07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Luganoのバスについて

2011年09月30日
Ticino州を回れる定期を買ってから頻繁にLuganoでもバスを利用しているのですが、今更ながらこれらのバスについて・・・

Lugano市内で頻繁に見かけるのはTPLというバス↓。
※TPLの画像はTPLより拝借
bus.jpg

ベンツなんですね(笑)。

ちなみに路線図はこちら
料金はこの路線図にあるゾーンによってというか、いくつゾーンを走るかによって異なってきます。
イタリア語となりますが、料金表はこちら

例えばゾーン10(ルガーノ市内)もしくはゾーン11(ルガーノ市の周り)内の移動だと大人は1.60スイスフランで1時間有効です。
しかしこのいずれかのゾーン内で3停留所内だと1.20スイスフランとなり、30分間有効となります。
そして10と11の2ゾーンをまたがる場合は2.00スイスフランとなり、90分間有効です。
また郊外の料金はこれらとは異なります。
確か有効時間内でも逆行はできないと思います。

ちなみに1日乗車券は5.00スイスフランとなります。

そしてこのバスのチケットの買い方なのですが、バス停には必ずこちら↓
funicolare3.jpg
↑チケット販売機があります。

こちらで注意が必要ですが!!

お釣りでません!!

なので勿論お札は使えません!!
※スイスのお札は10スイスフラン札からです。
※メインのバス停には両替機がありますが、うちの近所など通常のバス停にはなし。

ちなみに昼間は前方(運転手さんがいるところ)、中間、後方のドアが開きどこからでも乗・降車可能です。
なので無賃乗車も簡単にできそうなのですが(ダメですよ~!)、抜き打ちでバス会社の係の人がどこからか乗り込んでくることがあります。
夜は運転手さんにもよりますけど、前からしか入れなくしていて、定期や乗車券を乗る際に見せるというパターンが多いです。勿論夜も抜き打ちチェックあったことありますよ~!

先日も駅まで行こうとバスに乗っているとこの抜き打ち検査がありました。
その時に無賃の人がいました。
少し遠くて聞こえなかったのですが、どうも身分証明書の提示(情報を控えてはりました)、住所の確認などが行われてました。彼は罰金の金額を持ち合わせていなかったようで、必要な情報を得るまで彼は2人の職員(大抵2人組み)に囲まれていました。

TPLのバス内にはこんな注意書き↓があります。
300911.jpg

かいつまんで言うと、無賃乗車の罰金は80スイスフラン。
その場で支払うと60スイスフラン。

抜き打ちに出会わない時も多いですが、1.60スイスフランをケチって60または80スイスフランの支払いは大きすぎる!!
しかし即金で払えば20スイスフラン割引きってところがちょっと笑えた(* ̄m ̄)
でも60スイスフラン持ってる人は無賃せんやろ・・・

ちなみにこの時もう1人も無賃だったんじゃないかな~と思います。
この捕まった子が職員に囲まれている間、次の停留所でそそくさと降りていった人がいました。

反面スイス人は真面目だな~と思ったのが、このそそくさと降りた人の停留所で降りる子たちは乗車券トや定期の提示を求められていないのに(職員は捕まえて子にかかりっきりだった)、自ら提示して降りていってました。
真面目~!!

そうそう・・・
Luganoの駅はちょっと丘の上なんですけど、こことチェントロ(中心地)を結ぶフニコラーレ(ケーブルカー)もこのTPLの管轄で、こちらは1.10スイスフランです。チケットは乗る前にチケットブースがあるのでそこで購入します。
夜などは運転手が一人でこのチケット(乗車券)売りと運転をしてたりします(笑)。


もう1つLugano市内でよく見るのは郵便局の黄色のバス↓
AutoPostale.png
※こちらの画像はAuto Postaleより拝借しております。

こちらはちょっと遠くに行く時に利用。
例えばLuganoから一番近くのショッピングセンターGranciaに行く時などはこちらを利用しています。

こちらはTPLとは違い、チケットを持っていない人は必ず運転手さんが乗っている前方の扉から乗り、そこで料金を支払います。片道か往復か、そして行先を告げる必要があります。
直接の支払いなのでお釣りはもちろんいただけます。

こちらのポストのバスは近場だけではなく、長距離なども走っているようですよ(利用したことはないですが)。

特にこのポストのバスを使う際、たま~にTPLのバス停と共有のバス停があいますので(LuganoのチェントロとかParadisoの学校前とか)、間違ってTPLのバスチケットを購入されませんように・・
※Granciaへ行く時に購入している人がいたから。。
 もちろんこのチケットは返金してもらえません。
スイス | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
スイスも抜き打ち検査なんですね(^^;)
自販機もおつりが出ないんですか~。

私が週1で働いていたとき、
バスを使っていたんですが、
3回くらいあったかな、抜き打ち検査。
確かにあったとたんそそくさと降りる人いたっけ(笑)。

私はedicolaで回数券買ってました。
トリノでも市内と郊外は料金が違って、
学校は郊外だったので、ちょっと高かったです。
最新の・・・
券売機はお釣りがでるみたいなんですけど、それって滅多に見かけなくって大抵はこのブログで紹介した写真のものです。
これはお釣りでないんですよね・・・
そう考えると何気なく使っている日本の自動販売機ってば凄い!!と思っちゃいます(笑)!!
札も使えるし!!!

そうですよね!イタリアってTabacchiとかEdicolaで乗車券買わないといけないんですよね!!
一度相方の実家で一人で乗ったんですけど、すべてのEdicolaで扱ってるのではないみたいで、乗車券購入にとまどっちゃいました(苦笑)。このシステムも知らなければ停留所に券売機がないから中で買うのかと思って乗っちゃいますよねぇ(苦笑)・・・

管理者のみに表示