Juuuust chillin' out!! 2014年05月

ブリュッセル~観光編

まずは観光編!

到着した23日は夜遅かったんで、Lの家でご飯を食べ、そのままちょっとおしゃべりしたりなどして就寝。
翌日のお話です。

朝食を取ろうと言うことで(朝食のお話はまた次に)、向かった先はPlace Sainte Catherine(聖カテリーヌ広場)。
この日はメルカートが行われてましたよ。

24051403.jpg
↑↓Église Sainte-Catherine(聖カトリーヌ教会)
24051401.jpg

24051402.jpg

ここも何度か通った場所だけど、写真撮ったことはなかったなと改めて思いました。

この後Lと一緒に朝食を取り、Lは嫁のMとともにイタリアの在外選挙に。

相方と私はプチ☆観光に出ることにしました。

何気に相方とブリュッセルには少しの間一緒にいたけれど、一緒にブリュッセル観光するのはこれが初めて!
不思議な感じです(笑)。

24051404.jpg
↑Bourse de Bruxelles(ブリュッセル証券取引所)

この近くによく行ってた中国スーパーがあって、ここもよく通ったなぁ(笑)。
しかしここも写真撮るのは初めてかも。
この背後には超~有名なGrand Place(グラン・プラス)がありますよ。
目指すはそこなのですが。。。

24051405.jpg
↑7年前にはなかったショップ↓
24051406.jpg

やっぱスイスと違って、競合があるから、チョコ屋さんもあの手この手、そして新しいお店がいっぱい出てくるって感じ。
グラン・プラス周辺はTHE観光地で料金はややお高めだけど、その中でもより安めに価格を設定してるところ、高いまんまのところなど様々。
リアル・ワールドってやっぱこうだよね(笑)。

24051407.jpg 24051408.jpg
↑↓Grand Place(グラン・プラス)
24051410.jpg

24051411.jpg

ここは世界遺産にも登録されていて、かの文豪ユゴーが「世界で最も美しい広場」と賞賛した広場で知られています。
ちなみにここには市庁舎があって、お友達のV&Eはそこで結婚式したらしい。

24051409.jpg
↑この週末(?)はJazz Marathonなるものが開催されていて、いたる広場でJazzのコンサートが!
やっぱ規模が違う!!

しばし活気に呆然とした相方と私。
やっぱ都会っていい!!!
賑わいって最高!!!!!

24051412.jpg
↑Église Saint-Jacques-sur-Coudenberg(聖ジャック・シェル・クーデンベルグ教会)

この背後には王宮があります。

24051413.jpg
↑これ、どこで撮ったのかなぁ・・・
像が好きなので、見るとすぐに撮っちゃうんだけど、王宮周辺です。

24051414.jpg
↑多分Musées royaux des beaux-arts de Belgique(ベルギー王立美術館)の後ろから見た写真

王立美術館はとても好きな美術館の1つで、この日はミュージアムショップでブリューゲルのポスターを2つ買ったりした。
その後、

相:ここって通ったことない!
G:私も~~~!

で、通り抜けした際に撮った1枚です。

24051415.jpg
↑Place Royale(ロワイヤル広場)

24051416.jpg
↑Mont des Arts(芸術の丘)

ここは散歩コースだったので、よく通ってた。

24051417.jpg
↑噴水っぽいのがあったけど、水はなし

24051418.jpg
↑角度を変えてもう1枚

ここからランペール大通りの方へ出ると、

24051419.jpg
↑Albert Ier(アルベール1世)の騎馬像

ちなみに通りを挟んで、

24051420.jpg
↑Élisabeth(エリザベート)王妃像が

一応、アルベール1世が、王妃エリザベートを見てるって言われてるんだけど、ちょっとアルベール1世の目線は王妃から外れてるんだよね(笑)。
逆に王妃はガッツリアルベール1世を見てました!

24051421.jpg
↑近くで見つけたシャンパン・バー

行ってみたいなって思って写真を撮ったけど、結局行けんかった(涙)・・
また次回に☆

ここからサブロンの方へ向かいました。
サブロン付近でちょっとしたことがあったのですが、それはまた別の機会に。。。

その後Lが電話があり、再び合流することに。

24051422.jpg
↑↓Eglise Saint-Jean Baptiste au Béguinage(ベギン会教会)
24051423.jpg

バロック様式のこの教会がず~~~~っと聖カテリーヌ教会だと思ってた私
この日初めて誤解が解けました(苦笑)・・・

24051424.jpg
↑近くにあった、「ベルギー1小さいホテル」

ベルギーって何気に「世界1小さい〇〇」とか「ベルギー1小さい〇〇」とかってのがたまにある。

昔ブリュッセルにいた時に、みんなで「世界1小さい映画館」に行ったこともある(笑)。

時間の都合と以前に少し住んでたこともあるので、観光はこれでおしまいです。

テーマ : ベルギー - ジャンル : 海外情報

Metz(メス)

今月23日、スイスを抜けた後、ドイツで大渋滞に巻き込まれた

ドイツの高速はスピードリミットがないところが多いので、普段は160キロほどで滑走!

が・・・

進まない!!

一般道を通ってフランスの高速を利用することにした。

そこでブリュッセル到着前に立ち寄ったのが、何度か素通りしていた町、Metz(メス)。

ず~~~~っと、メッツって読んでたよ(苦笑)・・・

ここに止まった目的はブリュッセル友、Lにあげるワインを購入するため。
子供には私が日本からおもちゃを買ってきてたんだけど、親には何も買ってなかったことにここにきて気づきました

お店の時間などもあるので、さっさとワインを購入してふと見ると・・・

23051401.jpg
↑川!

その背後にはマンションらしきものがあるのですが、日本でいう1F部分は通り抜けができるように2か所(だったかな)jほど空洞になっていた。
珍しいなって思って二人でしばしぼ~~~っと眺めてました(笑)。

23051402.jpg
↑これは川

23051403.jpg
↑Église Sainte-Ségolène(聖セゴレーヌ教会)

23051404.jpg
↑扉の彫刻が印象的

ちょうどこの日、“Fête des Voisins(隣人祭り)”が開催されている日で、この教会の前のBarでやってみたいです。

23051405.jpg
↑壁に書かれた絵が面白い!

23051406.jpg
↑どうもこの建物の経度と緯度が書かれてる見たい

23051407.jpg
↑その建物の門

23051408.jpg
↑その前の教会はアート展示に使われてた

古い建物の再利用はイタリアだけじゃないんだなって思ったけど、もう少しこの教会、修復した方が雰囲気よくなるのにな・・・と思ったりも。

23051409.jpg
↑Cathédrale Saint-Étienne(聖エティエンヌ大聖堂)

23051411.jpg
↑こちらは更に印象的!

やっぱ大聖堂だもんね。

ちなみにこの前は広場になってました。

23051410.jpg
↑教会のすぐ横の建物
観光案内所がここに入ってるみたい。

でも我々が到着した時には閉まってたけど・・・

23051412.jpg
↑メルカートもあるみたい

こちらも残念ながら閉まってました(涙)・・・

既に渋滞に巻き込まれてタイム・ロスしてるので、ここでは何も食せなかったけど、どうもチーズ・タルトがおいしいみたい。
またチャンスがあれば是非チーズ・タルトを食べに来たいなって思いながら、一路ブリュッセルを目指しました

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

Restaurant Elsbethenstuebli @ Basel

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Crotto del Sergente @ Lora

今月ももうすぐ終わりですが、やっとこさ今月後半のお話・・・

元々今月の16日あたりからブリュッセルに行こうって話になってたんだけど、諸事情のために1週遅らせることになった。
しかし代わりに何とブリュッセル友の1人であるVが実家(ミラノ)にこの週戻ってきていた。

そこで118日に一緒にディナーをすることになった。
せっかくなので、これまたブリュッセル友で今はルガーノに住んでるL&M夫妻も誘うことにした。

むかった先はコモ郊外にあるCrotto del Sergente

特にVはグルメだから変な場所をチョイスできない(笑)。

ご飯の前にコモのチェントロでアペリティーヴォしてたんで、前菜はみんなでシェアーすることにした。

18051401.jpg
↑Lardo Nostrano con Miele delle Nostri Valli e Castagne secche Lessate
(地元産ラルド、地元産の蜂蜜と蒸し栗添え)

18051402.jpg
↑Tagliere di Salumi selezionati del Nostro Territorio
(地元産サラミ類)

18051403.jpg
↑盛るとこんな感じ

今まで試したことがなかったけど、ラルドって蜂蜜と栗と食べると本当においしい!!
いくらでも食べれる!!!!
でも、ラルドだから食べ過ぎるとヤバいけど(笑)。

ちなみにラルドとラード(豚脂)は別もんですよ。

18051404.jpg
Triacca社のCasa La Gatta
Valtellina Superiore DOCGで、キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)種100%の赤ワイン。

Mはアルコールまったくダメ&Lはワイン飲むと体調が悪くなるので、Vと相方と私の3人でシェアー。

18051405.jpg
↑Risotto allo Zafferano Brianzolo con polvere di Liquirizia e Petto d’Oca affumicato
(ブリアンツァ産サフランのリゾット、スペイン甘草の粉末とスモークしたガチョウの胸肉添え)

こちらはワイン飲み組3人のチョイス。

ブリアンツァってサフラン取れるんだって初めて知りました。

ちなみにAbruzzoもサフランが有名なんですよ☆

18051406.jpg
↑Gnocchetti “fatti in casa” di Ricotta alle Ortiche selvatiche con fonduta allo Zola di Capra
(自家製リコッタとイラクサのニョッキ、山羊乳製ゴルゴンゾーラのソース添え)

こちらLのチョイス。
ちなみにLはビールはOKなので、コモで造ってる自家製ビールも写ってます。

Mはセコンドだけにすることにしたので、プリモは以上。

18051407.jpg
↑Spiedini di Vitello brasato alla Birra scura Artigianale con purea di Patate e Asparagi marinati
(自家製ビールで煮込んだ仔牛肉、マッシュポテトとアスパラガスのマリネ添え)

こちら、私のです。
普段あまりおじゃがを食べない &バターはほぼ使わないので、ちょっとこのマッシュポテトがずっしりきました(笑)。

お肉は非常~~~にやわらかく、おいしかったですよ。

18051408.jpg
↑Spiedoni con Carpaccio di Manzo e Lardo nostrano arrotolati e grigliati
(地元産牛肉のカルパッチョとラルドの串焼き)

こちらはMのチョイス。

18051409.jpg
↑Petto d’Anatra cotta a bassa temperatura con Ciliegie e purea di Sedano Rapa
(鴨の胸肉の低温焼き、チェリーとセロリのピューレ添え)

こちらは相方とVのチョイス。
結局、相方とVはすべて同じ料理を食べてた(爆)。

18051410.jpg
↑Filetto di Lucioperca con Pomodoro fresco e Gelato alle Mandorle
(ザンダーのフィレ、フレッシュ・トマトとアーモンドのジェラート添え)

Lのセコンド。

ザンダーって魚、初めて聞きました!
詳しくはwikiさん見てください(こちら)。
スズキ科の淡水魚なんですね。

18051411.jpg
↑男性陣チョイスの山羊乳製ババロア

18051412.jpg
↑女性陣チョイスの山羊乳のパンナコッタ

これは男性陣チョイスの方に軍配かなぁ。
あっ、山羊乳が嫌いだったら女性陣の方をチョイスした方がいいかもです。

おいしいお料理、素敵な雰囲気、そして楽しいおしゃべり。
もうこれ以上に何がいる?!って感じでした。

L&Mとは一緒に映画に行ったりしてるけど、Vはマジ我々の結婚式以来!
もっとマメにコンタクトを取らんといかんなぁ~って思いました。

いや~、楽しかった
そしておいしかった



Crotto del Sergente
住所:via Crotto del Sergente, 13, Lora (CO)
電話: +39-031-283911
営業:12:00~14:00/19:30~22:00
   水曜終日と土曜のランチはお休み

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

今年も・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Osteria del Tir a Sciopp @ Invorio

ちょっとベルギーに行ってました
いや~、やっぱ都会はいい!!!!
町の賑わい、色々なことに対する選択肢、そして価格競争・・・
いやはや。。。
楽しかったブリュッセル話はおいおいアップするとして、まずは今月前半のことを終わらせないと

今月3日の土曜に超~久々に相方の同僚Fからディナーのお誘い。
何週間か前にもそんな話をしてたけど、私が調子悪かったり、Fが調子悪かったりで、結局この日となりました。

むかった先は我々一押しのOsteria del Tir a Sciopp
今回が3回目(1回目はこちら、2回目はこちら)。

まず・・・

今回こそはちゃんと写真を撮るぞ!!と、替えの電池まで仕込んでいったのに・・・

SDカード忘れてカメラ使えず

出かけにしょ~むない写真をPCに取り込んでたのが間違いでした

写真は相方の携帯で・・・
※途中からなぜか赤いのです(涙)。

03051401.jpg
↑お食事のお供はAlto Adigeの白(こちら

03051414.jpg
↑アミューズ
これは自分のカメラで撮ったので、かなりいけてない画像(涙)・・

03051402.jpg
↑相方とFの前菜は“Trad. Acciughe alla Piemontese al Rosso e al Verde con Polenta Fritta(ピエモンテ風イワシと揚げポレンタ)”

03051403.jpg
↑私の前菜は“Budino al Gorgonzola, Mostarda di Pere Martin Sec e Sedano Croccante(ゴルゴンゾーラのスフレ 洋ナシ(マルティン・セック種)のモスタルダとセロリのクロッカンテ添え)”

前に行った時もこれを頼んだけど、めっちゃおいしかったので、今回もこちらに
やっぱ何回食べてもおいしい!!!!

03051404.jpg
↑相方のプリモは“Risotto con le Rane(カエル添えリゾット)”
そう、カエルです

03051405.jpg
↑私は“Ravioli di Fagiano in Salsa al Cacao(キジ肉入りラビオリのカカオソース)”
カカオソースと言ってもチョコのように甘くないです。
ほんのりとした苦味と甘味が絶妙!!

03051406.jpg
↑Fは“Ravioli di Trota con Bottarga di Pesce Persico(マスのラビオリ ヨーロピアンパーチのカラスミ入り)”
これは前回私がチョイスしたもの。
これもおいしかったんだけど、前回食べたから、私は上のにしました。

03051407.jpg
↑2本目は赤でTravaglini社のGattinara
この前にはず~~~っと前にGattinaraに行った際に購入したことのあるワイン(こちら)。
めっちゃおいしいですよ!!!

そしてなぜかここから写真が赤味を帯びてくる(涙)・・・

03051408.jpg
↑私のセコンドは“Sottofiletto di Manzo Piemontese(ピエモンテ牛のランプ・ステーキ)”

ピエモンテ牛は脂肪が少ないって言ってたような。
女子には強い味方のお肉らしい!!
とっても柔らかく、アンティパスト、プリモの後でもペロっといけちゃいます♪

03051409.jpg
↑相方は“Cervo Arrosto e Flan di Patate(鹿肉のローストとポテトのフラン”

さすがにセコンドまで来るとちょっとお味見・・・も余裕がなくなってきてて、どんなお味だったのかは未確認。
でも相方もおいし~~~って食べてましたよ。

と・・・
Fは“Stinco di Maiale alle Prugne con Granella di Pistacchi(豚のすね肉のプルーンソースとピスタッキオのクランチ”をオーダーしてたんだけど、写真を撮ってないかも・・・

03051410.jpg
↑その後相方とFは食後酒を。
私はなぜか食後酒を飲むと睡眠が短くなる傾向にあるので、辞退。

03051411.jpg 03051412.jpg
↑↓それぞれのドルチェ
03051413.jpg

いや~、やっぱ今回もおいしかった

Fは初めて来たけど、大満足だった様子。
ほんともうちょっと家から近いともっと頻繁に行くのになぁ・・・

マジ一押しレストランです!!



Osteria del Tir a Sciopp
住所:Fraz. Mescia 3, 28045 Invorio (NO)
電話:+39-0322-094685
営業:火~日 12:00~14:30/19:00~22:30
アクセス:高速A8をArona出口でおり、Borgomanero方面に向かって左折。
     ロトンダ(環状交差点)の最初の交差道がInvorio方面なので
     その道を進んで行くとVerganteの県道に出る。
     県道をまっすぐ進み、Sereia方面に向かって左折するとfrazione Mescia。
     付近に近づくと県道からお店の名前のイルミが見えます。
     今回行った際には県道に看板が出てた。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pizzeria Capri @ Casale Monferrato

Casale Monferrato(こちら)で本屋に立ち寄った後、かなりいい時間になってたんで夕食を取ることに。

本屋さんで教えてもらったレストランに行ったものの、ちょっと遅すぎてすでに閉まってた(涙)。

道中で見かけた別のレストランに行ったものの、そこももうキッチンが閉まった後だったんで、サラミ類など、火を使わないものならOKとのこと。

でも夕食には暖かいものを食べたい相方は、またまた道中で見かけたPizzeria Capriに入ることにした。

本当は地のものを食べたい我々。
ネーミングからして、きっとナポリ料理だろうなと思ったのです。

メニューを見るとやはりナポリ料理(笑)。
で、相方はちょっとテンションが下がってたんだけど・・・

前菜で、

010514C1.jpg
↑私のタコ料理

010514C2.jpg
↑相方のイワシ料理

をオーダーしたんですが、これがどっちもバカうまで急に相方のご機嫌上々

そして・・・

010514C3.jpg
↑相方はパスタ、

010514C4.jpg
↑私はエビのフリット

を次にオーダーしたんですけど、これらも絶妙!!

やっぱおいしいものを食べると機嫌って直りますよね(笑)。

オーナーのおじさんはちょっと怖かったけど、他のお店の人はいい感じだった。
何気にピザもナポリ風だったのかしら・・と気になったんですけど。

010514C5.jpg
↑相方ドルチェ

010514C6.jpg
↑私のレモンのソルベ

料金もとても良心的で満足のディナーでしたよ。


Pizzeria Capri
住所:Piazza Urbano Rattazzi 8, Casale Monferrato
電話:+39 0142 454170
営業:木~火 12:00~14:30 / 18:45~23:30

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Casale Monferrato

もう5月も後半にすっかり入ってるけれど、今月1日のメーデーのお休みの日のお話を・・・

こちらは祝日だったので・・・

G:どっか、行~き~た~~~い~~~~~

と叫んでいたところ(!)、もう叫び声を聞きたくなくなった相方が(作戦成功

相:ひとまず出かけよう!!

で、向かった先がタイトルにあるCasale Monferrato(カザーレ・モンフェッラート)です。

こちら、ピエモンテのアレッサンドリア県にある町。

到着してすぐ目に飛び込んで来たのが・・・

01051401.jpg
↑お城を使ったEnoteca Regionale Del Monferrato

地元産のワインを集めて販売しているんですが、なんせ到着がいつものごとく、Batmanタイムにつきすでに閉まってましたが(涙)・・・

我々の大好きなRuché(ルケ) なんかもあったはずなので、いつの日がOPEN時間内にリベンジしたいところ!

エノテカ以外にも美術館としても活躍しているようでした。
もちろんこちらも入れませんでしたけど(苦笑)。
01051403.jpg
↑ちょっと階段あたりを覗いてみた。

ちなみにこちらのお城はCastello di Casale Monferrato(カザーレ・モンフェッラート城)です。

しかしいつも感心するのが、イタリアのこの古き建物の再利用術!
周りを見るだけではなく、きちんと“今”を生きてる感じがします。

そこから通りをわたると、
01051402.jpg
Chiesa di Santa Caterina

結構立派だったで、てっきりこちらがDuomo(大聖堂)かと思いました(笑)。

この日はちょっと暑かったので、ここでちょっとジェラートなんぞを購入し、食べ歩き・・・

01051404.jpg 01051405.jpg
↑像の多い町って言う印象

01051406.jpg
↑Palazzo Ricci(リッチ邸)

01051407.jpg
Chiesa di Santo Stefanoと背後はTorre Civica

01051408.jpg
Piazza Mazzini
ここがメインの広場。
騎馬像はCarlo Alberto(カルロ・アルベルト)。
サヴォイア家の勢力を感じますね。

ここにきてやっとこさ!!

01051409.jpg
Cattedrale di Sant'Evasio(聖エヴァジオ大聖堂)。

Sant'Evasioはこの町の守護聖人です。

01051410.jpg
↑ドアのところの彫刻にちょっと興味がひかれたので写真を撮った

と、出発が遅いにしても最近は日が長いので、ここまではまだ明るめの写真!
が、この後、この大聖堂近くにあった本屋に

G:本買うって言ってなかった?
  閉まる前にちょっと見たら?!?!

って言ったのが運のつきでした(苦笑)。

この本屋さんが超~~~~いい人で、入った本屋は別館で、本店の息子さんが切り盛りしてた。
閉店後に本店にもお邪魔してそこからその子のお父さんに色々と本を見せてもらってた相方!

本屋さんを出たのは夜9時を過ぎてました(爆)。

ここから後の写真は食事後の写真なのですっかり日がどっぷりくれてます・・・

01051411.jpg
↑行きしなに撮っとけばよかったと思ったモニュメント。
でも逆にライトアップされてたので、これはこれでありかな。

01051412.jpg
↑まさに帰りがけに車で通り過ぎたChiesa di Sant'Ilario

大きな町ではないけれど、教会の数の多さにはびっくり!

町はこじんまりとはしているものの、とてもよくオーガナイズされている印象を受けました。
人もすごく優しかったし、ワインのこともあるし、絶対に要再来訪希望の町!!

そうそう!!
後で調べたら、なんとこの町!!

Pescaraと姉妹都市!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Osteria d’Alberto @ Brissago Valtravaglia

4月最後の土曜、26日の夜、久しぶりにヴァレーゼ県のブリッサーゴ=ヴァルトラヴァーリアにある“Osteria d’Alberto(オステリア・ダルベルト)”に行ってきました

こちらのレストラン、以前にたまたま入った(こちら)ところとてもおいしかったので、今回はここを目指して家を出発!

1,200人ほどの小さな、そしてやや山の手の正直アクセスがいいとはいいにくい場所にあるこのレストランですが、満席

背後からはドイツ語が聞こえ、また前方にはスイス訛りのイタリア語が聞こえてきていたので、地元民のみならず、色んな方がたが利用しているんだなと思いました。

しかしこのレストランのクオリティを考えれば納得ではあるのですが。

と、前置きはさておいて・・・

まずアミューズはタラのスフレ↓
26041401.jpg

塩味も焼き加減も絶妙のおいしさ!

好奇心から私の前菜はマグロのお刺身↓
26041402.jpg

日本のようにわさび醤油でではなく、トレヴィスとレモンのソルベ、そしてバルサミコ酢と一緒にいただくようです。
マグロがとても新鮮でおいしかったので、ついつい私はマグロだけと絡めずに食べてしまいましたが(笑)。

相方の前菜はタルタルステーキ↓
26041403.jpg

生のお肉です。
ベルギーでは好んで食べられるようで、ベルギーにいた頃はたま~に食べていた相方!
しかし!!

相:今まで食べたタルタルステーキの中で一番おいし~~~!!!

だそうです。

遅れましたが、お食事のお供は“Fiano di Avellino(フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ)”というナポリが州都のイタリア南部の州の白ワイン↓
26041404.jpg

Ciro Picariello(チーロ・ピカリエッロ)”という造り手さんのこの白ワイン、なんとアルコール度14度と、白ワインながらしっかりとした味わいでした。

私のプリモは栗粉のタリオリーニ↓
26041405.jpg

栗粉の甘味と苦味がちょうどいいバランスで、とても美味

相方はリゾット↓
26041406.jpg

すみません、時間がたってて、何のリゾットだったか失念

私のセコンドはチーズの盛り合わせ↓
26041407.jpg

やや大写しに分割して撮影した2枚がこちら↓
26041408.jpg

26041409.jpg

山羊乳製チーズが中心でした。
どうもこの造り手さん(女性)たちグループがいらっしゃってた様子。
背後のテーブルでお食事を楽しんでらっしゃいました。

一口に山羊乳チーズと言ってもそれぞれに個性があってどれもとてもおいしくいただきました。

相方はガッツリと豚肉↓
26041410.jpg

すごいボリュームって感じだったけど、結構ペロっと食べてはりました。
焼く加減も絶妙で、とっても柔らかかったそうです。

26041411.jpg
私↑と相方↓のドルチェ
26041412.jpg

う~ん、特に相方のドルチェは何だったんだろう・・・
やっぱさっさとブログをアップせんとダメですねぇ

とにもかくにもうまうまのOsteria d’Alberto!
オーナーのアルベルトさんいわく、近々引っ越すかも・・・って言ってた。
引越し先は今の場所よりもわが家に近くなるので、大歓迎~~~


Osteria d’Alberto
住所:Via Garibaldi 15, Brissago Valtravaglia
電話:+39 333 110 0404
営業:木~火 12:00~23:30
    水・定休

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Arrosticiniな夕食

Lago di Penneを後にした我々は一路A&Mの家に。

210414C01.jpg
↑A&M宅のネコと語らうGi(爆)

マジ、お話してるみたく、確実に1匹のネコはGiの顔を凝視してた!!

210414C02.jpg
↑ついさっきも乾杯したけど、また乾杯

ついさっきまでおしゃべりしてたけど、またしゃべくり大会(笑)。

しかし!!

210414C03.jpg
↑Mはみんなのために・・・

210414C04.jpg
↑Arrosticini(アッロスティチーニ)を焼く!

210414C05.jpg
↑焼く!!

210414C06.jpg
↑ひたすら焼く!!!

210414C07.jpg
↑これを何皿分焼いたことか。
お疲れ&ありがと~M!!!

210414C08.jpg 210414C09.jpg
↑そしてみんなは飲む、そして飲む!!

210414C10.jpg
↑↓Mお手製Dolce(デザート)もひたすら食べて・・・
210414C11.jpg

ひたすらしゃべる!!
いや~、きっとここに1カ月もいればそこそこイタリア語がうまくなるんじゃないかって思うぐらいにイタリア語(Pescara弁)のシャワーでした。

と、わが相方どのはこの日も集まりには不在・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pasquetta 2014

何気に更新が滞りがちですが

やっとこさ今年のPasquetta(4月21日)!
何度かこのブログでご紹介してますが(2011年2012年)、イタリアではこの日ピクニックに出かける人が多いです。
ちなみにティチーノは特に行事ごとなしって以前聞いた(こちら)。

なので今年もピクニックに出かけることに!

相方は相変わらず締切に追われて家でお仕事だったので、GiとGlカップルに迎えにきてもらった。

2012年に引き続き、今年も自然保護区に行くことに!

今年向かった先はLago di Penne

Penne(ペンネ)という町の郊外にある湖です。
ちなみにこのペンネに今年は行こう!って勝手に決めてた私。
車の中で

私:今年はさぁ、絶対にペンネに行きたいって相方に言ってるんよね。
Gi:帰りに時間があればよってく?!
  そこやし。
私:ほんま?!!
  行きたい!!

で、ペンネ湖に到着↓
21041401.jpg

しかしだんだんと・・・

21041402.jpg
↑嫌な雲行き

車で向かてる最中は最高にいいお天気って思ってたのに・・・

21041403.jpg
↑私と子供たち以外はみんなカップル(または夫婦)で来てた(笑)。
一応、夫はいるんだけど。。。

21041404.jpg
↑みんな持ちより!
もちろん私は今年も何も持ってこなかった

言い訳すると、いつもギリギリまで行くのかどうかわからないのと、マンマの家とは言え、人の家のキッチンを使うのがどうも苦手なのです。。。

食べて、飲んで、しゃべりまくってしてると・・・

21041405.jpg
↑かなり怪しい雲行き!

予定ではこの後、もっと湖のそばに行って散策だったのですが、目的地の駐車場に着くと・・・

土砂降り

予定変更でひと足早く、ディナーをしようと言っていた参加メンバーのA&M宅へ向かうことになった。

ちなみに帰り道・・・

Gi:ペンネどうする?!
私:やめとく!
  この雨じゃ~ねぇ。。。

で、今年もペンネ観光はできずじまい

どうも通り雨だったみたいで、A&M宅に到着すると晴れてきた

毎年Pasquettaの時期はお天気が不安定だよなぁ・・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

疲れた (*x_x)

何気に今週初の投稿だ・・・

と言うのも、先週の土曜に、

G:ちょっと買い物するから車出して~~~!!

で、ショッピングセンターへ。

お目当ては、すっかり古くなって使用が危ぶまれていたアイロン と、ほとんど使ってない(からなのか?!)プリンターの黒インクがないと言う表示でプリントアウトできないので、インク。

そう、何とも所帯じみた買い物

せっかく行ったのでついでにイタリアの携帯がないから欲しかったスマフォもGET↓
1105141.jpg

が・・・

Micro SIM対応につき使えず

相方のスマフォ(サムスン)は普通のSIMでいけるから、すっかり失念してました。

以前一人でComoのVodafoneショップに行って、かなり感じ悪い対応された&Varese郊外のショッピングセンター内のVodafoneはかなり対応がよかったから、行くならVareseだなとまだSIM交換に行ってないです。。。

1105142.jpg
↑ちなみにスイスで買ったから説明書が英・伊・独・仏と4冊も。
でもいつも1つだけ置いといて後は開けることもなくポイっなんだけど(苦笑)。

私個人の買い物をしたのがちょっと気に入らんかったのか、

相:IKEAで本棚買うわ!

と、いきなりそこそこデカい本棚を2つも購入した相方!!

その後家に一旦帰ってから、コモの郊外のいつも行く大型スーパーへ買い出しに

結局この日は買い物だけで終わったのです。

でも大型の本箱運びを手伝わされたりと、結構疲れたので・・・

G:私、明日(日曜)はショーペロやから、よろしく!
※ショーペロ=スト

と言って寝たにも関わらず、翌昼・・・

相:トマト・ソース・パスタにして~~~~~~o(*≧◇≦)o″
  セコンドはレバー~~~~~~~~~~o(*≧◇≦)o″
※もちろん付け合せもってことです。

とゴネ出し、結局、調理→片付けとするはめに。
ちなみに我が家には食洗機ありませ~~~~ん!

さらに!!

相:ちょっと本箱組み立てるから、手伝って~~~~!!!
G:今日はショーペロやって言うたやろっ
相:無理!
  今、組み立てんと、いつすんねん!!

と、全く訳のわからん理由で組み立ての手伝い

もちろん、夜は夜でご飯の準備→片付けと、ショーペロの権利はどこじゃ~~~~って感じでした。

付け加えるならば、大半の事において大々々々々々雑把な相方!
本箱を組み立てるにあたって家中のそこいらが、えっらいことに

さらには、本箱がなかった訳ではなく、あったものが小さいので大きいのに買い替えた。
と言うことは古い本箱は何処に~~~ってことになった。

相:とりあえず!!!
G:あんたのとりあえずはすべて却下!
  どうせまたバルコニーに放置して、ず~~~っと放置やろ?!!

図星だったようで黙る相方。

相:じゃあ!!
G:下の物置はいっぱいやで!
  ちなみにバルコニーの物置もいっぱい!!
相:・・・・
G:どないすんねん?!!
相:じゃあ、キッチンに置こう!!

元々あったのは1つはやや大き目の多目的ラック、もう1つは小さ目のラックでした。
この小さいのをキッチンに置こうと言い出した。
それはそれでキッチンの収納に使えるからいいんだけど、まずキッチンにあるものを片付けんと

結局月曜はキッチン整理&相方にはいらんもの(大型ごみ)を捨てに行かせ、その後掃除

そうやってキッチンの整理を始めたのがネックとなって、今日に至るまでキッチンのそこいらを掃除したり、配置換えしたりと大仕事になった

特に月曜はかなりの働きだったんで、疲れ切って・・・

G:今晩ってピザ(テイクアウト)でいい?!
相:えぇ~~~~!!
  いや~~~~~!!
G:マジ、しんどいねんて!!
  だいたい昨日ショーペロ実行できてないしっ!
相:じゃあ俺がするから、ピザなし~~~!

で、結局ちょっと手伝ってくれたけど、洗い物とかはガッツリ私

いやはや私利に走って買い物なんかに誘うんじゃなかったよと、大反省中でございます

明日の夜はお友達と出かける約束があるので、夕飯の準備と後片付けは免れるかな。。。

しかし!!

いったい私のショーペロはいつ実行か?!!

Processione del Venerdì Santo di Chieti~その3

※『Processione del Venerdì Santo di Chieti~その2』からの続きです。

前半の写真は場所が違うだけで、ほぼその1やその2でご紹介したものです。

18041437.jpg 18041438.jpg

18041439.jpg 18041440.jpg

18041441.jpg 18041442.jpg

18041443.jpg 18041444.jpg

18041445.jpg 18041446.jpg

18041447.jpg 18041448.jpg

18041449.jpg 18041451.jpg

18041450.jpg
↑こちらがその2でご紹介した“Il Cristo morto(イエスの死)”のみやすいバージョン

18041452.jpg
↑フルート隊だけかと思いきや、バイオリン隊もいた!!

18041453.jpg
↑そして合唱隊も!!

これだけの数って本当に圧巻でしたよ!!

どうもこの音楽隊や合唱隊の参加はまだ年数が浅いってRが言ってたような。
そう、Rんところは息子さんがこのパレードに参加しているので、毎年見に来てるみたいです。

18041454.jpg
↑なぜか最後はキエーティの市長さん(爆)。

まぁ、町あげてのお祭りだからね♪

そしてこの後は一同でお食事処(こちら)へとむかった訳です。

あまり知られてないけど、Abruzzoにも色々なイベントがあるんですよ~~~
今後もチャンスがあれば色々なイベントに参加し、レポしていきますね

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Processione del Venerdì Santo di Chieti~その2

※『Processione del Venerdì Santo di Chieti~その1』からの続きです。

18041419.jpg

18041420.jpg
↑これは“La Scala(階段)”のはず。

18041421.jpg

18041422.jpg

18041423.jpg
↑これは“La Croce(十字架)”。
さっきからいくつか十字架が出てますが、ヘビがついてるのでこれがそう。

18041424.jpg
↑中では珍しく、女子ばっかの隊があったのです。

18041425.jpg
↑子供も参加してるっていいなっていつも思う。
こうやって伝統行事に参加しながら、受け継いでいくって大事じゃないですか?!

18041426.jpg

18041427.jpg

18041428.jpg
ミトラからして、この教会の司教さんでしょう。

18041429.jpg
↑これは“Il Cristo morto(イエスの死)”かな。
見えにくいんですけど、イエスの棺なんです。
その3で別のところから撮った写真を紹介しますね。
そっちの方がよくわかると思います。

18041430.jpg
↑と、こっちがその1で書いた“L'Addolorata(嘆きの聖母)”か
こっちの方がそれっぽいですよね(苦笑)。。。

と、これで9つの内、7つはあった。
あと2つは“L'Angelo Alato(翼のある天使)”と“Il Volto Santo(聖顔)”。
“Il Volto Santo”の方はうまく写真が撮れんかったのですが、聖顔布がありました。
でも前者はどれだったんだろう・・・

18041431.jpg
↑ここからは音楽隊!
これだけの数のフルート隊(だけじゃないんだけど)、どっから集めてきたの~~~って思いました(笑)。
圧巻でしたよ!!

ここまで来て一同大移動(笑)!
先にD&G夫妻が地図なんかをGETしてくれてて、次の見晴しのいい場所へ移動となりました。

夜も更けてきて・・・

18041432.jpg

18041433.jpg

18041434.jpg

18041435.jpg

18041436.jpg

石畳の路地を行くパレードはまたまたおつなもの!

※最終その3へ続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Processione del Venerdì Santo di Chieti~その1

いやはや更新が
さらにPescaraから戻ってきてもうどれぐらいたってんねん ってツッコミをうけそうですが、今さらながら先月4月18日にペスカーラ友たちに連れてってもらったProcessione del Venerdì Santo di Chieti(前ふりしてたやつです。前ふりはこちら)について・・・

言い訳しますと、100枚以上写真を撮ってて、それを選別する時間がなかなか取れなかったんです(涙)。
あっ、でも選別した割には60枚近く写真があるので、3回に分けて写真の掲載をしたいと思います。

Processione云々についてはちらっと前ふりのところに書いてるので、そちらをご覧くださいね。

まずパレードの出発は・・・

18041401.jpg
Cattedrale di San Giustino(サン・ジュスティーノ教会)前の広場から。

ちなみにイタリアの町には守護聖人がいるのですが、ここChieti(キエーティ)の守護聖人はこの教会の名前にもなっているSan Giustino↓です。
18041402.jpg

18041403.jpg
↑始まりを待つ間はおしゃべりとおふざけ三昧!

18041404.jpg
↑広場には本当にたくさんの人・ひと・ヒト!
TVでもやってたし、ペスカーラ友いわく、

友:Abruzzoでもここのは有名!

らしい。

さてさて受難パレードの始まり!

18041405.jpg

18041406.jpg

18041407.jpg

このパレードには9つのシンボルがあり、それに従ってパレードが行われるそうです(G談)。
ただ、しゃべったり何やらしてて、すべてのシンボルが写真に撮れてるかって言うと・・・なのでご了承を。

まずは“L'Addolorata(嘆きの聖母)”↓
18041408.jpg

18041409.jpg

18041410.jpg
↑多分これが“Le Lance(槍)”だと思う。

ちなみにちょっとぶれてるけど、この前に移ってる黒ダウンジャケットのおっちゃん、やったら私の目の前にやって来て写真を撮るもんやから、私が写真を撮ろうと思うと必ずこのおっちゃんが入ってイラ~~~~~

18041411.jpg

18041412.jpg

18041413.jpg

18041414.jpg
↑これは“La Colonna(柱?)”
イエスが拷問を受けた際につながれた柱です。
なのでよく見ると前にはむち打ちの鞭があったりする・・・

18041415.jpg

18041416.jpg

18041417.jpg
↑↓この辺りは多分“Il Sasso(墓石)”関連
18041418.jpg

※その2に続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)