スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン @ Pittsburgh

どこかで書いたかもしれませんが、ピッツバーグがあるペンシルベニア州ではアルコールの販売に関して色々と厳しいです。

アメリカは州によって法律が色々と違うようなのですが、ハワイやカリフォルニアでは普通にスーパーで売っていたワインやビールなんかが基本、スーパーではGETできません!
※一部大型店舗のスーパーではビールが買えるようですが。

いまひとつシステムがよく理解しきれてないのですが、普段の生活を通して理解できたこととして、ビールはビールの販売店、ワインやハードリキュール類などはリカーショップでしか買えません。

そしてわが家がよく飲むワインを売っているリカーショップは州から許可を得ているお店だそうです。
ちなみに何軒か見かける自転車行動範囲内のリカーショップはすべて同じ店名(チェーン店)なので、モノポリか?!と思ったり・・・

一度だけモールで別の名前のリカーショップを見たような気もするけど。

そして、そのリカーショップに置いてないワインなどもそのリカーショップを通してオーダーしないといけないシステムのようで、アマゾンでひょろっと買ったりもできないそうですよ。

そもそもワインにおいてはニューワールドに属するアメリカ。

日本同様、自国産のワインもあるのですが、これまた日本同様、販売されているワインは他の国々のワインも多いです。

オールドワールドであるイタリアでも他の国のワインが販売されてますが、やはり主流はイタリアのワイン。

そんな国で育った相方はリカーショップにまず行くことがない(買い物はすべて私が自転車で・・・)のですが、たま~~~~~~につきあってもらうと、興味津々なようです。

そんな興味津々幼児相方のみならず、私もえ~~~~っと思ったものを少しご紹介。

20161114001.jpg
↑オリーブオイルかと思ったら、何とフランスのワイン!

フランスにも何度も行きましたが、この形のボトルで売られているワイン、早々見たことないですけど・・・

これってフランスだと料理酒?!

相:何やねん、フランス!!

とのツッコミの舌の根も乾かぬうちに、なんと相方の母国イタリアからも・・・

20161114002.jpg
↑水筒?!

不思議なボトルのワインを発見!

ちなみにイタリアでは見たことないです(笑)。

って、イタリアでこれ売って買う人いるのか???
外国輸出用でしょう。

そんな面白ボトルとは別に・・・

201610274.jpg
↑Ikebana(生け花)という名の相方出身州のワインを発見!

アブルッツォのワインだからまぁ、そう悪くないだろうと思って買ってみたら・・・

めちゃめちゃ軽い!!

こんなに軽いモンテプルチャーノ・ダブルッツォは飲んだことがないかも。。。

道理でアブルッツォでは見かけたことがなかったような気がする。

ちなみにこちらのリカーショップ、ワイン以外にもハードリキュールも売ってます。

と言うことで・・・

201610281.jpg
↑見かけたリモンチェッロ

ちょっと人に聞かれて売ってるかどうか見に来ただけで、我々は買ってませんが。

その他にもジン、ラム、ウイスキーなんかもこのお店で扱っていましたよ。

そして、日本酒も!

多分ほとんどがアメリカ産の日本酒です。

なので買うのを躊躇してたのですが・・・・

20161120.jpg
↑濁りをお世話になっている方からいただきました

濁りまで造ってるのか・・・と驚きました。

ちなみにビールもキリン、サッポロなどがビール販売店で売られていますが、アメリカ産のキリン、サッポロでした。

ネットでサッポロが一番日本のサッポロに近いと書いてあるのを見て、サッポロしか試したことがないのですが。。。
スポンサーサイト

Cafe Moulin @ Pittsburgh

11月の初旬に、こちらのお友達とランチをすることにしましたよ。

メンバーの1人、シンガポール人のEが、

E:一度以前に行ったカフェ(こちら)で、デザートじゃないクレープ食べたい!

って、ことでCafe Moulinへ!

一見すべてアジア人で同じ国から来た風な四人組の我々!!

が、実は・・・

Eはシンガポール人、Rは台湾人、Kはカナダ人、私は日本人と国籍が見事にバッラバラ。

2016110701.jpg

2016110702.jpg
↑私のクレープはTivoli

モッツァレッラ・チーズ、ほうれん草、トマトそしてペーストが入ってましたよ。

Rも何をオーダーするのか決めかねて私と同じのにしてました(笑)。

他の二人はそれぞれ別のにしてましたけど。

結局この日も大しゃべくり大会に!

Kはボランティアがあったので、途中退散。

残った我々はその後も閉店までおしゃべりし、近所にウィンドーショッピングに。

一緒に話に花を咲かせてくれるお友達がここで見つかって、ほんとよかったな~~~って思った一日でした



Cafe Moulin
住所:732 Filbert St, Pittsburgh, PA 15232
電話:(412) 291-8119
営業:9:00~17:00

ロングブーツをGET!

スイスを出る際にアメリカに持ってこようと思っていたロングブーツをやっぱり捨てることに。

1足は既にイタリアへ送ってました。

そしてアメリカで新調することにしていたのですが、着いた当初、結構暑い日が続いていたのでブーツを買うこともありませんでした。

が、ある時を境にとっても寒くなったので。。。

G:ねぇ、ブーツ買って~~~~~!!
相:いいけど、どこで?!!
G:Ross Park Mallってところに行きたいんやけど・・・
相:えぇ~~~、遠いからイヤ!
  もっと近くにもお店あるやろ~~~~!!

ってことで、Waterfrontへ。

20161030.jpg

そこにMacy'sというアメリカのデパートが入っていて、そこでブーツをGET↓
20161101.jpg

本当は黒が欲しかったけど、色々見てるとこの茶色が一番妥当かな・・・って思ってこれに。

ちゃんとしたブーツはイタリアに送ってるので、まぁ、このシーズン、ピッツバーグ、そしてバカンスでイタリアに帰る時にもってくれればいいかなと思って、これにしました。

後でこちらのお友達に聞いたら、彼女もMacy'sでブーツを調達したって言ってたので、意外とMacy'sブーツを1シーズン愛用品として使ってる人が多いのかも。

Luke Wholey's Wild Alaskan Grille @ Pittsburgh

La Prima Espressoに行った後、ストリップ・ディストリクトをウロウロ。

そしてせっかく来たので、ここでディナーを食べることにしましたよ。

もちろん前回行った激マズ・イタリアンのLidia's以外のお店でということで!

色々と見て回った結果、Luke Wholey's Wild Alaskan Grilleというお店に入ってみることに。

シーフードな気分だったので、シーフードが食べれるお店ってことで。

このお店、お寿司もやってるみたいなんだけど、ピッツバーグに来てから日本食材のお店のおじさま(元関西の某有名ホテルのレストランでコックしてらっしゃった方)に、

お:生魚を食べない国の人はやっぱ扱いを知らんよ。
  だから日本人以外のお店で生魚を食べるのは
  気を付けた方がいいかもね。

って言われていたので、お寿司はパス!

201610294.jpg
↑まずはCalamari(イカ)

店:ソテーですか、フライですか?

って聞かれたので、軽くソテーするだけかと思い、ソテーにしたのがちょっと間違いだった

すごいトマトソースとガーリックで煮込んでるって感じで、イカの味が・・・

そして我々の大好物、Mussels(ムール貝)↓
201610295.jpg
↑粉チーズたっぷりはがっつり払いのけていただきました(爆)

シーフードにチーズはいらない・・・

ただ!!

201610296.jpg
↑この大きさ!!

調理前のこれを買って帰って自分で調理したかったかも。

ムール貝自体は冷凍なんだろうけど、結構おいしかった。
ただ、チーズかけ過ぎ&チーズはいらない・・・

201610297.jpg
↑お食事のお供はNZの白

もう少し何かを頼もうかと思ったけど、どうも調理がアメリカ過ぎたので、デザートに逃げることに。。。

201610298.jpg
↑パンプキン・ケーキ

見た目のかわいさとは裏腹に超~~~~ガッツリ系。

二人で1つにしたけど、半分も食べれんかった(爆)。

やっぱ手強し、アメリカ料理!!

と、またまたこの日も。。。

201610299.jpg
↑ビール自転車発見!



Luke Wholey's Wild Alaskan Grille
住所:2106 Penn Ave, Pittsburgh, PA 15222
電話:(412) 904-4509
営業:要確認

La Prima Espresso @ Pittsburgh

ストリップ・ディストリクト(Strip District)にエスプレッソが飲めるバールがあって、以前から聞いていてずっと気になっていたLa Prima Espresso

一度相方と一緒に行った時は閉まっていました(こちら)。

リベンジ!ということで相方と再訪。

201610292.jpg

今回は開いていましたよ。

201610291.jpg

で、早速エスプレッソをいただくことに。

201610293.jpg

濃さはいい感じ。
ただ、やっぱちょっと酸味がきついかなという印象。

この酸味具合はアメリカ人の好みなのでしょうか。

それと豆の油脂を感じましたよ。

まぁ、アメリカで飲んだ中ではおいしい方なのでしょうが、やっぱ家で飲むKimboのコーヒー(エスプレッソ)の方がおいしいなと表しまった私と相方でした(笑)。

まぁ、嗜好品ですから。。。



La Prima Espresso
住所:205 21st St, Pittsburgh, PA 15222
電話:(412) 281-1922
営業:月~水 6:00~16:00
    木    6:00~19:00
    金・土  6:00~17:00
    日    7:00~16:00

大学で気になること・・・

大学のカードをGET!』で相方が働く大学の様子を少しお伝えしましたが、もう少し大学について・・・

大学のシンボル以外にもちょっと気になるものがこちらの大学にはあります。

例えばこちら↓
201610241.jpg

何のシンボルなのか、こういった感じの像(?)をちょこちょこと見かけます。

そしてこういった系統とは別に・・・

201610242.jpg
↑大学内の気になる建物も

多分どちらかの学部の校舎だと思います。
ちょっと遠いので確認には行ってませんが(笑)。

ちなみに背後に見えているのはピッツバーグ大学です。

どうもいくつかの建物が重なって見えてるので、不思議な印象を得ただけなのでしょうか。。。

そして・・・

20161106.jpg
↑こちらの大学が排出したアーティストの名前が連なった廊下

それぞれのお名前の下には賞の名前なんかも書いてあったので、賞を取った極々一部の方たちのお名前が連なっているのでしょう。

そんな廊下に刻まれたお名前の1つがこちら↓
201610243.jpg

ご本人の許可を得てないので、名前の部分は隠してます。

何と相方がサンフランシスコに会議か何かで行った際に知り合ったようで、一緒にランチをしましたよ。

その時はここにお名前が刻まれているとは知らずに普通~~~~にお話をしていたのですが、後でお名前を発見!

とても気さくな感じの方でした。

大学、色々と気になることがいっぱいです。。。

クリスマス@USA

アメリカはイタリアとはまた違ったクリスマスの面持・・・

そんなアメリカで見つけたクリスマスっぽい画像をお届け!

20161102.jpg
↑感謝祭前ぐらいからスーパーで見かけたエッグノッグ

エッグノッグは牛乳ベースのあま~~~~~~い飲み物で、詳しくはこちらを。

ず~~~~っと昔にクリスマスをカナダで過ごした際に飲んだ記憶がある代物です。

さらにアメリカで!!

20161105.jpg
↑↓パネットーネを発見!!!
201611091.jpg

外国でもパネットーネはよく見かけるのですが、パンドーロはあんまり。。。

パンドーロ派の私としてはちと複雑です(笑)。

さらに!!

201611103.jpg
↑プレセーペも発見&購入

ちょっとチープな感じが漂ってますが、唯一見つけた代物なので買ってみました。

本当はImmacolata Concezione(無原罪の御宿り)の日から飾るのですが、諸事情につき早々に飾りました。

が・・・

201611271.jpg
↑この飾り方は速攻相方の手直しにあった

アットホーム感を演出したつもりが、FBでも・・・

家族対抗歌合戦?!!

と笑われた

そして相方の手直しバージョンがこちら↓
201611272.jpg

まぁ王道な飾り付けということで。。。

そして町には、イルミネーションも!!

201612013.jpg

2016120814.jpg

2016120815.jpg

でも町のイルミはイタリアの勝ちかなぁ・・・

しかし病院に行ったところ!!

2016121309.jpg
↑サンタ?!

G:写真撮っていいですか?
サ:忙しいので、早くなら。。。

2016121310.jpg
↑で、さっさと撮らせていただきました(笑)

ちなみに・・・

201612151.jpg
↑恐竜もサンタ気取り?!

Mellon Park(メロン・パーク)

秋のとある日、まったりと近所の公園にお散歩に出かけることにしましたよ。

向かった先はMellon Park(メロン・パーク)!

メロン・・・って、何だか聞き覚えのある名と思ったら。。。

やっぱり!!!

元はリチャード・メロン氏の所有地だったようです。

なのでメロン・パーク!

リチャード・メロン氏はアンドリュー・メロン氏の弟で、一緒にカーネギー・メロン大学の前身の1つである、メロン工業研究所を設立した人ですよ。

そんなメロン・パークはこんな感じです↓
201610232.jpg

201610231.jpg
↑ぶっさかわいい噴水

かわいい~~~って思って近づいたらかなり怖い感じにぶっさかった(笑)。

201610233.jpg
↑ボッチェをしてる人たちもいた

201610234.jpg
↑多分ここはアート・スクールじゃないかなぁ・・・

こちらでできたお友達がここに通ってるって言ってたような。。。

201610235.jpg
↑こちらもPittsburgh History & Landmarks Foundation(ピッツバーグ歴史&ランドマーク財団)に登録されている建物の1つ

道路を渡ったところにはテニス・コートもあるみたいで、別のお友達がそこでテニスのレッスンを受けていたって言ってました。

近くに公園があるのっていいなぁ・・・と散歩しながら思ってました。

Pallantia Tapas de España @ Pittsburgh

スイスと違ってアメリカには本当に色んなレストランがあります。

そんな色々とあるレストランから今回はスペイン料理にチャレンジしてみることにしましたよ。

向かった先はこちらでお友達になったYさんから教えてもらった、Pallantia Tapas de Españaというホテルからほど遠くないお店!

こちらはタパスのお店です。

201610211.jpg
↑Queso Cuevas del Mar(クエバス・デル・マール産のチーズ)

こちらは山羊乳チーズです。

201610212.jpg
↑ご覧の通りのパン

201610213.jpg
↑Jamón ibérico(イベリコ・ハム)

これ、何だかハモン・イベリコ(イベリコ・ハム)って言うよりはパルマ産の生ハムっぽい感じだったんだけど。。。

201610214.jpg
↑この揚げ物は何にしたのか失念

201610215.jpg
↑しし唐みたいな感じ

これがロシアン・ルーレットのようにたま~~~に火が出るぐらいに辛くって死にそうになった・・・

201610216.jpg
↑これは確かポテト

そしてこちらはエビ↓
201610217.jpg

どちらもかなりガーリックが効いてます!

そして・・・

201610218.jpg
↑マッシュルーム

こちらもガーリックがっつり系だったので、ちょっとお口直しに・・・

201610219.jpg
↑マンチェゴ・チーズ

結局ワインを1本半空けちゃいました(笑)。

スペインでタパスを食べたことのある我々にとっては、超~~~普通な感じのお店だったけど、ここアメリカで普通と感じるお店は貴重!

フラメンコ・ギターの生演奏なんかもあって、いい感じでしたよ。



Pallantia Tapas de España
住所:810 Ivy St, Pittsburgh, PA 15232
電話:(412) 621-2919
営業:火~木 17:00~22:00
    金・土 17:00~24:00
    日   11:00~15:00
定休:月曜

ヘアー用品@ピッツバーグ

基礎化粧品同様、色々なものがこちらに来てなくなってきています。

そんなものの1つに、ヘアケア―用品なども。

日本と違い、こちらは硬水なのでやっぱ髪の毛が痛みやすいです。

さらに、どこで髪を切ろうか・・・と悩んでいるうちに毛先はかなりひどいう状況に

スイスほどではないけれど、全体的に髪もパサつき気味なのでヘアーオイルを使用しています。

元々はロレアルのを使っていたのですが、最終ペスカーラに帰った時に入ったスーパーにはロレアルのオイルが売ってなかった。
が、たまたま見つけたこちら↓
201610041.jpg
↑アルガン・オイル使用のヘアーオイル

結構いい感じだったので・・・・

201610043.jpg
↑ピッツバーグでもアルガンオイルのを買ってみた

が、こちらはいまいちでした

なので・・・

20161116.jpg
↑やっぱロレアル帰り(笑)

ただ、イタリアで買ってたのとパッケージも違うし、香りも違う。

使用感はまぁまぁ似た感じなんだけど。。。

そしてヘアーのパサつきと共に気になるが、白髪(涙)。

ほんと20代後半から悩まされている白髪。

だいたい月1で染めるようにはしてるのですが、こちらにきてバタバタとしててちょっと染めそこなっていました

こちらでもアンモニア・フリーのを・・・って探してみたけど、ガルニエのしか見つけれなかった。
ただ、ガルニエはちょっと肌に合わないので・・・

201610078.jpg
↑ロレアルに

ちょっとツンと来るけど、そんなには気にならない感じでしたよ。

ただ!!

染めた後、

バスタオルも染まった


と言うことで・・・

201611102.jpg
↑2回目は茶色が薄い金髪系に

と言っても元々の髪が金髪ではないので、こんな金髪にはならないですけど(笑)。

ちょっと明るい茶色って感じです。

そしてこちらの方はバスタオルも染まることがなく、一安心!

※上記は個人的な使い心地の感想です。
 肌質は人それぞれだと思いますので、使用をご検討の方はまずパッチテストなどで、ご自身の肌質に合うかどうかの確認をお願いいたします。

再び・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Ramen Bar @ Pittsburgh

落水荘州立公園を訪れた後、疲れていたので夕食は外食することに。

以前からずっと気になっていた、Ramen Barと言うところに行ってみることに!

2016101623.jpg
↑まずは餃子を・・・

こちらの餃子はちょっとヘビー系で、ずっしりときました。
中高生男子向きって感じかなぁ・・・

お味は、日本のと中国との境って感じでしたよ。

そして!!

2016101624.jpg
↑私のチャーシュー味噌ラーメン

スープと麺はまあまあいい感じでした。

チャーシューがごついのと、ちょっと中国風なお味なのがちと気になったけど。。。

チャーシュー麺にしなかったらもっとよかったのかも。

2016101625.jpg
↑やめろという私の忠告を聞かずに相方は麻婆ラーメン

辛い、辛い~~~!と言いながら頑張って食べてました。

でも、思ってたのはかなり違ったのが、テンションは

だから普通のにしろって言ったのに・・・である!!

色々と噂を聞いていて、期待が高すぎたのか、これまたちょっと拍子抜け。

この日は何を取っても拍子抜けな一日となりました。



Ramen Bar
住所:5860 Forbes Ave, Pittsburgh, PA 15217
電話:(412) 521-5138
営業:12:00~22:00

Ohiopyle State Park(オハイオパイル州立公園)

Fallingwater(落水荘)見学のあと、近郊にある、Ohiopyle State Park(オハイオパイル州立公園)に立ち寄りましたよ。

なんとペンシルベニア州には120以上の州立公園があるそうです。

オハイオパイル州立公園もその中の1つで、ペンシルベニアの自然保護局(?英語では、Department of Conservation and Natural Resources)が推薦する、『25 Must-see Pennsylvania State Parks(25の見るべきペンシルベニア州立公園)』にも選ばれています(こちら)。

2016101610.jpg

2016101611.jpg
↑Youghiogheny(ヤフィオエニー川)が流れています

2016101612.jpg
↑↓結構流れは速く、カヤックなどでスリルを味わうアクティヴィティなんかもあるみたいですよ
2016101613.jpg

2016101615.jpg

2016101614.jpg
↑↓こんなのも発見!
2016101616.jpg

2016101617.jpg
↑↓流れが穏やかなところもあった
2016101618.jpg

2016101619.jpg

温かく、お天気のいい日にはここでのんびりピクニックなんてもありだな~~って感じの州立公園!

そしてこの州立公園内には、いくつかの滝があるそうです。

そんな滝の1つに。。。

2016101620.jpg
↑Cucumber Falls(キューカンバー滝)がある

看板も結構大きかったので、行ってみたけど・・・

2016101621.jpg
↑水圧は微妙・・・

でも、他のサイトとかで見るともう少し立派な感じの滝だったので、行った日が悪かったのかなぁ・・・・

これまたちょっと拍子抜けだったのですが、行った時期が秋まっさかりだったので、

2016101622.jpg
↑紅葉は楽しめました

ちなみに延々と続く様子を写真におさめようと片側しか撮れてませんが、両側こんな感じで紅葉が広がっていましたよ。

Fallingwater(落水荘)

ピッツバーグから南東に車を1時間半ほど走らせたところに、Fallingwater(落水荘)という建物がありますよ。

私はまったく知らなかったのですが、日本にもいくつかの作品を残しているアメリカ人建築家のFrank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)氏によって建てられたデパート王、Edgar J. Kaufmann(エドガー・カウフマン)氏の邸宅で、結構日本でも有名だそうです。

ご存知の方はいらっしゃいますか?

まずは敷地内の駐車場(有料)に車をとめて、邸宅の周り(庭?森??)をちょっと散策。

2016101601.jpg

2016101602.jpg 2016101604.jpg

ほんと森って感じのところを歩いてると・・・

2016101603.jpg
↑邸宅があります

邸宅内を訪問するにはツアーに参加しないとダメなのですが、生憎訪れようと思った日はこのツアーがいっぱいでした。
なので、外観だけ見学することに。

2016101605.jpg

2016101606.jpg

と。。。

ネットなんかで見る、『落水』的な写真はどこから撮ればいいのかしら・・・とウロウロとしていると、展望できる場所がありました。

そしてそこから写真を撮ると・・・

2016101607.jpg
↑↓ネットで見た感じの写真が撮れましたよ
2016101608.jpg

でもこの外観以外は本当に・・・

2016101609.jpg
↑森!

車を飛ばしてきたのに、中に入らなかったせいか、ちょっと拍子抜けで見学が終わってしまったので・・・

Cafe Moulin @ Pittsburgh

こちらに来て、仲良くなった人たちが何人かいるのですが、そのうちの1人にカナダ人のKがいます。

とある日、Kと初めて二人でお茶することに。

向かった先は、こちらに来て間もなく知り合った数人と以前一緒に出掛けたCafe Moulinというお店(こちら)

このお店はクレープが有名なお店です。

なので・・・

201610131.jpg
↑↓二人してクレープ
201610132.jpg

もちろん他のメニューもあるけれど、やっぱ有名どころのクレープを食べることにしましたよ。

お味はちょっと甘目だけど、まぁまぁいい感じ。

何よりもこの日も爆トーク!

彼女とは初めて会った時から何か引きつけあうオーラがありました。

なのでトークも弾みまくりで爆トークに(笑)。

国籍を超えてもやっぱ通じ合う何かってあるだな~~~~っと痛感した日でした。

本当に楽しいひと時をありがとう、K!!!



Cafe Moulin
住所:732 Filbert St, Pittsburgh, PA 15232
電話:(412) 291-8119
営業:9:00~17:00

茶屋 @ Pittsburgh

すご~~~~く、遅くなりましたが、『Nozze di Zucchero』の日、果てさてどこでディナーを取るか・・・ということに。

アーミッシュ・カウントリーから戻ってきた翌日だったので、当初予定していたレストラン(ちょっと遠い)はやめて、近場で済ませることに。

近場と言ってもせっかくの記念日なので、またまた茶屋(前回はこちら)に行ってみましたよ。

201610101.jpg
↑セットでついてくるお味噌汁とサラダとから揚げは一緒に持ってきてもらいました
※相方のリクエスト。

201610102.jpg
↑カキフライはとてもおいしかった!!

相方は他に何か食べたいのがあったみたいで、それをオーダーしたけど、その日はそれをやってなかったので(何をオーダーしたのか忘れた・・・)、

201610103.jpg
↑やっぱ餃子!

そしてお決まりの・・・

201610104.jpg
↑Super Deluxe Sushi

前回行った時よりもちょっと微妙な感じがしなくはなかったけど・・・

それにしても、まさかまさかのアメリカでの記念日&記念日ディナー。

色々とあって、めちゃめちゃ絆が深まったと感じることの多い記念日&記念日ディナーとなりました。

いつもありがとうです、相方どの



茶屋
住所:2032 Murray Ave, Pittsburgh, PA 15217
電話:412.422.2082
営業:月~木 5PM - 9:30 PM/金・土 5PM - 9:45 PM
定休:日曜

Blue Point Grille @ Cleveland

※『Ohio Amish Countryへの旅~Cleveland編』からの続きです。

見知らぬ、そして下調べもない町でのレストラン探し。

あれやこれやで行ってみたのが駐車場から程遠くない・・・

2016100957.jpg
Blue Point Grilleというお店

とにかく相方はシーフードが食べたかったようで、シーフードにこだわって探してみましたよ。

2016100956.jpg
↑店内はこんな感じ

ちょっとお上品な感じのお店で、THEカジュアルな服装だった我々は大丈夫かな・・・って心配したけど、快く入れてくれました!!

2016100950.jpg
↑4種の生牡蠣

カナダのプリンスエドワード島のが一番おいしかった。
期待したブリティッシュ・コロンビアのはちょっと拍子抜けだった・・・

2016100951.jpg
↑私のメインは、Jumbo Coldwater Lobster Tail

久々のロブスターです!!
おいしかった~~~~

2016100952.jpg
↑相方のメインは、Nag’s Head Grouper for my hubby

Grouperって何??って思ったらハタでした。

こちらもとてもおいしかったそうですよ。

と・・・

2016100953.jpg
↑Château d'Yquem(シャトー・ディケム)のワインの高さに相方あんぐり!

もちろん、オーダーしてませんが・・・

2016100954.jpg
↑デザートはブラウニー

アーミッシュのお店でデザートがガッツリ系だったので、こちらは最初っから二人で1つをシェアーすることに。
ちなみに二人で1つでちょうどよかったかも。。。

やっぱアメリカのデザートは甘い!

2016100955.jpg
↑エスプレッソはちょっとルンゴ(水が多い)だったけど、まぁまぁこんなものでしょう

全体的に、サービスもフードもよくて、とても満足のいったお店でした。

2016100958.jpg
↑ダウンタウンのライトアップを眺めながら、クリーブランドを後にして帰途につきました

今回のアーミッシュ・カウントリーの旅は急に決めて下調べができてなかったので、やや不満の残る旅でしたが、まぁそれなりに楽しめた気がします。

今度戻ってくる時は絶対に日曜を避けようと誓った相方と私でした(笑)。



Blue Point Grille
住所:700 West St. Clair Avenue, Cleveland, OH 44113
電話:216-875-7827
営業:こちらでご確認を



Ohio Amish Countryへの旅
・『Ohio Amish Countryへの旅~ずっこけな初日』はこちら
・『Charm Family Restaurant @ Charm』はこちら
・『Ohio Amish Countryへの旅~2日目もドタバタ・・・』はこちら
・『Ohio Amish Countryへの旅~アンティーク市編』はこちら
・『Ohio Amish Countryへの旅~Guggisberg Cheese編』はこちら
・『Chalet In The Valley Restaurant』はこちら
・『Ohio Amish Countryへの旅~世界一大きな鳩時計編』はこちら
・『Ohio Amish Countryへの旅~Cleveland編』はこちら
・『Blue Point Grille @ Cleveland』はこちら

Ohio Amish Countryへの旅~Cleveland編

※『Ohio Amish Countryへの旅~世界一大きな鳩時計編』からの続きです。

アーミッシュ・カントリーは日曜は閉まっていて行くあてがなくなっちゃったので、急きょCleveland(クリーブランド)に行ってみることにしましたよ。

2016100938.jpg
↑ダウンタウン

2016100939.jpg
FirstEnergy Stadium

このスタジアム、エリー湖を望む感じでとてもいい立地!
ちなみに、Cleveland Brownsというフットボールチームのスタジアムだそうです。

2016100940.jpg
↑ダウンタウン

2016100941.jpg
↑入りたかったGreat Lakes Science Center(グレート・レイクス科学センター)

もちろん行った時間が遅いので入れませんでしたが・・・

2016100942.jpg
↑Willard ParkにあったFreeというハンコのオブジェ?!

2016100943.jpg
↑こちらも入りたかった、Rock & Roll Hall of Fame(ロックの殿堂

2016100944.jpg 2016100945.jpg
Tower City Center(タワー・シティー・センター)はとても目を引く

2016100946.jpg
↑↓The Mallと言う名の公園
2016100947.jpg 2016100948.jpg

と、陽もどっぷり暮れてきたので、夕食でも・・・ってことになり、目星をつけたお店がある・・・

2016100949.jpg
↑East 4th Stree周辺へ

日曜だし、お魚料理(高め)だし、大丈夫かと思いきや・・・

満席で1時間以上待ち!!

この後、ピッツバーグまで戻らないと行けないのでこのお店は断念。。。

この後、必死でお食事処を探すことになりました・・・

Ohio Amish Countryへの旅~世界一大きな鳩時計編

※『Chalet In The Valley Restaurant』からの続きです。

アーミッシュの村(町?)の1つに・・・

2016100933.jpg
↑世界一大きな鳩時計がある!

※英語ですが、こちらをご覧ください。

もちろん見に行きました(笑)。

と言うのも、11年ほど前にドイツの黒い森に行った際、そこにも世界一大きな鳩時計があったのです(こちら)!

一体どこの鳩時計が世界一なのか・・・と興味津々で見に行きました。

2016100932.jpg
↑こちらがそのオハイオ州にある世界一大きな鳩時計

2016100934.jpg
↑↓0分と30分になると仕掛け時計が作動して楽しい
2016100935.jpg

こちら、Sugarcreek(シュガークリーク)という村(町?)にありましたよ。

果てさてどちらが大きいのか

ちなみに日曜と言うこともあって村(町?)は静まりかえってました。

2016100936.jpg
↑↓一風変わったお店もあった
2016100937.jpg

ネットで見たりしても世界一を名乗り鳩時計は色んなところにあるようで、本当に世界一はどれなのか、ますます悩ましい・・・

Chalet In The Valley Restaurant

※『Ohio Amish Countryへの旅~Guggisberg Cheese編』からの続きです。

アンティーク市を見て、チーズを買って、ちょっとお腹が減ったね~~~ってことになった。

周りは閉まってるところが多いし、ちょうどこのチーズ工場経営のレストランが目の前にあったので、そこでお昼をとることにしましたよ。

2016100926.jpg
Chalet In The Valley Restaurant

実は前の晩、夕食の後にこの前を通って、ちょっと興味がわいていたのです。

2016100927.jpg
↑シャレーという店名通り、お店はシャレー風

2016100928.jpg
↑ちなみに郵便受けもシャレー風(笑)

どうも日曜はビュッフェ形式のランチでした。

2016100929.jpg
↑こんな感じ

結構ガッツリな感じだけど、ふと背後のアメリカ人家族を見ると・・・

肉・にく・ニク

な感じも何度もおかわりされていたあっぱれ度!

いや~、そんなに肉ばっか食べれんわ・・・

2016100930.jpg
↑中はこんな感じ

と、この度、気づけばこの辺りにいるアジア人というか有色人種私だけ?!?!

このレストランでもガン見されてました、私・・・・

ちなみに通る道沿いのお庭にはトランプ氏サポート(まだ選挙前でした)の看板がずら~~~~っと並んでたなぁ。

2016100931.jpg
↑私はこっちを見てたけど。。。



Chalet In The Valley Restaurant
住所:5060 State Route 557, Millersburg, OH 44654
電話:(330) 893-2550
営業:3月~10月 火~土 11:00~20:00/日 11:00~15:00
   11月~12月 火~木 11:00~19:00/金・土 11:00~20:00/日 11:00~15:00
定休:月曜
休業:12月中旬~2月

Ohio Amish Countryへの旅~Guggisberg Cheese編

※『Ohio Amish Countryへの旅~アンティーク市編』からの続きです。

アンティーク市を後にして、ひたすらこんな道↓を走っていると・・・
2016100915.jpg
※とにかく坂!
 夜は街頭もないし、バギーが坂の向こうにいたりして、ちょっと怖い・・・

2016100917.jpg
Guggisberg Cheeseというチーズショップが!

2016100918.jpg
↑↓スイス・チーズのお店らしいたたずまい
2016100919.jpg

2016100916.jpg
↑お庭には池なんかもあった

この辺りは日曜は閉まっているところがほとんど。
そんな中開いていたので、入ってみることにしましたよ。

2016100920.jpg
↑チーズがどっさり!

まぁ、チーズ・ショップなので当然ですが(笑)。

2016100921.jpg
↑お店の人の衣装(制服)もスイス風

何気にスイスにいたけど、こんなTHEスイスっぽいところ、行ったことなかったなぁ(爆)。

ここでは色々とお味見もさせてくれます。

ほんと普通~~~~~のスイスのチーズの味って感じ。
しかしこの普通がアメリカではとても貴重です!

と言うことで・・・

2016100922.jpg
↑お買い上げ~~~!

と、1つはゴーダってオランダ・チーズだよねぇ・・・

すべてここで作っているチーズだそうです。
そして、アメリカ(なのかなぁ・・・)のチーズ・コンクールとかでも賞をもらったりしてるみたいですよ。

買い物を済ませてお庭に出ると・・・

2016100923.jpg
↑ミニ・スイスって感じ

もちろん、我々が住んでたところの風景は一切ありませんが(爆)。

2016100924.jpg
↑シャレーっぽいのもあった

そして・・・

2016100925.jpg
↑相方写真撮るの下手~~~

ちらっと女の子の顔のくりぬきに写ってるのは私の服です・・・



Guggisberg Cheese
住所:5060 State Route 557, Millersburg, OH 44654
電話:(330) 893-2500/1-800-262-2505
営業:11月~3月 月~土 8:00~17:00
    4月~10月 月~土 8:00~18:00/日 11:00~16:00

Ohio Amish Countryへの旅~アンティーク市編

※『Ohio Amish Countryへの旅~2日目もドタバタ・・・』からの続きです。

すったもんだでやっとこさ、アンティーク市へ↓
2016100913.jpg

2016100904.jpg
↑何とものどかな雰囲気

そしてアーミッシュらしき人たちは一切見かけない

でもせっかくなので、気を取り直して覗いてみることに!

2016100905.jpg
↑多分裁判所

その前では・・・

2016100906.jpg
↑ちょっとした生演奏なんかもあった

色々な屋台みたいなのも出てたのですが・・・

2016100907.jpg
↑ストロンボリとチーズケーキはどういう関係?!?!

そしてアーミッシュの村(町?!)らしく、

2016100908.jpg
↑駐馬場もある!!

2016100909.jpg
↑アンティーク市はゆる~~~い感じ

2016100910.jpg
↑かわいい聖歌隊の後ろにちょっと怖い人形・・・

このコントラストが何とも言えずにちょっと写真を撮ってみましたよ(笑)。

2016100911.jpg
↑サングリアとかするのに、よさ気なセット

本当は欲しかったけど、割れ物はなるべく買わないようにしてるので、断念。。。

2016100912.jpg
↑エルビス・ワイン?!!

お味はどうなんだろうか・・・

結局何も買わないで、見るだけに・・・って思ってたのに。。。

2016100914.jpg
↑何か目がひかれて買っちゃった(笑)

結局アーミッシュの人たちは見かけませんでした。

そしてここを後にする際に気づいたのですが、どうも目玉はこの後に行われるクラシック・カーのパレードのようで、出発する頃には交通規制が始まってて、人々もメイン・ストリートに陣取り始めていました。

見ようか・・・って相方とも相談したけど、その後のスケジュールもあって、断念。

やっぱきちんと予定を立てて戻るべき場所だ!!

Ohio Amish Countryへの旅~2日目もドタバタ・・・

※『Charm Family Restaurant @ Charm』からの続きです。

明けて翌日の日曜・・・

アーミッシュ系のお店は本当にほぼどこも閉まってる感じ

せっかく来たのに、どうする?!ってことになった。

前日に夕食を食べたCharmという町はアーミッシュの人たちが住む村(町?!)の中でも大き目のところっぽい情報をGETしたので、そこでやっているアンティーク市に行ってみることにしましたよ。

もしかしたらアーミシュの人たちがアンティーク市にいるかも・・・って一筋の希望の光で・・・

が、町に到着してすぐに・・・

相:トイレ~~~~~!!!

そう、これまた毎度のことなのですが、あんなに出発前に

G:トイレ行っときや!!
相:いや、行きたくない!!
G:行きたくなくっても、行っとき!!
相:いや、行かん!!

と、相変わらず幼3(永遠の幼児3歳)な発言をしまくっていた相方。

嫁はその後の状況が手に取るようにわかっていたので、そう助言したのだが・・・

そしてやはり嫁が予言したとおり、着いて早々にトイレ探しとなる

まったく土地勘のない場所でのお手洗い探し・・・

ふと、量販店の看板を発見!

そちら方面に向かってみることにした。

相方がようを足している間・・・

2016100901.jpg
↑またバギーの駐車(馬?)場を発見!

ちなみにこの写真だけ見てるとのどかな感じだけど・・・

2016100902.jpg
↑実際は広大な車の駐車場のほんの一画にあるバギー駐車(馬?)場
※向かって右手がバギー用です。

この写真はバギーの駐車(馬?)場が入るように・・・と写真を撮ってますが、向かって左は延々と車の駐車場ですよ。

ふと見ると・・・

2016100903.jpg
↑遠くにアーミシュの親子

後姿だったし、遠くだし・・・と勝手に写真撮っちゃいました、ごめんなさい

相方も落ち着いたことだし、さて、アンティーク市に向かいますよ~~~!!

Charm Family Restaurant @ Charm

『Ohio Amish Countryへの旅~ずっこけな初日』からの続きです。

たまたまバギーの駐車場に遭遇して、このレストランに入ってみようということになった、Charm Family Restaurant
2016100804.jpg

どうやらこちら、アーミッシュの人が運営しているレストランのようです。

中は至ってシンプルな感じで、お店の人たち(女の人しか見かけなかったけど・・)も皆さんアーミッシュの人たちの装い。

凄くかわいいウエイトレスさんがそんな服を着てたので、写真を撮らせてくださいってお願いしたけど、どうもアーミッシュの人たちは写真を撮られるがイヤみたいで、撮影は辞退した。

知らなかったのです、イヤだってこと・・・

もとい!

相方がチョイスしたメニューには付け合せを2種選べるようになっていた。

ポテト好きな相方はマッシュドポテト!!といち早く申し出たが・・・

店:すみません、マッシュドポテトだけもう売り切れで・・・

で、相方ちとがっくり(笑)。

で、少し気になっていたのか・・・

2016100805.jpg
↑フレッシュチーズをチョイス

本当に普通にシンプルなお味(これ、アメリカでは困難!)で牛乳のおいしさを感じるフレッシュチーズに相方好印象!

2016100806.jpg
↑私はビーフのサンドイッチにした

結構なボリュームで出てきてちょっとびっくりしましたよ

こちらもシンプルに調理されていて、お肉のおいしさを感じるサンドイッチでした。

アーミッシュの人たちの生活ってシンプルらしいけど、お料理もシンプルで何気に我々にはとてもありがたいお店かも!!

2016100807.jpg
↑相方はポークのロースト

こちらも本当にシンプルにお肉のおいしさを味わえる一品で、相方はご満悦。

ちなみに奥ももう1つの付け合せのニンジン。

どれもこれも我々好みのゴタゴタしたソースなしの素材重視の調理で本当に嬉しかった。

ただ!!

アルコールなし!!

これ、結構我々にはダメージかも

こういうおいしいお料理にはちょっとワインを・・・ってついつい思っちゃうんだけど。。。

2016100808.jpg
↑〆のデザートはガッツリ系

それまでのお料理が結構ボリューミーとは言えシンプルだったので、気を良くして1人1つにしたけど、結局二人とも半分も食べ終えることができんかったので、2人で1つでも十分だったね・・・ってことになった。

ちなみにこちらが一番軽めのデザートだったはず・・・

その後はやっぱちょっと飲みたいねってことになり、ホテルで紹介してもらったビール醸造所がやってるJAFB Wooster Breweryというお店へ。

ここにはその醸造所が造ってるビールしか置いてないのですが、結構な種類。

2016100809.jpg
↑なので違う種類のをオーダー

普通においしい!

ビールもなかなか普通においしいビールに巡り合えてなかったので、なんだかとってもいい気分!

ドタバタで決めた今回の旅行で、観光はやや肩透かしだったけど、飲食に関しては好印象の初日夜となりました。



Charm Family Restaurant
住所:4450 State Route 557, Charm, OH 44617
電話:(330) 893-2717
営業:6:00~20:00
定休:日曜


JAFB Wooster Brewery
住所:120 Beall Ave, Wooster, OH 44691
電話:(330) 601-1827
営業:こちらをご覧ください

Ohio Amish Countryへの旅~ずっこけな初日

どこかへ行こうと計画を立てたものの、さてどこに・・・でかなりすったもんだした。

最有力候補だったデトロイトは、治安があまり良くないし・・・ということで却下!

じゃあ、どこに で急浮上したのが、Ohio Amish Country(オハイオ・アーミッシュ・カントリー)!

ほんと出発当日に急に決定したのが、この度最大の後悔となる。
と言うのもきちんと知ら調べが行き届いていないかったから。。。

まず、オハイオ州は私たちが住むペンシルベニア州の西隣にありますよ。
MappaAmerica.jpg
※画像はWikiさんより拝借

うちの州もなのですが、お隣のオハイオ州にもアーミッシュと呼ばれる自給自足生活をしているドイツ系移民の人たちがいらっしゃいます。

ジェネレーション・ギャップもありますが、随分昔にハリソン君(関西人的にはハリソン・フォードはハリソン君。昔、ツーカーホン関西のCMに出ていたのです。)が主役と務めたこちらの映画↓
刑事ジョン・ブック 目撃者 [Blu-ray]

こちらは私が住むペンシルベニア州が舞台になっていますが、アーミッシュの人たちの生活ぶりがうかがえる作品です。

アーミッシュ・カントリーと言っても、彼らの居住地は点在しているようです。
こちらの地図をご覧ください。

そそくさとレンタカーしたものの、そこから毎度のごとくわが家のバットマン相方は・・・

相:お昼家で食べてから行こうかなぁ・・・

とか、何とかで結局この日も出発は。。。

Batman_Robin.jpg
↑ガッツリバットマン・タイム!!

そう、下調べ不十分な上にバットマン・タイムの出発により・・・

2016100801.jpg
↑閉まってる・・・

さらにすっかりアメリカ生活になじんで()忘れてましたが、こちらの人たちは元々スイスからいらっしゃった方が多いようで。。。

日曜は終日OFF!!

ちなみに出発は土曜日でした。

そう、まさに何しに来たのやら・・・な状態と相成りました

しかしこちらはアーミッシュの町!

2016100802.jpg
↑バギーと呼ばれる、一頭立て四輪馬車が!!

その横を車で通り過ぎて行くのは何友不思議な感覚でした。

通りすがりにふと見ると・・・

2016100803.jpg
↑バギーの駐車?駐馬場?!!

よく見るとレストランみたい。

せっかくなのでこちらのレストランに入ってみましたよ。

Noodlehead @ Pittsburgh

ハウスキーピングの日に外でランチをしましたよ。

以前から気になっていた、Noodleheadというお店。

スーパーに行くのに、量販店に行くのに、はたまたワインを買いに行くのにこの前をよく自転車で通り過ぎていたのですが、いつも人が並んでいる印象。

行った時間がランチの時間からかなりはずれていたので、待つことなく着席。

201610057.jpg
↑Street Noodle 2というのをオーダー

エビのフライ(メニューには天ぷらって書いてたけど、天ぷらじゃ~ないなぁ・・・)が乗ってました。

お味は至って普通。

お値段は9ドルプラス税なので、まぁまぁ良心的な方でしょう。

この普通でお値段良心的と言うのが、人気の理由なのでしょうか。

まぁ、また戻ってもいいかなって気はしてるけど、ある日金曜の夕方ぐらいに通った時、すご~~~~~い長蛇の列。

この時みたいに、すんなりと入れたらいいけど、そこまで並んで食べたいかというと微妙な気がしないでもないけれど。。。

時間を外してあまり待たない時を狙うことにしよう!

その後お友達に聞いてみたところ、やっぱお友達間でも人気の高いお店のようでしたよ。



Noodlehead
住所:242 S Highland Ave, Pittsburgh, PA 15206
電話:無し
営業:12:00~22:00
備考:支払いは現金のみ
   アルコール類の販売なし
   (持込み可。持込み料あり)

ピッツバーグについて~その2

特にその2を書くつもりはなかったのですが、『ピッツバーグについて』で書いてなかったことを少し・・・

ピッツバーグは大学と病院の町という感じなのですが、かのGoogleもありますよ。

もちろん、グーグルの本社はカリフォルニアなのですが、ここピッツバーグにもオフィスがあるようです。

ピッツバーグは色々なエリアに分かれていて、Bakery Square (ベーカリー・スクエアー)というエリアにありますよ。

201610055.jpg
↑オフィスが入ってるビル

この近くのスーパーに行ったりもするので、ここって何なのかな??って思っていたら、お店やオフィス、ジムなどが入っているビルでした。

そしてそんなテナントの中の1つにグーグルもありましたよ。

覗いてみたいな~って思ったけど、どうも普通には入れない感じ。

そう言えば、相方はここで働いてる人に連れてってもらって中を見たって言ってたな~と思い出しました。

残念!!

iNoodle @ CMU

基本、毎日お弁当を作っています。

正確には毎朝いちから作ってます。

普通、前の晩の残りを詰めて・・・なのですが、わが家は・・・

残らない!!

ちょこっと手を抜こうと、前の晩に大目に作っても・・・

残らない!!

相方は食べるのが好きなので、あったらあっただけ食べてしまうのです・・・

で、大目に作ると

相:なんでこんなに作るねん!
  食べ過ぎた~~~~!!
G:お弁当の分もって言うたやんかっ!!

となるので、もう大目に作るのは諦めました

稀~~~になのですが、寝坊をしてしまう私・・・

それも相方がちょっと早く行かないといけない日に限って寝坊

そんな時、相方は買い弁をするのですが、今のところ稀に食べるからなのか、お気に入りがiNoodleというところらしい。

相:まだまし~~~!

ってんで、一度一緒に買い弁(私はお弁当必要ないんだけど・・・)してみましたよ↓
201610042.jpg

これは私たちチョイスの照り焼きチキン&お野菜で、下は麺になってます。

メインもチキン以外にもお魚とか色々ありました。

下の麺も、麺以外に、白いご飯とか雑穀米みたいなのとかありました。

ただ、日本のお米じゃないので、ご飯は日本人的には微妙な感じ。。。

お野菜が生気味なのもちょっと気になった。

まぁ、ほんとたま~~~~に食べてもらうには、野菜も穀類もお肉も入ってるからいいかなと思ったけど、頻繁にはちょっと微妙かなぁ・・・

と言うことで、寝坊をしないようにしないとなと反省・・・・
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。