Juuuust chillin' out!! 2013年09月

7~9月のお弁当(2013年)

9月も最後!
しかしぱっとしないお天気。。。
どうやら今週はいいお天気は望めないらしい

ネコか ってぐらいにお天気悪いと、特に雨が降ったり、降りそうだったりすると一切外に出る気がしないんだけど。。。

気晴らしにコモにでも行こうかなと思ったりもしてるけど、まだまだ検討中!

さてさて自己記録のために・・・

6月のお弁当(2013年)」以来アップしていなかったお弁当シリーズ

忘れているのではなく、バカンスに出たり、相方が出張だったり、そして家でランチをしたりとあまりお弁当を作るチャンスがなかったこの夏だったので、3か月分まとめてみました。

まぁ今年の夏はある時期からめっちゃめちゃ暑かったから食中毒という観点から見れば結果オーライって気がしますが。。。

7月23日(火)
O130723.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

7月24日(水)
O130724.jpg
カレイのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

8月5日(月)
O130805.jpg
タラとカレイのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

8月7日(水)
O130807.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

8月20日(火)
O130820.jpg
ターキーのハーブ焼き、お豆さん&野菜もろもろとおにぎり。

8月21日(水)
O130821.jpg
コトレッタ&野菜もろもろとおにぎり。

8月22日(木)
O130822.jpg
とんかつ&野菜もろもろとおにぎり。

8月23日(金)
O130823.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

9月19日(木)
O130919.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

9月20日(金)
O130920.jpg
パスタ・アル・フォルノとサラダ。

10月は家ランチではなく、もうちょっとお弁当を持って行ってくれたら助かるんだけど・・・

徒然・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

またまたPepe Nero @ Como

ukoさんイタリア滞在最終日の前夜、Comoで落ち合うことに。

山から家に帰って一旦服を着替え、会うまでにちょっとコモの町をぶら~~~っとしようと思って、早めに家を出た。
またまたこの日も駅のマシンの使い方がよくわからず(今はわかった!)ひとまずキアッソまで定期で向かい、キアッソからはバス移動することに。

今回は以前にコモの駅で買っておいたバスチケがあったからそれを利用!

が。。。

どうもコモのチェントロで事故があり

大渋滞!!


さらにバス利用はこれが2回目。
前回は駅で待ち合わせで運よくその辺りで降りた人がいたのと、バスが駅の構内に入らないルートっぽいのがわかったので下車したけど、今回は駅ではなくチェントロに行きたい!
でもこのバスはチェントロに止まるのか???

近くに男の人がいたので聞いてみたら、あっさりとした感じで・・・

男:湖沿いをちょっと走るから、適当なところで降りたらいいと思う~。
G:Duomo近くって止まるかなぁ?!
男:止まると思うよ~。

ってタッチだったので、まぁ気を張って・・・

ゲームしてた(爆)

そしたらこの人が・・・

男:ここで降りた方がいいよ~~~~!!

って教えてくれた♪

みんなイタリア人は愛想が悪いって言うけど、結構私はいい人にあたる確率が高い気がする。
逆にスイスでは・・・ってのがあるけどね(苦笑)。

大渋滞の末に到着したコモは・・・

180913C1.jpg
↑↓夜の帳が下り始めて、Doumoも夜の色
180913C2.jpg

180913C3.jpg

結局行きたかった本屋さんもすでに閉まってて、本当にブ~ラブラと街歩きするだけになっちゃった・・・

その後Doumo前でukoさんと落ち合い、ピザを食べよう ってとこまでは決まったんだけど、さてどこで??ってことに(笑)。

そう、二人ともあんまコモ知らないんだよね。。。
私もコモにはたまに食べにくるけど、ランチしかやってないところとか、ディナーは郊外の車でしか行けんようなところばっか。

なのでcA_riNoさんたちと少し前に行ったPepe Neroこちら)に行くことに!

cA_riNoさんたちと行ったのは土曜だったからか結構混んでたけど、この日は人もまばら。
でもコモのチェントロの中ではまぁまぁ人が入ってる方かなって気はしたけどね。。。
ほとんどは英語を話す人だったから観光客なんだろうけど。

我々も着席後、英語メニューがきてた(笑)。
cA_riNoさんたちと行った時はTHEイタリア人な顔の人(=幼3)がいたせいか、メニューはイタリア語だったんだけど、THEアジア人な顔の二人だったからか?!

180913C4.jpg
↑私のピザはRegina

180913C5.jpg
↑ukoさんのピアは確かQuattro stagione

Duomoのすぐ裏にあるド・チェントロにしてはまぁまぁ行けてる方だと思う。
ただ個人的な印象としては、イタリア語を話す人(私たち)よりも英語を話す人の方に親切だったような気がせんでもない。
次回、イタリア語がわからんふりして試してみようか(笑)?!

ukoさんと話しはつきないけれど、翌朝の出発が早い&私も電車で帰らんといかんので11時ごろにはお別れ。
また話の続きは日本でってことで・・・

結局ukoさんとは彼女がイタリア滞在中べったりって訳ではなかったけど、最初と最後の方に一緒に過ごせたからよかったかなって思ってる。
また来年待ってるよ~~~



Pepe Nero
住所:Via Boldoni Pietro 26, Como
電話:031 260333
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

夕食前に・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

JOY! @ Como

ukoさんがコモに来ていた時の17日、一緒に夕飯を食べることに

まずComoに行くまでに私はすったもんだ!
駅の自動券売機が新しくなってからどうもうまく欲しいチケットが買えない!!
※昨日バスが遅れて電車に乗り遅れたために駅で時間があまり、思いっきり試してみたらどうやって買うかわかったけど・・・

国境の町Chiassoまでは定期があるのでChiasso~Comoのチケットを買いたかったんだけど・・・
電車まで5分。
後ろには待ってる人がいる
窓口へ行けばいいんだけど、いつもLuganoの窓口って混んでるんよね・・・
きっと5分では無理!
※みんなすご~~~~く先のチケットを買うのに並んでるから。。。
 その日出発用窓口って作ってくれんかな・・・

仕方なく(?)並んでた後ろのおっちゃんに聞くも

お:わからん・・・

で、ひとまずキアッソでなんとかしようとキアッソまで行くことに。
電車の本数は多くない。
ちょうど乗った電車はコモに行く電車・・・
ってことは多分あと1時間キアッソで待つことになる?!

なので初☆バスにてコモ入りすることに!
が・・・

バスのチケットってどこに売ってるの??

バス待ちしていた女の子たちに

G:バスのチケットってどこで買えるの?!
女:こっちで買ったことがないから、
  わからない・・・
G:バスの中でも買える?!
女:割高になるかもしれんけど、多分・・・

が、バスの運転手に聞いてみると・・・

運:通りを渡ったBarで買ってきて。
  バスではチケット買えないから。

が、バスは来てる!

先に聞いた女の子が

女:私、回数券持ってるから1枚売ってあげるよ。

って言ってたので、彼女から買うことにした。

何とかコモに到着!

でも、バスの料金よりも電車の方が安いと思う(苦笑)。
ただし、ルガーノからだとキアッソ発で買ったらだけど。。。

ひとまず無事ukoさんには会え、しばしukoさんが泊まっているR宅でウダウダ・・・

そしてこの晩夕食に向かった先はRが提案した。。。

17091301.jpg
JOY!

ComoにあるVilla Olmoにあるレストランです。

17091302.jpg
↑写真ではうまく撮れんかったけど、☽が綺麗でしたよ。

このバルコニーのすぐ下は砂浜になっていて、ビーチパラソルが備え付けてある。
Rいわく、

R:夏の間はここにきてパラソルの下で日光浴してるの。

らしい。
ちなみにコモの町周辺のコモ湖で泳ぐ地元民はいないらしく、このパラソルのすぐそばにはプールがある。

G:何で泳げんの、ここ?
R:水が汚いから。
  観光客はよく飛び込んでるけど、
  地元民は絶対にそんなことしない!!

らしい。
危うく私も“観光客”になり、飛び込む気満々だったこの夏・・・
飛び込まなくてよかったよ。

ちなみに相方と私が泳ぎに行ったコモの町から離れた町周辺では泳げるそう。

17091303.jpg
↑満面の笑みのukoさん

G:笑って~!

のリクエストにこたえてです。

17091304.jpg
↑ukoさんと私のプリモで魚介のパスタ
ちょっと斬新な登場に二人ともびっくり!!

Rは肉・魚ともに なのでこれはもってのほか・・・
ニョッキを食べてました。

ここで仕事を終えた相方登場!

私てきにはパスタはまぁまぁ・・・って感じだったし、周りはみんなピザを食べていたので相方にはピザを勧めた。

17091305.jpg
↑相方のピザで確か、生ハムのピザ。
一応写真に写らんようによけてるつもり(笑)。

実はこの日のお昼、私と相方は家の近くのレストランで3時近くにランチを済ませたところだった。
なので私はセコンドパス!

ukoさんたちもあまりお腹が減ったなかったみたいで、セコンドはパス。
で・・・

17091306.jpg
↑デザート!
向かって左は私のパンナコッタのチョコソース(写真にはないけど、相方はこのベリーソースにしてた)、右上はukoさんのティラミス、右下はカフェ。

私のパンナコッタはまぁまぁおいしいけど、上の生クリームとのダブルクリームでちょっとヘビーだったかも。。。
上の生クリームはなくてもよかったかなぁ。

さすがVillaの敷地内ってこともあってか、お値段はそこそこ(って言ってもルガーノほどじゃない)。
まぁロケーション代ってことかな。。。


JOY!
住所:Via per Cernobbio 2, Como
電話:+39 031 572132
営業:12:00~14:30/19:00~23:00

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

土曜の夜・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

こちらも!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Pepe Nero @ Como

cA_riNoさんのお母様、お待たせしました!!(っていきなり呼びかけ?!でも私のブログなのでご了承を・・・)

今月初旬にcA_riNoさん、cA_riNoさんダ~リン(相方がラブ~~~な。。。爆)、そしてcA_riNoさんのお友達のMさんがコモにいらっしゃってて、7日の日に一緒に夕食をいただきました。

この日のお食事処はコモのTHEチェントロ(町の中心地)にあるPepe Nero
土曜の夜ってこともあって、出発前から・・・

G:ちょっと、7:15には家出よな!!

って口を酸っぱくして言っているにも関わらず・・・・

寝てる

さらにはギッリギリに起きたにも関わらず・・・

相:あれっ?!
  あれ~~~~っ?!!!
G:何~~~~!!!
相:靴がない!!
G:いっぱいあるやん!
  もう靴なんて適当でいいからはよ、行こ!!
相:あほか~~~~~~
  白い靴じゃないと出かけない!!
G:あるやんか!!
相:これじゃないのっ G:これも白やん!
  そんなん夜やから誰もあんたの靴なんか見てないし、
  はよ、行こ!!
相:あの靴じゃないと行かない!!!

と、ごね始めた

そう、ラブ~~~~~なcA_riNoさんダ~リンに会うのに万全の準備が必要らしい・・・

すったもんだでお約束の20分前に家を出たのですが・・・

まず国境付近で渋滞!

さらには・・・

コモのチェントロに向かって渋滞!!

とどめは・・・

駐車場見つからん!!!

ルガーノじゃないんだから、土曜の夜はそりゃ~人いっぱいやろ・・・
だから7:15に出ようって言ったのに。。。

皆さんの予想を裏切ることもなく、遅刻でレストランに到着。
本当に毎度、毎度すみません

今回はcA_riNoさんと私の予想に反して、相方とダ~リンはモジモジもなく、普通に会話開始(爆)。
前回は少しの間会ってなかったこともあって(今回もちょっとの間会ってないんだけど・・・)、初恋の相手のようにモジモジの二人だったんですが(爆)。。。

07091301.jpg
↑ダ~リン、相方、私の前菜はAffettati(サラミ類の盛り合わせ)

写真にはおさまってませんが、cA_riNoさんたちはムール貝のスープを食べてらっしゃいました。

プリモは飛ばして・・・

07091302.jpg
↑ダ~リンと私はタリアータのルッコラ添え

07091303.jpg
↑相方は同じくタリアータにしたんですが、3種の胡椒添え
これ、相方の予想ではタリアータ(お肉)に胡椒がふってあるだけって思ってたのにソース付きやったんで、ちょっと思ってたのと違ったみたい。

cA_riNoさんたちは「今日のお魚のグリル」を食べてはりました。

07091304.jpg
↑久々の再会に記念撮影

ここで相方の携帯が鳴る
どうも相手は部下のE。
なんと海外出張で飛行場に向かう途中に車がトラブルらしく、HELP~~~~の電話でした。

家では子供、会社では大人の幼3相方!
ここは大人モードで部下を助けに行ったのですが・・・・

相方のいない間に・・・

07091305.jpg
↑↓デザート・タイム
07091306.jpg

が・・・

この後えっらいことになり、cA_riNoさんたちも巻き添えに

しかしいつも優しく対応してくださるcA_riNoさんご夫妻!
大感謝です。
ほんとルガーノに来て嫌なことをが多いけど、cA_riNoさんに会えたのは私の中でかなりの財産です

MさんやcA_riNoさんのお母様、そして私側のお友達など共通の知り合いが増えて、ふと、随分昔からお友達だったのかな~って錯覚しそうになることがある(笑)。
ハチャメチャ夫婦ですが、これからもよろしく~~~~~☆



Pepe Nero
住所:Via Boldoni Pietro 26, Como
電話:031 260333
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

誤解ですよ~~~(>_<)

先週の金曜にお出かけしていて、家に帰って来たところ、マンションの前でマンションをお掃除してくれている顔なじみのRさんと旦那さん(はいつも植木の水やり)に遭遇。

Rさん、少しの間バカンスで里帰りしてらっしゃった&うちもイタリア行ったりしてたりで、少しの間会ってなかったので・・・

G:お帰りなさ~い!
  バカンスはどこに行ってらっしゃったの?
R:国に帰ってたのよ~。
G:うちもイタリアへ帰ったりしてたから、今まで
  お会いしなかったですね。
  お元気ですか?
R:ええ、おかげさまで。

というご挨拶から始まり、しばし雑談。

そんな中・・・

R:あなたは日本から直接スイスに来たの?
  それともイタリアから来たの?
G:結婚式がイタリアだったので、日本から
  イタリアに行って、それからスイスにです。
R:旦那さんとはイタリアで知り合ったの?
G:いえいえ、日本で。元同僚なんですよ。
  結婚してからはもうすぐ3年ですけど、
  主人とはかれこれ13年ほどになるんです。

って言ったこの「13年」に彼女はひっかかってたみたい。

その後も色々と話をしてて、私の年齢を知った途端に急にほっとした顔で・・・

R:いやね、アジアの人って若く見えるでしょ?!
  私、あなたのこと、まだ女の子(多分24~6歳っぽい話しぶり)
  と思ってたから、13年ものつきあいって・・・って
  びっくりしたのよ~~~~!!!


(* ̄m ̄)プッ

多分そこそこお話をせずに、私の年齢を知らずにわかれていたら、きっと相方は、変態と思われてたのかも (* ̄m ̄)プッ

誤解が解けてよかったね、相方!!

ちなみにこの話をこの夜に相方にしたら、爆笑してました。

そう言えばつきあい始めた頃に初めてPescaraに戻った時も5分後にはDから。。。

D:ところで何歳?!

って聞かれた。
年齢を言うと・・・

D:ほっとしたわ~~~!!
  いや~、〇〇(相方)が変態かと思ったのよ~~~!!!

って言う誤解もあったなぁ(爆)。

普段あまりアジア人と接しない人たちはアジア人の年齢がほんとわからないみたいですね。
そう思うとこうやってはっきりと聞かない人の中にはいまだ相方を変態と思ってる人もいるのかしら (* ̄m ̄)プッ

Pescara帰省7日目出発

Pescara帰省6日目ディナー@La Terrazza Verdeからの続きです。

今回はPescara滞在が短く、7日目は出発することに・・・

まず限りなく昼を過ぎた時間にDとGから教えてもらったPescaraチェントロのメガネ屋さんへ行くことに。

実は術後、かなり乱視がきつくなってて、あまりよく見えないのです、私・・・
特に夜になると、メニューなどはほとんど見てません。
焦点が合うのにすご~~~~く時間がかかるのと涙も出てくる

Porlezzaのメガネ屋さんで

メ:眼科に行かんとあかんレベルの乱視やねぇ・・・

って匙を投げられたのです

その話をしてたらD&Gが

D&G:チェントロに本当にいいメガネ屋さんがあるから行ってみたら?!

って教えてくれて行ったんだけど・・・・

担当者はお休み!

さらに予約が金曜までいっぱい!!


で、メガネは作れず

仕方がないので(?!)・・・

03093104.jpg
↑また海

残念ながら私は月のものがきてしまったために・・・

03093101.jpg
↑↓ただ眺めるだけの青い空と海・・・
03093102.jpg

03093103.jpg

結局今年はコルシカの海に始まり(こちら)、ペスカーラの海で終わった夏季遊泳

やっぱいいよなぁ、海!!!

そしてこの後アイスを食べ、ペスカーラを後にするのでした。。。

続きはLuganoに到着した翌日の小話あり・・・

続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pescara帰省6日目ディナー@La Terrazza Verde

Pescara帰省5日目披露宴からの続きです。

今月1日、つまり結婚式の翌日にはいつも通り(!)みんなで普通にビーチへ集合

結構みんな来てて、夕方にはビーチにてM&Mが買い出しに行ってくれたピザなんかをつまみながら、そして披露宴の残りの微発泡酒を飲みながら(笑)、ひたすらしゃべる!!

そして子供なし組の私らカップル、結婚したてのD&Gカップル、独身謳歌のGiとY(カップルではないです)の6人でディナーに出かけることに!

向かった先は2年前にマンマのお誕生日会(こちら)で行ったLa Terrazza Verde

01091301.jpg
↑前菜はお決まりAffettati(サラミ類などをスライスした盛り合わせ)
プラスAbruzzo(アブルッツォ)のチーズものっかってます。

こういうのは大勢で食べるとほんとペロ~~~っと食べ切れる!!
あんまり知られてないけど、Abruzzoの生ハムもかなりおいしいんですよ♪

ここに来るほんとちょっと前にピザを食べていた我々!

ひとまずプリモを3皿頼んで、6人で分けることに決定。

01091302.jpg
↑ラビオリ

01091303.jpg
↑確かアスパラのパスタ

01091304.jpg
↑これはポルチーニだったような

何気にアスパラのパスタが一番おいしかったかなぁ。
あっ、でもどれもおいしかったんですよ☆

ちょっと前にピザを食べたけど・・・

01091305.jpg
↑セコンドは肉類の盛り合わせ!
いやぁ~、みんな食べます!!
ちなみに一番上にはArrosticiniがのっかってます。

大抵町のレストランではArrosticiniを食べない我々なんだけど、オランダ人Y(結構KYだった)が勝手に追加オーダーしてたので今回は珍しく街中でArrositicni。

町のArrosticiniはいけてないことが多いけど、ここのは結構おいしかった!!
KYもたまには役に立つ(爆)。

デザートはそれぞれ頼んだんだけど。。。

01091306.jpg
↑私は新郎Gと同じくアッフォガート!
でもアイスはチョコアイスだったりするのですが・・・

食べて、飲んで(ってワインの写真がなかった・・・)、しゃべりまくって楽しいひと時を過ごしました。
やっぱAbruzzo友はいいね

そしてAbruzzoってご飯もおいしぃ~~~~~!



La Terrazza Verde
住所:Via Tiberi,4, Pescara
電話:+39-085413239
営業:確認要

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pescara帰省5日目披露宴

※Pescara帰省5日目結婚式からの続きです。

お式の後はバンケット会場となるLe Terrazza Roof Gardenへ車移動!
運よく我々は会場近くに駐車場をGET!

31081301.jpg
↑会場はホテルの最上階!

31081302.jpg
↑↓海とビーチが一望できる!!
31081303.jpg

ここはAbruzzo式!
「はい、何時からです!」ってのがない(笑)。
パラパラ~っと集まり初める。
レストラン側もそれは心得ているようで・・・

31081304.jpg
↑食前酒のスタンバイはしてるけど、サーヴする人はまだいない(笑)。

これが新郎・新婦が付く頃にはスタンバイしてるから不思議・・・

31081305.jpg
↑アミューズもボチボチスタンバイ

そんなこんなしてると・・・

31081306.jpg
↑サンセット!

みんなおしゃべりしたり、アミューズを食べたりで口は休むことなく動き続ける(笑)。

31081307.jpg
↑席次を確認して着席

あ~~~っと撮り忘れてるけど、ここから前菜はビュッフェ方式。

31081308.jpg
↑私の取り分。
この手前のモッツァレッラが異常~~~~~にうまくって5つぐらい食べたかったんだけど、ここで飛ばすと後で後悔するのはわかってるのでググっと我慢!!

大阪のおばはんじゃないけど・・・

G:タッパ持ってきてたらよかった~~~~

ぐらいに激ウマだったのです。
後に判明するのですが、それもそのはず!!
新婦の姉婿(サンセット写真の向かって右端)がカゼルタ【カンパーニャ州。水牛製モッツァレッラが超~有名!)から直々に持ってきたらしい!!

やっぱ・・・

タッパ持って来たらよかった~~~~~~!!!

ってのは反則なので言ってるだけですが・・・

31081309.jpg
↑前菜のお供は新郎とよく飲んでる白!
Villa Gemmaです。
そう、かのMasciarelliですよ。

“La Riviera”というニックネームのうちのテーブルは8名。
うち1人以外は超~~~馴染みのAbruzzo友&ukoさん

なので・・・

31081310.jpg
↑みんな遊びに来る来る(笑)!
立ってる人が遊びに来てる人たち。
ちなみに写ってないけど、他にも来てました。
さらにうちの結婚式の写真を撮ってくれてたVとかは・・・

V:そっちのテーブルがよかったわぁ・・・

と、嘆いてました(笑)。

ちょっと小腹がふくれたところで・・・

31081311.jpg
↑余興の練習を始める相方たち

ちなみに出し物はこの数分前に聞いたところでした。
事前に用意・・・はないね(笑)。
そしていまいち要領を得ぬまま・・・

31081312.jpg
↑プリモがサーヴされはじめたので解散(爆)!

で、練習不足のせいか?!?!

31081313.jpg
↑本番は仮面をかぶることに決定(爆)!

この仮面をかぶるんも・・・

R:え~っとハゲで青シャツは・・・
  3人おるから大丈夫!

と、一応本人たちは他から誰かわかってない設定のよう(笑)。
いや、ど~見てもばれてますから、皆さん!

あったまってきたところで・・・

31081314.jpg
↑セコンドのお供のチェラスオーロ・ワイン

と・・・
セコンドの写真を撮ってないことに気付いた、今・・・

そしてその後は・・・

31081315.jpg
↑ケーキ入刀!

31081316.jpg
↑ここで第2の余興、ジとマからのポエムの贈り物

ポエムって言うとロマンチックな感じですが、結構笑いふんだんだったりする。
ちなみにうちの式でもこれ、もらいました♪

31081317.jpg
↑デザート(ドルチェとフルーツ)もビュッフェ形式

さすがに私もukoさんも(ラザニア食べてるし、昼!ちなみに相方は昼抜きらしい)ケーキ類は無理!
で、フルーツを食べてたんですけど、同じテーブルの唯一私が初めて会ったヤ(オランダ人)は思いっきりケーキ類ばっか取ってた!!

ここで欧米人とアジア人の差を知った私でした。。。。

この後はお決まり(!)ダンスタイム(なぜか彼らは’80が好き)となり、帰りも「〇〇時終了!」とかはなく、それぞれが思い思いに帰っていくというのがイタリア式のよう。

我々は結構最後までいたので約3時前おりました。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pescara帰省5日目結婚式

Pescara帰省5日目ランチからの続きです。

今回Pescaraに帰省した最大の目的は地元友のGとDの結婚式に参加するため!

先月31日にA宅でランチを食べ終えてからお化粧したり何やかんやしてると相方が遅刻気味にAの家に迎えにきてくれた。

結婚式は17時開始!

そして会場は・・・

310813M01.jpg
Aurum

Aurumというブランデー・ベールのリキュールご存知ですか?!
そのリキュールを造ってた工場跡を今はコムーネがイベントなどに貸し出しているんです。

実はここ、約3年前に相方と私が結婚式をしようと思った第一候補の会場でした。
バタバタの我々

その頃まだ私は在大阪、相方はもちろん在ルガーノにも関わらず、1か月弱ですべての段取りを、これまた段取り悪々大王の相方が一人で済ませることとなったために、ややこいことを言ったこの会場は我々の会場候補から消え去る・・・というエピソードつきの場所だったために、とっても気になってました(笑)。

結局我々はCittà Sant'AngeloというI borghi più belli d'Italiaにも選ばれている(こちら)で結婚式を済ませたのですが(こちら)。


310813M02.jpg
↑約3年前とは打って変わって余裕と相方とパチリ

310813M03.jpg
ukoさんともパチリ

310813M04.jpg
↑やや緊張気味の主役の一人、新郎G

310813M05.jpg
↑満面の笑みのもう一人の主役、新婦D

すったもんだのつきあい13年目に結婚した我々の上をいく、23年越しの結婚式となった二人なのです!!

310813M06.jpg
↑やっぱイタリアの結婚式は黒が多い
でも夏真っ盛りの結婚式だったせいか、結構色つきの服の人も多かった。
ちょっとしたところがイタリア人っておしゃれなんだな~。

310813M07.jpg
↑式の始まり

310813M08.jpg
↑新婦介添え人Mの娘Vは指輪を持って行く係!
Vは本当にしっかりしていて、いつも笑顔。
この写真も顔を隠すのがもったいないぐらいの素敵な笑顔でしたよ。
大役にも関わらず、緊張する様子もなく、大役をきちんとこなしたVは本当にえらいと思う!!

お式の前後は結構自由(笑)。
そう、イタリアの結婚式って「さぁ、次は〇〇」ってのがうす~~~く決まってるだけで結構アバウトな感じです。

なのでしばしお友達と歓談したり、写真撮影したり。

310813M09.jpg
↑向かって右は相方、左はA、そして真ん中は私のスターL!
いや~Lとは初めてPescaraに来た時に衝撃の出会いで、私の永遠のスターなのです

310813M10.jpg
↑式が終わってほっとしてる新郎Gと、またまたネタを披露してるG

って、そうだ、ペスカーラ友ってGが多いんだった・・・

ネタ披露はGだけではなく・・・

310813M11.jpg
↑女性陣はヴェネツィアで買って来たらしい仮面装着!

場はすっかり和んだところで、ライスシャワーならぬ、シャボン玉シャワー(写真撮れんかった・・)!
これって後処理が楽でいいアイデアだなって思いました。

その後はバンケット先へ移動となるのですが、その前に・・・

310813M12.jpg
↑やっぱおしゃべりタイム!

この間の取り方はイタリア人にしかわからんと言うか、うす~~~いルールがいつまでも理解できない自分がいることに気づく瞬間です(笑)・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pescara帰省5日目ランチ

Pescara帰省4日目お泊りからの続きです。

お泊り2日目のランチはAいわく「Timballo」、私てきには「Lasagna」のレッスン!
以前、自家製パスタのお店を持っていたAはほんと見事に生パスタを打ってしまう!
見てると超~簡単そうだけど、熟練の技を感じる生パスタ。
パスタマシンもないわが家ではきっとやんないだろうなぁ・・・と思いながら見つけていました(笑)。

具はシンプルにひき肉のトマトソース。
シンプルだけど、またまた自分が失敗していたコツなんかを学習!
ほんと教えてもらうって大事~~~~!!!

Aの家は本当ににぎやか!
この日(8月31日)は週末だったこともあってか、

家族勢ぞろい!

北伊では核家族化、お料理のできない女の人がちらほらと増え始めている中、やっぱこういうディープなイタリア家族っていいな~って思う。

お料理上手なAの娘さん(と言っても私よりも年上)はもちろん、その娘さんの子供(Aの孫)のMなんかもお料理が好き&得意な様子。こうやって家庭の味って伝わっていくんだな~ってしみじみ感じました。

310813P1.jpg
↑↓手早くはさみで切り分けるらしい!
310813P2.jpg

310813P3.jpg
↑Aのお孫さんDはパスタがお好み

なので生パスタを打ってる時にD用のパスタも打っていた!!

310813P4.jpg
↑1回目のとりわけ分
※人の家なのにおかわりをした私・・・
だってだって、おいし~んだもの!!!

310813P5.jpg
↑セコンドはサルシッチャ

これもちょっとピリっとしておいしかった!!

と、結構がっつりいただいた私とukoさんは実はこの後・・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

いやはや・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Ristorante Boffalora @ Soazza

ドライブの後、お腹が減ったな~と車をさらに走らせていると・・・

180813C1.jpg
↑滝を発見!

結構滝好きなんです、私♪

で、ふと見ると滝のすぐ横にはレストランが!!
なのでそこに入ることにしました。
まぁ周りには他に食べるところが見当たらなかったし。。。

180813C2.jpg
↑お決まりのAffettati(サラミ類などのスライス)
これ、結構おいしかった。
お決まりなんだけど、お店によっては、「スーパーで買ってきましたか?!」ってのもある。

180813C3.jpg
↑確かこっちが私のピザ

180813C4.jpg
↑そしてこっちが相方のピザ

一見同じものっぽいけど、別ものです(笑)。
私のは何か変わった名前だったような・・・(ちょっと記憶が怪しい)
相方は多分いつものようにプロシュットのピザにしてたと思います。

ピザはまぁまぁのお味。

何よりもびっくりだったのは一見さんの私たちにもオーナーらしき人がご挨拶にいらっしゃったこと!!
もちろんオーナーさんやウエイトレスのおばさん(ご夫婦ではないのか??謎です)は外国人でした(笑)。

ティチーノではこんなこと初めて(誰か馴染みの人と行った時は違うけど)だからちょっとびっくりでした!!
まぁ場所的に町の中心地じゃないし、こうやってお客さんのハートをつかむんやろうなぁ~って思ったけど。。。
素敵なことだと思います☆

180813C5.jpg
↑お店はこんな感じ

お店の名前が「Ristorante Boffalora」って言うんだけど、「Boffalora」ってどういう意味なのかしら???とウエイトレスさんに聞いたけど・・・

ウ:う~んと、確か滝に関係があったように聞いてるけど、
  オーナーに聞いたらよく説明してくれるわよ。

って、その後オーナーと話すチャンスがなかったから結局わからずじまいだったけど・・・

後でググってみたら、この辺りに「Boffalora」って言うバス停もあるからこの地帯はそういう名前なのかな~と思ったり。
あと、川も同名のがあったし。。。

お腹もいっぱいになり、この日のドライブはこれにて終了!



Ristorante Boffalora
住所:6562 Soazza
電話:+41 (0)91 831 16 16
営業:要確認

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

その3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Pescara帰省4日目お泊り

Pescara帰省の4日目は何とお泊り!
それも相方抜きの!!

と言うと、「どこ行ってますねん?!!」って感じですが、なんとukoさんがAbruzzo入りをしていて、彼女の宿泊先へ押しかけたのです(笑)。

彼女は数年前にAbruzzoに語学留学に来ていて、その際にお部屋を借りていたAのお宅に間借りしていた。
その後、だいたい年1ぐらいで渡伊してて、ほぼ毎回(と思う)Abruzzoにも立ち寄っている。
その際はいつもA宅に泊めてもらってるって聞いていた。
そしてAが超~お料理上手ってのも聞いていた!

なので今回はukoさんとのしゃべくり大会とAからお料理習うという名目の元、A宅へ押しかけたのです。
なんとも迷惑な私・・・・

昼前に相方にA宅に送ってもらい、お昼はA十八番のトマトパスタを習う。
シンプルなだけに難しいと言うか、お味に違いが出るというか・・・

Aから伝授してもらったトマト・パスタで自分の間違いを2つ発見!!
やっぱちゃんと習うといいね

もちろん習った後はお昼をいただきました。
やっぱうま~~~~~い!!!!

食後の運動がてら、Aの旦那様Mが大事に育てている畑を拝見!

30081301.jpg
↑とうがらし

30081302.jpg

30081303.jpg
↑いちじく

30081304.jpg
↑パプリカ

30081306.jpg
↑トマト

その他にもほぼ全ての野菜類やらがあり、他にも鶏、アヒル、ウサギなどがいた。
鶏からはタマゴを得たり、ある程度になったら絞めたりするそう。他の家畜も同様。

ほぼ自給自足できる状態。

畑を一通り見た後は・・・

30081305.jpg
↑Aの嫁と孫(案内役)とともに彼らのお宅拝見!

30081307.jpg
↑孫のDは超~かわゆい!!

その後嫁のC宅でちょっとウダウダしゃべってから、またまたA宅へ帰ってukoさんとちょっとおしゃべりしたり、しばらくするとAの別のお孫さんたちが来たりでおしゃべりしたり!

とにかくにぎやかなAの家!
さらにD以外のお孫さんは女の子なのでよくしゃべる!!
いや~、こうやってukoさんのイタリア語は鍛えられたのね?!と思いました。
1年イタリアにいたとは言え、ブランクのあるukoさんの方が数段伊語力があると痛感。
私もこんな環境に半年いればちょっとは鍛えられるかしら?!?!
いや~最近怠けものだから無理だろうなぁ(苦笑)・・・・

その後またまたAに夕食のメニュー、Parmigianaのズッキーニ版(ズッキーニが残ってたので)を習う。
これもチャレンジしたことがあったけど、ちょっとしたところがやっぱ間違ってるんだな~と痛感。

いやはや伊語力もだけど、お料理もここにいればすごくうまくなるかもって思いました。

ukoさん、泊めてくれたA7A&M、そしてAの家族一同に大感謝!!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Pescara帰省3日目夕食

Pescara帰省初日&2日目からの続き・・・

この日も海へ!って燃えてたんだけど、あいにくのお天気

海行きは断念し、ショッピングセンターで持ってくるのを忘れたスカーフなどの買い出し!

その後、ペスカーラ友、G&Dカップルと食事をすることに!
相談の末、向かった先は超~久々のDa Zaff

前回来た時は入れなかったのでほんと久々のリベンジ!
実はここで初めてArrosticiniを食べてから、羊肉が食べれるようになったりした思い出のお店でもある!!

「さぁ~Arrositicini食べるぞ~!」と言っても・・・

まずは前菜からがAbruzzo流!!

29081302.jpg
↑ブルスケッタ・ミスト
サルシッチャ(ソーセージ)、ペペローニ(パプリカ)、ポモドーリ(トマト)のお味。

実はが続くけど、実はソーセージも嫌いで食べなかった私。。。
でもAbruzzoに来てからは食べれるようになった。
あっ、でもこのお店で食べれるようになったんではないですけど・・・

29081301.jpg
↑Abruzzoの生ハムとチーズ

生ハムと言えば、パルマやサン・ダニエーレが有名ですが、Abruzzoの生ハムもかなりうまいですよ♪
チーズはペコリーノ!

29081303.jpg
↑トリッパ

随分前に・・・

G:女子はトリッパ食べないよ、イタリア・・
私:あっ、私は食べる~!
  日本は女子も食べるよ~~!!

って話してたんで、Gがオーダーしてくれた。
臭味などまったくなく超~おいしかった!!
でもやっぱ女子のDは手を出さず(笑)。

食感がイヤらしい。。。

そして!!

29081304.jpg
↑↓Arrosticini
29081305.jpg

Arrosticiniをオーダーする際は

まずは30本で!

ぐらいがAbruzzo流らしい(笑)。

ず~~~っと昔に相方が付き合ってた彼女(ボローニャ出身)は

元:私は2本で・・・

で、みんなから責められたらしい(爆)。

えっ?!私?!

ここのは大き目なので、8本いただきました。
ちなみに相方どのは10本以上で一番よく食べてた(笑)。
だって我々、早々食べれないから・・・

ここで終わり・・・のはずが、お隣のテーブルに持って行くレモンのソルベを見たら食べたくなったので私も・・・・

29081306.jpg
↑まさにレモンのソルベ!

大満足でその後アイスを食べにレストランを後にした我々でした。


Da Zaff
住所:Via Chieti 2, San Giovanni Teatino (CH)
電話:085.4469079

その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Pescara帰省初日&2日目

ボチボチペスカーラ記を・・・

まず帰省初日となる先月27日の火曜・・・
もちろん出発は恒例!!

Batman_Robin.jpg
↑バットマン・タイム!

いや~これ以外で帰省したことあったっけ???
ってか、これ以外で外出したことあったっけ????

もとい・・・
しかし予想外にも渋滞などに巻き込まれることなく(!!)、途中アウトグリルでパニーノを頬張ったにも関わらず(!!!)・・

11時過ぎには到着!

ただし見積もり甘々の相方どの!!

マンマには9時過ぎに

到着するって言ってた!


それは過去においてもないやろ・・・
もっとないのは何年マンマしてんねん ってつっこみたくなるマンマ!

信じてた~!

いやはや・・・

しかし道中、あっ、さっきまで集中豪雨だった?!って感じの道ばっか。
ちなみに我々は一切雨にもあわずでしたが・・・

この日はまさに移動&寝るだけでした。

明けて翌日!
も~絶対に海~~~~~ って思ってたので海へ↓
28081301.jpg

ただし、出発もプチ・バットマン・タイムなら、お天気も曇りがちで・・・

28081302.jpg
↑パラソル閉まりまくり!

ガラ~~~~~ンとしてたけど、ドイツ人になった気持ちで(だいたいちょっと寒くなると泳いでるのはドイツ人だけなPescara)!!

遊泳~

でもやっぱ寒かった・・・
けどこの日はペスカーラ滞在中で一番水がきれいだったかも。

寒くてもなんでもやっぱ海はいいぃぃぃ~~~~~!!!!

何事においてもバットマン・タイム全開のPescara滞在始まります!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

その1とその4

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Ristorante Bellavista @ Anzonico

8月15日のお出かけの帰りに立ち寄ったレストランはAnzonicoというところにあるRistorante Bellavista

そう、またまたこの本↓で見つけたのです。
Osterie d'Italia 2011. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

すぐそこかな~って思ったら・・・

山の中腹だった!

一旦別の山からおりたところだったんだけど(苦笑)・・・

150813C1.jpg
↑外観はこんな感じ

入ってしばらくすると、お店の人に・・・

店:Avete fatto la riservazione?

って聞かれて私は一瞬・・・

???

そうだ、そうだ!!
普段使わないからすっかり失念してたけど・・・

ティチーノ語だ!

イタリアでは、「Avete fatto la prenotazione?」なんだけど、こっちは予約は「riservazione」というイタリアでは使わない単語を使うから一瞬ピンとこなかったよ

さらに道中、「Riserva Naturale(環境保護地区)」の話をしてたから、RiservaとRiservazioneがこんがらがっちゃったよ(苦笑)・・

お客さんはさほどいなかったけど、予約なしだとテラス席には座れんらしい。
テラス席からの眺めはいいので、そっちがよかったけど、なんせこの辺り、他にレストランがあるのかどうかも???なのでひとまず着席することに。

メニューはなく、口頭でメニューを聞く。

って言っても、種類もなく、要はポレンタか、それが嫌ならサラミ類とチーズっていうチョイスのよう。

前菜はサラミとチーズの盛り合わせか、お店オリジナルのもの(名前忘れた・・・だって名前も勝手につくりはった名前やから・・・)だけらしく、オリジナルのを試してみることに!

150813C2.jpg
↑これがオリジナル。
どうやらソンドリオで食べたシャットっぽい。

G:シャットのそば粉バージョンじゃない?!

って相方に話してたら・・・

店:違います!

と、ちょっとお叱りを受けた(爆)。

でも相方も小声で・・・

相:シャットのそば粉バージョンやな!!

と、同意してたけど(笑)。

名前もシャットっぽかったから覚えてない。。

150813C3.jpg
↑ポレンタとお肉
きのこソースの下に焼きポレンタが隠れてます。

何気にこっちで焼きポレンタは初かも。
量はあくまでもお上品な量です。

せっかくなのでお食事のお供に、ハウスワイン(ティチーノメルロー)をハーフ・カラフェでいただいたのですが。。。。

なんと20フラン!!

※2,000円強。

イタリアでハーフのハウスワインが16ユーロってほぼないよねぇ

ちなみにこの時点では口頭なのでお値段は知らない状況だったのですが・・・

150813C4.jpg
↑デザートのロールケーキ

すべてお味はよく、おいしかったけど、チョイスのなさと最後のお値段に閉口かなぁ・・・
やっぱスイスなのよねぇ。。。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

こちらも何気に・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

帰宅!

昨晩、いえ正確には本日のAM3時過ぎに帰宅しました!

イタリアからなんで時差はないけど、この時間に到着→昼前まで就寝でちょっと時差ボケチックな感じ(苦笑)。。。

やっぱ海はいい
もう9月だし、多分こっちではもう泳がないだろうから、今年はアジャクシオの海で初泳ぎし、ペスカーラの海で泳ぎおさめと海での遊泳が多かったかなぁ。嬉しい限り!!

こっちにいるとあんま感じないけど、イタリアで思ったことはやっぱもうちょっとちゃんとイタリア語を勉強せんといかんなぁ~ってこと!
ちょっと家がえっらいことになってるけど、少し落ち着いてきたらボチボチとまたイタリア語を勉強せねばなと痛感しております。

色々と楽しかったAbruzzo記、こちらもまたボチボチとアップしていきますね♪
お楽しみに~~~~~!!

Cantina Follie @ Tremezzo

ひつこくコモ湖うろうろ・・・』の後、ちょっと小腹がすいたので(午後6時過ぎ)・・・

G:お茶でもする?
相:お茶って気分じゃないんよね。
G:私はご飯って気分じゃないけど。
相:はっ?!
  俺だって全然ご飯の気分じゃないし!!
G:アペリティーヴォでもする?!
相:それを思っててん!

だったら最初っからそう言え ってツッコミは今回省略しておいた。。。

向かった先は散策中に目をつけていたCantina Follie

湖畔沿いの道路沿いのレストラン群から1本湖とは反対側に入った道にあります(実際は階段上ってかないといけないけど)。

超~画像が荒いけど・・・
240813C1.jpg
↑テラス席の屋根にはブドウがなっていた

ちょっと1杯のつもりが・・・

240813C2.jpg
↑私のテイスティング3グラスセット
向かって左から、Brut Selezione 2004 Villa Franciacorta、Selezione PlozzaVenusto Merlot

240813C3.jpg
↑相方のテイスティング3グラスセット
向かって左から、Es Rosato、Selezione PlozzaNo Name

私はやっぱFranciacortaが一番おいしかったかなぁ・・・

240813C4.jpg
↑ランチョン・マットがかわいくって持って帰ろうと思って忘れて帰った(苦笑)。

ワインのお供は・・・

240813C5.jpg
↑ハム・サラミ類の盛り合わせ
これがかなりのボリュームでその後夕食を食べることもなく・・・になる

ミラノのサラミ、パルマの24か月熟成生ハム、ヴァルテッリーナのブレザオラ、ラルド、コッパ(はどこのやったかなぁ。。)、スペックなどです。

240813C6.jpg
↑ヴァルテッリーナのチーズ盛り合わせ
写真向かって左奥から、Casera DOPの熟成期間短いもの、隠れてるけど隣がSan Tumas(山羊乳)、手前向かって左から、(多分)ScimudinCasera DOPの熟成したもの(熟成期間は不明)、Bitto DOP

やっぱ断然Bittoが一番おいしかった!!
San Tumasは山羊乳なんだけど、あんま山羊乳っぽくなくって山羊乳苦手な人にはいいかも。

お腹いっぱい・・・だけどやっぱDolce(デザート)は別腹!

240813C7.jpg
↑相方のドルチェでBisciola
ヴァルテッリーナのお菓子らしい。
パネットーネをちょっと柔らかいカントゥチーニにしたような感じ(ってどんな感じ?!)。
結構がっつり系!

私はあっさりと・・・
240813C8.jpg
↑ブルーベリー入りアイス
でも来た時からアイスが半分解けてたの・・・ちょっとがっかり。。。

こちらのお店、どうもroutardに載ってるみたいで、やたらフランス人の人が多かった!

ちなみにお店の人はちょっと間違えたりしてるけど、仏・英・伊語(←これだけは間違えず)ができるみたい。
そう言えばイギリス英語とアメリカ英語も別のテーブルから聞こえてきてたなぁ・・・



Cantina Follie
住所:Via A. Volta, 14/16, Tremezzo (CO)
電話:+39 0344 42311
営業:11:00~23:00
定休:火曜

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

その後・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)