07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

シチリア6日目(移動)

2011年09月14日
アグリジェントでランチをした後一路パレルモへ!

前日の予定ではこの後Canicattiにいる泊めてくれていた方の従姉のワイナリーへ寄る→お父さんのお墓参りをするだったのですが・・・

時間なし!

いやむしろ・・・

急げ!!

え~ちなみにですが帰りのフライトはなんと・・・

Darwin Airlinesで、パレルモ 18:50→フォッジャ 19:55 ・・・乗り換え フォッジャ 20:30→マルペンサ 22:05

行きはアリタリアで1時間40分でマルペンサ(ミラノ)→パレルモだったのに、帰りはパレルモからフォッジャ(プーリア州)で乗り継いで待ち時間も合わせて3時間10分!約2倍やん!!!

なんでかって言うと・・

相:帰りさ・・
  リナーテ行きは安いのがあるけど、マルペンサ行きは
  高いのばっかやからフォッジャ経由にした~!

時は金なりとちゃうんかいな・・・
だったらリナーテまでとんでシャトルでマルペンサまで行った方が早いんとちゃうかと思ったけど・・・

と、話を戻して・・・

アグリジェントを後にし、順調に高速入りした我々。
と・・どっかで書きましたっけ???

シチリアってば高速タダ!

※と思う・・・
料金支払うところどころかチケット取るとこさえなかった。

もう少しでパレルモってところで(ちなみに空港はちょっと離れてます)・・・

G:そろそろガソリン入れた方がいいんじゃない?
※レンタカーしてます。
相:まだいいねん!

と威張っていたはずが・・

相:あ~っ
  ガソリンがないぃぃぃ~!!
G:・・・・

そしてカーナビも土地勘もないのに後ちょっとで空港なのに、何よりも時間ギリなのに

高速降りた~!

それもここどこやねん!ってとこでぇ~!!


G:ちょっと何で高速降りるん?!
相:ガソリンスタンドがあるはず!
G:ってあてもなくさまようのはガソリン的にも時間的にもヤバいやろ!
  人に聞け!
相:・・・

そう、イタリア人で打ち解けるとおしゃべりだけど相方は・・・

人見知りする ┐(-。ー;)┌

なので知らない人に道を聞くなんてことは嫌なことNo.1!!

こういう時は私が勝手に車の窓を開けて呼び止めて相方に用件を話させるようにしています。
私が用件も聞けばいいんだけど、相方が一人でいる際に迷った時に道が聞けるように訓練、訓練!!
最近は結構私が呼び止めさえすればすんなりと聞けるようにはなってきましたo(^-^)o
どうも呼び止めが苦手なのか?!

ことなくガソリンを入れ、さ~さっさと空港よ~!!!って思って高速に入ったら・・・

事故発生!

相:も~無理!
  も~間に合わんo(*≧◇≦)o

どっかで聞いたフレーズ(苦笑)!
そう、行きも同じこと言うてた!!!

相:も~帰れんわ、飛行機無理!!

確かに行きよりも時間は押してる!
しかしここで一緒に「きゃ~」ってなるとさらに相方がパニックるから

G:大丈夫、大丈夫!(←根拠なし)
  きっと間に合うよ!!
相:何を根拠にそんなこと言う訳(←逆ギレ)?!!
G:私、飛行機に乗り遅れたことないから。
相:俺なんて国際線にだって乗り遅れてるんやで!
G:それは自慢にならんよ。
相:とにかく、間に合わん!!!
G:大丈夫やって!
  とにかく行こう!何とかなるって!!

とこれまた行きと同じ会話をここでもすることとなった(-_-)

結局事故は反対側車線だったのですが、各方向2車線なのに2車線をふさぐ結構な事故につき、我々側の車線の反対側よりの車線から消防車やらが入ってたということでした。
なのでうちの車線は1本は普通に機能しており、ゆっくりではあるけど進んでいた。
その事故現場を過ぎるとまた2車線に戻り、帰りはマジやばの30分前に空港到着!

行きと同様にひとまずチェックイン。
今回はミラノほど大きな空港ではないので私は荷物当番をし相方はレンタカーを返却に。
ほんまギリギリでセキュリティーチェックを済ませてボーディングゲート付近へDash
すると・・・

名前を呼び出されてる・・・

G:私、こんなん人生初やわっ!
  はずかし~!!
相:俺は何回もあるよ~!

ってそこは自慢するところじゃないやろっ ゞ(ーー*)

なんとか搭乗!

乗り継ぎ空港のフォッジャはめっちゃちっさい空港でした。

相:多分もともと軍の空港ちゃうかなぁ・・
  もしかしたら今もかなぁ・・・

らしいです。こちら根拠なし。

乗り継ぎ35分ですがボーディングパスはここでかえんといかんかったみたいでグランドホステス(って今も言うの??)さんに

グ:急いでください!

ってせかされるし・・
やっぱ相方との公共交通機関は慌ただしい

マルペンサ行きのフライトに乗り込んだところ・・・

CAさん同じ人で

C:あ~っ!

って言われました。
このDarwin Airlines、スイスのエアラインみたいなんですけどめっちゃ小さい飛行機でした。
1列1と2の3席。
最初ボーディングパスもらった時に相方と二人やのに10Dと10Fやって

G:あれっ?!
  隣同士じゃないね!!
  チェックイン遅かったから?!?!

って言ってたんですけど1人席がA、2人席はDとFで隣同士でした。
しかし、BC(通路か?!)とE(これはほんまどこいってん?!!)はいずこに~?!?!

マルペンサまでのフライトは18列目だったんで真ん中かと思えば一番後ろでした(苦笑)・・・
ほんまちっこい飛行機!
そんなちっこい飛行機がもう後5分でミラノ~って時に

ゆ~れる~、ゆ~れるぅぅっぅ~

そのちょっと前からピッカピカ 光ってるな~とは思ってたのですが、そこを通らんと着陸できんみたいで雲 を通過中、思いっきり揺れた!
私はピッカピカ を確認してたんで心の準備はあったけど、ふと横を見ると・・

相:お~ち~るぅっぅ~

きっと一緒に「きゃ~こわ~い!!!」って言ってくれる嫁だったらよかったのかもしれませんが、あなたの嫁は冷静に「いや~ほんま喜怒哀楽に飛んだ婿やな~!」と思ってました。ごめん

G:大丈夫、落ちひんよ!
相:何を根拠に言うねん!

この人根拠好きやなぁ・・・

G:だって飛行機落としたら飛行機会社は高くつくから!
  この飛行機ほぼ満席やん!
  それにスイスの飛行機会社やで!
  どんだけ賠償金払うんよ!!!
  落とせへんって!!!
相:いや、落ちる!
G:お~ち~な~いっ!

と言ってる間に着陸 (* ̄m ̄)

2日後にcA_riNoさんにお会いした時に伺ったら

c:すごい雷だったんですよ!!

道理で揺れたはずだ・・・

しかし相方、ある種まさに『嵐を呼ぶ男』やってんなぁ (* ̄m ̄)
さすがの晴れ女もそこはかないませんわ・・・

その後は無事我が家の車にてLuganoまで戻って参りました。

今回の旅、一番なんでもない公共交通機関利用with相方が何よりもアドベンチャーでした(苦笑)・・・
当分相方とは車移動のみにします!
イタリア小旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
毎回根拠を求める相方さんに、独自根拠で切り返すジャンナさんとのやり取り最高に面白いわ。遅れたことがないから遅れない、落ちたら賠償大変やから落ちない??!!全然根拠になってない気がするのに、科学者までも納得してしまうのはなぜ??!!アッパレっす。
多分・・
理不尽回答慣れしてきてるんやと思います相方(苦笑)。さらにつっこんできてもより根拠のない返答しかしないので(!)途中からもうどうでもよくなるんやと思います。それがこっちの狙いというか、相方パニック回避というか・・・

でも落ちたら賠償金説は結構根拠ありじゃない?!40強の乗客がいたから落とした日にはえっらい額じゃない??さらに飛行機もダメにしてしまうからさぁ。飛行機って結構高額商品です!

管理者のみに表示