Battistero di San Giovanni @ Pisa

やっとこさ、ドゥオモ広場に到着!

その中のまずはBattistero di San Giovanni(サン・ジョヴァンニ洗礼堂)をご紹介!

まず、このドゥオモ広場内の建物すべては有料です。
後でご紹介しますが、特に斜塔は人気なので、到着したらまずチケット売り場へ

ちなみに私は斜塔、1時間以上待ちでした。。。

お得な(なのか?)抱合せチケットもあるので、どれに入るか決めておきましょう。

190614B01.jpg
↑外観

やはり美しや~~~!!

ちなみにフィレンツェにも同名の洗礼堂がありますね(こちら)。

確か(ちょっと不確かか?!)イタリアで一番大きな洗礼堂だと思います、ピサの洗礼堂。

190614B02.jpg
↑屋根の装飾もほんと素晴らしいの一言!!

大理石がふんだんに使われてるのは、やはり大理石の名所カッラーラが近いせいか?!!

ほんとイタリアに来ると、息をのむような建物に出会う。
だから好きなんだろうなぁ、イタリア

に入って見た。

190614B03.jpg
↑中央には“Fonte”(泉でいいのかな?)があります。
ここで洗礼がなされてたんでしょう。

結構人がいたので、ひとまず上にのぼってみることに。

190614B04.jpg
↑この階段をのぼっていきます。

ちょっと個人的な愚痴・・・
この先、このエリアで本当にアメリカ人観光客(発音からそうだと思う)に出くわすんですが、これ系の階段に来るたびに大騒ぎ&渋滞を引き起こしてた

車とエレベーター、エスカレーターに慣れ過ぎてる生活なんだろうなぁ・・・

米:上りきれるか自信がないわ!!!!

と、叫びまくり(苦笑)。
そんなに距離があったわけでもないけど。。。

後で気づいたけど、近くにアメリカの基地があるんです。
だから多かったのかしら。

190614B05.jpg
↑上から覗いた感じ。
ほら、そんな言うほど高くないでしょ?!!

190614B06.jpg
↑2F建て(?)になっている。
アーチがきれい!!

下りはアメリカ人がいないのを見計らってささ~~~っと降りたら・・・

190614B07.jpg
↑30分(だったと思う)毎にエコーが聞ける。

ちょうどその時間だったみたいで、エコーが聞けた!!
いや~~~凄かったです。
後で思うとなんで動画撮らなかったんだろうかと後悔。
ただ圧巻でしばし聞き惚れてたので・・・

あと、中はこんな感じです↓
190614B08.jpg

190614B09.jpg 190614B10.jpg

190614B11.jpg

190614B12.jpg

圧巻!

ちなみに単体でここに入ると5ユーロでした。

せっかく入場料を払うなら、エコーの時間を目指して入るのがお得かも!



【2014年6月時点のチケット情報】

洗礼堂、カンポサント、大聖堂付属美術館、シノピエ美術館からのチョイス

1モニュメント 5ユーロ
2モニュメント 7ユーロ
3モニュメント 8ユーロ
4モニュメント 9ユーロ

※大聖堂については大聖堂のところで、斜塔については斜塔のところで触れますね。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pisa(ピサ)観光~町歩き編

Pisa(ピサ)と言えば斜塔なのですが、その前にちょっと他の観光場所をご案内!

19061401.jpg
↑Piazza Vittorio Emanuele II (ヴィットリオ・エマニュエーレII広場)

この近くに観光案内所と駅がありますよ。
今回は行かなかったのですが、地図で見るとこの駅の裏に空港があるらしい。
町なかに空港があるって利用者には便利って思った。
見に行けばよかったんだけど、諸事情(相方事情とも言う)により行けず・・・

ここからアルノ川に向かって、Corso Italia(コルソ・イタリア)を進んで行くと、大手チェーン店の洋服店や本屋さんなどがあります。

そして、
19061402.jpg
Chiesa di Santa Maria del Carmine(サンタ・マリア・デル・カルミネ教会)も。

コルソ・イタリアのど真ん中ぐらいにありました。

ここからアルノ川を渡りると、

19061409.jpg
Chiesa di San Pietro in Vincoli(サン・ピエートロ・イン・ヴィンコリ教会)がありました。

その後、Borgo Stretto(ボルゴ・ストレット)通りへ↓
19061411.jpg

この辺りはお値段ちょっと高めのお店が多いです。

そしてこの辺りにも教会あり!

19061410.jpg
Chiesa di San Michele in Borgo(サン・ミケーレ教会)

その後Piazza dei Cavalieri (カヴァリエーリ広場)に出ると・・・

19061404.jpg
Palazzo dell'Orologio(時計宮)

19061405.jpg
↑手前はScuola normale superiore di Pisa(ピサ高等師範学校)

建物は、“Palazzo della Carovana”(カロヴァーナ宮)。
ここは別名、“Palazzo dei Cavalieri”(カヴァリエーリ宮)と言うそうです。
だからこの広場がカヴァリエーリ広場なのかなぁ・・・

しかしこんな素敵な建物の学校だったら、私、単純なので毎日ウキウキ登校かも

むかって右側の建物は、
19061403.jpg
Chiesa di Santo Stefano dei Cavalieri(サント・ステファノ・デイ・カヴァリエーリ教会)

ここからドゥオモ広場へ向かう途中にあった像↓
19061406.jpg

誰だろう・・・

19061414.jpg
Piazza Martiri della Libertà(マルティーリ・デッラ・ リベルタ広場)

木立があっていい感じ。
そしてこの広場のところにも“Palazzo della Scuola Sant'Anna”、そう、“Scuola superiore di studi universitari e di perfezionamento Sant'Anna”(聖アンナ高等師範学校)があります。

この聖アンナと、先ほどのピサ高等師範学校と、写真撮れてないピサ大学(行ったか?!)とで、ピサ大学システム (Pisa University System) と言うイタリア最高の研究機関の一つを形成しているらしい(Wikiさんより)。

そう、ピサってチェーザレ(ボルジア)も通ってた大学があるぐらい、学業システムには定評があると思う。
今も工学系は結構いい感じだと思うのです。
なので是非とも相方にはここで・・・というのは私の心の叫び・・・

また、近くには・・・

19061412.jpg 19061413.jpg
Chiesa di Santa Caterina(サンタ・カテリーナ教会)が。
バラ窓が綺麗なって思って入ると、中は結構シンプルだった。

とにかくピサは教会が多い!
通りがかりに見かけるとパシャパシャと写真と撮ってました。

19061408.jpg
Chiesa di San Paolo all'Orto(サン・パオロ・アロルト教会)

19061416.jpg
Chiesa di San Francesco(サン・フランチェスコ教会)

19061407.jpg
Chiesa di Santa Cecilia(サンタ・チェチリア教会)

19061415.jpg
↑Chiesa di Santa Apollonia(サンタ・アポッロニア教会)

他にもまだまだ教会がありましたが、写真は撮りきれてない&まず、回りきれてません・・・

その後、ピサと言えばここ!とばかりにPiazza dei Miracoli=Piazza del Duomo(ドゥオモ広場)へ!

19061417.jpg
↑馬車もイタリアの観光地ならでは!

19061418.jpg
↑やっぱ素敵な広場!

この広場でのお話は次回に・・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Trattoria da Cucciolo @ Pisa

Pisa(ピサ)に到着した(こちら)後、B&Bのご主人のお勧めレストランへ行くことに!

180614C1.jpg
Trattoria da Cucciolo

“Cucciolo”と聞いて、「子犬」?!って思ってたのに、なぜか小人の絵などが満載・・・

な~ぜ~~~~

相:はっ?!
  Cuccioloは七人の小人の1人やろ!!

だそうです。
知らなんだ・・・

いつものごとく(!)イタリア語バージョン名なのです!!

レストラン話からちょっとそれますが・・・

Brontolo グランピー(おこりんぼ) Grumpy
Cucciolo ドーピー(おとぼけ) Dopey
Dotto ドック(先生) Doc
Eolo スニージー(くしゃみ) Sneezy
Gongolo ハッピー(ごきげん) Happy
Mammolo バッシュフル(てれすけ) Bashful
Pisolo スリーピー(ねぼすけ) Sleepy

日本語はディズニーのサイトからひっぱってきたんだけど、そのまんま英語をカタカナにしても意味合いが伝わらんから( )で注釈が入ってました。

で・・・

Cucciolo(ドーピー)はつながらんかったよ・・・

もとい!

180614C2.jpg
↑私のプリモは、ウサギ肉ラグーのパスタ

180614C3.jpg
↑相方のプリモは、お魚のパスタ

これ、Gallina(だったかな)って書いてたから、てっきりチキンかと思ったら、お魚だったのです。

私がチョイスしたのはちょっと野生味あふれてて、苦手な感じだったので、交換してもらった。
ただ!!

相方チョイスのパスタがめっちゃめちゃおいしくって、ちょっと交換に不満を持っていたようです。。。
許せ、相方!

180614C4.jpg
↑私のセコンドはタリアータのルッコラ添え

これって最初っから言ってるのに、勝手にオーダー時に。。。

相:タリアータのキノコ添えで・・・

と、変えてるので(こっちの方がオリジナリティがあるという理由だったらしい)、また変えてやった!
この日ほど、イタリア語ができるようになっててよかったよと思った日はない(ってちょっと大袈裟・・・)!

180614C5.jpg
↑相方のセコンドは、猪肉だったんじゃなかったかなぁ・・

めっちゃやわらかくってこれまたおいしかったです。

私のタリアータもとってもおいしかったです。
ただ、他で食べたタリアータとはちょっと違った調理法(?)って感じでした。

180614C6.jpg
↑私のドルチェはパンナコッタの栗のハチミツかけ

パンナコッタのクリーミーさ、ハチミツの甘さ、栗のハチミツゆえのちょっとした苦さがあいまって4つは確実に食べれるって感じのお味。
※それを言ったら相方はドン引いてたけど・・・

180614C7.jpg
↑確か相方はセミフレッド

すっかりワインの写真を撮り忘れましたが、ハウスワインをオーダー。
地元産で、キャンティと同じブドウを使って造ってるけど、キャンティじゃないゆえにキャンティを名乗れないワインだそうです。
これまたおいしかった!!

かなり満喫(相方は毎日ここで食べたいそう・・・仕事で願いは叶わずだったけど)した上に、お値段もかなりお財布に優しいお値段!!

B&Bのおじさんが一押しする訳、超~~~~~わかったって感じ!!!

殆どが地元民らしい客層でした。
ただ、パラ~~っと観光客らしき外国人も。
しかし外国人(私もだけど・・・)のチョイスってちょっと面白いなって思ったり

お隣のテーブルは発音的にどうもイギリス人2人組だったんだけど、イカスミパスタがプリモで、セコンドは豆だった。
ちょっと斬新な感じ・・・
多分このお豆、付け合せのお豆だと思うんだけど。
そしてワインはガッツリと赤だったのも、ちょっと斬新。

もう1組外国人だったのは多分男の子がフランス人で、女の子が中国人。
ここは二人でイカスミパスタを1皿シェアーして終了。ワインはなしで水。
私はそれじゃ~足りん・・・

そんなこんなを相方も見てて、一言!

相:ほんま、よ~食べるなぁ!!

って、それがあんたの中でつきあう決めてとなったんじゃないのかぁ~~~~!!!


もとい!

ここはほんとお薦めです!!!
ただ、お店の人の人数が少ないので、観光客相手のお店や日本のお店のようにサービス早くないので、ご覚悟を!!
待つ価値ありです。



Trattoria da Cucciolo
住所:Via Rosselmini 9, Pisa
電話:050 26086
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pisa(ピサ)到着!

今月18日からトスカーナ州にある、斜塔で有名なPisa(ピサ)に行ってきました

以前にイタリアの世界遺産のお話をしましたが(こちら)、これで17カ所目(こちら)!!

が・・・

知らぬ間にイタリアの世界遺産

50か所になってる!!!


※2014年6月現在のリストはこちら

う~ん、制覇できる日はくるのか

もとい・・・

とにかく出張に締切にと大忙しの相方!
あまりコミュニケーションは取れずで、ホテルを予約してくれてると思いきや・・・

18061401.jpg
↑B&Bだった。

しかしこのB&B、旧市街のど真ん中!
その後観光するにはうってつけの場所であったことに感謝。

ちなみになぜここにチョイスしたかと言うと、会議場所に近かったかららしい。。。

あっ、さりげに写ってますが、こちら3人部屋で、ダブルベッドの横にシングルベッドがあります。
特に3人で行った訳でもなく、ただ単に3人部屋しか空いてなかったからという理由です。。。

まだ明るい感じですが、到着したのは夜の7時ごろ。
ひとまず立地の良さを生かして、ちょっと外に出てみることに!

18061402.jpg
↑Piazza Garibaldi(ガリバルディ広場)と言うからにはきっとこの像はガリバルディ?!

その前にはアルの川が広がっています↓
18061403.jpg

何かちょっとフィレンツェっぽいかなって思った。
同じトスカーナだし、同じアルの川だし。

18061404.jpg
↑無理やりポーズを取らせる

18061405.jpg
↑橋を渡るとフィレンツェ同様、レストランが観光客価格でないところが多くなる!

18061406.jpg
↑夜はこんな感じ
※その前の写真の後、ご飯食べに行ったので、ここからは暗いです・・・

このままB&Bに帰る予定だったけど、ちょっと足をのばして・・・

18061407.jpg
↑↓夜のPiazza dei Miracoli(ドゥオモ広場)を覗きに・・・
18061408.jpg

愛読しているチェーザレ↓の世界!!
チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

ただでさえ来たかったピサにこれてエキサイトしてるのに、さらに!!!!

この先ピサ話が続きます・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

タイのワイン?!!

先月末から今月初めにかけて香港に出張に行ってた相方。

G:キャセイ航空で行き~~!

と言うのも完全無視で、タイ航空で行った。
南回りだから遠いって言ったのに・・・

で、バンコクでも乗り継ぎが結構悪いみたいで、バンコクで色々買い物したりしてたみたい。

そんな買い物シリーズの中に・・・

060614T.jpg
↑タイのワイン

タイってワイン造ってるって知らんかったよ。。。

興味津々!!

G:これってどこで買ったん?
相:空港。
  お薦めはどれですかって聞いたで。
  10年ワイン造ってるワイナリーのみたい。
G:どんな味やろ・・・

で、早速抜栓。

が・・・

申し訳ないが、二人とも一口でギブアップ。

インクのごとくものすごい濃い~~~~~ルビー色。
野菜のような薬草のような香り。
でも味が何とも喉を通らんお味だったりした。

G:Gassosaで割ったら飲めるかなぁ・・・

で、後日、Gassosaを購入するも、これまた一口で二人ともギブアップ。
さらにGassosaで割ってもこのインクのように濃い~~~~色はほぼ変化せず。。。

結局、料理酒になることになったのですが、レバーを調理する際に使うと・・・

インクのように濃い~~~~色に!!!

これって自然のブドウの色なのか?!
それとも着色なのか???

料理酒としても活躍できず、いまだにほぼフルに残っているこのワインです・・・
ワインビネガーになるのか?!?!?!

ハイキングか?!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Como(コモ)観光

前の記事で少し触れましたが、何度か観光はしてる(こちらこちら、そしてこちら)Como(コモ)の町。

またちょっと回ってみました。

03061401.jpg
↑Duomo(大聖堂)はいつ見ても写真撮っちゃう(笑)。
しかし一部工事中でした。

今回は中に入れる時間(時間によっては入れない)だったので、久々に中にも入ってみました。

03061402.jpg

03061403.jpg
↑いつもこのタペストリーが気になる。

03061404.jpg

03061405.jpg
↑↓やっぱすごいなっていつも思う。
03061406.jpg

03061407.jpg
↑これもいつも気になる。

この前で数人に説明をしてる人がいたんだけど、ここの人なのか、ツアーの人なのかは謎。
ちなみに英語でした。

教会内ツアーがあるなら、一度申し込んでみたいな。。。

03061408.jpg
↑Chiesa di San Fedele。

実はこっちの教会の方が好きだったりする。
ここの前は本屋に行くのによく通るけど、中に入ったこと、あったっけなぁ・・・
と、この日も入らずだったわ。。。

03061409.jpg
↑Porta Torre
確か、火・木・土とこの門の外側でメルカートやってたような。。。
ただし、土曜以外はAM中だったはず。

03061410.jpg
↑↓ここもいつも本屋に来たついでに通るけど、何の建物だろう・・・
03061411.jpg

いつも確認するのを忘れるんだよね。。。

ちなみにこの日も本屋に行って本買いました(笑)。

買った本はこちら↓
Manola (Oscar Bestsellers)

まだ読めてないけど
スイスで本買うと、「輸入」扱いになって割高なので、こうやってイタリアに来たついでに何か1冊とか買っちゃう。

03061412.jpg
↑↓久々に湖側にも行ってみた。
03061413.jpg

同じ湖畔の町でもやっぱ賑わいが違う。
それに外国語、特にアジア言語とか米・英語を耳にする割合が大きい。

03061414.jpg
↑行きは急いでたから撮らなかったけど、帰りがけに撮ってみた。
これも定番?!

やっぱもう少し頻繁にイタリアへ足を運ばんといかんなと思いました。
活気って必要!!!

と、日付が変わってるからもう今日だけど、今日からまたイタリア

久々のComo観光

THEおっそ~~~~な更新ですが、今月の初めに、相方が出張でいなかったので、ちょっと久々に一人でComoに行くことに!

しかしその前に・・・と、KさんにFBで連絡したら、ちょうどKさんも用事があってその日はコモに行くとのこと
事前に待ち合わせの場所と時間を決めて、いざComoへ

が・・・

チューリッヒ発のECがまたまた遅延

久々に自力=電車(スイス国内が高いからあまり利用しない)で行ったもんだから、すっかり失念してました・・・

事前にネットで時刻表を見てて、キアッソで乗り継ぎ(すると特急料金がかからないというせこい考えから・・・)まで確認してて、8分後に普通電車に乗り継げるはずだったので、事前に普通電車のチケットを購入していた。

が、この電車、10分以上遅れて到着=すでに普通電車は発車したあと

が!!!

一か八かで・・・とイタリアの(ここがミソ!!)車掌さんに。。。

G:この電車、10分以上も延着したから、普通電車に乗り継げなかったんですよね(涙)・・
車:どこまで行くはずやったん?
G:次の(←ここ強調)駅までなんです、次の!!
車:この電車で来たん?!
G:そうなんですよ、これでここまで来ました!!
車:(手振りで乗れ!のサイン)
G:ありがとうございま~す!!

で、ECに乗ってコモまで行きました(笑)。
イラ~~~っと来ることが多いイタリア人だけど、こういう機転の利いたことをしてくれるのもイタリア人。
だから嫌いにはなれません(笑)!!

で、無時到着&Kさんと合流!

まずは・・・
030614C1.jpg
↑お茶!
ならぬカプチーノ!!

が、よ~見てください、上の写真!!!

二人ともカプチーノを頼んだんです。
あっ、まだ持ってきてもらってすぐなんで触ってません。
でも、私の(手前)、明らかにKさんのと様子が違いません

失敗したけど、まぁ飲んだら一緒や~的に失敗作を持ってこられた感、満載!!
しかし、Kさんも私も思ったんですけど、普通2人中1人分が失敗した場合は持ってこんやろう・・・
明らかに1つは失敗ってわかるのにとある種びっくり

この後、Kさんは色々と用事があって、1時半ごろにはコモを出ないといけなかったので、急いで一緒にランチをすることに。
しかしカフェで喋り過ぎたのか、残り30分しかなかったので・・・・

030614C2.jpg
↑手早くセルフサービスのお店でパスタ

そういうお店があるって知らなかったので、新たな発見!!
入った時はまだちょっとお昼時前だったのか、人があんまりおらんかったけど、みるみると満席になってた。
お味はまぁセルフのお店って感じのお味。
しかし、これまたKさんから驚愕の情報が!!!(ってちょっと大げさか?!)

K:ここってチェーン店やと思うんやけど、コモの別のお店とは明らかに味も量も違うの!!

って、もはやチェーン店か?!?!
チェーン店って同品質を提供じゃなかったっけ??
そこもアバウトなイタリアってことでしょうか(爆)。。。

ちなみにこっちはいけてる方のお店だそうです。

その後、元々Kさんと一緒に行こうと言ってたお店、
030614C3.jpg
Tigerへ。

でもKさんは時間切れで、場所だけ教えてもらってお別れ。。。

このTiger、日本にもわが愛する町、大阪(アメ村)や、東京などに出店してるみたい。
デンマーク発祥のお店です。

ちなみにKさんと別れてから入ったんやけど・・・

030614C4.jpg
↑これはさすがに買う勇気がなかった(笑)。

だって、ヘリを踏みそうだから。。。

この後一人でコモ観光をちょろっとしたりしてたんですが、その時の写真はまた次回に。

そして最初に入ったカフェに入るか、それともCoinの上のカフェに行くかって悩んでたんですが、前者に行ったので、その後一人で後者に行ってみた。

すると!!

030614C5.jpg
↑眺めいいやん!!!

Coinや地階のスーパーにはよく行ってたけど、最上階のカフェには行ったことがなかったので、これまた新発見!!

Duomoがデカいから、なかなか写真におさまらんのやけど、これはなかなかいい感じで撮れたか?!って思ってるのですが。。。

しかしここ、アメリカ人の大群がおったので、ちょっとうるさかったです。。。

そうそう!!

Kさんと会ってすぐに、Vodafoneストアへご一緒いただいていた。
そしてついにMicro SIMカードをGETし。。。

030614C6.jpg
↑何とかスマフォ開通!

が、前のサムスンのと違って日本語入力アプリをインストしても、電話機自体の表示が日本語になんないの。。。
ちなみみ2週間ほどたった今はすっかりどうやれば日本語表示になるのかきっぱり諦めました。
どなたかご存知ならご教授を☆

そして、Kさん、お忙しい中おつきあいいただき&色々と教えていただきありがとうございました
また是非おつきあいくださいませ☆




La Cafferia
住所:Via Bernardino Luini 35, 22100 Como
電話:+39 312 41806
営業:要確認


Top Gourmet
住所:Piazza Grimoldi Guido Como
電話:+39 031 337 0561
営業:要確認


LOFT
住所:Via Boldoni 3, Como
電話:031-267846
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

\(^O^)/

やりました!!!

イタリア 初戦勝利

CdM2014_8.jpg
※画像はLa Repubblicaから拝借!

でかしたよ、Marchisio!!!
1点目のゴール、やったね~~~

2点目はイタリアで人気(日本ではどうなの??)があると思われる、バロテッリ。
そう、本田選手と同じ、ACミラノの選手。

クラウディオが1点入れるまでは、何となく今回のスペインVSオランダ戦を思い浮かばせるようで、ドキドキしてたんだけど、いい感じで初戦をフィニッシュできてほんとよかった!!!!

しかし同、MFで言えば、わが家的にはマルコ(ヴェッラッティ)君に頑張って欲しいのだが

マルコ君はPescaraの出身でございます。


ワールド・カップが始まる前の親善試合の際に、かなり活躍してた、チーロ(インモービレ)とロレンツォ(インシーニェ)にももっと活躍の場を・・・って思ったりもしているのですが、どうなることやら。

ちなみにこの2人はお隣カンパーニャ州の出身で、2011年~2012年にペスカーラ・カルチョでプレイしておりました。


この後、20日にコスタリカ戦、24日にウルグアイ戦が。

コスタリカはウルグアイに勝利を収めて(絶対ウルグアイが勝つと思ってたけど・・・失礼!)、テンションあがってるだろうし、逆にウルグアイはまさかの敗戦で気が思いっきりしまってきてるやろうから、どちらも気が抜けない試合だろうなぁ。。。

と・・・

何気にコスタリカ戦はわが家は家にいない予定だけど、見れるだろうか。。。

とにかく!!

Forza Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

とにかく暑い!

いや~、先週末ぐらいからめっちゃめちゃ暑いです

2年前ぐらい前から夏がめっきり過ごしにくい!!
日本と違い、エアコンなるものが一般家庭にはまだ普及しきっていない&もちろん我が家にもないので、まさに夏は地獄

ある種、大阪の方が暑い!!ってなると、頼みの綱エアコンがあるから快適かも。。。

コモに行ったこと、ハイキングに行ったこと諸々、アップしたいのはやまやまだけど、写真をPCに取り込むのも怠けたくなるほどの、すでに夏バテ・・・・

来週からトスカーナだけど、在トスカーナのお友達、くみこは~んもFBで暑い~~~~って書いてたから、ちょっと恐怖なんだけど

どうか、どうかホテルにエアコンがありますように って思うけど、わが家の熱帯雨林男、幼3(=幼児3歳=相方)はエアコン大嫌いで、じっとり汗かいて寝れる人なので、あったところで使えんやろうけど・・・
別の部屋を取ってくれって言ったら怒るやろうし

一雨ざ~~~っと来て、せめて夜だけでも涼しくなって欲しいけど、一雨くると、まだ(!!)上の階の排水関連の修理が終了してないから、また壁にシミが広がって困るんだけど・・・

もう限界だわ、この暑さ。。。

閑散・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Mulhouse(ミュルーズ)

アルロン(こちら)を後にした我々は一旦お隣の国でガソリンを入れてからドイツを疾走

160~180キロぐらいで走り抜けていたのですが、ブリュッセルのホテルのベッドがいまいちで二人ともブリュッセル滞在中は終始寝不足状態だった。

私は免許を持っていないので、交代で運転することもできずで、一旦Mulhouse(ミュルーズ)で宿泊することにした。

翌朝、出発前にせっかくだから町をちょっと見て行こうということになり・・・

2605141.jpg
↑まずは腹ごしらえ!
やけにパンがおいしかった。

まず目に付いたのが・・・

2605142.jpg
↑Synagogue(シナゴーグ)

シナゴーグって???な方はwikiさん見てみてください(こちら)。

一瞬それとは気づかなかったです。

2605143.jpg
Temple Saint-Étienne(聖エティエンヌ寺院)

2605144.jpg
↑L'ancien hôtel de ville(旧市庁舎)
多分今は歴史博物館として活躍してるんじゃないかな。
入らなかったので、詳細不明・・・

2605145.jpg
Maison Mieg(ミークの家)
敵視的建造物のようです。

2605146.jpg
↑何故かウイリアム・テル
このバーの名前がウイリアム・テルだったから?!
でもなぜフランスで???

2605147.jpg
↑駅近の不思議な像(?)。

すぐそこはスイスな場所にあるんだけど、商売、失業者、とリアルな世界を垣間見たという印象。

いつもフランスに来ると思うけど、黒人率が高い気がする。
やはり昔フランスがアフリカの多くの国に植民地を持っていたからなんだろうなぁ。。。

イタリアでも結構見かけます。
しかしイタリアとの大きな違いは、イタリアは結構違法に入ってきたよね?!系が多いのに対して、フランスはきっと元植民地の人なんだろうな(違法入国ではないはず)系の人が多いこと。

日本ではその辺り、あまり経験することのないことかなと思いました。

これにてブリュッセル旅行は終了です!

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

A La Marmite Ukrainienne @ Arlon

アルロン観光(って言ってもほとんど何も見てないけど・・・こちら)のあと、最初の目的である夕食場所を探すも、フェスタのため、閉まってるところが多い。

開いててもピザ屋とかで、まぁここでピザはいらんかな・・・って探す苦戦

そんな中、まぁ人も入ってるって感じのA La Marmite Ukrainienne

ベルギーでウクライナ料理?!ってのもあったけど、時間がないのと、まぁウクライナ料理もなかなか食べるチャンスもないだろうからってことでここに決定!

250514C1.jpg
↑初、ロシアビール

ピルスナータイプで軽め。

要はロシア料理っぽい感じ。
でもロシア料理もそんなに食べたことがないので、チョイスが困る

王道に(?)私は・・・

250514C2.jpg
↑ビーフストロガノフ

見た目はそんなに熱そうじゃなかったのに、めっちゃ熱かった!!
でもおいしかったです。

そして相方は・・・

250514C3.jpg
↑グヤーシュ

ハンガリーだけかと思ったら、ウクライナでも食べるんですね。

お味見させてもらったけど、これは断然相方チョイスに軍配かな。

ちょっとおっかなびっくりで入ったお店だけど、お店の人も愛想がよく、食べ物もおいしかったので、ご機嫌さんでベルギーを後にした我々でした。



A La Marmite Ukrainienne
住所:7 rue de la poste, 6700 Arlon
電話:+32 63 44 55 23
営業:木~火 11:00~15:00/18:00~22:00
    ※ただし、金・土の夜は 19:00~23:00
    水曜定休

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

アルロン

先月25日の日曜の夕方、友人V&Eのところに寄ってから、ブリュッセルを出発

出発したのは7時を過ぎていた

最初はドイツに寄って帰ろうってことになってたけど、思いのほかブリュッセルでネットにつなげることができなかった相方は・・・

相:帰れるところまで帰ろう!!

に、なってた・・・

仕事あるもんね。


道中、時間もそこそこになってきたので、ひとまず夕食だけ取ることにした。

ベルギーとお隣ルクセンブルグの国境の町、Arlon(アルロン)でご飯を食べることにした。

アルロンはベルギー側。

ムール貝への最後の望みをかけてチョイスしたんだけど・・・

と、お食事編はまた次にして、ちょっと、ほんとちょっとの観光編!

2505141.jpg
↑↓Église Saint-Donat d'Arlon(聖ドナート教会)
2505142.jpg

2505143.jpg
↑Chemin royal de la Croix(王の十字架の道・・かな?!)

ここを上って行くと、

2505144.jpg
↑多分教会の入口

2505145.jpg
↑高台なんで見晴らしがいい

2505146.jpg
↑遠くに見えるは多分Église Saint-Martin d'Arlon(聖マルタン教会)

この後旧市街の方に行ったんだけど、どうもフェスタをやってたようで、結構レストランが閉まってた。

他にもちょっと見どころがあったみたいだけど、急いでいるので観光はここまでで終了(ってほとんどしてないけど)。

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

ブリュッセル~こぼれ話編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ブリュッセル~びっくり事件編

ブリュッセルの観光中(こちら)、何やら警察が↓
052414P.jpg

TVクルーらしき人もいる。

ちょうど、ジャズ・マラソンをしていたので、何かパレードでも???と思いながら、どうも道を閉鎖してる様子からして、通り抜けできん感じ・・・

G:何やと思う?パレード??
相:道ふさがってるしなぁ・・・
G:聞いてみよか?!
相:教えてくれんやろ。

で、カメラを首からぶら下げてTHE観光客スタイルで警察に・・・

G:これって何かあるんですか?
警:詳しくは言えませんが、ちょっと事件がありました。
G:えっ、事件ですか??
  パレードとかじゃ・・・
警:ないです。

で、何じゃいな・・とこの場を立ち去った相方と私。

が、その後友人Lに会った時に・・・

L:知ってた?!
  今日さぁ、ユダヤ博物館で発砲事件あってんで!!!

で、この事件が場所的にもそれだと知りました。

イタリアのネット新聞が告げていた時間と、デジカメ撮影時間を比べるとその差10分!!!

後でぞ~~~~ってこういうこと。

ちなみに犯人はその後、捕まった様子(こちら)。

亡くなられた方、ご冥福をお祈りいたします。

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

La Marie Joseph @ Bruxelles

ブリュッセル2日目の夜は、L、その前の週にコモで一緒にご飯を食べたV、E、超~~~~久々に会うM&Cと一緒に夕食を取ることに。

むかった先はこれまたPlace Sainte Catherine(聖カテリーヌ広場)のあるLa Marie Joseph(音鳴ります

やはりここでも季節外れでムール貝はなかった

で、Fish & Chipsにしようかと聞いてみると、売り切れとのこと。
しかし!!

V:ここって3回目やけど、あった試しがないで!!

と、みんなも気になるメニューの様子。。。

ここに来る前に、Lの家で散々チーズやら食べてワインを飲みまくってたので、私はあまりお腹が減っておらず、サラダと名のつくこれにした↓
052414M.jpg
↑Salade de crevettes grises d’Oostende, épluchées par nos soins, mayonnaise, pommes frites(オステンド産小エビのサラダとベルジャン・フライ)

小エビはおいしいんやけど、野菜とのマッチがいまひとつか?!
ちょっと残念な感じのチョイスになってしまった(涙)。

グルメ隊、V&Eカップルはそれぞれお魚のグリルを食べていて、それはおいしかったって言ってました。
次回は私もそれにしてみよう!

残念ながらみんなのチョイス写真はなしです。。。

ちなみに何を血迷ったか、相方もこれにしてて、かなり怒り心頭(あんま気に入らんかったみたい)でしたが・・・

余談ですが、この後相方は夜中中、

相:お腹減った~~~~~!!!

と、クッキー食べてました(苦笑)。
なんでもっとずっしり系にせんかったのか???



La Marie Joseph
住所:Quai au bois à brûler 47- 49, 1000 Bruxelles
電話:+32 2 218 05 96
営業:火~日 12:00~15:00/18:30~23:00
   月曜定休

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

De Noordsee @ Bruxelles

ブリュッセル2日目のお昼は、Place Sainte Catherine(聖カテリーヌ広場)付近にある、De Noordseeへ。

やっぱブリュッセルは食べ物も色々チョイスがあって嬉しい!
ブリュッセルはちょっと内陸だけど、海に面してる都市もあるから、シーフードも豊富
日本人&イタリア人には嬉しい限りです

しかしこの店、有名なんかして・・・

240514N1.jpg
↑凄い人!

240514N2.jpg
↑↓店のディスプレイはこんな感じ
240514N3.jpg

240514N4.jpg
↑立ち食いだけど、テーブルGETが困難です・・・

普段閑散とした村に住んでるもんだから、ボ~~~っとしてたら、Lに・・・

L:4人分の場所確保してきて!!

と、お叱りを受けました

そう、ボ~~~っとしてる場合ではない。。

240514N5.jpg
↑ベルギーと言えばエスカルゴ!

で、エスカルゴのスープ。
ちょっと思ってたんとちゃうけど、これはこれでまぁおいしかった。

しかし!!

相:食べてみ!
L:えぇ~~~・・・
相:食べてみって!!
L:・・・

Lは食べ物には超~~~~コンサバ!
それは百も承知の私!
相方の言い方では絶対に食べんぞ~~~と。。。

G:食べてみ。
  カタツムリの味は絶対にせんって。
  貝っぽいよ。
  貝は食べれるやろ?!
  私も最初はエスカルゴって無理~って思ったけど、
  ベルギーは料理の仕方知ってるから、変な所で
  食べん限りは大丈夫やって!
  イヤやったらぺっ!とし!!

で、おっかなびっくりの初挑戦となりました(爆)。
食べて見たら意外と平気かも・・って感じでしたよ。

240514N6.jpg
↑向かって左はLのマグロのステーキ、そして右は相方のイワシのグリル

私はもちろん・・・

240514N7.jpg
↑カジキのステーキ!

カジキと聞くともう、外せない!!!
美味でしたよ☆
カジキ大好き

240514N8.jpg
↑隣の人が食べてた、多分マテ貝?!

この形はマテ貝と思う。
二人ともイタリア語で説明してくれたけど、貝の名前のイタリア語なんて、アサリ、ムール貝ぐらいしかとっさに言われても理解できませ~~~ん!!

マジ、シーフード食べれただけで大満足なのですが、ベルギーに行く前に二人して決心していたムール貝は季節外れにつきなかったので、食べれず・・・
それがちょっと心残りかな。。。



De Noordsee
住所:Rue Sainte-Catherine 45, 1000 Bruxelles
電話:+32 2 513 11 92
営業:火~土 8:00~18:00
    日    10:30 ~20:00

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

Festa della Repubblica Italiana

ベルギー話の途中ですが、本日イタリアはタイトルにあるように“Festa della Repubblica Italiana(イタリア共和国記念日)”につきお休みです!

そしてGoogleイタリアのロゴも↓
Google020614.jpg
↑Festa della Repubblica Italianaバージョン

ミラノでもパレードやってたから行こうと思ってたんだけど、ちょっと予定が狂って断念

まだイタリア共和国になってからは68年なんですよ。

そう思うと、ローマ帝国がローマに首都を置いていた期間の方が断然長いんですね!!

色々と問題が山積みのイタリアですが、イタリア大好きな私にとってはこれからも素敵なイタリアでいて欲しいものです。
イラっとくる時もあるけど(笑)。

と、オチなしの大阪人にはあるまじき投稿でした

Viva Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ブリュッセル~おもしろ発見編

ベルギー人の感覚がちょっと不思議というかHappy Camper(ご機嫌な人)が多いというか(笑)・・・

王道の観光編とは別にちょっと私なりに気になった物や人なんかをパチリ

240514B1.jpg
↑本物の牛のはく製がお迎えしてくれる店

でも閉まってた(爆)。
そして・・・

何の店なんかよ~わからんかった!!

牛地帯は本がいっぱいで本屋っぽいけど、中はよく見えんかったけど、どうも違う感じだったような・・・

何ではく製もやけど、何の店もダブルで気になった。

240514B2.jpg
↑やけにHappyな感じの人形がわんさかな店

よ~見たらあんまかわいくないけど、ちょっとかわいい

240514B7.jpg
↑その手はおやめなさい的な人形がわんさかな店

こちらはずばり。。。

こわい!!

240514B8.jpg
↑Belgian Friesってわかりましたからな店

ベルギーではBelgian Fries(ベルジャン・フライ)とは言わない!
ベルギーでフライド・ポテトと言えばベルジャン・フライだから!!
間違っても英語で「フレンチ・フライください」と言うと、嫌な顔をされる。

ベルジャン・フライは2度揚げしていて、ベルギー人によるとフレンチ・フライよりもおいしいらしい。
日本人の私は違いはあんまよ~わからんってのが本音です。
ベルギーの皆さん、失礼!

次は人編。。。

240514B3.jpg
↑Whoopi Goldberg(ウーピー・ゴールドバーグ)かと思たわって感じの人

体、かなりでかいので、すでに十分目立ってたのに、さらに衣装は膨張色の白、そして頭もス~パ~・アフロのズラにUFOのような銀帽子のトッピング!

めっちゃめちゃ写真撮られてたけど、みんな写真撮るのに必死であんまお金は入れてなかった(笑)。
あっ、私も写真撮り逃げ犯の1人です

240514B4.jpg
↑サッカーゲームのベルギー・カップに燃えてる人たち

これ、Grand Place(グラン・プラス)の一角(隅っこじゃない)で繰り広げられてました。
それもこのサッカー・ゲーム、発泡スチロールで作られてるんとちゃうかなって感じのちゃっち~ものでした。

しかしこの2人組みはいつからこの衣装(?)を用意してたのか?!
国旗がかなり新しい感じなんで、この日のために買ったのか?!って感じ。
2人おそろなんで、事前に打ち合わせしたこと間違いなし!
その情熱、他にはまわせんよね(笑)。

ある種、こんなに熱中できることがあるって羨ましいよ。

240514B5.jpg
↑↓ビールを愛する人たち
240514B6.jpg

ビールの写真を撮ろうと上の写真を撮ったら

男:5ユ~~~~ロ~~~~~~!!!

って言いながら下の写真のようにポーズをみんなで取ってくれた。
ちなみに彼らの写真を撮ってたのは私だけではなく、通りすがりの人たちが結構撮ってた(笑)。

つかの間のスター気分に酔ってるのか、それともビールに酔ってるのか、めちゃめちゃHappy Camper度の高い集団だった。

ベルギーの酔っ払いって結構、自分たちの団体間のみではちゃめちゃを繰り広げ、他の人に迷惑かける人が少ない気がするなぁ。。。

こっちでは何度か酔っ払いに金くれ~~~ってからまれたことあるけど(苦笑)・・・

ちなみに誰からも5ユーロもらえなかったけど、ハッピーにビール飲んではりました(笑)。
まさに言ってみただけって感じ。。。

240514B9.jpg
↑ボトムスの順番を間違ってる人

何のためか、仮装(?)してる集団。
手前の人は明らかにボトムスの順番を間違って(?)はいてる。
ちなみに写真にうまく取れんかったけど、まさにパン1の子もいた(苦笑)。

ブリュッセル、お天気いい方やったけど、パン1では寒いと思うけど。。。
こちらも自分たちの集団内で盛り上がりまくり、特に他の人への危害なし。

他にも大き目の水飲み場にズボンの裾をまくって足湯ならぬ、足水してる人なんかも見た。

みんなそれぞれ楽しんでるよね~って感じ(爆)。
そして警察もいちいちそんな小技に楽しんでる人たちは無視!

ベルギーのこの、のびのび感っていいな~って思った旅となりました。

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

Frederic Blondeel @ Bruxelles

Lと会ってLお勧めの朝食場所へ行くことに。

そう、イタリア人たちは朝は甘いもんを食べるのです。
で、向かった先はFrederic Blondeel

ショコラテリアです。

ここって7年前にはなかったから、新しくできたんだろうなぁ。

ベルギーはチョコが有名!
昔からあるお店は日本にも展開してて大チェーン店になってるけど、こうやって新しく新鋭が出てくるのが面白い!
それに新鋭だけにおいしいところが多いんだよね。

240514F1.jpg
↑店内はこんな感じ

チョコそのもの、チョコケーキなどチョコ関連のものが販売されています。

せっかくなので・・・

240514F2.jpg
↑相方はホットチョコ、サフラン入り

240514F3.jpg
↑私はホットチョコ、ヴァニラとシナモン入り

そう、私は王道で行くことに(笑)。

そしてお供は・・・

240514F4.jpg
↑ベルギーワッフル!

ワッフルと一口に言っても、ベルギーでは絶対に、

Gaufre de Bruxelles(ブリュッセルワッフル)」か「Gaufre de Liège(リエージュワッフル)」か聞かれます。

上のはブリュッセルワッフルです。
日本でよく見るのはリエージュワッフルの方。
ブリュッセルワッフルは長方形でリエージュよりもふわふわ、サクサク。
甘さも控え目なんで、写真後方にあるように生クリームやチョコ、ヘーゼルナッツクリームをトッピングして食べますよ。

240514F7.jpg
↑自分たちお土産に相方が購入したナッツ入りチョコ

甘さ控えめ、カカオ多めで食べ過ぎちゃう傾向にあるチョコでした(笑)。

チョコの質も高くて、お勧め!!



Frederic Blondeel
住所:Quai aux Briques 24, Bruxelles
電話:+32-(0)2-502-2131
営業:
 SHOP:日~金 13:00~18:45
      土    10:30~18:45
 CAFE:日~金 13:00~18:15
      土    10:30~18:15

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報