Juuuust chillin' out!! 2015年02月

2月のお弁当(2015年)

滅多に今住んでいる町では出歩かないのですが(イタリアへはちょこちょこ出現してますが・・・)、毎回何からしら用事で出かけないといけなくって仕方なく出かけるとロクな目には合わない

月曜だったか火曜だったかは、バナナ(相方が毎朝食べたいらしい)がなくなっていたので、買いに出たら背後から来た電動車いすのおっちゃんに因縁つけられ(どこ見て歩いてる的な・・・でも背後に目、ついてませんから、私)、今日はまた歩道を歩いてたら(いつもそうだけど)車が突っ込んできた(失笑)。

わが町大阪の交通状況は悪評高いですが、大阪で歩道を歩いてて車にはねられそうになったことないです
ちなみにここでは恒例化してるのか、これで4回目か5回目!
ますますこの町では出不精になるって感じ・・・

さてさて、つまらない話はさておいて・・・

3か月ほど日本に帰省していたので久々のお弁当ネタ更新。
先月末から今月中旬にかけて相方が中期間出張をしてたので、今月もほとんどお弁当を作ってないのですが、ちょっと今朝、相方がお弁当関連で笑かしてくれたので、アップしてみます。

2月9日
O150219.jpg
ツナと野菜のフリッタータ&ブロッコリーとおにぎり。

この日は昼から出張だったのでお弁当はいらないだろうと思ってたら急に持って行きたいと言い出し、急遽作ったので少な目・・・

2月24日
O150224.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

2月25日
O150225.jpg
ツナと野菜のフリッタータ&野菜もろもろとおにぎり。

日本から持って帰ってきた(こちら)おにぎり型でちょっと遊んでみました(笑)。

2月26日
O150226.jpg
タラのフライ、ゆでたまご&野菜もろもろとおにぎり。

今度はクマ・バージョン!
ついでにスペース埋めるのに入れたゆでたまごもクマ型にしてみた。

すると・・・

相:今日さぁ、会社でみんなにお弁当見せたらびっくりしてた~~~~!!!
  明日はウサギ・バージョンに絶対に絶対にしてな!!!!

と、まさに幼稚園児のような発言(爆)。

しかし!!

G:お弁当はいいけど、私が日本から会社の人へって持って帰ってきた
  お菓子はみんなに出したの?!
相:・・・・

その前の日にも出しやって言ってて忘れてた。
この日は行く寸前にも念をおしたのに・・・

2月27日
O150227.jpg
エビと野菜の炒め物、ゆでたまご&野菜もろもろとおにぎり。

前日に念を押されたので、約束通りウサギ・バージョンにしてみました。

相:ちゃんとゆでたまごもウサギにしてや!

って言われれたので、またこの日もゆでたまご投入。

どうもこういうお弁当グッズはこちらには売っていないというか、そもそもこちらにはお弁当文化はないので(パリでは流行ってるらしいけど)、どうやってこういう型のおにぎりやゆでたまごを作るのかが不思議らしい。

相方はどうやって私が作ってるのか知ってるから、教えてあげたらいいのにって思うけど


また来月も頑張ってお弁当を作るぞ

Tredici 8 @ Varese

買い物をした帰りに、どうしてもおいしいピザが食べたくなった

ほんとピザが好きで週1ぐらいでも食べたい勢いだけど、相方はそんなに食べたいって思わないみたいで、1カ月に1回食べれたらラッキ~かなって感じです。

ピザは外食の中ではお財布に優しい部類の外食。
もちろん、ここスイスではその限りではないけれど

久々なんで、ほんとおいしいピザが食べたかったので、もちろん(!)イタリアで食べることに。

下調べはしてこなかったけど、前を通るとかなり人が入ってるし、ちょっとおっされ~~~~な感じだったので、初めてだけどTredici 8というお店に入ってみた。

ピザ窯もあるし、いい香りが漂ってる。
そしてサービスもいい感じ

22021502.jpg
↑コペルトに含まれる自家製グリッシーニ

コペルトとはテーブルチャージみたいなもので、多くのイタリアのレストランではこれがついてきます。
そこにはこういう感じでパンやらグリッシーニ、場所によってはオリーブなどが付いてくることが多いです。

このグリッシーニが結構おいしかったので、ピザへの期待が高まりました(笑)。

22021503.jpg
↑珍しくビールではなく白ワインをチョイスした相方

シチリアの白ですっきりとしておいしかったですよ。

22021504.jpg
↑こちら私のピザ。
何て名前だったかなぁ・・・
いつもはカプリチョーザを頼むんだけど、自分の好きな具ばっかだったかrこれにしてみた。

確か具は、モッツァレッラチーズ、アンチョビ、お茄子ともう1つ何か入ってたような・・・
とっても美味

22021505.jpg
↑こちらは相方のピザで何を頼んだのか聞きそびれた。

こちらも超~~~おいしかったそうです。

以前はヴァレーゼというととあるピザ屋にいつも行ってたけど(他を知らんから)、今度からはここだなと二人でうなずきました。

オーナーはヴァレーゼ県の人みたいなんだけど、親戚がシチリアでピザ屋をやってるらしく、そこのピザをヴァレーゼで再現しているそうです。

22021506.jpg
↑デザートは本日のデザート。
いちごやキーウィ、ブドウなどにチョコがかかってました。

いつもピザを食べると最後には「ひぃ~~~~、食べ過ぎた・・・」とお腹にずっしりくるんだけど、ここのピザは不思議とそんなことはなく(どうも生地を寝かせて熟成させてるかららしい)、お腹も心も満腹!

またピザが食べたくなったらここへ来よう!



Tredici 8
住所: Via Ernesto Cairoli, 20, 21100 Varese
電話:+39 0332 195 3575
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Colomba!

もうすぐPasqua(イースター=復活祭)ですね!

こちらは移動祝日日で、十字架にかけられた亡くなったイエス・キリストが、3日目に復活したとされる日です。
基本的には、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」がパスクアで、今年2015年は4月5日(西方教会)なんですよ。

まだ1カ月以上も先の話なのに、なんでこんな話が出てきたかと言うと、既にイタリアのスーパーではこのパスクアに関するドルチェ(お菓子)類が出回っています。

以前、『I dolci di Natale』でクリスマスに関するお菓子類はご紹介しましたよね。

パスクアにもつきもののお菓子が色々とあるのがイタリア(他の国もそうかな )。
そんなイタリアで2大パスクアのお菓子と言っても過言でないのではないかと思われるのが、卵型のチョコ(参考はこちら)と、タイトルにもある“Colomba”!

Colombaはコロンバと発音し、本来の意味はハト。
ハトって言っても、大阪城とかにいっぱいいるようなハトではなく、平和の象徴とされる白いハトです。

コロンバ、コロンバって言ってるけど、正式には“Colomba pasquale(パスクアのコロンバ)”って言うんじゃないかなぁ。

こんなん↓です。
11042411.jpg

この写真はちょっとわかりにくいけど、要はハト型の焼き菓子。

自家製のものから、大量生産されているものまで様々。
そしてパスクア前になるとスーパーにはこれと上に書いた卵型の大小のチョコがずらりと並ぶ。
これを見ると、「あぁ~そろそろパスクアなのね・・・」といつも思います(笑)。

大抵スーパーはコモかヴァレーゼの郊外または町なかにあるスーパーに行くことが多いです。
どちらもミラノが州都のロンバルディア州にあるんですよ。

この州都ミラノ、そしてイタリアと言えばカルチョ(サッカー)!
まさにロンバルディアならではなのか、こんなコロンバ↓を発見!!
22021501.jpg

向かって左側が青黒のインテル・カラーの箱に入ったコロンバ。
そして右側が赤黒のACミラン・カラーの箱に入ったコロンバ。

両方ともミラノに本拠地を置くサッカーのチームで、ACミランの方は本田選手、そしてインテルの方は長友選手がいるので、日本でも認知度が高いんじゃないかなって思います。

きっと中のコロンバ自体は同じなんだろうけど

と、ここで疑問。
このコロンバを見たスーパーはチェーン店なんだけど、ロンバルディア州以外のところはまたこの箱が変わるのかしら?!
それともイタリア中、この2つなのかしら???

とは言え、パスクアまでに他の州で同チェーンの他店に行く予定はないので、確かめられるかどうかは謎だけど。。。。
う~~~ん、気になるなぁ・・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

日本からのお持ち帰り~その11

お弁当にキッチン周りにと、主婦的なものが続いてるので、ちょっと違う系で。

まずは一昨年ご紹介したブーツ関連の品を(こちらこちら)。

2015G13.jpg
↑ブーツ・キーパー

実力のほどはまだ試せてないんだけど、へな~~~っとなるのを防止するのにいいかなって思っておしゃれ100均で購入。

本当はブーツ結構あるからもっと買って帰っておこうと思ってたんだけど、最後の1つだったんです。

ちなみにすでにこんなの↓は持ってる。
2014GO09.jpg

これは随分前に関空の雑貨屋さんで購入した代物。
こちらもブーツキーパーなんだけど、マグネットになってるので、パチっとはさめます。

こちらでは基本靴を履きっぱなので日本にいた時に比べて使用頻度が少ないんだけど、日本人妻のお宅に行く際(たいていご自宅は土禁)や、整骨院に行く際にブーツを履いてると持って行くようにしてる(忘れる時も多いけど)。

これは嵩張らないので持ち運びには非常に便利!


便利と言えば、こちらも去年だったかに購入したテーブルフック↓
2014GO110.jpg

結構カバンの置き場所のないレストランが多くって持ってると重宝する。
いずれもどこかしらの100均で購入。

そう言えばロシア人の知り合いN(超~金もで、一度相方がいくら税金を納めたいのか市役所に交渉するのに通訳としてついてったことがある。そう、金もはいくら納めたいか交渉できるらしい。)が、

N:私も持ってるわ~。

と、Swarovskiか何かの超~~~高そうなのを出してきた。そして、

N:しょっちゅう失くしちゃうのよねぇ・・・

さすが金も!
※金も=金持ち

私のは失くしても、忘れてきても大丈夫なように100円です。
無くなった時ようにと予備を2つも買ったけど、無くなったりは今んところしてない。
ってか、これがなくなったらカバンがなくなったってこととちゃうんかいな・・・


便利グッズが続きますが、長くなってきたので、一旦ここできりま~す。

サンレモ音楽祭2015の結果

サンレモ音楽祭2015』を書いた夜に、

あっちゃ~、訂正しないと・・・

と思うことがあったけど、時間がない&もう終わった後になってたんで、改めて書く時でいいか・・・と放置してました。

まず、エントリーされた歌手の方々の歌は1日目で全員ではなく、2日目にも後半組がいてはりました

そんな中、去年だったか一昨年だったかにゲスト出演(だったと思う)で出ていたIl Volo(イル・ヴォーロ)がいた!!

前回ゲストで見た時から目をつけてて、FBでも彼らのサイトを「いいね!」してる。
去年はアメリカにツアー行きまくってたみたいな印象。

正当に彼らが来るかなぁって最終日が始まる前に相方と話してたら・・・

2015SanremoVolo.jpg
↑やっぱ彼らが優勝

でもやっぱNEKがよかったなぁ・・・
どうやら彼は2位だったようです。

と言うのも、バレンタインディナー(こちら)に行ってたので、最終日を見逃してしまったのです

前日までは毎晩見てたんだけど。。。。

でもやっぱ司会は前年のFabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)とLuciana Littizzetto(ルチアーナ・リッティツェットの方がよかった!!
さてさて来年は誰が司会になることやら。。。

そして一昨年、去年とゲスト出演していたMaurizio Crozza(マウリツィオ・クロッツァ)も今年は出てなくってがっかり!!

ちなみにヤング部門は期待を裏切ってGiovanni Caccamo(ジョヴァンニ・カッカモ)が優勝。

優勝した方たち、おめでと~~~~!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Osteria d’Alberto @ Brissago Valtravaglia

今年もどうなる?!バレンタイン!!』でもちらっと書いてましたが、今年のバレンタインは、Osteria d’Alberto(前回行った模様はこちら)から連絡があればそこへディナーに、さもなければ翌日のカーニヴァルの日にイタリアのとある町へ行く予定をしていたので、そこで1日遅れのバレンタインをしようと相方と言ってました。

前日の13日に連絡がなかったので、すっかり家でまったりムードだった我々。
しかし、去年の1月から続く(すでにもうまるまる14か月!!)水漏れに関する対応がまだ終わっていなくって、それ関連で2時ごろに人が来る予定になっていた。
結局は芳しい話ではないので、この楽しいバレンタインのお話のところに書くのは割愛しますが、思った以上に早く用件が済んだ(ようは未対応)。

長らくイタリアへ食材の買い出しに行ってなかったので、この日はコモに買い出しに行こう!と言っていたけど、用件が早く終わった&増え続ける出生先からのお土産の小物がもう行き場所を失くしているので、IKEAにでも行ってちょっと飾り棚を調達しようと言うことになった。

すると!!

Osteria d’Albertoから電話

どうもキャンセルが出たようで、急遽バレンタイン当日に外食することになった

とにもかくにも段取り悪しの相方。
結局すったもんだで、IKEAどころか、食材の買い出しもできないまま、そして約束の時間に遅刻してOsteria d’Albertoに到着!

この日はバレンタインメニューでした。

14021501.jpg
↑アペリティーヴォ(食前酒)と一緒に出てきたアミューズで、
“Filetti di pesce persico in tempura(パーチのヒレのてんぷら)”。

パーチはスズキ科のお魚ですよ。

写真に撮れてませんが、これに食前酒としてロゼのMalavasi社のBrut Rosèのグラスワインが出てきました。

と、この後も私てきには超~~~~気になることなのでここで書いておきます。
どうも今のカメラを使って室内でフラッシュ撮影すると手前の黒い影が入るのです。
どうやってもこれが入るのです

14021502.jpg
↑こちらは前菜で、
“Conghilione di gragnano fritto farcito con tartare di tonno rosso marinato allo zenzero(揚げパスタ 生姜でマリネした生のマグロ詰め)”。

何か訳し方おかしいですよね(苦笑)。
Conghilioneはパスタって訳したんですけど、写真にあるような形のパスタです。
それを揚げてカリッとさせた中に生のマグロ(生姜とマリネしてる)が入ってました。

日本人的にはこういう調理の仕方はしないから、とっても斬新な感じですよね。
でも、目からうろこというか、とってもおいしかったですよ。

14021503.jpg
↑お食事のお供はシチリアの白。
Maurigi社のCoste all'Ombraという、ソーヴィニヨン・ブラン100%の白。

シチリアのソーヴィニヨン・ブランを飲んだのはこれが初めてだったんですけど、フランスのものとは全く別物?!って感じの味わいでした。

ちょっとレモンのような芳香があり、力強いけどすっきりともしている味わい。
とても面白いワインでしたよ。

14021504.jpg
↑こちらはプリモ(パスタ)で、
“Ravioli fatti in casa di ricciola, crema di pomodorini, spuma di limone(カンパチの自家製ラヴィオリ プチトマトとレモン汁のソース)”

バレンタインらしく、ハート形のラヴィオリが超~~~素敵
ちょっとナイフを入れるのに躊躇しちゃいました

そうそう!
14021505.jpg
↑各テーブルには赤い紙(メニュー)が置いてありました。
ちなみに後ろ側から写真を撮ってるんで見えませんが、各メニューには予約した人の名前が書かれています。
なので記念に持って帰ってきました(笑)。

そしてその横の箱は女子だけにお店からもらえるプレゼント!
何かは最後に・・・

14021506.jpg
↑こちらはセコンド(メイン)で、
“Trancio di pescatrice al lardo, vellutata di cannellini e carciofi crak(アンコウのラルド巻き 白いんげん豆のヴルーテソースとアーティチョーク添え

アンコウはあっさりとしたお味なんですけど、ここにラルドを巻きつけてるので、結構ずっしりとした味わいでしたよ。

14021507.jpg
↑ドルチェ(デザート)は、
“Red passion(赤いパッション”!
そういうネーミングの焼き菓子で、赤いのはキイチゴです。

ちなみにバレンタイン・メニューには上記のワイン(食前酒のロゼはついてる)をのぞくすべてのものプラス、この後に出てくるコーヒーがついてるんですけど、なぜか!!

14021508.jpg
↑綿菓子もサービスでくれた(笑)。

ほんとここはいつ来てもとってもおいしい!
イタリアのレストランは色々と行ってる我々ですが、今のところこことOsteria del Tir a Scioppは今のところ不動で3本の指に入るおいしいレストラン!

どちらも激うまなのに、お値段は良心的。
そしてどちらも立地条件はあまりよくないけど、わざわざでも行きたいお店です。

おいしいお料理と、とてもいいサービスを大満喫した我々が外に出てみると・・・・

14021509.jpg
↑雪積もってるよ

14021510.jpg
↑車にも!!
(フロントガラスです)

カーヴの多い山道を通らないと家には帰れないので、ちょっとドキドキだったけど、相方は運転が上手なので安心して帰宅。

そうそう!

14021511.jpg
↑箱の中身はエステ券!

何とも嬉しいプレゼントつきのバレンタイン・ディナーを大満喫しました!!!



Osteria D'Alberto
住所:Via Garibaldi 15, Brissago Valtravaglia
電話:+39 333 110 0404
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Ristorante Caffè Teatro @ Como

Kさんたちのナビで向かったランチ先は、Ristorante Caffè Teatroというドゥーもからほど遠くないお店。

その前にナビしてくださったお店は、

インフルエンザのため、本日休業

の看板が出てたので、こちらにしました(笑)。
まぁ、季節だもんね。。。。

こちらのランチはワンプレート・ランチ。

魚系か、肉系かが選べますよ。

3人とも魚系にしました↓
10021501.jpg

リゾットは小さなイカが入ってるリゾットだったんですけど、生臭さというか魚介臭さがまったくなく、またアルデンテ(ってリゾットも言うのかな?!)で非常においしかったです。

もちろんお魚もとってもおいしかった!

3人とも癖で、まずはリゾット(プリモ)、それが終わってからお魚(セコンド)って具合に食べるので、お魚がちょっと冷めてきてたのが残念。
でもまぁ、ワンプレートだし、お値段もランチ価格だったので文句は言えません!!

お食事を楽しみながら、お話にも花を咲かせていると、明らかにお隣には不審な感じのおば様が。

室内で、寒くもないし(扉の近くじゃなく、奥の方)、まぶしくもないのに、フード付きの服なのか、マフラーなのかで顔を思いっきり隠していた。

お二人いわく、

二:Minaじゃない?!

とのこと。

今や第一線を退き、お年のために体系などが崩れたせいか、TVなんかにはほぼ出てこないそう。
そして今は私が住む町に住んでいるそう。

こちらのお店は名前からも予想できると思うのですが、コモの劇場(テアートロ)にあります。
そのせいか・・・

10021502.jpg
↑内装もちょっとテアトル風。

と、いまいちスマフォで室内写真を撮るとうまく撮れないんですよね。。。。

自力でコモに行くといつも同じお店でしか食べないけど、こうやってコモに詳しい方たちとご一緒すると新しい発見があって嬉しい

またコモでランチしましょ~~~~



Ristorante Caffè Teatro
住所:Piazza Verdi, 11 22100 Como
電話:031.4140363
営業:12:00 - 15:00, 19:00 - 24:00(レストラン)
    8:30 - 24:00(劇場で公演がある際は1時まで)(カフェとビストロ)
休業:月曜

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

久々のコモ!

※同年2月18日文末に追記してま~す。。。

アップしたいことは色々とあるんですが、相方が戻ってきてから何気に時間に追われる日々
特に何をしてるって訳でもない&むしろ何をしてたんだろう・・・と言う感じなのに、時間だけがない

色々と分析してみて、なぜ相方がいると時間がないのかはわかってきた。
まぁそのお話はまた時間がありそうな時(=相方が出張に行った時)にでも書くとして。。。

先週のお話ですが、10日にほんと超~~~~久々にコモに行って来ました

これまた超~~~~久々にティチーノに2人しかいない日本人のお友達の1人とランチやら諸々をするために。
この日はまだ相方が出張中だったんで、朝出発でも余裕、余裕~って思ってたんだけど。。。

危うく電車に乗り遅れそうになった

実は何とな~く、前の日に嫌な予感がしていて、切符を買っておいて本当によかったと思いました。
ちなみに私が寝坊したからとかではない理由で乗り遅れそうになったんですけど、それはいかにこの町が不便かってお話でつまらないので割愛しますね。

同じ湖畔の町とは言え、やはりコモには活気があってほっとする。
きっと大阪から直でコモに来てたとしたら、活気がないなって思ったかもしれないけど、ここに住んでるとすごい都会!って感じてしまう田舎者の自分にほんとがっかりです(失笑)。。。

まずはお友達Kさんと、コモのメルカート(市)へ!
Kさんはすでに必要なものをGETしていて、

K:スカーフとか1ユーロで売ってるところがあるから、
  行ってみない?!

という素敵な提案でしばしスカーフ探しに没頭!
掘り出し物を見つけるかどうかは自分次第って感じ。
しかし1ユーロって、元はとれんのかしら・・・と思ったり。

スカーフ探しに格闘してると、Kさんのお友達の別のKさんも合流。
しばし3人でスカーフ探し。

時々スカーフ買うんですけど(ほとんど日本)、結局うまく使いこなせずでタンスに眠ってしまってる。
Kさんたちは何枚か購入してはったけど、私は結局使うかな・・・と1枚だけにしてしまった

でもまぁお気に入りの色と肌触りのものがGETできたので、ハッピ~

その後はKさんたちとランチ。
その模様はまた次回にアップするとして(っていつ?!ですが・・・)、ランチの後、コモに来たお目当ての1つでもあるTigerへ!

このお店、結構気に入ってるんですが(日本にもありますよ)、イタリアの1月の新製品でバランスボールが出てたのです!!
日本で買って持ってこようかと迷ってたんだけど、結局購入せずに戻ってきてしまってた矢先に見つけた&8ユーロ(だったと思う)と素敵な価格だったんで、狙ってた。

しかし店頭に並んでなかったんで、売り切れかな・・・って思ってた。
店員さんに聞いてみると、

店:今朝届いたところよ~~~!

と、倉庫から持ってきてくれた

価格帯的にもやっぱ売れ筋だったのかなぁ。

Tigerで買い物を済ませた後、お二人とスーパーへ。
実はコーヒーが切れてたわが家。
相方が2週間の出張だったんで、イタリアへの買い出しができてなかった状況。

コーヒーは価格でどっちにするか決めるんだけど、イリーか、キンボーしか飲まないわが家。
近所のスーパーにはいずれの品も売っていない&コモに来る2日前に切れたので、コモで買おうと決めてました。

スーパーで買い出しした後はお二人と別れて、私はちょっと本屋さん巡り。

バレンタインが控えていたので、相方にこちら↓のイタリア語版を買おうと思ってた。
その女アレックス (文春文庫)

が・・・

売り切れ!

なので、こちらをGET↓
Irène

著者はフランス人なんですけど、多分こちらの方がフランスでは先に出版されたと思います。
でも英語圏やイタリアではこちらの方が後から出たんじゃないかなぁ・・・
あっ、蓋しか情報ですので、ご注意を!!

ルガーノだとこうしたちょっとしたものも高くって、ショッピングに出ることはまずない。
でもコモだとこうやってちょこちょことちょっとしたものを購入できるからいいなぁ~!!
結局一番高くつくのは、ルガーノ⇔キアッソ(国境の町)の電車賃だったりするんだけど(失笑)。

お買い物に、おしゃべりに、ランチにと大満足でコモを後にしました。

100215.jpg
ちなみにこちら↑は今回GETした品々!

また息が詰まってきたらコモでガス抜きをしよう

===追記===
購入したバランスボール、てっきり自力で空気を入れないといけないと思っていて、相方が帰ってくるまで(そう、こういう時には非常の役に立つ男なのです!!)箱をあけなかった。

戻ってきた翌日にバランスボールを見せて、

G:膨らませて~~~!!

ってお願いしたら、早速箱を開けた相方が、

相:空気入れ入ってるやん!

で・・・
150215.jpg
↑結構簡単に空気が入った。

でも、私が自力でするにはちょっとしんどそうな雰囲気だったんで、やっぱ相方が戻ってくるまで待っていてよかったと思った。

しかし8ユーロで空気入れまでついてやっぱこれはお買い得だったと改めて思いました

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

日本からのお持ち帰り~その10

お弁当関連の次はキッチン関連品を・・・

まず今年これ!って思ったのがこちら↓
2015G06.jpg

ハサミなんです。

これ、後ろがマグネットになってるので冷蔵庫にはっつけておける。

実は初代、カニ・バージョン↓があるんです。
2014GO04.jpg

こちらも後ろがマグネットになってるので、冷蔵庫にはっつけてるんですけど、相方の使い方が荒いので(!)、ご覧の通りお目め1つどっかへいっちゃってる

そして小型なので、ウサギの方が使い勝手がいいかと思い、購入。
こちらはおしゃれ100均で買いました。

妹と一緒に行ったんですが、妹も便利そうとGET!

とにかくうちの相方は“ぱなし人生”まっしぐら!

電気はつけたらつけっぱなし。
服も脱いだら脱ぎっぱなし(洗濯かごには入れなかったり、入れなかったり、たま~~~~~に入れたり)。
そしてハサミやペンも使ったら使いっぱなし!
さぁ、使おう!と思うとまず捜索から開始することとなるのです。

が、このカニのハサミだけは、結構いい割合で元に戻してたんです。

と言うのも、初期のころに、

G:ちょっと~~~、カニの片手ないで~~~!

ってしつこく言ってたら、戻すようになった

ウサギのも買ってきた当初は、おきっぱにしがちだったけど、

G:耳なしウサギの夢みんで!

と言ってからは戻すようになった(爆)。

なのでこの手のハサミはわが家には必需品なのです。

ちなみに相方個人のハサミは行方知れずで、私個人のハサミは使われると行方不明になるので、相方の知らないところに直してます(笑)。


そして妹発でGETしたのがこちら↓
2015G07.jpg

包丁研ぎなんです。
こちらもウサギとは別のおしゃれ100均でGET。
100均なんでうまくとげるかな・・・とちょっと怖くってまだ使ってないんだけど、家の包丁のキレがよくなくなってきたので、ちょっと試してみようかと思っています。

あと、去年GETして重宝してる小さなタッパ↓
2014GO02.jpg

うちは作ったら作った分だけ相方が全部食べちゃうんだけど、たま~に少しだけ残ったり、いんげんとかをまとめて茹でて小分けして冷凍するのにつかったりと結構便利。

こちらはダイソーでGET。


そしてこちらも去年GETして重宝している、袋パッチン↓
2014GO03.jpg

どこの100均でGETしたのか忘れたけど、100均でGETしました。

パンを家で作ってるので、開封したお粉の袋をパチっとするのに便利。

キッチン系はこんなところかなぁ・・・
何かお勧めがあれば教えてくださいね!

無時到着!

色々と書きたいことがあるのですが、なぜか時間がない

そしてこういう時に限ってちょっと急ぎのメールなんかが来てたりして、返信してPCはシャットダウンって日が続いております。。。
来週体制を整え直して、今週書きたかったことを色々アップしていこうと思ってます。

と、昨日の朝、無事相方が2週間に渡るインド出張より戻って参りました。
これもまた多忙な要因の1つだったりするのですが

出発前に口を酸っぱくして、水などに気を付けるように言ってたので、お腹の調子は今んところ大丈夫な様子。
意外とビビりなので、どうもあんまり食べなかったみたい(爆)。

そしてこれまた口を酸っぱくして言ってたんですけど、ヤバそうって思ったら、ビールかコーラを飲みなさい!って言ってたのも守ってたみたいで、昨日のご飯時に、

相:あぁ~~~、超~~~~~久々のワイン!!!

と、感慨深そうに飲んでおりました(笑)。

なぜビールかコーラかと言うと、真偽のほどは謎なのですが、食あたり対策にいいっていう噂を聞いたからなのです。

ず~~~っと前に誰かに聞いた話で、どっかの家族がどこかで(って言うぐらいにほんと昔に聞いた話)食事をとった際に、お父さん以外は全員食あたりになったけど、お父さんはピンピンしていたらしい。なぜならお父さんはいつも食事時にビールを飲んでいたから・・・って言う話を聞いたことがあって、同様のコーラ・バージョンも聞いたことがあったから。

本当に効くかどうかは謎!!

なので、悪までもそんな噂があったって感じでとらえてくださいませ。

相方が戻ってくると、段取りが狂うのはいつものことなんですけど、それに加えて今回は2週間以上の出張!
そう、お洗濯物がどっさり

普通の場所ならまだしも、ここスイスでそれって拷問状態です、ほんと(失笑)。
それも何度も言えぬ、インドっぽいスパイスのにおいが持ち帰ってきた服から漂っている。

うちのように出張の多い夫がいる家はほんとスイスなんかに住んじゃダメだわ(苦笑)。。。

と、まだ書きたいのですが、時間切れ!
いやはや、特に何をしてるってことはないのに、時間がないって、やっぱ要領が悪いのかしら、私・・・・

サンレモ音楽祭2015

今年も始まりました、サンレモ音楽祭!!

忘れる前に公式サイトはこちら(イタリア語)。

昨日から始まったんですけど、すっかり失念してました

ここんとこ毎年見てて(去年はこちら)、今年も見ようって先週ぐらいまでは思ってた。
TVでCMやってるから、ちょっと前から10日からってのは知ってたのです。

が、昨日お出かけしてて、戦利品(またアップします)なんかを見てたらすっかり晩御飯の支度が遅くなり・・・・

相方がまだ出張中なので、いない間はだいたい8時から8時半ぐらいの間に食べ始めてるんですけど、昨日は相方がいるかのごとく9時過ぎてからのスタート。

で、TVでも見ながら・・・とTVをつけたらやってたのです。

一応、今回参加者の歌は全部聞けたんだけど。。。
参加者たちはこちら

私てきにはNEKがいいなぁ~って思ったけど、何となく優勝はAnnalisaかなぁ、なんて思ったり。

一昨年、去年の司会とは変わって今年の司会はカルロ・コンティ。
多分イタリアでは有名どころの司会なんだろうけど、私はやっぱFabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)とLuciana Littizzetto(ルチアーナ・リッティツェットの方がよかったなぁって思ったり。

ちなみにサブ司会で、去年の優勝者アリーサとエンマとRocío Muñoz Moralesっていうスペインの女の人が入ってます。

昨日のゲストの中にはティツィアーノ・フェッロが!

結構ファンです(笑)。

彼しかり、ホイットニー・ヒューストンしかり、元聖歌隊だった人で歌手になった人の声ってやっぱ素敵だな~って思う。
ティツィアーノ・フェッロの歌は結構ポップな感じでまぁアレ(ってどれ?!)なんだけど、声に魅かれる。
一度生で聞いてみたいなあ・・・

ちなみに今週の土曜、14日が最終日。
微妙にバレンタインの夜なんだけど

ひとまず『今年もどうなる?!バレンタイン!!』でも書きましたが、Osteria d'Albertoに空席がでなかったら、翌日にバレンタイン・ディナーを持ちこそうと思ってるので、そうなら家で見る予定。

もし空きが出たらHDに録画しておいて翌日に見ようかな(って翌日はカーニヴァルで出かけるから翌々日か?!)って思ってます。
くぅ~~~、最終日が何とも微妙だわ。。。

まずはm今晩も8時半からRAI1でやるので、見なきゃな~!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

恰好のセット、マテーラ!!

『ベン・ハー』って聞いたことありますか?!
正直、そういう映画があったな~って言うレベルの私

と言うことで見てはいないのですが、キリストが出てきたりする、フィクション小説で、何度か映画化されているようです。
l詳しくはこちらを。

そのベン・ハーがまた映画化されるそうで、なんと南イタリアのマテーラで撮影が行われてるみたいですよ↓
BenHurMatera.jpg
※画像はTG1より拝借。

マテーラの岩肌になんとも壮観なエキストラの軍団!!
これぞ恰好のセットって感じですよね?!!

今回の主演はジャック・ヒューストンというイギリスの俳優さんみたいで、来年公開予定の様子。

まだ見たことのない映画だし、行ったことのあるマテーラでの撮影も含まれているので公開されたら見てみたいなって思ってます。

予定では来月6日までマテーラで撮影されているみたい。
この期間にマテーラを再訪できたらいいんだけど、ちょっと難しいかなぁ・・・

この期間にマテーラにいらっしゃる方がいらっしゃればラッキ~かも!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

今年もどうなる?!バレンタイン!!

来週末はヴァレンタイン・デーですね。

日本にいた時は義理チョコに追われたけど、こっちは義理チョコがない上に、基本、男性が女性をディナーに連れてってくれたりするのが主流だから、らっくち~~~ん!

が、毎年ままならぬことの多い日でもあるヴァレンタイン・デー!

なんせイニシアティヴを取るのが多忙であり、バットマンである相方だから・・・

結婚して最初の2年(1年目はこちら、2年目はこちら)は何とかすんなり(かな?!)食べに連れてってもらった。
3年目は出張で不在、そして4年目はすったもんだして(こちら)、何とか食べには連れてってもらったけど(こちら)、お店のお客さんのほとんどはグループでロマンチック度かなり↓↓だった。

今年はなんと土曜日!
そしてただ今相方どのは2週間にわたるインドへの出張中。

050215TM.jpg
↑って観光もしてるみたいやけど。。。

さらに、昨日電話した際に・・・

相:ちょっと前の晩、すごい寒かったから、
  風邪ひいたみたい
  熱もあるっぽいんやけど・・・

とのこと。

その前に、

G:今年のヴァレンタイン、土曜やで~!
  戻ってくるん、前々日やろ?!
  またレストラン難民になるんちゃう?!?!

って話してた。
すると、

相:Osteria d’Albertoに予約入れといて!!

って言ってたから、オンライン予約しようとしたら・・・

満席!

その後に相方と電話で話した時に、

G:オンライン予約既に満席やったよ~~!
相:電話しろ!

って言われたので、昨日電話したら・・・

A:残念ながら14日は満席やわ。
G:やっぱり?!
  オンライン予約しようと思ったらそうなってたから・・・
  念のために旦那が電話しとけって言うで電話したんやけど。
A:う~~~ん、ごめんなさい。
  あっ、もしキャンセルが出たら連絡するよ。

ってことになってるけど、まぁ期待は薄いかなぁ


今年はヴァレンタイン・デーの翌日がカーニヴァルだったりする。
実はとあるところに行きたいなって思ってて、片道車で3時間ぐらいなんで(これはわが家では日帰り圏内。きっと出発はバットマンタイムだろうけど)、夕食は現地か現地~国境までかなって思ってる。

相方の風邪の調子にもよるけど、2週間の出張の後に2日連続で外食はかわいそうかなって気もするので、もしOsteria d’Albertoに空きが出れば外食でそうでなければ家食にして、翌日のカーニヴァルの日にヴァレンタイン・ディナーにしようかなって思ったり。

さてさて今年もどうなるヴァレンタイン・・・

それよりも今日はまだ相方と電話がつながってないんだけど、体調大丈夫だろうか。。。

日本からのお持ち帰り~その9

第9弾はいつも(?)頑張って作ってるお弁当のお助けグッズをご紹介したいと思います。

今やフランスでも流行っているいうとデコ弁!
しかしそこまでやる気力と時間(相方が朝←限りなく昼に近い、起きてからお弁当にするのか、それとも家で食べるのかを決めるので、実質シャワーを浴びている時間にささ~~~~っと作っている)がない。

が、ちょっとはかわゆく、そして大人の(実質は幼3=永遠の幼児3歳だけど・・・)相方にプチ☆嫌がらせのために(って何のため??)忍ばせ品を入れておくのが秘かな楽しみだったりもする。

まずは去年買ってご紹介してなかったこちら↓
2014GO05.jpg


お弁当のカテゴリーではご紹介したことがあるのですが、再度こちらでも。

これ、ゆでたまごの型なんです。
あつあつのゆでたまごの殻を取ってこの型に入れ、しばらく水などで冷やしておけばこの型のゆでたまごができるんです。

ちなみにあまり小さなたまごだと、型の方が大きすぎて、例えばウサちゃんの耳がなかったりするのでちょっと注意が必要なのですが・・・

これを踏まえて今年GETしたのが、こちら↓
2015G09.jpg


こちらはおなじくウサギとクマ型におにぎりが作れる型。
まだ未使用につき、使った感想などはお弁当のカテゴリーでご紹介しますね。

それとこちらも去年買ってまだ使っていない・・・

2014GO06.jpg
↑のりパッチン

妹も同じの買って(妹は本当の幼児のお弁当用に購入)、結構いい感じに型抜きできるのは実験済み。

ちなみにこのへっこんでる部分の型(目とか口とか)が抜けるようになっています。

デコ弁系で言うと、こんなのもGET↓
2014GO07.jpg

ご飯を入れて振ると小さい丸型のおにぎりができます。
ここに目やら耳やらを別で作れば動物とかの顔になるようになってるみたい。
こちらもまだ未使用。

もう1つの便利そうなのはこちら↓
2015G08.jpg


こちらもまた使ったらレポートしますね。

何せいつも忙しいので、使ってるのはこちら↓
2014GO10.jpg

去年か一昨年に購入した。

そうそう!
デコ弁ではないけど、上のと同様に実用的なものと言えばこちら↓
2014GO01.jpg

こちらは去年購入。

わかりにくいけど、カレー用で2段になってます。
持って行く時は2段なんだけど、食べ終わると写真のように重ねられるから嵩張らずに持って帰ってこれる優れもの。
まぁ相方は車だから、そこまで気づかう必要があるかって話だけど・・・


そして今年購入した便利かどうかな?!と思う品はこちら↓
2015G10.jpg

ライスバーガーが作れるんだって。
こちらも使ったらレポートします。


こちら、ほとんどすべてダイソー様で購入(一部他の100均かも)。
こうやってみるとお弁当文化のある日本ではこういう便利グッズも100円で購入できちゃったりするんですね。素敵!

ちなみにドイツ在のドイツ人のお友達がゆでたまごの型はドイツでも同じようなのが売ってたって言ってました。
もちろん100円じゃ~買えなかったみたいだけど・・・


何かこれぞというお弁当の便利グッズがあれば是非ご教授を!

雪のイタリア

FBで在伊のお友達が雪 ってアップしてたけど、イタリア各地に雪到来みたい・・・

maltempo040215.jpg
※画像はla Repubblicaより拝借

なんと食の都と街と言われるボローニャのある、エミリア・ロマーニャ州では、今日の午後6時から66時間の雪に対する警報が出るみたい

ちょっとラヴェンナ(エミリア・ロマーニャ州です)に行ってみたいな・・・って思ってたけど、う~ん、今はやめておこう。。。

大阪ってあんま雪降らないから、雪がすっごい積もってると気持ち的にすっごい寒く感じてしまう私・・・
寒いのは苦手です

そうやって冬は出不精にさらに拍車がかかってってダメだなぁ・・・って思うのですが。。。

来週末はバレンタインにカーニヴァルにとイベント目白押し!
どうかそれまでにはお天気も少しは落ち着きますように

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

イタリアに新大統領就任

日本のネット新聞(本当の新聞は読めないからわかんないけど・・・)でもいくつか記事を見つけましたが、本日、Sergio Mattarella(セルジョ・マッタレッラ)氏が大統領に就任しましたよ。

Mattarella030215.jpg
※写真は la Repubblica より拝借。
※日本語の参考記事はこちら

マッタレッラ氏は組織犯罪撲滅に取り組んでいた人で、清く正しい政治をイタリアに取り込んでくれるといいなって期待してるんだけど。。。

相方と結婚するまではよくわかっていなかったんだけど、イタリアには、同氏がなった“大統領(Presidente della Repubblica Italiana)”と“首相(Presidenti del Consiglio dei ministri della Repubblica Italiana)”とが存在します。

イタリア語で言うとどちらも“Presidente”から始まってるので、ややこいですよね

大統領は象徴的とも言える存在だけど、首相任命権や議会解散権があって、任期は7年。
ちなみに前大統領はGiorgio Napolitano(ジョルジョ・ナポリターノ)氏でした。

首相はと言うと、行政のトップで、今の首相はMatteo Renzi(マッテオ・レンツィ)氏。
若い(40歳)のか、彼のキャラなのか、今一つ「アメリカに憧れた青年が中年になった」感を感じのは私だけ?!?!

ちなみに悪名高きベルル(スコーニ)も元首相でした。
今もちょくちょくよろしくないニュースで名前があがってるけど・・・

イタリア
旅行で行くにはなんて素敵な国なの って思う国の1つ。

住んだことがないので、実態はわかりませんが、在伊のお友達からは、ちらほらと大変なお話も耳にする(うちはそれ以上に大変な気がするけど・・・)。

象徴的な存在とはいえ、これを機に少しはイタリアがよくなりますように

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ローマ!

初めてローマに足を踏み入れてからどれぐらいになるんだろう・・・
今でも忘れられないあの衝撃!

「いやいや、あんたっ 」って大阪にいたら総ツッコミにあいそうだけど、前世はローマ人だったんじゃないかというぐらいに懐かしく、言葉以上に“永遠の都”だと感じました。

暖かな気候が印象的なローマも昨日は雪が降ったようで、ニュースでやってました。
やっぱ珍しいことなんだろうけど、ヨーロッパに引っ越してきてからは何度か聞いたような気がせんでもないんだけど(笑)。

イタリア語のお勉強のためにいくつか番組を見るようにしてるのですが、そんなお気に入りの1つがRAI1で日曜にやってるLinea Verdeという番組。

RAIは“Radiotelevisione Italiana”の略で、日本語ではイタリア放送協会って言うみたい。
そのRAIには、RAI1(ライ・ウノと読みます)~RAI5(ライ・チンクエ)や、RAI Movie、RAI Storiaなど色々なチャンネルがあるんですよ。

そして今回見たLinea Verde(リネア・ヴェルデ)という番組は自然と農業を扱う番組。
イタリア各地のロケがあって、たま~にアブルッツォも包装されるので、見れる時は見るようにしてる。

今回は、タイトルからもお察しいただけるようにローマでした。
“Roma e l'agricoltura urbana(ローマと都市農業)”と称した番組でしたよ。

ローマと言えばイタリアの首都、永遠の都、遺跡などがパっと頭に浮かぶかなって思います。
番組のタイトルにもあるように農産物を算出しているところでもあるそうです。

そう言えばローマには緑もいっぱいありますよね。

単純に、そしてチーズ・プロフェッショナルの私てきにローマの農産物と聞いてすぐに頭に浮かんだのは“Pecorino Romano(ペコリーノ・ロマーノ)”。

これはチーズの名称なのですが、ペコリーノはヒツジの乳のチーズのことで、後につづくロマーノは、ローマのという意味です。

ちなみにこのペコリーノ何とかというのは、ペコリーノ・ロマーノの他にも、ペコリーノ・サルド(サルデーニャのペコリーノ)、ペコリーノ・シチリアーノ(シチリアのペコリーノ)などがDOP(原産地と品質が保証されている)をGETしてますよ。

日本でも知っている人が多いと思われるパスタの1つにカルボナーラがあると思います。
これ、ローマやローマのあるラツィオ州の郷土料理なんですよ。

日本だと生クリームを入れて作ってるところもあるけど、本来は入れません。
そして日本では手に入りにくいためか、パルミジャーノや、パルメザン・チーズ(これって単に粉チーズではないでしょうか?!)が使われてますが、伝統的なレシピではペコリーノ・ロマーノを使いま~す。

あとは私の大好きなピザかしらって思いました。

ピザも色々種類があるんですけど、日本でも知名度が高いのはPizza napoletana(ナポリ風ピザ)とPizza romana(ローマ風ピザ)じゃないでしょうか。
前者は生地が厚めで後者は薄めというのがざっくりした説明です。

この後者のPizza romanaのロマーナもローマ風で、ローマの名前が入ってる。

それぐらいの知識しかなかった(恥!)けど、結構フルーツ類もローマでは栽培されているようですよ。

そんな中、面白いなって思ったのが、街路樹として植えられているオレンジ。
ローマは交通量も多いし、汚染されているのでは?!との問いに、科学的には汚染はないそうです。
むしろ、農薬を使ったりしていないので、有機栽培だとか。
あっ、勝手に収穫はダメですよ。

そしてもう1つ面白いなって思ったのが、ローマの屋台の食べ物。俗に言う、ストリート・フードというやつです。
(※イタリア語ですが、この人が出てました。)

大阪もたこ焼きやらコロッケやらと買い食いをよくしたな・・・と秘かに共通項を感じました(笑)。

永遠の都ローマ。
映像で見ると本当にまた行きたくなる!
日本からの復路便がローマで乗り換えだったんだけど、ローマに着いたらやっぱ心が躍ったもの。

以前からず~~~っとアッピア街道に行ってみたいと思ってる。
またローマに戻れたらいいな・・・・
と、一度本場のカルボナーラを食してもみたいもんだ

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

4~1月に読んだ本(2014~2015年)

今日から2月!
色々と思うこともあり、月初なので何かを始めるにはいい時期かなと思っている本日。
3日坊主ならぬ、1日坊主の気があるので気をつけようと思う。

朝から大阪にいる甥3(3番目の甥)とSkype。
伯母バカだと言われそうだが、4歳になったばかりなのにかなりしっかり者のような気がする甥3である。
大阪出発前に私が発熱した際にも、いつもなら遊ぼ~~とゴネるのに、その日は大人しくベッドで寝ていた私のそばにいてくれたかわいい甥っこ君です。

甥3:また帰って来てね!

の言葉にほろりときそうになった。
次回帰るまでに少しはパワーアップできているように、1日坊主を回避しよう!

扁桃炎(だと思う)はすっかりよくなったものの、その後洗濯(スイスは地下階にあることが多い気がする)以外で部屋の外には出てない。

と言うのも、必要外に外出してインフルをもらうとまだ当分相方が戻ってこないのでちょっと怖い
これまた毎年恒例?!』にも書いたけど、以前に(こちら)インフルなのに、接客の仕事をしてるティチーノ人がいたから。
その人は自分から「インフル」だと言ったけど、通りすがりの知らない人もそうかもしれない。
『人ごみ』なるものはこの町ではスイスの日以外ほぼ存在しないが、空気が乾燥している&日本のようにマスク文化がないだけに用心に越したことはない気がする。

インフルと言えば、こんな記事もみたし・・・・
この記事によると、スイスでは年間100~300人が病院内でインフルエンザに感染し、死亡しているそう。
院内でそうなら外はもっと怖い気がせんでもないけど・・・

そして乾燥と言えば、これ↓買ってくればよかったと後悔中である・・・
B001R4R056日本臓器製薬 ドライノーズ スプレー 20ml[一般医療機器]
日本臓器製薬

by G-Tools


ブ~~~じゃないけど、鼻の中が乾燥して血が出てるのです、毎日・・・
イタリアでもあるか、探してみよう!

さてさて前置きが長くなりましが。。。

前回いつ読書感想を書いたんだろう・・・とブログで振り返ってみると、なんと去年の3月でした(こちら

しかしその前も同じようなことをやってましたけど(こちら)・・・

いやはや本を読む習慣を復活させんとと反省中でございます。

さてさて、去年4月~今年1月に読んでた本はというか(ほとんど読んでないけど)・・・

4063767957チェーザレ 破壊の創造者(10) (KCデラックス)
惣領 冬実
講談社 2013-03-22

by G-Tools


8807883023Oceano Mare
Alessandro Baricco
Feltrinelli Editore S.R.L 2013-11

by G-Tools


4334751067カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー 亀山 郁夫
光文社 2006-09-07

by G-Tools


4334751172カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー 亀山 郁夫
光文社 2006-11-09

by G-Tools


4334751237カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー 亀山 郁夫
光文社 2007-02-08

by G-Tools


4334751326カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社 2007-07-12

by G-Tools


4334751334カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー 亀山 郁夫
光文社 2007-07-12

by G-Tools



さてさてあらすじと感想は続きに・・・

続きを読む »

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)