコちゃんだそうです
どっかで飼ってるネコちゃんがこのベッドルーム側の1Fの屋根の上をウロウロしてる時があるみたいです。
ちょっと安心!ってかシニョーラの調査力すごすぎ(笑)!!
でもバルコニーの方はまだ謎。。

さてさてスーパー、スーパー・・
前にも言ったかもしれませんが、基本私はあまりこちらのスーパーには行きません。
週末に1週間分(最近は10日分とか)イタリアで買い出しし、腐りやすいもの(葉物野菜など)と水・豆乳(水の値段は同じぐらいだけど、豆乳は断然こっちのが安い!)はこちらで買うって感じです。
水だけでも重いので(1.5リットル×6本)なるべく根野菜などの重い物はイタリアで。。。

が、フライトの遅延で月曜に帰ってきたもんだから、おじゃが(重い!)もこちらで買い出しすることに。
そしてちょっとびっくり!!
※以下画像はクリックすると拡大します。

MPaxRaclette.jpg
ラクレット用のおじゃが
※画像はMigrosより拝借m(_ _)m

さらに何だかやけに種類があってどれを買ったらいいかちょっと迷いました(^_^;)
いつもはイタリアで重いのはプチ★ヘラクレスが取ってくる係になってるから(苦笑)。

日本では、と言うか相方と結婚するまではあんまりお料理とかしなかった私。
特にお買い物はほぼ行ったことがない。
何か作るにしても家にあるもんでささ~っと作るぐらいだった。
日本にもそんないっぱいおじゃがの種類ってありましたっけ??
男爵とメークインがあるんはわかるんですけど(-"-;A ...アセアセ

ちょっと最近お気にで行くMigrosのサイトからは写真をゲットできなかったので、ちょっと前にお気にだったCoopより写真を拝借m(_ _)m

CPaRaclette.jpg
↑やっぱあるのですラクレット用

CPaBlue.jpg
↑グラタン、ニョッキ、ピューレなど粉と合わせるお料理用

CPaRosso.jpg
レシュティ、ローストポテト、ポテトフライ用
要は焼き料理用?!

CPaVerde.jpg
↑こふきいも、スープ用
こっちは加熱用?!

これらプラス今日Migrosにはサラダ用ってのがあったし、MigrosもCoopも自社のお買い得用(これは万能用???)ってのがあるし、小さいおじゃがとかなんかいっぱいあるのです!!

ちなみに私が買ったのはこちら↓
MPaFarinose.jpg
↑Patate farinose(粉系おじゃが)
グラタン、スープ、ピューレ用みたいです。

うちはそんなにおじゃが消費系家庭ではないので、ローストにしたり、チーズをかけて焼いてみたり、煮たりするのでまぁこれかなぁ~っと思ったのですけど。。。

たかがおじゃが、されどおじゃがです、この国では(笑)。。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

NoTitle

先ほどは失礼しました。
やはりこちらの記事の事だったのですね(^_^;)
実はお肉の部位に関連する事を以前に書いたので、
勝手に関違いをしてしまいました。

本当にジュネーブは凄かったようですね!
チューリッヒも相変わらず寒く、
今日スイスに来て初めてチューリッヒ湖が凍っているのを
目にしましたー。
産まれてはじめて氷の張った湖の上を歩きましたよー♪

NoTitle

この凍り方、す、凄いですね…。
たとえがどうかと思うけど、
昔の冷蔵庫の霜がたまった状態という感じ…。
ジュネーブの冬っていつもこんな感じなのでしょうか。
それとも今年が特別大寒波?

なんだか世界中おかしいですよね。
前の記事の氷底湖の話、
日本でも話題になってましたけど、
私もGiannaさんと同感で、
下手に触ると、今まで地上になかった
ウィルスとか細菌が出てくるし、
逆に環境が変わったら生きられなくなる微生物が出てきて
結果的に良くない気がします。
かといって科学者やら生物学者やらの
知的好奇心を刺激するのは仕方のないことなのかも。
結局最初に調査したがる人ってのは
そういう危険性も覚悟の上ということなのでしょうね。

そちらも。。

噴水なども凍ってるみたいですよね!!
cA_riNoさんがチューリッヒにいらっしゃったみたいで、お写真を見てびっくりです!!
噴水って動いてるお水だからそうそう凍らないイメージだったんですけど。。。いやはや。。。

そうなのです、このジュネーヴネタがかぶっちゃってたんです(>_<) たまたま火曜にお茶に行ってた際にジュネーヴ出身のお友達がこのことを凄く言ってて、この記事をアップした朝か前の晩に写真をくれたもんで「うわぁ~!!!」って思ってアップしちゃったんですけど(>_<)
そう思うとLuganoは特に何も凍ったりはしていないので、暖かめなんだな~と思いました。
寒いのは嫌ですけど、私も一度凍った湖の上を歩いてみたいです(*^_^*)

どうも・・

今年は異常気象みたいです。
元々ジュネーヴの冬は寒くはあるのですが、こんなに寒くというか凍てついてはいないと思います。まさに冷蔵庫の霜です!!
ジュネーヴ出身のお友達のお話ではかなりの数の車が凍てついていたようなのですが(湖畔に停めてた人たち)、旅行者が多かったようで(!)この日帰る予定の人たちってどうしたんだろう。。と秘かに思ってました。まず車、あきそうにないですよね(-_-)

氷底湖、やっぱそう思われます?!!
私もです。
探究心は大事ですけど、おっしゃるように元の生態系を崩す可能性もかなり大きい!それを崩す権利は人間にあるんですかねぇ?!!やっぱ人間のエゴだと思います。
地上に生きてるのは我々だけではないですから。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)