Juuuust chillin' out!! お箸文化&フォークとナイフ文化

お箸文化&フォークとナイフ文化

uko嬢との旅行記の途中ですが、ちょっと話を変えてなんだかんだと昨日10日に会った相方ネタを少々・・・
※これB型の特徴!

まず本題に入る前に(ってまた前置き長い・・・)。。。

なんで10日ぶりかと言いますと、先週の月~水にukoさんとフィレンツェで泊まりで旅行してました。
私は水曜にLugano、ukoさんはAbruzzo入りしたのですが、この水曜に相方は事情があってPescara入り。
で結局昨日、11/22に戻ってきたのです。

一昨日(11/21)の戻る~って話やったんですけど、夜8時過ぎてもうんともすんとも言ってこないから私の中では帰宅はないなと思っておりました。
思った通り8時過ぎてから電話がありまだPescaraらしい。

相:今から出よっかな~と思ってるんやけど、眠いし・・・
G:もう明日にしたら?!
  変な時間に帰って来られても私も嫌やわ!
相:じゃあ明日の夕方にこっち出るわ・・・

で、まぁ昨日の夜11時ごろに戻ってくるんやな~と思ってた。
私は元クラスメイトたちとお茶する約束があったんで、前日の夜中3時や4時に戻って来られてはかなわんから、その方がよかったのです^m^

で、私はご機嫌さんで元クラスメイト&先生とお茶をしててそろそろお開き・・になってふと携帯みたら

相:今から1時間後に帰ります。

( ̄∇ ̄;)

そのメールがお昼の12時過ぎやった。
慌てて家に戻り、相方に

G:家でランチするの?

とSMSを送ったところ速攻

相:当たり前!

( ̄∇ ̄;)

我が家は1週間~10日に1度イタリアへ買い出しに出かけ、お肉や魚類はすべて冷凍室でカッチカチ。
1時間じゃ~レンジなしの家では解凍しないのです(-.-;)

いやはや我が家の事情を知ってるであろうに、もっと早く言ってくだされ相方よ!
ほんま自由やわ。。。

とこの話はまったく本題と関係ない私のつぶやきだったので、そろそろ本題に(+_+☆\(-_-)

ちょっと前に『畳文化&床文化』と言うお話をしましたが、それに続く文化的におやっと思ったことを・・・

私のブログをご愛読いただいている方はご存知かと思いますが、可能な限りお弁当を作って相方に持たせています。
特に意識せず作ってるのですが、やはり日本はお弁当文化がある国!
以前にもお弁当文化について書きましたがこちら)、1品ものじゃなく色々入れたりするのは普通ですよね。

それよりももっと気にせずにしていたこと。それは。。。

大き目のものは切る

これはお弁当の例ではないですけど、例えば・・・
Tonkatsu.jpg
↑とんかつと

Cotoletta.jpg
↑Cotoletta alla Milanese(コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ)を比較
※写真はwikiさんより拝借m(_ _)m

前者は必ず写真のように切って出てくるけど、後者は切らずに出てくる。
それはきっとお箸文化とフォーク&ナイフの文化の違いから?!

お箸は便利だけど、切るという作業はちょっと困難。
だから和食レストランではとんかつのように大き目のものはお箸で食べやすいように必ずカットされている。
一方フォーク&ナイフはナイフで自分で切って食べるのは当たり前だからコトレッタのようにカットされずに出てくる。

なんで急にそんなことを言うかと思うと今朝お弁当を作ってて、ふと以前に相方が言ってたことを思い出したから!
ある日相方が夕食時に

相:今日な、会社の人に「お前は子供かっ!」って言われてん。

思わず、「小3やもんなぁ!」って言いかけましたが・・・
※相方=小3のお話は続きへどうぞ!

G:なんで?!
相:いつもお弁当に入れてくれてる物が食べやすくカットされてるから。
G:えっ?!
  ああ、日本やったら普通やで。
  その方が食べやすいかな~と思って無意識やったわ・・・
  嫌やったら切らずに入れるよ。
相:うううん、仕事しながらやからいちいちナイフで切ってる暇がないねん。
  いつも片手はフォークでもう片方はキーボードやねん。
  だから今のままでいいねんけど、言われるまで気づかんかったから。
G:まぁ嫌やったらそのまま入れるし、都合がよければいつも通りにするし。
  どっちでも私はいいけど。
相:あいつら(=同僚)はわかってないねん!!
※急にお怒りモード!
相:日本はお箸で食べるから一口サイズにカットされているこの親切さを!
G:じゃあお箸入れといたろか?!
相:えっ( ̄∇ ̄;)
  仕事しながら食べてるからフォークでいいよ( ̄∇ ̄;)
※この人私よりも上手にお箸使いはりますので、念のため・・・

最近すっかり日本人化してきている相方!
相方も私も普通と思ってることを他の国の人に指摘されて、そうやな~って気づくこともしばしば。

ちょっとしたことやけど、日本の文化って優しさと思いやりなんやな~とこういうところでも感じました。

さて続きはなにゆえに相方どのが小3か・・・
興味のある方のみどうぞ!

一部のリアル・フレンドの間では定着化してきている相方=小3。

小3とは小学3年生の略です。
うちの甥中(上・中・下がいます)が小3って書いて、よ~考えたらもう小4ちゃうか(^_^;)

この甥中と相方の行動がウリふたつ!

例えば好きなものは人一倍早く食べ、人より多めに摂取する(* ̄m ̄)プッ

甥中の場合、スナック菓子LOVE!
妹(甥中の母)は当時甥下がまだいなかったので甥上と甥中用に1袋ずつスナック菓子を購入。
※一人ひとりじゃないと後で喧嘩になるらしい・・・

甥上は色々と活動をしている子であまり家にはいない。
逆に甥中は家でゲームするのが好きでよく家にいる。

まず学校から戻ってすぐにおやつとして自分のスナック菓子を完食!
この時点では兄(甥上)のスナック菓子には手を出さない(怖いから・・)。

友達と遊んで甥上が帰宅。
スナック菓子を開けるもちょっと食べて置き去り、そしてまた友達と外に遊びに行く。
しばし帰らぬことを確認し、甥中は甥上のお菓子をむしゃむしゃ。
が、全部は食べない!次男、心得ています。

そして翌日甥中はお菓子がないと妹にせがむ→また2人分購入。
甥上は新しいお菓子をまたちょっと食べて妹に

妹:昨日のお菓子残ってるんちゃうの?!!

と叱られ、

上:(中に)やるわ!

で甥中は結局その日のお菓子と前日の甥上のお菓子をせしめる。。。を繰り返します(苦笑)。

さすがに我が家は私がお菓子を食べないから買い置きはしてないんですけど、エビがまさにこのパターン!

うちの小3相方はエビLOVE

なので週に1回レベルでエビ料理をします。
そんな時は率先して取り分けてくれる小3、いえ相方!
と言うのも・・・

自分に大きいエビを入れるため!

さらには取り分けるたびに

自分に2~3つ多く取り分けるため!!

私はも~めんどいのでそこは黙認と言うか、別に食べたかったら昼間に一人で食べれるので(!)無視してるのですが、食べ終わるとどうも大人の相方が出てくるようで、

相:あ~ぁぁ~(◎o◎;)
  すごくいっぱい食べてもた!!!

※エビの尾っぽを見ながら・・・

と反省。
しかしまた次回も同じことの繰り返し┐(-。ー;)┌

よくよく考えたら甥中は小4になったけど、相方も小4になる日が来るのか・・・
こうご期待!

コメント

No title

相方=小3説
バットマンからいつ降格したんやろ?って思いましたが
アタシ的には「小3」の方が好きです(爆)
読んでるだけで笑う~~~~
愛すべき「小3」ですよね~♪
って、Giannaさんは大変かもしれんけど(^^ゞ
エビ好き!ってのも日本人ですよね
確か日本人のエビの消費量は世界一と読んだ記憶が…

私も!!

何かで見たか読んだかしましたよ、日本人のエビの消費量!そっか~気づかずところで小3は日本の心なんや(笑)。

なんかある日ふと、「私、妹が小3(今は小4)の甥中に言ってることと同じこと言うてる!!」って思ったのが相方小3説の始まりかもです。
ここには書きませんでしたが、「出したらなおす!」「遅刻すんで~!」「〇〇忘れてんで~!」「ホットケーキ、ホットケーキって私はケーキ屋かっ!」とか(爆)。いや~年上の人と結婚したと思ったんですけどねぇ(苦笑)。。。

昨日もお弁当だけ持って会社のカバンを持たずに会社に行こうとするから「か~ば~ん!!」って追いかけましたよ(苦笑)。遠足やないんやから、お弁当だけ持ってってどないする気やったんやろう。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)