スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trattoria di Via Serra @ Bologna

やっとこさ本来のヨーロッパのお話を・・・

もう終わりかけですが、今月6月の6日からしばしPescaraに帰省しておりました。

移動日となった6日、まず途中のボローニャで高速を降りました。

目的は、ボローニャに住む相方のお友達とのランチをするため。

今回向かった先は、Trattoria di Via Serra

そう、いつものこれ↓を見て(笑)
Osterie d'Italia 2015. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

お友達はお仕事。
思いのほか駐車場がお店の近くで見つかったので、先にアンティパスト(前菜)をいただくことに。

06061501.jpg
↑お食事のお供は地元のランブルスコ
ハウスワインにつき、この入れ物に入って出てくる

時間が経ちすぎて何だったのか思い出せん(汗)・・・
写真だけでご紹介・・・

06061502.jpg
↑私のアンティパストで、チーズのスフレ
確かゴルゴンゾーラのスフレ。

これが絶妙にうまかったのは覚えている。

06061503.jpg
↑相方のアンティパストは牛のクビの肉
これが、めっちゃめちゃ柔らかくって、驚き!!
これもうまかった!!

06061504.jpg
↑私のプリモ(パスタ)はほうれん草のラビオリにトマトソース
これもめちゃうま!!

06061505.jpg
↑相方はボロネーゼ(ミート・ソース)

ちなみに相方のお友達も登場し、相方と同じのをオーダー。

相:ボローニャでおいしいボロネーゼなんて食べたことない!

って豪語してたのは前言撤回となりました(爆)。

セコンドを・・・だったんだけど、お友達がお仕事に戻らないといけないので、セコンドはパス。

06061506.jpg
↑私のデザートはプルーンのアイス

06061507.jpg
↑相方はチョコケーキ

このお店、相方が昔ボローニャに住んでいたところのとっても近くらしい。
多分、相方がいた頃にはここになかったんだろうけど。。。

06061508.jpg
↑〆のカフェ(エスプレッソ)のカップはエキスポ仕様

長年ボローニャに住んでた相方もお勧めしたくなるお店。
ボローニャはたまに来るので、またこのお店でお食事してみたいなって思いました。

ほんと、お薦め!!



Trattoria di Via Serra
住所:Via Luigi Serra 9/b - 41029 Bologna
電話:051 631 2330
営業:12:00~14:00/19:00~22:00(水・木はランチお休み)
休業:月・火
スポンサーサイト

アメリカ旅行・12日目

※『アメリカ旅行・11日目~カナダ編』からの続きです。

アメリカ旅行の12日目は出発の日。
そう、やっとこさ最終回!!!

前日に借りたレンタカーは空港返却にしていた。

シアトルの空港で2つ感動。

まず、レンタカー返却のしやすさ。

空港から少し離れたところにレンタカー専用と思われるパーキングがある。
ここに各レンタカー会社の車が返却できるようになっている。

ヨーロッパだと結構これにてこずったりするので、余裕を見てホテルを出たものの、あっさりと返却!
そしてそこからはシャトル・バスが定期的に出ていて、それで空港へ。

NYでかなり手こずった入国審査。
ここでも・・・と覚悟していたのだが、ここでも意外とすんなり。

そしてどこの空港でも、

PC、携帯はカバンから出して、

ベルトは外して、

靴は脱いで・・・


がここではなかった。

ブーツみたいなのを履いてる人は脱がされてたけど、普通にスニーカーとかパンプスだとスルー!

PC類も持ち込み荷物に入れたまんまスキャン。

そもそも別途出してスキャンしたところで、何かわかるのか?!!って常々思っていた我々。
これにより、チェックの前後のもたつきによる混雑が回避され、スムーズに進んだ。
何とも素敵なシステム!!

そしてここから。。。

31051501.jpg
↑一旦パリを目指します

ちなみにこのフライトで観た映画は、

クローバー 【通常版】 DVD

と、

LUCY/ルーシー [DVD]

もう1本観たような気がするけど、思い出せん・・・

31051502.jpg
↑そしてパリ、ド・ゴール空港で乗り継ぎ

パリはEU内の最初の国ということで、ここで入国審査が。

相方がEUパスポートなので、その嫁の私(日本のパスポート)も、相方と一緒だとEUパスポートの列に並べる。

が、何故かEUパスポートの方が窓口が1つしかなく、なかなか進まない・・・

G:前の人に行って先に進ませてもらった方がいいんじゃない?!
相:30分もあるから大丈夫!

と、ウザがっていた相方。

後方からは見知らぬ人が、

人:搭乗まで30分なんで、先に行かせてください。

と、最前列に進んでいった。

G:私たちも頼もうさ!!
相:うるさい!!
  30分もある!!

って言ってたが、パリ、シャル・ド・ゴール空港はデカいのだ。
その後、通路を爆走する羽目に陥る

31051503.jpg
↑すったもんだでミラノ、リナーテ空港に到着

が、すったもんだはまだ続く。

出発はミラノでも、マルペンサだった我々。
わが家の愛車はマルペンサで我々を待っている。

リナーテからマルペンサに行くバスがあるんだけど、どこから出るの??
やっとたどり着いたら出発したばっかりだった

さらにこのバスが1日4本

仕方なく、一旦ミラノの中央駅行きのバスで中央駅に向かい、そこからマルペンサ空港を目指すことに。

が、中央駅に到着したものの、マルペンサ行きのバスってどこから出るの???

やっとこさ発着場を見つけてマルペンサへ。

ミラノに着いてから、何時間経ってるのか・・・

ほんとすったもんだで、愛車に辿り着き、何とか自宅へ到着。

夕方だったけど(飛行機が着いたのは朝)、そこから爆睡してしまった相方と私でした

人生で一回は行ってみたかったNYにも行けたし、20年ぶりにバンクーバーにも行けたし、普段食べれない新鮮なシーフードにもありつけたし、相対的には楽しかった今回の旅行。

何よりもアメリカって苦手だけど、シアトルにならマックス3年ぐらい住んでみたいなって思ったりもした。
シアトルでなくとも、どうか、海辺の都市になるべく早く引っ越すことができますように

あぁ~~~、何とか今月中にアメリカ旅行話が終わった・・・



アメリカ旅行記
・『アメリカ旅行・1日目~NY編』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~グランド・セントラル駅』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~有名ビル』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~セント・パトリック大聖堂』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~国連周辺』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~ニューヨーク公共図書館』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~タイムズ・スクエア』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~ビル群』はこちら
・『アメリカ旅行・2日目~NY編~気になったこと』はこちら
・『Benjamin Steakhouse @ NY』はこちら
・『アメリカ旅行・3日目~NY編~ワールドトレードセンター跡地』はこちら
・『アメリカ旅行・3日目~NY編~ダウンタウン』はこちら
・『アメリカ旅行・3日目~NY編~ブルックリン橋』はこちら
・『アメリカ旅行・3日目~NY編~Little Italy』はこちら
・『アメリカ旅行・3日目~NY編~海岸周辺など』はこちら
・『蕎麦鳥人 @ NY』はこちら
・『アメリカ旅行・4日目~NY編』はこちら
・『西田商店 @ NY』はこちら
・『アメリカ旅行・5日目~東→西海岸移動編』はこちら
・『Tilikum Place Café @ Seattle』はこちら
・『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Olympic Sculpture Park』はこちら
・『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~海岸沿い』はこちら
・『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Pike Place Market』はこちら
・『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Seattle Art Museum』はこちら
・『Bang Bang Cafe & Emerald Grill @ Seattle』はこちら
・『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~Seattle Center』はこちら
・『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~EMP Museum』はこちら
・『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~スター・ウォーズ展』はこちら
・『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~再びダウンタウン』はこちら
・『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~ワイン・テイスティング』はこちら
・『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~スタバ』はこちら
・『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~飲食』はこちら
・『アメリカ旅行・9日目~シアトル編』はこちら
・『The Pink Door @ Seattle』はこちら
・『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Pioneer Square周辺』はこちら
・『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Underground Tour』はこちら
・『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Chihuly Garden and Glass』はこちら
・『Zeitgeist Coffee @ Seattle』はこちら
・『アメリカ旅行・11日目~シアトル編~再びPike Place Market』はこちら
・『アメリカ旅行・11日目~カナダ編』はこちら
・『Joe Fortes Seafood & Chop House @ Vancouver』はこちら
・『アメリカ旅行・12日目』はこちら

Joe Fortes Seafood & Chop House @ Vancouver

NYにいた時から、カナダではお寿司を食べようと決めていたのに・・・

たまたま通りがかったJoe Fortes Seafood & Chop Houseに心がひかれてしまった相方

行きがけにあれだけシーフード見たら、やっぱ食べたくなったんだろうなぁ・・・
まぁ私は魚介であれば何でもOKなので、ここに入ることにした。

ちょっと高そうなお店で、店の前には『ドレス・コードあり』の文字が。
ただ観光に来ただけだったので、ポロにジーンズ、そしてスニーカーの私。
ちょっとイヤ~~~~~な予感がした。

すんなりと入れてくれたものの、予感的中!

最悪のテーブル!!

バンクーバーに住んでた時もそうだったんだけど、この『ドレス・コードあり』のお店って、よっぽどじゃない限りは入れてくれるみたいだけど、こういう事するのよねぇ・・・
それにアジア人には大抵辛口ジャッジと感じているのは私だけ?!!

座席に案内された時点で私はもう出たかったけど、相方はテンション なので、雰囲気を壊すのも・・・と黙っていた。

300515D1.jpg
↑↓店内はこんな感じ
300515D2.jpg

服装を見て、今いちな態度だった店員たちも。。。

300515D4.jpg
↑店で一番高いメニューを頼み、

300515D3.jpg
↑ワインもボトルを入れてやると

態度は急変(苦笑)!

その後の対応は非常によかったものの、何だかな・・・な感じ。

ちなみにオーダーしたシーフードはめっちゃおいしかった。
相方も食べたかったシーフードが食べれて超~ご満悦。

後で聞いたらやっぱこの座席配置は相方はかなりイラっときたらしい。
でもどうしてもシーフードが食べたかったそうな。

ちなみに白ワインはBC(ブリティッシュ・コロンビア州)産の白。
すっきり辛口を・・・って言ったけど、やっぱちょっと酸が足りない。

北米の好みなのか、土地柄なのか?!!
シアトルに続き謎である。

満足したようなしなかったような北米最後の晩餐でした。



Joe Fortes Seafood & Chop House
住所:777 Thurlow St, Vancouver, BC V6E 3V5
電話:604-669-1940
営業:11:00~23:00

アメリカ旅行・11日目~カナダ編

※『アメリカ旅行・11日目~シアトル編~再びPike Place Market』からの続きです。

300515C02.jpg
↑アップグレードされたレンタカーはなぜかカリフォルニア・ナンバー(笑)

かなり遅くなったけど、シアトルを出発!
目指す先は・・・

300515C01.jpg
↑カナダ!

アメリカ⇔カナダの陸移動は結構移民局が厳しいって聞いてたけど、かなり手こずった

ここの着いた時点で、夕方の5時ぐらいだったと思う。
そんな時間から日帰りでカナダに来るってのがどうも気に入らんかったのと、

係:Where do you live?

の質問に、何を思ったのか相方が

相:えぇ~、シアトルに会議で来てて、今はシアトルのホテルにいて・・・
係:WHERE do you live?
G:スイスです。
  二人とも!!

で、ちょっと怪しまれたみたい(苦笑)。

ちなみにこの質問、帰りのアメリカの通関の時にもしどろもどろになりかけた相方を遮って私が即答させていただきました。
よって、アメリカ入国はすんなり。。。

相方いわく、

相:そんな質問されるって思ってもいないし、Residenceはどこって
  普通聞かへん?!
G:多分、北米は“Where do you live?”で聞いてくると思うよ。。。

気を取り直して、カナダに入国

向かった先は他でもないカナダ西海外最大の都市、バンクーバー。
実は昔、ここに住んでました私。
何気に約20年ぶりのバンクーバー。

300515C03.jpg
↑↓Science World
300515C05.jpg

来たような、来てなかったような・・・
今いち思い出せんけど、この辺りは私が住んでたころと様変わりしていた。

300515C04.jpg
BC Place Stadiumが見える

300515C06.jpg
↑うん、絶対こんな感じじゃあなかった、昔!!

20年ぶりのバンクーバーは何だか別の町・・・

時間に限りもあるのと、ここは相方に見せてあげたいかなと思い、Stanley Park(スタンレー・パーク)へ向かう。

バンクーバーってお天気が悪いイメージ。
しかしグローバル・ウォーミングの影響なのか、たまたまなのか、この日は非常によいお天気で暑かった。

なので、スタンレー・パークでは。。。

300515C07.jpg
↑↓海&海岸生活を楽しむ人でいっぱい
300515C08.jpg

正直、水に入るのはそれほど暑くないかなって思ったけど(笑)。

300515C09.jpg
↑これは昔なかった!

スタンレー・パーク、北米の都市公園の大きさTOP10に入るだけあって、結構デカい。
なので、効率よく車で回ることに。

300515C10.jpg

300515C11.jpg

300515C12.jpg

海辺の町を眺めながら、相方再び・・・

相:ここに住んでみてもいいかなって思うわ。

世界一住みやすい都市と言われるバンクーバー。
シアトル同様、住むには適当な大きな&何でもあるからいいのかも。
何よりも繰り返しますが、今住んでる国&町から出れるなら、喜んでである!!

300515C13.jpg
↑これも初めて見た

そして向かった先は、

300515C14.jpg
↑↓トーテム・ポール
300515C15.jpg

300515C17.jpg
↑多分これも前はなかったように記憶・・・

300515C16.jpg
↑灯台も初めて見た
でもこの辺りは車じゃないと来にくいから、来たことがなかっただけなのかもだけど・・・

他にもまだまだ見せてあげたい場所があったけど、残念ながら時間切れ。

この後ダウンタウンに戻って、夕食をとることに。

300515C18.jpg
↑ディナーの後にちょろっとカナダ・プレイス周辺を回った

この辺りも様変わり!!

アメリカ旅行・11日目~シアトル編~再びPike Place Market

※『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Chihuly Garden and Glass』からの続きです。

この日は相方、完全OFFのはずが・・・

相:ちょっと朝、聞きたいレクチャーがあるから、会議に行ってくるわ!

えぇ~~~~!!!である!!

と言うのもこの日は後で書きますが、ある予定をしていたのです。
とは言え、元々会議に出席するために来ているので、仕方がない!

会議が終わる時間(もう昼だったけど・・・)にダウンタウンで待ち合わせ。
そこで事前に予約したレンタカーをGETしに行ったのですが・・・

店:ご予約の車が今空港から向かってて、別のなら今すぐレンタルできますけど。。。

って、この別の車がたいそう高いクラスの奴(だからストックであったのでしょう)なので、

相:どれぐらいで予約した車は着きますか?
店:30分ぐらいで。

だったら待ちます!

ちょうどランチの時間だったんで、ランチをして待つことに。

が・・・・

相:な~~~んも見てないよ、シアトル!!!

と、例のごとくダダをこねだしたので、一番近くにある、Pike Place Marketへ。

30051501.jpg
↑また別のレイチェル発見!

30051503.jpg
↑怪しげなオブジェも発見!!

30051502.jpg
↑イタリアのワインを売ってるってんで、ラインナップをチェックしに行った

日本で、イタリアで多くのイタリアワインを飲み、買い、見てる私だが、

G:こんなワイナリー初めて聞いたよ・・・

ってのがほとんど。
そして、THE有名どころがちらほら。
いつもイタリアで買うワイナリーのワインは見かけなかったなぁ・・・

そしてやはり相方も海のある国で育った、しかも海がすぐそこの町で育っただけあり・・・

30051504.jpg
↑↓鮮魚店に目が釘付け!
30051505.jpg

30051506.jpg
↑念願の魚投げを見れて相方ご満悦

しかし違いは、大西洋で育ったのか、太平洋で育ったのか!

イタリアで魚介を食べて、買って、思ったんだけど、やっぱ太平洋育ちの魚介はデカい気がする!
それに相方は更に目が釘付け!!

以下、相方がテンション な太平洋の海の幸

30051507.jpg

30051508.jpg

30051509.jpg

30051510.jpg

30051511.jpg

30051512.jpg

前にも書いたかもですが、わが家二人揃ってそんなにアメリカ・ファンではない。
むしろ、住みたいとは思っていない派なんですが。。。

相:ちょtっとシアトルに住みたいかも!!
  こんなん毎日食べれたら超~~~幸せじゃない?!!

と、魚介にはまりまくり(爆)。

いや~、今の海無し国よりはここの方が数段住みやすそうだし、喜んでだけど(苦笑)。

この後の予定もあるので、後ろ髪ひかれまくりの相方をせかせてランチをすることに。

向かったレストランはいっぱいで、40分待ちと言われて断念。

30051513.jpg
Market Grillでパニーノをテイクアウトすることに

ここ、クラムチャウダーも有名みたいで、また性懲りもなく・・・

相:クラムチャウダーも頼もうかなぁ・・
G:テイクアウトやで!
  それにそんな悠長にしてる時間はない!!

で、相方断念。

後にも先にもここのパニーノが一番おいしかったかなぁ・・・

ちなみにお店でも食べれます。
しかし時間に限りがあるので、テイクアウトし、

30051514.jpg
↑トーテムポールを見ながらお食事

その後レンタカー屋さんに戻ると

店:お待たせしたので、車のアップグレードしました!

とのこと。
日本もだけど、アメリカもサービスはいいなって感心する。
そしてレンタカーで向かった先は・・・

Zeitgeist Coffee @ Seattle

Pioneer Squareへ向かう際に、いつものごとく道に迷ったのですが、その時に後でお茶しようと思っていた、

290515P2.jpg
Zeitgeist Coffee

時間的にお昼だったので、ランチをここですることにしましたよ。

290515P1.jpg
↑店内はこんな感じ

290515P3.jpg
↑モッツァレラとトマトのパニーノをオーダー

290515P4.jpg
↑そしてカプチーノ

NYで買ったガイドブックにお薦めカフェで載ってたんで入ったんだけど、普通・・・という印象。
パニーノは結構ヘビーで、何気にこの日もディナーを食べる気が起こらなくなる。

旅行に出ると外食が続くので、大抵体重 になるのだが、毎回アメリカに来ると、各食事のカロリーが高すぎるせいか、夜になってもお腹が減らない・・・・

または前夜に食べ過ぎてランチがお腹に入らない・・・というパターンが多くて、体重は↓↓↓気味になるのは私だけ

可もなく不可もなくなカフェだったので、何でガイドブックにお勧めとして載っていたのかちょっと謎・・・

ちなみに人気店なのか、定員さんはややスノッブな印象だった。



Zeitgeist Coffee
住所:171 S Jackson St, Seattle, WA 98104
電話:206-583-0497
営業:Mon - Fri | 6am - 7pm/Sat & Sun | 8am - 7pm

アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Chihuly Garden and Glass

※『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Underground Tour』からの続きです。

EMP Museumに行った際に、行こうかなぁ、どうしようかなぁ・・・と迷ったChihuly Garden and Glass

ガラス・アートの世界。
入場料は少しお高め

ガラス・アートなら、ヴェネツィアで見たいかも・・・とか思って迷ったのです。

が、シアトル。
住みやすそうな町だけど、観光するには見るところに限界がある。

なので入ってみた。

百聞は一見にしかず。
しばしガラス・アートの世界を画像でご覧ください。

29051529.jpg

29051530.jpg

29051531.jpg

29051532.jpg

29051533.jpg

29051534.jpg 29051535.jpg

29051536.jpg

29051537.jpg

29051538.jpg

結構圧巻な世界で、やっぱ入ってよかったよと思った(笑)。

29051539.jpg

29051540.jpg

ロケーション的にSpace Needle(スペース・ニードル)とのコラボも素敵♪

29051541.jpg

29051542.jpg
↑↓野外にも真のガーデンとコラボ
29051543.jpg

29051544.jpg

29051545.jpg

29051546.jpg

こんな繊細なガラス・アートができる人ってさぞかし神経質そうな方なのかしら・・・と想像。
しかしこの後室内でメイキングのビデオに出ていた作者を見て、ちょっと、いやかなりイメージと違ったので驚いた

気になる方は作者のお写真をこちらから・・・

アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Underground Tour

※『アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Pioneer Square周辺』からの続きです。

Pioneer Squareに向かった理由の1つが・・・

29051528.jpg
Underground Tour(アンダーグラウンド・ツアー)

29051512.jpg
↑↓1890年に建てられたパブ Doc Maynard から始まりますよ
29051513.jpg

シアトルはもともと、海抜が低かったらしい。
なので、満潮時には道路が浸水してしまっていたそうな。

そんなシアトルで1889年に火災発生!
水圧が低かったせいで、消火栓がきちんと機能せず、大火災になってしまうという悲劇。。。

この大火災がトリガーになって、道路がそれまでの位置から3m UP。
そう、元々1Fだったところが、地下になっちゃったのです。

そんな元々の地下は、1907年から一般入場が禁止に!!
しかしこのツアーを利用すればそんな昔の1Fを探検できちゃうって言うツアーなのです。

パブ Doc Maynardで少しお話を聞いた後、早速各グループのガイドさんに連れられて外へ。

29051514.jpg
↑約18mのトーテム・ポールは2代目らしい

実は1代目は先住民族から盗んで来たのをここに設置したそうな。
それが火災にあい、焼け残った破片を元々の所有民族に返却し、そのお礼(なんてする必要あるの??)にこの2代目が先住民からプレゼントされたらしい。

何とも、何ともないわく・・・

パイオニア・スクエアの地下はこんな感じ↓
29051515.jpg

29051516.jpg

29051517.jpg
↑ここで結婚式をあげたカップルがいたんだって。
私はちょっとパスかなぁ・・・

29051519.jpg

29051518.jpg
↑ガラスの説明中
オリジナルのものは紫色らしい。

29051520.jpg
↑一旦外に出る

29051521.jpg
↑下から見ていたガラス

その後また別の入口から地下へ。

29051522.jpg

29051523.jpg

29051524.jpg
↑私が参加したツアーは多分アメリカ人ばっか
それに一人で参加してるのも私だけだった(爆)。

29051525.jpg
Smith Towerには展望台があるそうだが、行かなかった

ツアーは約1時間ほどだったような気がする。
ガイドのお姉さんが劇団員かと思うほどの面白さと話術でツアーを行う。

29051526.jpg
↑この辺りは売春宿が多かったらしい

そんな売春宿を経営する女主人の一人に、Seattle madame(シアトル・マダム)と呼ばれるドイツ人の女の人がいたそう。

ひと昔前はそのお話はご法度に近い感じだったらしいけど、今はシアトルの歴史を見直す・・・的にこのツアーでもそのお話をしてました。

29051527.jpg
↑ツアーの最後はお土産物屋さんに辿り着く

歴史・・・と言ってもアメリカ。
日本やイタリアのように古い歴史を期待して行くと的外れも甚だしいけど、まぁそれなりに楽しめたツアー。
何よりもガイドのお姉さんのプロさに脱帽!

アメリカ旅行・10日目~シアトル編~Pioneer Square周辺

※『アメリカ旅行・9日目~シアトル編』からの続きです。

前日にちょっとエネルギーのリチャージをしたので、この日はもう少し精力的に活動することに!

まず向かおうと思ったのは、シアトルに来てからまだ未踏だったPioneer Square周辺。

パイオニア・スクエアはシアトル発祥の地なのです。

ひとまずホテルを出て、ダウンタウンを目指す。

29051511.jpg
↑William Henry Seward像

いつも変な人が周りにいて写真をなかなか撮れなかったが、この日はラッキ~♪

ここから徒歩で一路パイオニア・スクエアー周辺を目指します!!

それにしても地図の読めない女の私

自分的には地図の通り歩いてるつもりが・・・

29051501.jpg
CenturyLink Field(センチュリーリンク・フィールド)?!!

ちょっと通り過ぎたか?!!

29051502.jpg
↑アムトラックのKing Street Stationもあるけど・・・

いや、近くに来ているはず!!

そしてこの後人に聞きまくりで何とか後でお茶しようと思っていたカフェに辿り着く(笑)。
そのお話はまた後にするとして、そこの近くにはガイドブックにも載っていた・・・

29051507.jpg
↑↓クロンダイク・ゴールドラッシュのミュージアムが!
29051503.jpg

入場料無料です。

29051504.jpg

29051505.jpg

みんな、一獲千金を求めて金を探したのでしょう。

29051506.jpg

ミュージアム自体はそんなに大きくもないので、すぐに見学終了。

その後、近くにあって、これまたガイドブックに載っていた、

29051508.jpg
↑↓Waterfall Garden
29051509.jpg

29051510.jpg

ネーミングがwaterfall=滝とあるこの公園。
どうやらいつもは小さな人工滝から水が落下しているようだが、工事中なのか何なのか、この日は水なしで、残念!

そしてここから・・・

The Pink Door @ Seattle

アメリカ旅行9日目は相方と一緒にディナーを取ることに。

事前に調べてたところが道路工事でどうやってたどり着いたらいいのか???で、急きょ予定変更することに

ただ、シアトルの夜って結構早くて(飲み屋は開いてるみたいだけど・・・)、お食事できそうなところがよくわからない

そんな中、偶然見つけたThe Pink Doorというお店。

結構人が入ってるんだけど、どこから入るのかが謎!!
結局、偶然出てきた客が開けたドアを開けて入ることができた(笑)。
マジ、ちょっとわかりにくい入口・・・

何の下調べもなく入ったお店。
実はイタロ・アメリカン料理だった
そう、何気に一番避けていたパターンなのだが、時間的にそんなことを言っていられない!
恐らくこの時間で開いている唯一に近いお店じゃなかろうかと思われる(その周辺で)。

280515C1.jpg
↑イタリアンっぽくパンとオリーブオイルが出てきた

バターじゃないところは「おっ!」なのだが、オイルはやや酸化気味
まぁ、パンだけ食べればいい話!

280515C5.jpg
↑地元の白ワインをオーダー

テイスティングでも書いたけど、やっぱローカルのすっきり辛口に巡めぐり逢うのは難しそう。
多分かなりのお値段出せばめぐり逢えるのかもだけど。
ちなみにワインのお値段はイタリアのレストランなどを考えるとお高めです。

280515C2.jpg
↑ワイン・クーラーがちょっとかわいい

せっかくシアトルに来たんだからが・・・

280515C3.jpg
↑やっぱ生ガキ!

ウエイトレスさんによると、真ん中のバルサミコ酢と何かとピンク・ペッパーのソースをつけて食べると抜群にうまいらしい。

まずカキだけ食べてみるとかなりうまい!
そして恐る恐るソースだけ食べてみると、かなり強烈!
二人して、こりゃ~ソースなしで食べるにこしたことはないと結論付け。

280515C4.jpg
↑パスタは二人してボンゴレ・ビアンコ

さすがイタロ・アメリカン!
何とボンゴレ・ビアンコにパンチェッタ(ベーコン)が入ってたりする

ちなみにボンゴレはイタリアのそれとは比べ物にならんぐらいに大きくて味わい深い!
そう、めっちゃうまい!!

パスタはパスタでおいしい。

でもボンゴレとパンチェッタはどうも相性がそんなによくない印象。。。

シンプルにイタリアのボンゴレ・ビアンコをこのボンゴレで作ったら、どんなにうまいんだろうか?!!

280515C6.jpg
↑〆はエスプレッソ

これもやっぱちょっとルンゴ(薄い)んだよねぇ・・・

きっとこのルンゴ気味なのが、アメリカ人の好みなのでしょう。

人気店のようで、人はいっぱい。
お味も悪くはない。
だが、イタリアでイタリア人シェフが作るイタリア料理を食べている身にはちょっと残念感が残った。
まぁだから、イタリアン・レストランと名乗らずに、イタロ・アメリカン・レストランと名乗っているのでしょう。

雰囲気はとってもいいお店で、サービスも良好でした。



The Pink Door
住所:1919 Post Alley, Seattle, WA 98101
電話:206-443-3241
営業:月~土 11:30~22:00(金・土は~23:00)
    日    16:00~22:00

アメリカ旅行・9日目~シアトル編

※『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~飲食』からの続きです。

家を出たから9日目。
マジ、しんどさマックス

この日はまったりすることにした。

相方が会議からもらってたモノレールのチケットを使わせていただくことにした。

28051501.jpg

28051502.jpg

モノレールはSpace NeedleのあるSeattle Centerと町の中心地を結んでいる。

28051503.jpg

28051504.jpg

28051505.jpg
↑なぜか会議の看板が出てた

そうそう!
モノレールとまったく関係がないですが、この町の中心地にある駅の建物には・・・

28051506.jpg
↑なんとダイソーが!!

スリッパを持ってくるのを忘れた相方のために、スリッパを買いに入った。
大方の値段は1.50ドルと、2倍近くのお値段。

しかし物価がバカ高い町に住んでいると思わずここでも大人買いしそうになり、いかん、いかんと思いとどまる(苦笑)。
だって、日本茶とか、色々便利そうなもの(普通に日本のダイソーに売ってるもの)があるから。。。

今いらんけど、ヨーロッパにはないから去年買い忘れた洗濯ネットの大判を一応買っておいた(後で大活躍!)。
ほんとイタリアにも来て欲しい・・・

来て欲しいと言えば、すっかり書き忘れていたけれど、NYで、Benjamin Steakhouseに向かっている最中に日本人のサラリーマンらしき2人組みに遭遇。

盗み聞きではないが、大きな声で話しておられたので、聞こえたのだが、

男:あっ、ちょっとユニクロによってっていい?!

って、ことはNYにはユニクロもあるんだなぁ・・・

ユニクロもダイソーとあわせてイタリアへ来て欲しい。。。

もとい・・・

Seattle Center側に駅には・・・

28051507.jpg
↑モノレールのキャラらしい

28051508.jpg

お天気がいいのでしばしSeattle Centerでまったり。
が、やっぱしんどい・・・

28051509.jpg
↑アメリカで買ったガイドブックお薦めのチフリ美術館に行こうかと思ったけど・・・

やっぱやめてホテルに戻った。
エネルギー再チャージ要です。。。

アメリカ旅行・8日目~シアトル編~飲食

※『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~スタバ』からの続きです。

8日目のお食事処をまとめてご紹介!

まず、昼前に相方と会議場に向かい、登録を済ませた後に一緒に軽くランチをすることにした。

ずっとお寿司を食べたがっていた相方。
会議場近くで目にした・・・

27051528.jpg
↑回転寿司屋に入った

27051529.jpg
↑とびこの軍艦を除き、見たことも聞いたこともないようなお寿司のオンパレード

27051530.jpg
↑お皿には何やら日本風なことが書いてあるが・・・

お値段も結構するので、日本の回転寿司の感覚で行くとちょっと引く。
店員さんも日本人の人は1人もいなく、THEアメリカンな感じの回転寿司屋さんだった。

シアトル。
日本人結構住んでると思うんだけど、

27051531.jpg
↑日本人がつけなさそうなネーミングの和食屋さんが結構あった

この後相方は会議へ向かったので、しばしお別れ。

正直我々好みのお味ではなかったお寿司屋さん。
お口直しにと、別のお店の兄ちゃんに勧められたお店でエスプレッソを飲むことに↓
27051532.jpg

27051533.jpg
↑閉店間近につき、入れ物は紙コップだった

まずくはないけど、やっぱルンゴ(薄い)んだよねぇ・・・

日本にいた時に、アリタリアのパイロットの知り合いだったか、輸入商だったかが、

伊:旅行の際には必ず電気式のモカを持参してる。
  カフェ(エスプレッソ)は自分でしているよ~~~!!

って、言ってたのを思い出した。
私も電気式のが欲しい・・・

もとい。

この日、相方はウェルカム・パーティーだったので、夕食は一人で取ることに。
ウェルカム・パーティーの場所がわからんとかヤイヤイ言うてたんで、パーティー場所まで案内し(何やねん、私!)、疲れたから近くで夕食を取ることにした。

今住んでるところでは、お値段の高さもあってなかなか行かないタイ・レストランに行ってみた。
大阪に住んでた時はよく行ったのになぁ・・・

27051534.jpg

27051535.jpg
↑お水の入れ物がかわいくって写真におさめた

どうもウォッカのビンらしい。

ちなみに写真を撮ってないけど、お食事のお供はビール。

27051536.jpg
↑すごいブレてるけど、エビ入りのヌードルにした

店員さんは白人やけど、どうもキッチンはタイの人みたいで、めっちゃめちゃ辛かった

シアトルって結構閉店時間が早くって、ここも相方を送って行ってたら入ったのが9時ちょっと前。
どうも閉店って9時みたいで、慌てて食べるも、辛いから結局完食できず

久々のタイ料理で完食したかったんだけどなぁ・・・
でも辛かった!

アメリカ旅行・8日目~シアトル編~スタバ

※『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~ワイン・テイスティング』からの続きです。

Pike Place Marketに行った理由はこちら↓
27051522.jpg
↑↓スタバ
27051523.jpg

シアトルは言わずと知れたスタバ発祥の地。
このPike Place Marketにあるお店が1号店らしい。

店内はそんなに広くない↓
27051524.jpg

だが、1号店と言うこともあってか、すっごい人!!

27051525.jpg
↑店内には、Pike Place Marketのマスコット、レイチェルらしきものがいる

スタバって緑に白抜きの字って言うイメージだけど、ここ1号店は茶色に白抜きの字。
せっかくなので、何かオリジナルなメニューがあれば飲んでみようかと・・・

G:1号店オリジナルメニューってありますか?
店:ないです。

だそうで、だったら長蛇の列に並ぶのもなぁ・・・と写真だけ撮って退散
元々はコーヒー豆を売ってたとかって言ってたような。

さすが発祥の地、シアトルなのか、とにかく至る所にスタバがある。
一見してTHEスタバとわかるものもあれば、

27051527.jpg
↑あら、ここもなの??って感じのお店もある

せっかくなので1度だけ・・・

27051526.jpg
↑購入!

あっ、でもこれ、抹茶ラテ・ホットです(笑)。

アメリカ旅行・8日目~シアトル編~ワイン・テイスティング

※『アメリカ旅行・8日目~シアトル編~再びダウンタウン』からの続きです。

8日目にPike Market Placeへ行く前に立ち寄った場所が1か所・・・

道を歩いてると、「Wine Tasting」の文字が。

27051514.jpg
↑入ってみた

27051515.jpg
Lost River Wineryというワイナリーのワインがテイストできるらしい

27051516.jpg 27051517.jpg
↑白2種(ピノ・グリシャルドネ

そして、

27051518.jpg 27051519.jpg
↑↓赤3種(メルロー&カベソ別のメルロー&カベソ、そしてカベソ
27051520.jpg

27051521.jpg
↑リストには、ネッビオーロもあって、ボルドー種ばっか、つまらないので、赤1つ目の時点でネッビオーロが飲みたい旨を伝えたけど、テイスティングではなく、グラス・オーダーしないと無理と言われた。

ちなみにテイスティング代は6ドルだったように記憶。
毎日若干違う種類が出るらしい。

全体的に悪くはいけど、酸が乏しい印象。
逆に酸がたっていないせいか、フルーティーさというか、甘さを感じる。

赤に関しては特にアメリカ特有の樽々した感じで、余計に甘さを感じた。

興味から、ネッビオーロをグラスオーダーしてみようかと思ったけど、

店:イタリアのネッビオーロとは印象が違うと思いますよ。
  軽やかで、タンニンが少ない感じです。

って、聞いてちょっと思いとどまった(笑)。

後にも先にもアメリカで飲んだワインの印象はやっぱ酸がたったすっきり辛口ワインはあまりポピュラーでないのか、なかなか見かけなかった。
土地柄か?
それとも好みの問題なのか??

アメリカ旅行・8日目~シアトル編~再びダウンタウン

※『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~スター・ウォーズ展』からの続きです。

何気に家を出てから8日目。
時差やら、連日歩き詰めやらで、体力もそろそろ限界に近づきつつあるって感じ・・・

しかしせっかくなので再びダウンタウンへ向かう。
この日向かった先は・・・

27051501.jpg
Seattle Public Library

前の道が狭いのと、建物が大きいので全体像はうまく撮れず・・・

27051502.jpg
↑入口はこんな感じ

27051503.jpg
↑中はこんな感じ

ちょっと温室っぽくっていい感じ。

さすがアメリカって感じで・・・

27051504.jpg
↑日本語や伊語の本もあった

ちなみに日本語の本は3列ぐらいの本棚に置いてあったけど、イタリア語はこれだけ。
ここはイタリア人人口が少ないのか?!!

図書館には結構人がいたけど、どこの図書館もそう。
半分以上はちょっと怪しげな人たちがイスに座り、一休み(10休みぐらい?!!)してるって感じだった。

もちろん、ちゃんと本を借りに来たりしてる人もいたけど。。。

図書館近くで見た風景↓
27051505.jpg

そこからまたちょっとPike Place Marketの方へ行ってみた↓
27051506.jpg

その理由はまた後で書くとして・・・

27051507.jpg
↑うらめしや~~~でついつい立ち寄ってしまう、鮮魚店

ホテルじゃなくって、キッチン付きのタイプのお部屋だったら迷わずに購入なのだが・・・
海無し国にいると本当にこういうのがうらめしや~~~~!!!

ここには前にも書きましたが、色々なお店があって、

27051508.jpg
↑チーズ専門店もある。

チーズ・プロフェッショナル(の資格、一応持ってます・・・)としてはやっぱちょっと見学・・・・

27051509.jpg
↑パルミジャーノ・レッジャーノがイタリアで買う、約2倍

まぁ、輸入だもんねぇ・・・
にしても、パルミジャーノ特有のアミノ酸の結晶が少ない気がしたのは気のせい???

このすぐ近くには、

27051510.jpg
↑ポスト・アレーと呼ばれるエリアもある

食べ物屋さんや飲み屋さんが立ち並んでいる。

27051511.jpg
↑変わった看板もあった

そこからちょっとふら~~~~っと相方の会議が行われていた、

27051512.jpg
↑↓Washington State Convention Centerに行ってみたら・・・
27051513.jpg

ちょうど会議が終わった頃なのか、いっぱい人が出てきた。
少し待ってみると相方も出てきたので、一緒にホテルに戻ることに。

何気に行きも一緒にここまで来た我々。
相方はいつものごとく、ペラペラとお話に夢中で、ナビは毎日歩き回ってる私任せ。
何気に帰り道がわからんかった様子で、かなりほっとした顔をしていた(爆)。

アメリカ旅行・7日目~シアトル編~スター・ウォーズ展

※『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~EMP Museum』からの続きです。

EMP Museumに行った真の目的はこちら↓
26051520.jpg
↑スター・ウォーズのコスチューム展

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

え~~~、FBでもちょっと話題にしてリアル友からつっこみまくられたのですが、私・・・・

スター・ウォーズって見たことない

言い訳じゃないけど、いつか観よう、観ようと思っているのです。
観る気はあるんですけど、結局周りの人って観たことない人がいない確率の方が高くって、長いし、なっかなか一人でそれだけの時間を費やす暇がない
いつか、観ます。。。

とにかく、こちらはコスチューム展なので、まぁお話を知らずとも(知ってればさらにということが相方から後に語られるのですが・・・)それなりに楽しめる!

とにかくお話を知らないので、説明はできないから画像のみ・・・

26051521.jpg

26051522.jpg

26051523.jpg

26051524.jpg

26051525.jpg
↑名前はすっとは出てこないが、これはどっかで見たことがある!

26051526.jpg
↑これって着物と中国の衣装を融合させたのがイメージなんだって
確かにちょっと着物っぽい!

26051527.jpg
↑ダースベーダ―って侍がヒントになってるらしい

ダースベーダ―って悪者でしょ?!
ちょっとムムって思ったけど・・・

26051528.jpg
↑↓スイッチを押すと剣が光る
26051529.jpg

ただ、押した瞬間だけ光るので、押して即カメラを構えても光は消えてる・・・
係員にボタンを押してくれるように頼んだら、押してくれた。

26051530.jpg
↑こういうのも出てくるの???

26051531.jpg 26051532.jpg
↑これも知ってる!
向かって右がダースベーダ―!
左は・・・名前は知らない。。。

26051534.jpg

26051536.jpg

26051537.jpg

なかなか楽しかったけど、この後ここで相方の会議のウェルカム・パーティーがあって、パーティー終了後、自由に館内を見ることができたらしい。

スター・ウォーズを全て見て、ファンの相方はもちろんこのコーナーに足を踏み入れるのだが、その説明ぶりは映画を観てない私には到底理解できないレベルだった。

なので、映画を観た人、スター・ウォーズ・ファンの人はすごく楽しめるんだと思う。

この後、一旦ホテルに戻って相方のランチの買い出しに出かけることになるだが、ランチ時間ではない時間のランチ。
変な時間に結構ヘビーなものを食べたから、結局この日はディナーを食べずに終わる。

アメリカ旅行・7日目~シアトル編~EMP Museum

※『アメリカ旅行・7日目~シアトル編~Seattle Center』からの続きです。

ランチに行く前にシアトル・センター内で立ち寄ったのは、EMP Museum
26051509.jpg

EMPとは、Experience Music Projectの略らしい。

M=Musicと入ってるだけあり、建物の中心には・・・

26051508.jpg
↑ギターとキーボードの塔!

26051510.jpg
↑中には色んなコーナーがある

26051511.jpg
↑SFのコーナー

26051512.jpg
↑確かファンタジー・コーナーで見た、デヴィッド・ボウイのラビリンス↓の衣装
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD]

26051513.jpg
↑こっちはSFコーナーで見たエイリアン↓
エイリアン [Blu-ray]

26051514.jpg
↑SFのコーナーの階段だったかにあったサイン

他にも、

26051515.jpg
↑ゴーストバスターズ↓あり~の、
ゴーストバスターズ 1&2パック [Blu-ray]

26051516.jpg 26051517.jpg
↑ターミネーター↓あり=の、
ターミネーター スペシャル・ブルーレイBOX(3枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]

26051518.jpg
↑ちょっとわからんのがあり~の。。。

全体的にはまぁまぁかなって感じ。
でもここに入ったメインの目的は・・・・

アメリカ旅行・7日目~シアトル編~Seattle Center

※『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Seattle Art Museum』からの続きです。

シアトル3日目(実質1日目は移動のみだったので、2日目だけど・・・)はSeattle Center周辺をせめてみようと思った。

まず、ざくっとSeattle Centerを回ってみる。

ここにはシアトルのランドマークとも言える、

26051501.jpg
Space Needle(スペース・ニードル)がある

ここは事前に相方と一緒にのぼろうと約束をしていたので、下から眺めるだけにした。

が、結末を先に言うと、行こう、行こうと言いながら結局行かなかったので、だったらこの時に一人で上っておけばよかったよ・・・と後悔することとなるのである。

ちなみにこちら、60年代に万博をやった際に建てられたそうで、展望台&スカイレストランなんかが入ってるらしい。

この後も頻繁にそこいら中で見かけることとなる、Ride The Ducks(ダック・ツアー)↓
26051502.jpg

どうやらここから出発なのか、頻繁にとまっていた。

ちなみにこちら、水・陸、両方の観光が1つの乗り物でできる。
そう、少し前にも大阪にできたのと同じようなものか?!

とても人気があるようで、見かける乗り物は常に満席っぽかった。

シアトルには『アメリカ旅行~シアトル編・6日目~海岸沿い』に書いた通り、水族館がある。

そして海も近いせいか、海に関するオブジェがここにも結構あった↓
26051503.jpg

26051504.jpg

26051505.jpg
↑タコのオブジェって以外となくないですか???
微妙にきもい気もするけど・・・

26051506.jpg
↑ポンペイ展もやってて、ちょっと見たかったけど、見なかった

この後この敷地内をまわる様子は次に書くとして・・・

とにかく相方、風邪がひどくなる一方。
さらに発表の準備も控えていて、ホテルにこもりっきり。

敷地内の建物を1か所回るのですが、その後に一旦ホテルに様子を見に帰ってみると、

相:お腹減った
G:何が食べたいの?
相:何でもいい!

で、ホテルのフロントの人に聞いて・・・

26051507.jpg
↑ここにハンバーガーを買いに行った。

勧められただけあって、まぁまぁおいしかったハンバーガー。
と、腹減り君(相方)がいたので、ハンバーガーの写真は撮ってないけど・・・

Bang Bang Cafe & Emerald Grill @ Seattle

6日目のお食事をまとめて・・・

まず、ホテルには朝食がついてたのですが、相変わらず朝起きれない相方

結局、朝食の時間が過ぎてからモソ~~~~~っと起きだし、

相:お腹が減った

身支度を済ませて、海岸の方へ。
色々と物色した後、

250515M1.jpg
Bang Bang Cafeというところに入ることに。

時間は限りなく昼だけど、一応わが家的には朝食ってことで・・・

250515M2.jpg
↑私はカプチーノ

そしてメニューにベーグルを発見した相方!
ニューヨークで食べそこなったので・・・

250515M3.jpg
↑ベーグルをオーダー!

感想は、

相:そんな騒ぐほどのことか?!

だから、普通にパニーノをベーグルでやっただけのことって言ったじゃないですかっ!!

しかし思い残すことはなくなった様子(笑)。

ちなみにこの後ここでカフェ(エスプレッソ)を飲んだのですが、後にも先にはここのエスプレッソがアメリカで飲んだエスプレッソの中では一番マシだった。

どこも量的にはドッピオ(ダブル)で来るんだけど、味は薄いの。。。
ここは量的にはドッピオだったけど、味はまぁまぁちゃんとドッピオらしいお味でした。

そしてもう1つカフェ(エスプレッソ)にまつわる私の疑問。

なぜかアメリカでエスプレッソを頼んで、お砂糖を入れるも、溶けないの!!
なんで~~~~?!?!?!

サービスはとてもよく、まぁいい感じで一日の始まり。
この後私はOlympic Sculpture Parkを皮切りにシアトルの町の観光へ。

相方は少しだけOlympic Sculpture Parkを見た後、お仕事へ。

結局この日は限りなくお昼にベーグルを食べたもんだから、私はランチはパス。
結構がっつりしてたし。。。

で、夜は相方と一緒に食べることになったんだけど、ニューヨークから風邪がひどくなる一方の相方。
少し熱もあった。
でも食欲はまぁまぁあるみたいで、ホテルの近所で夕食をすませることにした。

向かった先は、Emerald Grillというお店。

何気にアメリカに来てから、アメリカの代表料理とも言えるハンバーガーを食べてなかった我々。
ここはハンバーガーをサーブしてるので、ハンバーガーを食べることにした。

が、その前に・・・

250515M4.jpg
↑相方がクラムチャウダーをオーダー

やめておけと言ったのに、強行オーダー。
随分前に一緒にサンフランシスコに行って、クラムチャウダーを食べてからちょっとはまってる相方。
でも、ここはアメリカ!
後にくるハンバーガーを甘く見ない方が・・・なのである。
そしてスープと言えどもこれまたアメリカ!
このクラムチャウダーがかなりガッツリ系だった。

250515M5.jpg
↑私の普通のバーガー

250515M6.jpg
↑相方は確かラムのハンバーガーにしてた

アメリカは野菜嫌いな人が多いのか、ピクルスは横に、トマトはポロっと落とせるように出てきた(笑)。
やはりガッツリ系である。
そしてクラムチャウダーを食べた相方は途中から苦しくなってくるのある。。。

やけにフライド・ポテトがおいしかったけど、ハンバーガーがガッツリしてたので、もちろん食べ切ることはできず。

しかし思うに、かなりの高さがあるこのハンバーガー。
どうすればうまく食べれるのか?!?!
二人とも結局分解して食べることとなったのである。。。



Bang Bang Cafe
住所: 2460 Western Ave, Seattle, WA 98121
電話:206-448-2233
営業:M-F 7am - 5pm Sat. 8am - 5pm Sun. 8am - 4pm


Emerald Grill
住所:211 Dexter Ave N, Seattle, WA 98109
電話:(206) 694-0070
営業:月 - 日: 6:30 - 0:00

アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Seattle Art Museum

※『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Pike Place Market』からの続きです。

う~~~~ん、頑張って書いてるけど、今月中に終わるのだろうか、アメリカ話・・・
ちょっと疲れてきました

この後、イタリア話も控えてるので早く終わらせないと。。。
今しばらくおつきあいを・・・

Pike Place Marketから坂を上っていくと、そこはすでにシアトルのダウンタウン。
そんなダウンタウンには、Seattle Art Museum(シアトル美術館)がありますよ。

通称、SAMのこの美術館の目印はこちら↓
25051520.jpg

25051521.jpg
↑後で見たらこっちは建物よりも大きく写ってた・・・

建物の中も印象的↓
25051522.jpg

常設と特別展示があるみたい。
私が行った時は常設だけでした。

この時代とか、この人とかって言うのではなく、色々とごちゃまぜの展示。
そんな中、ぶら~~~~っと回ってて

G:これ好き

って思うのは大抵イタリアの画家のもの。
見慣れてるせいもあるのかもだけど、つくづく私はイタリアのアート、建築物、そしてもちろん食べ物が好きなんだなって再確認した。

25051523.jpg 25051524.jpg
↑いいなって思ったもの。
どれもイタリア人の作品だった。

面白かったのは、左側の作品の前でアメ(リカ)人の若夫婦の嫁が、

嫁:OMG~~~~~!!!!
  何、これ?!!
  すっごい素敵!!
  こういうのが見たかったのよ~~~~!!
  一日中でも眺めてられるわ~~~~~!!

と、言った1分後にはどっかに消えていた(爆)。
彼女の1日は1分なのか?!!

美術館の中には東洋のコーナーもあって、その一角には・・・

25051525.jpg
↑↓茶室
25051526.jpg

残念ながらあまり人気がなかった

アメリカで買ったガイドブックではここお薦めだったけど、まぁ、時間があれば見てもいいかなって感じかなぁ・・・
好みの問題もあると思うので、私の意見はご参考程度に・・・

アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Pike Place Market

※『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~海岸沿い』からの続きです。

海岸沿いから坂を上って辿り着いたのは・・・

25051513.jpg
Pike Place Market(パイク・プレース・マーケット)

なんとこちらのマーケット、アメリカで現存するマーケットでは一番歴史があるマーケットだろうです!!

このマーケットのマスコットはこちら↓
25051514.jpg

多分、名前はRachel(レイチェル)。

と言うのも、Rachel the Piggy Bankという募金箱になっている本体がどこかにいるはず(発見できず)。。。

とにかくこのマーケット、観光客のメッカ(死語?!)で、人・ひと・ヒトなのです!!

メグ・ライアンとトム・ハンクスの映画、「めぐり逢えたら」にも出てくる場所だったりする。


25051515.jpg

25051516.jpg
↑パフォーマンスなんかがやってる時もある

とにかくデカいマーケット!

目玉の1つは、

25051517.jpg
↑↓鮮魚店らしい
25051518.jpg

海無し国に住む身にはこの魚介類がう~ら~め~し~やぁ~~~~~!!!

カニ食べたい・・・

25051519.jpg
↑他にもお花、ハンドクラフトなどなど、小売店が立ち並びます。

とにかく人がいっぱいで見るにも通るにも一苦労!
大阪育ちなのに、今やすっかり田舎者の自分に超~~~~ガッカリ

アメリカ旅行・6日目~シアトル編~海岸沿い

※『アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Olympic Sculpture Park』からの続きです。

Olympic Sculpture Parkを後にし、そのまま海岸近くのプロムナードを歩きましたよ↓
25051507.jpg

25051508.jpg
↑この辺りがダウンタウン

ニューヨークの比ではないですが、高層ビルが多く見受けられましたよ。

25051509.jpg
↑ピア59にはSeattle Aquarium(シアトル水族館)が

まぁ、後々入ろうか・・・と思いながら結局入ることがなかった水族館。
子供連れにはいいかも。

その水族館の近くには、

25051510.jpg
↑↓ピア57、Miner's Landing
25051511.jpg

そこには、

25051512.jpg
Seattle Great Wheel(シアトル・グレート・ホイール)がありましたよ。

こちら、子供のみならず、大人の人もたくさん並んでました。

特に、後で夜にこの辺りを通った際には大人の超だの列。
シアトルの夜景を眺めるには格好の場所なんでしょうね。

アメリカ旅行・6日目~シアトル編~Olympic Sculpture Park

※『アメリカ旅行・5日目~東→西海岸移動編』からの続きです。

シアトル到着1日目は移動と夕食だけで終わってしまい、シアトル2日目!

まずは海岸の方へと。
そこには・・・

25051501.jpg
Olympic Sculpture Park(オリンピック・スカルプチャー・パーク)が。

一部ご紹介!

25051502.jpg
↑↓こんな感じ
25051503.jpg

色々なオブジェが公園内に並んでいるのですが、一際目を引いたのはこちらの噴水↓
25051504.jpg

大人と子供なのですが・・・

25051505.jpg
↑時間によっては子供が埋没

逆パターンもありなんだけど、子供がいなくなるパターンはちょっと切ないかも・・・

このパーク、ほんと海岸近くにあるので・・・

25051506.jpg
↑近くにはビーチが

ここを皮切りにシアトルの町を回ります。

Tilikum Place Café @ Seattle

シアトルに移動した日は、移動だけで終わってしまった。

その日の夜は、ホテルから程遠くない、Tilikum Place Caféと言うところですることにした。

240515C1.jpg
↑まずはビールで乾杯

アメリカ、ワインのお値段ってそこそこするので、結構ビールを飲むことが多かった。
クラフトビールを主に飲んでいたんだけど、クラフトビールもそこそこのお値段・・・

せっかくシアトルに来たので・・・

240515C2.jpg
↑↓オイスター!
240515C3.jpg

これは下の生の方が断然おいしかった。

240515C4.jpg
↑二人ともサーモンに

これはこれでおいしいんだけど、食べ物に関してはシンプルはの我々。
こう、ごちゃごちゃとせんと、シンプルにサーモンのグリルを出してくれたら・・・と少し残念に思った。

サーモン自体はとても味が濃く、本当においしかったから余計そう思ったのかも。

240515C5.jpg
↑相方のデザート

見るからにヘビーそうなので、お味見は遠慮させていただいたので味は謎。

240515C6.jpg
↑私はジェラート

各ジェラートにクッキーがついてくるんだけど、ジェラートだけでもアップアップの私だった。。。

まぁアメリカはチップ制だからって言うにもあるのかもだけど、サービスはとてもよかった。
今住んでる国も一応チップを残さないといけないけど、到底置いて行こうと思う気持ちにはなれないサービスなので、そこはアメリカを見習って欲しいなって感じ・・・

雰囲気もよくって(ちょっとヨーロッパ風)、結構混雑してた。
恐らく人気のお店なんだろうなぁ。。。



Tilikum Place Café
住所:407 Cedar Street, Seattle, WA 98121
電話:(206) 282-4830
営業:Lunch - 11am-3pm Daily
   Dinner - 5pm-10pm Daily
   Brunch - 8am-3pm Weekends

アメリカ旅行・5日目~東→西海岸移動編

※『アメリカ旅行・4日目~NY編』からの続きです。

アメリカに来て5日目はようやく東海岸(ニューヨーク)~西海岸(シアトル)へ移動の日!

相方のアバウトな下調べのせいで(!)、結局大急ぎで駅に向かうこととなる

何とか電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、ターミナルへ向かう電車に乗れることに↓
2405151.jpg

JFケネディ空港なんですけど、なんとこのターミナル間移動の電車・・・

有料!!

最初ミラノのマルペンサに到着した時に、カートが有料(一応返却するとお金が戻ってくることになってるけど、大抵壊れてるのか、戻ってきた試しがない・・・しかしそのカートも今や無料!)だったことよりも衝撃的である!!!

アメリカの国内線だから・・・と甘く見ていたが、これまたセキュリティ・チェックに長蛇の列

さらにここに来て、チェックにひっかかった私・・・

と言うのも、こっちに来てから結婚し、姓を変更した私。
パスポートの残存期間がかなりあるから、パスポートの別ページに新姓が載っている。
なので、写真入り(今はチップも入ってる)ページは旧姓のまんま。

その上のページには別ページ参照の印字があるんだけど、大抵みんなその注意書きを見ない!

ヨーロッパの場合、その旨を説明すると大抵難なく通れる。
アメリカに入国する際もそうだったんだけど、この国内線のチェックのおばさん、どうもそれが気に入らないご様子。

恐らくアメリカって日本人がたくさん来るだろうし、こういうケース、あると思うんだけど、プロフェッショナル度に欠けるのか、ず~~~っと、印字と、別ページを見つめたまんま、超~~~~~~不満顔。。。

珍しく私がとめられてるので、思わず相方が割って入ってきた。
自分のパスポートを見せて、

相:僕の妻なんで、姓の変更してるんですけど、問題ありますか?!!

と、プチ切れ声(笑)。

チェックのおばさん、THE渋々のむっつり顔で、無言でパスポートを着き返してきた。

思うんだけど、そもそも問題があるのなら、なんで私がアメリカに入国できたのか????
謎である。

すったもんだで何とか機上の人に↓
2405152.jpg

実は事前チェックインの際に席はゲートで。。。となっていた。
それにかなりブチ切れていた相方なのだが、結果、幅広の席に並んで座れたので、急にご満悦になった(爆)。
そう、永遠の3歳児は喜怒哀楽がわかりやすい!

2405153.jpg
↑機内のコーヒーはスタバ・コーヒー

すっかりアメリカンが苦手になった私。
一口だけいただいて後はさようなら・・・

シアトルまで結構遠くて、6時間ほどかかる。
さらに、これはわが国日本や、相方の国イタリアと違って、国内だが時差まである(3時間)。

風邪がかなりひどくなっていた相方はかなりお疲れモード。
なんだかんだで、シアトル・タコマ空港に到着。

そこから町の中心地へはモノレールで移動した↓
2405154.jpg

その後タクシーに乗り継いで、何とかホテルに到着↓
2405155.jpg

ロケーションはSpace Needle(スペース・ニードル)↓の近く。
2405156.jpg

このホテル、とってもシンプルで、ロケーションもまぁまぁ。
そしてご覧の通りベッドも大き目なのが2つあり、そこまでは快適感があるのだが、すぐ横には大きな道路があり、すごい騒音!

さらに、この先経験するのだが、掃除がこの日から3日間、一度もされず。
その後もちょこっとだけ掃除した風だったけど、満足度がかなり低いレベルのお掃除(掃除機かけてない&シーツもかえてない)だった。

恐らく再度シアトルに来ることがあってもここには泊まらんなぁ・・・って感じ。。。。
あえてどこのホテルとは言いませんが、チェーンのホテルです。

もとい。
この先、シアトルのお話が始まります。

西田商店 @ NY

ニューヨーク滞在4日目はほんとお疲れモードで展望台以外には特にこれと言って何もせず(笑)・・・
翌日は移動日なので、早々に夕食を取って・・・ってことだったのですが、ここに来て、

相:ベーグルが食べたい!!
G:多分、時間的に無理やと思うけど・・・
相:行ってみんとわからん!!

で、ダダをこね始めたんで、とりあえず行ってみたが、やはり閉まっていた。

G:どうする?!

とにかくインターネットの接続がないのでお店探しが大変!
わかっているのか、わかっていないのか、

相:他にも何かお店があるって!

で、周辺を歩かされるも、

相:ここはイヤ、あそこはどうのこうの・・・

と、時間ばかりが過ぎて行く。。。

そろそろ私の堪忍袋も切れてきた!

G:もういい加減にして!
  あてもなく探しても仕方がないやろ!!
  妥協点を見つけろ!!

で、妥協点はふと目に入ったラーメン店となった(爆)。

西田商店という博多のラーメン屋さんらしい。

230515C1.jpg
↑店内はレトロな感じ

230515C2.jpg
↑まずは餃子

店員さんは前夜に行ったジャパレスとは違い、アジア系の人で日本語は みたい。
でもお客さんの割合は日本人が多い感じ。

230515C3.jpg
↑何故か相方がコロッケをオーダー

多分、めっちゃお腹がすいていたのでしょう。

230515C4.jpg
↑↓黒角煮ラーメン
230515C5.jpg

実は麺が縮れ麺と、普通麺とに分かれてるけど、写真を見る限りではどっちがどっちか???。

後で知ったのですが、ニューヨークって結構な数のラーメン屋さんがあるみたい。

有名どころの一風堂や、秀ちゃんラーメンなんかもあるみたい。

と、肝心のお味ですが、かなり濃厚。
多分ウリにしている角煮は結構おいしかった。

結構ヘビーなのか、二人ともお腹がはちきれそうになっちゃった



西田商店
住所:302 E 49th St NY, NY 10017
電話:212-308-0791
営業:月~土 11:30am – 4am /日 11:30am – 10:30pm

アメリカ旅行・4日目~NY編

※『アメリカ旅行・3日目~NY編~海岸周辺など』からの続きです。

実はNY、結構寒かった。
それに時差ボケやら何やらあり、風邪引きだった相方。

そこに加えて普段歩かないのに、連日観光で歩きまくってたんで、結構お疲れモード・・・

この日はちょっとまったりすることにした。

ニューヨークに来てからまだ1度も実現していなかった展望台にだけは行こうと言うことになった。

ニューヨークにはいくつか展望台があるのですが、我々がチョイスしたのは、『アメリカ旅行~NY編・2日目~有名ビル』でも少しご紹介したロックフェラー・センターの展望台、TOP OF THE ROCK

この日はそんなに待ち時間もなく、すぐに入れることに。

ロックフェラー・センターの67F~69Fの3フロアーが展望台になっていますよ。

2305151.jpg
↑マンハッタンのビル群が見渡せる

2305152.jpg
↑遠くには自由の女神も

2305153.jpg
↑↓とにかくビル、ビル、ビル!
2305154.jpg

2305155.jpg

2305156.jpg

この日はお天気が良かったので、結構遠くまで見渡せましたよ。

ちなみにチケットは大人30ドル。
色んなコンビネーション・チケットなんかもあるみたいです。
詳しくはこちらを。

昼もいいけど、夜もきっと素敵だろうなぁ。

蕎麦鳥人 @ NY

NY3日目の夜、

相:和食が食べた~~~~~い!!

で、ジャパレスに行くことになった。

私はピザが食べたかったけど、私が食べたいピザはイタリアのピザなので、ちょっとアメリカで食べるにはリスクがあるかなって気もしたし、去年は日本に来てない相方は和食が食べたくって、食べたくって仕方がなかったみたいだし。。。

ネットで調べて、リーズナブルそうな酒蔵というお店へむかったが、満席。
待ち時間が1時間弱。
待ってると、従兄の家まで帰れるかどうか???だったので、あてもなくお店を後に。

すぐ近くに偶然見つけた蕎麦鳥人

一か八かだけど、土地勘もないし、何よりもインターネット・アクセスがないのでここに入ってみることにした。

220515C1.jpg
↑つきだしと、ザル豆腐

こちらのお店は、お蕎麦と焼き鳥がウリのようなので、

220515C2.jpg
↑焼き鳥類をオーダー

どれもとってもおいしく、相方、ご満悦

そしてこれまた相方が楽しみにしていた、

220515C3.jpg
↑日本酒!

実はここ、かなりの数の日本酒を扱ってらっしゃるお店のようで、どれをチョイスするのか非常に迷った。

すると、

店:いくつか言って下さったら、テイスティング持ってきますので、
  そこから決めてください。

とのこと!

2つほど頼むと、

店:2つでいいんですか?
  よかったら、もっといいですよ。

で、もう1つ追加させてもらって3つテイスティング。
その中から相方チョイスは上の車多酒造さんの、天狗舞RED。

多分、旨醇のことかな?!
純米酒です。

サービスで、グラス2杯分大目に入れてくださったりして大感謝

お店のスタッフはほぼ日本人の方ばかりみたい(我々の対応をしてくださったのはすべて日本人の方)。
とても気持ちのいいサービスで、なんだか日本に帰ってきたみたいな感じ(笑)。

そしてせっかくなので、〆は・・・

220515C4.jpg
↑相方ウニ蕎麦

220515C5.jpg
↑私は天ぷら蕎麦

どれも非常においしくいただきました。

久々の和食と日本酒に相方も大満足のディナーとなりました。



蕎麦鳥人
住所:211E 43rd St New York, NY 10017
電話:212.557.8200
営業:11:45~14:30 / 18:00~23:00
    (日・祝の夜は17:30~22:30)

アメリカ旅行・3日目~NY編~海岸周辺など

※『アメリカ旅行・3日目~NY編~Little Italy』からの続きです。

3日目最後は、ダウンタウン付近の海岸のお話など。。。

せっかくなので、ちょっと海でも見てみようと海岸の方に行ってみた。

22051519.jpg
↑あいにくのお天気

が、何やら爆音が!!

22051520.jpg
↑↓よくわからんが凄い数のヘリ
22051521.jpg

22051522.jpg

ここ、Downtown Manhattan Heliport(ダウンタウン・マンハッタン・ヘリポート)かな?!!

22051523.jpg
↑すぐ近くでは、普通に観光船が出ている

時間的にもお昼だったので、この付近でランチをとることに。

港の近くには屋台がいっぱい出てた。
その中の1つで、

22051524.jpg
↑ロブスター・ロールをいただく

まぁ、話のネタに1回だけでいいかなって感じ。
結構ヘビー・・・

お話は前後してるんだけど、この後Littli Italy方面へ行ったり、ブルックリン橋を渡ったり、何やらしてた。

そして夜、夜景を見るのにマンハッタンの展望台にのぼろうかと向かうも・・・

かなりの待ち時間!

まだディナーも食べないといけないし、何よりも従兄の家がかなりの郊外なので帰りの電車やら何やらを考えてこの日は展望台をあきらめた。

22051525.jpg
↑↓ちょっとだけ地上から夜景を楽しんだけど・・・
22051526.jpg

22051527.jpg 22051528.jpg

夜になってもたくさんの人。
今住んでるところとは大違いだわ(苦笑)・・・

アメリカ旅行・3日目~NY編~Little Italy

※『アメリカ旅行・3日目~NY編~ブルックリン橋』からの続きです。

マンハッタンのダウンタウンには、Little Italyがありますよ↓
22051541.jpg

22051542.jpg
↑英語も伊語もちょこっと間違ってないかい???

英:Specialties→Specialities

伊:Soprssata→Soppressata

22051543.jpg
↑ここも観光客でいっぱい!

22051544.jpg
↑ここのカンノーロが地球上で一番おいしいらしい

カンノーロってシチリアのお菓子で、きっとシチリアにはここよりもおいしいお店がごまんとあると思うんだけど

話は少しそれるが、相方の元同僚のアメ(リカ)人いわく、

米:世界一おいしい和食はNYにある!

らしい(失笑)。
そのノリか?!!

こちら↓はやや謙虚に、
22051545.jpg
↑リトル・イタリーで一番おいしいジェラート屋さんらしい

22051546.jpg
↑ナポリの隣にはプーリア(笑)

レストランやお土産物屋さんが立ち並ぶ中、

22051547.jpg
↑↓教会もあった
22051548.jpg

とにかく観光客が多いので、客引きも多い。
しかし!!

THEイタリア人の顔(相方)と

伊語で話してると

誰も目を合せてこない(爆)!!


リトル・イタリー・・・

恐らくオーナーはイタリア系の人なんだろうけど、働いてる人でTHEイタリア人って感じの顔つきの人はまったく見かけなかった。
南米らしき雰囲気の人が多く、飛び交う言語も英語か、スペイン語など、非イタリア語ばかり。

声を掛けてきかけて、相方と私がイタリア語で話してるのを耳にすると、ピタリと声掛けが止まる。

せっかくなので、

22051549.jpg
↑エスプレッソ、カンノーロ、スフォリアテッレをいただく

ドルチェはミニ・サイズだが、お値段はなかなかのもの。

お味は思った以上に完成度が高い。

そしてこの近くには、

22051550.jpg
↑↓チャイナ・タウンがある
22051551.jpg

こちらは打って変わって中国系と思われる顔つきの人たちが、中国語で話している。

この差は何なんだろうかと思いながら2つのエリアを回りました。
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。