スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のお弁当(2012年)

以前我が家のイカロスの墜落の額が墜落したと書きましたが、何とその時に絵(Musées royaux des beaux-arts de Belgiqueの売店で買ったポスターですが)が破損

まぁそのうちブリュッセルの友達たちに会いに行く~って相方が言ってるのでその時にまた買ってこよ~って思ってたのですが・・・

BrueghelComo2012.jpg
↑ComoでBruegel(ブリューゲル)がやってくる!!!

場所はなんと!

29111101.jpg
Villa Olmo

以前通って一度入りたいなって思ってたのでかなり行く気満々♪♪
ここでイカロスの墜落が売ってたらいいんだけど・・・・
でもこの展覧、最終的にはサンクトペテルブルグに行くみたいなんで、もしかしたら
まぁ最悪ブリュッセルに行った時に買いますけど。。


さてさて今月も自己記録のため・・・

3月1日(木)
O120301.jpg
コトレッタ&野菜もろもろとおにぎり。


3月2日(金)
O120302.jpg
シーフードフライ、チーズ&野菜もろもろとおにぎり。


※3/4(日)~3/8(木)はデンマーク出張につきお弁当はなし。


3月9日(金)
O120309.jpg
ほうれん草入りタラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。


3月12日(月)
O120312.jpg
コトレッタ&野菜もろもろとおにぎり。


※3/13(火)は前夜徹夜により昼食は家で取ったためお弁当はなし。


3月14日(水)
O120314.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとそぼろご飯。
※本当はたまごと2色のそぼろご飯に・・・って思ってたらたまごがなかった(-_-)
 ごめん、相方!でもこのそぼろがどうもお気に入りの様子。


3月15日(木)
O120315.jpg
コトレッタ、チーズのムスタルド添え&野菜もろもろとおにぎり。


3月16日(金)
O120316.jpg
ポークのハーブ焼き&野菜もろもろとおにぎり。


3月20日(火)
O120320.jpg
サーモンフライ&野菜もろもろとおにぎり。


3月21日(水)
O120321.jpg
チキンの照り焼き、スープ、グリンピース&野菜もろもろとおにぎり。


3月22日(木)
O120322.jpg
タラのフライ&野菜もろもろと二色ご飯。
※前夜「お弁当なんていらない!」って豪語してたけど、朝には「いる!」と心変わりの相方┐(-。ー;)┌
 前日お弁当箱を持って帰ってこなかったので、お弁当箱の都合でおにぎりではなくばらご飯。
 景品のお弁当箱、2段重ねないと蓋ができないしくみなのです。。。
 本当はそぼろと2色にしてあげたかったのですが、ひき肉なしにつきゆかりでごまかし(>_<)
 しかし意外とお気に入りだったみたいです。


※3/23(金)は前夜徹夜により昼食は家で取ったためお弁当はなし。


3月26日(月)
O120326.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。


※3/27(火)は前夜徹夜により昼食は家で取ったためお弁当はなし。


3月28日(水)
O120328.jpg
エビカレー。


3月29日(木)
O120329.jpg
タラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。


※3/30(金)は前夜徹夜により昼食は家で取ったためお弁当はなし。


今月は徹夜が多く、お弁当がいるのかいらないのか、そして私も昼からのお出かけがあったりでちょっとダブりまくってるメニューがいつもにも増して続出してしまった
忙しい中一生懸命働いている相方、許せ
来月はもう少し頑張ります
しかし暑くなってきてるしお弁当箱持ち帰り忘れはやめてくれ~~~~~!
※いつもと違うお弁当箱の時は前日に持って帰ってきていない時です。。
スポンサーサイト

ViniVeri 2012 @

Vinitalyがかなり不燃焼気味に終わった我々は2日目の25日、一路Verona県のCereaへ

Cerea(にお住まいの皆さま、失礼!)ってどこ ってまず思いました(^_^;)
CereaMappa.jpg

まずアグリ泊したSan Giorgio di Mantova。
で、がVinitalyに行ったVerona。
そしてがこの日行ったCerea。
アグリの町を起点にVeronaへもCereaへも車で40分。
ちなみにアグリはミラノの州都のロンバルディア州でVeronaとCerea(Verona県だし)はお隣のヴェネト州(Veneziaが州都)です。

なんでまたマニア(失礼!)なCerea かと言うと・・・

ViniVeri2012.jpg
↑これに行くため!
※画像クリックで該当サイトへとびます。
 ただしサイトはイタリア語と英語のみです。

CereaでこのViniVeriをやってるってのはFが情報GETしていた。が・・・

F:そこのどこかは謎やねん!
G:(._.)ノ コケ
相:まぁ大きい町じゃないやろうから行ったらわかるやろ!
F:町の中心地に行って誰かに聞こう!

と呑気に出かけた3人プラスFのお父様。
が・・・

町には人がいないよ~!

しかし野生児小3!
こういう時は鼻が利くというか勘がいいというか、急に

相;あっち!!
G:サインあった?
相:ないけど、展示場にありそうな気がする!
G:ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ

しかしこの「気がする」が大正解!

2503201201.jpg
↑展示場にはらしき車がとまってる。

2503201202.jpg
↑さりげに見えにくい感じのところにサイン発見!

でかした相方 \(^O^)/
やればできる子なんです、うちの小3(違っ!)!!

2503201203.jpg
↑受付で内容確認中のFとお父様。
そう、我々のが駐車遅かったから(笑)。

2503201204.jpg
↑参加している造り手さんの冊子をくれる。
料金はひとり20ユーロでこちらは入れ物なしでVinitalyのグラスより一回りグラス部分が大きいグラスをくれる。
118のワイナリー(イタリアだけじゃないです)と12の生産者(ワイン以外)。
※リストはこちら

2503201205.jpg
↑中は倉庫みたいな感じでブースというかテーブルがだだ~~んと並んでいる。
要はこの20ユーロで飲み試飲し放題ってことで中にはあきらかに酔っぱらってる人もいた(苦笑)。

ここから先はグラスとリストを抱えてたので写真撮ってません(^_^;)
相方と私は生産者さんたちと色々と話ながら、狙いを定めて試飲(確か6種類ぐらい試飲した)。
Fとお父様はだだ~~っと気になるワインを試飲してた。

写真には収めてないのであれなのですが、まず最初に行ったブースはピエモンテのBiella県SostegnoにあるAzienda Vitivinicola Antoniotti Odilio↓
AOdilio.jpg
こちらでBramatera D.O.C.をお味見させていただいたのですが、これが!!!

うっま~~~~

上の画像はこちらのワイナリーのパンフの一部なんですけど、家族経営で写真に写ってる男の子が色々とお話聞かせてくれました。服装は今時の子って感じでズボンややズラし系だったんですけど(笑)、いや~ワインへの情熱はすごい!!
すごくしっかりしてるし、自分家のワインに誇りを持ってるって素晴らしいと思いました。
色々とお話を聞かせていただいているうちに隣のブースの人とお話していたお父さん(写真の向かって左の方)が戻ってきてまたまたお話に花が咲く。
相方もここのこのワインがすごく気に入ったのでまた日を改めてワイナリーをお伺いする運びとなりました。
と言っても具体的にいつって決めないところがイタリア人同士(爆)!

また楽しみが~

その後Barbarescoを味見しよ~と2~3列ほどぐる~っと回った(だけ)のですが・・・

G:やっぱ最初に見たCascina Roccaliniに戻りたい!
相:なんでそこなん
G:わからんけど、何となくそこが一番って気がした。
  ラベルと生産者の見かけで・・・
相:じゃあそこに戻ってみよか。

で戻ったのですが・・・

またまた大正解!!

残念ながらパンフなどがもう出払ってなかったみたいです。
さっきググってみたらこのサイト(イタリア語のみですが)が結構いい感じで紹介してるような気がします(こちら)。
ここのワイナリーにも一度行ってみたい!!!
まさに我々の相手をしてくれたのはこのPaoloさんでとっても感じよかったです!!

その後は色々と有名どころを回って3種か4種ほど試飲したように思います。
Fが

F:あっちのブルネッロ2004年めっちゃうまいから試飲した方がいいで!

って教えてくれたので行ったけど、やはり人気だったのかもう2004年のは試飲がなくなってました(涙)。
残念!

その後、

G:やっぱMontepulciano d'Abruzzo飲みたい!

で探したけど見つからず・・・
今リストを見たら1軒だけ来てたみたいだけど、その時は見つからずで唯一見つけたAbruzzoの文字の場所はValle Scannese

行ってみるとチーズだった

すっかりワインの口になってしまっていた様子の相方。

G:アブってチーズもうまいからチーズちょっとお味見しよ~よ!!
相:えっ、Pasqua(復活祭)もうすぐやし、帰るからいらん!
G:じゃあ一人でするから、いいわっ!

が、お母さん私の後をついてきた(苦笑)。
おっちゃんはちょっと怖い感じやったけど、話し出すとめっちゃええ人でまだ食べ終わってないのに次から次と試食チーズを結構大き目に切ってくれた。
そんな中、1番目と2番目に食べたチーズがとっても気に行ったので購入!
もちろん話始めた時点で誰よりも参加&満喫していたのは我が家の自由人相方どの(* ̄m ̄)
アブ弁やし(笑)。
※ちなみにおっちゃんはラクイラ県、相方はPescara県で県が異なるので若干方言も違います。

おっちゃんとこもアグリをやってると知ると・・・

相:え~~っ!!
  Pasqua帰った時にご飯食べに行きますわ!
G:( ̄∇ ̄;)

嬉しいです、チーズめっちゃうまかったし。
でも私が「試食する」って言った時は「いらん!」って言ってたのに・・・・
自由・・・それは相方のためにある言葉だとまた思った。

この日は持ってきてなかったけどパンもやってはるみたいでこちらも超~楽しみ!!

出発が遅かったのもあるのですが、アッと言う間にクローズの時間。
最後にショップへ。

2503201206.jpg
↑2本購入。
最初と2番目に行ったブースのワインは探したけどなかったのでその後試飲したものでお値段がお財布に優しいものを購入。

向かって左はLe ChiuseのRosso di Montalcino。多分ここのブルネッロがおいしかったんですけど、結構なお値段だったので1つ下のランクのワインに。

そして右側がAzienda Agricola Carla SimonettiのCarmina Arvalia(トスカーナ・ロッソ)。
これ、試飲したかなぁ・・・
多分何となく目について買った(←相方)ような気がします。
そう、彼はどこまでも自由だから・・・・

4人ともこちらの方が大満喫!
毎年やってるなら来年はこちらにターゲットオンで来ようと意見一致でお別れ。

実はこの後相方と私はブリュッセル時代のお友達V(ミラネーゼ)がミラノに帰省してるからってご飯の約束があった。
なので現地でFたちとはお別れしたんだけど、Vはその後お母様の用事で10:30頃まで(夜です)用があったみたいで相方は前夜オリーブオイルとアイスで胃腸が弱ってよく寝れんかったみたいでお疲れモード全開だったので、

G:も~今日は諦めよう!
相:・・・・
G:Lもブリュッセルに来て~って言うてたやろ!
  ブリュッセルに近々行くからその時に~って
  メールし~!!!

でメールさせて帰宅しました。
家に帰ったら爆睡していた相方。
運転お疲れさん&週末旅行ありがと~

Corte Costavecchiaでランチ

Verona(と言うかいたのはMantova県だけど)2日目の日曜、アグリのCorte Costavecchiaをチェックアウトしないと・・・なのに相方は

12時前になったやっと起きたと思ったらおもむろにインターネットをつなぎ始めた

G:ちょっとあんた~!!
  何やってんの?!!
  ここは家とちゃうんし、連泊やないんやで!!
  はよシャワーせんかいな~!!!!
相:あ~~~インターネットがつながらん
  どないなってんねん
G:どないなってんねんちゃうやろ~~
  はよシャワーしろっ!!
相:はい、はいっ┐(-。ー;)┌

も~どこまでもマイペース┐(-。ー;)┌
すると私の携帯が
Fからでした。

F:今も~チェックアウトしてんけど、そっちは?
G:まだ相方がシャワールームに入ったところ・・・
  私は準備できてるけど・・・
F:もう12時過ぎてるし、チェックアウトの時刻やねんけど。。
G:ごめ~ん、せかすわ!
F:コーヒー飲んで待ってるわ。

で相方に

G:今Fから電話ではよチェックアウトし~ってさっ!
  さっさと準備し~や!!
相:はい、はいっ┐(-。ー;)┌

この返事は空返事ばればれの返事でした(--〆)
すったもんだでやっとこさ準備完了(今回は1泊だったから荷物は1つで私が荷造りした)(-"-;)
チェックアウトもやっと完了。
かなりチェックアウト時間が過ぎていたと思われるのですが、一切お咎めもなく!
お咎めどころか最初から最後まで本当にホスピタリティにあふれる対応でした。

誰ひとり朝食を取ってないし、時間は午後1時。
みんな腹ペコ~!
この日向かう先に行く前にひとまず腹ごしらえということになったのですが、アグリから何ともいい香り~~~~~!!!

アグリの人も親切だったし、なによりもお腹ぺっこぺこなのでここでランチを取ることに!

25032012P02.jpg
↑ワインはアグリの人お勧めのLambrusco。
ランブルスコと言えばモデナやレッジョ・エミリアが有名なのですが、ここMantova県でも実は有名だったりします。
Mantova県で造られるランブルスコはLambrusco Mantovanoと呼ばれるDOCがあります。
ちなみにこちらはまさにそれ!

と・・・
ランブルスコはランブルスコ種のブドウから造られる赤またはロゼの微発泡ワインです。
そして辛口から甘口まであります。

と。。。やや脱線しましたが・・・

25032012P01.jpg
↑↓前菜の盛り合わせ
25032012P03.jpg

下の写真の黄色のは焼きポレンタです。
スイスってこのタイプのポレンタはあんまない気がします。
実は一番最初に私がポレンタを食べたのは・・・あれっ?!どこやったかなぁ・・・地名は忘れましたが北イタリアでこの焼きポレンタ・タイプでした。久々に食べて感動~~~!!
実はポレンタはこの焼きポレンタが一番好きだったりします♪

サラミ類も超~新鮮で激ウマ!!
前日に食べたラルド(脂身)はとても塩っ辛くて相方と「ありゃ~ないな!!」って言ってたのですが、こちらは打って変わっていくらでも~~って感じでした。やっぱ鮮度って大事!!

お昼なのでプリモをいただくことに!
私はRisotto(リゾット)かCrespelle(クレスペッレ)に・・・って思ってたのですが、またまた暴君いえ、小3発言!

小3相:俺はCrespelleにするからお前はRigatoniにしろ!
G:それってさぁ、またまた両方自分が食べたいんやろ?!
小3相:

で・・・

25032012P04.jpg
↑私のRigatoni。
でもここではパスタはリガトーニって言ってなかった。何か別の名前を言ってはったんやけど忘れちゃいました。
ちなみにメニューはすべて口頭です。

25032012P05.jpg
↑相方とFのお父様のパスタでCrespelle。

Fは確かAgnoliniにしてたと思います。
お父様がいらっしゃったし、写真は控えました。

相方のもお味見させてもらいましたが、どれもおいしぃぃぃ~~~!!
ただややしっかりヘビー目です。
でも私は自分のパスタを完食!

すると・・・・

25032012P06.jpg
↑日本人の彼女へのプレゼントです!
と、Risotto Mantovanoがやってきた。

しかしこれもオチがあってどのテーブルにもサービスで出してはりました(爆)!

相:日本人はうちのテーブルだけやのに
  他にも出してはりますやん!

って思いっきり突っ込んでたけど、カメリエーレのおっちゃんは

お:ははは~!
  そう言った方がインパクトがあるかと思って♪

って超~お茶目に反してはりました(笑)。

これ、めちゃうま!
これを食べたかった私は超~ラッキ~~って思ったのと、これをオーダーせんでよかった(もらったから)って相方にちょっと感謝!
ちなみに秋~冬になるとカボチャバージョンになるそうです。これもおいしかったけど、カボチャ好きな私としては秋~冬バージョンも気になる!!!

思わぬプレゼントもあり、みんなお腹はいっぱい。
なのでセコンドパスでドルチェに。

25032012P07.jpg
↑↓ドルチェ盛り合わせ。
25032012P08.jpg
↑こっちは各自にきます。ムースです。
食感が何ともよくって超~おいしかった~~~~~!!!

ケーキもどれもおいしかったけど、私の一番のお気に入りは向かって右端の。
これはMantovaでは典型的なお菓子らしい。

25032012P09.jpg
↑お茶目カメリエーレさん登場。
このモカ(コーヒー・マシン←マシンって言っていいのか?!)超~でかい!!
こんな大きいの初めて見ました。

満腹♥満喫で気づいたら午後4時!
急げ~~~~って感じでアグリを後にしました。
ちなみにお値段かなり良心的!!!
ほんとまた来たい!!!!


Corte Costavecchia
住所:Via Cavallare, 11 Strada Ghisiolo, 46030 San Giorgio di Mantova MN
電話:0376 248 812 - 347 1139639
FAX:0376 257 056

Corte Costavecchia @ San Giorgio di Mantova

Vinitalyの時はホテル取れにくいんとちゃうの って思てたのに早々に宿はおさえたって言ってた相方。
昨日も書きましたが、結局は同僚Fがおさえていたのですが(苦笑)、彼が見つけてきたところはVeronaから車で40分ほど、Mantova県なのできっとMantovaの方が近い(調べたら車で15分強)と思われるCorte Costavecchiaというアグリツーリズモでした。

アグリツーリズモとはなんぞや とおっしゃる方、手抜きで恐縮ですがwikiさんをご覧くださいませ(こちら)。

実は私、初☆アグリでした ^m^
何となく勝手なイメージですけど、Verona周辺でアグリってあんまりピンっとこなくって小さ~い農家かしら??って思っていたら・・・・

24032012A01.jpg
↑ここそうか と思うでかい庭!

G:ちょっとあんた、道間違ったんちゃうんかいな?!!
相:・・・・
  でもこの辺りってサインがあったし。。。
  ※すっかりカーナビ信用しなくなってる(苦笑)。
G:えらいデカいで、ここ!!
相:Fの車もないし・・・
  ちょっと電話するわ

しかし。。。

24032012A02.jpg
↑やっぱここでした \(^O^)/

24032012A03.jpg
↑裏にはお米を作ってる田んぼもあり。
かなり広大な敷地です。

24032012A04.jpg
↑私と相方が泊まったのはこの建物の向かって左端の1F。
ちなみにFとお父様(アメリカから来てた)は写真が着れてますけど、向かって右側に我々が泊まった部屋と同じ作りの部屋があり、そこの同じく1F。

24032012A05.jpg
↑キッチン完備。
1泊だけってのがもったいない~~って思うぐらい広かったです。
そして外は暑かったけど、中はひ~~んやり!

24032012A06.jpg
↑ベッドルーム。
この写真を撮ってる側にはデスクがあり、その下にはインターネットのジャックがありました。
線はフロントで借りてきてたみたいです。

24032012A07.jpg
↑バスルーム。
こちらも写真を撮ってる側にシャワーあり。
このお部屋はバスタブはありませんでした。
他のお部屋にあるかどうかは不明。

24032012A08.jpg
↑タオルやフットマットにはここのロゴ(家紋?!)入り。
やっぱここ、かなりのお金持ちじゃないの?!!

部屋はこんな感じでした。
そして。。。

24032012A09.jpg
↑フロント(別建屋)への廊下。
お土産物というかここで生産しているジャムやらお米やらが販売されてました。
ちなみに帰りがけにはここで造ったお米をくださいました。

24032012A10.jpg
↑写真では見え辛いのですが、なぜかGattinaraのヴィンテージ・ボトルがいっぱい飾ってました(ここ以外にも)。

24032012A11.jpg
↑↓フロント周辺。
24032012A12.jpg

とにかくアグリの人はみんな愛想がよくってすご~~く気持ちのいい対応でした。
なんか日本以来のサービスのよさ?!って懐かしくすら思うぐらいのサービスのよさ。

今回は1泊だけという短い時間でしたが、料金もとても良心的だしまた長めに来てみたいな~って思いました。
ちなみに料金には朝食代が込みでしたが、戻ってきたのが3時前だったため誰も朝食に間に合わず(苦笑)。。。
朝食は10:30までだったのですが・・・・



Corte Costavecchia
住所:Via Cavallare, 11 Strada Ghisiolo, 46030 San Giorgio di Mantova MN
電話:0376 248 812 - 347 1139639
FAX:0376 257 056

Vinitaly For You @ Verona

先日相方から珍しく

相:おいっ!
  週末はVeronaに行くぞ!!
G:(∂_∂)?
相:Vinitalyに行くぞ~~~!!
G:でもホテルとか取るん大変じゃない?!
相:もう予約済み!!

事前に段取るなんて、なんと珍し~~~~と思っていたらやはりオチありでした

先週の土曜から行く予定だったのですが、木曜の夜(やったと思う)になって・・

相:Vinitalyは行けない!
G:えっ
  仕事?
相:いや、一般人は入れない!
G:それってさぁ、従姉ん家ワイナリーやし苗字一緒やねんから
  何とか頼んで入れるようにしてもらえんの?!
相:とにかく、無理!!
G:
  じゃあVerona行くも中止?!
  ホテル取ったって言ってなかったっけ??
相:Veronaへは行く!

と何とも支離滅裂な感じでVeronaへ。
どうもホテルと言うかアグリツーリズモ(このお話はまた書きます)だったのですが、こちらは同僚のアメリカ人Fが予約してくれていた様子。道理でいつもは行き当たりばったりなのに用意がいいと思ったよ┐(-。ー;)┌

そんなややがっかりな感じで向かったVerona。
が。。
Piazza Bra(ブラ広場)のPalazzo della Gran Guardiaで開催されていたVinitaly for You↓と言う一般人も入れるイベントがあってそれに参加。
2403201201.jpg

2403201211.jpg
↑入口でチケットを購入。
※本当はもう2種類ほどあったのですが、相方が紛失。。。

2403201209.jpg
↑グラスをくれます。
このグラス、脚のところをよく見ると・・
2403201210.jpg
↑Vinitaly特性グラスのよう。
ちなみにこの色、私が確認したところでは4種類あったように思います。

2403201202.jpg
↑中は結構なにぎわい。

2403201203.jpg
↑こちらはGambero Rossoのブース。
この他にもAISLuca MaroniSeminario VeronelliSlow Wineのブースがありました。
そうそう!Slow Wineのブースには日本人のソムリエさんがいましたよ。
でも彼は8歳の時からイタリアにいるみたいで、メンタリティはイタリア人っておっしゃってましたけど(笑)。

入口で購入したチケットで3種類のワインが試飲できます。
そう、いくつでも試飲できるわけではないのです
なので狙いを定めて・・・でした。
かなりの人ごみとイス席は確保できなかったので各グラスの写真を撮れず(涙)。
ちなみに私と相方は白を1グラスずつ、赤を2グラスずついただきました。
こういう時も相方は自由なので何をGETしたのかは???です(苦笑)。
私は白は"Colle Imperatrice" Falanchina Campi Flegrei DOC 2010(Seminario Veronelli)、Sagrantino di Montefalco DOCG 2006(Gambero Rosso)、Brunello di Montalcino 2007(Slow Wine)をいただきました。
実はSlow WineのRuchéとRoeroを・・・って思ってたのですが、2つともワインが到着しなかったみたいで(!)試飲できませんでした。残念!

3つのワインはどれもおいしかったですが、やっぱ一番おいしかったのはSagrantino di Montefalco DOCG 2006でしょうか。

あっ!今冊子を見たら相方が最初の白だけ印をつけてました(途中であきらめた様子)。
白はどうやらGambero RossoのブースでGrechetto di Todi DOC 2011を試飲してたみたいです。

2403201204.jpg
↑チーズやサラミ類。
しかしこれで8ユーロはやや高いか?!と思いました (^_^;)

そしてワイン3種の試飲とともについてくるチケットはオリーブオイルの試飲↓
2403201205.jpg

何種試飲できるのかは謎ですが、私は4種させていただきました。
その中で一押しはこちら↓。
2403201206.jpg
↑スペインのオイル。

4種もオイルを試飲したからちょっとすっきりしたくって・・・

2403201208.jpg
↑相方アイス。

2403201207.jpg
↑私のアイス。

そう、外でアイスを食べたのがちょっと間違い・・
その夜は二人とも胃が痛くなって眠れませんでした(*x_x)

ちょっとMonte Brè まで

水曜の午後にEからSMS。

E:明日暇?
  ランチか散歩かしよ~♪

とお誘い。
前夜cA_riNoさんたちと夕食だったので、こいつぁ~消費モードだっ!とばかりに

G:Monte Brè行こうさ!

と返信。
実は先日行こうって話をしてたんですけど、Eが急に仕事が入ったためにボツってたってこともありました。

われわれがチョイスしたのはこちら↓のコース
2203201200.jpg

実は今週の日曜日にEはWalking LuganoのChallengeコース(18.6 km)に申し込んだそうです↓。
WalkingLuganoC2012.jpg

E:Giannaも申込みさぁ~!
G:これさぁ、Relaxコース(6.6 km)か、やっても
  Panoramaコース(10.6 km)かなぁって思ったけど
  Challengeコースだけは考えもせんかったわ(^_^;)
  それに今週の日曜はあかんねん・・
E:えぇ~~~~残念(T_T)

しかしまずは足慣らしってことと気力・体力が衰えている私のために(!)今回は行きはケーブルカー↓使用!
2203201201.jpg

このケーブルカー、Lugano側から乗車する際、途中の駅の乗り換え側で料金を支払うシステムになっているため乗車はそのまま。
そして乗り継ぎ駅で往復か、片道かの料金を支払います。
ちなみに現時点での大人の往復料金は23CHF、片道は15CHFです。
タリフは変更になると思うので該当サイトのリンクはこちら
参考までに、スイスの国鉄半額カードやLugano Cardがあると半額になります。

最初、Monte Brèまで歩いて・・って思ってたので、ポッケに20CHFだけ忍ばせて財布を置いてきていた私

G:Lugano Card 忘れたわ~家に
E:あるって言ったら何とかなるんちゃう?!
  私、半額もルガーノ・カードも両方持ってるからルガーノ・カード貸したろか?!
G:いやいや両方とも写真ついてるから(^_^;)
  どう見ても私とあんたは似てないで!
※Eはフランス人で赤味がかった金髪に青い目

しかしダメもとで切符売り場で交渉!
ちくりと嫌味を言われたけど、結果的には半額にしてくれた

ここでE(仏人)と私(日本人)の差・・

E:ありえないわ、あの嫌味!!
  一言言ってやろうかと思ったけど、Giannaが
  何も言わんから・・・
G:だってさぁ、言い返して取り消しになった方が
  損じゃない?!
  負けるが勝ち!
  ああいう嫌味は右から左なの、私。
E:それってすごい特技じゃない?!
  私はやっぱ一言言いたい!!!
G:でもそうやってず~~っと腹立ててる方が
  一日損した気分じゃない?!
  ああいうのはやっぱ右から左に限ると思う。
  おじさんは一言言ってすっきり、私は聞き流して
  半額。結果は両者痛み分けじゃない?!
E:私もその特技をいつか身につけるわ!!

って別に特技じゃないと思うんだけど (^_^;)

2203201202.jpg
↑乗り継いでからは線路は続く~~~!

2203201203.jpg
↑↓頂上からの風景
2203201204.jpg

実はカメラも持ってくるのを忘れてて、携帯でパチリ。
やっぱ携帯カメラはいまいちの画像・・・
こんなに暗~~~~い感じじゃなかったんですけど。。。

そしてまず目指すはBrè Paese↓
2203201205.jpg

ここまでは難なくクリア~
Brè Paeseにさしかかるって時に乗り換えた後のケーブルカーで一緒になった女の人に遭遇!
彼女はアイルランドの人でスイスを少し一人旅されているそうです。
Luganoの後はサンモリッツでスキーを楽しむとおっしゃってました。

その後Eと一路Gandriaを目指します!

途中、Magnolia(マグノリア)の花を見たり↓
2203201206.jpg

色んなお話をしたりしながら歩いていたのですが。。。

E:ちょっと言ってもいい?
G:何?
E:私たちってガンドリアに向かってないで!
G:あっ、私も気づいてた!
E:さっきの道さぁ、右に来たけど、左やったんやわ。
G:このまんまやと我々の家の方に出るね。
E:どうする?!
G:まぁ今回はこれでええんちゃう?!
E:せやなぁ、ここまで来てるし。

でなぜか我々の家方面に出てしまった(>_<)

今回はガンドリアに行けなかったけど、また定期的にハイキングをしよ~ということで2時間半かけて消費したカロリーを近所のアイス屋さんであっさりと取り返しました(笑)。

Eとは今ちょっとした文化系のプライベート・グループを作ろうって話で盛り上がってて、これからお互い色々と声をかけていくつもり。ある程度の人数が集まったらグループ結成!!実現するといいなぁ~~と夢見ながらお別れ(って隣同士なんで一緒にマンションまで帰ってきてるんだけど)しました。
楽しかった&ハイキング、続けていくぞ~

Osteria Caffè Lüis

水曜の夜、cA_riNoさんご夫妻、そして今スイスにいらっしゃっているお母様と相方と私の5人で夕食を とお誘いいただいておりました。

場所はcA_riNoさんご夫妻お気に入りのお店、Osteria Caffè Lüisというオステリア。

まずcA_riNoさんからメールで

c:お時間何時がいいですか?

とお問い合わせをいただいていた。
まだ知り合って1年ほどですが、何度か相方も含めてご一緒させていただいているので相方のいまだスイス時間に対応していない生活時間へのご配慮

G:ご飯何時ならOK?
相:8:15!
G:8時やな!
相:8:15!!
G:何その15分とかって?!!
相:あほかっ!これが重要じゃ~~!!

と一向に譲る気配なし┐(-。ー;)┌
仕方なくこのお時間でご予約をいただいた。

事前にグーグルで見たところだいたい車で30分ほどの距離。
当日、

相:7:30に家に帰るから!

と結局は家に帰って来たのは7:40。
まぁでも30分弱で行けるから大丈夫や~~と思っていたのですが。。。

相方が戻ってくる前にどうせ住所とかひかえてないやろな~と住所を書いた紙を持参していた私。

相:あっ!住所書いてない・・・
G:書いてきたよ!!

でカーナビに入力。
郵便番号で入力すると控えていた町とは違う町が出てきた。
以前これで失敗して違う場所に着いたことがあったので、

G:郵便番号で入れたらSeseglioじゃなくってChiassoになるわ。
相:それは違うところに着く!
G:でも郵便番号通りやから大丈夫じゃない?!
相:いや、あかん!

で入力しなおしたのが間違い!
なんとこの入力しなおした先は下の地図(グーグルさんより拝借)のBのCampora。
2103201200.jpg
行かんといかんかったのはAのところです。

なんでこうなったかと言うと、Seseglioって言う地名で入力するとCampora通りが出てこなくって、そこを無理からにCamporaって通りの名前を入れるとBのところを出してきたのです
ほんとな~んもなさ気な山道をぐるぐると突き進んでいき、お店の気配ゼロ。

G:やっぱ最初のがあってたんとちゃうん?!
相:いや、キアッソではない!!
G:
  とにかく!!最初の住所に入力しなおす!
相:いや、違うって!
G:いいからっ

で結局最初のが正しかったのです。
が、この間違ったところから正しい場所まで車で約30分。
かなりの大遅刻の末到着してしまいました
cA_riNoさんご夫妻、そして何よりもまだ時差ボケもあってお疲れであったと思われるお母様、大変申し訳ございませんでした

随分とお待たせをしてしまった後、まずこちらのお店でいただいたのは・・・

2103201201.jpg
↑前菜の盛り合わせ。
これが2皿きました。
ハム・サラミ類、そしてチーズ、ブルスケッタ(サーモンのパテ)とどれもこれもおいしかったです♪
チーズはどうもフレッシュタイプ(熟成させていない)Zincalinみたいでした。これにハチミツがかかってて、プラス洋ナシのスライスが添えてありました。おいしかった~♪

お次は全員プリモ(パスタ類)をオーダーすることに。

2103201202.jpg
↑cA_riNoさんと相方のオーダーでタリアテッレ。
薄味目でしたが、しっかりと旨味はあっておいしかったです。
※相方に味見させてもらった。

2103201203.jpg
↑私のオーダーでニョッキ。
チーズ(何チーズやったか失念 )のソースが旨味たっぷりでおいしかったです。

2103201204.jpg
↑cA_riNoさんダ~リンオーダーのラビオリ(やったと思う )。

そしてなぜか写真を撮り忘れたことに今気づいたcA_riNoさんのお母様オーダーのリゾット。
お母様のリゾットをちょっとお味見させていただきました。
しっかりとしたお味でしたが、おいしかったです。

そしてお料理のお供はLove Love な二人(cA_riNoさんダ~リンと相方)が仲良く選らんでくれた
2103201205.jpg
↑MédocのChâteau Hauterive 2007年。
セパージュはメルローとカベソは入ってるってのがわかりましたが、もしかしら少量他のも入ってるかも。。
ちょっと謎です。

前菜とプリモで私は結構おなか一杯でした (*x_x)
でもちょこっと甘いものが食べたかったので、

G:パンナコッタにしよっかなぁ~♪
相:Strudel(シュトゥルーデル)にしろ!
  俺はTarte Tatin(タルト・タタン)にする!
G:私はパンナコッタがいいって言ってるやん!
相:いや、Strudelにすればいい!
G:( ̄∇ ̄;)
  もしや両方食べたいから?!
相:( ̄∇ ̄;)
  わかった?!

で・・
2103201206.jpg
↑私はStrudel。
通常リンゴですることが多いのですが、珍しく洋ナシのStrudelでした。
でもお味は洋ナシって言われんかったらリンゴ?!って思っちゃう感じだったなぁ。。

2103201207.jpg
↑相方のTarte Tatin。

もちろん両方お味見して相方は大満足。私は大満腹(笑)。

2103201208.jpg
↑cA_riNoさんダ~リンのパンナコッタ。
豪華な感じでやっぱパンナコッタにすればよかったよ、私・・・

2103201209.jpg
↑cA_riNoさんのお母様のCrème brûlée(クレーム・ブリュレ)。

cA_riNoさんはデザートパス。

大遅刻して本当に恐縮でしたが、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
お話もいっぱいし、気づいたら12時前に!!
前夜cA_riNoさんはご用があって夜遅くまで起きてらっしゃったみたいだし、お母様も時差ボケがあるでしょうし、ダ~リンも朝早くからお仕事だったからとても疲れてらっしゃったことと思います。
次回からは相方の意見無視で私がカーナビ担当になります!!

そして!!
2103201210.jpg
↑お母様からのお土産第二弾!!

お母様、私のブログをご覧くださってるようで、相方の好みをばっちり把握!!

まずレストランで大好きcA_riNoさんダ~リンとお話ができてテンション だった相方。
そして家に帰ってお土産を広げて自分の好きなものばっかりが並んでいてさらにテンション だった相方。
まさに・・・

小3度全開!

どこでもいつでも満喫するその態度、少しだけ見習うようにするよ、相方(笑)。

<<余談>>
レストランで・・・

相:毎朝、毎朝お弁当お弁当ってうるさいんよなぁ・・
ダ:たまに同僚と外食しようと思ってもお弁当があると出れないしね。。

と二人してお弁当、お弁当と言うな的会話。

G:じゃあ明日はお弁当いらんねんな!
  今日だってお弁当箱持って帰ってきてないし!!
相:え~要りませんよ~~~~

が、翌朝・・

G:今日はお弁当いらんねんなっ!
相:え~~~、何かないの?!?!
G:昨日、いらん~て言うたやんかっ!
  お弁当箱もまた持って帰ってきてないし!!!
相:さっ、シャワー、シャワ~!!
  お弁当しといてなっ!

とバスルームへ退散(ーー*)

だいたい!!
お昼ちょっと前に家を出る相方。
そう、同僚たちはランチに行く時間。
しかし到着して早々ランチへ行けるはずもなく(!!)、相方がランチする時間にはスイスのレストランはもうお昼終わりで閉まってる!「同僚と外食ランチ♪」なんてできんやろ、まず!!


Osteria Caffè Lüis
住所:Via Campora 1 6832 Seseglio (Chiasso)
電話:091 682 63 76

パワーいただき♪

ブルゴーニュ行きから一転 (。_・) な3連休を過ごしたのですが、翌火曜日は・・・

まず相方どのを送り出した後、夕食の前菜とコントルノ(付け合せ)作成に
なんでそんな早くから と言いますと、すっかりクラスの後にアペリティーヴォする約束をしてるのを忘れていたから (>_<)

ひとまず私の作戦としては、スープを作っておいて食べている間にお肉かお魚を焼く!
時間かせぎのためにスープを前菜とすることに ^m^

準備完了でまず向かった先はLuganoのチェントロ(中心地)。
この日はcA_riNoさんと彼女のお母様と一緒にお茶をする約束をしてました
Luganoは初めてとおっしゃるお母様。
こりゃ~いっちょうこちらも観光客気分で参りましょ~

Cattedrale di San Lorenzo(サン・ロレンツォ大聖堂)はご覧になられたとのことだったので、まずはお決まりLuganoの目抜き通り(なのですよ!)Via Nassa(ナッサ通り)↓へ。
10111107.jpg
※写真はukoさんと行った時のものです。

そこからukoさんとも行ったお決まりのChiesa di Santa Maria degli Angioli(サンタ マリア デッリ アンジォーリ教会)↓へ。
10111108.jpg
※写真はukoさんと行った時のものです。

ここで前にukoさんが来た時にも思ったことですっかり忘れていた壁画↓のこと、
10111111.jpg
また思い出しました。
今回も勿論すっかり忘れていたためにきちんとご説明はできなかったのですが、次回どなたかがいらっしゃるまでにはきちんと調べておこう・・・(ってまた忘れそう・・・)

と言うことで調べました。
どうやら入口を背にして向かって左側にあった壁画(上の写真のもの)はエルサレムの町、そしてその向かいにあったのはゴルゴタの丘のようです。

これからはきちんと説明できる

その後は湖側の遊歩道を進みました。そして一番の広場(なのです!)Piazza Riforma(りふぉるま広場)へ立ち寄り、Quartiere Maghetti→カジノを抜けてParco Cianiへ。

歩いている途中、cA_riNoさんのお母様が、

お:素敵なところですね♪

とおっしゃってくださった。
私はスイス人でもないし、相方もスイス人ではない。
たまたま相方の仕事で住むことになったLugano。
特に思い入れはないって思っていたけど、1年ちょっと住んでみて、人からそう言っていただくと何かすごく嬉しくなる あらためて「あ~ここでの生活が板についてきたのね、私 ^m^ 」ってひとりほくそ笑んでました

その後景色がいいかな~と思ってチョイスしたAntica Osteria del Portoはいまひとつの景色だったけど、サンルームでの暖かさが心地よかったです。
コーヒーをお母様におごっていただき、本当に恐縮です。
ごちそう様でした!!!

cA_riNoさんのお母様は非常~~~~にポジティヴ思考の方で元気いっぱいという印象でした。
うん、子は親を映す鏡!cA_riNoさんもいつも前向きで元気いっぱい。
まさに親子だな~と思いました。
やはりポジティヴな方々と時間を過ごさせていただくと「よし、頑張るぞ!!」って気持ちにこちらもなってきます。
お二人からいいパワーをいっぱいいただきテンション
そしていただいたものはパワーだけではなく・・・
2003201203.jpg
↑お弁当作りにはかかせないがLuganoでは手に入らない(多分)バラン!

そして、餡子Love~~~~ な相方のために。。
2003201204.jpg
↑人形焼き。

そう、まさに餡子Love~~~~ な相方は、

G:cA_riNoさんのお母様からお土産。
相:何?
G:おまんじゅうよ。
  中に餡子が入って・・

と言い終わらない時点で包装紙をビリ~~~~!
そしてご覧の通り↓中袋もビリ~~~~~~!!!!
2003201205.jpg

そうよね、写真を先に撮らずに見せた私が悪いんよな ┐(-。ー;)┌

cA_riNoさん、cA_riNoさんのお母様、本当にありがとうございました m(_ _)m

5時過ぎにお別れし、私は一旦家に帰って学校へ。
この日は私の5分スピーチの日でした。
※持ち回りで5分スピーチがあります。
難なく終わり(ごまかしは大得意)、クラスの後はお楽しみクラスメイトたちとアペリティーヴォ

のはずが・・・・
2003201201.jpg
↑↓ピザ
2003201202.jpg

どこに行く?って話になった時に

W:ピザを食べよう!
  お腹ペコペコ~!!

でピザに変更となりました(笑)。
この日集まったのはこのピザ~って言い出したWとC夫妻(ドイツ人)、ご近所さんE(フランス人)、F(スイスドイツ語圏人)、S(オランダ人)と私の6名。
いっぱいおしゃべりして、いっぱい笑って、いっぱい食べて。
何とも楽しいひと時とみんなからの元気いっぱいパワーをいただいてパワーアップした感じで家に帰りました。
うん、ほんと楽しい一日だった!!

と、家に帰ると・・・・
最初はアペリティーヴォでご飯は家で一緒にって言ってた相方が一人どよ~~~~んと食後のコーヒーを飲んでおりました(^_^;) そう、うちの相方どの、一人でご飯食べるのが苦手な上に、この日は応援していたサッカーのチームが負けたみたいでドヨリ~~~ンとしておりました
すまん、相方

しかしここでcA_riNoさんのお母様からの人形焼きをすかさず出して一気に相方もご機嫌上々
餡子の力は偉大である!
改めてcA_riNoさんのお母様、大感謝です

(。_・) なFesta di San Giuseppe

ちょっぴりフライング気味にFesta del papà(父の日)のことを書きましたが、FBで元上司Tさんが

T:Googleって各国でイベントロゴを作るスタッフを雇っている。

っておっしゃってたからじゃあ父の日はどないや!とまさにググってみたところ・・・

FdP2012.jpg
↑イタリアとポルトガルはかなりかわいい系のパパの日。
一方スペインは一瞬「何の日 」的なイラストでした。

ちなみにこの3か国ともに3月19日は父の日なのですが、スペインではさらに『スペイン1812年憲法』が1812年に採択された日で、今年は200年みたいです。
なのでこのロゴになってるみたいです。

ちなみに本日お休みのここティチーノ州があるスイスのグーグルは特別ロゴなしでした
26カントン(州)中、ティチーノを入れて8州はお休みみたいなんですけど・・・・

この日はviasardegnaさんにコメいただいて思い出したのですが、Zeppolaを食べる日(違っ!)♪
こいつぁ~食しておこうとばかりに喜び勇んで&週1買い出しもせねば&靴が欲しいとばかりにVareseへ行くことに☆
なんでVareseかと言うとまだ相方の腰の調子がよくないから近場で。。ってのが前提でした。
で、前回行った時においしいPasticceria(ケーキなどのお菓子を売ってるお店)があったし、Tea Houseがいっぱいあったから安易に見つかろうやろうとここに決定。
一路Vareseへ(って30分ほどやけど)

まずいつも駐車する場所の近くにあるBarを覗くが、ない(-_-)
旧市街へ行くまでに何軒かあったので都度都度覗くが、ない(-_-)
まぁ旧市街にはあるやろうと数軒覗くが、ない(-_-)
そんなことをしてるうちにお腹が減って来たのでまずは軽食でも食べてから探す作戦に変更!

以前行ったPasticceriaの近くにあったBar/GelateriaのIn & Outと言うところでそば粉のクレープを食べることに。

1903201201.jpg
↑私のでCompleteというクレープ。
ハム、チーズ、たまごが入ってました。

1903201202.jpg
↑相方のでSpremeというクレープ。
中身はほぼ一緒でプラスRadicchio(チコリー)です。

お味は妥当な味。
しかしお店のお姉さんが超~無愛想(^_^;)
いや~そんな無愛想にせんでも・・・って具合に無愛想というかむしろ怖かったのが残念でした。
あきらかに

お:チッ!手間のかかるやつオーダーしやがって!!

ってのが言葉にはないけど、態度に出まくってた
だったらメニューから外せばいいのに。。。

その後Zeppolaを求めて目につくBar、Pasticceria、Tea Houseを巡るもそれらしきものは、ない(-_-)
疲れ果てて、駐車場近くのBarでコーヒーを1杯飲むことに
そこの感じのいい店主っぽいおばさんに

G:ちょっと聞いてもいいですか?!
お:何でしょう?
G:ここの辺りはZeppola食べないんですか?!
お:Zeppola???
G:Bigné Di San Giuseppeって言うか。。
相:シューにカスタードが入ってて、上にはチェリーみたいなんが
  のってるんです。
お:あ~!!
  それ今日TVで見たわ~!!
  残念ながらここらでは食べる習慣はないのよ。
  そう言えば今日はFesta di San Giuseppeだったわね(^_^;)

とおばさんからここではZeppolaが入手できない情報を入手

気持ちを切り替えて(!)なぜか本屋に行くことに

今日の私の収穫はこちら↓
Io E TE

まだこの前買った本も読んでないから買うつもりはなかったんだけど、Used(古本)で40%OFFになってた。
品物を見ると古本??って感じのクオリティー。最初古本ってことすら気づかんかった。
こりゃ~買いでしょ~~っとばかりに買っちゃいました(>_<)

その後スーパーに行ったのはいいんですけど、いつも行くチェーン店の店舗違い。
ここがやけに狭くってカートを持ってると超~不便。
でもみんなもカートで、2台すれ違うのも困難なレーンもあってやっさもっさしてたら飼い忘れ続出だった┐(-。ー;)┌
やっぱいつもの店のが勝手もわかってるのでいいなぁ・・・ってことになりました。

Luganoに戻ってから最後のあがきでPasticceria Riciglianoというところへ入って聞いてみた。
すると・・・

1903201203.jpg
↑これがそうだと言われた
ここのおばさんも超~愛想が悪くって怖かったし、客が私しかいなかったので出辛くなって・・・

G:100gください。
お:100g?!
  少ししかないわよ、少ししかっ!
G:ええでも、それだけでいいです。

ちなみに写真のは相方と1こずつ食べた後です。

いや~100gで正解!
脂っこくって100gを二人でもやっさもっさでした

Zeppolaにも色んなバージョンがあるみたいで、揚げてるのもあるみたいです。
でもこれ、Pescaraで食べたのとは全く別ものだし(上にチェリーみたいなんも乗ってないし)、なによりもめっさちっこいくせに胸焼けするんですよね・・・

う~~ん、前にPescaraで食べた店は人気だからって定番メニューになってるってDも言ってたし、Pasqua(復活祭)に帰った時にいただくとします。

教訓!
Zeppolaは北イタリアでは入手困難で、Luganoでは別ものだ・・・
またまたコケっ(。_・) な日になっちゃいました、トホホ

(。_・) なセント・パトリック・デー

昨日のSaint Patrick's Dayなのですが、

相:こ、こ、腰が~~!

とまたまた持病発生(-_-)
何だろう。。。
こ~いつも楽しみにしてたり、今週末こそは買い出しに・・って私が思ってる週末はきまって相方の持病の腰痛が発生。
これはお出かけなしやな~と自分のことをしてました。
まぁお天気もいまいちだったし。。。

しかし我々の結婚式にも来てくれた在ベルガモのL夫妻がLocarnoに行った帰りによるよ~ってSMSが相方に入ったみたいで、にわか

相:出かける準備を!!

と指令が ┐(-。ー;)┌
私には甘えっきりの小3ですが、お友達の前ではそれなりの大人な相方・・・
まぁせっかくSt. Patrick's Dayやし、唯一Lugano近辺にあると思われるIrish Pubにでも行ってちょこっと盛り上がるか?!と、このIrish Pub行きを提案。

準備も整ったところでタイミングよくL夫妻から

L:下におるよ~!

ってSMSが入った。
Lの車で一路Irish Pubを目指します♪

が。。。

閉まってる

どういうこと

セント・パトリックの日ってば一番アイリッシュ・パブがにぎわう日じゃないの??
アイルランドでは祝日だからここもお休みなのか?!?!
またまたLuganoの謎です (-_-)

仕方なく、比較的近くにある Il Birrificio di Bioggio↓でビールでも飲むことに。。
1703201201.jpg

1703201202.jpg
↑ここは自家製ビールを出すお店です。

1703201203.jpg
↑変わり種(?)チェリーのビールで乾杯

ここでアペリティーヴォだけして、近くのGrottoへ・・・って言ってたのですが、4人とも話し込み始めたために移動が面倒になり、結局ここでご飯を食べることに。
ひとまず席だけ移動して。。。

1703201204.jpg
↑普通のビールで再度乾杯

何を食べようか考えてたところ、『ナポリ・ピザ』という文字が目に入った。
『切り分け2人分から』とあったので1カップルずつ1枚ずつピザをオーダーすることに。
1703201205.jpg
↑うちのピザ。
マルゲリータをベースにきのことアーティチョークのトッピング。

とにかくこのピザでかい!
2人分って言うか3人で丁度いいぐらいか?!って思った。
Lカップルはマルゲリータをベースにツナとアーティチョークのトッピングにしたんですけど、

相:あっちのはまぁまぁおいしかった。

そうです。
ちなみにうちのは

ただただヘビ~ (-_-)

帰りがけに二人して

も~ここでピアザはないな。。。

ってことになりました

なんとも微妙~~~~なセント・パトリック・デーにして我々の12周年記念日でしたが、久々にL夫婦とおしゃべりできたのは嬉しかった
Lの奥さんMと本の話になり、toscaさんお勧めのMargaret Mazzantini(マルガレート・マッツァンティーニ)の大ファンみたいで、

G:あ~その人知ってるわよ~。
  お友達に勧められて本だけ買ってまだ読んでないけど。
M:何を買ったの?
G:"Non ti muovere" と"Venuto al mondo"。
Non ti muovere Venuto al mondo
M:"Non ti muovere"はいいわよ~!
  映画にもなってるけど、映画見る前に本を読むことをお勧めする!!
  それとね、"Mare Al Mattino"もお勧め!!
Mare Al Mattino
G:それはまだ買ってないから、次イタリアに行った時に見てみるわ。
M:あとね、Niccolò Ammaniti(ニコロ・アンマニーティ)も超~お勧め!
G:あっ、"Io non ho paura"読んだよ。
Io non ho paura
M:え~そうなの?!!

ってやけに本話で盛り上がりました(笑)。
うんやっぱ本読まなきゃね

Saint Patrick's Dayにして。。

3連休初日の今日は

Saint Patrick's Day!

wikiさんによると日本語では「聖パトリックの祝日」ですが、日本にいた時もいつもそのまんま「セント・パトリック・デー」って呼んでました。

元々はアイルランドの祝祭日みたいですね。
しかしアイルランド系移民の多いアメリカやオーストラリアなどをはじめ、世界各地で最近はパレードとかも行われてるようです。パレードはさすがに見たことなかったなぁ。。。

私てきにはこの日と言えばこれ↓
Shamrock.jpg
シャムロック

と、

GreenBeer.jpg
グリーンビール
※両者とも画像はwikiさんより拝借。

グリーンビールは普通のビールに緑の着色料を加えたビールなんですけど、なんとなk~~~く苦手(^_^;)
やっぱ色って大事!!

アイルランド人でもない私と相方がなんでこの日を覚えてるかと言うと。。。

実は記念日なのです(>_<)
12年前のこの日からお付き合いをし出したのです。
お付き合い前は同僚であり、親友であり、飲み友でありだった相方。
ぶっちゃけ二人して大阪にある(今もあるのかなぁ。。。)アイリッシュ・パブに飲みに行ってて、色々話して付き合うことになったのです(*^_^*)
なので特にアイルランドに思い入れがある訳でもないと言うか、私自身は行ったことがないのですが、毎年秘かにお祝いしていたりします。

昨日も書きましたが、この12周年を記念して、さらに今年は3連休なのでブルゴーニュ旅行へ!!って意気込んでいたのですがどうも雲行きが怪しいので、せめてLuganoに唯一(と思う)あるアイリッシュ・パブにでも一緒に出掛けてみる?!と昨晩提案したけど、空返事だったし・・・
共通のお友達からLuganoに来るんでご飯でも~ってメールが入ってたから(彼らは記念日のことは知らない)、普通にLuganoでご飯するのかなぁ。

昨晩はじょばどのが教えて下さったスポットに

相:朝から行くぞ!

って言ってたけど、この『朝から』ってつく時は大抵実行されない
だいたい休みの日の『朝』に起きないし、今もぐっすりお休み中
さてさてどうなることやら


最後にこのセント・パトリック・デーについて少し・・・

聖パトリック(St. Patrick)は5世紀ごろからアイルランドにキリスト教を広めた司教で、この3月17日は彼の命日です。
聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。
あまり知られてませんが、日本にも守護聖人がいるんですよ。
それはみんなが知っているそう、あの人!!

フランシスコ・ザビエル!

ちなみに彼はアジア・パシフィック地帯の多くの国の守護聖人だったりします。
ちなみに、ちなみにイタリアの守護聖人ってのは2人いて、シエナのカタリナとアッシジのフランチェスコだそうですよ。
プラス、イタリアでは各都市に守護聖人もいたりするみたい。さすがカトリックの国!

もとい。。。
聖パトリックはシャムロックを片手に三位一体を説いたのでこのシャムロックがセント・パトリック・デーのシンボルになってそうです。
よく4つ葉のクローバーが飾られてたりしますけど、この三位一体の3からも3つ葉のシャムロックってことに意味があるのかな~と思ったり。

グリーンビールに関してはアイルランドのナショナルカラーがグリーン
そしてアイルランドと言えばビールってことでグリーン・ビールなのかしら?!と思ったり。

本場アイルランドではこの日は祝日でパレードなんかが行われています。
偶然だけどなんかゆかりを感じるこの日。
いつの日か本場のパレードに二人で参加してみたいな~と思いました。
ひとまず今日はちょっとグリーンを身に着けて・・・

Festa del papà(3月19日)

FBにも書きましたが、日中一人で家にいたところ、何やら気配が・・・・

キャ~~~~~

って声に向こうも驚いたみたいだけど、なんと。。。

ネコちゃん

グレー色の子がそろ~~~っと廊下を私側(リビングにいた)に向かって歩いてきてました
いやはやあんまりにもびっくりしたもんだから(だって一人でいると思ってるから)「キャ~~~(正確にはおっさん風に「ウォォォ~~!」でしたが・・・)!!」って言った声で向こうのがびびって出て行っちゃったみたいだけど。。。

どうも朝ベッドルームの窓を少しだけ相方が開けっぱにしてたんですけどそこから入ってきたみたいでそこから出て行ったみたいです。いや~ある種ネコちゃんでよかったよ

その前にも朝から結構大きな蜂が入ってきそうになったり、吸盤フックが勝手に外れて掛けてあるものが落っこちたりと、一人静かにボ~~ッとしようと思ったのに、とんだ一人パニックです

さてさて何もないのに動揺しまくってる今日ですが、なんとスイスというかティチーノは明日から3連休
明日と明後日は普通の土日、そして月曜はタイトルにあるように「Festa del papà(父の日)」なのです。

前にも書きましたが、日本や昔いたカナダを始め多くの国ではご存知の通り6月の第3日曜日が父の日。
しかしカトリック系のラテンの国(イタリアやスペインなど)、そしてここティチーノでは3月19日(固定です)が父の日となります。
本家(?)のイタリアは普通に父の日なんですけど、ここティチーノは父の日にして祝日!
以前行ったSwissminiaturではこの日子連れのお父さんは入場無料だとか(こちら)。ただし、子供の入場料はなぞです・・・

さてさてなにゆえにイタリアやこちらティチーノではこの日が父の日かと言いますと、イタリアにはCalendario dei santi(聖人暦)というのがあって、だいたい毎日この日は聖誰々の日ってなってます。
3月19日はSan Giuseppe(ナザレのヨセフ)の日。そう、イエスの母、アリアの旦那様の日なのです。

ヨセフ。。。
イタリア語ではGiuseppe(ジュゼッペ)。。。
私、最初イタリアでの父の日は聖ジュゼッペの日で、ジュゼッペはお父さんだから・・・って聞いて思わず

ピノキオ!!
Pinocchio.jpg

って思っちゃったけど、速攻相方に

相:それはGeppetto(ジェッペット)やっ(+_+☆\(-_-)

ってつっこまれました(^_^;)
あれっ?!
ピノキオ作ったのってジュゼッペ爺さんとちゃいましたっけ

まぁ元々はイタリアのお話やからここは相方に譲って(って違うか?!)・・・

残念ながら相方のお父様は相方が7歳の時に亡くなってしまったので、この父の日に何をするのかは謎。
さらにはイタリアは祝日でもないしね。。。

逆にスイスと言うかティチーノではこの父の日、どうやって過ごすんだろうか?!?!
お友達はいるけどいまだティチーノ人のお友達は0の私には知る由もない┐(-。ー;)┌
まぁ父の日の次の日は学校でEに会うから(Eの彼氏はティチーノ人)聞いてみよっ♪

日本は父の日じゃないし、相方にはお父様がいないから我々にはただの3連休 ^m^
3連休だからフランスへ って随分前から決めてたのにどうやら色々と絡みが出てきて無理っぽい
せめて、せめて!!
じょばどのからご教授いただいたあの場所へ・・・と思いをはせています。実現するかどうかこうご期待!

春だから?!

最近のLuganoは日中20℃越えてると思います。(ネットで見ると19℃とかってなってますけど。。)
今日なんて長Tのみで上着なしで日中出かけたけど寒いどころか、暑かった
ず~~~っと桜の木 って思ってた近所の木もviasardegnaさんのブログを拝見してからはアーモンドだ!!と気づきましたが、この木も咲きほころび地面もちょっぴりピンクに色づけたりしています。

春のせいか、最近異常~~~に眠いです
春は自律神経が乱れやすいから眠かったりすんですって。
自律神経ってよく耳にするけど、なんぞや・・・とちょっと調べちゃいました(>_<)
参考までにこちら
このサイトの「自律神経のバランスを整えるには」ってところを見てると一番に書かれてる『生活のリズムをつくる』が私のネックだなぁ。。。相方どのといるとこれ、簡単なようで一番困難(^_^;)
普通の会社員じゃないから時間が超~~~~~不規則です(-_-)
それ以外の項目はクリアしてるんだけど。

よく自分の体が欲してるものが食べたくなるって言いますけど、まさに!!って思っちゃいました。
ストレスに負けない食材選び』の最初に書かれてるセロリ!実は野菜の中でもさほど好きな野菜ではなく(嫌いではないです)買ったり買わなかったり、買わなかったり(あまり買わない)。。なのにこの前一番に買っちゃいました(笑)。そして食べたらおいしいと思う。やっぱ欲してるんだ~と思いました。

そんな不規則生活の根源の相方どのはと言うと、『春眠暁を覚えず』とばかりによ~寝てはります
クラス的にはリス クラスかなぁ・・・いや~ほってたらいくらでも寝そうな勢いです(>_<)
おかげで家が片付かない(-.-;)

そして春めいてくるとみんなもお出かけしたくなるのか、最近ほんとよくお友達に道で会う!!
今まで待ち合わせせずに人にあったことってほとんどなかったのに。
Eとお出かけした日(Eとは約束してた)も元先生のLと道でばったり!
そして昨日も英語のグループの集まりに行く道でSにばったり!!
そしてそして今日はいつも行かないスーパーに行く道でEl にばったり!!!
暖かくなったからみんなも徒歩が多くなったから?!
それとも活動し始めてる???

春めいてきたし、私も何か新しいこと始めたいな~って気持ちになってきました

どうも私は要領が悪いのか、時間のやりくりが下手なのか毎日時間が足りない。。。
まず手始めに『効率よく時間を使う』ってことからはじめてみよっかなぁ(笑)。

Biblio Cafè TRAl'altro @ Lugano

今日は今のクラスメイトのEとお茶してきました。

この前からEがいつも行くって言ってたカフェに行こうって話になってて、今日はEの仕事がお休みだったので夕方から二人でお出かけ。
我々が向かった先はBiblio Cafè TRAl'altroと言うお店。
名前を聞いてる時はまったくピン!と来なかった&カフェもやってるって知らなかったけど、ここは先日映画の後cA_riNoさんご夫妻とビールを飲んだ店でした(笑)。
ここ、以前にも何度かビールを飲みに行ったことはあるんですけど、お茶をしたのは初めて!!

二人とも小腹がすいてたんでちょっとベリー系ケーキもいただき~♪

12032012.jpg
↑紅茶はティーバッグじゃないやつをチョイス。

結構紅茶の種類があって、ティーバッグのもちょっとあるんですけど、そうじゃない方にしました。
いや~そんなんもあるって知らんかった!!

ちなみにここ、店内には本がたくさん置いてあります。なのでお店の名前にもBiblio(本とか聖書って言う意味があります)って入ってるのかな~と思いました。

ここに向かう途中もEから古本屋(結構Luganoにもある!)の場所、DVDレンタルの場所(最新版が手に入る場所)なんかの情報を聞いた。
私の方が在Lugano歴は長いのに彼女の方が情報ツウだった(^_^;)
ここっていつも車でぐる~~~(Lugano市内は一通が多い)って回って来てたからすご~~く遠いと思ってたけど、まったくもって我々の家から(同じビルに住んでます)徒歩圏内!やっぱ口コミ情報ってありがたい(>_<)

お茶をしながら、イタリア語のこと、クラスのこと、ここでの生活のこと、将来のことなんかを色々と話こんでしまいました。
Eは最初のクラスの後に一番に話しかけた女の子。
実は私、初日遅刻して行ったので(徒歩5分の距離なのに。。。)Eとは結構席が遠くってクラス中ではまったく話さなかったのに、なぜか帰りに一番に話かけた。
一目見た時から(って言うとちょっとキモイけど。。)なんとな~く気が合いそうな気がしたので話かけたんだけど、大正解って感じ!直観ってつくづく大事~って思いました。

今度はEが最近見つけたベジタリアンのお店でランチをしようってことになってます。
彼女、結構お店情報とか知ってて色々と教えてくれるので、私も頑張ってもう少しLuganoのお店情報をGETしないとな~と反省です。

ちなみに今日行ったお店、夜はバーだけど、その前は軽い夕食なんかも食べれるみたいでした。

学校の授業だけじゃなくって外でもイタリア語で色々と話せるチャンスとお友達がいるっていいことやな~とつくづく感じた日でした。Eとはまた明日クラスで会う。それまでにEがもらった宿題と今日二人してわからんかった文法のこと調べておこう・・・・



Biblio Cafè TRAl'altro
住所:Via Castausio 3, Lugano
電話:+41(91) 923 23 05
営業:月~水 8:00~24:00
    木   8:00~1:00
    土   18:00~1:00

震災から1年

今日3月11日は日本人にとっては忘れらない日。。
東日本大震災から1年が経ちました。
ブログやFBなどでもこのことに関するポストを目にします。

被災されました皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。そして被災で多くの命を落とされた方々、ご遺族の皆さまに深くお悔やみを申し上げます。

この日のチャリティーイベントについては、震災後、私たちにできることは何か・・・と一緒に考え悩んできたcA_riNoさんがいつもの事ながらあっぱれにまとめて下さっているのでそちらをご覧ください(こちら)。

今日、私には何ができるのか?!と改めて自問したが、答えは1年前とほぼ変わらず相変わらず何もできない。。。
しかし1年前はうろたえ泣いてばかりで相方にとても心配をかけたけれど、1年経った今は少し強くなったように思います。
ささいな事でもいいから自分自身ができることを。。。と思い、cA_riNoさんがFBでもシャア―してくださっていた「Hand-in-Hand -世界中で手をつなごう-」を相方と一緒に。

11032012.jpg

また震災以降、震災や原発について意見を聞かれる機会があれば(クラスや友達の間とか)、原発の怖さ、今の技術では原発に頼らずとも発電できる方法があることなど、積極的に発言するようにしています。
私がそのような機会に恵まれることと、お話を聞いてくれる対象者の数は限られてるかもしれないけど、そこからまた広がるかもしれない発言。黙っていても何も始まらないとばかりに草の根活動しております。

そんな中スイスのベルンでは福島第1原発と同型のミューレベルク原発の稼働停止を求めて本日デモが行われていたようです。
BernDomo2012.jpg
※画像はDer Bundより拝借。
記事はこちら(ドイツ語のみです)。

こちら(と言っても見ているのはイタリアのニュースですが)でもこのことについてのニュースが流れたりもしています。
震災、そして原発。。
日本だけの問題ではないと思います。
年に1度じゃ~っと思われるかもしれませんが、年に1度でもこのことについて考える時間を持つことは大切ではないでしょうか。

まだまだかかりそうな復興・・・
1日でも早く被災者の方々が安心できる状況になりますように。

これはあり?!

昨日Festa della Donnaのお話をちら~っとしていて「ミモザをくれるかしら?!?!微妙~~~~・・・・」と書いておりましたが、無事(?)、いや脅しもはいり(!!)GET♪
08032012.jpg

結構ちゃんとしたところで買ってきたのか(?)香りも豊かで大満足!!
ありがとね~、相方!!

しかし照れくさいのか渡す時には

相:は~や~く取って!!
  靴が脱げない!!

と言い出すので、口をギィィィ~~っとひねりつつ

G:Auguri(おめでとう)って言うまで取らん!

と無理からに(!)「Auguri」と言わせました^m^


さてさて・・・
最近外出時に目についたら取る&家で読むようにしている20 minuti
09032012.jpg

「20分」と言う意味なのですが、20分ほどで読めちゃう(私はまだ無理)無料の新聞みたいなもので、町角やらバス停近くなんかに置いてあります。

水曜にcA_riNoさんとミラノに行く際にチェントロでこれをGETしていた私(実はcA_riNoさんもこれを持って電車に乗り込んでこられました)。まず我が家から駅に向かうにはバスかケーブルカーか徒歩。
バスが一番ベストなのですが、本数が微妙なため、通常チェントロ(中心地)まで歩いてそこからケーブルカーで移動しています。ご飯を食べに行くだけ・・・とかで天気が良ければ徒歩もありなんですけど、いかんせんLuganoの駅ってば丘の上だから、これから歩くぞ!って日は丘を登る気力ゼロです、私・・・
そして私の駅とcA_riNoさんの駅は同じ駅ではないので、彼女が乗り込んでくるまでの間、ちょっと見よ~とGETしていました。

その日の(週末以外毎日発行されてます)記事にざ~~~っと目を通していて目についたのがこちら
リンク先の記事はイタリア語だけなので要約しますと。。。

アメリカのミネソタ大学の実験の報告。小学校の食堂で野菜を選択しない子供が多かったが、トレイに野菜の写真をプリントしたお皿を使用したところ野菜を選択する子供の数が増えた。

一見、野菜取るようなっていいや~~んって思いがちですけど、曲がり間違えばこれって洗脳とちゃいますん?!!
まぁそれでも野菜を食べるようになったんやからええや~~んって言う考えもあると思います。
悪いことに使っている洗脳ではないし。
でも根本的になぜ野菜を選択しないのか?!って思わないのか というのが私の疑問。

前の学校のクラスメイトがJamie Oliverがアメリカのテキサスやったかどっかの州の小学校に行って給食のおばさんたち、そして両親までも巻き込んで野菜を食べるように指導した(すごいかいつまんで書いてます)って言ってた。
私はそっちの方に好感を持ちます。

一時的に心理作用で学校の食堂で野菜をチョイスするようにしたって、結局小学生そこいらの子が家で調理する、それ以前にスーパーで食材を買いだすというのは無理やと思う。町にもよるのかもやけど、安全性(町の安全性)に大きく疑問のあるアメリカで、誰が子供に買い物に行かせるの???
そうなるとやはり頼りは親!親の意識改革なしでは子供の野菜摂取は困難じゃないのかなぁ・・・

私のお友達がもうそれこそアメリカに10何年か住んでます。
彼女の旦那さん(アメリカ人)は野菜を食べないらしい。旦那さんの家族も食べないらしく、多分野菜を食べる習慣がないみたい。やっぱ親が食べないと子供も食べないってパターンは多いのでは?!
ちなみに私の友達は野菜を食べるので、彼女の子供たちは食べるそうです。

野菜を食べない環境で育った親は「野菜はどう調理する?!」って疑問にぶつかるのかしら?!?!
そういう意味も含めてやっぱ私はジェイミーのやり方の方に1票かな。。。。と思いました。

HANA Ristorante Coreano@Milano

今日はFesta della Donna(国際女性デー)ですね。
Googleさんのロゴも↓!!
FdDg2012.jpg

このロゴの最初のGは女性のシンボル♀、2つめのoはミモザのようなお花をシンボル化していて、Gとgの紫色は国際女性デーのロゴ↓色に合わせているみたいです。
IWDlogo.jpg

相方はまだデンマーク出張から戻ってきてませんが、ミモザをくれるかしら?!?!微妙~~~~・・・・

3月は3日お雛祭り、8日は女性の日となんか『女の月』!とばかりにcA_riNoさんと楽しんできました。
えっ?!『女の月』以外にも楽しんでますか、私たち?!!

当初コモ友Cを誘ってコモでランチ・・・をと思っていたのですが、

C:歯が悪くなって、歯医者に行かんと。。。

となったので、ではコモ・ランチは持越しということになり。。。

ミラノへ出動!

事前に何を食べるか(これ二人には重要!)とゆる~く打ち合わせをし、ひとまずたまには韓国料理ということに決定!
3軒ほど候補をあげてたのですが、うち1軒は水曜定休。
じゃあ2軒のうちどっちかで~~~と向かったのですが、第一候補もお休み(もしくは昼はなし)!
で第二候補の・・・

0703201201.jpg
HANA Ristorante Coreano

到着したのは12時を過ぎていたのですが、我々1番乗りみたいでした(^_^;)
我々がオーダーしたのは『石焼きビビンバ定食』。

0703201202.jpg
↑餃子とちぢみ。

久々の餃子とちぢみにまず舌鼓!!

0703201203.jpg
↑石焼きビビンバ登場!
これはプレーンと言うか辛味ゼロ。
そこに自分で辛さ調節していきます。

0703201204.jpg
↑野菜類とスープ、お水(ガスありなし選べます)がついてきます。
一番奥側のが唐辛子ペーストでこれで辛味調節。

本場韓国のお味に二人とも大満足!!
我々が知らないだけかもしれませんが、ティチーノというか私やcA_riNoさんが住む辺りでは韓国料理店ってない気がします。お値段もこれにコーヒーかフルーツ(選択できます。我々はエスプレッソをチョイス)付きで15ユーロ。
本日換算レートで18スイスフランは、一見高そうだけどスイスでは味わえないお味とお値段!
比較として、Luganoのチェントロ(中心地)だとQuattro formaggi(クアトロ・フォルマッジ:4種のチーズのピザ)1枚のお値段と同じぐらいです。

私てきにはスープはちょっと苦手なお味だったけど、他はどれも美味!!
実はcA_riNoさんは辛い物、私はどんぴしゃビビンバが食べたかったので二人とも大満足と満腹でご満悦で店を後にしました。ちなみに私たちが入ってすぐにパラパラとお客さんが入ってきてはりました。
お客さんは我々ともう1テーブル(あちらも女性2人組み)が日本人で後は韓国人の方がたと2テーブルだけ韓国人のお連れの白人の方でした。
やっぱ韓国人が多いってことは本場の味ってことですよね?!

お店を後にした我々は、ここに入る前に通り過ぎ、ランチ後に・・・ともくろんでいたマンガ専門店↓へGo♪
0703201205.jpg

「えっ?!にわかアニメおたく???」と思ったはりますか(^_^;)
実は嫁二人(cA_riNoさんと私)がバカ受け~~なマンガテルマエ・ロマエが気になっていた旦那組。
相方は一応スイスで2巻まで購入してました(こちら)。
ちなみにイタリア語、3巻まで出てます。

これを聞いてcA_riNoさんのダ~リンも♪とミラノに先日ご用でいらっしゃった際に大型書店で・・と思っていたら「予約してください」と言われたらしく、近くて遠いミラノでそれはないやろ・・となったみたいです。
そこで寝んため(?)偵察・・・となったのですが・・・

発見!

それも3巻まである!!

もちろん購入!!!


うちは2巻まではあったので3巻のみ、cA_riNoさんは1~3巻をGET♪
そしてこのお店、購入金額に合わせて次回割引クーポンをくれました。
いや~マンガ買うならミラノに出てきたついでにこの店やな~と思うぐらいの品ぞろえと価格(正規値段ですが)!
隣には午後(って3時半からですが)数時間やってるマンガの古本屋もあり!!
スイスは自国出版がほぼないので本は輸入となるため割高なのです。
スイスで買ったこの1~2巻も1.5倍ぐらいのお値段がしました。

夫たちへの貢物(って両者とも出資者は夫たちですが。。)を携えて晴れ晴れとお店を後に。
その後それぞれのお買い物をし、またまたカフェでおしゃべり^m^

0703201206.jpg

ちなみに私、toscaさんにお勧めいただいていた本↓を購入しました♪
Venuto al mondo
ちなみにまだ先に買った本も読めてませんが(^_^;)

色々と満喫したミラノを後にすべく地下鉄に乗り込んだ我々。
どうも帰宅タイムだったのか乗り込んだ駅の階段付近の車両は人がいっぱい!!
あまりの人の多さにかなりびっくりドキドキだった私たち。
いや~、こんなところで自分たちがスイス生活がすっかり板についてきたことを確認いたしました(>_<)

cA_riNoさん、またまたおつきあいありがとうございましたm(_ _)m



HANA Ristorante Coreano
住所:Via Lecco 15, 20124 Milano
電話:+39 0229523227
定休:日曜のランチと月曜終日

世界遺産

どこかで書いたかもしれませんが、私、かなりのUNESCOフェチ ^m^
具体的には世界遺産が大好きで、日本にいたころは欠かさずにTHE世界遺産観てました

ちょっと頑張ってイタリアの世界遺産を回っていたのですが、いかんせん多い!
2011年9月現在で47。ヴァティカン市国と、サン・マリーノ共和国を入れたら49!!
※詳細はこちら

このリストで行くと、行ったことあるのは

3. ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティのVarese方面(こちら)。
4. サヴォイア王家の王宮群の一部(こちら)。
8. マントヴァとサッビオネータのマントヴァちょっと(こちら)。
12. ヴェネツィアとその潟(こちら)。
13. ヴェローナ市(blog始める前でページなし)。
14. ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群の一部(blog始める前でページなし)。
23. フィレンツェ歴史地区(こちら)。
28. ヴァル・ドルチャ(オルチャ渓谷)の一部(こちらから行ったところはリンクあり)。
30. アッシジ:聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群(blog始める前でページなし)。
31. ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(こちら)。
35. ヴァティカン市国* ヴァティカン市国(blog始める前でページなし)。
36. ナポリ歴史地区(こちら)。
41. アルベロベッロのトゥルッリ(こちら)。
42. カステル・デルモンテ(デルモンテ城)(こちら)。
43. マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園(こちら)。
44. アグリジェントの遺跡地域(こちら)。

と16か所のみ
1/3にも満たないのです(T_T)
それも完全系じゃないところもあるし。。

ちなみにローマのリンクは一人で行った時のですが、その前に相方とも行ってて、フィレンツェ、オルチャ、ナポリ以外はすべて相方に連れてってもらいました(ナポリ以外の出資者でもある)。

と、いつもいつもイタリアにターゲットオンしてましたが、せっかくスイスにいるのだからスイスにもちょっと目を向けて・・・と観てみると。。。

スイスにある世界遺産は11か所↓(1つは生物圏保護)。

SwissUnescoMap2012.jpg
※地図はUNESCO Destination Switzerlandより拝借。
 クリックすると拡大します。

この地図の内、行ったことあるのは

2. ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群(こちら)。
4. 湖とアルプスに臨む段々畑でのブドウ栽培地域ラヴォー(こちら)。

まだ約1/6だけど、数でいけば残り9!
さらに・・・

5. サン・ジョルジョ山

はここティチーノだし、山を越えればイタリアとのダブル制覇!
もう少しいい気候になったら行こうと相方と計画している場所でもあります☆

そして同じく暖かくなったら行きそうな気配の

1. ベルン旧市街
8. ザンクト・ガレン修道院

もしこの3つを制覇すればほぼ半分行ったことになる (^^)v
二人ともスイス人ではないので、いつまでスイスにいるかは だけど、いる間に制覇できたらいいな~ともくろみ中^m^

言い訳じゃないけど、世界遺産に興味のある人って多いと思うんだけど・・・
それに旅行先を決めるいい口実だしね♪

ちなみに上記以外ではドイツのトリーアのローマ遺跡群、ストラスブールのグラン・ディル、パリのセーヌ河岸、ブリュッセルのグラン=プラス、ブリュッセルの建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群、ブリュッセルのストックレー邸(これは多分横を何度か通ってるはず。。)かなぁ。。

そして勿論(!)日本の世界遺産!!
北海道、東北(←未踏)、九州・沖縄以外はほぼ制覇してます (^^)v

これからも頑張ってさらに制覇していくぞ~o(^-^)o
とその前に宿題、宿題・・・・

Grotto del Mulino @ Morbio Inferiore

3月3日はお雛様でしたね

ひとまずうちでもプチ★ひな人形↓は飾り物いっぱいの相方用本棚の最上段へ配置!
110303.jpg
※写真は去年撮ったのを使いまわし・・・
撮りなおそうと思ってすっかり手抜きです(^_^;)
相方がデジカメ持参で出張中だし。。。
なんか画像暗~くて怖い

去年同様、なんちゃってちらしでも作って・・・と材料はそろえていたのですが、実は急遽お雛さんの日からドイツへ行く予定となりました。が。。。

出発中止!

我が家ではありがちな事(苦笑)。
まず出発のお雛さんの日に

相:ちょっとAM中仕事行ってくる!
  終わらさんといかんことがあるから!!
G:はいは~い。でお昼は?
相:2時半までには帰ってくるからささっと食べる。

まずこの会話をしてたのが11時ごろ。
まぁ3時半に帰ってきたらええかな~と思ってたのですが・・・

帰って来ない (-_-)

朝遅かったとは言え、4時になっても戻らん相方。
私の堪忍袋はまだまだ余裕やけど、お腹は限界!!
遅すぎの昼食を済ませると4時過ぎにやっとこさ帰宅の相方。

でも顔を見ると疲労の色満載&またちょっと腰がおかしいか?!って思ったので・・・

G:もう今日の出発はやめよ!
相:何で?!今から・・
G:しんどいんちゃうん?!
相:・・・
G:顔はしんどいになってんで。
  こんなんで車で出たら事故るわ!
  中止!
相:でも・・・
G:その代り晩御飯あんたのおごり!!
相:わかった(^_^;)
G:ピザでええで♪

が向かった先は去年のバレンタインに連れてってくれたGrotto del Mulinoというグロット
どうもピザでは相方の気がひけたようです(笑)。ラッキ~♪

またまた地図もMelideに行った時のを使いまわしですが
MendrisiottoMap.jpg
Melideから右下のChiassoに向かって降りていくとChiassoのちょっと上ぐらいにMorbio Inf. って場所があると思います。そこです。

食事のお供は
0303201201.jpg
Cave du LacのFendant de Saint-Léonard(白)。
このボトル、実は700mlという私にとっては人生初の独特量ボトルでした。
ちなみに通常のワインは750mlです。
Chasselas(シャスラー)100%のワインでした。
やっぱシャスラー独特の苦みがありましたが、チーズ系には合うのかなと思いました。

0303201202.jpg
↑サラミ系盛り合わせ小

0303201203.jpg
↑Valle di Muggioのチーズ

上の2つを前菜として分け分けしました。
とにかく私のお気に入りはチーズ!!
すご~~~くミルキー!!
いくらでも食べれるって感じ。

そしてサラミ類の中では実は私、サラミ苦手なんですけど(って言いながら最近ちょっとファンになってきてるけど)、サラミが一番おいしかったです。
特に向かって右側にあるサラミがおいしかった!!
もちろん他のもおいしかったのです。

0303201204.jpg
↑プリモは二人ともPizzoccheri(ピッツォッケリ)。
元々二人ともそば粉が好きなんだと思います。
なので日本のお蕎麦もピッツォッケリも大好き

ただ本場Valtellinaと使用しているチーズは違いました。
ここではフォンデュー用のチーズ(ってグリュイエールってこと???具体的なお名前はおっしゃいませんでした)使ってますって言ってはりました。私はラクレットか?!って思ったりもしました。
と言うのも。。。

かなり強烈なにおい!

お味はおいしいですし、私はチーズのにおいはまったく気にならないけど、チーズ嫌いな人が近くにおったら「おのれ~~~!!何を頼んだ!!」って文句言われそうなぐらいにただよってました(笑)。
結構がっつり系!

最後にデザートは。。
0303201205.jpg
↑相方オーダーのホワイトチョコと胡椒のセミフレッド

0303201206.jpg
↑私のはアマレットがけセミフレッド

私の、すご~~~いアマレットがかかってたので相方のと交換してもらいました(^_^;)
おいしかった!

その後運転しないといけない相方はコーヒーを。すでに眠い私はコーヒーはパスでお店を後にしました。
去年来た時はシニョーラが切り盛りされていたけど、今回は若者(男の子)。
どうやらお母様から代を引き継いだらしい。

親から引き継げるお商売とか家とかある人ってラッキ~やなって思いつつ帰途につきました。
どうもこのグロットのあたり、ハイキングコースっぽいので次回はハイキングをし、帰りがけにご飯食べて帰ろうかな(笑)♪


Grotto del Mulino
住所:Via ai Crotti 2
   6834 Morbio Inferiore
電話:+41-(0)91-683-1180
営業:月~土 17:00~24:00
   日   11:00~15:00

1~2月に読んだ本(2012年)

昨日からのドイツ行きが一転二転で中止(*x_x)
急に言い出したドイツ行きだったので日曜の洗濯割り当て日に向かって洗濯物は山のようだったから私てきにはありがたいのですが。。。行くならもうちょっと前から言ってもらわないとスイス洗濯事情は大変なのです 
ただ今洗濯1回目中・・・

さてさて、タイトルの話を・・・
去年の11月以来、本を読んでいなかった訳ではないのです (-"-;A ...アセアセ
マンガ以外にもちょびらっと読んでいたりするのですが、如何せん「1月行く、2月逃げる、3月去る」と言われるだけのことはあって・・・って言い訳です、はい (^_^;)
今月からはもっと読むようにと自分に発破をかける意味も込めて、今年1月~2月の間に(去年12月は読めてないです)読んだ本は・・・・

0345523776Last Night in Twisted River: A Novel
John Irving
Ballantine Books 2010-06-10

by G-Tools


4101369186火車 (新潮文庫)
宮部 みゆき
新潮社 1998-01

by G-Tools


4101307024錦繍 (新潮文庫)
宮本 輝
新潮社 1985-05

by G-Tools


ハハハ、3冊しか読んでない(-_-)
さらに錦繍は2度目です。

感想は続きで。。。

続きを読む

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

最近バタバタと予定外のことが起こること多発でどうも自分のリズムを崩しがち。。
ブログは辛うじて更新してるように思いますが、他の媒体は放置気味(-"-;)

昨日もそんな1日。
まず前日に起こったひったくり事件と戸締りに気をつけようと言うことを隣のシニョーラに伝えようと思ったら

シ:ちょっと、コーヒー飲んできなさいよ~!!!

から始まりちょっと長居してしまった(^_^;)
しかしその後は盛り返し、ちょっと宿題・・・と思ってたら

ガッシャ~~~~~~ン!!!

リビングに居たんですが、ベッドルームの方からの騒音!
前日のこともあったしもしやベッドルームのガラスを割られたか?!と一瞬思った。
そろ~~~っとベッドルームへ行くと。。。。

Icarus.jpg
イカロスの墜落の額が墜落(*x_x)

金曜の夜に出かけるからバタバタしたくなくって木曜に掃除をすませたばっかだったのに、ガラスの破片だらけ(-_-)
またまた掃除機手動
まぁ家が綺麗になっていいっちゃ~いいんですけど。。。

そんなこんなで宿題はおざなりのままこの日のメインイベントへ!!
cA_riNoさんご夫妻とお約束をし、夫婦4人で在スイス日本大使館主催の日本映画上映会に行って参りました~\(^O^)/
昨晩上映された映画はこちら↓
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

公式サイトはこちら
ご存知の方も多いと思いますが、原作はこちら↓
ヴィヨンの妻 (新潮文庫)
viasardegnaさん、青空文庫にありました~~~(こちら)\(^O^)/

ちなみに私、太宰さんの原作って知らなかった(恥)(-"-;A ...アセアセ
cA_riNoさんに教えていただきました(>_<)

そしてこれまたご存知の方も多いでしょうか(こちらは知ってた!)モントリオール世界映画祭で監督賞をとられた映画です(2009年)。

内容は本日太宰さんのバイオグラフィーを相方と確認したところ、限りなく太宰さんの生涯を綴った・・・って感じがしました。
『死神に憑りつかれる』とはこういうことか?!と言うのが私の正直な感想。
この『死神に憑りつかれる』と言う表現を相方は知らなかったので今朝説明。
そして朝納得。

と。。。
まずあらすじですが、ご存知の方も多いかと思いますので省略させていただきます。
まだご存知でない方は公式サイトでご確認をm(_ _)m

感想。。。
私てきにはやっぱ浅野さんって演技上手って思いました。
キャスティングを見てると豪華メンバーでありつつ、演技派が多かったので見ごたえはありました。
でもやっぱ浅野さんが光ってた気がする(贔屓目とかじゃなく)。
ともするとドンヨ~~~~リな感じの役だと思います。
ぶっちゃけドンヨ~~~~リした感も大いに漂ってるのですが、『光と影』が見えるというか・・・
それは『気品』から来る光なのか?!と思いました。
決してまぶしくはない光ではあるのですが、そのともってるような光がどんより感をちょっと緩和していたように勝手に感じてました。

そして広末涼子。
実はあまり好きじゃないんですけど、うまいな~って思いました。
彼女が最後に出るシーンで特にそう思いました!!
彼女の役どころは浅野さんふんする小説家大谷の愛人であり、自殺未遂を決行する相手。
松さんはその大谷の妻役。
広末涼子の最後のシーンは自殺未遂後、廊下で松さんとすれ違うシーン。
ここで不的なニヤ~~って笑いをするのです。
このニヤ~~~を見た時に心底「キィィィィ~~~!!にくらしい!!!」って思いました。
それってすごい演技ってことじゃないですか?!
笑いだけで人をここまで敵に回すのってあっぱれ~!!

そしてもう1つ感じたのは『相互依存』。
一見、松さん役の奥さんである佐知は夫は家に金を入れず、飲んだくれ、女を作り、挙句の果てには心中未遂されるけなげ~っな奥様。でもやっぱこれって相互依存じゃないですか?!
大谷は佐知は絶対彼から逃げないと確信犯だと思う。
そして佐知はそんな夫に甲斐甲斐しく尽くす妻のようではあるけれど、逆境の中、どんどんときれいになり、自分でお金も稼ぎだし、なおかつ夫が最も恐れていた不定をも意図せずとは言えはたらいてしまう。
逆を返せば佐知も夫は自分からは去らないと思ってるのか?!と。
傍から見れば、「さっさと別れろ!」って思う関係を二人の中では均衡を保って続けて行く。。。
なのであまり松さん扮する佐知には同情を感じませんでした。
えっ?!冷たいですかねぇ、私( ̄∇ ̄;)

久々の日本映画。
楽しかったけど、やっぱまだまだ慣れないスイス式の見かた(^_^;)
DVDを流してるんですけど、半分ぐらいのところでぷつ~~って止まって電気がつく。
そう、休憩タイム。
気持ちが乗って来た時にこれってやっぱ慣れない・・・

さらにうちの相方(>_<)
THEイタリア人なのです、相方。
普段は限りなく日本の小3なのですが、こういう時は限りなくTHEイタリア人!
も~~~

リアクションしすぎ!!

独り言多過ぎ~!!!


スイス人の方々も日本人の方々もおとなし~~~くご覧になってるのに・・・

相:ひゃっはっはっはぁぁ~~~(≧∇≦)ノ彡

と笑ってみたり、

相」ないっ、それはないやろ~絶対に!!

と突っ込んでみたり、

相:マジで言うてんのか、そんなこと!!

とヤジってみたり┐(-。ー;)┌

自由にもほどがあるやろ相方!!
cA_riNoさんご夫妻、お二人の前に座ったのが間違いでした。
我が家は後ろに座るべきだった(-_-)
お騒がせいたしました<(_ _)>

その後ロビーでカツサンドを日本人会の方がふるまってくださってるのを目ざとく見つけた相方。
仕事帰りでまだ夕食食べてないこともあったけど、とんかつLoveeeee~ な相方はぶっちぎり3切れほおばりご満悦。そう、どこまでも自由なのです。。。

世間はせま~い

昨日は新クラスメイトのお誘いでPonte Tresaにあるもう1つの日本食レストラン(経営は中国人)に行ってきました。
もうPonte Tresaの和食屋はないなぁ~って思ってたんですけど、また性懲りもなく行っちゃいました(苦笑)。

新クラスメイトのE(仏人)は隣の隣の棟に住んでるので彼女がPonte Tresaまで来るまで連れてってくれました。
招待してくれたのはS(蘭人)で行ってみると彼女の彼氏(蘭人)とお友達夫婦(旦那様仏人、奥様米人)がいらっしゃってました。
この奥様の方、どっかで見たことある気がする~~とジ~~っと見てると彼女もジ~~~って見てるのであっ?!気分を害した?!と思い。。

G:ごめんなさい、ちょっと知ってる人に似てる気がして。。。
奥:私も会ったことがある気がしたの。。。

とみんなで雑談をしていると。。。

思い出した!!

G:あなたって英語のグループに入ってない?!
  〇〇(←グループの名前)って言うグループ。
奥:入ってるよ。
G:やっぱり1回だけ会ったよね?!
  フランス人の旦那様がいる~って言ってなかったっけ?
旦:フランス人の旦那です。

どっかで見たことあるな~と思ったら去年の11月に1回だけ英語系のグループで会った人だった。
いや~世間って狭い!!
悪いことするつもりはないけど、悪いことできんな~と思いました(笑)。

悪いことって言えば、このレストランに向かう道中Eが

E:今日昼家におった?
G:うん、掃除してたけど。。
E:悲鳴聞いた?!
G:いや~うちの掃除機すっごい音やから (^_^;)
E:昼ごろ女の人の大きな悲鳴が聞こえたから
  バルコニーに出たら、私らのマンションの
  1本向こう側の道から黒人の人がバッグ持って
  壁越えてこっち側に逃げてきててん!!
G:えぇぇ~~~!!
  捕まった?!
E:捕まった!
  でもさぁ、うちの前の通りからうちの通りに抜けるんて
  マンションが結構あるからそうそう抜けれんやろ?!
G:うん、抜けれるところは限られてるなぁ。
E:も~土地勘ありありって感じで低~い壁とかささ~って登って
  アッと言う間にうちらの通りに来たもんね。
G:ここって平和って思ってたのに怖いな~!!
  うち2階やからやばそう。。。
E:気ぃ~つけた方がええで~!!

って事件があったらしい。
ローカルのネット新聞を2つほど見たけど、ひとまずこのニュースは載ってなかった。
が、最近Luganoもひったくりやら強盗事件がポツポツあるみたい。。。

最近めっきり暖かくなってきたし、芽を出し始めるのはなにも草木だけじゃないんやな~と思いました。
戸締り気をつけましょ~!
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。