Juuuust chillin' out!! Cremeria La Bresciana

Cremeria La Bresciana

いつだったかなぁ・・
多分去年のクリスマス休暇の時期だったと思うんですが、たまたま町でM&M家族に遭遇!
M(旦那の方)が

M:ホットチョコでもどう?!

って連れてってくれたお店の味が忘れられんかった。
今日、たまたまチェントロ(中心地)に行く用事があったんで

G:ねぇ、ホットチョコが飲みたいんですけど。。
相:希望の店ありなん?
G:前にさぁ、Mが連れてってくれたお店に行きたい!!
相:了解!!

で向かったお店はCremeria La Brescianaというお店。

ホットチョコだけで帰ろうと思ってたのです。
しかしテーブルを見るとみんなこれ↓を食べてる!!
Pasticceria04012012.png
※写真はお店のサイトより拝借!

G:私もあれ食べてみようかと思うんやけど。。
相:でもショーケースに並んでないで。
G:どうも次から次とはけてってるから追いついてないみたい。
相:じゃあ俺も♪

でこちらもオーダー☆

ようはブリオッシュに生クリームを挟んだだけのシンプルなもの。
しかしここの生クリームがやけにうまいのです!!
いや~地元民はみんなよ~知ってる!!
生クリームを楽しむならやっぱこれって感じで、作っても作っても次から次とはけってて、やはりショーケースに並ぶことは店にいる間じゅうありませんでした(笑)!

そしてホットチョコはと言いますと、すご~く濃厚!
でも甘すぎないのでこれまたおいしくいただけるのです。

どうもこのお店、サイトを見ると70年ほど続いてるお店のようですね。
お店自体はおっされ~な感じのつくりではなく、至って普通。
いやむしろちょっと古びた感じ。
しかしお客さんがひっきりなしに出入りしてるのは納得です。

ホットチョコ飲みたさに手前のおっされ~なカフェに入らなくってやっぱ正解と思いました☆
おすすめ!

ちなみに明日もチェントロに行かないといけない用事があるので、時間があればまた行こうかともくろみ中(笑)。
行ったら今度はちゃんと写真を撮ります!


Cremeria La Bresciana
住所:Via Trento 96, Pescara
電話:+39-085/4212302
定休:日曜

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

FB見て飛んできましたよ~
ぎゃ~ぎゃ~コレ、ちょぅうう~~~ウマそう~~!
実はアタシ、生クリーム、大好き~~なんですよ
ふわふわスポンジ、た~~ぷり生クリーム、ゴロゴロいちご!のショートケーキなんて、大大大好物デス♪♪(子供ですね…) 総じて激甘な伊国のお菓子ですが panna は美味しいと思うンですよ。ホッとする甘さというか。ジェラート屋で盛ってくれるpanna も大好きで、もっともっと!って催促しちゃう(笑) ホットチョコレートも美味しいんだ?こら、次回絶対行かなきゃ!偶然だけどコレ知る前にバンホーテンのココア飲んでました。寒いからグラッパ入りで(爆)

ん~似ているような違うような…。

遅ればせながらあけましておめでとうございます&今年もヨロシクです♪

2007年にイタリア行った時、朝ごはんで連れて行ってもらったお店も「La Bresciana」て名前なんですけど、これってよくあるお店なんですかね?
確かに「生クリーム多くてくどいかも…(汗)」なんて心配しながら食べてたけど、美味しくてがっついてた覚えがあります。(笑)生クリームてヨーロッパで食べるとあまり砂糖入ってないような気がして結構どこでもペロッと食べてるなぁ。。。って気のせいですかね?(苦笑)

恐らく今日も!

行く予定です(笑)。
昨日は相方はこのブリオッシュだけ、私はこれとホットチョコ、もちろんパンナ盛でいただきました。
多分相方はホットチョコが激甘やと思ってたみたいで頼まんかったんですけど、ちょっと飲んでみる?!って勧めたらやっぱおいしかったみたいで、結局半分飲みはりました(爆)。

私も苺ショート、超~LOVE!!!
実はこっそり苺を持参して、このブリオッシュのパンナの雪山に沈めたい衝動にめっさかられてたりするのです(笑)。なんかパンナがほんとうまいんですよ、ここ!!
pasticceriaじゃなくってCremeriaにする気持ちがほんまわかります!!

ホットチョコはあんま甘くないんです。でも上にのっかってるパンナの甘さと絡めたら絶妙で激ウマ!!次回Pescaraにいらっしゃる予定があれば是非是非試して欲しいです!!
店自体は地味系なんで、ちょっと見逃しそうになりますけど。。
と、グラッパ小瓶持参でいかがですか(笑)?!

おめでとうございま~す\(^O^)/

きゃ~すみません、こちらも遅ればせながらあけましておめでとうございま~す!!!今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

そうです、そうです、「La Bresciana」と一緒のお店です。
レシートやサイトはCremeria La Brescianaになってますけど、看板にはでっかく、「La Bresciana」と出てます。
お店の名前をクリックいただくとお店のサイトに飛ぶんですけど、その中で右手の方にビデオがあります。そこをクリックするとお店の外観も映ってるので、多分「あ!!」って思われるかも?!!
やっぱ地元民はここみたいですね(笑)。

私も最初見たときは「これは無理やろ。。」って思ったんですけど、食べたら意外とあっさりと甘い(ってどういうこと?!って感じですが、食べてらっしゃるからおわかりいただけるかと。。)感じでぺろり。なんならもう半分はいけるかって感じだったんですけど(笑)。

確かにイタリアの生クリームはお店によるのかもしれませんが私も今んところあっま~!!ってのにあたったことはないです。カナダにいた時はよくクリスマスケーキの上にのってるサンタを食べたのか?!と思うぐらい甘いというかじゃりじゃりしたパンナが多かったですけど(苦笑)・・たま~にドイツのって甘くないですか?!

あ、同じお店だ!

HPは見てたんだけど、動画はチェックしてなかった。(苦笑)
一緒に行った友人の一人が看板の写真撮ってたんで分かりました♪その当時はお店の人の帽子やエプロンがオレンジ(赤かなぁ?)だったんで別の店だと思ってましたよ。

>あっさりと甘い
うん。凄くよくわかります!しかもここの程よい大きさなんでいいんでしょうね。流石に私はおかわりは無理ですが。

ドイツ…確かに凄い昔にあたったことあるような気がする…。ケーキもジャリジャリ甘い上に「このクリーム、頭痛する~」とかぼやいた覚えが。(苦笑)

やはり!!

ここだったんですね?!
私も去年友人Mに連れてってもらうまでスルーしてたお店なんですけど、行くとTHE地元民みたいな人がわんさか。
いつも座るところはいっぱいなイメージです。
私も去年行った時と定員さんの服装が違うから最初は「あれっ?!こここやったか??」って思ったんですけど、ちょっと古びた(失礼!)感じの店内を見て、「そうそう!」と思いました(笑)。

ドイツまだましですよ~!!
随分昔にカナダに住んでた頃に食べたケーキは衝撃でした!!
ケーキLOVEの私が「ケーキあんま好きじゃないです。。」と辞退しましたから(苦笑)。まさに甘すぎで頭がいたくなりました!!

今年たまたま買ったCalendario dell'Avventoの中身用チョコにドイツチョコが混ざってて、スイスやイタリアのよりも甘いな~と思いました。きっとドイツ人は甘党なのかしら?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)