Juuuust chillin' out!! Firenze~ワイナリー訪問編

Firenze~ワイナリー訪問編

※フィレンツェ旅行記の続きです。

B&B編の最後にもちら~っと書きましたが、実はくみこさんにお願いしていたのはB&Bだけではなかったのです!!
ukoさんと「車がないから。。」と諦めていたこともくみこさんにお世話になって参りました\(^O^)/

ukoさんの言う通り、フィレンツェの市内観光自体は結構コンパクトに見どころが集中してるから足で回れる!

しかしトスカーナ(フィレンツェはトスカーナ州の州都です、念のため・・・)と言えば有名なんはフィレンツェだけじゃ~ないのです!!
Brunello di Montalcino、Vino Nobile di Montepulciano、Chianti Classico、Vernaccia di San Gimignano、Carmignano RossoなどのDOCGワインはもちろん、今や伝説とも言える(よね?!)Sassicaia、Ornellaia、Solaiaなどのスーパートスカーナなどワインファンとしてはたまらないワイン産地でもあります。

そしてukoさんのように(私もちょっぴりそうだけど)ボルゴ好きをうならせる地でもあります。
※余談ですが、Abruzzoにもボルゴ多いです♪ 私が式した町もボルゴだったりします。

その2点に関してはやはり車なしではまわれませ~ん\(_ _;)/
さらに我々の場合は時間の制約もある(14日のPMにFirenze入り→市内観光、15日は一日フリー、16日はPMにはそれぞれ出発だった)!

そこでくみこはん登場!
さすが元バレー部(もうええっちゅうねん!)ナイス、アシスト!!

く:1日車だそか?!
  カンティーナ(ワイナリー)もボルゴも回れるコースとかもやってるからさぁ~!

その手があった d(´∇`о)

くみこさんとはブログを始めたころからのお付き合いでかれこれ6年ぐらいになります。
日本で(こちら)、憧れのサン・ダニエーレで(こちら)でお会いしてて今回くみこさんのホーム、トスカーナでまたまた会える^m^

今回のお話はそのわがまま旅行の第一弾で私が最も楽しみにしていたワイナリー巡りをお伝えします。
ukoさんも私も飲むから、ドライバーさんがいると気兼ねなく味見(本気飲み?)できますo(^-^)o
って私は免許、日本でもスイスでも持ってないんでいつもガチ飲みですが(6 ̄  ̄)

向かった先はくみこさん一押しでMontalcinoエリアにあるカンティーナの・・・
151111T01.jpg
↑Talenti \(^O^)/

151111T02.jpg
↑トスカーナ名物(よね?!)糸杉を抜けると建物があります

151111T03.jpg
↑↓外観の一部
151111T04.jpg

151111T05.jpg
↑お庭にはGiuggiolo(ナツメ)の木も!!

こちらはちろっと味見させていただいた我々一向。

151111T06.jpg
↑こちらの建屋でテイスティング~・・・は後ほど(笑)。

まずは外にあるブドウの木↓の下で・・・
151111T07.jpg
↑ブドウをお味見(笑)!

許可を得たいただいたブドウのお味は思った以上に甘味一杯でちょっとびっくり!!
ワイン用のブドウってばすっぱ~いって聞いていたのに、普通に食べたい感じのブドウでした。
ちなみにいただいたブドウはSangioveseだったように記憶(不確か)。

151111T08.jpg
↑ここでブドウについてのお話を伺う。
向かって左はオーナーのRiccardo氏、そして右はドライバーのGiovanni氏。
なんとこのドライバーのGiovanni氏は我らの聖地(よね、ukoさん!)Braに本拠があるSlow Food系のお仕事もされてらっしゃる方!
さすがに彼もSlow Food系の血が騒ぐのか、「そこっ!」って言うええ質問をしてくれはります。
いや~最高のドライバーさんを手配してくれてありがとう、くみこさん!!

話をブドウの木に戻すと。。。
ここで栽培されているブドウはほぼブルネッロのもととなるSangiovese!
その他にはトスカーナ品種のCanaioloや、さらにはフランス品種のSyrah、Merlot 、Cabernet Sauvignonなどの木も植わってました。

そして室内へと移動!
151111T09.jpg
↑ワインを1次発酵させるためのタンク

ここではルモンタージュピジャージュの両方の方法でマセラシオンされてらっしゃるそうです。

151111T10.jpg
↑↓樽~!!
151111T11.jpg

そんな樽・たる・タルな中・・・
151111T12.jpg
Vicard社の樽を発見!

Vicard社は コニャック地方にあり、確かボルドーの5大シャトーの1つChâteau LatourもVicard社の樽を使ってたように思います。
この樽も4年ごとに買い替えてらっしゃるそうです。

新樽とどのワイン用に使うかは、ブドウの出来によって見極めてらっしゃるそうです。
オーナーのRiccardo氏、くみこはんによればかなりお若いらしいのにほんましっかりと自身の『ワイン哲学』を持っているという感じ。
おじい様からこの生業を引き継がれたそうです。くみこさんによるとおじい様は偉大な方だったそうですよ。

G:醸造家はいらっしゃいますか?

の問いにも

R:いますが、僕自身でも醸造の判断はします。

とワイン造りへの情熱たっぷり!
そんなRiccardoさんが造る、イタリアワインの中でも大好きなワインの1つブルネッロのテイスティングが楽しみで仕方がなかった私(^~^)\(´ロ`:;)
この後はまたまた自分の妄想の世界で人の話を聞いちゃ~いない(苦笑)・・・
スイッチOFFになっちゃいました(相方の癖がうつってきた・・・)

151111T13.jpg
↑そんな妄想中の私とは裏腹に作業中のおじさま

そんな私の妄想を察してか、別室、そうテイスティング・ルームへ移動\(^O^)/

151111T14.jpg
↑↓数々のワインたち
151111T15.jpg

151111T16.jpg
↑ひときわ目をひく愛しのブルネッロちゃん♪

151111T17.jpg
↑やっぱやり手だ!数々の賞!!

この日我々が試飲させていただいたのは2種類。
151111T18.jpg
↑Rosso di Montalcino D.O.C .2010とBrunello di Montalcino D.O.C.G. 2006

リッカルドさんの愛情いっぱいで造られたブルネッロ(ディ・モンタルチーノ)の印象は・・

エレガント~ ( ^_^)/▽▽\(^_^ )

凄~くバランスもいいし、程よく樽香もあるし、力強いんやけど、なんだかとってもエレガントなのです!!
1本相方どのにお土産で買いました (^^)v
※やっぱブルネッロなので大人買いするのも無理やし、一人で持って帰るのも無理!

もちろんモンタルチーノもおいしかったですよ!!

そして驚きのオリーブオイルのテイスティングもくみこはんが実現してくれた\(^O^)/

ブログで書いたかどうか忘れましたが、uko氏と私は実は大阪のイタリア文化会館でやってたオリーブオイル・テイスティングのプチ・コースを取ってました(って全3回ぐらいやったと思う)。

え~先に言っておきますが、ukoさんは優等生やったけど私は・・・・
なのでこのオリーブオイルのテイスティングのコメは適当に読んでください(^^ゞ

151111T19.jpg
↑もっとちゃんとした写真を撮ればよかったよ・・・

テイスティングさせていただいたオイルはノンフィルターでした。
色はかなり濃いですが、綺麗な黄緑色。
コースの経験からこの手の色&トスカーナのオイルやとかなりピリピリくるはず・・・
が!!
これまたかなりエレガント!
勿論アフターテイスト(ってオイルも言うのか?!)にじわじわとピリピリ感が来るんですけど、心地いい感じ。
普通にグリルした肉、やっぱ牛肉にかけて食べたらどんなにおいしいやろ~と小腹が減ってくる感じのオイルでした(ってどんなオイルやねん!)♪

151111T20.jpg
↑今回「はは~<(_ _)>っ!」と平伏したくなったくみこさんと2ショット!

いや~初☆トスカーナにして超~満喫!
くみこは~ん、Abruzzo 二人組にこの待遇は殺生でっせ~(笑)!
にわかトスカーナLOVEな私(爆)!

せめてもの鶴ならぬGiannaの恩返し・・・

みなさん!!

トスカーナ旅行の相談は

在トスカーナ10年を誇る

くみこはんへどうぞ!


くみこさん、ukoさんとの関西3人組道中、まだまだ続きます。。。



♡ くみこさんブログ:Ogni giorno sara' sereno!
♡ くみこさん会社:株式会社 トスカーナライフ

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

NoTitle

きたきたきた~~~ブルネッロ♪♪
そっか~ハイヤーで回る…って手がありましたねvv
伊国では食事にワインは欠かせませんから、
向こうではいっつも飲酒運転ですわ…アタシ…
といっても、元々そんなに量飲める方じゃないから
ちょうどイイ感じでストップ♪になりますが
ねずみ捕りとかあったらヤバイのかな(あるのでしょうか?)
って、こんな事を書いててイイのだろうか……(^^ゞ

じゃなくて……
ステキなカンティーナ♪ですね
ブルネッロ=エレガント
わかるわかる~~~♪♪
バローロにもブルネッロにも特別な「格」があるけど
バローロにはキラキラと光る「華」がないのよね~
と個人的には思うのです
って数えるほどしか飲んでないのにエラソですが…
よって…私の思う伊国のワイン王はブルネッロ♪
国賓をもてなす時に出るワインもブルネッロだそうですよ

で、、、、、
ティスティングの様子がアップされてましたよ~~♪♪
うふふ~

ありますよ~!!

ねずみ捕りありますよ~!!!
ちなみにスイスにもあります。うちは一回も出会ったことはないですけど。。。

カンティーナ、綺麗&かわいいところでしたよ。
オーナーさん、めっちゃ若いんですけど超~パッション(ワインにね)って感じで◎です。
やっぱ商業的やと(まぁそうなんですけど)ちょっと冷めちゃう私・・・反面、彼のようにワインLOVEとかやとテンション↑↑になっちゃう(笑)。
ある種彼のところのブルネッロちゃんは今まで飲んでたブルネッロ君とはこの“ちゃん”と“君”的に違う気がします(ってどんな違い?!)。

私がバローロよりもブルネッロをイタリアワイン王に選んだ理由はまず色かなぁ。。。『イタリア』的にはこう、太陽いっぱいいただきました~敵なこゆ~い色が欲しいのです(南伊LOVEなせいか?!)!!それがブルネッロにより感じるかなぁ・・・
キーワードは『太陽』なのかも(笑)。
そういう意味ではタウラージ君も捨てがたい!

しかしFBの今んところ(ってあんま投票されてないけど。。ukoくんも投票してくれんけど・・←ちょっとプレッシャー)Montepulciano d’Abruzzoが一番って知ってました(笑)?!!さすがにそれを入れると私の贔屓見え見えやから選択肢に入れてなかったのに、イタリア人たちが追加してる(爆)!それも1人だけがAbruzzo人ってのが笑えた!

NoTitle

プレッシャーに負けて(!?)、FB投票してきました~^_^;

見~た~よ~!!

やっぱそう来ましたか・・・
当初の話ではブルネッロに傾いてる風やったからてっきり・・と思っていたら、やっぱそうきましたか(笑)。

FBコメにも書いたけど、ある種それもありやと私も思います!
昨日一瞬そう思ったもん。

今日やっとこさ(遅っ!)Calendario dell'Avventoが完成~!もう燃え尽きたよ、私・・・(って出来上がりは普通やけど)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)