Juuuust chillin' out!! 2012年10月

KUKI@大阪・心斎橋

飲み会3連ちゃん2日目は心斎橋でカナダから戻った後にバイトしていた会社の元社員さんK君と。K君は一緒に働いていた会社を大分前にやめ、ホテル業に転職、そして少し前に自営・社長さんになっていた。

K君とは私が同じ会社でバイトしてた時も、辞めた後もちょくちょく団体やら個人やらでご飯食べに(主に飲みにやけど)行ったりしてた。
スイスに行く前はバタバタしていて多分今回は約3年ぶりかなぁ・・・

そして今回向かった先はK君が以前働いていたホテルのレストラン業に携わっていた方が独立・開店されたお店らしい。

え~・・・
私、ただ今携帯なし子です。
行く前にGoogleでチェックして向かったんだけど、ザルい私(ざるのようにどこか抜けていると言う意味)!
鰻谷南通りなのを鰻谷通りと思いこみ、道に迷う。。。

今ってばほぼみんな携帯持ってるからこの場合、まず公衆電話探しも結構大変(汗)。
何とか見つけたものの、10円玉ってそんなに持ってないよ~~~って感じでかなり困りました。

何とか野生の勘も働かせ辿り着いたお店は知らんかったらたどり着けん(って当たり前やけど)隠れ家っぽい感じがした。でも結構流行ってたからやっぱみんなよ~知ってるんやな~って感心しました。

まず驚くのはメニューの多さ!
お店はK君と同じホテルで働いていたオーナーとフロアー担当の女の人の2人らしい。
キッチン一人とは思えんメニューの多さは本当にあっぱれ!

飲み物もビールはもちろん、日本酒、焼酎、ワインとなんでもあるみたい。
ちなみにビールはプレミア・モルツです♪
まずはビールで乾杯し、その後は焼酎に切り替え。

お料理もお刺身の盛り合わせ(アワビもあったよ~~!!相方には内緒にしておこう・・・←相方が今食べたいお刺身No1だから)やらブリの焼き魚やらTHE和食って感じのお料理を何品か注文。最後にお蕎麦があってざるをオーダーしたんだけど、このお蕎麦がかなり美味でした☆

お互いが知ってる元同僚やらの近況を教え合ったり、自分たちの近況を伝えたりとこの日も話に花が咲き、時間はアッと言う間に経過。
一度一緒に働いていたメンバーと同窓会したいね~ってことでお開きとなりました。
20代の頃に一緒に働いていたからK君と話してると20代に戻ったような気がして楽しかったよ~~~!ほんと今度は同窓会企画しよ~!


KUKI
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-29 ミヤプラザ3F
電話:06-6245-1177
営業:17:00~25:00
   日曜定休

金魚すさび@大阪・京橋

先週の金曜にスイスに行く前に働いていた会社の女性の上司Oさんと、同じ部にいらっしゃった大先輩のHさんと3人で京橋にある沖縄料理店に行って参りました♪

ここのお店はOさんたちと同じ会社の上の方たちと一緒に以前にも来たことがあるお店でした。Oさんいわく、

O:三宮にもあるんですよ~!

沖縄料理店のチェーン店って珍しくないですか?!

このお店での第一のハプニング・・・

予約が入ってなかった!!

正確にはOさんが前日に予約を入れたところ、ちょっぴり頼りなさ気な女の子が応対し、微妙にOさんの苗字とは違う苗字で予約が入っていた様子(苦笑)。
その後、この電話予約を取ったらしい人は研修生(バッジに書いてあったそうです)らしいことが判明。
ちなみにOさんの苗字は結構メジャーな苗字だと思う。
断然今の私の苗字(相方の苗字)よりはメジャーだし、私の旧姓よりもメジャーだ!
Oさんの苗字が聞き取れんって、私の今の苗字はきっとあかんやろうなぁ(笑)。。。

何とか席に着いたものの第二のハプニング発生!

H:私、豚肉も鶏肉もダメなの~!

何とか豚でも鶏でもないお料理をオーダーすることでこちらも解決。

お二人ともと約2年ぶりの再会。
Oさんたちが働いている会社も色々とあった様子だし、私の方もOさんたちと一緒に働いていたころに比べるとかなり環境が変わった。
と言うことで女3人、話に花が咲く(笑)♪

私は苦手なのでオーダーしませんでしたが、こちらのお店にはミミガ―やらゴーヤ・チャンプルなど、スタンダードな沖縄料理から、そうめん・チャンプル(こうやって調理するとそうめんって冬も食べれるね!!)やら牛肉のソーセージ(って沖縄料理?!)なんかもある。
Hさんが豚・鶏肉ダメなのでこの牛肉のソーセージを・・・って思ってたのですが、この日に限って牛がお店に入らなかったようでオーダーできず(涙)。牛肉のソーセージって食べたことがなかったから秘かに楽しみにしてたんだけど・・・

OさんもHさんもあまりお酒を飲まれない&私もこの日を皮切りに飲み会3連ちゃん初日だったので控え目にビールやハイボールをいただき、スイーツに☆

また帰るまでにはもう一度沖縄料理を食べに来ようかな~と思いました。
Oさん、Hさん!
楽しい久々の再会、ありがとうございました☆


金魚すさび
住所:大阪市都島区東野田町1-6-22 KiKi京橋4F
電話:050-5798-0383
営業:ランチ   月~金 11:00~15:00
   ディナー 月~金 17:00~23:30
      土・日・祝 11:00~23:30

ミッション遂行中

今回の帰阪にはいくつかのミッションがあって、1か月半たった時点でミッションはほぼ達成。デカいのがまだ残ってはいるんだけど・・・

その達成したミッションの中で一番大きいのが『胃カメラ』。
ブログに書いたかどうかは覚えてないのですが、結婚する前に書類を取るために一度ヨーロッパ入りしました。実はこの際に異常な車酔いをしたんです。

元々車酔いする体質だったんですけど、常に『車と僕』の相方と付き合いだしてからは車移動を余技なくされた&車酔いをしやすいと伝えていたので気を付けて相方が運転してくれていたこともあって相方が運転する車で車酔いすることはほとんどなかった私。

書類を取るのはローマだったんですけど、ひとまず大阪からミラノの空港に飛んで車でLugano入り。ミラノのマルペンサ空港はLuganoに一番近い国際空港で、車で1時間ほど。
空港からはすぐに高速なんで普段はなんともない道なのになぜか車酔い・・・
飛行機での長旅で疲れてたのかしらってこともありその日は即就寝。

その後は少しの間家でウダウダして車に乗るチャンスもなかったので落ち着いてたんですけど、一旦相方の実家へ行くことになり車移動。
その時もちょっとやばいかな・・・って感じだった。
そして翌日日本大使館に行くためにローマへ。
行きもちょっと車酔いしてたんだけど、なんとか持ちこたえた。しかしその帰り今までになったこともないような車酔い→寝込むことになりました(涙)。
その日を境に体調が異常に悪くって、実家のホームドクターに来てもらったところ、胃が荒れているって言われたのと、一度胃カメラを飲んでチェックした方がいいって言われました。。。

しかしその後は落ち着いてたので胃カメラを飲んでませんでした。
が・・・
大阪に帰って来る少し前からまた車酔いをする頻度が高くなってきたので帰阪する前に相方が

相:帰ったら胃カメラチェックしときや!

って言ってた。

胃カメラ・・・
結構大変って噂しか聞かない。そんな中、今は鼻から内視鏡を入れるバージョンもあってそっちの方が楽って聞いた。

実は父親が胃潰瘍もちなので彼は定期的に胃カメラを飲んでいる。
なので・・・

G:近所で鼻から入れる胃カメラを使ってる病院知ってる?
父:(近所の)〇〇病院も、△△病院も、□□病院も
  口からのしかないなぁ・・・
  隣の駅の近くの病院ならやってるみたいやけど。

でも隣の駅まで行くのは嫌~~~って思って検査を据え置きにしてた。
そんな折、駅に行くまでの道に比較的新しい病院の看板には『胃カメラ』の文字が。
電話をしてみるとその病院には鼻から入れる胃カメラがある様子。
距離も近いし、ここだ~~~とばかりにその病院で胃カメラを飲むことに。
鼻から胃カメラやる気満々だった私なのですが・・

G:おえ~ってなりやすいんです。
ド:では、麻酔のようなものを打って口からにしましょう。
  それが一番楽なので。

とのこと。鎮静剤なのかしら、麻酔ではないらしい。
それを使って検査することとなりました。
これが一番楽と言う言葉通り非常に楽だったと言うか覚えていないんですけど、この日一日超~~~~眠かった私。。。
検査は朝でした。しかし昼からうとうと~~~となり続け夜ご飯食べたもののまたうとうと~~~。マジ、病院が超~近所でよかった!

結果は胃が非常に荒れているとのこと。
ストレス、暴飲・暴食などが原因と考えられるそうです(苦笑)。
暴飲・暴食は相方にも禁じているので一緒に生活していたと言うか、相方の食事管理をしていた私=同じものを食べていた私には該当外な気がする。。。
と言うことはストレスか?!?!

ひとまず薬をもらったので様子を見ることに。
何よりも胃潰瘍でなかったことに一安心!

しかし胃カメラ検査も色んなバージョンがあるんですね。
それだけ最初の口からバージョンは大変だったってことでしょうか。

その他小さなミッション達成系では目の下にできていた角質のかたまり除去(脂肪のかたまりと思ってた)、永久脱毛一部再開、100均で小物購入(しょ~むないものも高いスイス・・・100均のが品質もよかったりする)など。

目の下の角質は非常に小さいけど視界に入るところにプチっとできていた。
脂肪のかたまりって思ってたので放置しておけば取れるかな・・・と放置していたけど、取れるどころか小さくもならない。
それで皮膚科に行った際(実は脱毛に行った)に

G:これって脂肪のかたまりですよね?!
先:角質ですよ。
G:ほっといたら取れます?
先:取れないですね。
  害ではないですけど、視界に入ってませんか?!
G:入ります。
先:絶対に取らないといけないものではないので
  どうするかの決断はお任せします。
  取るとなると少し痛いですし、1週間ほど赤いポツ
  っとした血の塊が残りますけど。。。

痛いと言う言葉に一瞬「やめます」って言ってたけど、やっぱ気持ち悪いので取ってもらうことに。ちょっと痛かった&先生が言う通りプチっとした血の塊(取ったあとかた)が少しの間残ってたけど、視界良好で取ってよかったなと思ってます。

100均での買い物は糸(これがスイスは高い!!)とかおしゃもじ(これは売ってないか超~高いか)、洗濯ネットなど。すっかり所帯じみた製品一般です(笑)。

その他にもボチボチとお友達と飲み会やら何やらをしています。
そして日本を出発した後に生まれた一番下のちび甥とのお遊びにもいそしんでいる日々。
あと思いつく残りのミッションは3つかなぁ・・・

何年振りや、美々卯?!

プチご無沙汰しております(汗)。
前回大阪駅で迷った・・・とTHE浪速っ子らしからぬ事態に陥ったことをチロっと書いたのですが、その日はある用事を済ませ、その後超~~~~~ひっさびさの美々卯じょばさん、K嬢と行って参りました。お店に到着ししばらくするとukoさんも合流。
みんな超~~~~多忙な中に時間をつくってくれてほんまに大感謝ですm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

美々卯って全国区で有名なんかしら?!
それとも大阪だけ?!
うどんすき(って他にもある?!)と言えば美々卯!
と言うのも確か美々卯がうどんすき発祥の店やったはず!

美々卯に行く前にじょばさんから

じ:韓国鍋とうどんすきとどっちがいい?

って聞かれてて、久々ってこともあり


G:うどんすき!

と即答。

久々に帰った大阪では讃岐うどんがブームになっているようやったけど、たまには大阪のおうどん(そう、大阪はうどんになぜか“お”をつける)も食べたい!
ただしここ美々卯のおうどんは浪速うどんよりかはコシがあるかな。。。

鍋をした時って最後に鍋で出たええ出汁を使って〆でうどんにしたり、ラーメンにしたり、雑炊にしたりしますよね。しかしここ美々卯では野菜やら何やらと一緒におうどんもスターティング・メンバー!しかしこのおうどんを入れてもお出汁が濁らんのが美々卯のうどんすきの不思議なところ・・・

そしてここ美々卯のうどんすきに入ってるエビは『生き・死に』バージョンの選択ができます。言葉通り生きてるのは生きてるエビ。死んでるのはスーパーとかでもよく見かけるすでにご臨終のエビ。
この選択時にはまだukoさんは未到着だったので、じょばさん、K嬢と3人盤上一致で生きた方をチョイス。

「そりゃ~フレッシュな方がうまいんやから生きてる方でしょ~!」とおっしゃる美々卯未体験者の方々。ご注意を!!
美々卯のうどんすきには蓋はないです。
ご自身も暑すぎるお風呂に知らずに入ったら「あっちぃ~~~~!!」と即出るでしょ?!
エビも一緒です。生きてる方をチョイスした際には飛び出てその場のみんなが火傷せんようにする係が必要なのです。。。ようはエビを1匹ずつチビ・トングのようなものでつかんでそのままご臨終になるまで鍋でつかんでおかねばなりません・・・
今回は無理からにこの役をじょば殿に押し付けちゃった我々。しゅみましぇ~~~~ん<(_ _)>

久々の美々卯はやっぱうま~~~~~い!!!
お話もお食事も弾みに弾んだところで、サプライズ~~~でお3人さんからお花をいただきましたm(_ _)m そう、この日は奇しくも私と相方の2周年記念日だったのです。
こうやって大切なお友達と過ごす記念日もなかなかおつなものです♪

残念ながら2つの理由により今回は写真なしです(汗)。

理由1:すっかり大阪駅で迷った&いつも行ってた家電店がなくなっていたためにデジカメ買えず。

理由2:喋りまくり、食べまくりですっかり写真を撮るのを忘れていた(一応超~古いデジカメは持参中)。

今晩は急に雨が降ってくると言うハプニングもあったけど、それまたいい思い出です。
帰るまでまたどっか行きましょね~~~☆

Nozze di carta

昨年のNozze di cotoneに続き、今年はタイトルにあるようにNozze di carta、紙婚式です

去年も書きましたが、英語圏では今年が綿婚式になるみたいだけど(こちら)・・・
※イタリア語圏はこちら

今日で丸々2年(!)になるわけですが、残念ながら私は日本、相方はポルトガルと遠~~~~~く離れての記念日となりました
3年目は一緒に過ごせればいいな~と思いつつ、今日はある場所に行って参ります
そのお話はまた次回に・・・

※Tちゃん、今日はマジ短めです(笑)。

帰国後初☆イタリアン

先週の水曜にワインスクールで一緒だったTちゃんとMさんと3人でランチしてきました。
Tちゃんとは私がスイスへ引っ越してからもFBでつながってて、実家の結構近くの駅にギターを習いに来てることは知ってた。
なので。。。

G:レッスン前にお茶かランチでもどう?!

ってFBでメッセ交換してて、当日はお時間にご都合をつけて下さったMさんも合流!
JRの駅で待ち合わせをして、いざイタリア・レストランへ♪
何気にこっちに戻ってから初☆イタリアンかも。

話は少しそれますが、つくづく日本って色んな国のレストランがあるな~って思います。
まぁイタリアンと中華はどこの国でも結構あるけど、Luganoと大阪って都市の規模も違うけど、レストランの数は大違い。
そしてお料理の種類となるとさらにって感じ。
こっちにいる間にメキシカンとかも行っときたいなぁ・・・

もとい。。。

到着したレストランはすっかり忘れてたけど、かなり前にもジム友と夜にご飯を食べに来たところでした。
この辺じゃ~ちと有名なお嬢ちゃん、お坊ちゃん幼稚園があったり、カトリック系の学校(多分中学~大学まで?!)があったりで、この付近はちょびらっとおっされ~な場所があったりします。
この日も恐らくこのお嬢ちゃん、お坊ちゃん幼稚園のママらしき人たちがちらほら。

ランチメニューはA・B・Cの3種。
違いはAは前菜、プリモのみ(だったと思う)、BはA+ドリンク、CはB+セコンドがついてくる。
昼なので無難に(?)Bコースにした我々。
この日は(いつも?!)プリモはイカのパスタか、野菜のリゾットがチョイスできました。
それ以外にもいくらかプラスでカニやら何やらのプリモもチョイスできます。
何となくイカの気分だったので3人ともイカのオイルベースのパスタにしました。

さすが(!)ワイン・スクールの元クラスメイトたち!!

T:何か飲むよね?!
G:イカやし、白とか?!
  でもこれ、グラスしかないんかなぁ・・・

で、お店の人に聞くとワインリストを持ってきてくださった。

白・・・って言ってたけど暑かったし、久々の再会を祝して最終的にはフランチャコルタで乾杯することに!
何気に帰国後初☆泡かも、私!!

お話も弾み、3人でさくっと1本昼から開けちゃった我々(笑)。
いや~暑い日の泡はうまい!!

03102012.jpg


食後のコーヒーをいただき、Tちゃん行きつけのカフェへ移動することに!

結構近所だけど、このカフェの存在は知らんかった~!!
キャパはあまり大きくないけど、おっされ~な感じのカフェでした。

T:いつもはこの時間すいてるんやけど・・・

の言葉とは裏腹にこの日は結構混んでた。
3人席の空きがなく、2人席を詰め詰めで陣取った我々。
ここでもお話に花が咲きました。
いつもTちゃんってばフットワーク軽くスケジューリングしてくれるので大感謝!
さらにこの日はランチもカフェもTちゃんとMさんにごちしてしまって、大恐縮&大感謝!!
また一緒にワイン飲みたいよ~~~!

と、Tちゃんに

T:ブログ長い!

って言われたので、今日はこの辺で~(爆)!
えっ、すでに長い?!?!



ciliegio
住所:大阪市中央区玉造2-16-22中村ビル1F
電話:06-6763-0535
営業:ランチ 11:00~14:30/ディナー 18:00~22:00
   月曜休み

何年振り?!

先週の土曜にNちゃんと久々のお茶&ご飯。
いや~何年ぶり?!!!
多分5年か6年ぶりぐらいだったはず!!
しかし待ち合わせはいつもの(!)心斎橋OPA前(笑)。
Nちゃんとミナミでの待ち合わせと言えば必ずここやわ(爆)。

今回久々に私が帰国、そしてNちゃんとの共通のお友達である在ブリュッセルのKさんの元ルームメイトC一行(ベルギー人)が来るってことで再会となりました。
まずはNちゃんとベトナム料理のお店でお茶をし、近況報告!

29092012.jpg

久々に会ったのでどっから話す???って感じであっと言う間に3時間ほどたっちゃいました。
その後はC一行がすでにINしていた堀江地帯のお店へ。
既にC、Cの弟、Cのルームメイトカップルは来ていて、間もなくNちゃんの元同僚の方もいらっしゃった。
在大阪やけど、このお店は初めて。
Cたちはどないやってこのお店を見つけたんやろう????

Cの元ルームメイトKさんは私がブリュッセルにいた時によくつるんでいて、一度Kさんのお宅で話してる時にCが帰って来たんだけど、リビングのドアが閉まっていたし、Cもすぐにお出かけだったので顔を合わせるのはこれが初めてでした。
そう言えばKさんにもかなり会ってないなぁ・・・

しばしCたちと落ち合ったお店で食事を取り、次は別のバーへGO!
このバーがNちゃんから

N:隠れ家って言うか、絶対に店って気づかん感じ!

って聞いてたけど、行ってみると看板もないし、普通のマンションって感じでピンポ~ンって押して入れてもらわんと入れん店。
一見さんお断りではないらしいけど、いや~知らんと行けん店。
と言うか、今回知ったけど、次回たどり着けるのか?!?!

このバーからNちゃんの今の同僚の女子が2名参加。
みんなフットワーク軽い!!

久々のNちゃんとの再会は以前と変わらずだったけど、久々の英語での会話は以前からは考えられんほどのたどたどしさ(汗)。
イタリアとTicino以外では通じんイタリア語ばっかで生活するんも考えもんやなぁと思った夜でした。

ナポリ王国

9/23の日曜にukoさんじょばさん、K嬢、そしてukoさんの会社の若手社長、うちの結婚式にも来て下さったdちゃんとdちゃんのダ~リンの7名で行って参りました、ナポリ王国!
帰国前からじょばさんにFBでお誘いをいただいていた南イタリアワインのイベントだったのですが、私の諸事情で行きます宣言してなかったのです。
が、イベント少し前になって行けることになり皆さんのお供。

まず事前に出展ワインがわかっていたので、FBでじょばさんより

じ:ワインチェックしといてね~!

と、お達しが(笑)。

こちら入場料2,500円なのですが、それに1,000円分の金券がついてきます。
試飲できるワインはワインによって値段が違います。
なのでこの金券を使う、または買い足して試飲を楽しんでいくというシステム。
だから事前に出品ワインを吟味すると言うのは効率よく回れる&飲みたいワインが試飲できるいい方法。

ちなみにじょばさんとukoさんは今年が初めてではないらしい。
なので勝手知ったるイベントと言うところでしょうか(笑)。

まず淀屋橋の駅でじょばさんとK嬢と待ち合わせ。
近くのodonaでパンの買い出しのため。
その後お水もGETして、会場である中之島へ。

すぐに残りのメンバーと落ち合うことができいざ試飲へ!

092320121.jpg

092320122.jpg

後で思ったんだけど、7名とかで行くってのは本当に素敵!!
と言うのも、ワインの数がかなり多いので、各自違うワインをGETして色々とワインを回し飲みできるから。
いや~本当、これってばグループで行った方が人数分倍(杯)楽しめるって感じ!!

会場は結構大きい感じやったけど、かなりの人・ひと・ヒト。
カップルと言うか2名で来てる人が多かったかな。
それにしても日本でもイタリアワインの知名度が↑↑にかなりなったんだなととても嬉しく思いました。

そしてインポーターさんも増えたなぁという印象。
日本にいた際にはかなりイタリアワイン系のイベントには参加させていただいたのですが、聞いたことのないインポーターさんが結構入ってて感動!
それだけ日本未入荷のワイナリーがイタリアにはまだまだあるってことなんだろうなと思ったりも。
イタリアにはいっぱい美味しいワインがあるからもっともっと日本に紹介して欲しいな~!!

ちなみに今回は追加チケットを購入しませんでした。
なぜかと言えば、この後みんなでdちゃん夫妻宅へ。
そしてdちゃんご夫妻の手料理を堪能させていただきました☆

dちゃん宅にお邪魔するのはこれが初めて。
大阪市内にあるマンションなんだけど、超~~~~広くってセレブ~って感じ。
おしゃれなご夫婦にぴったりのおっされ~なお宅。

それにしてもdちゃんダ~リンってばまめ~~~!!
どっかの家の小3とはえっらい違いだわ(苦笑)。。。
今度は小3もお招きいただいて、dちゃんダ~リンよりご指導いただきたいものです・・・
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)