Juuuust chillin' out!! ukoさん初☆Lugano!!

ukoさん初☆Lugano!!

Como観光の翌日は英語のグループ参加があった&まだ読まなきゃいけない本を読み終えていなかったので別行動してもらった。
これは何かの予感やったんか、結果的には大助かり!!!
と言うのもこの日の夜に出張から戻ってくると言ってた相方が前日の夜中に家に到着~。

G:ご飯食べた?!
相:食べたけど、また食べる!!!

で食べ終わったのは夜中の2時を過ぎていた(苦笑)・・

本当はこの日うちの家でランチってことになってたのですが、それも何かの予感がしたのか前夜にukoさんにFBで

G:せっかくやからティチーノ料理食べに行かん?!

と誘っていた。
彼女も初☆ティチーノというか初☆スイスなこともあって快く承知してくれていた。
いや~助かったよ、ほんま!!

昼前にukoさんとLuganoの駅で落ち合う。
普段ならケーブルカーですいす~いと降りてくるのですが、見せたい場所があったからこの日は徒歩!

10111101.jpg
↑Cattedrale di San Lorenzo(サン・ロレンツォ大聖堂)

10111102.jpg
↑↓中はこんな感じです
10111103.jpg

中に入ったことない~って思ってたけど、自分のブログを見たら6年半ほど前に行ってました(笑)。
その時の記事はこちら

この前からは湖が見えてなかなかのベストショットスポットなのでukoさんは写真を撮ってはりました。

少し歩くと・・・
10111104.jpg
↑何かの撮影中。
逆に撮影させていただきました(笑)。

その後テクテクを坂を下り・・・
10111105.jpg
↑ケーブルカーのチェントロ側の駅まできた。

通常はここからケーブルカーに乗るか家のそばのバス停からバスに乗って駅へ向かいます。
Luganoの駅はちょっと高台にあるので徒歩でのぼりはしんどい・・・

その後ちょっとチェントロを散歩することに。
私はしょっちゅうウロウロしてるんでベタな写真を撮ろうと心に決めた(笑)!

10111106.jpg
↑なんか知らんけどいつも白人の外国人観光客が写真を撮ってる肉屋

いまだ何が珍しいのか私には謎です(^_^;)

10111107.jpg
↑Luganoの目抜き通りVia Nassa(ナッサ通り)にあるお土産物屋の看板(?)牛

スイスやからスイス・アーミーナイフをアピりたいんはわかるけど、なんか牛の背中から出てるって怖いかも・・・

10111108.jpg
↑Via Nassaの端にあるChiesa di Santa Maria degli Angioli(サンタ マリア デッリ アンジォーリ教会)

10111109.jpg
↑↓中はこんな感じ
10111110.jpg

ブログ見たら前も同じ写真を撮ってました(笑)。。

10111111.jpg
↑こちらは前回撮ってない写真

10111112.jpg
↑教会のすぐ横にあるホテル

この後信号を渡って湖沿いの道をテクテク。
ド・チェントロを目指します。

10111113.jpg
↑Luganoメインのピアッツァ(広場)に到着!

このすぐそばにレストランがあるのでそこへ行くことに。
時間も丁度お昼時♪

101111P1.jpg
↑La Tinera

101111P2.jpg
↑このお椀型のコップで飲むのをukoさんに体験して欲しかったから(笑)

勿論ワインはティチーノのメルローです。

101111P3.jpg
↑日替わりでポレンタとポルペッティーニ(肉団子)

この前ポレンタ食べれんかったからリベンジ~(って別の店やけど)。

おしゃべりを楽しみながらアッという間にお食事もワインも完食・完飲!

101111P4.jpg
↑やっぱ〆はカフェ

チョコがついてきたんですけど、私的にはなんのことはないスイスの普通のミルクチョコ。
しかしukoさんがいたく気に入ってた。
味よりもテントウムシのパッケージにかな(笑)。

101111P6.jpg
↑店内はこんな感じ

お腹を満たした我々は再び街歩きを開始!

10111114.jpg
↑Lugano本店じゃないけど、ここのチョコは好き!
Läderachです。

チェントロも一回りしたのでそろそろParco Civicoの方へ進んで行く。

10111115.jpg
↑春ならお花がいっぱいなんだけど・・・
でもちょっぴりお花があった!

10111116.jpg
↑木漏れ日。
やっぱ天気がいい!
やっぱLuganoへ来るならこんな日がいい!!

10111117.jpg
↑また撮影してる人発見!
なんか撮影日よりなの?!

公園を抜けて橋を渡ろうと下を見たら・・・
10111118.jpg
↑結構な勢いの川

やっぱ最近天気悪かったか?!?!

この後一路我が家へ!
しばし我が家にてまどろんだ後、gioiaさんと会うべく近所のLa Lanchettaへ。

意外とLugano市内には湖畔のBarってないんですよね・・・
101111A1.jpg
↑アペリティーヴォには食べ物がついてくる

しかし何年前やったかに来た時はパスタとかもがっつり出てきてたのに今は上品な感じ(^_^;)
そうとは知らずに

G:がっつり来るからご飯いらんよ~!

と言ってたもんだからきっとukoさんは肩すかしだっただろうなぁ(苦笑)。
いやほんまに何年か前はもういらん!って言いたくなるぐらいに食べ物持ってきてはったんやけど・・・



La Tinera
住所:Via dei Gorini 2
電話: 091-923-5219
※月曜休

La Lanchetta
住所:Viale Castagnola 16, Lugano
電話:+41 (0)91 971 55 51

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

こんなん言うたらなんですけど、南の方に下ってきたらルガーノがいかにキレイな町やったかよう分かりました^_^;
チョコはさすがカフェのおまけさえも十分美味しかった~!湖畔のbarはもう少し暖かい時に外で楽しみたいわ~という訳で、また行きます!お世話になりました~

No title

ここがGiannaさんの住んでる町なのね~♪という雰囲気がよくわかって楽しいデスvv

Lugano に行ったことあるとはいえ、遠い昔の話だしほんの半日、ランチして湖見ただけですから初見に近いものがあります(笑) ケーブルなんてあったっけ?!

ukoさんも書いてるけどキレイな町ですね~でも南北の差は確かにあるだろうな(笑)

で、で、なんでお椀?カップでワイン飲むの??

ティチーノは・・

スイスの中でもめちゃめちゃ安全やし、イタリア語ができたらほんま楽やと思います。
意外とドイツ語も通じのですが、それは我々にはあんま関係のない情報やけど(笑)。

私は大阪市内で育ってるせいか南伊の混沌とした感じもめっさ好きやねんけど、外国人として住むには、そしてそれなりの年齢となった今ではここLuganoでの生活はありがたいです。安全やし綺麗やし。

ここは5月とかでも十分暑かったから今度は是非初夏~夏ぐらいに来て~!!ほんで湖畔のBarもええけど、湖畔の野外プールでバレーしましょ~♪って元バレー部を誘うと痛い目に合うか(笑)?!!

ほんと遠いとこいっぱいいっぱいお土産持ってきてくれてありがとね♪そして例の重いもん預けた私を許して~。次回からは1キロの例のブツは託さないようにいたします・・・反省!

謎なんですよ~!!

私もなんでこのお椀みたいなんで飲むんかず~っと謎なんです!!覚えている限り、内側は必ず白なんですけど・・・
ちなみに我々の行った店では水は普通のワイングラスでサーブされてました(爆)!
「反対やん!」って二人でつっこみましたけど(笑)。

じょばさんのLuganoの過ごし方、それがすべてかも(笑)。その後郵便局に行きはったんとちゃいましたっけ??郵便サービスは日本並にいいです。
うちらはその後うちの家でくつろぎタイムだっただけで山に登ったりすることもなくでした。次回はクルーズあたりしてもええかな~と思ったり。。。

ケーブルカーはまさに駅から出てます。
そしてチェントロまで1分ぐらい。坂やから特に駅に向かう時は超~便利ですよ~。

今度はじょばさんも生でうちのスイッチ見にきてください(爆)。相方に変えんように言うときます。。。

No title

そうそう!ルガーノに何しにいったか?っていうと
郵便出しに行ったんですよ。よく覚えてましたね(笑)
この頃伊国では、小包にはピオンボつけないといけなかったんですよね~一体いつの話やねん!って感じですが(笑)

生スイッチ!!(なんて言い方だ!(笑)
でも秘かに人気者なんで「生スイッチツアー」が慣行されるかも(爆)
でも大事な所?なんで、支障があればいつでも変えてくださいねvv

ピオンボ??

って何ですかぁ?!?!うわぁ~知らん!!!
ってマジいつの話ですか^m^

郵便事情は今もスイスは日本並によいです。
遠恋してた頃も日本⇔スイスって5日間ぐらいで小包とかつきますから。
急いでない時はSALにしてましたけど(日→瑞)、タイミングがよければこちらも5日、MAX10日では着いてました。
反対にイタリアへは一度義母に何かを送った時にSAL扱いにしてないのに2~3週間かかりました(涙)。
まぁ中身がパクられなかっただけマシかと思いましたけど(苦笑)・・・
前にも言ったかもしれませんが、相方の叔母様が伊→ベルギーにモンブランのペンを送って下さった際に箱だけ届きましたから(苦笑)・・箱ってモンブランの箱じゃなくって外の発送箱です。
ベルギーは私もお友達が送ってくれた写真入りの封書がつきませんでした(苦笑)。写真で分厚かったからお金でも入ってるんかと思ったんですかねぇ・・・

スイッチはukoさんは二か所だけ写真撮ってはりますけど、これが結構あるんですわ(苦笑)。
なので「みんなに人気みたい!!」って相方に言えばきっとこのまんまやと思いますよ^m^
なんせ小3なんでみんなが「凄~い!!」って言うと「えへっ!」となりますんで・・・・

No title

え"!!!ピオンボご存じじゃない?
ヤバ~イ!!!(汗)
アタシたち「同い歳」のはずなのに(爆)

えっとね、小包にヒモかけるじゃないですか。その結び目?に、アルミだか鉛だかでできた金属の輪っかみたいのをキュッ!って付けるんです。理由は失念しましたが、ソレつけないと受け付けてくれないんです。文房具屋で売ってました。多分「小3氏」は知ってるのではないかと…(笑)

私は幸い被害にあったことないですが、Giannaさんのエピ読むと、笑えないですね…マジ。手紙でもブツでも、送るって、とっても心がこもってるのに!バカヤロ~!!

「凄~い!!」って言うと「えへっ!」
ワハハ♪♪こ~ゆ~ところが愛すべき小3氏♪♪
見にいくまで漏電とかしませんように…南無南無

小3も・・・

「え~知らん!」って昨日言ってたんですよ。
きっと信用してないから小包送ったことないのかなぁ(苦笑)・・
もしくはそれをつけてもパクられるから無視してたとか。。。

私のエピは、ぱくられたあとに写真を送ってくれた子と先に送ってくれた子(取られた方)と知り合い同士で、後から送ってくれた方(ついた方)にだけお礼を言ったから発覚したんです。じゃなかったら知らんまま。。逆に言うと知らんままでパクられたもんもあったんか~?!って思ったり。そっちのが怖いというか嫌やな~と思っています。

小3の方も明らかに伯母様が何かを送ってくれたのは空箱からわかるんで、正直に伯母様に状況を話、「何を送ってくれはったんですか?!」って聞いて中身が発覚しました。も~人のパクるって言うのやめてほしい!!

小3はやっぱ小3なんで、褒められると照れくさいのか「えへっ!」ってなります(笑)。わかりやすいでしょ。。。どうも相方的にはあのスイッチのデザインがお気に召さないようで変更したかったみたいです。別に壊れてるとかって訳ではないのでご安心を☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)