Juuuust chillin' out!! Firenze~1日目夕食編

Firenze~1日目夕食編

気まぐれでフィレンツェネタ2連続(笑)!!

フィレンツェ市内観光の途中で、B&Bのサビーノさんから教えてもらったレストランを偵察することに!

まずは橋を渡って少し行ったところにあるお店を偵察!
が・・・

閉まってる?!?

u:でも厨房の電気はついてるし、さっき人も出てきてましたよ!

よくよく確認すると入口のシャッターも若干(ひざ下ぐらいまで)開いてる!

これから開くの?!

u:多分早すぎなんですよ!!

この時点で夜の7時前だったと思う。

念のためもう1軒も偵察に・・・

が・・・

どこ~?!?!

するとどこからともなくおじさま登場!
※ただ通りすがっただけとも言う。

そのおじさまいわく

お:早すぎる!
  だいたい夕食は早くて7時半からやから!
  そうそう、おすすめの店がある!!

とさらにもう1軒教えてくれた。
なので。。。

そこも偵察!!

基本やね、基本!
しかしおじさまの言う通りこの時間は店の人が賄いを食べてはった。
店の前のメニューを熟読するアジア人2名(ukoさんと私)に店の人もガン見(^_^;)
でも賄いは食べる。。みたいな(笑)。

翌日メインイベントが待っている&要早起き(私は苦手・・・スイスに住む資格まさになし・・・)だったのでちょっと早めに夕食って思ったけど・・・
ちなみにこの時間、スイスじゃ~ババゴミ時間やと思います。
※ババゴミ=大変混雑

そこで気持ちを切り替えアペリティーヴォすることに!
適当に入ったお店は・・・
141111A1.jpg
Dolce Vita Bar

若~い今風のお兄ちゃんが働いておりました。

141111A2.jpg
↑私オーダーの・・・

名前何やったかいな(6 ̄  ̄)ポリポリ
何か苺やらココナッツやらが入ってる確かウォッカベースのカクテルでした。
おいしかったですよ。

ukoさんはもっと大人な感じのカクテルをオーダーしてはりました(笑)。
彼女は基本甘いの得意ではないので・・・

と半分ほど飲み終えた時点で

店:中にフードの用意ができたのでご自由に♪

そう、我々はどうやら開店ちょっと前に入っちゃった様子(^_^;)
一応入る前に「いいですか?!」って聞いて「どうぞ!」って言ってもらったんだけど・・・
こういうところでもスイスとの違い感じます!

ここでも思いっきりおしゃべりを楽しんだ我々は飲み終えたこともあり、そして時間もレストランが開店しているであろう時間になったのでBarを後にした。

店:また来てくださ~い!

と今風の外見とは裏腹にかわゆし!

そして向かった先は偵察1軒目のサビーノさんお勧めお店、Trattoria la Casalinga

141111C1.jpg
↑Antipasti misto toscano(トスカーナの前菜盛り合わせ)

写真を見れば一目瞭然ですが、鶏肝のパテがのっかったパンとサラミ類です。

実はここに入る前からと言うか、フィレンツェ入りしたぐらいから私の口はず~っとこの鶏肝のCrostini toscaniの口になってました(笑)。
なのでず~っとukoさんに

G:絶対にCrostini toscaniが食べたいねん!!

と言いまくってました(苦笑)。
ほぼこれに決まりかけていたのですが、ふと「Antipasti misto toscanoって何??」ってことになり、もしそこにこの鶏肝が入ってればそれに・・・って話になりました。
案の定(!)入っていたので急きょこちらにすることにし、結果トスカーナのサラミ類も味わえました♪♪
うましっ!

141111C2.jpg
↑Pappardelle al Sugo di Cinghiale(猪肉入りソースのパッパルデッレ)

これは私がず~っと「Crostini toscani食べたい、食べたい!」と呪文を唱えてる横でukoさんが「PappardellのCinghialeのラグー食べたい、食べたい」と呪文を唱えていたので、つられて私もその口になってた(笑)。

写真は一人分ですが、これを2オーダーしております。

元々大阪にいる時もよく一緒にご飯を食べに行ってたので、食の好みは似通っています。
勿論ワインの好みも♪

と。。。
ワインの写真を撮ってませんが、ハウスワインを頼んでおりました。
勿論赤です。
酸味がしっかりとしたワインだったので、このトスカーナ料理と絶妙~!!!

私は自炊、ukoさんはAbruzzoの家庭料理に慣れているからか、この時点でかなりずっしり・・・
セコンドはパスしました。

こりゃ~カフェでしめよう~とカフェをオーダー↓
141111C3.jpg

カフェを飲み終えお手洗いに行って帰ってくると・・・
141111C4.jpg
↑フルーツ?!

u:お手洗い行った時に見たらおいしそうやったから。

普段はデザート(フルーツを含めて)→カフェの王道順序の我々も今日ばかりは欲望に負けての逆順。
でも周りから聞こえてくる言葉は我々の大阪弁を除けばほぼ全てアメリカ語(イギリス英語じゃないのです!)。
二人とも臆することなく食べ終えてお店を後にしました。

ちなみにこのお店、信じられん安さ!
そして家庭のお味って感じでおいしくいただきました。
何よりも我々がその口になってたものがすべてあって◎!!

いや~サビーノさんに大感謝だわ!!

そしておごってくれたukoさんにはもっと感謝だ!!!


Dolce Vita Bar
住所:Piazza del Carmine, Firenze
電話:+39-055-284595

Trattoria la Casalinga
住所:Via de' Michelozzi, 9-red, Firenze
電話:+39-055-218624
営業:時間要確認
   ※ディナーは恐らく19:30~
   日曜休

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

ここ!

サントスピリトのほう行ってんや~。
そうここ、めっさ安い!
雰囲気もやけど、まさに店名そのまんまでしょ。
最近は行ってへんけど・・・ていうか、
コテコテトスカーナ料理は飽きた(爆)ので
外食くらいはちょっと違う感じのを求めたくなったりも。
ガイドにもめっさ載ってるから外国人も多いんちゃうかな~。
ザ・トスカーナって感じやし!

サビーノさんが・・・

チェントロよりもそっちのが安いよ~って教えてくれはったんで、関西人二人組、同じもん食べるんやったら安い方がええやろ~ってことで橋を渡りました(笑)。
実は前日からukoさんがず~っと「チンギアーレのラグー・・・」と呪文のように言ってたんで、彼女はもちろんその口やし、私もどんどん呪文にかかってその口になりました。さらに北イタリア料理ばっかやったから(彼女は)トスカーナ料理が新鮮でTHEってのが食べたかったんですよ(笑)!!

そっか~ガイドブックにめっさ載ってるんや。
また書きますけど、結局行くとこ行くとこアメリカ人が山のようにいたんですよねぇ。。。このサントスピリト地区のオステリアには多いのかしら?!
まぁチェントロでも一番聞こえてきてたんは米語やったけど(苦笑)。まぁイタリアの京都みたいなもんやもんね♪

No title

イタリアで夜7時の夕食は早過ぎですよ~。脳内がすっかりスイス時間になってたんですね、Giannaさん(笑)
このトラットリアは私の師匠が常連で、ちょくちょく一緒に昼食に行ってました。チンギアーレのパルパデッレ、美味しいですよね。私も大好き。私はいつも昼の利用で、夜に行った事はないのですが、昼食の場合、予約しないと入れないくらい(だから毎回必ず予約)常連さんと観光客でいつも混雑してますよ(^ー^)ノ

そうなんですよ~!!

まず最初に・・・
メールの返信がまだできてなくってすみません<(_ _)>
色んなことが追い付いてなくってかなり焦ってるんですけど、つい怠け癖がついてしまってて・・・反省です!

このお店ってやっぱ有名なんですか?!
なんとな~くトスカーナと言えばチンギアーレのラグーか?!って思ってた&ukoさんが前日から唱えてたんで(笑)、すっかりその口になってました(笑)!!おいしかったです☆

やっぱイタリアはそうですよね・・・
いや~すっかりスイス(ってここでは外食あまりしないけど)癖がついてたのかもです。家では南伊時間の食事なんで(苦笑)、なんだか一般的な食事時間がわからなくなってきてるのかもです。。。

夕食時はほぼ我々がいたお部屋はアメリカ人観光客なのか、住んでる人なのかでわいわいしてました。
ひとまず予約なしで入れましたけど、入ったのも結構早めだったからかもしれません。
昼は更に混雑なんですね?!
ある種みんなに有名なお店に行けたことが私は嬉しかったりします(笑)♪

gioiaさんのフィレンツェ滞在はいかがでしたか?!?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)