07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Vacherin Mont d'Or~ヴァシュラン・モン・ドール

2011年10月14日
に引き続きもう1つスイスならではの秋の味覚について

それはこちら↓
Vacherin_Mont_dOr.jpg
Vacherin Mont d'Or(ヴァシュラン・モン・ドール)!

正確には秋のみの味覚ではなく、秋~春にかけての味覚となります。
だったらなんでここで紹介?!

だって。。。

9月16日に解禁したから~

今回は珍しく(!)チーズ・プロフェッショナルらしくこのチーズがどんなんか~って言ううんちくをご紹介(笑)。
たまにはこういうのもせんとバッジ剥奪やわ(ってほんまに剥奪されませんからご心配なく・・・)!!

まずまず・・・
Mont d'Or(モンドール=黄金の山)と呼ばれるチーズは2種存在します。
1つはスイスフランス語圏のVaux(ヴォー)州(ローザンヌが州都です)で造られるVacherin Mont d'Or。
Vacherinとは牛乳製のという意味です。

もう1つはそこから山を越えてフランス側のFranche-Comté(フランシュ=コンテ地域)で造られるMont d'Or

山をまたいで国は変わるものの、ほぼ同じ地域での生産となります。
ではでは何が違うのか

何が違うのか?!と言っておきながら、まずはここは一緒(意外とないんですよ、一緒の点!)ってところから。

ウォッシュタイプのチーズ
・牛乳製のチーズ
・製造期間限定のチーズ
・製造所が酪農協同組合、酪農場
・形状が円盤状(写真参考)
・エピセアの樹皮が巻いてある

そこで本題!
何が違うか?!!
※以下、=Vacherin Mont d'Or、=Mont d'Or

・牛乳製と一口に言っても・・
  63~65℃で1分ぐらい加熱した乳、Lait thermisé(レ・テルミゼ=低温殺菌乳)使用
  生乳、Lait cru(レ・クリュ=無殺菌乳)使用
    さらに牛種はMontbéliarde(モンベリアルド)またはSimmental française(フランスのシンメンタール)限定
    そしてミルクの生産は標高700m以上で

 ※どない違うん?!ですよね(笑)。
  通常は無殺菌乳を使用したチーズの方がクセがあるというこ個性があります。

・生産時期は両方とも限定ですが・・
  8月15日~3月31日
  8月15日~3月15日

・チーズの熟成期間
  1か月
  最低21日間

・販売期間
  9月中旬~翌年4月頃
  9月10日~翌年5月10日

・形状
  直径 12~32 cm、高さ 4~5 cm、重さ 400 g~3 kg
  直径 12~30 cm、高さ 4~5 cm、重さ 500 g~1 kgまたは1.8~3 kg

・その他
  の方がウォッシュ(リネンス菌で洗う)回数が多いため、乳(にゅう)は低温殺菌乳を使用していますが、お味の個性は強いように思います。


ちなみに食べ方ですが、上の表皮をうま~く切り取って(1回で食べ切るのは無理だと思うので、これをその後上蓋にします)中のとろ~りとした部分をスプーンですくってパンや茹でじゃがなどにつけていただいたり、それに飽きてきたら箱ごと(でも箱はホイルなどで覆ってください。焼けます!)オーブンに入れて(ガーリックや白ワインをプラス)焼いてフォンデュ風にして食べたり(←この2つはスタンダード)、も~無理ぃ~!!ってなってきたら牛乳と白ワインとで伸ばしてソースにしてみたり、日本でチーズと言えばのFermierさんによればケーキにもできるみたいですよ(こちら)。

ワインは何が合うんかなぁ・・・

CIMG4908.jpg
Cullyで買ったワイン(シャスラ)と合う気がする。Vaux州同士、同郷だし。

フランスだと・・・
それこそボジョレーとあわせても面白いかも。でもヌーヴォーはどうかなぁ(苦笑)。
もしくはブルゴーニュの白とか。

昨年近所のスーパーで普通に売ってて(さすがスイス!)「わぁ~!!」と思って買ってから相方もはまってるチーズなので今年も期間限定!楽しもっかなぁ~
こっちは丸々1個じゃなくって半分とか売ってるんで(スーパーで!)、フランス版はデパートに行かんとないかもしれんけど、食べ比べ(同時にはやったことないんです!)してみよっかな~と思案中。
これもスイス生活の醍醐味の1つかなぁ(笑)♪
ワイン・チーズ・日本酒 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
さすがチーズ・プロフェッショナル!
これこれ!!モンドール!この時期?こっちでも店頭に出てます
一度食べてみたいのですが、ホール売りなので高くて…(>_<)//
Giannaさんレポートで我慢しよう……
是非食べ比べお願いしますm(_ _)m
って、こちらを読んでかなり勉強になりましたよ~

そちらではスーパーで売ってるの?うひゃあ~さすがですね~♪
でもって、サイズも様々なんですね~3キロって!!
でも家族で食べたらあっという間なんでしょうねvv
ジュルジュル。。。ハラヘッタ……
日本高いですもんねぇ~!
やっぱこっちは国内消費となるため、セールをやってたりもして日本にみなさんごめんちゃいな値段です!!
まだこっちでフランスのモンドールは買ったことないんですけど、こちらは輸入となるためちょっとは高いのかしら?!って思いますけど。

サイズは基本この写真のやつぐらいやと思います。
日本で一番見かけるサイズ。
ただこちらのスーパーではこれを半分に切って売ってるのをよく見ます。
このチーズ、結構濃厚やしカロリー高↑やから、なっかなか1個完食はいやになってきますね(って言うな、そんなこと!)。
なんやろ・・
クリスマスとか人が来そうな時にみんなで一気に消費ってのが望ましい気がします。でもPescara友、食べるんかいな・・って感じなんでうちは二人で半分のを買って地道に消費かなぁ。
(前はそうしました)

日本やと成城石井のが市場の手頃価格やったと思いますよ。
さすがです!
すごく参考になる情報、ありがとうございます!
イタリアからスイスに来た時、スーパーに行って驚いたのは
ヨーグルトとチーズ売り場の占めるスペースが、恐ろしく広かったことでした。
スイスなんだから当たり前なのですが・・笑

チーズにも疎い私。
食べ方、保存の仕方、とっても参考になりました(^ー^)ノ
イタリアは
ハード系かモッツァレッラ系のチーズが多いですものねぇ。後は羊乳製!スイスもこちらはハード系が多いと思うんですけど、やはりフランス語圏はフランスの影響を受けてたフランスっぽい感じのチーズが多いのでこちらでもそのチーズを比較的お財布に優しいお値段で購入できますよね♪

このモンドールも日本で購入すると結構なお値段だったりするんですよ!!なのでこちらにいる特権とばかりに出回ってる時期には何度か食べるようにしています☆
これから冬に向けてチーズがさらにすすむ季節になってきました♪また面白い食べ方とか発見したらお伝えいたしますね(笑)。
まずは相方で実験いたします!

管理者のみに表示