Juuuust chillin' out!! La Cucina di Alice

La Cucina di Alice

えぇ~大した話でもないのに長らく引っ張りましたが、昨晩は元クラスメイトたち+αとのお出かけでした。
まず何でαかと言いますと、元先生の現生徒さんたちも来てたから。
この先生の生徒さんは出たり入ったりが多いようです。
昨晩は先生を入れて9名が来てた。
ややこいのでイニシャル入れましょう・・(って別に知りたくないって?!)


まず先生Lと私を除く7名中、S(フランス語圏スイス人)、H(ドイツ語圏スイス人)、M(オランダ人)、T(ドイツ人)、Sa(旧ユーゴの国のどこやろ・・・最初の3か月だけ一緒やってほぼ話したことないからわかんない・・)の5名は元クラスメイトで知ってる人。人は初めて会う人やったんですけど、E(フランス人)は私の元クラスメイト数人とクラスメイトやったらしい。El(ドイツ語圏スイス人)が唯一今季から学校を始めたようで現クラスメイト以外とは顔見知りではない人。

そうそう、今はこの私が知らない2人(EとEl)と元クラスメイトのH、M、Sa、そしてその前の晩に別の会合で一緒やったらMMの6名らしい。

もとい・・・
まずはいつものアペリティーヴォ場所であるSOHOに集合!
今回はいつもにも増して大勢参加の9名!
しかし女子(って私をはじめ結構年齢層は高いか?!)ばっか!!

現クラスメイト同士は別として、久々に会う元クラスメイトと新しくクラスにジョインした人たち。
そこは女同士!

大しゃべくり大会へと発展!

ちなみにL(先生。伊人)を除くみんなは伊語ネイティヴじゃないけど、女同士のしゃべくりはこれぐらいのレベルと速度の方がわかりよい!!
やっぱまだまだイタリア人ばっかの、特に女の人ばっかの会話に参戦するほど達者ではない・・・
ほんま早いよ~、しゃべくり!!

あっと言う間にアペリティーヴォ1杯ずつを飲んで、仕事で遅くなっていたSも到着したから夕食場所へと移動!
しかしTは家に帰らんといかんからここでお別れ。
ダ~リンとお子さんが待ってはるからね。

かく言う我が家はカレーを作って相方は放置!

相方のええとこはこういう場合、

相:行っといで~、行っといで~♪

と快く送り出してくれるところ。
相方自身もお友達との交流を大切にする人やから、こっちにもそれに関しては寛大です!

さてさて我々8名が向かった先はSの彼氏が最近行ってよかったよ~と言っていたLa Cucina di Aliceという湖畔前の道に面したレストラン。

日中はまだまだ温かいLuganoですが(今週末から寒くなるらしいけど)、朝晩は結構冷える。
ここは満場一致で

皆:中席!

幸い中の席がいくつか開いていて、テーブル同士をくっつけて8席用意してくれた。

05101101.jpg
↑まずアミューズが出てきた

向かって右はセロリの冷製スープで、左はパイ。
セロリのスープはおいしかったけど、セロリが嫌いな人には強烈なセロリ味(まんまの味します)でした。

05101102.jpg
↑私はじめ、5名がオーダーした今日のパスタ

リコッタ入りのラヴィオリに上はポルチーニのソテーです。
何気に今年初のポルチーニやったかも、私!!
持ってくる途中からポルチーニのええ香りがしておりました!!
おいしいけどややヘビー級です。

ちなみに写真には撮りませんでしたけど、隣に座ってたSは緑茶入りのパスタを頼んでた。
まぁまぁおいしかったって言ってました。
そしてEパッションフルーツソースのパスタを頼んでた。チャレンジャー!!!

ちなみに席は向かい合わせで横は4席だったんですけど、Eは同じ列の一番端っこにいたんでほとんど話していません。
なのでこのパスタの感想は謎!

そしてElはサラダを食べてらっしゃったらしい。
Eの向かいでこちらも遠く離れていたため感想聞けず。
って普通のサラダやったから普通の味でしょう、きっと。

05101103.jpg
↑お食事のお供は勿論ティチーノ・メルロー

ここはイタリアワインが多かったみたいなんですけど、やっぱティチーノにおるってことでティチーノのワインにしました。
みんなのメニューからして私的には白でよかったんとちゃうかな~と思ったけど、赤派大多数につき赤になりました。


ここではレストラン内でがやがやしてるってこと、そして席的な条件もあって、2~4名の小グループでのお話となっていた。私はほぼ横にいたSとSの前にいた先生Lとかと話してることが多かったかなぁ・・
途中からMとSaは英語になってたし(苦笑)・・

そうそうこのメンツ、私とSを除けばみんなそれそれと同じ国の人と結婚してるんで、やっぱ家でイタリア語を使うか学校だけで使うかの差が出始めてました。

私は学校行きだして早々にくみこはん

く:あかんやん、いつまでも英語で話してたら~!!

ってメールをもらい、先生にもクラス始まって早々に同様のことを言われたんで、そっからはほぼイタリア語のみ。
わからん単語の意味の説明をイタリア語で聞いてもわからん時とは「〇〇はイタリア語で何って言うの?」の〇〇は英単語やったりするけど、それ以外はイタリア語にしてます。
最初は地獄~って思ったけど、今は相方の忍耐に大感謝!

もとい・・・

話と食事をエンジョイした(っていきなり英語かよっ!)のち、L、Sそして私の3名は・・・

05101104.jpg
↑↓デザートシェアー!
05101105.jpg

HとM(ってH&Mみたいやなぁ・・)はカフェを飲んでました。

ちなみにデザートは上の方がいちじくのケーキ、下がクレーム・ブリュレです。
いちじくのケーキはおいしかったけど、ブリュレは冷たかったのでヘビーだったのがちょっと残念だったかなぁ・・・

久々のイタリア語でのGirls talk めちゃめちゃ楽しかったです
またたま~にこうやって集まって近況報告とかし合えたらいいな~と思っています。
その時はS(←いつも企画係)よろしく~!!!!


La Cucina di Alice
住所:Riva Vela 4, Lugano
電話:+4191 922 0103



帰りはまたまたSに車で送ってもらった。
帰る道すがら、二人とも今はクラスに行ってないので

S:なっかなか家で一人でイタリア語の勉強ってしにくい!
  やっぱりカフェとか家から出て勉強するって予定を
  スケジュールに組み込まんとできんわ・・・
  どうしてるの?
G:私も同じくかなぁ・・
  私も近所に図書館があるから、図書館でしよっかなぁ・・
  でもさぁ、声出して読んできんやろ・・・
S:そりゃ~無理やな!
G:そこがネックなんよねぇ・・・・

と今後の自宅学習について色々話あっておりました。
今のレベルでのイタリア語の横ばいは怖いので、頑張って勉強しよう(と自己啓発のためにここで宣言しておきます)!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

お出かけ

なんかめっさ更新されてて、がーーーっと読んでたら、突然自分の名前が出てきてびっくりした!!(笑)
でもGiannaはん、こないだサンダニエレで会った時、めっさ普通にイタ語しゃべってたやん?
ま、確かにイタ女だけは会話力以外でいろいろ問題があって
中に入り込むのはうーーーん・・・やけどね。
うちもダンナは自分も付き合い大事にしてるし、私が出かけるのにも協力的やけど
いかんせん子供もおったら、おれへん間のご飯とか着替えとか全部用意しなアカンし
何より終電早くて駅から車もいるから、夜のお出かけはできへんのよね・・・
ランチとかやと、頼るのはマンマになるし・・・

感謝です♪

いや~あんときのくみこさんの喝っメールで開眼、開眼!!
ほんま感謝してます。
最初はこのおしゃべりな私が(!)かなり無口度↑↑やったんですけど(家でね)、最近は伊女よろしくで割り込みができるようになしました(相方との2人の会話で)♪
まだまだ付け焼刃でやったから単語力がおぼつかんからそれはボチボチと増やしていこうと思っています。
ほんまありがと~ですv-238

うちの町はよくも悪くも小さい町&比較的チェントロ付近(徒歩15分)に住んでるから夜の外出も便利です。さらに子供がおらん(大きいのはおりますけど=相方)のも出やすいかな~って気はしますけど。。
自分の親ならまだしもマンマに毎回「よろしく~!」って言って出るんは嫌ですよね・・・わかります!!
まぁまぁでもくみこさん家、でかいからお庭でガーデンしゃべくり(←これは必須でしょ♪)パーティーとかもできるんちゃいます?!

そうそう、マジでトスカーナ入りしまっせ~!
ukoさんが来るんで、一緒に行く予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)