Juuuust chillin' out!! 2016年09月

Bellavista @ Brunate

8月の半ばに相方のお友達とディナーに行ってきましたよ。

向かった先は、Brunate(ブルナーテ)にあるBellavistaというレストラン。

コモ湖を見下ろせるレストランで、相方は一緒にブルナーテに行った後に同僚とここでディナーを食べたそうです。

2016081901.jpg
↑私を始め、半分以上の人がオーダーした、
“Taglierini con bottarga di lavarello(タリエリーニのホワイトフィッシュのカラスミがけ)”

何気にホワイトフィッシュのカラスミって初めて!!
とてもおいしかったですよ。

そして相方を始め数人がオーダーした、

2016081902.jpg
↑“Ravioli al pesce persico burro e salvia(ヨーロピアンパーチのラヴィオリ、バターとセージのソース”

先のプリモ(パスタ)にしても、こちらにしても湖畔らしい食材を利用したピアット(1皿)で好印象!

と、以前お宅にお邪魔したE夫妻の子供ちゃんも参加してました。

子供ちゃんはほぼ姫と同じぐらいの年齢。

なので・・・

2016081903.jpg
↑やっぱトマトソースのパスタ(笑)

トマトソースのパスタってすごいなぁ~~~!
そしてEの子供ちゃんは、なんとチーズがめちゃめちゃ好きなようで、ここにた~~~~っぷりのパルミジャーノ・レッジャーノのすりおろしをかけないと不機嫌です!!

そしてセコンドは、

2016081904.jpg
↑相方と数人がオーダーした、“Salmerino burro e noci(イワナ、バターとクルミ風味”

横にある白いのは、大根・・・ではなく!!

白いポレンタ!!

初めて見ました!!

ポレンタはこちらを!

そして私と数人がオーダーしたのは、

2016081905.jpg
↑“Lavarello alla crema d'arancia(ホワイトフィッシュのオレンジ・クリーム風味)”

こちらも白いポレンタ添えです。

お魚も日本で食べる方法とはまた違った調理法なのが面白いですね。

2016081906.jpg
↑子供ちゃん用の多分仔牛牛だったと思う・・・

2016081907.jpg
↑ほぼみんながオーダーしたデザートはパンナコッタ

自家製だそうですよ。

お料理はどれもおいしかったです。

そしてこのレストランの醍醐味の1つは、

2016081908.jpg
↑コモ湖の夜景

写真はかなりボケてますが、肉眼ではとても素敵な夜景が広がっていましたよ。

2016081909.jpg
↑みんなで記念撮影

でも、E夫妻の顔がかなりお店の装飾で隠れてた。

お店の人が写真を撮ってくれたんだけど、だったら言って~~~って感じ(苦笑)。

何はともあれ、素敵なお食事会となりました。

楽しかった~~~~



Bellavista
住所:Piazza Bonacossa, 2, Brunate (Como)
電話:031/221031
営業:12:00~15:00/19:00~21:30
備考:季節によって閉店時間が異なる場合もあるので、
   要確認です。
   また、予約が望ましいそうです。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Well Done @ Bologna

※『La Luna Nel Pozzo @ Elice』からの続きです。

翌日は出発の日。

珍しく(!)、結構いい具合の時間にペスカーラを出発した。

と言うのも、相方的にはTrattoria di Via Serraでディナーを食べようと思っていた様子。

なので、ボローニャに着いたところで、Trattoria di Via Serraへ向かうことに。

ちなみにボローニャに差し掛かる前に・・・

G:電話した方がいいんちゃう?
  8月やし閉まってるかもよ。
相:大丈夫!!

何を根拠に?!!

イタリアでは8月は夏休みでクローズしているところが多い。

ボローニャは大学の町だし、何となくイヤな予感がしたのです。

ひとまずTrattoria di Via Serraへ。

開いてる!!

と、喜んだのもつかの間・・・

どうも夏休みで仕入れがうまくいってなかったようで、

店:今日はもう、食材がないので閉店前なんですけど、
  クローズなんです・・・

と、断られた

何気に過去2回行き当たりばったりで入れたがのが奇跡のよう・・・

相:どこかこの辺で開いてるお薦めの店ありますか?
店:開いてるかどうかはわからないけど、この先の
  ピザ屋はいいですよ。

で、行くもやっぱ

クローズ・・・

途方に暮れた、8月の夜。。。

G:あのハンバーガー屋は?
  でも場所的にはクローズの可能性高そうやから
  一回電話してみて!!

で、電話すると。。。

開いてる~~~!!

開いてるのを確認して電話を切り替えてるので、

G:予約しろ!!

で、予約をした。

向かった先は、Well Done
これが2回目です(前回はこちら)。

今回のお食事のお供はボローニャの地ビール

201608071.jpg
Statale Nove社のMISS KARTOLA

ここ最近、イタリアの地ビールの質はググッとアップでかなりおいしい!!

201608072.jpg
↑今回私は“Welldone”に!

お店の名前のバーガーで、内容は、

・アントワネット・パン(*)
・160グラムのあいびき肉、ブロンド・ビールとウスターソースが入り
・ピエンツァ・ネーロ・チーズ
・アメ色にソテーしたタマネギ
・ルッコラ
・粒マスタード

*アントワネット・パン:柔らかいブリオッシュパン
 このお店では4種類のバンを使っていて、そのうちの1つです。

ちなみにサイド・ディッシュをポテトのオーブン焼きにしたのですが、相方がオーダーしたフライド・ポテトがのっかってきた(笑)。

そして相方は・・・

201608073.jpg
↑何にしたのか失念

何かガッツリ系のバーガーにしてたように記憶。

以前にも書いたかもですが、ここは素材にこだわり、シンプルに素材の味がひきたつように調理されているので、バーガーと言えどもおいしくいただける。

大手のバーガーは苦手な私だけど、ここのなら週1でも大丈夫かも。

余談ですが、ここのランチョンマット(紙)で折紙をするのがブームなようで、レジ横には作品(お客さん作だそう)が数点飾られていた。

お~~~っと言うのから、う~~ん、ちょっと微妙に違うぞ・・・と言うものまで(笑)。

店:誰かが作ったのを飾ったのが始まりで、ランチョンマットを
  家に持ち帰って、作品にして飾ってくださいって持ってこられるんです。
  よかったら、やります?!
G:次回、食べる前にやりますので・・・

何気に私、折紙苦手だわ。。。



Well Done
住所:Via Fioravanti, 37/C, Bologna
電話:051 0284823
営業:月~土 12.00 – 15.00 / 19.00 – 23.00
    日    19.00 – 23.00



2016年Abruzzoへの旅
・『2016年Abruzzoへの旅~ドタバタ&ドキドキ移動編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~まさかの豪雨編』はこちら
・『la tramontana @ Pescara』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~まったり海編』はこちら
・『Pizzeria Caracciolo @ Pescara』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~またまたまったりと海ライフ編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~義姉宅でBBQ編』はこちら
・『Ristorante Da Gino @ Rocca San Giovanni』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~トラボッキ見学編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~Abbazia di San Giovanni in Venere編』はこちら
・『Per i Vicoli @ Barrea』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~Barrea観光編』はこちら
・『Il transumante @ Villetta Barrea』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~雨?なバッレーア湖編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~お散歩と諸々編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~Pescasseroli観光編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~マンマと夕食編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~お別れ編』はこちら
・『Il Vecchio Mulino @ Opi』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~Pesina覗き見編』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~ついにL'Aquila編』はこちら
・『Il Barbaro @ Confinio』はこちら
・『2016年Abruzzoへの旅~再び海編』はこちら
・『Il Corallo @ Pescara』はこちら
・『Ristorante Stella D'oro @ Pescara』はこちら
・『La Luna Nel Pozzo @ Elice』はこちら
・『Well Done @ Bologna』はこちら

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

La Luna Nel Pozzo @ Elice

※『Ristorante Stella D'oro @ Pescara』からの続きです。

翌日、相方の実家の1Fにいると突如ドアフォンがなった。

その前に義兄から電話がかかってきてたので、

相:鍵忘れたんちゃうか?!!

って、言ってたら、なんと相方の幼馴染で、もうかなり会ってないGがやってきた。

結局レストランに行こうと言うことになり、3人(G、相方と私)で義兄お勧めのお店へ。

向かった先は相方が幼少の頃過ごしたことのあるElice(エーリチェ)という町にある、La Luna Nel Pozzoというお店。

相方もオーナーとはお友達です。

2016080601.jpg
↑中の一部はこんな感じ

オーナーがお友達ということで、お任せ前菜の盛り合わせをまずはオーダー!

2016080602.jpg
↑サラミ

サラミも新鮮でめちゃうまいのですが、下のフォカッチャがまたおいしい!!

2016080603.jpg
↑確かこちらはズッキーニのいためもの

2016080604.jpg
↑リコッタ

このチーズがまたおいしいったらありゃしない!!

2016080605.jpg
↑確かお豆さんの炒め物

2016080606.jpg
↑これがグリルしたチーズ

このただグリルしただけのチーズがやけにおいしい。
多分、いや、確実にチーズがおいしいから、グリルしただけでおいしいんだわ。。。

2016080607.jpg
↑こちらはポテト

2016080608.jpg
↑そしてお茄子

2016080609.jpg
↑さらにサラミ類

2016080610.jpg
↑ポルケッタ

これもめちゃうまだった!!

2016080611.jpg
↑ポルペッタ(肉団子)

優しいお味で1人で2~3個軽く行けそうな雰囲気・・・

ちなみに3人分で、まだまだ続くのですが、

G:ちょっと、もうお腹いっぱいなんだけど・・・

さらに義兄に絶対に食べて来いと言われたパスタがあって、それを食べずに戻る訳にはいかない!!

なので、

相:まだ続く?
店:別にここでストップしてもいいけど
相:パスタ食べたいからさぁ・・・

で、パスタに切り替えた!

2016080612_20160908041819ca2.jpg
↑こちらが噂のパスタ(名前忘れた・・・)

絵面はよくないけど、めちゃおいしいのです!!!

Gはほぼ食べずで、二人で頑張って食べました。

G:それにしても二人ともよく食べるねぇ・・・

我々をよく知る人たちにはもはや言われなくなったこの言葉。
久々に言われた~って感じ(笑)。

そして!!

2016080713.jpg
↑お口なおしはスイカで!

Gはすでにギブアップでデザートなしでした。

すみませぬ、大食いカップルで。。。

車がないとちょっとアクセスがしにくいのと、この通りにはレストランが立ち並んでいて、ここが一番奥にある感じだけど、行くならやっぱここだなって思った。

またこのパスタを食べに戻りたいな~~~~!!!!



La Luna Nel Pozzo
住所:8 Piazza Dei Salici, Elice (PE)
電話:+39 085 960 9386
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Ristorante Stella D'oro @ Pescara

※『Il Corallo @ Pescara』からの続きです。

翌日は何だか・・・

2016080501.jpg
↑すっきりしないお天気

につき、やっぱ海はなし

その代わりと言うか、その夜は地元友とお食事に行くことにしましたよ。

向かった先は去年からG(相方の親友)が勧めていた、Ristorante Stella D'oroというお店。

私がラブ~~な、Il Coralloのお隣なんです。

2016080502.jpg
↑女子的な内装

Il Coralloはどっちかって言うと男子的な内装かなぁ・・・

2016080503.jpg
↑またまたBosco社のチェラスオーロ

この前に飲んだのがおいしかったので、相方がまたまたこれをチョイス。
ラベルを見るとラインがちょっと違うみたいだけど、こちらもやっぱおいしい!!!

今回の参加メンバーは、相方の大学友のB&M夫妻、そしてペスカーラで外食と言えばこのカップルのG&D夫妻、そして我々の6名。

お薦めした親友Gは不参加でした。

我々の大半がオーダーしたのは・・・

2016080504.jpg
↑Assaggi di antipasti crudi(生の前菜)

やっぱ海地帯だとこれが気になる!!

一瞬。。。

G:えっ、これだけかよ・・・

と思ったら!!

2016080505.jpg
↑もう1皿出てきました!

2016080506.jpg
↑Dのパスタは多分、Tortelli stellari(トルテッリ・ステッラーリ)

何とも盛り付けが美しい!!

そしてG、M、相方と私のチョイスは・・・

2016080507.jpg
↑Risotto alla rapa rossa con frutti di mare(海の幸のリゾット、ビート風味)

色は赤いんだけど、そんなにビートの味がしなかった。
って、ビートってそんなに味、強くないものかなぁ・・・

ちなみにBはパスタはパス。
大抵、夜に外食する時はパスタ食べないことが多いB。

私はそんなにお腹が減ってなかったので、セコンドはパス。

変わって相方、G、Mがオーダーしたのは・・・

2016080508.jpg
↑Filetto di tonno al miele e pistacchi(マグロのフィレ、ハチミツとピスタッキオ風味)

これは微妙だったかも・・・

クリエイティヴを売りにしてるのかもだけど、マグロは普通にグリルして塩とレモンでいいかも(笑)。

相方はまったくもってお気に召さなかったご様子。。。

Mのを少しお味見したBも、お気に召さなかったようで、Mが勧めても断固として断っていた。

そんなBはシンプルに・・・

2016080509.jpg
↑Frittura di calamari e gamberi(イカとエビのフライ)

これは正解かも。

見てたら私もこれ、食べたくなったけど、ちょっと我慢!

そしてほとんどのメンバーがオーダーした(私も含めて)、

2016080510.jpg
↑ソルベット

そしてDは、

2016080511.jpg
↑チーズケーキ

今さらな気がするけど、イタリアはここんとこちょっとチーズケーキ・ブームなようで、どこに行っても最近チーズケーキが入ってる。

多分珍しいと思ったのか、Dが一口くれたけど、日本じゃぁ~20年ぐらい前にブームで何も珍しくないよ・・・って思ったけど、黙ってた(笑)。

クリエイティヴで他と違うのは凄いなって思うけど、お料理はシンプルに素材のお味をいただきたい私と相方的にはやっぱIl Coralloに軍配が上がるかなぁ・・・・

まぁ、他と比較できたのはいいことだ!

そしてその後近くのバールで、ここを推薦したGも参加して・・・

2016080612.jpg
↑コーヒーです、これ

なんともペスカーラ的な夜は更けていきました。。。。



Ristorante Stella D'oro
住所:Viale Primo Vere 69, 65100 Pescara
電話:085 9049622
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Il Corallo @ Pescara

※『2016年Abruzzoへの旅~再び海編』からの続きです。

この日ついに!!!

Il Coralloへ!!!

もう、中毒化してて、ペスカーラに来たらここに来んと・・って感じ!!

まずお食事のお供は・・・

2016080405.jpg
Torre dei Beati社の“Bianchi Grilli

Trebbiano d'Abruzzo DOCですよ。

これがめちゃおいしかった。

アブルッツォで飲むトレッビアーノと日本で飲むとではちょっとお味が違う気がする。

そしてもちろん、このレストランに来たと言うことは・・・

2016080406.jpg
↑Antipasti crudi(生の前菜)

いつもこれが楽しみで楽しみで仕方がない!!

この日はパスタのチョイスが珍しく分かれた我々!

と言うことで、パスタだけにしようということになった。
(すでにアンティパスト=前菜は食べてますが・・・)

2016080407.jpg
↑私のチョイスはシーフード全開のパスタ

やっぱうまいのです!!!

ほんとにうますぎて、思わず・・・

G:これってどうやって作るんですか?

って、お店の人に聞いてしまった(笑)。

この場合、大抵は

店:企業秘密ですから・・・

なんですけど、なんと教えてくれた!!

が・・・

店:おいしさの秘訣は素材ですよ、素材!
  うちは厳選してますから。

そうでしょう、そうでしょう。

作り方を教えてもらったところで同様にはできない。

ちなみにその後家に帰ってちょっとここで習ったメソッドを真似て魚介のパスタを作ってみたら、いつもよりかなりおいしくなってたけど、やっぱお店の味ではなかったなぁ。。。

2016080408.jpg
↑相方はトマトソースベースの魚介のパスタ

こちらもかなりおいしく、相方は凄く気に入ったご様子。

さぁ、お腹いっぱい・・・なのに!!

店:キッチン・クローズなんでセコンドどうしますか?
  何だったら、後で特別に僕がセコンド作りますから
  ゆっくりしてってくださって結構なんですけど。

で、予定外の・・・

2016080409.jpg
↑魚介のミックス・フライ(爆)

こう言われると意外と断れない男、相方!

結局二人で協力してこのを食べ終えてお腹はちきれそう!!

でも!!

2016080410.jpg
↑ソルベは別腹!

そうそう、cA_riNoさんに言われるまで気に留めたことのなかった、チャイルド・シート。

cA_riNoさんいわく

c:アブルッツォってどこも木の同じスタイルなんですよ。
  他の見たことないんですけど、ありますか?

で、ふと見ると・・・

2016080411.jpg
↑同じスタイルだけど、白いよ!!

あ~~~、cA_riNoさんたちをここにお連れしたかったんだけどなぁ。。。

とにかくいつ来ても大満足のお店で、一番のお気に入り!!



Il Corallo
住所:Viale Primo Vere, 71, 65129 Pescara
電話:085 451 4490
営業;要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~再び海編

※『Il Barbaro @ Confinio』からの続きです。

ペスカーラに戻ってきた翌日はやっぱ、海

2016080401.jpg

実は今年初めころにペスカーラの海が汚染されているとニュースが流れたので、人は少な目。

どうもその後、検査したところ雨が降ると川近くは微妙だけど、我々のいつも陣取ってる地帯はまぁまぁ大丈夫じゃないのってことらしい。

むしろ、人が少ない分、水はいつもよりもキレイな感じで、クラゲもちらほらと出てたし、小魚なんかもいたんだけど。

2016080402.jpg

結局この日はま~~~~~ったりと、最後の海(この時点ではまだまだ泳ぐぞ!だったんだけど、その後予定やら天候に左右されてこれが最後の海となった)を思う存分楽しんだ。

その後、ティチーノ友のKさんご夫妻(旦那さまがペスカーラ人で同じく帰省中)と一緒にビーチ・ハウスでアペリティーヴォ。

知り合った当初から、「ペスカーラに帰省した時は会いましょうね!」と言いながら、この時まであえてなかったのです。

何年越しかの約束も達成し、ほんと素敵な1日!!

2016080403.jpg
↑↓夕暮れも楽しんだ
2016080404.jpg

こういうのを見ると、やっぱ海辺の町に(イタリアの!)住みたいな~~~って思う。

やっぱ海って最高~~~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Il Barbaro @ Confinio

※『2016年Abruzzoへの旅~ついにL'Aquila編』からの続きです。

ラクイラを後にし、向かった先は同じくラクイラ県にある、Corfinio(コルフィーニオ)という小さな町。

2016080328.jpg

ここには相方のお友達が家族が住んでいますよ。

お友達とは、Il Barbaroというレストランで落ち合いました。

2016080329.jpg
↑ここでもチェラスオーロで乾杯(笑)

Antica Casa Vitivinicola Italo Pietrantonj社のCerano

お店のお勧めだけあってとっても美味!!!

そしてもちろん・・・

2016080330.jpg
↑アッロスティチーニ

何気に私、本日2度目!

でも入る!!
だって好きだもの!!

そして普通のアッロスティチーニに加えて・・・

2016080331.jpg
↑こちらはフェーガト(肝臓)バージョン

これは新鮮なのが入らないとダメなので、どこでもあるって代物ではない。

とっても美味~~~~!!!

ワイン片手におしゃべりとアッロスティチーニに花がさく(笑)。

が、やはり・・・

2016080332.jpg
↑↓デザートも忘れない!!
2016080333.jpg

さらにここでも・・・

2016080434.jpg
↑お店からサービスの食後酒が!

ここでもやっぱドカンとボトル置き去り!!

2016080435.jpg

この日はお友達主催のコンサートが行われていて、それを見ようと思ってたのに、結局おしゃべりとご飯とで終了・・・

そうそう!!

この帰り道にシカに遭遇!!!!



Il Barbaro
住所:Piazza Corfinio 9, Corfinio
電話:0864-728207
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~ついにL'Aquila編

※『2016年Abruzzoへの旅~Pesina覗き見編』からの続きです。

そしてついに念願のアブルッツォ州の州都L'Aquila(ラクイラ)へ。

まずは・・・

2016080317.jpg
Basilica di Santa Maria di Collemaggio(サンタ・マリア・ディ・コッレマッジョ教会)へ

残念ながら修復中で中には入れず

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、アブルッツォ州の州都ラクイラは、2009年に地震に見舞われました(こちら)。

それから7年。。。

修復はあまり進んでないとは聞いていたけれど・・・

でも、工事音がしてたので、手が入ってるだけ良かったと思わないと。。。

その後はお楽しみの、

2016080318.jpg
Fontana delle 99 cannelle(99の水管をもつ噴水)!!

ちなみに先の教会からは場所が少し離れてます。

噴水は駅から徒歩圏内。

我らも駅前に駐車してそこから徒歩で向かいましたよ。

2016080319.jpg
↑さ~ぁて入るぞ!!

で、いきなり一歩進んだ時点でつるっと滑った私

それと助けようと一歩踏み出た相方も同じ場所でつるっ!!

って、学習しようよ・・・

このパターン結構多くって、前もどっかで私を助けようと思ったんだろうけど、同じスポットで滑ってド~~~ンと突き飛ばされたことがある・・・・

もとい・・・

2016080320.jpg
FAIがここにも!!

FAIについてはこちらを。

2016080321.jpg

2016080322.jpg
↑↓それぞれお顔が違う!!
2016080323.jpg

2016080324.jpg
↑ちょっと強面もあり

2016080325.jpg
↑横の水管から出てる水を触った

すっごく冷たくってびっくり!!

この日は結構暑かったんだけど。。。

楽しみにしていた水管を見たので、旧市街へ向かう。

が・・・

2016080326.jpg
↑いまだ入れず・・・

なんだかんだ言いながらもアブルッツォをこよなく愛してる相方の顔をすごく曇ってしまった。

無理やり連れて来てって言ったことをかなり後悔した瞬間だったけど、現状を自分たちの目でみておくことも大切なんじゃないかとも思った。

2016080327.jpg
↑駅もひっそり・・・

いつか修復が終了し、また人の往来が復活しますように。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~Pesina覗き見編

※『Il Vecchio Mulino @ Opi』からの続きです。

お腹を満たしたので、今度こそいざ、ラクイラへ!!

と、道中・・・

2016080314.jpg
↑お城?!塔???

城や塔が好きな私は思わず、

G:ちょっと、どっか車止めらへんの、車!!

ここはラクイラ県にある、Pesina(ペシーナ)という小さな町。

そうそう!!

何度か触れていますが、いまだ我々がいるのはアブルッツォの国立公園内!

なので、この辺りの道路には、シカや、クマ注意の標識がいっぱい。

そしてここにも・・・・

2016080315.jpg
↑この先2キロはシカ注意の標識

大抵その2キロ先にはまたこの先2キロシカ注意の標識が延々と続く(笑)。

「え~~~~、そんなん出るか~~~?!!」とお思いでしょうが、やっぱ国立公園内!

出ます!!

特に夜は要注意!!

ちなみに相方もこの前々日に一人で夜、ペスカッセーロリのマンマの元から帰る途中に道路のど真ん中にかなり大き目のシカがドド~~~ンと道をふさいでいて、ちょっと、いやかなりびっくりしたそうです。

もとい・・・

私が気になっていた建物は、

2016080316.jpg
Torre Piccolomini(ピッコロミニの塔)だったみたい

元々は城塞の一部だったようです。

が、1915年に起きたマルシカ地震(伊語はこちら)でお城は崩壊したみたい。

ほんとラクイラ県って昔から震災に見舞われてたんだなぁ・・・

山々の中に今も力強くそびえてる塔にアブルッツォの力強さを感じました。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Il Vecchio Mulino @ Opi

※『2016年Abruzzoへの旅~お別れ編』からの続きです。

ホテルに引き返し、鍵を渡し、またひきかえしてるとお昼時・・・

結局、ホテルからほど遠くないIl Vecchio Mulinoというところでランチを食べることに。

2016080303.jpg

何度か通っていて、相方がとても気になっていたご様子・・・

が、大抵相方のこういう(野生の)勘は大当たり!!

2016080304.jpg
↑お食事のお供は、Bosco社のチェラスオーロ

2016080305.jpg
↑私のプリモはキノコとトリュフのパスタ

最初メニューにはキノコのパスタってなってたけど、これをオーダーしたら店員さんが。。。

店:トリュフ好きだったら入れれますけど。
G:入れてください!!

で、トリュフ入り。

トリュフと言えばピエモンテ州のアルバが超~有名ですが、実はアブルッツォの名産品の1つでもあるんですよ。

そう、アブルッツォはあまりに知られてませんが、美食の州!!

このパスタが絶品だった

2016080306.jpg
↑相方のプリモは猪肉のラグー(ミートソース)のパスタ

やっぱ山!
ジビエ系もうまい!!!

2016080307.jpg
↑相方のセコンドはマスのグリル

何気に生け簀があって、そこからとれたてのマス!
めちゃめちゃおいしかったらしく、パクパクと食べていた相方。

2016080308.jpg
↑私はやっぱアッロスティチーニ!

ほんと大好き、アッロスティチーニ!!!

うちのブログでは何度が出てきてますが、アッロスティチーニ(Arrosticini)は羊の串焼きです。

羊料理が得意なアブルッツォらしく、やっぱ羊肉の扱い方をよくご存知でって感じで臭味もなく(場所によるけど)、ラム肉があまり得意ではない私でもガンガンいけちゃう一品!

ちなみにこのカエルのような入れ物は本当にアッロスティチーニを入れる入れ物で、アブルッツォのスーパーで普通に売られてる。

2016080309.jpg
↑相方はデザートもガッツリと・・・

2016080310.jpg
↑お店からのサービス、食後酒

大抵ショットグラスみたいなのに入れて持ってくるのに、ここはグラスと瓶をド~~~~~んと置いてって(笑)。

ここはアグリやキャンプもやってるみたい。

そして生け簀だけじゃなくって・・・

2016080311.jpg
↑アヒルやら、

2016080312.jpg
↑ブタちゃんやらもいた

ブタとは知らず、遠目で・・・

相:ネコおるわ、ネコ!!

って言ってたら、隣のテーブルの男の子が

子:イヌやで、イヌ!!

と、またまたその隣のおばさんが、

お:ブタよ、ブタ!!

と、大阪か ってつっこみたくなるぐらいに、みんな人の話に割り込んできてました(爆)。

ここはこの周辺に来たらまた行きたいお店!!



Il Vecchio Mulino
住所:S.S. Marsicana Km 52, Opi (AQ)
電話:+39 0863 912232
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~お別れ編

※『2016年Abruzzoへの旅~マンマと夕食編』からの続きです。

翌日はcA_riNoさんのダーリンの調子も回復!

そして出発の日です。

この後cA_riNoさんたちは姫がまだ小さいのでスイスまで一気に戻るのは大変ってことでラヴェンナにいらっしゃるとのこと。

スイスで一番仲良くしていただいていたcA_riNoさん。
そして家族ぐるみで仲良くしていただいてcA_riNoさん。

スイスは小さな国だけど、山やら何やらで意外と遠くなってしまい、結局アブルッツォで会うということに(笑)。

そんなアブルッツォでの再会もこの日が最後。
何とも心惜しい気持ちでいっぱい。

チェックアウトの後、cA_riNoさんご家族とお別れ。

しんみりした気持ちで車を走らせていました。

わが家は私がまだ見たことのないアブルッツォの州都ラクイラへ行こうということになっていた。

途中・・・

2016080301.jpg
↑アブルッツォの山々が素敵な景色の写真を撮ってると。。。

相:あ~~~~~~っ!!!
G:どうしたん?!!

2016080302.jpg
↑相:ホテルの鍵持ってきてもた!!

で、またまたホテルへ逆戻り

なんだかしんみり感もふっとんじゃいましたよ、ほんと。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~マンマと夕食編

※『2016年Abruzzoへの旅~Pescasseroli観光編』からの続きです。

夕食はマンマが宿泊しているホテルで取ることにしましたよ。

去年も書きましたが(こちら)、その日の食事リストからプリモ、セコンド、ドルチェのチョイスを事前にする必要があります。

ホテルの好意で(本当は昼ごろまでには言っておかないといけない)、直前だけど、できそうなものでやってくれるとのこと。

2016080217.jpg
↑私のプリモ

上の黒いのはトリュフです。
先にも書きましたが、アブルッツォの山の手の方はトリュフがとれて、トリュフが有名だったりします。

ちなみにイタリアの高級食材でアブルッツォで有名なのはトリュフ以外にもサフランもあったりしますよ。

そして写真には撮ってませんが、cA_riNoさんは姫が好きなトマトソースのパスタに。

やはり飛びつきます、姫!!

姫の豪快な食べっぷりにマンマも、

マ:すごくトマトソースのパスタが好きなのね。
  小さいのによく食べて偉いわ!!

と、大絶賛!!!

多分姫はcA_riNoさんのパスタの半分ぐらい食べた模様。

なので、食べかけて申し訳ないが私のパスタをcA_riNoさんに少し分け分け。

2016080218.jpg
↑私のセコンドはポルペッタ(イタリア風ミートボール)

相:なんでそんなヘビーなチョイスなん?!

って、ほっといてくれ!!

基本的にパスタ好きな姫はもうこの時点でごちそう様。

cA_riNoさんはお魚をオーダーしてたんだけど、もうお魚はいりませ~~~~んモードの姫。

2016080219.jpg
↑マイペースな相方のセコンド

この旅行中に姫が気に入った歌の1つ、『おべんとうばこのうた』でごまかす(笑)。

相:覚えそうやわ、この歌。

と言うぐらいに歌いました(爆)。

ちなみにスイスに戻られてから、

c:家でもおにぎり握ってるよ~~~!

と、ラインいただきました(笑)。

ちなみにこの歌は甥×3の心もわしづかみにした歌。
何がそんなに子供心に響くのか?!!

cA_riNoさんのデザートはフルーツだったけど・・・

2016080220.jpg
↑私はアイス

今日は特別(あんまり夜のアイスはよくない)、姫にも少しおすそわけ~~~!!

最後まできさんじ(きっと大阪弁かな?!明朗活発でさっぱりと外交的って感じかなぁ。だいたい子供に使うことが多い気が。育てやすいいい感じの子供に対して使う。)で、ここでもじじばばの心をわしづかみにした姫でした。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~Pescasseroli観光編

※『2016年Abruzzoへの旅~お散歩と諸々編』からの続きです。

誰もいない方がcA_riNoさんのダーリンもゆっくりと休めるかな&夜ご飯も食べたくないとのことだったので、cA_riNoさんのダーリンを一人ホテルに残し、我々は近くのPescasseroli(ペスカッセーロリ)に向かうことにしましたよ。

めちゃめちゃ小さいけど、ここには国立公園に生息する動物を展示したプチ動物園があるので、姫が喜ぶかしら・・・ということで。

2016080210.jpg
↑閉園30分前につき、ちょっとディスカウントしてもらったチケット

去年は出てきた目玉のクマ(こちら)が、今年は探せど探せどいない・・・

去年はそっぽ向きまくりのシカは・・・

2016080211.jpg
↑やっぱそっぽ向きまくり!

動物はすべて「ワンワン」な姫。

姫:ワンワン!!

の姫の一声に・・・

2016080212.jpg
↑サービス精神が出てきたシカ!

めちゃめちゃヌ~~~~っと近くにやってきてちょっとびっくりした。

そして去年は見れなかったカワウソも今年はサービスで泳いでくれれた(笑)。
早すぎて写真には撮れなかったけど・・・
ちょっと遠かったし。

残念ながら去年いたカモシカ君はいなくなってた。
国立公園に返されたのかなぁ・・・

そしてこちらは去年いなかったと思われる、

2016080213.jpg
↑オオカミも大忙しの闊歩!

これまた早足過ぎて、いい写真が撮れなかったんだけど。。。

もちろん、オオカミには姫もガッツリ、

姫:ワンワン!!

確かに一見似てるものねぇ。

と、動物を呑気に動物を見てると、何やら聞き覚えのある声!

入口から相方(はマンマを呼びに行っていた)が大声で私の名前を呼んでいた。

どうも閉館時間で、危うく我々三人はこれらの動物と一緒に館に閉じ込められそうになっていた。

相方もたまには役に立つ。
いや・・・

閉館前に中チェックしてくれ~~~!!

ここからはマンマ合流でペスカッセーロリの町を散策。

と言うか、マンマが本を買いたいからと本屋に行くんだけど

ほんと親子そろって自由・・・

アブルッツォは、Ferratelle(フェッラテッレ)という薄いワッフルみたいなお菓子も有名。

相方の家ではいつもスーパーで買ってるみたいだけど、手作りする人も結構いるらしい。

なので・・・

2016080214.jpg
↑その型を売ってるお店

私も1つ欲しかったなぁ・・・

と、町を歩いてると・・・

2016080215.jpg
↑姫:ワンワン!!

こちらはオオカミの置物です。

そして姫はこちらも↓「ワンワン!」って言うけど・・・
2016080216.jpg
↑こっちはクマさんね・・・

ここでもすっかり姫のパパラッチ化している相方は大急ぎで姫の写真を撮ろうとしてました。

ちなみに相方は声が低いのに大きいから姫は怖がっているため、相方の愛は一方通行です。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~お散歩と諸々編

※『2016年Abruzzoへの旅~雨?なバッレーア湖編』からの続きです。

翌日は、体調がすっきりしないcA_riNoさんのダーリンのチョイスで、周辺を流れるSangro(サングロ川)沿いをお散歩することにしましたよ。

2016080201.jpg
↑姫の運転でLet's go~~~!!

と言うのは冗談ですが。。。

どうも姫はこの運転が気になるようで、運転席に座りたがるようです。

2016080202.jpg
↑先にも書きがましたが、こちらはアブルッツォにある国立公園内

2016080203.jpg
↑↓川の水が本当に澄み渡っている
2016080204.jpg

さすがに国立公園内なので・・・

2016080205.jpg
↑お散歩中に鹿に遭遇

この後この近くのお店でハムやチーズ、そしてビールなんかも買ってお昼はここでピクニックすることにしましたよ。

が、やっぱcA_riNoさんのダーリンの体調は芳しくないようで、私がおでこに手をあてて見た感じ、ちょっと熱がある雰囲気。

体温計を持参してるってことだったので、一旦お部屋に戻ることにしましたよ。

そして計ってみるとやはりお熱が・・・

お薬が嫌いなcA_riNoさんのダーリン。
が、そこは仲良し相方(←こちらはお薬大好き)から一言・・・

相:これは絶対にParacetamolo(パラセタモール)と飲んだ方がいいよ!!
  持ってる?!

薬嫌いやって言うてるやろが

と言うことで・・・

2016080206.jpg
↑姫の運転で薬を買いに・・・

は冗談で、今度は相方の車の運転席を陣取っております、姫(笑)。

バッレーアの歴史地区の入口に薬局があったので、ひとまずそこまでお薬を買いに。

お昼休み明けまでもうちょっとって感じだったので、しばし湖を眺める↓
2016080207.jpg

そうそう、運転席以外にも姫のお気に入りがもう1つ!

2016080208.jpg
↑なぜか私がシチリアで買ったコッポラ帽がお気に入りのご様子

2016080209.jpg
↑湖を見つめる姫は何を考えてたのかなぁ・・・

そうこうしているうちに薬局がオープン。

お薬を買ってcA_riNoさんのダーリンの元へ。

いつもは子供扱いだが、ここではお兄さん面をしまくる相方は、cA_riNoさんのダーリンに向かって・・・

相:ちゃんと薬飲んでよ!
  そして水分をちゃんと取ること!!
  あと、睡眠もね!!!

と。

いつもは私に言われてることを、やっと誰かに言えてドヤ顔の相方でした(爆)。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~雨?なバッレーア湖編

※『Il transumante @ Villetta Barrea』からの続きです。

協調性のない人種の1つにイタリア人があがってくると思うのですが、そんなイタリア人の中でもよく言えば自由、悪く言えば自分勝手が家訓のような家に育っている相方は。。。

相:マンマんところに行ってくる~~~!

と、一人Pescasseroli(ペスカッセーロリ)に避暑に行ってるマンマのもとへ

ひとまず我々は水際好きな姫を連れてバッレーア湖に近づくことにしましたよ。

が、到着が遅かったせいか、それとも天候のせいか・・・

2016080121.jpg
↑あまりひと気がない・・・

さらに・・・

2016080122.jpg
↑雲が広がってきた

ポツリポツリと来た感じだったので、ホテルに退散することに。

なんだか今年のアブルッツォ旅行はちょっぴりお天気に恵まれてないかも。。。

そして、慣れない海辺ライフのせいか、それともアブルッツォの湿度と暑さのせいかcA_riNoさんのダーリンが頭痛に悩まされ始めた。

結局、自由人相方はマンマと一緒に夕食を食べると言い出したし、cA_riNoさんのダーリンの体調もあまりよくないので、夕食はホテルで取ることにした。

2016080123.jpg
↑これは私のプリモ

これまたこの辺りのピアット(1皿)なのか、見たことのない感じのパスタ。

そして、セコンドも・・・

2016080124.jpg
↑ガッツリ系

ここでcA_riNoさんのダーリンはお部屋に戻ることに。

残ったcA_riNoさん、姫、私はデザートまでいただく。

ホテルの1Fはフロントをはさんで、向かって左に食堂、右にバールがある。

そのバールが夜、ディスコ・チックなライトを放つのですが。。。

2016080125.jpg
↑早くも姫はディスコ・デビュー

同年代の男子にもナンパされてました(爆)。

やっぱ姫の美しさはイタリア人の心をすべてわしづかみ!!!

ちなみに翌朝、姫のディスコ・デビューは知ったcA_riNoさんのダーリンはショックを受けていました・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Il transumante @ Villetta Barrea

※『2016年Abruzzoへの旅~Barrea観光編』からの続きです。

さてさてお昼時になったので、どこかでランチをしようと言うことになった。

てっきり歴史地区の別のレストランで食べるのかと思ったら、バッレーアに隣接する、Villetta Barrea(ヴィッレッタ・バッレーア)に移動。

そう、まずは現金をGETしなければならないというミッションがあったから(笑)。

なんとな~~~くのいつもの相方の野生の勘でチョイスしたのは、Il transumanteと言うお店。

みんな、「プリモだけでいいかなぁ・・・」「セコンドだけにしようかな。。。」と言ってる中、

相:セットメニューにするわ!!

と、またまた一人の世界・・・

相:セットで!
店:いや~、一人で食べ終えた方いらっしゃらないですよ。
相:セットで!!

2016080111.jpg
↑相方のセットに入ってたアブルッツォのサラミやチーズ類のアンティパスト(前菜)

サラミの1つはなんとトリュフ入り!!
そう、アブルッツォはトリュフも取れるのですよ。

やっぱ山側のサラミ類はとてもおいしい!!
なんでアブルッツォ産のは有名じゃないのか不思議なぐらい。

2016080112.jpg
↑確かこれはcA_riNoさんのダーリンがオーダーした1品で、豆類だったと思ったんだけど・・・

2016080113.jpg
↑もちろんお食事のお供はMontepulciano d'Abruzzo(モンテプルチャーノ・ダブルッツォ)!

2016080114.jpg
↑私とcA_riNoさんチョイスの"Pancotto(パンコット)"という郷土料理

このパンコットはこの辺りのピアット(1皿)みたいで、相方も知らなかった。

もともとはカチパン(硬くなったパン)をリサイクルするための一品だったんじゃないかなぁ・・・
これ、かなりおいしくってとっても気に入った!!!

2016080115.jpg
↑相方のパスタは確か猪肉のミートソースのパスタだったはず

これ、少しお味見させてもらったけど、おいしかった~~~~~!!

2016080116.jpg
↑私とcA_riNoさんダーリンのセコンドはポルペッタ(ミートボール)

シンプルだけどお肉のおいしさが感じられる1皿。

2016080117.jpg
↑やっぱ出た~~~!
相方のメニューに入ってたアッロスティチーニ

もちろん1本いただき~~~~!!!

2016080118.jpg
↑まだまだ続き相方のメニューは"Cipollata(チポッラータ)"というこの土地の郷土料理

こちらはチポッラ(玉ねぎ)がメインのお料理。

相方のメニューは基本、郷土料理で構成されたメニュー。
まだもう少し続くんだけど、1皿の量も結構な量。

で・・・

相:もうこれで・・・

で、お店の人に何か言われれるかと思いきや!!

店:いや~~、ここまでたどり着いた人は初めてですよ!!

で、

2016080119.jpg
↑何故か記念のワインをもらった相方(爆)

大食いが功を奏したのか?!!

2016080120.jpg
↑最後はソルベでしめ~~~!

※カフェ(エスプレッソ)もこの後飲んでますけど。

アブルッツォと言えどもペスカーラとはまたまた郷土料理が違うのが面白い。

またこの辺りに来たら立ち寄りたいお店の1つになりました。



Il transumante
住所:Via Benedetto Virgilio, 59, Villetta Barrea (AQ)
電話:+39 338 159 6577
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~Barrea観光編

※『Per i Vicoli @ Barrea』からの続きです。

翌日はせっかくバッレアにいるので、バッレアの歴史地区を観光することにしましたよ。

2016080101.jpg

ホテルでいただいていた観光チケットでまずは、お城へ。

去年も来たけど(こちら)、やっぱここからの・・・

2016080102.jpg

バッレーア湖と山々の眺めは最高!!

2016080103.jpg

2016080104.jpg

2016080105.jpg
↑そして今年もお決まりのポーズ
※去年はこちら

去年は気づかなかった(あったのか??)けど、観光チケットに含まれている施設の1つに・・・

2016080106.jpg
↑Sala dei pipistrelli(コウモリのお部屋)なるものがあった

cA_riNoさんたちは、

c:ここだけはないな・・・
G:よねぇ・・・
相:行きた~~~い!!

で、まったく協調性のない発言。
幸い閉まっていたのでよかったですけど。。。

2016080107.jpg
↑バッレーアの歴史地区は石の道&階段が多い

しかしここでも姫は元気よく一人で歩いていました。

2016080108.jpg
↑Chiesa della Congrega di Santa Maria delle Grazie(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会)

ここは去年同様、門に鍵がかかっていて中には入れません。

2016080109.jpg
↑湖を眺めながら語る男性陣(笑)

またまたcA_riNoさんと私はツアーで一緒になった別の客状態(爆)。
このパターン多いです。

2016080110.jpg

バッレーアの歴史地区はそんなに大きくないけれど、アブルッツォの山の手の町の1つらしく、とてもかわいいので私は気に入っている。

cA_riNoさんご家族も気に入ってくれてたらいいなぁ・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Per i Vicoli @ Barrea

※『2016年Abruzzoへの旅~Abbazia di San Giovanni in Venere編』からの続きです。

トラボッキ地帯を後にして、Barrea(バッレーア)のホテルへ。

バッレーアは去年にも行ったところ(こちら)。

なんだかんだで到着が遅くなったのもあって、チェックインしてしばらくした後、バッレーアのレストランで夕食をとることに。

相方がチョイスしたお店はPer i Vicoli

2016073119.jpg

お店に入ってすぐに・・・

相:クレジットカードは使えますか?
店:現金だけになります。

で、スイス・フランしか持ち合わせてない我々は汗~~~~~

ひとまずオーダーだけして男性陣はバッレーアで唯一と言われているATMへGO

随分として戻ってきた男性陣が・・・

男:ATM壊れててお金下せんかった・・・

と、ここで一同、何ユーロ持ってるか、細かくチェック!!

寄せ集めれば何とかいけそうってことになった。
※ホテルに財布を置いてきていた私がホテルに戻れば大丈夫な感じだったんだけど。。。

2016073120.jpg
↑相方と確かcA_riNoさんのダーリンがオーダーしたパスタ

と、cA_riNoさんご家族のオーダー品のお写真は撮ってないので、わが家オーダーの写真のみとなりますが・・・

2016073121.jpg
↑私オーダーのアブルッツォのプロシュットとスカモルツァ・チーズのグリル

とにかくスカモルツァが好きなんだけど、アブルッツォ以外と食べるとだいたいアッフミカータ(燻製)になっている。

燻製品は一切 な私はここアブルッツォでしかこの好きなスカモルツァ・チーズが食べれないので、何のためらいもなくオーダー!

ちょっと塩味が強いけど、やっぱ好き

2016073122.jpg
↑相方のサルシッチャ

絶対に山の手に来ればオーダーするサルシッチャ(ソーセージ)。

これまた美味です。

2016073123.jpg
↑お食事のお供はもちろんMontepulciano d’Abruzzo(モンテブルチャーノ・ダブルッツォ)!

何気にcA_riNoさんご家族とアブルッツォ旅行して初のモンプルかな?!!

2016073124.jpg
↑お店のお兄さんは男前かつ、とても感じがよい

なのでカメラを向けるとこのポーズをとってくれた(笑)。

さぁ、コーヒー飲めるか?!!ってことで・・・

2016073125.jpg
↑それぞれ持ちユーロを出し合う(笑)

みんなクレジットカードは何枚か持ってるんだけどねぇ・・・

なんとかコーヒー代もありそうなので、コーヒーを頼む。

可哀そうに思ったのか・・・

2016073126.jpg
↑男前のお兄さんから食後酒のサービス

違った意味でドキドキ・ハラハラな夕食でした。

アブルッツォの山系のお料理もcA_riNoさんご家族は気に入ってくれたかなぁ・・・



Per i Vicoli
住所:Via Leonardo di Loreto 6, Barrea
電話:+39 0864 88282
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~Abbazia di San Giovanni in Venere編

※『2016年Abruzzoへの旅~トラボッキ見学編』からの続きです。

この日はいつもにも増して暑かった!!

トラボッキ見学は要は海側で日よけがないので、近くの Abbazia di San Giovanni in Venere(サン・ジョヴァンニ・イン・ヴェーネレ修道院)へ。

こちらの修道院からは・・・

2016073110.jpg
↑アドリア海が一望できる!!

そして修道院の前にはオリーブの木がわんさか。

こちらの修道院、なんとヴィーナス神殿の上に建てられた修道院なんですよ。

実はこちら、すご~~~く前に連れてきてもらったことがある(こちら)。

2016073111.jpg
↑↓外観はこんな感じ
2016073112.jpg

2016073113.jpg

草も揺るがずな外とは対照的に中はややひんやり。

結構大きな教会だし、教会中なので車の心配もないので姫は自由に行動できて嬉しそう

しばし教会の中で一休みした後は、こちらの修道院の中庭へ。

2016073114.jpg
↑ここでも姫は一人ですたすたと回廊を進む

その姿をスマフォで写真を撮ろうと追う相方は既に姫のパパラッチ(爆)!

2016073115.jpg
↑↓中庭はこんな感じ
2016073116.jpg

中庭でしてはいけないこと看板があったんだけど・・・・

2016073117.jpg
↑Entrare nelle aiuole(花壇に入る)
 Cogliere fiori(花を摘む)
 Scrivere sui muri(壁に落書きをする)

・・・

そう、強調するために、それぞの前に別の色で"NO(~してはいけない)"が入ってたんだけど、風化して消えてた(笑)。

2016073118.jpg

悪いことをするとイエスさまが見てますよ!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~トラボッキ見学編

※『Ristorante Da Gino @ Rocca San Giovanni』からの続きです。

お昼を食べたレストランがある、 Rocca San Giovanni(ロッカ・サン・ジョヴァンニ)の海岸を始め、その北側のSan Vito(サン・ヴィート)の海岸、そして南側のFossacesia(フォッサチェースィア)の海岸辺りは特にトラボッキが有名です。

トラボッキ?!!

こちらもアブルッツォ名物の1つなのですが、1体だとトラボッコ(Trabocco)で、複数体あるとトラボッキ(Trabocchi)となります。

何かというと、魚を取るマシーン(?)です。

マシーンと言うか、超~~~~オーソドックスに木製。

2016073105.jpg
↑↓こんな感じ
2016073106.jpg

海岸近くに木製で小屋みたいなのを作り、その先には網がついている。

この網を用いて魚を取っていたみたい。

多分今はこれでは漁業やってないと思うんだけど(不確か情報)・・・

2016073107.jpg

その代り、今はレストランとして活躍してるトラボッキがたくさん。

2016073108.jpg

そのレストランでサーヴしてくれるお魚はそのトラボッコで魚を取ってるのかもしれないけど。

2016073109.jpg

ちなみにトラボッコ、ミラノのエキスポにも飾られてましたよ(こちら)。

これぞアブルッツォって感じの場所の1つなので、こちらには掲載してませんがcA_riNoさんご家族と一緒にトラボッコで記念撮影をしました。

そして!!

その後なんとcA_riNoさんがその写真を用いてポストカードを作ってくださったみたいで、家に記念の1枚のポストカードが届きましたよ

なんとも素敵な心配りに脱帽!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Ristorante Da Gino @ Rocca San Giovanni

※『2016年Abruzzoへの旅~義姉宅でBBQ編』からの続きです。

翌日はペスカーラ(海)から山の手の方へ移動する日。

移動する前にまだ行けてなかった、これまたこれぞアブルッツォ料理を食べに行こうということになった。

向かった先は、相方のお兄さんお勧めのRistorante Da Ginoというお店。

2016073101.jpg
↑ハウスの白をオーダー

なぜか氷が入って出てきた。

相:何でやねん!
G:暑い&アルコール度が高いからとちゃうん?!!

怒っていたが、最終的にはやっぱ氷入りでよかったと思う相方なのですが・・・

と言うのも、外も暑い、そしてこれから食べるものも熱いから、ちょうどいい感じ!!
それにやっぱそこそこのアルコール度っぽいお味。

2016073103.jpg
cA_riNoさんダーリンのシーフードの前菜

そしてダーリン以外の我々はアブルッツォ名物、

2016073102.jpg
ブロデット(魚介のスープ)

ちなみにこちらは1人前なので、これが3つ出てきてます。

色々な種類の魚介が入ったトマトベースのスープで、ついつい食べるのに集中してしまう(笑)。

事前オーダーが必要でした。

あっつあつで出てくるのと、好き嫌いがあるので、ひとまず相方は3つだけ事前予約してたみたい。

なので、パスタ好きな姫のためにも・・・

2016073104.jpg
↑cA_riNoさんのダーリンは魚介のパスタをオーダー

やっぱここでも姫はいっぱい食べていた。

ほんとパクパクとイタリアの食事を食べてくれるので、ホ~~~~~~ッ!!!

慣れない地で、慣れない食べ物だから大丈夫かと心配したけど、誰よりもイタリアンな姫!!
もちろんここでも人気者です。

ブロデットは見た目以上に(見たまんま?)ガッツリの量なのでお腹いっぱい。

何気に私も本格的なブロデットを食べたのは初めてかな?!

我々夫婦も大満喫のレストランでした。

またここで食べたい、ブロデット



Ristorante Da Gino
住所:Contrada Vallevò, 73, 66020 Rocca San Giovanni (CH)
電話:+39 0872 609142
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~義姉宅でBBQ編

※『2016年Abruzzoへの旅~またまたまったりと海ライフ編』からの続きです。

海を楽しんだ後は、相方のお姉さん宅でBBQをすることになりましたよ。

もちろんcA_riNoさんご家族も一緒に。

やっぱここでも姫は大人気で、みんな口をそろえて

かわいぃ~~~~!!!

と絶賛!!

姫ってほんと整ったキレイな顔立ちなのに、めちゃめちゃ愛想がいい!!

BBQと言ってもここはアブルッツォ!

焼くものがちょっと違います。

まずはサルシッチャ(ソーセージ。でも日本のものと比べると太さが違う)から。
この辺りはサルシッチャの違いがあってもソーセージと括ればどこでもあるかなって感じですよね。

が!!

サルシッチャも普通のと、レバーのとがありますよ。

そこからはTHEアブルッツォ的に・・・

アッロスティチーニ!!!

もちろんcA_riNoさんご家族は初のアッロスティチーニ。

初挑戦のcA_riNoさんも気に入ってくださったご様子で一安心

後で・・・

c:お味見で、1本だけいただこうかと思ったけど、
  思わず食べちゃった!!

と、おっしゃってくださいましたよ。

うちのブログでしょっちゅう、アッロスティチーニ、アッロスティチーニと言ってますが(こんな感じです)、そもそも私、あまりラム肉が得意ではない感じでした。

でも羊を知るアブルッツォでは、特にアッロスティチーニはパクパクいっちゃう!!

おいしいアッロスティチーニ、ワイン、そしておしゃべりとで夜は更けていくのでした。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~またまたまったりと海ライフ編

※『Pizzeria Caracciolo @ Pescara』からの続きです。

翌日。

cA_riNoさんはどうも体調が芳しくないご様子。

疲れた出たのでしょう。

なので、cA_riNoさんのダーリン、姫、相方の4人でまたまた海へ繰り出すことに。

ほんと姫は海が大好きな様子で、海に来るとテンションがあがってる

波が気になるようで、波が来る(ペスカーラの海辺はほぼ波が立たないけど)とさらにテンションがあがるみたい(笑)。

海好きな相方と私にとっては姫の反応は非常に嬉しい。

お昼時になったので、付近で軽くお昼をとることにした。

食事の写真を取りそこなったけど、やっぱ姫はトマトソースのパスタがお気にいりのご様子で・・・

201607301.jpg
↑め~いっぱい食べてた(笑)

写真では顔を隠してるのでわかりにくいですが、一見、日本人の血が入ってるのかしら?!と思う外観の姫。

もちろん、cA_riNoさんもダーリンもイタリア人ではないので、イタリア人にもまったく見えない姫。

でも海辺ライフとトマトソースのパスタを満喫する様は、すっかりイタリア人、いえ、ペスカーラの女って感じ(爆)。

姫、最高~~~~~!!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pizzeria Caracciolo @ Pescara

※『2016年Abruzzoへの旅~まったり海編』からの続きです。

海ライフを楽しんだ後は夕食に!

せっかくなのでピザを食べることにした。

ビーチでG&Gカップルに勧めてもらったナポリ・ピザが食べれるお店へ。

201607291.jpg
↑ピザにつき、飲み物はビール

なぜかグラスはワイングラスだったんだけど(笑)。

各自好きなピザをオーダー。

姫はピザ大丈夫かなって思ったけど、ピザも食べていた様子。

疲れているせいなのか、それとも好みなのかは だけど、どうもパスタほどは食が進んでいなかったかも。

201607292.jpg
↑私のピザ

意外と疲れる海ライフ。

さらに小さい姫がいるcA_riNoさんご夫妻はさらに神経使うだろうし、ペスカーラにいらっしゃる前にエミリア・ロマーニャ州のお友達のところにもお泊りしてらっしゃったからややお疲れのご様子。

201607293.jpg
↑私のソルベはデカすぎた・・・

201607294.jpg
↑相方のデザートはパンナコッタだったかしら(不明)・・・

食後、ホテルからもほど遠くない場所だったのでお店で解散。

ちなみにこの後相方と私はペスカーラ友たちが集まっていたビール屋さんでもうひと乾杯しましたよ。



Pizzeria Caracciolo
住所:Via Cesare Battisti 121, Pescara
電話:+39 085 385220
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~まったり海編

※『la tramontana @ Pescara』からの続きです。

明けて翌日。

相方は諸事情でバタバタとしていたので、お昼はマンマもいないことだし(いるとちょっとややこい・・・幸い避暑でアブルッツォの山の方に行ってる)、cA_riNoさんご家族と、相方の家でお昼を一緒に食べることにした。

とにかく使い勝手の悪い相方の実家のキッチン・・・

と言うことでお料理は相方にお任せすることに(相方の方がちょっとは慣れてるから)。

お昼を食べ、相方はまたヤボ用で出かけないといけないことに。

せっかく一緒に・・・って誘ったのに、このバカちんが~~~である!

そんなすっとぼけ(相方)は放っておいて、お天気もよかったのでいざ海へ!!

姫はやはり海がお気に入りのご様子で、何の躊躇もなく海へ!

何なら海水の塩味を味わう的に顔が濡れてもぜ~~~んぜん平気。

既に海の女と化している姫は何とも素敵

やはりビーチでも姫は大人気。

ほんと姫はかわいいのに愛想がよい。

随分と遅れてやってきた相方と、その前後ぐらいにやってきたペスカーラ友としばしお話した後に一旦解散。

まったり海ライフのペスカーラ。

cA_riNoさんたち家族はどう思ったのかなぁ・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

la tramontana @ Pescara

※『2016年Abruzzoへの旅~まさかの豪雨編』からの続きです。

雨もやんだし、ビールで乾杯もしたので、早速夕食へ!

姫がまだ小さいので、まずはホテル近くで夕食を取ろうと言うことになった。

なんとな~く相方がチョイスしたお店は・・・

201607282.jpg
la tramontana

せっかくスイスから来てもらったし、スイスではなかなか食べれない海の町ならではのシーフードを・・・ってことになったのです。

初めて入るお店なので、量の具合が分からなくって、ひとまず前菜盛り合わせをみんなでシェアーして、プリモ(パスタ)は各自ってことになった。

201607283.jpg
↑冷たいシーフードの前菜盛り合わせ

201607284.jpg
↑こちらは温かい(火が通ってる)シーフードの前菜の盛り合わせ

THE観光地のロケーションの割にはまぁまぁいい感じ

写真を撮ったつもりなのに撮れてなかったワイン。

ワインもせっかくなのでアブルッツォ名物のチェラスオーロワインにした。

cA_riNoさんご夫妻は初チェラスオーロだったみたい。

201607285.jpg
↑キタッラを使った海の幸のパスタ

キタッラもアブルッツォ名物のパスタ。

何気にここにてアブルッツォ名物のワイン(チェラスオーロ)、海の幸、キタッラ(パスタ)をご賞味いただけたのが嬉しい。

姫は初海辺の町なので食べ物大丈夫かなぁ・・・って心配したけど、どうもパスタがお気に入りのご様子でパクパクと食べてくれていたのが嬉しかった。

そして姫はここでも人気者!

201607286.jpg 201607287.jpg
↑デザート

ご一緒して初めてのディナーはまぁまぁいい感じに行ったんじゃないかなって思う。

ペスカーラの町の中心地近くでシーフードが食べたい時はここもありだなと私と相方は思ったお店なんだけど、cA_riNoさんたちは気に入ってくれたかなぁ・・・・



la tramontana
住所:Viale Matteotti 80, Pescara
電話:085377101
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)