Juuuust chillin' out!! 2016年06月

いざシチリアへ!~Sciacca観光編

※『Costes @ Trapani』からの続きです。

ここからは一路、アグリジェント県↓を目指します。
MappaSicilia.jpg

※画像はwikiさんより拝借

まずは道中にある、Sciacca(シャッカ)という町へ。

シャッカの位置はこちら↓
MappaPAgrigento.jpg

※画像はLibero Consorzio Comunale di Agrigentoより拝借

シャッカはテルメと陶器で有名な町のようですよ。

が、いずれにも行かず・・・

まず向かった先は、

2016060541.jpg
↑Chiesa di Maria Santissima del Soccorso

シャッカのドゥオーモです。

こちらの教会、12世紀に建てられたそうですが、その後18世紀に再建されたみたいです。
なので、ちょっぴり新しい印象なのかもしれませんね。

2016060542.jpg 2016060543.jpg
↑中はこんな感じ
2016060545.jpg 2016060546.jpg

シンプルなような、ちょっぴり独特なような、ちと複雑な印象。

恐らく、白を貴重にした造りはシンプルなのだろうけど、天井画がかなりのインパクトだったからかも。。。

2016060544.jpg
↑ちょっとピンぼけしちゃったけど、プレセピオもあった

2016060547.jpg

シャッカは海沿いの町なので、海が良く見える。

2016060548.jpg

シャッカは、上で陶器とテルメが有名だと言いましたが、もう1つあって・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Costes @ Trapani

※『いざシチリアへ!~Trapani観光編・その3』からの続きです。

トラーパニの町歩き中も相方はいつものようにお店をキョロキョロ。

いつも観光の途中にお昼や夕飯をどこで食べるのか偵察するクセがあるんです(笑)。

しかしこの相方の野生の勘はいつもいい感じで、この日ランチにチョイスしたお店、Costesも取ってもいい感じでした。

2016060531.jpg
Cusumano社のAlcamoがお食事のお供

このアルカモと言うワインは白ワインで、トラーパニ県にあるアルカモという町で造られているDOCワインなんです。
セパージュは、トラーパニ県の地ブドウ、Catarratto(カタラット)が60%、シチリアの地ブドウ、Grecanico(グレカニコ)が30%、そしてその他のブドウが10%です。

飲んだ瞬間、おや!っと思ったのですが、やはり!!

白だけど、アルコール度13.5%!!

軽やかな味わいですが、しっかりとしたワインでした。

トラーパニはイタリアなのですが、クスクスが有名!

2016060532.jpg
↑私のプリモはクスクス!

本当は最初、ウニのパスタに・・・って思ってたのですが、お店の人が、

相:ウニ、生ですか?
店:ええ、生ですよ。
相:じゃあ、彼女(私)はウニのパスタで・・・
店:あっ、でも、ウニとイカスミなんで、ウニの
  味を味わいたいならお薦めしませんよ。

と、気の利いたご意見!
なので、ウニのパスタをやめて、クスクスにしたのですが、大正解!!

ブリュッセルに住んでた時もアラブ系の人が多いので何度かクスクスを食べたことがあるのですが、ここのクスクスが人生で一番おいしかったかも!!!

また食べたい!!

2016060533.jpg
↑相方のプリモはちょっと変わった形状のパスタ

こちら、トラーパニのパスタらしいのですが、私は見たの初めてでした。

確かお料理は、“Busiate al pesto alla trapanese”だったと思います。

この変わった形のパスタは、Busiate(ブシアーテ)と言うそうですよ。
ソースの絡まりがよくって、いい感じのパスタでした。

2016060534.jpg
↑私のセコンドは大好きなカジマグロのグリル!

何気に今回のシチリア旅行初です!!

やっぱおいしぃ~~~~!!!

2016060535.jpg
↑相方のセコンドは詰め物をしたイカのグリル

相方はイカがすごく好きで、狙っていたようです。

お店の人はとても感じがよく、お料理もワインもとってもGOODで十二分にランチが楽しめました!

やっぱ相方の勘はあてになる!!



Costes
住所:Via Torre Di Ligny, Trapani
電話:393881740226
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Trapani観光編・その3

※『いざシチリアへ!~Trapani観光編・その2』からの続きです。

エリチェのところでも書きましたが(こちら)、前日、エリチェではイベントが開催されていました。

2016060521.jpg
↑恐らくそこへの参加者だったのかしら

トラーパニは海に面した町!

と言うことで・・・

2016060522.jpg
↑港にはマドンナ(マリア様)が!

こちら、“Madonna del Porto(港のマリア様)”と言うそうですよ。

イタリアには各都市に、守護聖人なるものが存在します。

トラーパニの守護聖人はSant'Antonio(サンタントニオ=聖アントニオ)なのですが、どこの町にも増してマリア様信仰が色濃いようです。

ちなみに我々は行きませんでしたが、トラーパニには、Santuario di Maria Santissima Annunziata(アヌンツィアータ聖所記念堂)があって、そこにある、大理石のトラーパニの聖母子像のマリア様が有名なようですよ。

行けばよかった・・・

港に来たので、魚市場を見学!

2016060523.jpg
↑↓新鮮な魚介がいっぱい!!
2016060524.jpg

2016060525.jpg

2016060526.jpg
↑大好物のカジキマグロも!!

残念ながらキッチン付きではないホテルに滞在のため、見ただけ・・・

ここから、

2016060527.jpg
Torre di Ligny(リニー塔)へ

こちら、1671年にバルバリア海賊対策として建てられてようで、塔の名前はシチリア王国の副王だったClaude Lamoral(クロード・ラモラル)に由来しているそうです。

クロード・ラモラルと言う名がなぜリニー??ですよね

クロード・ラモラルはベルギーの上級貴族のリーニュ家(Maison de Ligne)の第三王子だった人で、このリーニュから来ているもとと思われます。

こちらの塔、今は博物館として活躍しているようですよ(こちら)。

2016060528.jpg
↑↓塔付近からの眺め
2016060529.jpg

残念ながら生憎のお天気でした。

2016060530.jpg

お天気のいい日にここから望む海は素敵だろうなと思いました。

ちなみにトラーパニからアフリカにあるチュニジアまでは約165㎞だそうですよ。
お天気がいいと見えるかもしれませんね。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

UEFAユーロ2016~その4

またまたシチリア旅行記の途中ですが・・・

UEFAユーロ2016~その3』の続きを・・・

本日、イタリア時間の午後6時から強豪、スペインとの試合。

先に結果を言うと・・・

EURO20162706.jpg
※画像はUEFA EUROより拝借。


2vs0勝利


前半33分にキエリーニがまずゴール!

1点先制して前半を折り返しました。

前半も後半もボール所有率はスペインが高かったのですが、決め手にかけ、後半のアディショナル・タイム1分目にペッレがまたまたゴ~~~~~~ル!!!

これでイタリアの勝利は決定的!!!

そしてアディショナル・タイム4分はそのまま終えて、次のステージ進出決定です!!!

お次の相手はドイツ。

そう、またまた強豪との試合が待っています。

でもでも。。。


Forza Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Trapani観光編・その2

※『いざシチリアへ!~Trapani観光編・その1』からの続きです。

トラーパニの旧市街の目抜き通り、ヴィットリオ・エマヌエーレ通りが始まるところには・・・

2016060513.jpg
Palazzo Cavarretta(カヴァレッタ宮殿)がありますよ

バロック様式のこちらの建物は、元上院だったところですよ。

ちなみに写真には撮れていませんが、この建物のすぐ隣にはトラーパニいち古いと言われているPorta Oscura(オスクーラ門)がありましたよ。

2016060538.jpg
↑↓ヴィットリオ・エマヌエーレ通り
2016060540.jpg

2016060537.jpg

そしてこの通りには、

2016060520.jpg
Cattedrale di San Lorenzo(サン・ロレンツォ大聖堂)がありますよ

とにかく大きくって、全体像は写真におさめきれず・・・

2016060515.jpg
↑↓中はこんな感じ
2016060516.jpg

2016060517.jpg 2016060518.jpg

2016060519.jpg

1421年に着工が始まったそうです。

大聖堂の風格が何とも漂う格のある教会でしたよ。

こちらの大聖堂、いつでも入れる訳ではなくって、時間が決まってます。

なので、クローズの時は、

2016060536.jpg
↑このような門が閉まっているのも見れますよ。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Trapani観光編・その1

※『いざシチリアへ!~マルサーラでの軽食編』からの続きです。

マルサーラを訪れた翌日は、一路、県庁のTrapani(トラーパニ)へ。

トラーパニに到着すると・・・

2016060501.jpg
↑人だかりの場所が!!

実はこの日、ペスカーラとトラーパニのカルチョ(サッカー)チームが、セリエA入りをかけての試合を行う日だったのです。

ここはトラーパニにある、Trapani Calcio Storeというお店で、その試合関係なのか、何なのか、人だかりでした。

ちなみにこの日の試合はペスカーラで開催され、2-0でペスカーラ勝利(こちら)!

そして、9日にトラーパニで再度試合が行われ、こちらは1-1で引き分け(こちら)で、ペスカーラが見事セリエA入りを決めました


2016060502.jpg
↑トラーパニのチームカラー色のこんなTシャツも販売されていた

2016060504.jpg
↑トラーパニは海に面した町

もちろん海は地中海!

トラーパニの町歩き開始!

2016060503.jpg
Chiesa di Santa Maria dell'Itria(イトリアのサンタ・マリア教会)

この町も教会の多い町ですよ。

2016060505.jpg
↑Piazza Mercato del Pesce(魚市場の広場)

海に面したところにある広場ですよ。

今は魚市場は別の場所にあって、ここは以前魚市場だった場所のようです。

ここからトラーパニの旧市街の目抜き通りである、ヴィットリオ・エマヌエーレ通りへ。

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りに入ってすぐに見えてくるのが・・・

2016060514.jpg
Chiesa del Collegio dei Gesuiti(イエズス会寄宿学校の教会)

2016060506.jpg 2016060508.jpg
↑↓中はこんな感じ
2016060507.jpg 2016060509.jpg

2016060510.jpg

2016060511.jpg

2016060512.jpg

外観のイメージとはいい意味でちょっとギャップのある、ピンクのかわいい、しかし豪華で、ハイクラスと言った感じの教会。

ちなみに学校はこの教会のお隣ですよ。

トラーパニの観光のお話、少し続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~マルサーラでの軽食編

※『いざシチリアへ!~Marsala観光編』からの続きです。

マルサーラの町を歩いている途中、ここでも!!

2016060455.jpg
↑↓素敵なサンセット!!!
2016060456.jpg

本当にシチリアの西海岸の夕焼けは素敵過ぎる!!

多くの人たちが車やバイクを一旦停めて、サンセットの写真を撮ってらっしゃいました。
ほんとうっとり!!

と・・・

この日は前夜の食べ過ぎにより(こちら)、まったく食欲がなく、何も食べないでおこう・・・ってなってたのですが、ドゥオーモを通り過ぎたところで、Natura a tavolaというお店の呼び込みに負け(笑)・・・

2016060460.jpg
↑ブルスケッタと

2016060461.jpg
↑サラミ・チーズの盛り合わせを食べた

観光地ど真ん中のお店なのですが、やはりシチリア!

素材がおいしいので、こういったシンプルなものも結構いける。

私はこれだけでもう、十分だったのですが・・・

2016060462.jpg
↑別バールで相方はドルチェを・・・

このドルチェ、Cassata siciliana(カッサータ・シチリア―ナ)というシチリアの伝統的なドルチェの1つ。

相方がずっと食べたがっていたものの1つです。

私は初めて頂いたのですが・・・


甘すぎ~~~~!!

久々に完食できずに終わったドルチェとなりました

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

UEFAユーロ2016~その3

またまたシチリア旅行記の途中ですが・・・

UEFAユーロ2016』そして、『UEFAユーロ2016~その2』の続きを・・・

時間変わって昨晩、イタリア時間の午後9時からアイルランド戦が開催されていましたよ。

正直、スウェーデン戦ほどテンションは上がらずというか、その前の日のスペインVSクロアチア戦で、クロアチアが勝利=ベスト16早々にイタリアはスペインと当たることがもう決まっているので、何だかな~~~~な気持ちです。

イタリア側の組み合わせ最悪!!!

ヤフー・ニュースに組み合わせの表が出ていたので、まぁ見てみてください。。。
こちら

スペインとはさほど相性が悪いとも言い切れないのですが、頑張って勝つと、その後にはあまり相性のよろしくないドイツが(多分ドイツが勝ち上ってくるでしょう)・・・

そしてその後には恐らくフランスが・・・と2位抜けした方が楽々決勝に行けそうな気配の組み合わせなのです。

ちなみに2位抜けしていれば、怖そうな相手は勢いづいているクロアチアぐらいなんだけど。。。
まぁ、でもクロアチアとも相性がよろしくないのはよろしくないのですが。

と言うことで、RAIはイタリアVSアイルランド戦をやってましたが、ゴールキーパーももはやブッフォンではなかったし、イギリスのチェンネルは両方の試合を放送していたので、イギリスのチェンネルで、ベルギーVSスウェーデン戦を見てました。

結果・・・

EURO20162206EGroup.jpg

ベルギーVSスウェーデン戦はベルギーが1-0で勝利し、イタリアVSアイルランド戦は0-1でアイルランドの勝利。

なので、グループEは、

1位 イタリア
2位 ベルギー
3位 アイルランド
4位 スウェーデン

で、先のヤフーの表ではまだ出てない国もありますが、イタリアとは反対側の山で、ベルギーはハンガリーと、そしてイタリアと同じ山でアイルランドはフランスと戦うこととなりました。

ちなみにイタリアVSスペイン戦は27日(月)のイタリア時間の午後6時から。
場所はSaint-Denisなのですが、相方が一言・・・

相:もっと南の方だったら車を飛ばして見に行くのに・・・

最近、飛行機が怖い相方は飛行機に乗ってまで観戦に行く気にはなれないそうです

Forza Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Marsala観光編

※『いざシチリアへ!~塩田体験編』からの続きです。

塩田からマルサラ・ワインで有名なMarsala(マルサーラ)へはさほど遠くないので、マルサーラの町を見てみることにしましたよ。

2016060451.jpg
↑マルサーラにはワイン街道があるようです

まず向かった先は・・・

2016060447.jpg
↑↓Chiesa Madre(母教会)、ドゥオーモ
2016060448.jpg

2016060449.jpg
↑中は意外とシンプル

こちらの教会、イギリスのカンタベリー大司教、トマス・ベケットに捧げた教会だそうですよ。

ドゥオーモを出て、石畳の道を歩いていると・・・

2016060450.jpg
↑すごい木陰の場所を発見!

その先には、

2016060453.jpg
↑Antico Mercato(アンティーコ・メルカート)が

残念ながら時間的に何もなくって、バールやレストランがあるのを見受けられたぐらいでした。

そしてすぐ近くには、

2016060452.jpg
Chiesa dell'Addolorata(アッドロラータ教会)

こちらの教会には伝説があるようです。

1691年7月14日に、ひどい嵐があったそうです。
その時、若い騎士が他の人々同様に、Porta di Mare(マーレ門。今のガリバルディ門)の下に避難していました。
門のアーチには、ニッチがあり、そこにはマリア像があります。
そのマリア像に懇願するために人々はそこに避難していたようです。

若い騎士が馬から降りた途端に、稲妻が地面を走り、馬だけを殺して他のみんなは助かったそうです。

人々はマリアの奇跡として、この教会を建てたそうです。

と言うことで、この教会のすぐ横には・・・

2016060454.jpg
Porta Garibaldi(ガリバルディ門)

ちなみにガリバルディは、ジュゼッペ・ガリバルディのことで、ガリバルディ率いる千人隊がシチリア征服のために、マルサーラに上陸したことでもマルサーラは有名ですよ。

2016060457.jpg
Chiesa del Purgatorio(プルガトーリオ教会)

シチリアには多い、バロック・スタイルの教会のようですが、時間的に中に入ることはできず・・・

2016060458.jpg

2016060459.jpg
↑夜のガリバルディ門

マルサーラももっとゆっくりと来てみたい町だなと思いました。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~塩田体験編

※『いざシチリアへ!~Erice観光編・その3』からの続きです。

エリチェ観光を早々に切り上げて向かった先は・・・

2016060440.jpg
Saline della Laguna

塩田です!!

ここで塩を取る塩田体験の予約をいれていたのです。

2016060441.jpg
↑↓初めて見る塩田は圧巻!
2016060442.jpg

お天気に左右される塩田体験!
やや雲行きが怪しいですが、なんとか実施決定!!

2016060443.jpg 2016060444.jpg
↑風車がランドマーク

時期的にFiore di sale(フルール・ド・セル=塩の精華)を取る作業に参加することになりましたよ。

2016060445.jpg
↑用意してくれてる長靴にはきかえていざ塩の精華狩り!

こちらの施設、ホテル機能もあるようで、我々が行った時にチェックインしたアメリカ人3人組みと我々2人で作業開始!

2016060446.jpg
↑これ全部塩の精華

ここ周辺の塩田から取れる塩の精華はミネラル豊富で結構お高いそうです。

体験後には自分たちで収穫した塩の精華の一部をいただきました。

ちょっとしんどい作業だったけど、なかなか体験できるものではないので、とってもエンジョイしました。

そしてここの施設の人のお話では、ここではやっていないけれど近くの島で、塩田でリラクゼーションができるところもあるようです(こちら)。

実はこれに翌日申し込んでたんだけど、お天気によって催行されるかどうか決まるとのこと。

結局翌朝は雨で、催行されないこととなり、撃沈・・・

ちょっと楽しみにしてたんだけどなぁ・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Erice観光編・その3

※『いざシチリアへ!~Erice観光編・その2』からの続きです。

エリチェの旧市街はそんなに大きな町ではないのですが、教会がいっぱい!

2016060427.jpg
↑↓Chiesa di San Pietro(サン・ピエトロ教会)
2016060428.jpg

こちらの教会の界隈はなんとも趣のある通り↓
2016060429.jpg

そしてそこで!!

2016060430.jpg

実はこの日、“Festa FedEricina”というイベントがあって、それに参加する人のよう。

この時点では、この後ここに戻ってこのイベントを見るはずだったのですが、結果的には無理でした

そしてその先には・・・

2016060437.jpg
↑↓Chiesa di San Carlo(サン・カルロ教会)
2016060431.jpg

2016060433.jpg 2016060435.jpg

こちらの教会だけではないのですが、シチリアの教会でよく目にしたのが、

2016060432.jpg
↑黒衣のマリア像

2016060434.jpg
↑新約聖書のイエスのお話が像で表現されていた

2016060436.jpg

この教会を出てすぐのところで・・・

2016060438.jpg
↑シチリア名物のアランチーニをいただく

こちらはピスタッキオ味で、お店のおじさまいわく、

お:とんがってる方を下にして最後に食べるのが
  正しい食べ方!

だそうです。

いつも食べやすいからってとんがった方から食べてたよ・・・

この後、お城などに行きたかったのですが、アポがあったので、一旦エリチェを去ることに。

この時点ではこの後、もしくは翌日に戻ってくる予定だったんだけど、結局これが最初で最後のエリチェ訪問となりました。

2016060439.jpg
↑エリチェからは海や塩田が望めます!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Erice観光編・その2

※『いざシチリアへ!~Erice観光編・その1』からの続きです。

ドゥオーモのすぐ近くには、

2016060414.jpg
↑↓Chiesa di Sant'Isidoro(サンティシドロ教会)が
2016060415.jpg

そこにあった聖家族像↓が印象的でしたよ
2016060416.jpg

その後はMonastero del Santissimo Salvatore(サンティッシモ・サルヴァトーレ修道院)へ↓
2016060417.jpg

2016060418.jpg
↑↓修道院跡って感じで、保存状態はあまりよくなかった
2016060419.jpg

その後・・・・

2016060420.jpg
↑Chiesa Di San Martino(サン・マルティーノ教会)へ!

外観はピンクでかわいい感じだけど、

2016060421.jpg 2016060424.jpg
↑中はゴージャス系!
2016060422.jpg

2016060423.jpg
↑Madonna del Rosarioのマドンナの下の顔が気になる・・・

2016060425.jpg
↑Madonna della Graziaの絵は私の中ではなんだかシチリア的・・・

2016060426.jpg
↑ほんと中はゴージャス!!

もう少しエリチェの旧市街巡りのお話、続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

UEFAユーロ2016~その2

シチリア旅行記の途中ですが・・・

UEFAユーロ2016』の続編を・・・

本日イタリア時間の午後3時からスウェーデン戦が開催されていました。

ひとまず結果から言うと・・・

EURO20161706.jpg

※画像はUEFAさんから拝借

1対0イタリア勝利

前半は0対0で折り返しました。

そのちょっと前からこちら、雷雨になってきて、雷が鳴り響いておりました

※ちなみに今も鳴り響いております。

ここ、ど田舎なんで、すっごい雷がよく落ちる

雷が怖い私もかなり慣れてきたぐらいに頻繁に雷・・・
今週はほぼ毎日雷雨かも。

で、大きな雷が近くに落ちると・・・

TVが消える

なので、いいところで消えんかと違った意味でもハラハラと観戦しておりました。

あ~、ほんと田舎はイヤだ・・・

もとい・・・

後半も中盤を過ぎ、なんと土壇場でエデルがゴ~~~~~ル!!!

この1点が決めてとなり、ホスト国のフランスについで結晶トーナメント進出を決めました!!!!

EURO20161706EGroup.jpg

この後、22日にアイルランドとの試合がありますが・・・

あ~~~、本当によかった

やったね、イタリア

と、イタリア戦には関係ありませんが、ひとつ疑問・・・

このリーグ、UKから、イングランド、ウェールズ、北アイルランドと出場してるんだけど、それってありなの

属に日本語で言うイギリスってUK(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland=グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)だと思うのです。

ユニオンジャック って、このUKの国旗だし、オリンピックとかもこの国旗を掲げて出場してるはず。

なのに、サッカーとなると分裂できるの???

未踏の地、UKは謎が深いと思ってEURO2016を観戦したりしています(笑)。

とにかく!!

Forza Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~Erice観光編・その1

※『Ristorante "Sirena" di Sansica @ Bonagia』からの続きです。

ず~~~~っと行ってみたかった、山の上の町、Erice(エリチェ)に行くことにしましたよ。

場所は面白い地図を発見したので・・・

この↓上の方にあるワイン、“Erice DOC”の里です。
MappaPTrapani.jpg
※画像はTrapaniwelcomeから拝借

Ericeは標高約750mのMonte Erice(エリチェ山)の山上にありますよ。

まずは車を停めて・・・

2016060401.jpg
Porta Trapani(トラーパニ門)から町へ

中世の佇まいがする城塞都市!

我々はレンタカーがあるので、車で向かいましたが、麓からはケーブルカーが出ているようで、この門の近くにはケーブルカーの駅がありました。

門をくぐるとすぐに・・・

2016060402.jpg
↑Real Duomo

別名、Chiesa Madreまたは、Chiesa Matrice(いずれも母教会の意味)といい、エリチェのドゥオーモです。

こちらは、1314年にフェデリーコ3世によって建てられたそうですよ。

ここは有料で、前にあるTorre di Re Federico(フェデリーコ王の塔)↓で入場料を支払いました。
2016060403.jpg

ちなみにこの鐘楼も有料で、これらの他、エリチェの他の有料の教会などに入れる共通パスがあって、それを購入しました。

ちょっとお値段忘れちゃった
でもお得なパスでした。

支払いで塔鐘楼に来たので、まずは塔にのぼってみました。

2016060404.jpg
↑頂上には鐘

2016060405.jpg
↑海や塩田などが望めますよ

2016060406.jpg
↑↓もちろんエリチェの町も
2016060407.jpg

その後はドゥオーモへ↓
2016060408.jpg 2016060409.jpg

いい意味で予想を裏切る溜息ものの、ドゥオーモ!

結構教会を見るのが好きでたくさん入りましたが、いままでに見たことのない感じのヴォールト↓
2016060410.jpg

柱(って言うのかなぁ・・)↓も何とも言えない豪華さ
2016060411.jpg

いつまでも眺めていたいと感じましたよ。

2016060412.jpg 2016060413.jpg
↑教会の中

エリチェ観光のお話、少し続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Ristorante "Sirena" di Sansica @ Bonagia

※『がっくり四つ星ホテルTonnara Di Bonagia Resort』からの続きです。

1日目の夕食は最悪ホテルではなく、海岸を少し進んだところにあったRistorante "Sirena" di Sansicaで食べることに。

偶然見つけたレストランだけど、これが大正解!!

2016060313.jpg
↑アミューズで出てきたディップ

これ、トマト、ニンニク、オレガノなどから作られたディップなんだけど、異常においしい!!!

2016060314.jpg
↑ワインはハウスを1リットル!

2016060315.jpg
↑新鮮なお魚のディスプレイもあって、好印象

この前に地元の子どもたち(客)がいて、

子:気を付けて!
  まだ生きてるよ~~~~!!
G:知ってるよ。
  だって、動いてたよ。
子:えぇ~~~~?!!
  どれ?!!!!

って、ただただ私をビビらせようと思って「気を付けて!」って言ったみたい(笑)。
逆に私が動いてるって言ったら、ビビッてどっか行ったけど(爆)。

周りを見てみると結構なボリュームだったので。。。

G:アンティパストとセコンドか、プリモとセコンドかにせーへん?!
相:あっ、そう思った~~~!!!
  結構な量やもんなぁ。

が、お店の人に勧められて(爆)・・・

2016060316.jpg
↑“Antipasti misti della casa(自家製前菜の盛り合わせ)”

これがどれもこれもおいしい!!!
幸先のいいスタートって感じ

お店の人はとっても親切で、前菜、プリモ(パスタ)、セコンド(メイン)を食べるなら、プリモは半分の量にしたらどうかと提案してくれた。

なので以下、プリモは半分の量です(これでも・・・)!

2016060317.jpg
↑私のプリモはマグロのカラスミのスパゲッティ

サルデーニャで食べたボッタルガ(こちら)とはまた一味違う。

マグロのカラスミの方が力強い印象。

2016060318.jpg
↑相方はウニのパスタ

これが、このシチリア旅行で食べたウニのパスタの中でダントツに一番おいしかった。
私の中では人生で一番おいしかったかも。

事前にネットで見ると、新鮮でないウニを使ってるお店が結構ある・・・ってことだったけど、何が何が!!
ここのは超~~~~~新鮮で、甘味たっぷり。

2016060319.jpg
↑私のセコンドはマグロのステーキ

これが、かなりのキラーで、さすがの私も2/3終えたところで残り1/3の半分を相方に食べてもらい、その残りを頑張って食べ終えたら死にそうになった・・・

めちゃめちゃおいしいんだけど、かなり油がのっててつわもの・・・

いつもはカジキマグロ~~~な私なのですが、この辺りはマグロが有名なのでマグロにしたのです。

2016060320.jpg
↑相方は白身のお魚のフライ

これがフライにしてるのに、かなりあっさりとしててパクパクいけた。

お腹いっぱ~~~~~い!!っと思ってると・・・

2016060321.jpg 2016060323.jpg
↑お店から差し入れの食後酒2種

2016060322.jpg
↑さらにドルチェ

も~~~食べれん・・・って思ったけど、このドルチェが恐ろしくおいしくって、ペロっといっちゃった(爆)。

さらに、お隣のテーブルにいたグループの人が・・・

2016060324.jpg
↑味見してみる?!ってさらなる食後酒

言い忘れましたが、その前にお店から半リットルの白ワインの差し入れもいただいていて・・・

2016060325.jpg
↑結構飲みました・・・

一見さん、常連さんを区別せず、めちゃめちゃいいサービス、そして何よりも恐ろしくおいしいお料理を提供してくれたこちらのお店、超~~~~~~~~お勧め!!!!

また行きたい!!!



Ristorante "Sirena" di Sansica
住所:Via Lungomare,45 Bonagia - Valderice (TP)
電話:0923.573176
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

がっくり四つ星ホテルTonnara Di Bonagia Resort

※『いざシチリアへ!~移動編』からの続きです。

この日のホテルは、Valdericeにある四つ星ホテル、Tonnara Di Bonagia Resort(トンナーラ・ディ・ボナージャ・リゾート)↓
2016060309.jpg

2016060310.jpg
↑中庭にはチャペルや

2016060311.jpg
↑ボートなんかがあって、見た目はいい感じ

が!!!

ほんまに四つ星か?!!

と言いたくなる、今回シチリア滞在中、最低最悪のホテルだった

まず、フロントの女の人3人組みは、

相:ストレーゲ(ストレーガの複数形で、魔女)!

と言うのが本当にぴったりのホスピタリティ・ゼロの怖い3人組。

着飾ることだけに意識を集中させてるのか、仕事は眼中にないって感じ・・・

さらに!!

部屋にはアリ

20160603120.jpg
↑シーツにもアリ

ここに2晩予約を取ってたので、

G:部屋を変えてもらおうよ!
相:1匹ぐらいで言うのもなぁ・・・
G:1匹じゃないよ~~~~!!!

と、直訴したが、却下

結局1晩明けた朝、

相:アリがいるので、駆除してもらえますか?

と、フロントの魔女の1人に言うも、「で?!」って言う態度で、結局翌晩戻った時にもアリはいた

さらにチェックアウト日の朝、何やらドアの方で物音が!!

我々のお部屋は中庭に面した1Fのお部屋だったのですが、木戸とガラス戸との二重扉になってました。
中のドアは閉めてたのですが、木戸は外からも開けれる状況。

チェックインした時から外の戸は建て付けが悪いなとは思ってたけど・・・

その修理!

って、後少しでチェックアウトするって感じで荷造りしてた時のこと。
普通そう言うのってチェックアウトした後にしませんか?!!

ほんと四つ星ホテルなのかと大きく疑問!!!!

そして四つ星ホテルと言う割には・・・

2016060326.jpg
↑お粗末な朝食

イタリアなのに、そして四つ星とうたってるくせに、コーヒー(エスプレッソも含めて)類は機械製

トリップアドバイザーでもそこそこの点数だったみたいだけど、マジ、

二度と泊まりたくない!!

さらにいまだに痒いのですが、何か害虫がいた(ダニ?!)のか、体じゅう、特に腕が虫刺され後でぼっこぼこ(涙)・・・

なんともかゆい幕開けとなったシチリア旅行です・・・

ほんとここは二度と泊まりたくない!!!!

誰か四つ星撤回してくれ~~~~~!!!!!!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いざシチリアへ!~移動編

今月の初め、シチリアに行ってきましたよ。

ご存知の方が多いと思いますが、まずは位置を確認!

MappaSicilia.jpg

※画像はwikiさんより拝借

シチリアはイタリアの南の島です。

この旅、相方のお誕生日旅行(と言っても出資者は相方)で、当初アブルッツォに・・・という話だったのですが、急遽シチリア行きに変更。

今回は格安航空、Ryanair(ライアンエアー)での旅。

ライアンエアーは、ミラノ空港・・・と書いてますが、ミラノではなく近郊のベルガモ空港からの出発となります。

ベルガモ・・・

結構渋滞になりやすい高速を通らないと行けない。
なのに!!

相:ちょっと仕事場に行ってくる~!

と、出て行ってしまった

それも旅支度もせずに・・・・

結局、毎回のごとく、

相:あ~~、間に合わん!
  絶対に間に合わん!!!

と、車を走らせることに

既に慣れた私。

G:チェックイン先にして駐車場は後にしよう!

そう、長旅なので、駐車場を近隣の格安駐車場にしていたのです。

ひとまずチェックインは待ちなしでスムーズに。

G:さっ、手荷物持ってたるから、車!!

で、駐車場に行かせた。

搭乗手続きのラストコールが流れて間もなく相方登場!

2016060301.jpg
↑ベルガモ空港から出発です

ちなみに私、こんな相方と長らく一緒に旅行していますが、一人の時も、相方と一緒の時も飛行機に乗り遅れたり、ロスバゲになったりとトラブルになったことありません。

ライアンエアーは安いので、サービスはとってもシンプル。

2016060302.jpg
↑安全のしおりは前の人の席の後ろにはりつけられてる

でも、万が一の時って気が動転してるから、わざわざしおりを前のポケットから出す人いないだろうし、この方が機能的な気がする。

飲食もすべて有料。
なので、最初のプランでは空港でちょっとパニーノでも食べて・・・だったけど、ギッリギリなので機内でパニーノをぱくつきました(笑)。

2016060303.jpg
↑パレルモ空港に到着

パレルモはシチリア州の州都ですよ。

以前もここに降り立った我々(こちら)。

なんだか懐かしの風景。

今回は空港からレンタカー!

ちなみにパレルモの空港でのレンタカーは別棟に事務所があるので、一旦空港を出て、空港前のレンタカー・オフィス行きのシャトルバス(ミニバス)を待ちます。

レンタカーを借りて、いざ初日のお宿があるTrapani(トラーパニ)県を目指します。

トラーパニ県に入り、ホテルに近づいてくると、San Vito Lo Capo(サン・ヴィート・ロ・カーポ)が遠くに見えた↓
2016060304.jpg

2016060305.jpg
Monte Monaco(モンテ・モナコ)が印象的

相:明日、あそこに行こう!

と、この付近に滞在中そう言い続けたが、結果的には行けずじまい(笑)・・・

この日の行先は、Valderice(ヴァルデーリチェ)にあるBonagia(ボナージャ)。

チェックインを済ませて早々・・・

2016060306.jpg
↑↓なんとも素敵な夕日
2016060307.jpg

シチリアの西海岸からのサンセットはとってもうっとりすると聞いていたけれど、本当にうっとり

いつまでも眺めていたいと思わせるサンセットでしたよ。

2016060308.jpg

さてさて、シチリア旅行の始まりです!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

UEFAユーロ2016

※文末に追記あり。

UEFAユーロ2016が10日から始まりましたね!!

今年のホスト国はフランスですよ

GoogleUEFAEuro2016.jpg
↑初日(10日)、Googleイタリアのロゴもチャンピオンズリーグのバージョンに!!

初戦は開催国フランスVSルーマニアがサン・ドニのスタッド・ド・フランスで開催され、フランスが2対1で勝利をおさめました。

翌、土曜日には3試合行われていたのですが、私、注目のイギリスVSロシアはなんと1対1でドロー!!

イギリスが先制点を奪い、このまま逃げ切るか・・・と思ったら、なんと最後の最後にロシアが1点返すという劇的な試合でしたよ。

ただ!!

こちらの試合、マルセイユで行われたのですが、試合の前日や試合の日に両ファン同士の乱闘があり、UEFAは両チームに対して今後このような乱闘騒ぎを起こせば処分の対象となると通告した様子・・・

選手たちは真剣に戦っているのに、ファンがそれを阻害するような行動はどうかと思う。

そして3日目、私の注目の試合はやっぱドイツVSウクライナ。

やはりドイツが手堅く2点入れて、勝利!

われらがイタリアは、Eグループで↓
Euro2016.jpg
↑本日ベルギー戦がパルク・オリンピック・リヨンで開催されます!!

本命は開催国フランスとの声が高いですが、イタリアはどうなることやら。。。


Forza Italia



※ここから追記。

イタリアの試合終わりました!

結果は・・・・

EURO20161306.jpg


2対0で勝利

ベルギーもフランス同様、優勝候補の声が高かった国!

先制点を入れてからもドキドキ・ハラハラで落ち着かない試合でしたが、結果的には2点目も入れていい感じで終わりました!!!

イタリアのグループEは本日1試合目を終えて・・・

EURO20161306EGroup.jpg

今のところ優勢!

私てきにはこのグループEが一番激戦グループだと思う。

でもでも、このまま勝ち抜いて欲しい!!!!!

Forza Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Tredici 8 @ Varese

先月26日、ポルレッツァにオーダーしていたメガネを取りに行った。

もう、めっきり目が悪くなってどうにもこうにもなのでメガネを作ってもらってたのです。

もちろん、私が住んでいるところにもメガネ屋さんはあるけれど、ちょっと車を走らせてポルレッツァまで行った方がガソリン代どころか、週1の買い出し料金、いや話によると1カ月分ぐらいの買い出しができるほどの料金を取られるみたいなので(失笑)、躊躇なくポルレッツァで作ることにした。

せっかくイタリアに来たので、ここで買い出し・・・と思ったんだけど、ポルレッツァにある某大手チェーン店のスーパーはどうも買い物する気がしない。

ここ、以前は別のチェーン店だったんだけど、知らぬ間にもっと大手のチェーン店に変わっていた。

いずれのチェーン店が悪いというよりは、むしろ、お店自体の問題な気がするんだけど、ほぼ99%ぐらいの割合でワインがブショネ(涙)・・・

今のチェーン店は別の店舗で何度か買ったことがあるけれど、ワインは普通だったんだけど。

前のチェーン店の時もこのすごい割合でブショネだったから、めっきり行かなくなっていた。
でも別の大手に変わったから・・・と思って行ったらやっぱブショネ率に変化なし。

きっと保存場所が悪い気がする。

なので、一旦ひきかえして高速にのり、ヴァレーゼ郊外で買い物することに。

そして、買い物を済ませた後は・・・

お楽しみのピザ

ほんと週1で食べたいぐらいに好き

もちろんヴァレーゼ郊外に来てるので行き先はいつものTredici 8

G:今日は平日やからちょっと空いてるかなぁ・・・

との予想とは裏腹に・・・

ほぼ満席!

このお店、ほんと最近めちゃめちゃ稼働率高い!!!

サービス&フード良しとくれば、やっぱ混むよなぁ・・・

今回は私も、

201605261.jpg
↑"mattonella(タイル)"にチャレンジ!

これ、端のミミ(って言うのかなぁ・・・)にも何かが入ってるのです。

何かと漠然と書いてるのは、オーダーする種類によって中身が違うから。

私のはポルタなんとかって名前だったけど、忘れちゃった

ズッキーニ、アンチョビなどが入ってましたよ。
ほんとおいし~~~~!!!

そして相方も・・・

201605262.jpg
↑別の"mattonella(タイル)"!

相方のは確かアーティチョークとサルシッチャだったと思います。

私はこの日はピザだけでギブアップでしたが・・・

201605263.jpg
↑やっぱ相方はこの日もカンノーロをデザートに(笑)

私も食べたかったけど、やっぱ入らんかった

次回は食べるぞ



Tredici 8
住所: Via Ernesto Cairoli, 20, 21100 Varese
電話:+39 0332 195 3575
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Tartufi & Friends @ Milano

ブレラ美術館から徒歩約15分でレストランに辿り着けるはずが・・・

道に迷う

そう・・・

そしていつものことだが、こういう時に限って・・・


相方の携帯のプリペイド残高がなく

Google Mapが使えない!!!


そして、道を聞くも。。。


どんどん遠ざかる!!

イタリア・・・

道、知らないなら、知らないって言ってくれ

自信を持ってまったく違う方角を教えてくれるもんだから、どんどん違う方角へ進んでいき、結局タクシーで予約の時間を約30分も遅れて到着

この日は珍しく、グラスワインでお食事をすすめることにした。

まずは・・・

2016052124.jpg
↑フランチャコルタ

ちょっとピンぼけしてますが 、この店オリジナルのフランチャコルタなんですよ。

まずはプリモ!

2016052127.jpg
↑私のプリモで、確かカチョエペペのタリオリーニ&トリュフ

トリュフの味を楽しめるようにと、あえてシンプルな感じのパスタにしました。

2016052128.jpg
↑相方のプリモで、カルボナーラ&トリュフ

相方いわく、

相:今まで食べたカルボナーラの中で
  ダントツに一番おいしぃ~~~~!!

らしいです。

2016052129.jpg
↑私のセコンドはタマゴ料理

もちろんここにもトリュフがたっぷり!

とってもデリケートなお味でおいしかったですよ。

2016052130.jpg
↑相方のセコンドはお肉

もちろんここにもトリュフがたっぷり!!

ちなみにセコンドに行く前に、赤ワインにしてます。

2016052131.jpg
Azienda Agricola Negro Angelo & Figli社Langhe doc Nebbiolo

何気に私、ほとんどランゲは飲んだことないのです。
でもやっぱネッビオーロはおいしい!!!

ちなみに私はこれでフィニッシュしましたが、相方は

2016052132.jpg
↑スーパータスカンを飲んでた(笑)

何をチョイスしたのか忘れちゃったけど・・・

2016052133.jpg
↑デザートのジェラートもトリュフ入り!!

2016052125.jpg 2016052134.jpg
↑↓お店はこんな感じ
2016052126.jpg

2016052135.jpg

とにかくトリュフずくしのお料理!
どれも繊細で、食材にも気を遣っているのがよくわかるクオリティ!!

さすがにこれだけふんだんにトリュフを使っているので、お値段はなかなかのものですが、特別な日のディナーには素敵な空間・お料理・ワインが味わえるなと思いました。

ちなみに我々が行ったのはミラノ店ですが、ローマとロンドン、そしてドバイ(だったかなぁ・・・)にもお店があるそうですよ。



Tartufi & Friends
住所:Corso Venezia 18, Milano
電話:+39 02 7639 4031
営業:11:30~15:00/18:30~23:30

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pinacoteca di Brera(ブレラ美術館)

相方がこの日、楽しみにしていたのは、Pinacoteca di Brera(ブレラ美術館)!

2016052114.jpg 2016052115.jpg

G:えっ?!
  行ったことないの???
相;えっ、行ったん?!!!

と言うことで、一緒に行くことにした。

この日は“Notte dei musei”で、何と18:40から、1ユーロでブレラ美術館に入れる日だったのです!!

と言うことで、都会ミラノ、そして観光客にも人気のブレラ美術館への入場は・・・


長蛇の列!!

せっかくだし、相方が入ったことないってことで待ちました、1時間弱!

2016052116.jpg

2016052117.jpg

とにかく大きな敷地とものすごい数の絵画!!!

一部だけ写真を撮ってみましたよ。

2016052118.jpg
↑Paolo Veronese(パオロ・ヴェロネーゼ)の最後の晩餐

2016052119.jpg
↑Gentile e Giovanni Bellini(ジェンティーレ&ジョヴァンニ・ベッリーニ)の“Predica di san Marco ad Alessandria d'Egitto(アレクサンドリアにおける聖マルコの説教)”

2016052120.jpg

2016052121.jpg
↑Pompeo Batoni(ポンペオ・バトーニ)の“Madonna con il Bambino e i Santi Giuseppe e Zaccaria, Elisabetta e Giovannino(聖母子と聖ヨセフザカリア)、エリサベト幼児聖ヨハネ

聖母子画はたくさんあったんだけど、このマドンナ(聖マリア)が一番素敵で温かみのあるお顔だったな~と思って写真を撮りましたよ。

2016052122.jpg
↑Giuseppe Pellizza(ジュゼッペ・ペッリッツァ)の“Il quarto stato(第四身分かな・・・)”

2016052123.jpg
↑Francesco Hayez(フランチェスコ・アイエツ)の“Il bacio(キス)”

ブレラで一番有名と言ってもいいかなと思われる、Andrea Mantegna(アンドレア・マンテーニャ)の“Cristo morto nel sepolcro e tre dolenti(死せるキリスト)”は残念ながら修復中なのか、ガラス張りの修復ルームに入ってました。

とにかく広大&莫大なコレクションにつき・・・

相:一日かけてガイドツアーに再チャレンジしたい・・・

と言うことになりました

と、この時点で夜の10時15分前

ここに来る前に入れてるディナーの予約は10時!

さて、どうなる

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Tartufi & Friends @ Milano

相方の目的地へ・・・のその前に。。。

GAMから相方の目的地に向かう際、Corso Venezia(ヴェネツィア通り)を歩いていると、なんともおっされ~~~~なお店を発見!

相:アペリティーヴォして行く?
G:素敵なお店やねぇ!!
  でも、ミラノのこんな素敵なお店、
  敷居高そうじゃない??

そう、この日はかなり軽装だった私・・・

相方はシャツにパンツだったから問題ないだろうけど、私はジーンズにカジュアルすぎるシャツ。
そして靴はバレー・・・

G:入れてくれると思う??
相:無理かなぁ・・・

と、見送ろうとしていたところ、我々の前を歩いていた、多分スイス人カップル(服装がいかにもスイス人って感じだった)が入って行った。

G:あの人ら入れるんだったら、うちのが
  かなりちゃんとした服装じゃない?!!
相:様子見てみよう!

と、様子を見てるとパティオ席に案内されていた!

G:よし、行ける!!

で、行ってみると、難なくOK!

店:お席はどこにされますか?
相:(私に)どうする?
G:えっ、できれば中がいいんやけど。
  だって、コルソ・ヴェネツィア、交通量多いやん。
  外はちょっとイヤかも。。。

そう、お天気がいいとは言え、外席は思いっきりコルソ・ヴェネツィアに面してる。

相:え~~っと、中とか大丈夫ですかねぇ。
店:もちろん!
  どこでもお好きな席をどうぞ!

と、敷居が高そうな感じなのに、超~親切な対応


2016052108.jpg
↑内装も素敵なお店

どこの席にしようかと思ってると、

店:カウンターがよければ、角席だと
  お話しやすいし、外も見えますよ。

2016052110.jpg
↑で、提案いただいた席へ

2016052109.jpg
↑まず、テーブルのセッティングがおっされ~~~!!

後で聞いてみると、この店、オリジナルで特注のトレイだそうです。
そしてかなりのお値段・・・

お店の名前はTartufi & Friends

日本語で言うと、「トリュフとお友達」!

そう、世界三大珍味の1つ、トリュフの専門店なのです。

普通のアペリティーヴォ(食前酒)もあったけど、ここはやはりお店オリジナルのトリュフを使ったカクテルをいただくことにした。

2016052111.jpg
↑私のジン・ベースのカクテル

2016052112.jpg
↑相方のフランチャコルタ・ベースのカクテル

どちらも白トリュフがふんだんに使われています。

より、白トリュフの味を楽しむならば、相方のカクテルの方に軍配はあがるかな。

2016052113.jpg
↑カクテルのお供

ちなみに相方のカクテルに使われているフランチャコルタは、このお店ブランドのフランチャコルタだそうです。

お店の隅々、そして食材の隅々にまで気を使っている良質のお店という印象。

と言うことで、

相:夜もここにしよう!

と、予約をしてから相方の目的地に向かうことに!



Tartufi & Friends
住所:Corso Venezia 18, Milano
電話:+39 02 7639 4031
営業:11:30~15:00/18:30~23:30

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ミラノへちょこっと

5月20日~22日の間、ミラノではPiano City Milano 2016が開催されていましたよ↓
PianoCityMilano.jpg

最終日の22日には、“Tre pianoforti per L'Aquila(ラクイラへ3台のピアノ)”が開催されていたんです!!

L'Aquila(ラクイラ)は、アブルッツォ州の州都で、2009年に震災に見舞われた町。
未だ完全復興には至っていません

相方の従妹もこの震災でラクイラのマンションを出て、お仕事も変わることになりました。

こちらのイベント、そんなラクイラにピアノを!と基金集めを目的としているそうですよ。

残念ながら日曜は諸事情でミラノに行けないことがわかっていたので、せめてこの“Piano City Milano 2016”だけでも・・・とミラノに行ける土曜日の21日に行ってきました。

向かった先なGAM Milano

何気にミラノもちょこちょこと出かけたりしてますが、こちら方面に来たのは初めてかも・・・

2016052101.jpg
↑↓設置されたピアノを楽しむ人たち
2016052102.jpg

思い思いにピアノを楽しんでましたよ。

2016052103.jpg
↑↓メイン会場となる場所
2016052104.jpg

お天気がいいせいか、ミラノっ子たちは日光浴を楽しんでいました。

ほんといいお天気だった

残念ながら到着した時間はコンサートが始まる前。

せっかくなので、GAM付近にあるGiardini pubblici Indro Montanelli(インドロ・モンタネッリ公共庭園)を散策してみることにしましたよ。

こちらの公園、元々は“Giardini Pubblici di Porta Venezia(ポルタ・ヴェネツィア公共庭園)”という名前だったそうですが、2002年にイタリアを代表するジャーナリスト、Indro Montanelli(インドロ・モンタネッリ)にちなんで、名前を変更したそうです。

公園内にはMuseo Civico di Storia Naturale(ミラノ市立自然史博物館)↓や、
2016052105.jpg

Planetario di Milano(ミラノ・プラネタリウム)がありますよ。

特に自然史博物館は建物も素敵で、こちらにも一度来てみたいなと思いました。
生憎、この日のこの時間はクローズでしたが・・

相方がミラノで他にもしたいことがあったので、ひとまずこの周辺を後にすることにしました。

相方の目的地までは徒歩

途中、

2016052106.jpg
Palazzo del Senato(上院かな?!)が

現在は、Archivio di Stato di Milano(ミラノ州公文書館)が使用している建物ですが、歴史的な建物のようです。

そしてそのすぐ横には・・・

2016052107.jpg
Felice Cavallotti(フェリーチェ・カヴァッロッティ)像が

なんだかちょっぴりセクシー・ポーズ(笑)。

ここから10分強ほどで相方の目的地が・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Festa della Repubblica Italiana

※追記あり!

今日は“Festa della Repubblica Italiana(イタリア共和国記念日)”ですよ

GoogleItalia02062016.jpg
Google Italiaのロゴも共和国記念日バージョン

去年は書いてませんでしたが、過去にちらっと書いていたことも(こちらこちら)。。。

何だか中途半端な感じで終わってるので、ちょっとまとめてみます!

イタリア、いたりあ~~~~  と呼んでいますが、正式な国名は、Repubblica Italiana(イタリア共和国)と言いますよ。

イタリアの歴史はとても長いのですが(こちらをご覧ください)、イタリアとして統一されたのは155年前の1861年、イタリア王国を経て、共和国となったのは1946年。

そう、たった70年前のことなんですよ!!

約20年ほど続いたファシズム、そして第二次世界大戦の後となる1861年にイタリアでは国民投票が行われたそうです。

投票の内容は、国家体制をどうするのかということ。
君主制を続けるのか、それとも共和制を取るのか。

そして投票の結果、共和制を取ることに決議されました。

85年間に渡るサヴォイア家による君主制、イタリア王国が終わりを告げたんですね。

この日、イタリアの首都ローマでは祝典が行われますよ。
そして軍事パレードやコンサートなんかも。

そうそう!
Frecce Tricolori(フレッチェ・トリコローリ)のアクロバット飛行も!!

トリコローリは複数形で、単数形はトリコローレ。
三色の意味ですよ。
イタリアではイタリアの国旗 が三色なことからイタリアの国旗を差します。

トリコローレでピン と来られた方もいらっしゃうかもですが、フランス語ではトリコロール。

同じく三色からなる国旗のフランスでトリコロールと言えばフランス国旗を差しますよ。
ちなみにそのフランスも同じく共和国で、日本ではパリ祭で知られる通称、14 Juilletがフランスの共和国記念日です。

少しお話がそれましたが、イタリアの共和国記念日にお話を戻して・・・

この日祝典などの様子はTVでも放送されますよ。

そしてローマに限らず、各地では様々なイベントが開催されています。

イタリアの共和国記念日に関するイベントにいらっしゃったことのある方はいらっしゃいますか?!!

私はいつも行きたいなとは思っているのですが、いかんせん、イタリアに近いとは言え、イタリアではない国に住んでいるため、この日はお休みではないことがほとんど

今年も色々あって、やっぱイベントは見に行けないかなぁ・・・

こういう時、イタリアって近くて遠いなって痛感します。
ほんと歯がゆい~~~~~!!!!

とにかく!!


Viva Italia




※追記はここから・・・

今日の祝典には、イタリアの大統領、Sergio Mattarella(セルジョ・マッタレッラ)氏、首相、Matteo Renzi(マッテオ・レンツィ)をはじめ、400人の市長さんたちが参加したそうですよ。

そして、見逃してしまったフレッチェ・トリコローリは・・・

Repibblica02062016_2.jpg
↑↓la Repubblicaから拝借
Repibblica02062016_1.jpg

永遠の都ローマになんとも映える三色じゃありませんか

あ~、ローマに行きたい・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)~番外編

ヴェナリーア・レアーレ宮殿に行くために、珍しくAM中に家を出発したわが家!

道中、L&M夫妻をピックアップし、ヴェナリーア・レアーレ宮殿へ向かいました。

ヴェナリーア・レアーレに到着すると、チケット売り場は長蛇の列!
まずはチケットを購入しようと言うことになりましたよ。

かなり並びましたが、何とかチケットを買い、ふと時計を見るとお昼時。

まずはお昼を食べようと言うことになったのですが、これが鬼門だった

まず、どのレストランも長蛇の列!

何とか入ったレストランは待てど暮らせどお食事がなっかなか出てこなかった(涙)・・・

2016051534.jpg
↑ビールもやっと出てきたけど、そこからが長かった・・・

2016051535.jpg
↑相方のお肉にチーズがけ

2016051536.jpg
↑私のお肉

L&Mはお魚をオーダーしてました。

私と相方のお肉は私の好きなピエモンテ牛。

私のは普通って感じ。

相方は、

相:チーズが多過ぎてお肉の味がしないからいまいち!

L&Mも不満気味。

まぁ、観光地だから仕方がないのだけど、このレストランで2時間費やすことになったのが痛手でした。
それもさほどおいしいとは言えない場所だったし。。。

なので駆け足で宮殿を回ることになったのです。

そして当初予定していたトリノ市内入り↓
2016051537.jpg

そもそも無理だったのでしょうが、当初は宮殿の後にトリノで開催されていた本のフェスティヴァルに行く予定でした。
もちろん、無理な時間で行ってませんが・・・

トリノは何度か来たけど、この広場↓は初めてか???
2016051538.jpg

いや、通り過ぎてたかも。。。

Piazza Vittorio Veneto(ヴィットーリオ・ヴェネト広場)。

2016051539.jpg
↑Chiesa della Santissima Annunziata (サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会)

ここの前は何度か通ったことがある。

トリノももっとゆっくりと観光してみたい街の1つ。

そして時間的に夕食を食べて帰ろうと言うことになった。

が、どこも結構いっぱい!
やっと入れたお店で・・・

2016051540.jpg
↑ワイン!

2016051541.jpg
↑前菜は2人で1皿にした

何だったか忘れちゃった(汗)。
お魚が入ってたように記憶。

2016051542.jpg
↑私と相方はラグー・ビアンカのタリヤン

ラグー(ミート・ソース)のビアンカ(白いという意味)って何??って思ってたら、トマト・ソース(赤いソース)ではないからビアンカだそうです。

お肉は仔牛肉でした。
まぁまぁ普通な感じ。
サービスはよかったです。

ちなみにL&Mはピザを食べてました。

美食の州、ピエモンテにしてはちょっと微妙なお食事事情となってしまった旅でした。



Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)の旅
・『Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)~その1』はこちら
・『Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)~その2』はこちら
・『Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)~その3』はこちら
・『Reggia di Venaria Reale(ヴェナリーア・レアーレ宮殿)~番外編』はこちら

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)