スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月に読んだ本(2013年)

スイス中部のルツェルン州にある小さな村、メンツァウの木材加工工場で銃乱射事件があったみたいで、イタリアのニュースでもやってた。びっくりって言うか、ここスイスもアメリカみたく結構銃社会だからなぁ・・・って思いました。

今日は朝から所用で相方と車で移動。
普段はスイスのラジオはまったく聞かないのですが、珍しく車中でスイスのラジオを聞いているとやはりこの話をしてました。
そこでも言ってましたが、やはり銃所有率の高いスイスでは、こうやって外向きに銃を使った事件も起こりうるであろうとのこと。と言うのもスイスって銃による自殺率がかなり上位にランキングしてるんです。自殺も含めての銃による死亡者の数はかなりなものではないでしょうか。

銃規制のある日本で育った私とこれまた銃規制のあるイタリアで育った相方にしてみれば、銃規制ってやっぱ必要なんじゃないの???って思っちゃうけど。。。

さてさて・・・
もう今日は本を読まないと思うので、今月読んだ本について。
今月読んだ本はこちら↓
ハプスブルク帝国 (河出文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫) 予知夢 (文春文庫)

Ballate

あらすじと感想は続きに・・・

続きを読む
スポンサーサイト

のんちゃんのり弁

最近雪が降ったりって日が続いてて家にこもりっきりだったけど、今日は超~いい天気
用があってチェントロ(中心地)に行ったら途中で元先生のL(こっちでイタリアを習ってた先生)に偶然会った。

L:時間あるなら、ちょっとお茶でもしよ~!

ってことでお茶ならぬエスプレッソをしながらしばしおしゃべり。
やっぱ先生だったってこともあってLが話すイタリア語は相方のと同様、よ~わかる(笑)。
しかしもっと色んな人と話さんといかんなぁ・・・・
またみんなで集まろうってことで別れた。
エスプレッソおごってもらっちゃった~♪
ありがとね、L

さてさて・・・
去年(こちら)同様、先週の木曜、在スイス日本大使館主催の日本映画上映会に行って参りました。

今年の映画はタイトルにありますように『のんちゃんのり弁』↓
CG2013.jpg
※写真は大使館からのお知らせの画像を拝借。

ぶっちゃけこの映画の存在知りませんでした
いつも不思議なんだけど、どうやって上映の映画をチョイスしてるんだろう

あらすじは、永井小巻(小西真奈美)は31歳の専業主婦。
自称小説家の年下ダメダメ夫に嫌気がさした小巻は離婚届を残して娘ののんちゃんを連れて実家へ帰る。
自立すべく仕事探しを始める小巻。
小巻はず~~~~っと専業主婦だったし、キャリアも資格も特別なスキルもない。
更には面接先で1日4時間のみの労働を申し出る世間知らずな一面も。
そんな小巻の仕事探しは難航。

ないないづくしの小巻だが、お料理の才能はあった。
娘ののんちゃんは小巻が作るのり弁が大好き。
新しく通い出した幼稚園でものんちゃんが持ってくるのり弁がちょっとしたブームになったりする。

そんな折、初恋の同級生の建夫と再会した小巻。
お互い魅かれ始めた二人は行動を共にする機会が増える。
ある日建夫の得意先回りのととやで小巻はととや主人のお料理のおいしさに感動し、弟子入りを申し出る。
一旦は断られるが、小巻の情熱に負けてととやでバイトを始める小巻。
そんな中、得意のお弁当を生かして、お弁当屋さんをはじめようと決心する小巻。
最終的にはお弁当屋を始めることになり、念願の自立を実現していく。

ハハハ、今回はしっかと書きましたよ、あらすじ!
そして感想。
まず、毎回思うのですが・・・・

相方リアクションしすぎ

毎回思うけど、スイス人って映画観てる時、超~~~~ノー・リアクションおとなしい。
そんな中、「お前の家かっ 」ってつっこみたくなるぐらいに。。。

相:ワッハッハハ~~~~~~!!!

相:えぇぇぇ~~~~~~!!!

相:うわぁ~~~~~~!!!

とか、反応しすぎ!!
まぁ、毎回のことなので慣れてきましたけど・・・・

邦題の『のんちゃんのり弁』ってどう訳すんかな って思ってたら、伊題は“Cestino del pranzo – La ricetta della fortuna”になってました。
副題(直訳すると『幸運のレシピ』かなぁ、それとも『成功のレシピ』の方がいのかなぁ。。。)が「ほ~、そうきましたか?!」って感じ。

軽快な感じでお話は進んでいき、おもしろかったです。
ただ、身につまされることが1つ。
最終的に小巻は『お弁当屋さんになる』という目的を持ち、達成していく。
その前の過程では小巻はあらすじに書いたように「キャリア・資格・特別なスキルなし」。
自分のことと照らし合わせてしまいました(苦笑)。
う~~~ん、私は小巻よりも年が随分上だ。
自立と言うか、仕事をはじめたいって思った時に、どうやってこの3なしを克服できるんかな~と考えさせられました。
さらにここLuganoでの自分はこの3なしプラス、語学力なしもついてくるしなぁ

もとい・・・
それにしても小巻の幼馴染の麗華(山口紗弥加)、のんちゃんが通う幼稚園の先生なんだけど、THEお水てき服装(苦笑)。こんな幼稚園の先生が実際いたら、保護者から即クレームだろうな。。。と思ったり。
日本のことを知らない外国人が見たら「へぇ~、日本の幼稚園の先生ってこんな服装なんや。」って思ったりせんやろか?!!ちょっと心配になった(苦笑)。

静か~~~~~にご覧になっていたスイスの方々だが、2か所だけは「くすくすっ!」(小3はもちろん「わっはっは~~~!!」)となったシーンが。

1つは小巻の母が住む町は下町。
小巻が出戻った初日に下町ならではの「人への干渉」の具合にくすくすっときてはった。

もう1つは小巻が作るある日のお弁当は『イタリア弁』。
緑、黄色、赤の3色弁当だったのですが、注釈で「イタリアの国旗には黄色はありません」って出た時。
それは「えっ?!そこがくすくすポイント?!」って思ったけど・・・

今年ももちろん中座があり、まだまだこの中座に慣れない私はちとシラ~~~っときましたが、映画自体は楽しかったです。来年は何やるんだろう・・・・


去年は映画の後に軽食が出た。
今年も出るか?!と期待して(!)、スーブを作り、パンを焼いた(って言ってもホームベーカリーがすべてやってくれるのだが・・・)だけだったのに、今年はなかった

映画が終わったのが10時過ぎ。

相:あ~~お腹減った~~~~!!
G:実はさぁ、スープしかないんよ
相:
  なんでやねん
G:だってさぁ、今年も軽食が出るって思ったから・・・
  ごめ~~~ん
相:ピザでも買って帰るか・・・
G:やった~~~~!

となったのですが、家の近くに帰ってきたのが10時半過ぎ。
そう、Luganoでこの時間は限りなく微妙なのです!!
家の近くのRistorante Pizzeria da Francoを覗いて見ると、

相:あっ、スタッフが賄い食べてる・・・
  もうあかんなぁ・・・
G:でも看板はOPENになってんで!
相:あかんって・・・
  だって賄い中やもん・・・
G:聞いてみようさ。
  ダメやったらダメって言いはるし!
相:あかんって・・・

で、面倒なんでドアを開けて入って行った(笑)。
こういうところ、相方はやっぱ小3で勇気がわかない・・・

聞いてみると

店:ピザできますよ~。
  何ならここで食べてってもらってもいいですよ!

と、快諾!
ピザが焼けるまで待っている間お話をしているとやっぱり(!)お店の人はプーリアとシチリア出身の人たち。
やっぱいい、南伊!!!
さらにプーリアの話で結構盛り上がり、アッと言う間にピザができてきました。
お値段もイタリア値段だし、お味もそこそこなのでこれからピザはここだなと思いました。


Ristorante Pizzeria da Franco
住所:Via del Tiglio 13a, Lugano
電話:091 971 02 05
営業:11:00~15:00/18:00~25:00
   無休

日本からのお持ち帰り~その4

今日はグラン・プレミオ・ディ・ルガーノだったみたいなんだけど、朝から雪
朝は結構吹雪いてて、アッと言う間にちょっとだけ積もってた。
なので自転車のロードレスであるグラン・プレミオは中止だったみたい。
雪なんで外には出てないけど、これをやってる時ってうちの近くを通るから、人の声援が朝から響いてるんだけどそれがなかったってことはロードレースがなかったってことなんだなって思ってるんですけど・・・
まぁ元々見に行くつもりはなかったんでわが家的にはあまり関係ないんだけど。。。

そんなわが家はやっとこさ(!!)相方が重~~~~~~~~~~~~い腰を上げてちょっと家のお手伝い ほんと家の事はまったく何もしないんだけど、相方のものを勝手に触るとすご~~~~く怒る
しかし元々お片付けをするタイプではないので、家の中はもう限界なぐらいに相方の品が散乱
一度に全てっと言うとやらないのでまずは玄関から・・・と玄関に置いているコートラックに限りなく吊るされているコート(いつも着用するのは決まって1つ)の整理から。
まぁ玄関だけでもちょっとすっきりしたら今日はいいよ・・・って思ってたのに、相方に火がついた
なんと・・・

いらない服の整理を始めた!

お蔭で廊下にある備え付けのタンスがかなりすっきりし、さらに私がやっていなかった相方の衣替え(夏→冬物)の半分(言い訳・・・日本に帰る前はまだ夏服だったのです。。。)も終え、もしかするともうすぐ冬が終わるか?!って感じですが(苦笑)、やっとこさ相方の衣替え終了!
いや~小3もやればできるじゃないですかっ!!非常に助かった。
また頃合いを1見計らって他の相方の散らかし品を片付けてもらおう!

さてさて日曜恒例(?!)の日本からのお持ち帰り品のご紹介(も~やめて~~~って声が聞こえそうですが・・・)。
まずはこちら↓
2012GO07.jpg

すみません、2つパックだったんですけどすでに1瓶使い切ってます

久々の日本ってことで、そして日本食ショップがないLugano在ということもあって定番のお味噌やら蕎麦やらわが家の必需品おたふくソースやら(もちろん1リットル)、そしてお好み焼き粉(もうない)、たこ焼き粉などもしっかり購入。
そんな中、妹と一緒にスーパーに行った際に。。

妹:お弁当してるんやろ?!
G:してる。
妹:これええで。
  〇〇(甥1の名前)一押しやねん。
  鮭フレークって色々出てるけど、これが一番ええって
  〇〇が言うてたから、一回買ってみたら?!

と、勧められて購入。
これが大ヒット!
あんなに「ゆかり」教であった相方が、あっさりと

相:これは毎日でもいい!

と、鞍替えしてしまった(爆)。

G:そんなにうまいんかいなぁ・・・

と、相方のお弁当を作る際にちょっと大目にご飯を炊いて自分の分も作ってみて納得!
保存がきくもののわりにはしっかりと鮭の味がするし、しっとりとしている。
もちろん普通に鮭を買って身をほぐせばいいだけの話なんだけど、朝は忙しいので(!)これまた便利な品でございます。
妹、そして甥1ありがとう


お次はこちら↓
Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.2 美脚&ヒップ

すっかり中年の域でございます、私。
こちらに来てからまったくジムにも行ってないし、運動らしい運動はしていない。
さらに術後、運動は控えてくださいってことで輪をかけて何もしなくなった私の体型はまさに。。。

おばさん!

体型は日本人らしく跳び箱下半身デブ型。
新聞の広告でこれを見た時によし!とばかり勢いで購入したもの、まだ開始してなかったりします

いやはや本を買うだけでは改善されないので、3月になったら(なぜ?!)始めようかと目論み中・・・

ちなみにターザンのこの30日シリーズにはこんなんもありました↓
Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.1 くびれ&バスト Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.3 下腹&骨盤 (マガジンハウスムック)

はてさて、春が来るころにはちょっとは脱おばさん体型となっているでしょうか。。。。

テレビ三昧

プチご無沙汰しております。

まず、元気です(笑)。病気でブログをプチご無沙汰にしていた訳ではなく、ちょっと色々とやることがあったり、タイトルにあるようにテレビ三昧だったり
元来TVっこだったりするので、見だすとついつい・・・・

まず先週の12日~16日にかけて見ていたのが、サンレモ音楽祭
Sanremo2013.jpg
※写真はRAIより拝借

この写真にあるように今年の大賞はMarco Mengoniが選ばれました。
ファイナリストの3人の中にはModàも入ってて、Modàが取るやろうな~って思ってたんだけど私の予想は見事外れました(笑)。

今年の司会はFabio FazioとLuciana Littizzettoってこともあってか、かなりリベラルな感じでした。
ゲイのカップルが出てきて歌ったり、赤軍合唱団が出てきたりと、楽しく拝見いたしました。

毎回ゲストが出てくるんですけど、Toto(1980年大賞)が出てきたり、なんと(!)Roberto Baggioが出て来たり!!
さらにはビデオ出演ではありましたが、アウンサンスーチーさんまでも!!
初めて5日間通しで見たけど、面白かったです。
これでModàが大賞やったらもっとよかったかなぁ・・・ってのは個人的感想ですけど(笑)。

サンレモが終わって一息ついた後はVolare - La grande storia di Domenico Modugno
Volare2013.jpg
※写真はRAIより拝借

どなたはん って思ってはる方も、少し前にジプシーキングがカバーして日本のビールのCMで使われたボ~:ラ~レェ~~~!って歌は知ってはると思うのですが・・・
その唄を歌ってた人でこれまたサンレモ音楽祭で4度(1958年、1959年、1962年、1966年)大賞をしています。
ご本人自身はすでに他界されているので、役者さんがVolare(オリジナルのタイトルは“Nel blu dipinto di blu”)を世に出すまでのサクセスストーリー。
放送は18日と19日の2日でした。
相方どの、18日は丁度締切の日でかなり遅れてるのに私がTV見出したら座って見出したので、可哀そうだけど追い出しました(笑)。ちなみに2日目の19日は見てましたけど。

知らなかったんですけど、ModugnoってPolignano a Mare生まれなんですね。
TVのシーンの中で、

G:あれ?!これってばどっかで見たぞ~~~!

って思ってググったら以前に相方と行った(こちら)Polignano a Mareでした。
まさに9番目の写真の場所が映って、かなり感動~~~~~(笑)!!

ModugnoはPolignano a Mare生まれってことでプ-リア人なんだけど、役者さんはシチリアの人が演じていた。
プーリアとシチリアの方言の違いはまだよくわかってないんだけど、お友達の1人がナポリの人でナポリ弁を話してるんだけど、「うまいな~~~」って思ったらやっぱナポリの人やった(爆)。

内容は結構面白かったし、超~楽しめた。
更に個人的に楽しめたポイントが2つ(Polignano a Mareが映ったことを除いて)。

①南伊アクセントのイタリア語がいっぱい聞けた
②プーリア方言がアブルッツォ方言に似てた


まず①について。
自慢ではないのですが、結構耳がいいんです、私。
そんな私にとって言語はある種音楽のようでもあります。
と言うことで、耳に心地いい調子、ちょっと苦手な感じの調子ってのが言語にもある。
やっぱ南伊のアクセントが心地よかったりする(個人的意見です)。
それを満喫できて嬉しかった

そして②。
Modugnoって最初のころ、プーリアの方言で歌っていたようで、歌詞がプーリア方言。
それがアブ弁によく似ていて、最初「わかるかなぁ・・」って字幕付き(こちらも方言のままでしたが)で見てたんですけど、90%以上わかった(爆)。
基本、家ではスタンダードなイタリア語で話してるんですけど、面白がってたま~~~~に相方がアブ弁で話しかけてきたりするので少しアブ弁がわかるようになってきています(話せないけど)。
まさかのプーリア弁がわかる自分がおかしくって、これまた楽しめました(爆)。

しかしModugno見てると、誰か(家にいるもう1人の人)と行動がダブルんだけど。。。。

最後はサッカーの試合↓
MvsB21022013.jpg
※写真はLa Repubblicaより拝借

夕飯の支度をしてる時ってラジオを聞いてるんです。
通常RTLを聞いてるんですけど、オンエアー中に

ラ:今日はミランとバルセロナの試合があります。
※20日の話です。

って言ってて、慌てて(!)相方にSMS
そして慌てて(!!)帰って来た相方とTVにくぎ付け。。。

試合はミランのホーム・グラウンドであるサン・シーロでした。
いや~行きたかったなぁ・・・・
試合前ラジオではバルセロナが勝つやろうって予想してたけど、蓋を開けてみると

2-0でミラン勝利

やった~~~~って思ったけど、すっかりミランのメンバーも様変わりしてしまってて、ちょっと複雑な気持ちでもあった。。。

ちなみにこれを書いてる今もRAI3でゴーストライターを見ながら書いてます(笑)。。。
いやはやTVばっか見てんとちょっとは外出せんとなぁ

思いがけずにVarese

何度も書いているかもですが、スイスは多くのマンションで洗濯ルームがあり、だいたい週に1度の洗濯日が割り当てられています。わが家の割り当て日は最悪の日曜の午前中
先々週の日曜の朝(かな、この前の日曜でないもう1週前の日曜)、さて洗濯・・・・ と洗濯物入れを動かしたところ・・・・
※ちなみにわが家はこんな感じのを使っています↓
GRUNDTAL.jpg
※画像はIKEAイタリアより拝借

バラバラに分離~

少し前からちょっとおかしな感じやな・・とは思ってたけど、ほんと骨組みがバッラバラになりました。
その日は仕方がないので洗濯カゴに小分けして地下の洗濯ルームへ運んだものの、超~不便!!!

まず私、手術後にあまり重い荷物を持ち運ばないようにって言われてて、もう3か月たってるからええやろ~とちょっと運んだりするとやっぱ術後が痛いのです

洗濯物と言えども1週間分となると結構重いです、はい。。。
なので相方に即!

G:新しいのを買って!!

とおねだりしてました。
そして上のをイタリアのIKEAのサイトで見つけて、若干形はニューモデルになっているものの、あらましは一緒だしこれ!と心に決めていた。
先週の金曜に出張から相方が戻って来てたので、早速先週の土曜にIKEAで購入と思ったのですが・・・・

向かった先はスイスのIKEA

まぁIKEAやし、スイスもイタリアと同じもん置いてるやろう。。。と甘く見てたのが大間違い!

ない!

まずコマ付き(これが重要!)がない!
1つあったけど、到底2人分の洗濯物1週間分が入るとは思えん大きさ。
スイスって洗濯機がない家が多いんやから、その小ささは売れんやろ。。。って感じの大きさ(苦笑)。

IKEA・・・・
Luganoからだとイタリアで一番近いIKEAはミラノ付近になっちゃうのです。
そしてスイスのはLugano郊外にある。
きっとイタリアのIKEAがコモかヴァレーゼの郊外にあれば絶対にそっちに行ったんだろうけど、ミラノ郊外となるとちょっと遠いのでLugano郊外に行くことにした相方。。。
結局買わずに帰って来たというか、出発がまたまた相方得意のバットマン・タイムだったので、

Batman_Robin.jpg

これまた切れてたオリーブオイルを買いにスーパーへ、が・・・・

閉店時間!

ちなみに土曜の午後5時の話です、はい。。。

結局絶対に入り用だった洗濯カートもオリーブオイルも買えなかった我々はドヨ~~~~~ン

この週末は相方の大事な締切があったので、スイスで買い物を済ませる・・ってことだったんだけど、

相:俺はVareseに行く!

と、急にVareseへむかいだした
実に嬉しい!

到着すると何やらお祭りの後・・・って感じのVarese。
後で調べたら、どうもこれ↓があったみたい。
CaVarese2013.png
※公式サイトはこちら

そう言えば去年もやってたのを見逃した(こちら)。

って、ポスター変わらんなぁ(笑)。。。

まずは二人とも大好きな本屋へGo
いつものごとく、ここで時間をかなり費やす(苦笑)。

その後、相方が出張のためにお祝いしてなかったヴァレンタイン・デーをちょっとだけチョコでお祝いするべく、我々の好きなBousiへGo
ここ、ちょっとお高めだけど、やっぱおいしい!!

0602201301.jpg
↑もちろんBousinoをオーダー。
ここのオリジナルです。

そして目を離したすきにショーケース前をウロウロし始めた小3バットマン!

0602201302.jpg
↑相方が戻って来たとともにやってきた(笑)。
どれもとってもおいしくって買うべきものを買えなかったブルーな気持ちもふっとびました
Luganoだと、このふっとんだブルーさがお支払いの際にまた戻ってくるのですが、そこはイタリア!
ちょっとお高めのお店と言えども納得の行くお値段で幸せは続く(爆)。
スイスもこれぐらいのお値段だと「ちょっと甘いもん・・」って思った時に甘い物が買える&食べれるんだけどなぁ・・・
ちなみに上のドリンクとお菓子の合計金額はほぼLuganoの駅でエスプレッソを2つ頼んだ金額と同じです(苦笑)。

せっかくVareseに来たからせめてオリーブオイルだけでも買って帰ろうとスーパーへ。
この週の洗濯は相方HELPということで洗濯カート購入はしばし見送り。

Vareseってコンパクトに大手の衣類チェーンとかが集まってるから買い物もし易いし、好きな本屋さんも数軒あるから結構好きなんだけど、Luganoだと車なしでは行くのが結構大変。
電車が通るって噂だけど、早く通って欲しいなぁ・・・・

日本からのお持ち帰り~その3

金曜からブログがアップできてませんが、病気ではないです
とにかくこちらに戻って来てから体調不良が続いていて、家はほんまにえっらいことです
さらに金曜はわが家の永遠の小3が8時前に戻ってきて(もちろん連絡なし)

相:ご~は~ん~~~~~!!

いつも思うけど、なんで事前に携帯で連絡するとか 、せめてSMSを送るとか 、できんのやろか
飯屋じゃないんやから、急に帰ってきてもご飯はないです!
いつもプチもめすることなんですけど、やっぱ大阪人としては『できたて』ってのが重要(って思う)!
なので私はできたてが食べたい!!
が、超~~~~猫舌 であり、マンマが朝から昼ごはん、昼から晩御飯(食べる時間は南伊タイム)を作り置きしてるのに慣れているのか、超~ランダムに、そしてもちろん連絡なしに帰宅する相方
私、超能力はないですから・・・・

もとい、そんなある種、わが家の嵐を呼ぶ男 が戻ってきてから本当にてんやわんやです

さてさて・・・・
日曜恒例(か?!)となりました日本から持ち帰ったグッズのご紹介!
今回ご紹介は(って通販みたくなってきた・・・)

2012GO04.jpg
↑シリコン菜箸

こちらって菜箸がない&持ってきてなかったんで帰国時には絶対に菜箸を・・・って思ってたところ見かけたこのシリコン菜箸。
実は先が・・・

2012GO05.jpg
↑一方は味見用スプーン、もう一方は煮え立たどうかチェックできるフォークになっている(笑)。
今のところまだこのスプーンとフォーク部分は使ったことがないのですが(苦笑)。
さらにちょっと使いにくいかなって気もする。。。
でもシリコンなので長持ちしそうかと。
もう少し使いこなしてみようと思っているグッズでもあります。

そしてもう1つは、ず~~~~~~っと昔に買って日本に置きっぱ&押入れの奥に眠っていた(実は一回持って来たけど、また持って帰ってた)・・・
2012GO06.jpg
↑豆腐作りキット。
噂によると豆腐作りは結構力仕事らしい。
ただ今ちょっと力仕事ができない私。
無調整の豆乳を購入してちょっと手抜きモードから始めようかと思案中。
まずは無調整豆乳を探さんと・・・・
こちらはまだ使っていないのでまた使ったら使い心地をお知らせいたします。

ちなみに上のシリコン菜箸はおしゃれ100均で、下の豆腐作りキットはずっと前に東急ハンズで購入しました。

ついにか?!!

昨日よりわが家の永遠の小3こと相方どのがチューリッヒに出張に出ているため、ヴァレンタインの今日は相方不在。

「ヴァレンタインなのに相方がいないなんてさみし~~~~!」な~んてことはなく 、つかの間の一人暮らしをエンジョイ・・・と言いたいところなのですが。。。。

もしや来たか、花粉症

昨日は久々に調子よかったんです、私。
相方も朝からいないことだから、4か月以上放置した爪痕処理にいそしんでおりました。
あんまり無理してやり続けるとまた発熱してはいかんと思い、3時間ほど作業して今日に持ち越すつもりが、まず寝起きからしてだる~~~~い感じ。
ええ~~~いと気合いで起きて、シャワーを浴びるもどうも本調子ではない。
おまけにくしゃみ連発し、鼻水までズルズル

ちなみにここ最近外出したらすぐに調子が悪くなる傾向にあるので、金曜の夜まで相方が帰ってこないし、お片付けもあるから家にこもり中で、昨日やってきたセールスの人以外とは他人と接触なしです。
もちろん相方は出張中なのでインフルのように菌を家に運んでくる人もいず。。。

でも、鼻水がとまらん
目のちょっとしょぼしょぼ。。。

最近viasardegnaさんがご自身のブログでそろそろ花粉症の季節・・・って書いてらっしゃった&去年は微妙な感じだったからちょっとこんなテストをしてみた。

すると・・・
KafunCheck13.jpg

どうやら今年は認めざるおえないかも。。。
今週末相方が戻ってきたら車を出してもらってイタリアのエルボリステリアで例のブツを探さないと・・・・



おまけで昨日やってきたセールスマンのお話・・・

うちのマンション、いつも誰が入れるのか謎なのですが、セールスマンがよくやってくる
昨日もピンポ~ンとドアフォンが。
誰も来る予定がないし、まず1Fからどないして入ってきたんや?!って話。
ただ郵便局の人もマンションを回るみたいでドアフォンをピンポ~ンってすることが多い。
先日実家に電話でお守りを持ってくるのを忘れちゃったことを伝えた。
まだこっちに戻ってきたばかりだからもう少ししてから何かと一緒に送ってって言ったけど、うちの母親はちょっとすっとぼけてるので(!)、「もしやフライングで送って来たか?!」と思い、ドアを開けると、セールスマンだった。

どうも電話会社の人で乗り換えないかというお話。
その会社とはすでに相方が話済みで確か3月から乗り換える予定って言ってたように記憶。
なので面倒だし、いつもの作戦で・・・・

G:あの~あんまりよくイタリア語がわからないんですけど。
セ:フランス語はわかりますか?!
G:わかりません。
セ:ドイツ語は?
G:わかりません。
セ:英語は?

で、面倒になったんで英語で

G:セールスでしょ?!
  すでに主人がお宅のどなかたとお話して
  契約を変更するって聞いてますけど。
セ:・・・・

至近距離なのに聞こえんかったのか?!と再度繰り返すもせーすルマン無言。。。

どうやら英語がわからんらしい(苦笑)。
かと言って立ち去ってくれる様子もなく、私もすることがあるので志方なく言ったことをイタリア語で言いなおした。

英語ができんのに、なんで英語ができるか聞いてきたんだろう???
いつも思うんだけど、こっちの人の「〇〇語ができる」の最低ラインはどこなんだろうか???

(._.)ノ コケ

気づけばこのブログも丸々8年!凄いな、私(違っ)。。。

そんな私ですが、とにかくスイスに戻ってきてからは体調不良の日が多い!
ただでさえ4か月以上も不在にしていた爪痕(!)が家の至るところにあり(!!)、何とか落ち着けるように・・・と奮闘したい気ばかりが焦り、また発熱(先週の土曜を最後に今んところは持ちこたえてます。。。)ってのを繰り返してるので、本当にボチボチ・・って感じで毎日小さなターゲットを決めてそこのみを狙いうちし、早く終わったら他には手を出さずにTVを見たり、本を読んだりと『座る』ことを自分に強いるようにしています(苦笑)。

昨日もさっさとターゲットをクリアーし、さて遅~~~~い昼食とTVをつけたら!!

今年もやってたViareggioのカーニヴァル

CViareggio13.jpg

きっと毎年やってるんだよね、TV放送(笑)。
すごい迫力だし、去年も書いたけど(こちら)やっぱ行きたい!!!!!
ちなみにオフィシャルサイトはこちら
今年はやっぱこのモンティ&ナポリターノの山車が目についたかなぁ・・・

で、昨日の午後に気づいたのだが。。。

今日はMercoledì delle Ceneri やんかいさっ!

去年Mercoledì delle Ceneri についてちょっと書いてるので、ご参考までに去年の記事はこちら
去年も書きましたが(ってこればっかり)、無宗教二人組のわが家にとっては宗教関連日はまったくもって無関心というか無関係。
最近電話がかかってきてないけど、大抵このMercoledì delle Ceneri にはマンマから

マ:今日はお肉はダメよ~!
  食べてないでしょうね!!

って電話がかかってくる
そしてわが家のうっかり八兵衛(=相方)は

相:食べたよ~!

と、食べたにしてもうっかり返答し、延々とお説教電話が続くので、この日だけでもお肉は出さないように気を付けている私。できた嫁ではなく、本当に面倒なのです、こういうきまりを守らないと

すっかり忘れていた、Mercoledì delle Ceneri !
本を読むことはあっても昼からTVを見るのは結構不定期だから、たまたまTVをつけて本当によかったよ!!

と。。。
イタリアって昨日は祝日だったんですよね?!
こちらは普通の日でした・・・・

もとい。。。
そんなMercoledì delle Ceneri に備えて魚介の食事を・・・って思ってたら今朝急に・・・

相:あっ、今日からチューリッヒ出張~!
  お弁当も晩御飯もいらんから!!

(._.)ノ コケ

はよ言うてくれよ。。。

G:で、いつまで出張?
相:え~っと。。。
  多分、金曜には帰ると思う。
  あっ、でも今の時点で何時とかって聞かんといてな。

聞かんわいっ!!

ってさら~~~っと荷造りして今朝出てったけど。。。

今年はヴァレンタイン、割愛か?!

これっても1つ、(._.)ノ コケっやん・・・・
まぁ平日っちゃ~平日やけど、この日にミーティング設定したチューリッヒのパートナーの人たち。。。
ヴァレンタインは祝わんのかいな

Osteria del Centro @ Comano

先週の金曜、相方の米人の同僚Fとその彼女のロシア人Nと外食。

0802201301.jpg
↑アミューズのキッシュ。
すごいチーズ味でした(笑)。

0802201302.jpg
↑みんなでシェアーの前菜。
生ハム、サラミ類の盛り合わせです。
味は結構きつめだけど、フレッシュでおいしかったです。

0802201303.jpg
↑相方とNチョイスのプリモでリゾット。
赤ワインとサルビア味。
少しいただいたけど、おいしかったですよ。

0802201304.jpg
↑私のプリモはトマトとボッタルガ(からすみ)のパスタ。
思ったよりもボッタルガの味が薄目でちょっとがっかり。
ボッタルガのパスタってうたってたんで、それを期待してたんだけど。。。
ボッタルガって考えんかったらお味はおいしかったです。

Fはプリモはパス。
そして。。。

0802201305.jpg
↑Fと相方のセコンドで豚。
結構大きな塊~~~って思ったけど。。。

0802201306.jpg
↑骨もでかかった(笑)。
こちらも少しお味見したけど、おいしかったです。
ただしいくら骨がデカいと言えども結構なボリューム。

いつも思うんだけど、スイスって結構1皿で終わりって感じ。。。
プリモ1つにしてもお値段も結構する代わりにボリュームも結構ある。
基本1皿精神なのかしら?!
イタリアだとプリモとセコンドと。。。って結構平気だけど、スイスでそれをすると痛い目に合うというか無理!
実際相方もプリモとセコンドの両方食べてその日は胸焼けで寝れんかったみたい(苦笑)。。。
私てきにはお値段もボリュームももう少し抑えめで両方を楽しみたいんだけど・・・・

0802201307.jpg
↑店内はこんな感じ。

どうやら3日前にオーナーが変わったらしい。
なのでワインもまだ3種類しかなく(すべてティチーノのワイン)、この日はクレジットカードも使えんかった。
Nの税金系のいざこざの通訳を頼まれた相方(対財務所)。
それが解決したこの日、

N:私のおごり!

と、Nのおごりとなった。
ちなみに無職の私を除く3人の中でNがダントツのかせぎです(笑)。

相:俺の3倍は稼いでる!

らしい。。。

ササ~~~っとカードを出したNだったが、カードが使えずで、みんなでキャッシュを寄せ集めよう・・・って話になったんだけど。。。

N:ユーロで支払えますよね?!

で、ババ~~~~ンとユーロでお支払い!

お恥ずかしながら初めて100ユーロ札って見た!!
ATMとかでは100ユーロ札って出てこないでしょ?!
もちろん両替所でも見かけない。こっちはスイス・フランだから高額ユーロ紙幣札って見ることないし。。。

G:100ユーロ札って初めて見た!!
N:えっ、じゃあこれは?!

って500ユーロ札を見せてくれた。

Nってばなんでそんなにユーロのキャッシュを持ってるの????
謎が深まった夜でした(笑)。。。



Osteria del Centro
住所:via cantonale 50, Comano
電話:091 941 38 65
営業:要確認
備考:オーナーさんは英語話せるようです。
   ※NとFはイタリア語×なので英語で話してた。

ついに!

何だかスイスに戻ってからすっきり元気~~~って日がほとんどなくって
そんなこんなで家にこもりがちな日々が続いています。
なので(!)日本の映画を何本か相方と鑑賞。

今回観た映画はこちら↓
テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

影武者<普及版> [DVD] 自殺サークル [DVD]

感想は続きで・・・・

続きを読む

日本からのお持ち帰り~その2

昨日もまた発熱で死んでました。
どうも体調が芳しくないし、すっきりしません(涙)。
今日はやや復活というか、こちらに来てから元気な日が少ないし、週に1度の洗濯割り当て日!
根性で朝から洗濯を2度しました
体調より何より洗濯日優先しなきゃいけない状況、何とかなんないかなぁ・・・・

さてさて日曜恒例となりました(か?!)日本から持ち帰ったグッズのご紹介!
って今回が2回目ですが

2012GO02.jpg
↑噂の(?!)パスタ茹でタッパ。
実はこれ、じょばどの発信&じょばどのからのプレゼントだったりします。

このタッパに水とお塩とパスタを入れてレンジでチンすると茹で上がるという優れもの。
侮るなかれ!じょばさんが作るパスタはちゃんとアルデンテだし、これでゆでたとは(って失礼!)思えんできです。

レンジがないわが家でなんでこれが必要かと言いますと、相方に会社に持って行かせるため!
あれっ?!って・・・」でも少し書きましたが、相方の会社ではロシア人がプチ火災を引き起こしたために鍋は撤去。
頼みの綱はレンジのみ。

基本わが家は夜にパスタを食べないから、相方がパスタにありつけるのは週末のみ。
なのでたまには食べたいかな~と思った&ソースだけ作り置きしておけば後は相方が会社のレンジでチ~~~~ンと全てできるから便利かなと思っていたのです。
え~~~~っと、小3がレンジを使いこなせるかどうかは別の話として・・・・

私が病気がちでソース作りができてないのでまだデビューしておらず家にこのグッズがありましたが、そろそろ会社に持っていかせようかと思っています。


そしてもう1点はこちら↓
2012GO03.jpg

何やと思います?!
こちらブーツ・キーパーです。
プラスチックの薄い板(って言うのか?!)みたいなもので、くるくるっと丸めれます。
丸めてブーツに入れるとブーツが立つ!
日本には色々なブーツ・キーパーがあるけど、これは海外に持ってくるには嵩張らないし超~~~便利とばかりに購入。
ちなみに日本にいる妹と試しに・・・って購入してみて結構便利だったってこともあり、数を買い増しました。
ブーツが3足ではないので、もっと買っておけばよかったと今はちょっと後悔してますけど・・・・


ちなみに1番目のグッズ、2番目のグッズともに私が是非日本値段のままスイスに来て欲しいお店ベスト3の堂々たる第1位であるダイソー(100均)の100円グッズです。

ヨーロッパには1軒もないみたいだけど、ダイソーさん、是非是非1ユーロ(はちょっと100円より高いけど、それでも!)ショップとしてヨーロッパに進出を~~~~!!

びっくり・・・

インフル後、今日初めて外に出てみた。
いまだに発作的な咳と流れがよすぎる鼻水には悩まされているものの、微熱は出ないし、お天気がよかったし、何よりもこの辺り恒例の(!)どっかのお部屋が改装工事中で今週はず~~~~っとうるさいので気分転換にと日中外出した。

馴染みのお店(あえてお店の名前は伏せておきます。。。)でお店の人とちょっとおしゃべりなんかをしてたんですけど、話してると・・・・

店:今、インフルエンザ中なの、私。
  でも明日からバカンスだから今日は出てきたんだけど。


ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ

インフルエンザってこうやって広まっていくんじゃないの???って思いました(苦笑)。

日本だと常識としてインフル時には外出しない、熱がさがった後も3日は外出しないと思う。会社とかも逆に「来ないでね!」って感じだと思う。
さらに病院に行った時もちょっとびっくりだったんですけど、日本でインフルを2回やった時は2回ともインフルと判明した時点で病院からマスク着用を強制され、待つのもやや隔離気味に待たされた。
でもこっちはインフルって判明してからもマスク着用もなければ普通に他の人と一緒に締め切った待合室で待たされた。

国のサイトに季節性の病気としてインフルのことが触れられていた。
※イタリア語のページはこちら
 他にもドイツ語とフランス語のページもある様子。

このページにはインフルがウイルス性のものでウイルスを発症している人とのコンタクトにより広まる的なことが書かれている。そして予防接種を呼びかけている。

日本の厚生労働省もインフルに関するサイトがあり、その対策に関する一部のサイトがこちら

スイスでうたってる予防接種だけではなく、マスクの着用や手洗い・うがいなど、お馴染みの対策法が6つほどあげられている。

ちなみにふと思ったんだけど、日本だとこの予防接種も毎年専門家が「恐らく今年はこの型が流行るだろう・・」と予測してその型の予防接種を受けることになる。
だから予防接種を受けてても予想が外れたり、たまたま違う型のインフルにかかったりってこともある。

予防接種だけを呼びかけているこっちってその辺りどうなんだろう???
マンマもそうだけど、「予防接種しているから大丈夫!」っていつも言ってるけど(まぁ彼女は外に出ないから人との接触がないし、大丈夫だろうけど)、こっちは両方の型(AとB)の予防接種をするの???
これって今出てきている亜種にもきくのかしら????

私よりも相方の方が人との接触が多い。
今回もインフルを持ち帰ってきたのは相方。
※相方はインフルが治ってから会社に行ったらほとんどの人が休んでるみたいで、会社に誰か病原菌を持ちこんだ人がいる疑い浮上してました。
あれ以来、帰宅時には手洗いとうがいを徹底させている(私は毎回しています)。
こっちってあんまり手洗い(はするか?!)やうがいの習慣ってないのかなぁ・・・
インフルだけじゃなく、病気に関しての『予防』って観念はすご~~~~~~く低いと思う。

バカンス村Luganoの冬は本当に換算として物悲しく、きっとチェントロ(中心地)のお店の数を見ると店員さんの数の方がチェントロを行き交う人の数よりも多いな~って思うけど(苦笑)、インフルのウイルスは飛び交ってるのかしら・・・と思ったり。

厚生労働省の対策6番目の「人混みや繁華街への外出を控える」じゃないけど(だって人混みがない・・・)人がいそうなところは必要以外でない方がいいなぁと痛感した日でした。

どうかインフル時の外出はダメって認識が他の人たちにはありますように・・・・
いや~びっくりしたよ、ほんと!

あれっ?!って・・・

にっくきインフルの微熱もなんとかおさまり、調子をかなり取り戻しております。
いまだ急に発作のように出る咳(と、汚い話、痰)と水漏れ要注意!と言いたくなるほどの鼻水には悩まされるもののかなり元気です。まだ家からは出ていないのですが(今日こそは!と思ったrすごい風 )、家事は徐々にこなしております。FBやメールなどで優しいメッセをくださった方々、ありがとうございました。
ご心配をおかけいたしました。

しかしながら2日ほど前に一応相方どのには・・・

G:ひとまず足らん材料とかもあるし、買い物に出るのはまだ
  嫌やから、お弁当再開は来週からでもいい?
相:いいよ~。

と、物わかりのいいことを言ってたのですが、相方も同様の症状にいまだ悩まされてる様子で昨日まではお昼を家で食べてから(それまでは家で仕事)会社に行ったりしていた。

今朝、朝食を取りなんだかんだとしていた相方。
ちゃ~~~んと聞こえるように(!)

相:あれっ?!
  あれぅt?!?!

と、冷凍室をガサガサし出した

こういう時はだいたい面倒な時なので軽く無視。
するとさらに大きな声で・・・

相:あれっ?!!
  あれ~~~~~っ?!!!!

仕方がなく・・・

G:どないしたん?!
相:ないねん!
G:何が?!
相:(電子)レンジでチンとしたら調理できる食べ物。
G:うちにはレンジないんやから、そんなんある訳ないやん!
相:でも、お昼が・・・
G:朝食の時に「お弁当いるの?!」って聞いたら
  「来週からでいい」って言ったやん。
  持って行くんかいな?!!
相:お弁当は来週からでいいよっ!(逆ギレ)
  だ~か~ら~!
  レンジで調理できる食品をさがしてるんやんか!
G:だ~~~か~~~~ら~~~~~!!!
  ないっ!!
相:ちっ!
  じゃあ鍋持ってくわ、鍋!
G:やめてくれる!!
  絶対持って帰ってこんやろ、性格的に!!
相:・・・
  じゃあ鍋を買って会社に持って行く!
G:やめときっ!
  お弁当して欲しいんやったらしてって言えっ!
相:・・・・
G:とにかく!
  20分ほどでできあがるから、それまで家で
  仕事しときっ!!

で、お弁当作り会社

補足すると、相方の会社には簡易的なキッチンがあります。
以前は鍋類とかも備え付けのがあって、会社でランチを調理してる人もいたそうな。
が、ロシア人の1人が2度にわかったプチ火災(2度目は報知器がなり、スプリンクラーが作動したらしい)をやったもんだから、会社が調理器具をすべて撤去。
なので基本レンジ以外は使ってはいけなくなったのです。
そんなことがあったのに、鍋なんて持って行ったらえらいことやん・・・
正確的に食べ終わったら「はい、おしまい!」な相方が鍋をその日に撤収してくるとは思われへんし、またその鍋で誰かが(多分まだこのロシア人がいるはず。。。)スプリンクラーでも作動させようもんなら、「誰が鍋を持ってきた?!」ってことになるやんかいさ。。。

じょばさんから秘密兵器をプレゼントしてもらったから(このお話はまた書きます)、

G:パスタのペースト買って、会社でパスタしたら?!

って言ったのにそれはどうも気に入らんらしくってブツブツ言ってた。

だいたい鍋を買いに行くなら、スーパーかお店かでランチを買った方が早いんちゃうんかいなって思ったけど、そんなこと言ったらまたブツブツうるさいので放置しておきましたけど!
いやはやわが家の小3、甘やかし過ぎたかなぁ・・・

日本滞在中+2013年1月に読んだ本

長らく書いておりませんでした&まだインフルの後遺症(?)で微熱が出たり下がったりを一日で繰り返すために相方から外出禁止令がでてることもあり久々に書きます。

しかし今年のインフルって驚異的なの?!
それともやっぱインフル薬をもらえなかったから?!
それともそれともヨーロッパのインフルは日本人の私には未知なるものだったのか(←これは違うよな、きっと。。。)?!
もういい加減にしてくれ~~~~って感じです(涙)。。。

さてさて日本滞在中&先月1月に読んだ本はこちら↓
蒲生邸事件 (文春文庫) 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

氷姫 エリカ&パトリック事件簿 (エリカ&パトリック事件簿) (集英社文庫) 流転の海 (新潮文庫)

Novecento. Un monologo

あらすじや感想は続きに・・・
ご興味のある方のみどうぞ。
続きを読む

保険会社失笑話

何だか微熱があがったりさがったりとすっきりしないこのインフルエンザ
なんなんだ・・・・

そのにっくきインフルがらみのちょっとした小ネタを。。。

まずインフルに最初にかかったのは相方。
インフルと判明する前、ただの風邪と思っていた相方はそのまま週末に突入。
いっこうに下がらない熱となんか喘息チックな咳をし出した。
意外と小心者の相方!

相:肺炎かなぁ・・・
  なんか胸も痛いし・・・
G:違うと思うよ。
  いって気管支炎じゃないの?!
※結果はインフル→感染症を引き起こし始めた頃。

人間、夜中になるにつれ不安になってくるもの・・・

幸い(?!)相方が加入している保険会社には病気時の緊急HELPラインみたいなのがあって、医療アドヴァイスにのってくれるらしい。徐に相方はその番号へ電話。

まずドイツ語での返答。

相:イタリア語を話す人はいますか?!
オ:(フランス語で)折り返します。

この折り返し、15分以上たってからかかってきたのですが。。。。

オ:(フランス語で)ご用件は?!
相:あの、イタリア語を話す人が折り返しますって話だったんですけど。。。

どうもその伝達がうまくいってないのか(!)、イタリア語を話す人がいないのか(!!)、オペレーターはフランス語の一点張り。
ちなみにスイスの公用語は4か国語で、その中にイタリア語も入ってたと思うんだけど(入ってます)・・・・

もとい。。。

オ:契約番号は?

で、相方は契約書を手元に置いてたので番号を言うと、まったく違う人のデータが出てきた様子。

オ:生年月日は?

これもたくさんの人が出てきてるのか、それともまた違う人のデータが出てきてるのか、相方がしびれをきらして

相:名前から検索ってできないんですか?!

で、名前を言うもまたまた違う人のデータが(苦笑)。

こういう場合、日本だとオペレータが謝罪すると思うのですが、さすが謝らない国(!)

オ:あなたの苗字の間にスペースが入ってるからこういうことになるんです!!

と、逆ギレ(苦笑)。

うちはイタリア語の苗字です。
例えば有名どころでいうとサッカーのアレッサンドロ・デル・ピエロの名前を思い浮かべてください。
イタリア語ではDel Pieroとスペースが入ってるんです。
こんな感じで、イタリアの苗字にはスペース入りの苗字があります(稀じゃないと思うけど。。周りにも結構いる)。
うちもそんな感じなのですが、ここにいちゃもん。
もちろんデータが出てこないこと、イタリア語が話せないことへの謝罪は一切なし。

すったもんだでやっとこさデータが出てきた様子で、オペレータのアドヴァイスはものの2秒。

オ:病院に行ってください。

これには二人とも失笑!!
それだけを聞くために相方は一体どれぐらいの時間を費やしたのでしょうか(苦笑)。
いや~教訓、教訓!!

こちらの友人で仏人のEもよく嘆いてるけど、

E:こっちに来て思ったのは説教じみたことはたらたらたれるけど、
  謝らんのよね、絶対!!それがムカつく!!

を体感した相方でした(苦笑)。

相方はまだフランス語ができるからいいけど、同様のことが私一人でいる際に生じたら(まぁ私はこんなヘルプ・ラインには電話しませんが)どうしようと不安にもなりました。
前にも書きましたが(こちら)スイスはほとんどがドイツ語圏。次いで多いのがフランス語圏。
この2か国語でほぼ占めていると言ってもいい感じ。
外国人としてせっかくスイスに慣れようとイタリア語を勉強したけど、こういうのがあると結構テンション下がるなぁ

スイスは何事もスムーズにいくってよく言ってるけど、日本の人口の6%しかいないんだからうまくいってるように見えてるだけじゃないの???って思う。上の例みたく、イタリア語圏にサービスを提供している会社でもスイスの公用語の1つであるイタリア語が通じなかったりと、住んでると結構不便って多いです、ほんと・・・・

Rabadan 2013

去年もお知らせだけした(こちら)ティチーノの州都Bellinzonaで開催される、恐らくティチーノで一番大きなカーニヴァル(去年はTV放送もされてた)であるRabadanが今年も開催されます。

Rabadan2013.jpg

どうやら今年は150周年記念のようです。
ちなみにイタリア語のみとなりますが、公式サイトはこちら

開催は画像にもあるようん、今月7日~12日。

ちなみにメインの日曜の仮装行列のみを見るには大人10CHFかかります。
全てのRabadanのイベントを見るには40CHF(大人)、金曜と土曜のパレードは無料で観れるようです。
スイス国鉄FFSでもチケットは販売されているようなので、ご確認を・・・

日本からのお持ち帰り

まず、今日は節分ですね。
今年の恵方は南南東
でも今年はまだインフルの後遺症で巻きずしつくる気力がないかも・・・・

さてさて。。。
約2年大阪に帰らずに日本食材屋・雑貨屋もないこのLuganoで頑張ってきた訳ですが、

G:やっぱこれがあったら・・・

と、思ったもんなどが結構あり、また結構買って来ました(笑)。

そんなグッズをボチボチとご紹介。。。

まず一番手はすでに使っているこちら↓
2012GO01.jpg
無印良品のラップカッター

とにかくこちらのラップは日本のものと比べるとペッラペラでラップ同士はひっつくけど、肝心なものにはひっつかん(気がする)。。。さらにラップが入ってる箱はエコ仕様なのか、金具のギザギザ(切るところ)がついてなくって超~切りにくい!半分までぐらいは力技で切るというか引きちぎってるのですが、後半はその力がたたってか箱もくたびれてきてそれすらもままならぬ。。。という感じ(苦笑)。

それで話題になっていたのがこのラップカッター。
実はスイスにはないですが、イタリアにはMUJIという名で無印良品のお店があります。
残念ながら一番近くのコモやヴァレーゼにはないのですが、ミラノに4件あるみたいです。
ちなみにMUJIはイタリアだけではなく、ヨーロッパだとイギリス、フランス、ドイツ、スペインなどにもあります。

実は一度ミラノに行った際に見かけたんですけど、割高な気がしたし、そう性急に買わんでもいいか・・・と据え置きにしてました。

使った感想はやっぱ切れ味最高~!
相方に使わせてみたけど、

相:いいぃぃぃ~~~!!
  使いやすい!!

と、無駄にラップを切っていた(苦笑)・・・
ちなみにサイズは2つあったけど、大は小をかねるって感じでうちは大きい方を購入。


そして今回はもう1つご紹介。
それはこちら↓
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
日本ってこの手の美容本とか充実してますよね(笑)。
やっぱ硬水っていいところなしな気がする。
家に帰って母親に開口一番に言われたのが。。。

母:すごい毛穴!

もちろん乾燥が一番の原因なんだろうけど、たしかにその乾燥からか、年のせいなのかたるみも

マッサージすればいいのよ~ってよく言われるけど、どないして?!?!
で、ちょっと試しに買ってみた。
効果がわかるように2月1日から始めようと思ってたけど、インフルのためまだ開始していません。
またやり始めたらレポする(かも)かな。。。

Commercio

まだまだ夜になると微熱が出る状態。
でも薬で肌はボロボロだし、胃もちょっとやばい感じなので薬はストップ!
ここからは自分の治癒力を信じて・・・・

さてさてインフルで書きそびれましたが、先月22日のお話を・・・

G:今晩は久々に相方が なポークカツにしよう

と卵を割った22日の夜8時に相方から

嫌な予感・・・と思いつつ。。。

G:はい。
相:今から帰るからすぐ出れる?!
G:ってどこに?
相:あ~言い忘れたけど、会社の人たちと晩御飯一緒に
  食べに行くことになってるから~!

予感的中!
滅多に電話などかけてこん相方。
8時以降の相方からの電話はロクなことがない。

G:今からカツあげるから、一人で行けば?!
相:それは明日揚げればいい!

と常にGoing my way である。

この日は外に出る気が一切しなかったから化粧もしてない。
慌てて支度をしていると帰ってきた、相方。
チェントロでのディナーなので歩きで・・・って思ったのに。。

相:車で行く!

結局ド・チェントロの駐車場は思った通りいっぱいでちょっと離れたところに駐車。
そこから歩くこと思ったら家から歩いても一緒ちゃんとか言うつっこみはせずに向かったお店には。。。

誰もいない!

相:あっ、ここじゃなかった!

だったらいつも止める駐車場に止めた方が近かったのに。。。

気を取り直して入ったレストランはCommercioというレストラン。入るのは初めてです。
ちなみにこの時点でどうやら我々は30分の遅刻だったらしい

既に相方の同僚の伊人であるR、研究所に講演に来ていたお客さんのスウェーデン人Tと、Rの部下のギリシア人のV。
Rは初めて会うけど、唯一私たちの周りでカンピオーネに住んでるってんで一度会ってみたかった。
ちなみに彼は元々カンピオーネの出身ではないです。

この日のメニューは既に決まっていて・・・

2201131.jpg
↑↓Fondue chinoise(フォンデュ・シノワーズ)
2201132.jpg

Fondue chinoiseって実は初めて!!
2枚目の写真にあるお鍋にはブイヨンスープが入っていて、そこにチーズ・フォンデュで使う串みたいなのに刺したお肉をつけて火が通ったら2枚目の写真の鍋の下にある各種ソース(トリュフ入りやら、オーロラソースやら、ガーリックソースやら、カレー味ソースなんかがありました)をつけて食べます。
ようはしゃぶしゃぶをブイヨンスープでやる&野菜なしって感じかなぁ・・・

ちなみに初めて私はこれがそうか~って思ったけど、相方のよるとフォンデュ・エキスパートであるRが言うには

R:馬肉って珍し~!!!

らしく、この日のお肉は3種で、牛肉、仔牛肉、馬肉でした。

仔牛肉はあっさり目。牛肉は旨味ものってて私は一番好き。
相方一押しの馬肉は臭味もなく、食べやすかったです。

ちなみにこの付け合せとしてはフライド・ポテトと一見白米風(タイ米っぽかった)がついてくるのですが、このお米も普通の白米ではなく、味がしっかり目でした。
そう、日本人的には逃げ場がない(苦笑)。
せっかくフォンデュ・シノワーズって言うネーミングなんだから、シノワーズ(中国のって言う意味)つながりでChou chinois(白菜)もお鍋に投入したかったわ~(笑)♪

もとい・・・
当分お肉はいらんといわんばかりに(1枚目の写真のプレートがもう1枚ありました)堪能した後はこのお肉のお出汁と言うか脂が注入されたブイヨンスープをいただくのです。

店:ポルトワインをお持ちしましょうか?!

どうやら正式にはこのブイヨンにポルトやら赤ワインなんかを入れるらしい。

私、ただ今ちょっと肝臓の調子が悪くってアルコールを控えてる身。

G:私は結構です。。。

と、私だけポルトを入れずに飲んだのですが。。。

脂ギットントンで

飲めんぞ、こりゃ~~~!


一口だけ相方の(ポルトワイン入り)を飲ませてもらうと脂加減も和らぎ、飲みやすかったです。
その飲みやすさがある種危険っちゃ~危険だけど。。。

Rと相方はイタリア人だけど、彼らの仕事関係の人は結構英語&それぞれの母国語ってパターンが多い。
この日もヴィジターのTはもちろん、Vもイタリア語を話さないので会話は英語。
英語・・・
相方とイタリア語で会話するようになってから本当に使わんくなったから後退していくのみ。。
こうやって相方の仕事関連の人と出かけるといつも冷や冷やする。
幸いスイスは外国人の数が多いからちょっと英語のお友達を増やさんとなぁ・・・と思いました。

私以外はすべて相方の仕事関係の人たちだからメインはお仕事のお話だったんだけど、Tさんはとても社交的で本のお話、スカンジナビアのお話、家族のお話なんかもしてくださった。

私は無知で知らなかったんだけど、Kindleで無料ダウンロードできる書籍もあるんですね!!
Tいわく

T:人に3冊お勧めの本ってあるって聞くねん。
  そうするとたま~にこれぞ!って本に出会えるし、
  へ~この人ってこんな本のチョイスするんやって思うから。
  Kindleで無料ダウンロードできるNotes from Underground
  なかなかやったよ~。

で、早速ダウンロードしてみたけど、なんとも小難しそうな感じの本だ
ちょっと余裕がある時にとりかかってみようと思いながら、他にも無料本をダウンロードしちゃったよ(笑)。

Tはスウェーデン人なのですが、今はノルウェーでお仕事をしています。
どちらもスカンジナビアの国なのですが、お国事情はもちろん異なるようで、

T:スウェーデンは結構移民を受け入れるけど、
  ノルウェーは基本受け入れないよ。

とのこと。
だからフィンエアー利用でヘルシンキで乗り換えた時、ちょっぴり厳しかったのかな~と思ったり。
何の気なしに出入国管理(大阪に帰るにはここでEUから出ることになるから)でパスポートだけを提示したら

係:なんでこんなに長くEU圏にいるんですか?!

そう、ここLuganoの最寄り国際空港はミラノのマルペンサなので入ったのはEU(ミラノ)になってて、出たのもマルペンサ。この時点で2年以上日本に帰ってなかったから不法滞在と思われたのでしょう。。。
スイスのイタリア語圏なので最寄り国際空港がミラノなこと、そしてスイスの滞在許可書を提示してあっさりと解決はしたんだけど。

いや~それにしても人と話すと色々な情報がGETできてよいですね
ほんともうちょっと頑張って英語を勉強しよう。。。



Commercio
住所:Via Ludovico Ariosto 4, CH - 6900 Lugano
電話:+41 (0)91 923 43 64
営業:月~土 6:00~25:00

インフル

プチご無沙汰しております。
実は先週の木曜の夜から相方が(結果的には)インフルエンザにかかり、高熱にうなされておりました。
最初は風邪か?!って感じだったので解熱剤を飲ませ、休ませてました。
金曜は一日中熱が下がらなかったので引き続き様子を見てたんですけど、週末に突入し、熱も下がらず・・・でインフルか?!と疑わしく思っていると今度は私が発熱

基本こちらのホームドクターはアポ製なので月曜の朝いちばんにアポの電話を入れ、何とか朝9時過ぎに診察のアポを取りつけてもらった。その頃には相方の熱は下がってたんだけど、まだ不調気味な感じでした。

診察の結果から言うと、相方はインフルの後に風邪をひいていて、私はインフルまっただ中。
頭の痛さから言っても私のインフルは想定内でしたが。。。

しかし驚いたのは日本とは全く違う診察法!
まず高熱ですって言って病院に行っても日本だとひとまず検温。これは自己申告でドクターのところでの検温はなし。
で、高熱ってことになるとまずは日本だとインフルの検査じゃないですか?!
そうではなく、まずは聴診器をあてたりと内診。
その後インフルかどうかの検査でした。
日本だと鼻の奥の粘膜みたいなのを取って陰性か陽性かを調べるのに対し、こちらは指先の血をちょろっと取ったのを分析して調べるみたいです。

こっちに戻ってくる前も高熱で病院に行き、結果は扁桃炎だったんですけど高熱のため念のためインフルの検査もしました。その時は鼻の奥の粘膜を取る検査だったんですけど、その時先生が

先:痛いけど、これが一番確実な検査だから・・・

って言ってたんだけどなぁ。。。

さらに私の場合、発症したのが日曜の朝もしくは土曜の夜中からだから、48時間以内!
しかしこちらにはタミフル的なインフルに対するお薬の処方はありませんでした。
もらったのは鎮痛・解熱薬(1つのもの)と咳止め。。。

3日間飲んで症状が治まらないならまた来院してくださいって言われました。
3日飲んでも微熱がなかなか下がらなかったので勝手に4日目も服用し、本日やっとこさ微熱も下がった感じです。

4日目の時点で心配した相方が

相:病院行く?!
G:行かん!
相:でも熱が下がりきらんし・・・
G:でも病院に行っても下がるとは思えんし。。
  「じゃあ前に渡した薬飲んでください」って
  言われるのがおちやのに、高いお金払う
  必要ないんちゃう?!
相:・・・

そう、以前にも書きましたがスイスの医療費はバカ高い!!
お医者さんも分単位で診察料金が課金されます。
うちが加入している保険の規定では一人、一か月につき約25万円ほどの(毎月の保険料は別)医療費を使わない限り、支払いは100%の支払いとなります。
だから今回も血液検査してるし、一人2万円ほどいってるはず(いやもっとか?!)
ちなみに今回の二人の料金と私が日本で入院+手術した費用とほぼ同額なんですけど(苦笑)。。。

さらに診てもらう、それもインフルが治りかけっぽい微熱が続くって言うので診てもらのは非常にもったいない気がして自力で乗り切りました(苦笑)。日本だったらきっと病院に行ってただろうけど・・・

病院に行った日はぼ~~~っとしていてよくわかってなかったので、今朝相方に

G:ちなみに私のインフルの型って何って言ってはった?!
相:型?!
G:そう、Aと思ってるんやけど・・・
相:インフルに型なんてあるの?!
  何も言ってなかったけど。。。
  ヨーロッパには1つしかない!

って言ってたけど、イタリア語のwikiみても(こちら)やっぱ型はあるやんかいさっ!

しかし腑に落ちないのがもう1つ。
私は日本で2度インフルにかかってて、これが3回目。
インフルって抗体できんのかしら?!
それとも今回はA型(と私は思ってる)の亜種だからまたかかるの???

ちなみに風邪と処方された相方も同じお薬プラス、風邪の薬、鼻水の薬、抗生物質をより多くのお薬をもらってた。
なんでインフルの私と同じ薬(鎮痛・解熱薬と咳止め)なの??

当分いや可能ならこの先スイスでお医者さんにかかることがありませんように。。。
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。