Juuuust chillin' out!! えっ、今?!

えっ、今?!

最近よく聞かれる機会が多いんですけど、私ん家二人ともスイス人ではないのでよ~わからん
なので「これを見て!」と言えるように(手抜き~!)スイスについて自分のためにうす~く書いておきます・・・

『スイス』 と呼んでますが、正式には『スイス連邦』だそうです。

便宜上、まず言語から・・・

スイスの公用語は4つです。
多い順から、ドイツ語 、フランス語 、イタリア語 、ロマンシュ語です。
ちなみにドイツ語と書いてますが、正確にはスイスドイツ語です。

噂によるとドイツ語がわかってもスイスドイツ語がわからんらしいので、かなりの差異はありそうな雰囲気・・・

フランス語も同様に細かく分けるとスイスフランス語となります。
しかしこちらはフランスで話されているフランス語とほぼ差異はなく、数の数え方が違うぐらいかなと思います。
例:70、80、90
   soixante-dix、quatre-vingts、quatre-vingt-dix
   septante、huitante、nonante

イタリア語は若干単語が違ったりもしますが、ほぼイタリア語と同じです。
ただイントネーションがちょっと違う気がします。

上記は勿論、方言を話した場合を除くです。
ここティチーノでも方言を話してはるとぶっちゃけ何語を話してるの?って感じになってきますから(苦笑)・・

原語分布図はこんな感じです。
SwissLingueMappa.jpg
※画像はswissworld.orgより拝借m(_ _)m クリックすると拡大します。

これを見るといつも「イタリア語はティチーノだけ~」って言ってましたけど、ちゃいますね(^_^;)
お隣のグラウビュンデン州の一部も使用されているようです。
ちなみにこのグラウビュ・ンデン州!
まぁ大き目の州ではあるんですけど、この州の公用語は3つです!!!
ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語。そして唯一ロマンシュ語が公用語の州でもあります。

ここティチーノではこの州の名前を「Grigioni(グリジョーニ)」と呼んでいます(この州のイタリア語圏でも同様)。
しかしドイツ語では「Graubünden(グラウビュンデン)」、ロマンシュ語では「Grischun(多分、グリジュン)」。
特に最初ドイツ語の呼び方を聞いた時は同じ州の話やとおもいませんでした(苦笑)・・

基本1つの州での公用語は1つなんですけど、ここ以外にも複数の公用語の州があります。
他はすべてドイツ語とフランス語の2つなんですけど、ベルン州・フリブール州・ヴァレー州です。

ここまで来てまた国名に戻りますけど、当然国名も4つあるわけです(4言語分)!!

独:Schweizerische Eidgenossenschaft
  ※スイスドイツ語はSchwiizerischi Eidgnosseschaft
仏:Confédération Suisse
伊:Confederazione Svizzera
ロ:Confederaziun Svizra

ちなみに通称「スイス」は

独:Schweiz(シュヴァイツ)
  ※スイスドイツ語はSchwiiz(シュヴィーツ)
仏:Suisse(シュイス)
伊:Svizzera(ズヴィッツェラ)
ロ:Svizra(スヴィツラ)

こう思うと日本語の「スイス」はフランス語からきてるのか?!

と書いていて「一体何州あるの」ですよね(笑)。
26あります!!詳しくをこちらをご参照ください。

26も州があればさぞかし広いの と思いませんか?!
いえいえ!!
日本の約10%の面積で、例えるなら九州+京都(の方がちょっと大きいけど)ぐらいの大きさ(41,290km²←こちらはスイスの面積)です。

日本の都道府県も47と結構多いな~って思ってたけど、面積比からすると(ちなみに日本の面積は377,914km²)スイスってば州多いな~って感じがします(笑)!!
えぇ~当然ですが(って威張るところじゃない!)26州の名前全部覚えてません私(^_^;)
行ったところは覚えてるけど、限られてるからなぁ。
イタリアは残すところあと4州やのに・・・
と。。。
そう考えるとイタリアって州が少ないかも。
面積は301,230km²(日本-北海道+島根県をもう1つぐらいの大きさ)とやや日本よりは小さいけど、州は20州。

そうそう!!
スイスって『永世中立国』として有名じゃないですか?!
でも、徴兵制度があるってご存知ですか
ぶっちゃけ私はあまりスイスのことを知らずにここに来たってこtもありますけど、来るまで徴兵制のことは知りませんでした(無知~!!!)。

随分前に

G:(部下の)みんな元気?
相:うん、元気にやってくれてる~!
  でも〇〇は役務中で来てないけど。
G:えっ?!
相:スイスは徴兵制やからさあ。

で知りました。
独自の軍事力を軸に永世中立国を堅持してるんですね。
最近のマンションとかにはないことも多いらしいですけど、前のマンションも今のマンションにも『シェルター』なるものが地下にあります。最初見た時はびっくりしたけど、これも自衛の1つなのでしょうかねぇ。

スイスの周りにはドイツ、フランス、イタリア、オーストリアとEU加盟国に囲まれていますが、もう1つ隣接しているリヒテンシュタインとともにEU非加盟国です。
なので通過はユーロではなく、『スイスフラン』を使用しています。
でもティチーノ州を例に出して言わせていただくと、ユーロ大抵のお店やスーパーで使えます。
ただお釣りはスイスフランでかえってきますけど。

EUには非加盟ですが、シェンゲン協定には加盟しています。
なので基本この協定加盟国内移動時の入国審査はないです。
反面、この協定加盟国内で90日ないし3か月間の滞在(観光目的の場合)となります。
例えば日本人の場合、イタリアへはMAX90日間観光でビザなしで滞在できます。
そしてスイスは3か月間。
スイスで3か月間観光した後にイタリアへ移動して更に90日の観光はできません。

最後にいまだにややこしくってどうにかしてくれ~と思うスイスのこと。
スイスは州ごとに規則やら祝日が異なります!
勿論複数州が同じ祝日を取ることもありますし、スイス全土の祝日とかもあります。

ふ~んって感じですか?!
でもね、住んだり旅行したりしてると結構めんどいんです!!
基本スイスは日・祝はお店などがお休み。

この前ヴォー州に行った時も月曜はヴォー州は祝日だったため予定が狂いました(苦笑)。
フランス語圏全部か?!と思ったらどうもお隣のジュネーヴ州は違ったみたいで、どこがお店開いてるの?!?!って感じになってきます。ちなみにこちらティチーノはお休みではなかったです。
噂によると学校の夏休み期間とかも違うそうですよ。

う~ん、まだまだ謎多しスイス!
その前に26州覚えよう・・・いつの日か・・・
※イタリア20州はワインの試験勉強で覚えたけど・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

国名だけじゃなくて

町の名前も、ドイツ語とフランス語では変わってきますよね。
こっちにきて驚いたのですが、ジュネーブ
(独)ゲンフ (仏)ジュネーブ (伊)ジネーブラ

シオンなんてドイツ語じゃ Sitten ですものね~。
絶対に間違えると思う!!!

知らなんだ~!!

さすがドイツ語操者かーるさん!
ジュネーヴのドイツ語版知りませんでしたよ~!!!
何か別の都市みたいです(笑)
Luganoはどの言語でもLuganoなのに、なぜ?!?!

シオンってドイツ語読み、シッテンになるんですか?!

言語によって都市名変わるのやめてほし~!!
その土地の言葉を採用して欲しいです。でもそうなるとスイスはややこくなるのか・・・う~ん・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)