スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋とハロウィン

※続きに追記ありです。

今日はHalloween(ハロウィン)ですね。

最近日本でもかなり浸透してきてるのでしょうか。

アメリカではもう10月に入る前からハロウィン準備に大忙しって感じです

201610158.jpg
↑スーパーの入口

とにかくどこのスーパーに行ってもカボチャ売り場が目に付く!!

お散歩なんかしてると、これらのカボチャを使って、玄関先をデコしてる家がいっぱい!!

20161009.jpg
↑こんな感じ

他にももっと盛ってるところもありますよ。

さらに、このカボチャ系以外にも、こんなのも↓
20161020.jpg

墓石に書かれている「R.I.P.」はラテン語で“Requiescat in Pace(安らかに眠れ)”という意味らしいです。

偽物とは言え、自分の庭にこんなに墓石があるって気持ち悪くないのかしら・・・と思う私はやっぱ日本人ですね(笑)。

さらに別のスーパーでは・・・

201610056.jpg
↑赤ちゃんの衣料品もハロウィン・モード!

もちろんこれ以外にも子供ちゃん用~大人用まで仮装グッズなどなどがいっぱい売られてましたよ。

お天気がいまいちだったので行きませんでしたが、パレードなんかもあったようです。

この辺りまでは、まぁハロウィンを知らない私でもまぁまぁ想像がついていた範囲内!

が、こちらにきて、えっ?!そんなのも???ということを少しご紹介!!

Bobbing for apples(リンゴ食い競争)

 なぜ?!って言葉しか出てこないけど、やるらしいです(笑)。
 ちなみに聞いた話では、たらいに入れる水の代わりに、ビールを入れると言う大人バージョンをやったりする人もいるらしい・・・

・ホラー映画を観る

 これもなぜ?!だけど、そうらしいです。


しかし、ハロウィンにあまりなじみのないわが家!

なのでハロウィンと言うよりも、秋を楽しんでいるって感じです

この辺りも結構楓や、紅葉する樹木が多いんですよ。

201610013.jpg
↑10月初旬の落ち葉の色

それが2週間もすると・・・

201610143.jpg
↑赤く染まった落ち葉が大半を占めるように!

やっぱデコのカボチャよりも紅葉に心を惹かれる自分ってつくづく日本人だなと思います(笑)。

そしてそんな自然の移り変わりに心惹かれる日本人って、何とも素敵だな・・・と最近本当に思います。

日本を離れると日本の良さ、日本人の良さがを強く感じるこの頃です。


続きを読む
スポンサーサイト

買い出し!~パート2

日々、食材やら日用品の買い出しに奔走しているのですが、そんな買い出し商品のいくつかを・・・
※パート1はこちら

201609145.jpg
↑リュックサック

実は日本で買ったのを相方に取られ、その後相方はそれが古くて汚くなったのでイタリアで新しいのを購入した際に返却してくれた・・・

それ、まぁ使わないかとこちらに持ってこなかったのですが、基本買い出しの移動手段は自転車!

これがないと大量の買い出し商品を運べない(何度も往復するのがイヤ!)ために購入。

ちなみにこれ、とても安かったのですが軽くて使い勝手がいいために、さらに相方に取られそうになったけど、死守しました!

何でも私の持ってるものが欲しい相方

そしてこのリュックを買ったお店で・・・

201609156.jpg
↑ハリー・ポッターのぬり絵を発見!!

こちらでも流行ってるのかして、スーパーなんかでもぬり絵をよく目にしますよ。

でもハリー・ポッター版は初めて見たかも。
ちなみに購入はしていません(笑)。

日本ではひと昔前にボケ防止に・・・・(だったと思うんだけど)と大人のぬり絵がブレイクしましたよね。

イタリアではリラックスのために・・・と一昨年去年あたりよく本屋さんで目にしました。

こっちってどんな効果を期待してのぬり絵なんだろう。。。

このストーリーものをぬり絵でって言うのは、子供のころやってた類と似てる気がするんだけど。
と言うことは遊びの一環?!!

そうそう!!

買い物と言えば、こちらでは相方がラブ~~~~なヤクルトは2週間に一回仕入される。

と言うことでこの仕入日はわが家ではヤクルト大量購入日!

とある購入日にいそいそと東京商店さんに向かうと・・・

配送会社の手違いで

ヤクルトが配達されてなかった!!!


OMG!!!!

まぁ余分目に買っていたので2~3日はしのげるか?!って感じだったのですが、どないしよ~~~です。

お店の人は配送会社にクレームを入れて配達日以外の日に配達してくれるように交渉するとのこと!
事実、3日後に配送されたのですが。。。

この時点では、"Yakult ongi giorno(毎日、ヤクルト←イタリアのヤクルトのCM"の旦那どのはお怒りを回避するべく、旦那どのの好物、マグロの刺身を購入↓
201609165.jpg

持ってくるのを忘れた巻きすもついでに。。。

ちなみに通常時のわが家の東京商店さんでの買い物は・・・

201609201.jpg
↑隠れてますが、ヤクルト7パックが基本!

家でお好み焼きしようとお好み焼き系の材料も調達しました。

ちなみに手前のお弁当は東京商店さんが作ってるお弁当で、これが結構おいしい!

行ったタイミングであれば2週間に1度の自分へのご褒美(作らないけどおいしくいただける!)として。。。

China Palace @ Pittsburgh

恒例、ハウスキーピング・デーだった水曜に、外ランチをすることに。

この日は何気にこちらに来て初の中華をチョイスしましたよ。

行った先は、ホテルから程遠くない、China Palaceというレストラン。

201609141.jpg
↑久々のウーロン茶

ランチのセットにしたので、

201609142.jpg
↑まずはスープが出てきた。

確か、サラダかスープがチョイスできたように記憶。

201609143.jpg
↑メインはカシューナッツとエビの炒め物

なんか炒め物をした後にトッピングでカシューナッツののっけたって感じで、カシューナッツはドライなまんまだった。
こういうもの???

ご飯は私がちょっと苦手なパサパサの味のないご飯だったので、残してしまいました。
ごめんなさい!!

ホテルにはキッチンがついていて、基本自炊なのですが、お米は日本米を使っているので(アメリカでつくられてるけど)、もちっと感がないとちょっと苦手。。。

201609144.jpg
↑最後はフォーチュン・クッキーつき

サービスは悪くない。
お味は至って普通。

再訪するかどうかは微妙かなぁ・・・



China Palace
住所:5440 Walnut St, Pittsburgh, PA 15232
電話:(412) 687-7423

大学のカードをGET!

9月の中旬に相方が働く大学の施設にアクセスできるカードを作りに大学へ!

201610144.jpg
↑こちら多分大学のシンボル?!!

大学の正面玄関入ってすぐに目に飛び込んでくる。

最初、サーカス的なことをしてる人がいるのかと思ってしまったけど(爆)・・・

この大学が発行しているカード、有料ではあるのですが、持ってると大学のジムや図書館、そして大学のシャトルバスなdんかが使えるのです。

201609161.jpg
↑たまにお世話になってる大学の図書館

せっかく大学に行ったので、相方と一緒にコーヒーでも飲んで・・・・と。。。。

201609121.jpg

201609122.jpg
↑何とな~く嫌な予感の私はカプチーノに逃げた

ちなみにお隣のクッキーは相方のです。

201609123.jpg
↑いまひとつ無垢な相方はエスプレッソ

う~~~ん、やっぱルガーノ同様、コーヒー(エスプレッソ)は家でだなぁ・・・と言うお味

なんか異常に酸味が強すぎるのです。

結構人気店みたいで並んでた(まぁ作業が遅いというのもあるんだけど・・・)から、おいしのかと期待したのですが・・・・

ちなみにクッキーもTHEアメリカンなお味でした。

この日以来、家でエスプレッソを多めに作ってサーモスに入れて持って行ってる相方です。

鉄板焼 京都 @ Pittsburgh

自転車で行ける距離内に、リピートしたいレストランを発見しようと週末はちょくちょく外食。

在ピッツバーグの日本人の方が運営されているサイトで見つけた日本人経営の和食の別のお店に行ってみることにしましたよ。

鉄板焼 京都というそのお店は、自転車で15分ぐらいのところにあって、なんとお好み焼きが食べれるらしい!!

201609091.jpg

大阪人の私てきには京都とお好み焼きはいまいち結びつかないけど(笑)、久々にお好み焼きを~~~~とテンション な我々(笑)。

201609092.jpg
↑まずはビール

こちらの日本のビールは日本製ではないみたい!!
製法を日本から輸入し、製造はアメリカでやってるんですって

サッポロが一番日本のビールっぽいって噂を聞いて、サッポロ・ビールに。
でも日本ではほとんどサッポロって飲んだことないから味の違いがよくわかんなかったけど(笑)。

201609093.jpg
↑相方は久々のお酒

多分お酒もビール同様、ほとんどがこちらで造られてるものっぽい。

鉄板ものなので、ここはビールでしょ~~~って言ったけど、どうしても飲みたかったみたい。

しかし結局は私のビールを横取りしていた相方なのですが(笑)・・・

201609094.jpg
↑これまた久々の枝豆

ちょっと固めな感じ。

201609095.jpg
↑相方大好きの揚げ出し豆腐

そして!!

201609096.jpg

久々のお好み焼き・・・のはずが二人して広島焼きにしてしまった(笑)。
でももやしが入ってなかったなぁ・・・

お味は普通な感じ。

相:家のがおいしいかも・・・
  家でしてくれる?!

と、その後、和食材屋さんで材料調達して家でお好み焼きをつくることとなる(爆)。

ちなみに家では大阪風のお好み焼きにしましたよ。

さらに相方が・・・・

相:もうちょっと何か食べたい・・・
  何か選んで!!
  お酒があるし。

で・・・

201609097.jpg
↑サバの塩焼き

これは凄くお好みのようだったようで、ペロリと一人で平らげた相方!!

201609098.jpg
↑デザート

私は抹茶チーズケーキ、相方は抹茶アイス。
チーズケーキはややガッツリ系だった。

201609099.jpg
↑お店には鉄板がある

お客さんは半分中国の人(中国語が聞こえた)、半分アメリカ人って感じでした。

後でよそで聞いた話では、オーナー(が旦那さんなのか、奥様なのかは???)の奥様が京都出身の日本人の方らしい。
なのできっとお店のネーミングに京都が入ってるのでしょう。

他にも鉄板焼きのメニューなんかがあって、それらも試してみればよかったなと思いました。
でもお好み焼きはやっぱ大阪人の私が作る家のかなぁ(爆)・・・



鉄板焼 京都
住所:5808 Bryant St., Pittsburgh, Pennsylvania 15206
電話:(412) 441-1610
営業:ランチ  火~土 11:30~14:00
    ディナー 火~木17:00~21:30/金・土 17:00~22:30/日 17:00~21:00
定休:月曜

Pleasure Bar @ Pittsburgh

ホテル住まいにつき、お掃除はハウスキーピングの人がしてくださいます。
とは言え、ロングステイなので、ハウスキーピングの日は週に1度。

この日ははハウスキーピングだったので、要外出!

まずは食材の買い物をして、外ランチをすることに。

たま~に行くイタリア食材屋さんの近くにレストランを発見!

前回イタリア食愛屋さんに行った際に覗いてみたら、閉まってたのですが、この日は開いてました。

そのお店はPleasure Barというお店でした。

201609072.jpg
↑すっかり失念してたけど、こっちはまずサラダが出てくる

イタリアではまずないです。
もちろん、そういう風にしてくれとオーダーすれば可能ですけど。

サラダをオーダーした際・・・

店:ドレッシングは?

久々に聞かれて動揺(爆)。

まずイタリアでは絶対に聞かれない質問です、これ!!

どぎまぎと

G:オリーブオイルとお酢と塩胡椒で・・・

とっても変な顔をされちゃった(笑)。

そう、アメリカではまずこのドレッシング(じゃないし)はない!!

持ってきてもらったオリーブオイルとお酢と塩胡椒と味付けしたものの、やっちまった感満載。。。。

このイタリアでは基本の食べ方は、まずお野菜がおいしいこと、そして何よりもオイルがおいしいことが前提なのです。

こちらのお野菜はやっぱ味が薄いというかいまいち。
オリーブオイルも残念な感じだったし・・・

201609073.jpg
↑プリモ(パスタ)は、マーニコッティ

クレープ生地(甘くないやつ)の中にリコッタチーズなどが入ってるらしい。
上のトマトソースがカゴメ・トマトソースっぽい味(甘い!)。

普通のパッサータ(イタリアのどこのスーパーでも売ってるトマトソース。トマト以外の具材は入ってなくて、ほんとただのトマトソース)をなかなか見かけないんだよなぁ、こちら・・・

ちなみにこのレストランがあるエリアはピッツのリトル・イタリーと呼ばれる地域らしい。

しかしイタリア感はほとんど感じなかったなぁ・・・

やっぱアメリカなんだと痛感。。。。

アメリカでの通信手段

今やLine やWhatsApp、そしてSkype などの普及であまり有料で電話をかける機会が少なくないですか

なのでスイスにいた時も、そしてイタリアに短期滞在したり、日本に中期滞在する時も常にプリペイド携帯を利用していた私。

電話会社によっても違うのでしょうが、スイスで利用していた携帯電話は、最後に電話をかけるなり、SMSを送信するなり、使用した(アクションがあった)日から1年間有効みたい。

なので、多分まだ私のスイスの電話は利用可能な状態だと思います。
使ってないし、電源すら入れてませんけど。。。

そしてイタリアの携帯は、課金した日から1年間有効。
こちらに来る前に空港で課金してきたので、こちらも有効&イタリアの携帯はスマフォなので実はこちらアメリカでも使ってます。

ちなみにベルギーにいた時もこのタイプ(課金から1年間有効)だった(電話会社は違います)。
なので、EU諸国はこれ系が多いのかしら。。。

日本の携帯は、60日間有効でした。

そう思うとヨーロッパのプリペイド・システムはあまり電話を使用しない人にはとても便利。

アメリカでもほぼ使うことないので、このヨーロッパ型のがあればそれにしようと思ってました。

が・・・

そもそもプリペイドの概念が違う!!

確かにプリペイドとはプリ(あらかじめ)ペイド(支払った)という意味なので、先払いということなのですが、こちらは月額の電話料金をまさにプリペイド(先払い)するか、後で使った料金を支払う(ポストペイド)かという選択肢しかないみたい。

もしかしたら探せばあるのかもだけど、在米のお友達に聞いてもどうもヨーロッパ型のプリペイド電話はない様子。

早々に相方は月額50ドルか60ドルかのプランを申し込んでしまっていた(苦笑)。

相:お前も同じ携帯会社にすれば?!

って言われたけど、

G:私はまず使わんし、もったいな過ぎるから、
  しばしお待ち!!

で、保留にしていた。

だって、ローカル電話はホテルの部屋電から無料。

恐らく一番使うと予想されるのは、外で相方と会う際に「早くこい!」と私が催促するパターン。

相方とはLine 、WhatsApp、そしてSkype でつながってるので、要はネットさえあれば事足りる。

と言うことで・・・

201609046.jpg
↑VerizonのWi-Fiルーターを購入

この機器プラス、月額プランを申し込んだ方がかなりお得。

ちなみに私は60日で35ドル(2GB)のプランを使用。

そう、相方の月額よりもかなりお得なのです。

結構フリーのwifiがあったりもするので、マジこれで充分!

さらに言うと、相方の携帯よりもカバー・エリアが広い気がする。

遠出をした時に頻繁につながらない相方の電話・・・

が、私のこのデバイスは機能しているのでイタリアのスマフォにてネットワーク通信しています。

今のところ、お友達ともWhatsAppとかでつながってるので外出時にも通信の不便がない。
なのでアメリカ滞在中はこれでいこうかなと思っています。

それにしても国によってプリペイドのシステムって違うんだな~と痛感しました。

Mercurio's Pizza and Gelato @ Pittsburgh

何度かブログでは書いていますが、私・・・

ピザ中毒

週に1度は食べたいのです。。。

が、この食べたいは、おいしいイタリアのピザが食べたいというのが正確な言い方で、マズイのはいらないです(笑)。

アメリカで提供されているピザはほとんどアメリカン・ピザ(当たり前!)。

私の好みのピザではないので、なかなか勇気が出ずにどこにも行けてませんでした。

そんな中、相方の同僚から・・・

同:Mercurioを勧められたけど。

と、聞いた。

なので早速行ってみた!

201609032.jpg
↑ちゃんと石釜もあり、ピッツァイオーロ(ピザ職人)もいる!!

これはいい感じか?!と期待が高まります。

201609033.jpg
↑私は確かPrimaveraにしたはず

トマトソース・ベースで、アーティチョークやキノコなんかが入ってましたよ。

相方もトマトソース・ベースのピザを・・・って思ってたんだけど、ウエイターの人にトマトソースじゃないのを強く勧められた結果・・・

201609034.jpg
↑確か、Fig and Goat cheese pizza(イチジクと山羊乳チーズのピザ)にしてたはず

お味はまぁまぁ普通な感じ。

しいて言えば、トマトソースがやや甘めかなって気はしたけど、アメリカで食べてると思えばまったく悪くはない。

この普通というのがここアメリカではかなり貴重だと学習済みだし。。。

ここはピザもだけど、ジェラートも有名だそうで・・・

201609035.jpg
↑デザートにジェラートをいただく

ジェラートもまぁまぁいい感じ。

またピザが食べたくなったら、再訪ありかなって感じのお店です。



Mercurio's Pizza and Gelato
住所:5523 Walnut St, Pittsburgh, PA 15232
電話:(412) 621-6220
営業:日   12:00~22:00
    月   13:00~21:00
    火~木 11:00~22:00
    金~土 11:00~23:00

手強し、イタリアン食材!!

食にについて、少し・・・

近所に日本の食材屋さんを発見して、和食に関してはスイス時代とは比較にならないぐらいに充実しています。

が・・・

イタリアンが意外と困難!!

いままではお買い物はほぼ全てイタリアで済ませていたので、イタリアの食材についてはまったく持って不自由を感じなかった(当たり前!)。
※ちなみにスイスで買い物を強いられた時は不満があったけど・・・

が、ここに来て、意外と本当のイタリアンを作る困難さにぶち当たっています。

諸説あると思いますが、わが家の中でイタリアンを作るに関して重要な3品は、

・塩
・トマト
・オリーブオイル

このうち、塩はトラーパニでもらったもの(こちら)を持ってきてるので、大丈夫!

オリーブオイルはこちらのオーガニック・ショップでイタリアのオイルを見つけて、まぁまぁ許容範囲内かなって感じ。

トマトは、これはまぁまぁいけるかな・・・って言うの1種類だけあって、それが目をむくほどの高額商品!!

さらにトマトつながりで言うならば、パッサータ(トマトソース)がない

正確には売ってるんです、こんなのが↓
201609031.jpg

でもイタリア人的にはこれはない

これって、ちょっと温めて茹でたパスタと絡めたら、はいできあがり系。

でも、普通のな~~んも入ってない、な~~~~んも味のついてないトマトソース(をイタリアではどこのスーパーにでも売ってます)が欲しいのです。

それがなかなかない・・・

オーガニックのお店で見つけたトマトソースはイタリアのっぽかったんだけど、味があんまおいしくないし、なんだかしゃぶしゃぶ(水気が多い)。

やや近くのイタリア食材屋さんでも上のソースが主流に売られてた。

トマトソース、イタリアではよく使うから、スーパーの自社ブランドのとかだと、1瓶1ユーロ前後ぐらいで売ってるんだけどなぁ。

そしてトマトソースのパスタをするのに、欠かせないバジルをオーガニックのスーパーで発見↓
201609061.jpg

実は最初行った時、売り切れで買えなかった

次回行った時によし!と購入!!!

見つけた瞬間カゴに入れて他の食材を見ていると、知らないおばさんが・・・

お:あら、いいの持ってるじゃない(バジル見て)!
G:あそこにありますよ。
  前回来たとき売り切れだったんですよ。
  でも今日はまだありましたよ。
お:いくらなの?
G:え~~~っと・・・
  知らないです、いるから買うので。。。
お:あら、値段も見ずに買うの?!
  すごいわねぇ、あなた!!!

って、言われて思わず値段見に戻りました(爆)。

イタリアで買うのと同じぐらいの値段だった。

そもそもこれがそんな莫大な値段するという観念がなかったので、ちょっと目が覚めました(笑)。
ふたをあければイタリアと変わらなかったけど。

しかし!!

今はホテル暮らし。
お庭がない(ホテルの庭というか駐車場はあるけど)!
そしてその駐車場に1日数時間しか日が差さない!!

と言うことで、こちらのバジル、4回ほど使った時点でご臨終になってしまいました(涙)・・・
もう、鉢のバジルは買わん!!

Point Brugge Café @ Pittsburgh

相方が少し離れたところにベルギー・レストランを発見!

早速行ってみることにしましたよ。

201609022.jpg
↑Point Brugge Café

結構混んでて、少し席があくのを待つことに。

201609023.jpg
↑久々のベルギー・ビールを飲みながら待つことに

ベルギー・レストランだけど、グラスはベルギーのようにビールごとにそのビールにあったグラスではなく、一律のグラスのよう・・・

ベルギー・レストランなので・・・・

201609024.jpg
↑ムール貝を食べることに

ソースはおいしいんだけど、貝自体は微妙・・・
THE冷凍なお味!

これがもし冷凍でないならば、さらに問題だけど(爆)。

これをオーダーしてる人は結構多かった。
そりゃ~、ベルギー・レストランとうたえば目玉商品の1つになると思う。

その目玉商品がこれじゃあねぇ・・・

201609025.jpg 201609026.jpg
↑やっぱビールは種類に限らず、グラスは一律

201609027.jpg
↑デザートのにイチゴ・ショートケーキをシェアー

サービスもお味も微妙な感じ・・・

う~~~ん、ここも再訪はない系かなぁ。。。

久々のお弁当

アメリカに来て間もなく・・・

相:お弁当を作って~~~~!!!
  外食は嫌だ。。。

と、急に朝言い出した

201609011.jpg
↑急遽有り合わせでつくった初お弁当inアメリカ

ホテルの水道、何だか変で数分お水をだしっぱにしてないと、最初、かなり熱いお湯が出るのです

時間がなく、急いでたもんだから、冷たいお水が出るのが間に合わず・・・

201609012.jpg
↑なんだか面長で、しょうゆ顔のドラえもんに

これ、たまごを茹でてから型に入れるのですが、決め手はすぐに冷水で冷やすこと。

それがうまく行ってないのでこんなことに。。。

201609020.jpg
↑翌日は気を取り直してパンダおにぎりに

大人のクセに何気にこのパンダおにぎりがお気に入りの相方(爆)。

この日をさかいにほぼ毎日お弁当作り。

と言うことで・・・

201609021.jpg
↑またまた東京商店で仕入れ!

ヤクルトは2週間に1回の仕入れにつき、2週間分大人買い(笑)。

いや~、近くに日本食材屋さんがあって大助かり!!

Tan Izakaya @ Pittsburgh

何だかず~~~~っとラーメンが食べたかった私。

ふと近所で"Ramen"なる字を目にしてふらふら~~~~っと入ってしまった。

2016083111.jpg

2016083112.jpg
↑白人の店員さんはいるけど、日本人の店員さんらしき人はいない

と、ちょっと嫌な予感。。。

気を取り直して、味噌ラーメンをオーダーしてみることに。

G:味噌ラーメンを1つお願いします。
店:ソバにしますか、ウドンにしますか?
G:え~~~っと、ラーメンで。。。
店:麺は?
  ソバですか、ウドンですか?
G:・・・
店:・・・
G:あの~~・・・
  私、日本人なんですけど、日本では
  ラーメンは、ラーメンで、ソバとか
  ウドンとかないんですけど・・・
  どう違うんですか?
店:麺が細いか太いかですね。
G:・・・
  お薦めの方で。。。

どうも細麺はソバで、太麺はウドンらしい。
そしてお勧めはソバらしく、ソバのラーメンが出てきた。

2016083113.jpg

一見いい感じ風で、気をよくして食べ始めたが・・・

味がしない!!!

スープが味噌というか、鶏ガラスープっぽい薄いお味。
そしてソバはこのスープと味が絡んでないので、粉っぽい麺の味しかしない。

極めつけは・・・

甘いお揚げさんが入ってる!!

よくキツネうどんにはいってるあの甘いお揚げさんが。。。

楽しみにしていた久々のラーメンだけに、ガッカリ度も高い。

う~~~ん、再訪はないかなぁ。。。

University of Pittsburgh(ピッツバーグ大学)

『ピッツバーグについて』でも少し触れましたが、ピッツバーグには大学がたくさんありますよ。

そんなたくさんある大学の中の1つに、University of Pittsburgh(ピッツバーグ大学)があります。

こちらの大学のメインの校舎はピッツバーグのランドマークにもなっていますよ↓
2016083103.jpg

色は違うけど、このマーク、『教会がいっぱい!』にも出てきましたよね。

こちらもPittsburgh History & Landmarks Foundation(ピッツバーグ歴史&ランドマーク財団)に登録されている建物の1つなんです。

ピッツバーグ大学のメイン校舎は、Cathedral of Learning(学びの聖堂)と呼ばれています。

2016083108.jpg

2016083101.jpg 2016083102.jpg

「聖堂」と言う名の通り、中に入ってみると・・・

2016083104.jpg
↑↓ちょっと教会風
2016083106.jpg 2016083107.jpg

1Fのコモンズ・ルームというお部屋(すぐ上の写真の向かって左側)は吹き抜けになっていて、ゴシック様式の回廊とあいまって、本当に教会って言う雰囲気でした。

他にもこちらには、ナショナリティ・ルームという教室(実際に使われているそうです)があり、各教室には国の名前がつけられていてお部屋の装飾もその国風になっているそうです。

2016083105.jpg
↑ツアーもあり。

私が行ったのは平日で、ツアーもどうもない感じ。
授業を行っているお部屋もあったりで、見れないお部屋もでてきそうなので、学校がお休みでツアーがある週末に来てみようと思いつつ、まだ行けてません

ちなみにこの学びの聖堂の他にも。。。

2016083109.jpg
Heinz Memorial Chapel(ハインツ記念チャペル)もピッツバーグ大学のキャンパツの1つだそうです。

こちらもピッツバーグ歴史&ランドマーク財団に登録されている建物の1つ!

ピッツバーグ大学の土地の中には、

2016083110.jpg
Soldiers & Sailors Memorial Hall(陸海軍人国立軍事博物館&記念館)などもありますよ。

こちらも同じく、ピッツバーグ歴史&ランドマーク財団に登録されている建物の1つ!

ピッツバーグ大学は特に医学系が有名なのか、私のお友達も何人かこちらの医学部に留学生としてお勉強に来ているようです。

こんな素敵なキャンパスでお勉強できたらいいな~って思ったり。

何とも独特な趣の大学ですよね。



<余談>
ピッツバーグ大学のすぐ目と鼻の先にあったこちらの教会↓
201609171.jpg
Saint Paul Cathedral(セント・ポール教会)

こちらもピッツバーグ大学ゆかりの教会かと思ったら関係ありませんでした

ちなみにこちらはカトリック系の教会だそうです。

The Livermore @ Pittsburgh

ピッツバーグに来て間もなく、相方の学部主催のソーシャル・ディナーに行ってきましたよ。

ホテルからほど遠くない場所で、The Livermoreというレストラン・バーです。

どうやら貸切みたい。

201608291.jpg
↑イタリアン風なメニュー

まずはバー・エリアで前菜とアペリティーヴォ(食前酒)。

サラミ類やチーズなんかがありましたよ。

その後はお隣のダイニングに移動して夕食の始まり。

そこそこの人数がいたのですが、長~~~いテーブルに着席。
なので近くに居る人しかお話できなかったんですけど(笑)。

201608292.jpg
↑前菜のトマトとチーズのサラダ?

トマト・・・
こちらのスーパーで買ってたトマトはどれもいまひとつなんだけど、ここのトマトはとてもおいしかった。

Heirloom tomato(ヘアルーム・トマト)という種類のトマトでした。

Heirloomは、家宝とか先祖伝来の家財とかという意味があるようです。
結構たいそうなネーミング(笑)。

でもこのトマト、とても甘くておいしい!

なのでこの後、スーパーでこの種類のトマトを探して使っています。

ただ!!

破格的に高い、このトマト!!!

201608293.jpg
↑なんと赤ワインは偶然にもモンテプルチャーノ・ダブルッツォ!

これがアブルッツォやイタリアでは飲んだことのないぐらいに樽がききすぎてる。

どうもアメリカ人はこの樽が思いっきりきいてるのがお好みのようで、多くのワインはそんな感じ。

201608294.jpg
↑パスタ

ちゃんとアルデンテで、結構おいしかったです。

201608295.jpg
↑デザートはパンナコッタ

上のパンナ(生クリーム)はなくてもいい感じかなぁ(笑)。

一瞬、イタリアン?!ってびっくりしたけど、思ってたよりもいい感じでした。

この後他でも色々とイタリアンも試してみたりしたけど、ここはまだまだいい方です。

それにしてもこういう会ってなんともアメリカ~って感じ・・・



The Livermore
住所:124 South Highland Avenue, Pittsburgh, PA 15206
電話:412-361-0600
営業:火~木 5pm-11pm / 金・土 5pm-12am

Ichiban @ Pittsburgh

IKEAはショッピングセンターの一画にあります。

そんなショッピングセンターに向かう道路に怪しげな和食屋の広告看板が。

相:お昼はここにしよう!
G:えぇ~~~、いかにも怪しいネーミングやで。
  やめとこ~~~~!!
相:じゃぁ、一人で別のところで食べれば?!
G:そうするわ!
相:って、一緒に行こ~さぁ~~~~~!!!

で、思いっきり押し切ってきた相方・・・

2016082703.jpg

結局入らされた。

2016082704.jpg
↑お決まりの最初はサラダ

まず、焼き鳥と餃子を頼んだ。

2016082705.jpg
↑焼いてる鳥だけど、焼き鳥ではないなぁ・・・

写真だとわかりにくいですが、デカいです。
そう、BBQチキンって感じ。
お味も焼き鳥ではない感じ。

2016082706.jpg
↑餃子は普通

ホールスタッフもすべて中国人のようで、中国語しか聞こえない。。。

G:ほら、やっぱ怪しいって言ったやん!!
相:でも、大丈夫かもよ・・・

2016082707.jpg
↑おすまし風の完全鶏がらスープ

まず日本だとレンゲは出てこない。。。

2016082708.jpg
↑相方のうなぎ丼

メニュー自体、うな丼ではなく、うなぎ丼になっていた。

どんぶり?!

おっされ~風におしんこ散らすのもやっぱ日本じゃないよねぇ・・・

私は無難に・・・と思って、

2016082709.jpg
↑とんかつ

でも細切りだし、すごい中華料理の味がして、とんかつではない感じ。

ふとお隣のテーブルのアメリカ人男子を見ると・・・

2016082710.jpg
↑Volcano Roll(火山巻き)

2016082711.jpg
↑Friends Roll(お友達巻き)

なる、聞いたこともないような、そして見たこともないようなお寿司をお召し上がりになっていた。

思わずあまりのショックに許可を得て写真を撮らせていただいたけど。。。

何気に二度とないな~なレストランの1つになりました。

ファーマーズ・マーケットとIKEA

土曜日にファーマーズ・マーケットがあると聞き・・・

2016082701.jpg
↑行ってみた

が、相変わらず出発が遅い相方。。。。

到着は閉館の5分前!

ほとんどのブースがもう店じまい・・・

さらに、入ってすぐに、どうもブースの1つのおじさんらしき人に

お:そのTシャツいいねぇ~~~!!

と、またまた私のTシャツ(至って普通だと思うんだけど・・・)とお褒めの言葉をいただき、

お:〇〇って言うサイトを見るとそう言うTシャツいっぱいあるよ!!

と、色々と教えていただいた(笑)。

結局ほとんど物を買えずに終わったファーマーズ・マーケット

で、さらに遠くにあり、もう少し長く開いてるファーマーズ・マーケットに行ってみた。

そこで買ったいちじくが本当においしくって、また行きたい!って思ってるけど、車がないといけない&車がないのでその後行けてません(涙)・・・

ファーマーズ・マーケットは農家から直送・・・ってうたい文句だったけど、中にはそうでもないものも売っていたりもした。

その遠い方のファーマーズ・マーケットからもう少し空港に向かって行くと・・・

2016082702.jpg
↑IKEAがある

ここで不足している日用品などを購入。

やっぱこういう時ってIKEA助かる~~~~!!

どうも日本だとちょっと高いみたいだけど、ヨーロッパやアメリカだとお手頃値段なのです。

IKEAもまた買い足したいものがあるけど、こここそ車がないととても不便(立地的にも買い物した後の荷物にしても)なので、もういけないかなぁ・・・

ピッツバーグにはてっきりあると勘違いしていたダイソーやYves Rocherはない。
もちろん、Tiger Storeもない・・・

ちなみにBody Shopもない・・・

まぁドラッグ・ストアーがあるんだけど、ちょっとダイソーやTiger系のお店があればな~って思ったりもしています。

発見!@ ピッツバーグ

ピッツバーグに来て、発見したことを気づいた時に書き留めておこうと思ってます。

来て間もなく、家の近所に・・・・

201608261.jpg
東京商店を発見!!

名前からお察しいただけるように、和食材屋さんです!!

ルガーノには1軒もなかったので・・・

201608262.jpg
↑プチ大人買い(笑)

スーパーで探しまくっていたヤクルトがここには売っていた。

どうもピッツバーグでヤクルトを売っているのはこちらのお店と、もう一軒別の地区にある中国系の商店の2軒だけのよう。

近所に販売店があって、ほ~~~~~~っ!!

が、その後、ヤクルトも含めて仕入れは2週間に一回と聞き、これをさかいにヤクルトの爆買い(かなぁ・・・)生活が始まるのです。。。

だって、仕入れた日に2週間分買っておかないと相方が・・・

相:ヤ~ク~ル~ト~~~~~~~!!!

と、騒ぎ出すから。。。

和食材とは関係がないですが、ピッツバーグには野生のウサギやリスがごろごろといる。

そう、森に限らず、住宅街にごろごろといるのです。

すご~~~~く、わかりにくいですが。。。

201608263.jpg
↑夜にも発見

すごく警戒心が強いので、近くによるとすぐ逃げてしまうのでなかなかうまく写真が撮れない。

これは、夜にお散歩中にそ~~~っと撮った写真。

赤丸で囲んでる中に光ってるのがうさぎの目です。

って、すごくわかりにくいんですけど。。。

茶屋 @ Pittsburgh

今のところ、これぞ!!というレストランに巡り合えてない我々・・・

相:俺は寿司を食べる!!

と言うことで、向かった先は・・・

2016082505.jpg
茶屋

ここは日本人経営だとネットで見ていたので、手堅くここにした。

2016082506.jpg
↑中はこんな感じ

2016082507.jpg
↑アメリカ式にまずはサラダが出てきた

イタリアでは最初にサラダがでてくることはまずない(自分から申し出てそうしてくれとオーダーすれば別だけど)ので、

相:なんでサラダやねん!

と、ブツブツ・・・

しかし!!

2016082508.jpg
↑大好きな餃子でご機嫌なおる(爆)

しかもお子様相方のために、3つずつではなく、4つ(もちろん相方)、2つ(私)に分配したので、余計に嬉しいみたい。
やはり永遠の幼児だ。。。

お寿司はセットメニューにした。
なので最初のサラダがついてきたのです。
さらに、またまた写真を撮ったのに、保存されてませんでしたが、お味噌汁もついてくる。

さらに、さらに!!

2016082509.jpg
↑から揚げもついてくる

既にいい感じにテンションのあがってる相方の目の前に!!

2016082510.jpg
↑お寿司の盛り合わせが登場!

確か、Super Deluxe Sushiか、Deluxe Sushiにしたと思います。

お味もしっかりと日本の味!

結構ガッツリ目なので相方も満足&満腹となりました。

相:お寿司が食べたくなったらここに来よう!

と、ご満悦の夜でした。



茶屋
住所:2032 Murray Ave, Pittsburgh, PA 15217
電話:412.422.2082
営業:月~木 5PM - 9:30 PM/金・土 5PM - 9:45 PM
定休:日曜

Primanti Bros. @ Pittsburgh

ピッツバーグに到着して5日目に、大学で外国人向けの生活に関するレクチャーがありました。
その辺り、凄くオーガナイズされてるな~と感心!!

そのレクチャーでも出てきたピッツバーガー(ピッツバーグの人)自慢のお店、Primanti Bros.

ここの名前を聞くのは何気にこれが3度目。

最初はラガーディア空港の移民局の職員のおじさんから、そして2回目は同日空港でお出迎えしてくれた運転手の人から。

5日目にして3度目ってどないよ~~~ってことで、大学からも程遠くないので行ってみることにしましたよ。

ちなみに後で知ったのですが、このお店、チェーン展開しているようで、ピッツバーグ内でも何店舗かあるようです。

2016082501.jpg

2016082502.jpg
↑メニュー見ただけだと何をチョイスしていいやら・・・

お店の人はTHEアメリカ人って感じで(笑)、

店:初めてですか?
  だと、お勧めはThe Pitts-burgerと、Pastrami & Cheeseですよ。

と、別に聞きもしないのに、教えてくれた(爆)。

せっかくなので、そのお勧めにしてみた。

2016082503.jpg
↑私はThe Pitts-burger

2016082504.jpg
↑相方はPastrami & Cheese

最初、半分こしようと言ってたのですが、この相方のPastramiはとても苦手なお味。

なので、結局半分こはなくなった(笑)。

ご覧の通り、お皿とかには載ってこなくって、包み紙でやってくる。

そしてここが有名なのはこの、パンの中に肉類も野菜も、そしてフライドポテトまですべてはさまれてやってくるということ。

みんなから勧められてやってきたけど、正直お味は・・・

その後も相方の同僚の奥様(アメリカ人。多分ピッツバーグ出身)から、

奥:Colossal Fish & Cheeseを食べないと~~~!!

って勧められたけど、我々の中では話のネタに来たけど、これが最初で最後でいいかなって感じでした。

その夜はお腹が減らずで、これを頻繁に食べるとそりゃ~~~~巨大になるよ。。。と思いました。



Primanti Bros.
住所:3803 Forbes Avenue, Pittsburgh, PA 15213
電話:(412) 621-4444
営業:日~水 10:00~24:00 木~土 10:00~3:00

買い出し!

4日目にもなるとかなり外食に疲れてきた

と言うことで、スーパー類の散策に出てみることに!

こちらはイタリアに比べると野菜やフルーツの味が薄いと聞いていたので、オーガニック食品を主に扱うスーパーへ行ってみた。

オーガニック食品だとまだマシだと聞いたから。

Whole Foods Marketというところにまず行った。

201608241.jpg
↑パック売りのお寿司なんかも売ってたので、買ってみた。

お味は至って普通。
まぁ、パック売りのお味かなって感じなんだけど、わが家のわがまま食いしん坊(相方)は・・・

相:ご飯がイヤ!
  だって、冷たすぎてかたいから!!
G:そんなん、レストランのじゃないねんから仕方がないんじゃないの?
  生魚が腐ったらあかんから、冷蔵庫に入れてるんやろ。
  そりゃ~米はかたくなるよ。。。
相:でもイヤだ!!

と、文句タラタラ言いながら結局完食(爆)。

ちなみに相方チョイスの飲み物は恐ろしくまずくて私は一口でギブアップ!
そっちの方がどないやねんって感じだけど、自分で選んだので、それの文句はなし(苦笑)・・・

結局ここで買い出し。

が、ワインはもとより、ビールなどアルコール飲料が一切売ってない。

結構広い店舗なんだけど、ほぼ食品だけで、アルコール類、そしてキッチン用品なんかはほぼ売ってない。

ホテルはキッチン付きのお部屋で、ベーシックなキッチン用品は揃ってるんだけど、ベーシックの基準がアメリカ基準(笑)。

パスタを茹でる深めの鍋がなかったり、まな板や普通に日本で使うような包丁がなかったり、はたまた、缶切りがなかったり・・・
反面、わが家では使わんな~というアメリカン・コーヒーのコーヒーメーカーや、豆ひき機、微妙な大きさの(多分アメリカンコーヒー用)マグなんかはある。

ひとまずここでは食材だけをGET。

ここの駐車場で気づいたこと・・・

201608242.jpg
↑ペンシルバニア州の車は前にナンバープレートがない!

後ろにしかないんです。
他の州の車はあるんで、ここだけ?それともいくつかの州だけがないのかなぁ・・・

その後、別の場所で何とかワインもGET!

ワインを買ったお店は、ワインやハードリカーは売ってたんだけど、ビールは売ってなかった。

どうもビールはビール販売店に行かないとダメみたい。

何ともややこしい・・・

州によって色々とルールが違うようで、ハワイでは普通にコンビニみたいなところでビールとか買えたんだどなぁ。

ここ、ペンシルバニア州はアルコール類販売に関して結構厳しい州の1つみたいで、今のところ、1つのチェーン店(多分ここだけ??)しかワイン類を販売していない。

さらに普通にネットとかで、ここに売ってないワインを買ったりもできないみたい。
お店にない場合は、お店のサイトから注文しないといけないそう。。。

まだやったことないけど、それで何でもGETできるのかしら。
謎・・・

ちなみにこの日から4日間ほどレンタカーをしてました。

やっぱ車社会のアメリカ!
ベーシックな物を買ったり、何やらするには車が必要だと痛感。

でも、中期滞在なので、ず~~~っとレンタカーするのは割にあわない。
なので・・・

201608244.jpg
↑自転車も購入!

実はホテルが無料レンタルサイクルのサービスをしていて、最初その自転車を借りてました。

が!!

日本では見たことのないようなタイプの自転車で、ブレーキがない!!!

どうやって止まるのかと言うと、後ろこぎすると止まるというシステム

そんなシステムには慣れてないので、結構何度も転んだ私・・・

と言うことで、この普通の自転車を買ってもらいました。

201608243.jpg
↑初、家ご飯

やっぱ家食が落ち着くな~。

Girasole @ Pittsburgh

到着してすぐに一度試みてみた近所のイタリア料理店。

初日はキッチンがもうクローズで、そして翌日は定休日に入れなかった

三度目の正直で行ってみたら入れました!!

以下、フラッシュをたいてなかったので、写真が暗めです。。。

ボリュームのほどがわからなかったので、ひとまず、プリモをシェアーそして、各自セコンドをってことになった。

201608231.jpg
↑Linguine Rustic

リングイーネ(パスタの種類)なのですが、アサリとほうれん草なんかが入ってました。

お決まりの・・・

店:チーズいりますか?

に、「結構です!」と即答(笑)。

そう、イタリアでは基本、シーフード系のパスタにはチーズはかけません。

201608232.jpg
↑相方チョイスの赤ワイン(イタリア)はとってもおいしかった!!

どこに売ってるのか知りたいなぁ~~~~!!!

201608233.jpg
↑これまたアメリカ的、サラダ!

必ずサラダ出てくる。
それもセコンドの前に出てくる。

イタリアだとセコンドと同時ぐらいなんだけど。

で、相方はちょっと食べただけで、

相:セコンドと一緒に食べる!
G:ウエイトレスさんに言った方がいいで。
  きっとこれをいらんと思ってさげはるか、
  セコンドがけ~へんかやで。

で、この日は素直に私の指示に従う相方(爆)。

201608234.jpg
↑私のセコンドはムール貝

どっちかって言うとベルギー風かなぁ。。。
おいしいんだけど、ちょっと違った感じを期待してた。

201608235.jpg
↑相方のセコンドはラム肉のグリル

これは超~~~~当たりだったみたいで、

相:おいしぃ~~~~~!!

と、喜んでいた。

羊肉に厳しい相方がうなるぐらいだから、よっぽどおいしかったのでしょう。

私もそれにしようかと思ったけど、外れたら臭くて食べれないので、リスク回避で食べなかったんだけど。。。
今度来たらこれにしてみよう!

201608236.jpg
↑さっさとワインをあけたので、グラスをオーダー

何をオーダーしたのか忘れたけど、ボトルのがおいしすぎてかなりかすんでしまったグラスワイン。
オーダーしたことをちょっと後悔したなぁ。。。

と、お店には、アメリカ人のおじさんなんだけど、ながしのおっちゃんみたいなのがいた。

この人、イタリア語とかで歌を歌ってくれるんだけど、かなり上手。

201608237.jpg
↑撮影中の相方

201608238.jpg
↑私のドルチェは確かパンナコッタ

201608239.jpg
↑相方はティラミス

相:イチゴはいらん!

と言いながら食べてたけど(爆)。

オーナーはイタリア系アメリカ人の人みたいで、苗字がなんとGirasole(ひまわりの意味)と言うそう。
なので、お店の名前にもなっているそうです。

とても気のいいオーナーで、食後酒を振る舞ってくれました。

近所だし、羊肉やワインがおいしかったので、また行ってみようかなと思っているお店第一号!



Girasole
住所:733 Copeland St, Pittsburgh, PA
電話: (412) 682-2130
営業:火~木 11:30 AM–10:00 PM/金・土 11:30 AM–11:00 PM/日  4:00–9:00 PM
休業:月曜

Nozze di Zucchero

タイトルにあるように、本日結婚記念日6年目の“Nozze di Zucchero(砂糖婚式)”です

※イタリア語のアニバーサリー名はこちらから引用。

日本だと6年目は鉄婚式みたいですね。

イタリアだと70周年目が鉄婚式みたいですよ。

お砂糖って苦いお薬もコーティングしてさらっと飲ませてしまうマジックがありますよね。

結婚生活もそんなお砂糖の役割を取り入れて、ちょっとした夫婦間のいざこざもさらっと飲み干して(やりすごして)しまいましょうってことなのかな。

いつもは禁止してるけど、この日はちょっと甘いデザートでもプレゼントしてみようかなぁ(笑)。

今年1年も仲良く過ごせたらいいなと思っていますので、応援よろしくお願いしま~す



・1周年記念日~『Nozze di cotone
・2周年記念日~『Nozze di carta
・3周年記念日~『Nozze di cuoio/pelle
・4周年記念日~『Nozze di frutta e fiori
・5周年記念日~『Nozze di Legno

Thai Place & Shady Grove @ Pittsburgh

2日目の夜も外食してみることに。

まだアメリカ事情を把握できてない相方・・・

ホテルを出たのはいいんだけど、

ほとんどのレストランが閉まってる!!

何度、

G:ここはイタリアじゃないから!!
  そんな遅くに出ても閉まってるよ!!!

って言っても、

相:そんな訳はない!!

と、何の根拠もない抵抗。。。

辛うじて開いていたタイ料理のお店へ。

が、本当に辛うじて開いてたって感じで、入った瞬間に、

店:10時で閉店ですから。

とのお言葉・・・

だったら断ってくれてもよかったんだけど。

ひとまずオーダー。

が、待てど暮らせど出てこない。。。

やっと出てきました!!

201608225.jpg
↑私のチョイスはエビ料理。

辛さ10段階中5にしたけど、アメリカ人用のようで、まったく辛くなかった。

そして相方は、

201608226.jpg
↑マンゴーカレー。

こちら辛さ10段階中7にしてやっとちょっと辛いか?!って感じだった。

お味は悪くないんだけど、随分経ってこれを持ってきてくれた直後にお会計。。。

ほんと、閉店間際なのはわかるんだけど、それってどうよ。

サービス的にもう戻ることはないかなって感じ。

他にもタイレストランはあるし、ここ。

なんかせかされまくって食べたので、ちょっとまったりしたくって、近所にあったバーへ。

201608227.jpg
↑手前は私のジンファンデル(アメリカ)で、奥は旦那のマルベック(アルゼンチン)。

アメリカ人の好みなんだろうけど、すご~~~~く樽が効いてるというか効きすぎてるワイン。
特にジンファンデルの方がすごいヴァニラ香が。

それにしてもこうガッツリ注いでくれるところに、ワインの国じゃないんだなと感じる。

ルガーノと違い、人もいて賑わってるので、気をよくして(笑)、もう1杯。

201608228.jpg
↑バルベーラ(イタリア)

何気にこれが一番外れだった・・・

バルベーラの外れってイタリアではなかなかないので、ちょっとした新発見だったけど、そんな新発見はなくてもいいかなと思った夜でした。

レストランやバーのチョイスは結構あるけど、我々好みのお店を見つけるのはそんなに簡単ではないのかと思い始める・・・

教会がいっぱい!

イタリアには教会がたくさんあるな~って思ってたけど、こちらはそれ以上に教会がわんさか!!

ごく一部をご紹介。

201608221.jpg
Third Presbyterian Church(第三長老派教会)

宗教にうといのでまったく知りませんでしたが、長老派教会ってのがあるんですね。

長老派はこちら

プロテスタント系の教会なので、イタリアでは聞いたことがなかったのかなぁ。
イタリアにもあるのかしら・・・
私が知らないだけかも。

ピッツバーグには、Pittsburgh History & Landmarks Foundation(ピッツバーグ歴史&ランドマーク財団)なる法人があって、そこに登録されている建物の1つのようで・・・

201608222.jpg
↑このような標識(って言うのかな・・・)が。

町を歩いてるとちょこちょこと見かけます、これ。

他にも・・・

201608223.jpg
Sacred Heart Church(聖心教会)

こちらはカトリック系の教会のようです。

さらになんとその真ん前には・・・

201608224.jpg
Calvary Episcopal Church(カルバリー聖公会教会)

またまた初めて知った聖公会!
聖公会はこちら

それにしても各教会がWebサイト持ってるのもすごいと思った。
宗派が違うからOKなのかしら、こんな真ん前に別の教会って・・・

これはほんと極々一部で他にも色んな教会がひしめきあっている。

以前TVでアメリカの日曜礼拝の様子を見たけど、厳かなバチカンの日曜礼拝の様子(これもTVでチラッと見た)とはかなり印象が違った感じ。

教会の建築様式もイタリアで見るそれとはまた違うし、やっぱアメリカにいるんだなって思いました。

こんなにたくさんの教会があるので、日曜は鐘の音が鳴り響いています。

ピッツバーグについて

しばし滞在しているピッツバーグについて・・・

と言っても私もほとんどな~~んも知らんのですが

そもそもさほどアメリカに興味がある方ではないので、基本的な情報をご紹介。

※以下、地図の画像はwikiさんより拝借。
  クリックすると拡大します。

まずピッツバーグはアメリカのペンシルベニア州にありますよ。

MappaAmerica.jpg

NYがあるニューヨーク州のすぐ下です。

「イタリアって何州?!」って聞かれたら、そく「20州!」と答えることができるけど、アメリカは何州?って聞かれたら、知りませんでした

そう、無知なのです。
プラス、それほど興味がないということかも。。。

ちなみにアメリカは50州だそうです。

アメリカって、英語で言うとUnited States of America(アメリカ合衆国)。
なので、州は“State”と思っていたのですが、なんとここペンシルベニア州は、“Commonwealth of Pennsylvania”というそうで、“State”を使わないとか。

ちなみにペンシルベニア同様に、“Commonwealth”を使ってる州は他に3州(ケンタッキー州、マサチューセッツ州、バージニア州)だそうです。

ややこい・・・

ペンシルベニア州と言えば、アメリカに疎い私でもすぐ頭に浮かんだのがフィラデルフィア!
ここが州都かと思いきや!!

ハリスバーグ(Harrisburg)が州都だそうです

そんな市があることすら知りませんでした。。。

ペンシルベニア州には67の郡があるそうです。

MappaPennsilvania.jpg

ピッツバーグがある郡は西の方にあるAllegheny County(アレゲニー郡)で、ピッツバーグが郡庁所在地ですよ。

ちなみに、州都ハリスバーグがあるのはドーフィン郡(Dauphin County)、ペンシルベニア州最大の町フィラデルフィアがあるのはフィラデルフィア郡(Philadelphia County)です。

ピッツバーグの愛称は、“Steel City (鉄鋼の街)”。

かつては鉄鋼生産の中心地として栄えていたそうですよ。

そう言えば、少し前にたまたまTVでやってた懐かしのフラッシュダンス↓
フラッシュダンス [DVD]

こちらの映画の舞台がまさにここピッツバーグで、主人公は製鉄所で溶接工をしていました!!

他にも“City of Bridges(橋の街)”などの愛称もあるそうですよ。
そう、橋も多いです。
なんと446もあるみたい!!

映画に話を戻しますが、ピッツバーグを舞台にした映画も結構多いようです。

ジェネレーションギャップもあると思いますが、フラッシュダンスの他にもこんな有名(と私は思うけど・・)な映画も!!

羊たちの沈黙(特別編) [DVD] アウトロー [DVD]

他にも色々とあるようです。
気になる方はこちらを。

また、ピッツバーグには大学がたくさんあります。

日本ではどこまで有名か???ですが、カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)デュケイン大学(Duquesne University)などなど。

ここでの主なスポーツは3つだそうです。
※( )内はチーム名

・フットボール(ピッツバーグ・スティーラーズ)
・野球(ピッツバーグ・パイレーツ)
・アイスホッケー(ピッツバーグ・ペンギンズ)

どれもわが家的には微妙な感じのスポーツだったりする。。。

私は日本人なので野球は結構好きだけど、相方はルールを知らないから・・・

アメリカにありながら、比較的治安はいいです。
正直、ルガーノの家よりも随分と静か!!

もちろん住んでいる地域にもよるみたいですが。

我々が住んでいる地域はピッツバーグの中でもさらに安全な地域らしいので。。。

ピッツバーグは、アメリカで最も住みやすい町ランキングで1位に輝いたこともあるそうですよ。

美術館なども多く、文化面でも評価が高いようです。

そんなピッツバーグについて、気づいたことがあればまたご報告しますね。

Steel Cactus Mexican Restaurant and Cantina @ Pittsburgh

到着してすぐで、キッチン付きのホテルとはいえ、何も食材もないし、どこがスーパーなのかもわからないし。

さらにエリアを知るためにも、

相:当分、外食しよう!

と言うことになった。

呑気に(!)9時半ごろ出かけたのはいいものの・・・

ほとんど閉まってる

シアトルの時もそうだったけど、わが家の通常のディナー・タイムは通用しないようです。

唯一開いていたメキシカンのレストランへ入ることに。

私は、久々の・・・

2016082121.jpg
↑Fajitas(ファフィータス)

牛肉をチョイスしました。

メキシコで食べたメキシカンって言うよりは、アメリカに多いと言うか、ほとんど店がそうなように、テックス・メックスって感じ。

お味は普通。

そして相方は、

2016082122.jpg
↑多分、Carne Asada(カルネ・アサダ)にしたんじゃなかったかなぁ・・・

とにかくお肉をオーダー。

こちらもいたって普通って感じだったそうです。

お食事のお供はビール。

このビールが何ともまずかった・・・

初日のディナーは何とも微妙な感じで終わりました。

まぁ、別に再訪せんでもいいかなぁ・・・って感じ。

でもここの前を何度か通ったけど、人気店のようでいつも人がいっぱい!



Steel Cactus Mexican Restaurant and Cantina
住所:5505 Walnut St, Pittsburgh
電話:(412) 709-6444
営業:10am-2am

ピッツバーグの滞在先

ピッツバーツの滞在先は、Shadyside Inn All Suites Hotelというホテル。

キッチン付きのレジデンス型のお部屋でした。

お部屋はこんな感じ↓
2016082114.jpg
↑玄関&リビング

2016082115.jpg
↑↓リビング
2016082116.jpg
↑ホテルの説明書を熟読中

熟読してる・・・って思ったけど、ザル読みでした(爆)。

2016082117.jpg 2016082118.jpg
↑キッチン

テーブルの小ささに相方はかなりガッカリ・・・

食べるのは彼にはとても重要なことなので、仕方がないけど。

2016082119.jpg
↑ベッドルーム

アメリカなので、ドド~~~んとキングサイズのベッドを期待してたけど、かなり小さ目のベッド。

わが家はキングベッドでした。

なので、2日ほど一緒に寝ただけで、それ以降は補助ベッド導入で別々に寝てます。
ベッドが小さいとよく眠れない我々。。。

2016082120.jpg
↑バスルーム

こうやって写真で見るといい感じなのですが、要は古い邸宅を分割してレジデンス型のお部屋として貸している。

アメリカの建築技術ってどうなの?って思いたくなるぐらいに、床は傾いてて、バスルームのドアはきちんと閉めてないと勝手にバタンと開くし、バスルームへの通路もボコボコへこんでる。

何よりも上の階の人が階段を上ったり、お部屋を歩くたびにびっくりにして目が覚めるほどの騒音!!

大学が手配して、支払いも大学持ちなので仕方がないけれど、かなり微妙~~~な感じの住まいだったりします。

ホテルのサイトで見たら、もうちょっと素敵な感じのお部屋だったんだけどなぁ。。。

ピッツバーグに到着!

※『ハラハラのミラノ出発!』からの続きです。

今回は結構あっという間にNYに到着!

ラガーディア空港で乗り継ぎです。

2016082109.jpg
↑遠くにはマンハッタンのビル群が見える

アメリカの乗り継ぎってば結構面倒で(昔こんなだったっけ???)、預けた荷物を一旦受け取って、またセキュリティ・チェックを通る必要がある。

今回なんと預け荷物が計6個の我々

プラス手荷物を入れると計8個のスーツケース。

もちろんカートを・・・なんだけど、ミラノもびっくりのカートの高額さ!!

さらに小さすぎて8個は乗らない・・・

相方が5つのスーツケース、私が3つ運んでたんだけど、荷物を再チェックインするのに、バーコードを読み取ってもらわないといけない。

最初、私が持ってた荷物の内2つ(1つは手荷物)を読み取ってもらったんだけど、何となく係員の人、大丈夫か?!って感じだったので、相方が通る時に見てた。

これが正解!

やっぱスーツケース1つのバーコードを読み取ってない!!!

相方も疲れすぎて全く気づいてないので、

G:すみません、この赤いスーツケースだけ
  読み取れてませんけど。

で、事なきを得る。

そして入国審査。

今回は滞在が3か月以上につき、ビザを事前に取っていたので、審査はとてもスムーズ。

が・・・

審査員に辿り着くのが一仕事!

窓口は結構あるけど、開いてるのは最初3つだけだった・・・

ここでかなり長いこと待たされた。

審査するのはいいけど、窓口いっぱいあるんだから、もっと開けてくれたらいいのに。。。

さらにセキュリティ・チェック。

靴まで脱がされ、レントゲンみたいなぐる~~っと機械が回るのに入れられ・・・

これって体に害ないのかしら。。。

ほとほと疲れて、あとは搭乗待ち。

途中・・・

2016082110.jpg
↑アブルッツォという名のステーキハウスを発見!

何ゆえにこのネーミングなのかとても気になった。

アブルッツォってことでもしやラム肉ありか?!と思いきや・・・

2016082112.jpg
↑メニューはいたって普通・・・

でも!!

2016082111.jpg
↑メニューは新しい感じ!!

ちなみに、このメニューの取り入れ、随分前に相方がこんなんしたいって言ってたんだけど、結局上がしら~ん顔で実現しなかった代物。

アメリカでは実現されてたのね・・・

ここからは小さな飛行機でピッツバーグへ。

前回、相方が一人でピッツバーグに来た時、帰りのピッツバーグ→NY(JFK)が悪天候に巻き込まれて、

相:死んだと思った・・・

と、ビビってるルート。

ただでさえ飛行機が怖いのに、トラウマで顔面蒼白!

G:今回はJFKちゃうから大丈夫、大丈夫!!

って、何の根拠もない慰めだったけど、ほんとほとんど揺れずに到着!!

ちなみに出発時にJFK方面を見たら、イヤは雲が見えた。
でもこれは相方には内緒にしてた(着いてから言ったけど)。

2016082113.jpg
↑ピッツバーグに到着!!

ここでお出迎えの人が来てくれてたので、すんなりとホテルへ。

ちなみにこのお出迎えの人のお話では、

迎:いや~、よかったですね。
  遅延もなく!!
相:いや、アメリカンは遅延で乗り継げないから
  ユナイテッドで来たんですよ。
迎:予定到着とほぼ同じ時間の便があったんですね。
  ちなみに前日は悪天候でほぼ全ての飛行機が
  キャンセルになったんですよ。
  今日はお天気がよくってよかったですね!!

で、相方、またまた顔面蒼白&飛行機恐怖症に拍車がかかったのでした。

ハラハラのミラノ出発!

8月後半にミラノを出発しましたよ。

行き先はアメリカの東部、ペンシルバニア州にあるピッツバーグ!

位置的にはこんな感じ↓
MappaPennsylvania.jpg

なんとEが車でミラノのマルペンサ空港まで送ってくれましたよ。

ピッツバーグまでは直行便がないので、マルペンサ(ミラノ)→NY・JFK空港(乗り継ぎ)→ピッツバーグの旅行。
航空会社はアメリカン・エアラインでした。

まず、アメリカへ行く便はすべて別場所でのチェックイン。
なんだか物騒に銃を構えたセキュリティーの人たちの横を通って、アメリカへ行く便用のチェックイン・カウンター(空港の奥の奥)へ向かいます。

チェックイン・カウンターに行くまでにセキュリティ・チェックなんかもあった。
ちょっとめんどい・・・

さらに!!

マルペンサ発が2時間遅れ!!

で・・・

その日中にピッツバーグに着けない!!

色々と便を探してくれたけど、その日中につけない・・・

で、結局ユナイテッド航空で、マルペンサ(ミラノ)→NY・ラガーディア(乗り継ぎ)→ピッツバーグで行くことになった。

ちょっと波乱の幕開け。。。

しかしこれが後ほど幸いする。

今回は珍しくビジネスクラスでの旅行につき・・・

2016082101.jpg
↑出発まではまったりとラウンジでサンドイッチ

そしていざ搭乗!

2016082102.jpg
↑座席はゆったり足を延ばせる

ちなみに相方いわく、

相:ユナイテッド航空の方がアメリカンよりも座席が大きいかも。

ちなみに向かって右手に映ってる靴下の片足は私の片足。
アメニティにこんな靴下(スリッパじゃない・・・)が入ってたのです。
なので、私が買った靴下ではないですし、あえてこんな感じの靴下ってことで片足を写真に。

2016082103.jpg
↑白ワインを頼むとなぜかお水もくれる

2016082104.jpg
↑ご飯はサラダからスタート

メインのチョイスは3つほどあった。

G:アメリカ系はお肉避けた方がいいかも~!
相:俺はチキンにする!!
G:私は唯一魚のサーモンにするわ。

と、チキンにすると豪語していたクセに・・・

なぜかサーモンをオーダーの相方!

2016082105.jpg
↑サーモンはクスクスだった

でも周りのお肉系を見ても、やっぱサーモンで正解って感じ・・・
※私感です。

2016082106.jpg
↑デザートのアイスは凍えんばかりのボリューム

さて、映画・・・と思いきや、眠気が・・・

ビジネスはベッドのように垂直になれるので4時間ほど寝てしまいました。
普段は飛行機の中で寝れないんだけど、ちょっと疲れてたので爆睡。

相方も同じぐらいに起きてきた。

相方は映画を観る気がまったくなかったので最初からルートを示す画像にしていた。

私もふとそれにしてみると・・・

2016082107.jpg
↑なぜか飛んできたルートが違うよ

かなりボケてますが。。。

同じ飛行機で来てるのに、なぜ?!!

ちなみに向かって左が相方の画面で、まさにこのルートで飛んできました。
そして向かって左が私の画面で、なんでここから来たことになってるの???

そんなこんなで、またまた食事。

今回はチョイスが2つしかなく。。。

2016082108.jpg
↑魚はサーモンしかなく、またサーモン

最初の食事がかなりガッツリで私はほとんど食べれんかったけど。。。

そして気づけばNY!!!
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。