Juuuust chillin' out!! 2011年10月

読書の秋

タイトルを書くのもおこがましいほど最近読書してませんでした

前回読んだ本ってば5月だわ・・・(こちら

夏は遊び過ぎたので、秋はちょっくらお勉強も・・・と読書を開始!
今月読み終えた本はこちら!

A Moveable Feast: The Restored Edition Margherita Dolcevita

ちなみに向かって左側のはKindelで読みました。

感想は続きで・・・・

続きを読む »

明日の夜はご注意!

何かの警告か?!って感じのタイトルですが、明日の夜中、正確には日曜の午前で

夏時間は終了!

29日(土)の夜中の3時、正確には30日(日)の午前3時に時計を1時間戻して午前2時にしましょ~
まぁまぁ忘れたところで月曜に会社なりに1時間早く着いて、早朝出勤な人になるだけですけど

しかしこの夏時間って前にも書いたかもしれんけど、日本にはない感覚やから日本人的にはややこしいですよね。
私が初めて夏時間を経験したのはカナダで。
今回とは逆バージョンで標準時→夏時間に変わったんを知らずに学校のクラス分け試験に1時間遅刻

G:そんなん私の国にはないんで知りませんでした!!

とねばって特別に試験を別室で受けさせていただきましたけど(笑)。
いや~言ってみるもんや!

ちなみにwikiを見てるとほんの一時期、日本にも夏時間ってあったんですね!!
※占領時期のみみたいですけど。

夏時間、イタリア語では『ora legale』と言います。
ちなみにカナダの英語圏に住んでた時は『daylight saving time』って言ってました。
一部の英語圏では『summer time』って言うみたいですね。
でもこっちの方がsummer=夏、time=時間って簡単なんだけど(笑)。

そしてこの日曜の午前に戻るのが標準時。
これはイタリア語では『ora solare』、英語では『standard time』です。

標準時になると日本との時差が8時間に戻りま~す。

しかし私てきに超~不思議なんはなんで午前3時→午前2時なの??
確か標準時→夏時間になる時は午前1時→午前2時。
2時がネックなのね?!?!

なんとな~く日本人的には午前0時を基準にしそうな気がするんだけど・・・
やっぱ不思議だわ。

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

チャリティーショー@Lugano

Luganoでのチャリティーコンサートの告知以来、ご無沙汰の告知となりますが・・・

今回はパントマイムと音楽のチャリティーショーのご案内です。

Frock.jpg
※クリックすると拡大いたします。

日時:11月26日(土)8:00pm~
場所:Scuola Universitaria di Musica (Conservatorio)
   Via Soldino 9, Lugano
備考:ショーの入場無料
   チャリティーで集まったお金は「あしなが育英基金」に寄付予定

こちらのショーは先日スイスにあるDimitri劇場にて大成功をおさめた公演と同じもので、日本人クラウンの方とフルート奏者の方とチェロ奏者の方によるショートなります。

ショーは休憩なしで約1時間15分ほどだそうです。お子さん連れの方にも楽しんでいただける長さかなと思います。
またショーの後にはTicinoの日本人会であるカメリアクラブ様が軽食と飲み物をご用意くださいます。

Ticino州在住の方、この時期近くに行くよ~って方、お時間があれば是非是非ご参加ください☆
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

カエデ

以前にもちらっとお話をしたかもしれませんが、うちの相方は大のホットケーキ好き

最初の頃は日本からこちらを↓

森永 ホットケーキミックス 150gx4

せっせと持ってきてたんですけど、なんとま~!!

近所のCoopに売ってるじゃない!!

※Migrosに売ってるかは未確認・・・

DrOPancakes.jpg

Dr. Oetker社のパンケーキミックス♪
これを発見して以来、これを愛用しております(手抜きぃ~)

ちなみにこんなんも見っけた♪
DrOCrepes.jpg
こちらはいつか相方がフランス製のティファールのラクレット用ホットプレートを買ってくれたら(しつこくお願いしようo(^-^)o)買ってみよう・・・

もとい・・・
相方がなんでホットケーキが好きなんかと言うと、ホットケーキもなんですけど、どうもメイプルシロップがめちゃめちゃ好きみたい┐(-。ー;)┌ ほぼメープルシロップのつけ麺ならぬ、つけホットケーキぐらいの勢いでかけてはります

さてさてここでやっとこさタイトルにくるんですけど。。。
今朝、このメープルシロップ、どうやって作るのか?!って話になったんです。
やっぱメープルシロップって言ったら一番に思い浮かぶんがカナダ
以前にもちら~っと言いましたがけど、メープル街道なるものがありますもんね。(こちら

でもメープルってカエデじゃないのって話になったんですけど・・・

カエデって言ったら日本人的にはやっぱ紅葉
じゃあなんで日本にはこのメープルシロップがないの
※調べたら少量だけど日本でも作られてるみたいです。

どうも種類が違うんですね。
相方が なメープルシロップの原料となるのはカエデはカエデでも『サトウカエデ(Sugar Maple)』だそうです。
一方日本でよく目にする紅葉の方は『イロハカエデ』。
微妙~に違うんですね。
もちろんどちらもカエデ科です。

カエデ自体は結構な地域に分布してるんですね↓
MapleMap.jpg
※wikiさんより地図を拝借m(_ _)m

ただ日本で見る紅葉=イロハカエデは日本を始め、朝鮮半島、中国、台湾の東アジアに限定されるみたいですけど

こちらスイスに多いのは恐らくノルウェーカエデかな~と思います。
ヨーロッパに多いのはこのノルウェーカエデ(別名ヨーロッパカエデ)、セイヨウカジカエデ、コブカエデだそうですよ。

そうそう!
メグスリノキ茶って言う目にいいってお茶一時期はやりませんでした?!
その原料のメグスリノキもカエデ科らしいですよ(こちら)。

一方メープルシロップの原料となるサトウカエデの分布はこんな感じ↓
SugerMapleMap.jpg
※wikiさんより地図を拝借m(_ _)m

こうやって見ると、ほぼアメリカに分布してる気がするんですけど(^_^;)
でもやっぱメープルシロップって言うとカナダですよねぇ~

カナダではこのメープルシロップ、日本で調味料としてお砂糖を使うように使用している家庭もあるみたいですよ。
外国じゃ~割高でそうそう大盤振る舞いには使えないわ(笑)。。。

カエデ科のもので食用と言えば・・・
大阪人というか関西人なら結構みんな知ってると思うんですけど、大阪の箕面市(上沼恵美子や西川きよしが住んでま~す♪って関西ローカルすぎ?!でもお金持ち地帯です)にはこんなもん↓もあります。
momijiten.jpg
↑もみじの天ぷら

かりんとう的なお味です。
箕面に紅葉狩りにいらっしゃった際には素敵なお土産になると思うけどなぁ・・

そろそろこちらも秋本番って感じ。
山も多いし、どっか紅葉狩りベストスポットを探して紅葉狩りに行ってみよ~



ちょっと関係ないけど、今日本ってこんなホットケーキミックスも売ってるんやねぇ?!!

お豆と雑穀のホットケーキミックス(300g)
お豆と雑穀のホットケーキミックス(300g)

ホテルニューオータニ ホットケーキミックス バニラ
ホテルニューオータニ ホットケーキミックス バニラ

特に上のは健康にもよさそうやし、小麦粉アレルギーのお子さんを持つ家庭にはいいかも。

秋の催しin Lugano

何だかすっかり秋というよりも私的には冬?!って思ってしまう気温 (( ;゚Д゚)))))))ブルブル
昨日のLuganoは雨&最高気温が8℃というなんともなんともな一日。
今週も気温はあがっても14℃ぐらいみたいで、これって大阪の最低気温じゃないの???
大阪からヨーロッパにいらっしゃる方、お気を付けくださいませ☆

夏の間はドイツ語圏やドイツからバカンスに来る人が多いTicino。
なのでイベントも盛りだくさんでした(こちら)。

では秋は寂しい感じ

いえいえ秋にもちょこちょこと色んな催し物が行われているみたいです。
この前は収穫祭などの食に関するイベントをご紹介しましたが、今回は・・・

2011FIT.jpg
Festival Internazionale del Teatro
※画像をクリックするとプログラムへとびます。

国際演劇フェスティバルって訳したいいかしら?!
国際とつくだけあってスイスのみならず、イタリア、スペイン、ロシヤやウルグアイなどからの舞台もが見れます。

こちらはこのポスターにある通り10月30日までなのですが、これとは別に・・・

2011LuganoinScena.jpg
Lugano in Scenaという音楽、演劇、ダンスなどの催し物が不定期ですが来年の5月まで開催されます。

芸術の秋、是非LuganoにEnjoyしにきてくださ~い \(^O^)/
って別に観光局に勤めてる訳でも何でもないんですけど(笑)・・・

かくいう私は「読書の秋」だったりします。
またそのお話は次回にということで・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Raclette~ラクレット

Vacherin Mont d'Or~ヴァシュラン・モン・ドール』に続いてもう1つ秋・冬を感じさせてくれるスイスのチーズネタ

それはRaclette(ラクレット)!
01081105.jpg

01081106.jpg

このラクレット、牛乳製のセミハードチーズ(チーズプロフェッショナル協会の分類では「圧搾タイプ」)です。
産地はスイスのValais(ヴァレー)地方が有名で、ここで造られたラクレットはRaclette du Valais AOC(サイトはフランス語のみです)という認証マークつきです。

AOCは『Appellation d' Origine Controlee(原産地統制名称)』の略で、こちらTicino州にはこれに相当するイタリア語版のDOP(Denominazione di Origine Protetta)という認証マークがあります。

スイスにはこのAOC(DOP)チーズが現時点で11あります。
ここでは少し話がそれるのでご興味のある方用に続きに記載しておきます。

ラクレットに話を戻して・・・
スイスのヴァレー地方のものが有名だと言いましたが、ラクレット自体はスイスの多くの地域で造られています。
こちらのサイト自体はフランス語のみなのですが、上の地図の赤い部分がスイス内でのラクレットの産地となります。
残念ながらTicinoは入ってませんが(苦笑)・・・

そして産地はスイスのみならず、きっと勘のいい方はもうおわかりだと思いますが山を越えたフランスのサヴォア地方でも造られています。
珍しいところでは、カナダのケベック(まぁフランス語つながりと言えば納得がいかなくもないけど)、そしてなんとオーストラリアでも造られています!

それぞれの違いについての明確な情報は残念ながら得られていません(涙)。

ラクレットの語源はフランス語のracler(ラクレ)、「削る」という言葉です。

定番の食べ方は1つ目の写真にあるように、表面を加熱し、溶けた部分をそぎ落として(2枚目の写真のように)いただきます。このそぎ落とすのが「削る」なのかしら?!と思ったり。

食べ方はこの2枚目の写真のように(ってちょっと見えにくいけど)、おじゃがやピクルスを付け合せにしていただきます。
または秋祭りで食べた時みたく・・
02101119.jpg
↑パンにのっけたりするのがスタンダードかも。
どちらも胡椒を一振りするといい感じです!
あとパウダー状になっているパプリカ(香辛料)も外で食べた時にはスタンドに常備されていましたよ。

外でいただく時は1枚目の写真のようなツールを使って加熱しますが、家庭でこれを持ってはる人は早々いないと思います(^_^;) どんだけキッチンでかいねん!ってつっこみたくなる代物ですものねぇ(笑)。

家庭バージョンはこちら↓
RacletteTefalch.jpg
※画像はTefalより拝借m(_ _)m

じょばさん、ティファール言うても今回は電気ケトルとちゃいますよ~(* ̄m ̄)プッ

ちょっとわかりにくいかもしれませんけど、鉄板の下にある小さいフライパンみたいなんにラクレットを入れて加熱し、溶かします。ちなみにこの小さいフライパンに入れやすいように事前に切ったラクレットがスイスでは売られています。
勿論普通の塊も売ってます。

RacletteFormaggiM.jpg
※写真はスイスの2大スーパーの1つMigrosより拝借m(_ _)m

このツール、大阪のほぼ全部の家庭にたこ焼き器があるように、スイスの家庭にはあるらしい(◎o◎;)

勿論イタリア人 プラス日本人 家族の我が家にはない

チーズ好きの私と、すっかり私に影響されてチーズに目覚めた相方(元々好きだったのは好きだったみたいだけど)の家にもこれは必需品じゃない?!?!って思っています。

ちなみに私が狙っているのはこちらのタイプはこれとは違うのですが・・・
それもご興味のある方のみにということで続きに書きま~す(笑)。

このスタンダードな食べ方以外では・・・
以前gioiaさんとご一緒したレストランではピザにのってました(こちら)。

そうそう、言い忘れましたが、このラクレット結構強めのにおいがします。
ラクレットを家ですると、焼肉を家でした次の日ならぬラクレットを家でした次の日のようににおいが充満すると聞いています(苦笑)。

と、またまたそれましたが(6 ̄  ̄)ポリポリ
おじゃがと合うから、ちょっと、いやかなりヘビーになるかもしれんけど、コロッケの中に忍ばせるとか。
う~ん、もうひとひねり・・・
ラクレットを溶かさずに、ハムとトマトとピクルスとを挟んでサンドイッチとかってさらにひねりがなさすぎか?!?!

なんか超~創作ですけど(っていつも我が家の料理は私の創作だったりするのですが・・)、ブロッコリーとおじゃがを塩茹でして柔らかくなったらミキサーにかける。それが柔らかいようやったらちょっと片栗粉なり小麦粉なりでつなぎにしてお焼きみたいなんを作ってその上にラクレットをスライスまたはすったもんをかけてオーブンで焼くってのはどうかしら?!?!
う~ん、ちょっとちまちまとお焼き状のもんを作んのがめんどいから、ラザニア皿とかにざざ~っとながしてその上にこの市販のスライスされたラクレットを敷き詰めてオーブンに投入!その後食べる時に切り分けたら楽か?!
ちょっとこちらは空想のレシピなので一回やってみます・・・

ラクレットに合うワイン・・・
私は意外とコクのある地ビールが一番合うんちゃうか?!って思ったりもしています。

それとやっぱこれ↓
CIMG4908.jpg
Lavauxに行った時に買ったシャスラ(白)。

あとはチーズが個性的なお味なんでパワフルでスパイシーな赤を持ってくるか・・・
例えばサリーチェ・サレンティーノ・ロッソ・リゼルヴァなんかどうかなぁ?!
実際あわしてないのでイメージですけど(笑)。
これも今度実験、実験!

続きを読む »

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

(-"-;A ...アセアセ

思いのほか長引いてます、風邪
一旦咳が出始めるととまらない
今月中にやらないといけないことが2つ3つあるのですが、なんせ集中力が

今月末まであと1週間。
どうにか2~3日中に治ってくれたらなんとかならんこともないような気も・・・

幸い(!)今晩は相方はプロジェクトの1つのグループと外食
ご飯の用意も自分のだけやから適当に済ませてゆっくりまったりしよう

この外食に出かけるまでの過程がちょっと(* ̄m ̄)プッ
2週間ほど前から話にのぼっていたみたいなのですが、相方も含めてプロジェクトメンバーはすべて既婚者のイタリア人男性。
プロジェクトが一段落したのでプチ打ち上げの外食なのですが、Skyoeトークで決めている際・・・

相:じゃあ10/24(月)にしよ~!
他:今のところ仮予定で・・・
相:そっち側(相方以外はミラノ工科大学の人たち)で何か会議?
他:いや、一番大事な奥さん許可がいるから・・・
相:( ̄∇ ̄;)

もちろん相方どのはいつも事後報告です(笑)。
たま~に忘れててとか急に誘われてその日や晩御飯の支度が終わってから

相:外食するから~!

ってTELがありますけど┐(-。ー;)┌
まぁ晩御飯作った後の場合は翌日の相方のランチになるだけなので、ある種私てきにはラッキ~なんですけど(笑)♪

もとい・・・
今日、相方が咳止めとうがい薬を買ってきてくれたので、何とか根性で2~3日中に治してひとまず必須のこと2つは済ませようo(^-^)o

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

感謝、感謝 m(_ _)m

どうも『Tecnica ascolto macchina』を聞きに行った時に寒~い(( ;゚Д゚)))))))ブルブル と思っていたら風邪をひいちゃったみたいで、どうもそれ以降あまりいい感じではない・・・

いつもは週末には北イタリアを中心に小旅行するのですが、今週末は相方から

外出禁止(+_+☆\(-_-)

と常備薬服用のお達し

昨日の土曜は行きたいところが2か所ほどあって・・・

G:どうしてもこことここに行きたいんやけど・・・
相:あかん
G:でも今日しかやってないし!!
相:・・・
G:大丈夫やしっ!
相:じゃあひとまず近所のMigros(スーパー)に行って調子を見てから!

で珍しく週末にスイスのスーパーへ。
実は週末前からちょっとやばいかな~って雰囲気だったんで、イタリアのスーパーへの買い出しは相方一人で行ってもらったんですけど、やはり(!)買い忘れ続出
なのでどうしても必要なもの(コーヒー←毎朝飲むので。勿論エスプレッソ!やら・・・)の買い足しに出かけた。
が・・・

買い物の途中で咳が止まらん

勿論、帰った瞬間に

相:外出はやっぱり禁止!!

で撃沈。。。
することもなく(諦めがいい?!)、スイス生活2年目のターゲット(またチャンスがあれば言いますね♪)達成に向けてちょっくら作業開始!
そう、家でごそごそしている分には文句なしの相方どのです。

しかし主婦たるものそうそうゆっくり休憩~なんてことはできず、ましてここのマンションでの我が家の唯一の洗濯日は日曜の朝。
ぶっちゃけ今日、日曜が一番ピークか?!って思うぐらいに喉どころか胸まで痛い
勿論、咳はエンドレス
熱はあるってわかると気分がズ~ンと落ちるので(まさに病は気からタイプ!)、あえて自分をへこます作業はいたしません!なので検温拒否

せっかくのお休みで相方はどっか行きたかったかも・・やけど、やっぱ一人だけ出かけるのはしのびなかったのか、相方も私におつきあいで家で何やら作業中。まぁこの人、コンピュータさえあればどこででも仕事できる人やから、きっと仕事してるんかな~と思ってPC覗くと~・・

オークションでマンガ買ってる

┐(-。ー;)┌


まぁ自分の自由な時間に自分の金ですから、どうぞご自由にですけど・・・

しかしちょっと心配してくれてるのか超~珍しく

週末の食事はすべて相方作!

※別に私は調理できないほどの容態ではないです。
 ただ咳が止まらんだけ

さらには、いつもは洗濯は(って洗濯だけじゃないけど・・)頑として手をかさないのに・・・

洗濯物を取りに一人で行った!!

※洗濯は地下1の洗濯ルームでし、そこに干すしくみです。

ちなみに洗濯は私がしたんですけどね(笑)

洗濯ルームは地下室なんでちょっと湿気も高くひんやりしてるから・・・

相:俺が一人で取りに行く!

と夜やし一人で取ってきてくれました。

「大したことないや~ん!」って思われるかもしれませんが、普段はほんま家事はな~んもせ~へんのでびっくり&感謝、感謝です

さすがに大嫌いな洗い物はまったくHELPする申し出はなかったですけど(爆)・・・

まあまあでも、こうやってちょっと体調が悪い時とかにいたわってくれる人がそばにいてくれはるんはほんまありがたいことです。いつもは憎まれ口をたたく相方ですが、いざって時にはやっぱ頼りになる。
相方、これからも何かあってもなくってもよろしくね~♪

紅白国旗の国

最近ちょっとブログをさぼり気味
ちょ~っとやらなきゃいけないことやら、やりたいことなどがあってしわ寄せがこっちに・・・

さてさて先日お友達とお話をしていてふと気づいたこと・・・

私がこれまでに1年以上の長期滞在している国ってすべて国旗の国ばかり (◎o◎)

当然ですが、まず日本↓
jp100.gif

通称『日の丸』ですが、法的には『日章旗』(ってみんな知ってるか・・)。

国旗の白は「純潔、神聖」を、赤(本当は紅らしい)は「太陽の光明、円満な真心」を意味するらしいです。
日本の首都はご存知世界三大都市の1つ東京(後2つはNYとロンドン)で公用語は日本語。
そして通貨は円¥。

ちなみに私は大阪出身です(誰も聞いてないけど・・)。

その後長期で住んだのは(2年)カナダ↓
ca100.gif

通称『The Maple Leaf』(英語圏)または『L'Unifolié』(フランス語圏)。
英語圏の意味はまさに「カエデの葉」!
そしてフランス語の方の意味は「1枚の葉」。
英語の意味はそのまんまやん!って感じやけど、フランス語のは何でやろか???

両端の赤は「太平洋(向かって左)と大西洋(向かって右)」を、真ん中のメープルはカナダを象徴する木を表しているそうです。
そうそう!ナイアガラの滝があるオンタリオ州~お隣のケベック州(フランス語圏)にかけてメープル街道なるものがありますよ。(こちら

カナダの首都はOttawa(オタワ)で公用語は英語とフランス語。
と言っても、ケベック州はフランス語のみを、ニューブランズウィック州は英語とフランス語の両方を、そしてそれ以外の州は英語だけを公用語としています。
※カナダは10州(province)と3準州(territory)です。
そして通貨はカナダ・ドルです。

ちなみに私が住んでいたのはVancouver(バンクーバー)です(誰も聞いてないけど・・)。

そうそう!
この前オランダ人のWさんと話してて知った(遅い!)のですが(←今まで気にしたことがなかった)、カナダはCommonwealth realm(英連邦王国)の1つなのです。
※16の国家がこれに該当します。

道理でお札にエリザベス女王の顔が~!!

そして今んところ最後にほぼ1年住んでいる国スイス↓
ch100.gif

シュヴィーツ州旗が元になったそうですよ。
こちらの図形は長方形になってますが、正確には正方形です。

真ん中の十字は「キリスト教」、周りの赤は「主権」を意味しているらしいです。
スイスの首都はBern(ベルン)で公用語はドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。
そして通過はスイス・フラン。

スイスのもうちょっとした情報はこちらを♪

ちなみに私が住んでいるのはご存知Lugano(ルガーノ)です。

一応『紅白国旗』と言えどもスタイルはかなり違う!!
と、ここで騒ぐのがマニアB型の血(笑)!
※そして今日は外出禁止令が相方から出ているため暇・・・

他にも紅白国旗っていくつあるんだろう・・・
あるのか?!
で、調べてみると・・・

at100.gif dk100.gif

bh100.gif ge100.gif

id100.gif mc100.gif

pl100.gif sg100.gif

tn100.gif tr100.gif

to100.gif mt100.gif

↑こんなに!!
※最後のはちょっとグレーも入ってるか?!

もしや次に引っ越すかもしれない国(ひとまず近々には予定なし)はこの中の1つになったりして(笑)。
いや~2つほどあり得そうな国が入ってるのが笑える!!!

でも何でこんなに赤と白って国旗にはポピュラーなのでしょうか?!?!
イタリア国旗もこの2色プラス緑だし・・・

それぞれの国で赤と白が表す意味は違うみたいなだけに何とも不思議。

ちなみに国旗ではないけど、こちらも紅白!
en100.gif hk100.gif
↑向かって左がイングランド旗、右が香港旗


※続きには上の紅白国旗の国名書いときます、一応・・・




続きを読む »

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

Tecnica ascolto macchina

ぷちご無沙汰しております

昨日は『Tecnica ascolto macchina』というセミナーを聞きに行ってきました。

TAM2011.png

最初は相方と一緒にって話だったんで、何の予備知識もなく、そして

相:セミナーは英語やで!

って話だったので気軽な感じでいたのに・・・

開始時刻5分前に相方からSMSで

相:行けません!

( ̄∇ ̄;)

仕方がないので一人で行ってみた。まぁ面白そうなお話っぽかったんで。。

場所はLuganoにある『Ex Macello』というところ。
ただ今Da Vinci al Macelloと言う展示が開催されているところです。

1910111.jpg
↑スライドがあるから照明が落とされてて、非常~に暗いですけど・・

しかし話が始まると・・・

前半イタリア語のみ!

いやはや・・

まず前説があって(それもイタリア語やった・・・)ギリシア神話を例に出して話出したので「きょ~降参だよ!!」と引き気味・・・一応ギリシャ神話は薄~くお勉強したんですけど、マンガで(爆)♪
(ちなみにそのマンガはこちら

まず1人目のスピーカーDavide Maculloさん(建築家)がイタリア語で話し出した( ̄∇ ̄;)

建築家ってどういうこと?!?!
事前に相方から聞いてた話は人工知能の話を英語で・・だったんですけど(-"-;A ..

もとい・・・
この方、建築物と環境の関係というかつながりについてお話されてました。
その環境にあった建築物をお客さんのニーズに応えながらつくっていく。。。ということらしいです。
スイスの場合、山間部の狭い居住地域でのオーダーでは日本の家屋の建築を参考にされたりもなさったそうですよ。
過去に日本、韓国、中国を訪問されたことがあるようで、自然との融合についてのアジア的考えを勉強されたそうです。

いくつかスライドで拝見した建築物はどれもとても個性的な建物で、ぶっちゃけ「微妙・・・」と思うものから「斬新!」と思うものがありました。まぁ素人目に見てですけど・・・

面白いな~と思ったのは設計段階のスケッチのされ方。
地形や環境などをスケッチにして、その環境に合った(と判断された)形の建物がデザインされていくみたいですよ。

ただひとつ「物申す!」と思ったのは、(メモを取ってないというか筆記具を持ってってなかったので正確な数字があいまいですが・・)確か世界のベスト建物2,000(やったかなぁ、20,000やったかなぁ。。。)中に占めるスイスの建築物の割合、またTicinoの割合がいかに高いかと言うお話をされてました。

確かにBottaを始めスイスには有名な建築家も多いし、素敵な建築物も多いし、建築技術も高いと思います。
しかしこういうランキングに入ろうと思うとやはり資金力がものを言うと思いませんか?!
そこはお金持ちの国スイス!
ランキングの上位に入ってもおかしくはないかなというのが私の考えです。
スイスの数字だけではなく、そのランキングのBEST 10の国名を挙げて欲しかったな(笑)。

ちなみにそれを質問してみようかと思ってたら、彼の質問コーナーはなく、スピーチが終わったらさっさと退席されて行きました(苦笑)。

そして2人目のスピーカー(と言ってもスピーカーは二人だけなので最後のスピーカー)はJuergen Schmidhuber教授でやっとこさ英語!
しかし!!
人工知能は人工知能でも・・・

ニューラルネットワーク(神経回路網)系だった

これってオブラートよりも薄~いレベルでしか知りませんけど・・・
お話は芸術の創造をモデル化する理論だったように理解しています。
簡単なプログラムを使い、簡単な図形を描く中からもアートは生み出せるみたいな。
コンピュータと言うかプログラムに経験値を積ませ、それを元にコンピュータが蓄積したデータを元に楽しみ(芸術など)を生み出すということらしいです。

例に出されていたのはフラクタル概念を元にした半円からなる女性の図。
これは興味深かったです。

もう1つ面白いな~と思ったというか、やはり!と思ったのは『数学的な美』について。
ひらたくと言うか、大きくくくれば、日本でもキムタクの顔が左右シンメトリーだから、ほぼ万人が彼を男前やと思う的な論理ですよね?!
黄金比なんかもこれに通ずるんじゃないでしょうか?!

まぁ、興味深い話ではあったのですが、またまた辛口なコメントさせていただくならば・・・
アートの世界へのニューラルネットワーク利用も楽しいし、画期的だとは思いますがもっともっと現実的な分野、医療や災害対策などの分野にも研究を進めてもらえないのかな~と。
そういう分野にもニューラルネットワークは取り入れられているのは知ってますが、さらに多くに人が取り組めば『データは蓄積され』、コンピュータの学習能力もUPするんじゃないのかな~と素人的には思いました。

toscaさんともちょっとSkype でやりとりをしておっしゃってましたが、こういうセミナーに参加するってことも自分が普段使用しない単語に触れる機会になるし、机上で勉強しないイタリア語の方法の1つとしてありやな~と思いました。
これを機に積極的にセミナーなんかには参加して行きたいなと2年目突入の私は思ったり(笑)。

ゆる~くがんばりま~すo(^-^)o

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Trattoria Monferrato

Notte Tricoloreを楽しんでいたけれど空腹に屈した我々が向かった先は、ちょうどお城に行く途中で見つけたTrattoria Monferrato
表のメニュー(イタリアのお店はよくはりだしたり、置かれたりしています)を見てみると、ローカル料理あり&お手頃値段の我々好み♪ そしているもするのですが、窓の隙間からチロ~って家政婦は見た!
家政婦は見た! DVD-BOX5
のように中を覗いてみる(笑)。

客入りと料理待ちの風景を見てから入るかどうか決めてます。

「Giannaはん、やらしいなぁ~!」って声が聞こえてきそうですが、これ重要!!
いくらええ感じのメニューでも土曜のこの時間(夜9時ごろ)にガッラガラやとちと考えもの!
それにいっぱいでもお料理がまったくサーブされていないのもお店が回ってなくって満席なだけ(帰るに帰れない)かもしれないから、そこから入るといつお食事にありつけるか謎なんでこれまた重要!!

家政婦ならぬGiannaが見た!感じ、ほぼ満席&食べ終わってる客や食事中の客が80%を超えてる感じだったんで(目ざとい私・・)決定!
実はひと足遅れで我々の後に入って来た人たちは

店:予約で満席です・・

と断られていた。

入る前はプリモとセコンドでって話してたのに、お店の人の説明(メニューは外にあるだけで口頭でのメニュー説明のみです)を聞いた相方は独断で(!)

相:じゃあ前菜の盛り合わせにします!!

とオーダーしちゃったよ
まぁまぁでもうちは基本食の好みが一緒なんで、これでもめたりはいたしません(笑)!

G:何で前菜盛りにしたん?
相:なんかおいしそうやし、パスタやとちょっと待たされそうじゃない?!
  ひとまず前菜頼んで、パスタにした方がよさ気じゃない?!

そう、回りを見ると結構スローペースで進んでいた。
こりゃ~家政婦Giannaも見落としておりました

151011C01.jpg
↑お食事のおともはNebbiolo d'Alba DOC。
まぁまぁのお味でした。

まわりの皆さんはほぼ全ハウスワインを頼んではった。
もしやハウスの方がうまかったのか?!?!

151011C02.jpg
↑すごい写真がぼけてますが、前菜盛り合わせの1皿目。

相:何やと思う、これ?!
G:メロンやろ?!
  メロンにミントとリキュールかかってんのんちゃうん?!
相:いや、絶対にズッキーニや!
G:えぇ~、でもこの甘さはメロンやて!!
相:いや、リキュールの甘さや!
G:聞いてみ~さ!!

で聞いたらやっぱメロンでした
主婦をなめんなよ~、相方!!

151011C03.jpg
↑手前がBresaola+パルミジャーノ、後方がツナ+くるみ+赤チコリやと思います。

151011C04.jpg
↑茄子+ズッキーニ+玉ねぎのソテー

151011C05.jpg
↑多分下の部分は焼きポレンタ、上の部分はゴルゴンゾーラとクリームチーズをMIXしたもの

この時点で

G:前菜盛り合わせって5皿も出てきたよ~!!
  いっぱいやなぁ~♪
相:これで一人20ユーロはお得かもな♪

って言ってたんですけど・・・

まだまだ来ます!
151011C06.jpg
↑玉ねぎを詰め物はツナとアマレット(リキュール)を混ぜたもの

151011C07.jpg
↑緑のはパスタです。上はポルチーニ、下はチーズ

151011C08.jpg
↑パプリカを焼いた上にピエモンテ名物バーニャカウダがかかってます

151011C09.jpg
↑フリットなんですけど、ドルチェの方のアマレット(お菓子みたいなの)、りんご、そしてもう1つはあま~いポレンタみたいなのでした。

結局前菜の盛り合わせは9皿!
※実はひつこく7つ目の皿をパンでチーズをそぎとっていたら・・・

店:これ好き?
G:( ̄∇ ̄;)
  あっ、はい・・・
店:じゃあ持ってきますね♪

とこれだけ2皿食べちゃったりした(>_<)
なんで合計10皿食べました。

ぶっちゃけどれもこれもおいしかったです!!
あえて私のベスト3を選ぶとしたら、6,7,8皿目かな~。

しかし・・

相:俺はプリモ食べる!
  お前は?
G:( ̄∇ ̄;)
  何気にこれでギブアップかも・・・

で。。。
151011C10.jpg
↑相方のプリモでアンチョビとラディッキオのタリアテッレ

いや~相方どのあっぱれです\(_ _;)/

しかしドルチェは別腹♪

151011C11.jpg
↑私のドルチェでパンナコッタ、ブルーベリー風味

超~濃厚~!!

151011C12.jpg
↑相方ドルチェでザバイオーネ

も~無理~ってなってたら・・
151011C13.jpg
↑自家製食後酒(ワインとブルーベリー)が出てきた。

いや~どれもこれもおいしくて満腹、満腹!!
そしてお財布にはとて~も優しいお値段でした♪
また来よ!!


Trattoria Monferrato
住所:Via Gariglietti, 1, Ivrea (TO)
電話:0125-641012
営業:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Notte Tricolore @ Ivrea

今年はイタリア統一150周年を記念だということはトリノへ観光に行った際に(こちら)ちら~と申し上げておりましたが、ピエモンテ県では結構この記念に関するイベントを色々と行っているようです。

まずピエモンテって??という方に・・・
場所はこちら↓
Piemonte.jpg
※地図はwikiより拝借m(_ _)m

州都はアイススケートの荒川元選手が金を取られた冬季オリンピックが開催されたトリノです。

ちなみにイタリア統一150周年目は今年の3月17日でした。
その前夜16日から当日17日にかけてイタリアの首都ローマを始め、ミラノ、フィレンツェ、ナポリ、そしてトリノなどの大都市では『Notti Tricolore』(三色旗の夜) と称するイベントが開催されておりました。

こちらはイタリア統一150周年を記念して、無料で美術館などへ入場できたり、ショーがあったり、展示があったり、そしてそれらが夜遅くまで開催されるというものでした。

トリノ県ではトリノでのNotte Tricoloreの成功をもとに、8/13にSusaで、9/10にPineroloで、9/17にBivoliで、そして昨日10/15に最終IvreaでこのNotte Tricoloreが開催されました。

Ivreaは6年前にカーニヴァルに行った町で(こちら)、タイプライターで有名な(って今の人はご存知かしら?!?!)Olivettiがある町です。
場所はこちら↓
ProvinciaTorino.jpg
※地図はProvincia di Torinoより拝借m(_ _)m
 クリックすると拡大します。
 赤〇がIvreaで、青〇が州都Torinoです。

Luganoから車で約2時間

15101101.jpg
↑目抜き通りはイタリアTricoloreでいっぱい!

15101102.jpg
↑服屋さんもTricolore仕様のディスプレイ!

町あげてのイベントなんだな~と感動~!!!

えぇ~まったく関係ないですけど、コーヒーがいっぱいディスプレイされていたコーヒー屋がちょっと珍しいな~とパチリ
15101103.jpg

Piazza(広場)の1つではこの150年間を振り返る映像が上映されてました。
15101104.jpg
※ちょっと暗くってすみません・・

15101105.jpg
↑やっぱ映像も最後はTricolore

この後はIvreaの市長さんのお話、そしてもうお一方(誰か忘れちゃいました。。汗)のお話がありました。
印象はお二人ともとて~もスピーチ上手!!
150年間に築いてきたよきイタリアを次世代に伝えていきましょうと言ったようなことをおっしゃってました。

その後市庁舎の方へ向かって歩いていると何やら歌声が!

15101106.jpg
↑元Alpini(アルピーニ)のおじさま方。
※アルピーニはイタリア語wikiの方が詳しいんだけど(こちら)。

写真で見ると普通のおじさま方って感じですけど、いや~めっちゃめちゃ歌うまい!!
合唱なんですけど、感動!!
相方は大慌てで動画撮影の仕方をガチャガチャ(←結局私がセットした)。
そして撮影しておりました(爆)!

最初はどうも市庁舎のところで歌ってはったんですけど、この街角に移動!
そしてその後

お:次、城行く?!

とかって話してるのを聞いて後ろをゾロゾロとついていきました。
※この城内で歌ってはるんを相方は撮影したんですけど。。。

と、ここでびっくり!!
この街角で歌ってはるんは確か3曲歌いはってんけど、最後にイタリア国歌を歌いはりました。
一人のおっちゃんが手で「はい、皆さんご一緒に!」みたいな合図をしたら相方も・・・

歌ってる~

知り合った当初は結構恥ずかしがりやったのに、最近は進んで色んなことができるようになっててちょっと母的気分で感動(笑)!!

G:歌ってるん?!
相:シィィィ~!!

とかなり真剣モードで歌ってはりました。

勿論私は歌えませんので、見学のみ。

15101107.jpg
↑ちなみにちょっと写真はぶれてますけど、このお城の中で歌ってはりました。

このおじさま方について行かなければ、Ivreaにお城があるって知らんかった~!!
ちなみに城内でもイタリアというかIvreaの歴史についての展示がなされており、入場は無料でした。

この展示を見ていて知ったのですが(ってお城があること自体知らんかったからね・・)、サヴォイア家のもので、この前ちらっとだけみたスイスのシオン城などもこのサヴォイア家のお城になるんですね。いや~勉強になりました!

サヴォイア家のこともそうだけど、このイベントに行く前にSalone Internazionale del Libroに行った時に買ってもらったこの本を↓
L'Unità d'Italia
読んでから行きたかったんやけど、まったくもって間に合いませんでした
いや~今ちょっと別のを読んでるから(って言い訳)・・

そしてこの後実はOlivettiの展示を見に行こうってことになってたのですが、空腹に負けお食事に向かってしまい、そこで結構時間を費やしたために見れませんでした (。_・)ドテッ

まぁまぁでも今年にしか参加できないであろうイタリア統一150周年を記念イベントに参加できて楽しかったです

Viva Italia

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

えっ、今?!

最近よく聞かれる機会が多いんですけど、私ん家二人ともスイス人ではないのでよ~わからん
なので「これを見て!」と言えるように(手抜き~!)スイスについて自分のためにうす~く書いておきます・・・

『スイス』 と呼んでますが、正式には『スイス連邦』だそうです。

便宜上、まず言語から・・・

スイスの公用語は4つです。
多い順から、ドイツ語 、フランス語 、イタリア語 、ロマンシュ語です。
ちなみにドイツ語と書いてますが、正確にはスイスドイツ語です。

噂によるとドイツ語がわかってもスイスドイツ語がわからんらしいので、かなりの差異はありそうな雰囲気・・・

フランス語も同様に細かく分けるとスイスフランス語となります。
しかしこちらはフランスで話されているフランス語とほぼ差異はなく、数の数え方が違うぐらいかなと思います。
例:70、80、90
   soixante-dix、quatre-vingts、quatre-vingt-dix
   septante、huitante、nonante

イタリア語は若干単語が違ったりもしますが、ほぼイタリア語と同じです。
ただイントネーションがちょっと違う気がします。

上記は勿論、方言を話した場合を除くです。
ここティチーノでも方言を話してはるとぶっちゃけ何語を話してるの?って感じになってきますから(苦笑)・・

原語分布図はこんな感じです。
SwissLingueMappa.jpg
※画像はswissworld.orgより拝借m(_ _)m クリックすると拡大します。

これを見るといつも「イタリア語はティチーノだけ~」って言ってましたけど、ちゃいますね(^_^;)
お隣のグラウビュンデン州の一部も使用されているようです。
ちなみにこのグラウビュ・ンデン州!
まぁ大き目の州ではあるんですけど、この州の公用語は3つです!!!
ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語。そして唯一ロマンシュ語が公用語の州でもあります。

ここティチーノではこの州の名前を「Grigioni(グリジョーニ)」と呼んでいます(この州のイタリア語圏でも同様)。
しかしドイツ語では「Graubünden(グラウビュンデン)」、ロマンシュ語では「Grischun(多分、グリジュン)」。
特に最初ドイツ語の呼び方を聞いた時は同じ州の話やとおもいませんでした(苦笑)・・

基本1つの州での公用語は1つなんですけど、ここ以外にも複数の公用語の州があります。
他はすべてドイツ語とフランス語の2つなんですけど、ベルン州・フリブール州・ヴァレー州です。

ここまで来てまた国名に戻りますけど、当然国名も4つあるわけです(4言語分)!!

独:Schweizerische Eidgenossenschaft
  ※スイスドイツ語はSchwiizerischi Eidgnosseschaft
仏:Confédération Suisse
伊:Confederazione Svizzera
ロ:Confederaziun Svizra

ちなみに通称「スイス」は

独:Schweiz(シュヴァイツ)
  ※スイスドイツ語はSchwiiz(シュヴィーツ)
仏:Suisse(シュイス)
伊:Svizzera(ズヴィッツェラ)
ロ:Svizra(スヴィツラ)

こう思うと日本語の「スイス」はフランス語からきてるのか?!

と書いていて「一体何州あるの」ですよね(笑)。
26あります!!詳しくをこちらをご参照ください。

26も州があればさぞかし広いの と思いませんか?!
いえいえ!!
日本の約10%の面積で、例えるなら九州+京都(の方がちょっと大きいけど)ぐらいの大きさ(41,290km²←こちらはスイスの面積)です。

日本の都道府県も47と結構多いな~って思ってたけど、面積比からすると(ちなみに日本の面積は377,914km²)スイスってば州多いな~って感じがします(笑)!!
えぇ~当然ですが(って威張るところじゃない!)26州の名前全部覚えてません私(^_^;)
行ったところは覚えてるけど、限られてるからなぁ。
イタリアは残すところあと4州やのに・・・
と。。。
そう考えるとイタリアって州が少ないかも。
面積は301,230km²(日本-北海道+島根県をもう1つぐらいの大きさ)とやや日本よりは小さいけど、州は20州。

そうそう!!
スイスって『永世中立国』として有名じゃないですか?!
でも、徴兵制度があるってご存知ですか
ぶっちゃけ私はあまりスイスのことを知らずにここに来たってこtもありますけど、来るまで徴兵制のことは知りませんでした(無知~!!!)。

随分前に

G:(部下の)みんな元気?
相:うん、元気にやってくれてる~!
  でも〇〇は役務中で来てないけど。
G:えっ?!
相:スイスは徴兵制やからさあ。

で知りました。
独自の軍事力を軸に永世中立国を堅持してるんですね。
最近のマンションとかにはないことも多いらしいですけど、前のマンションも今のマンションにも『シェルター』なるものが地下にあります。最初見た時はびっくりしたけど、これも自衛の1つなのでしょうかねぇ。

スイスの周りにはドイツ、フランス、イタリア、オーストリアとEU加盟国に囲まれていますが、もう1つ隣接しているリヒテンシュタインとともにEU非加盟国です。
なので通過はユーロではなく、『スイスフラン』を使用しています。
でもティチーノ州を例に出して言わせていただくと、ユーロ大抵のお店やスーパーで使えます。
ただお釣りはスイスフランでかえってきますけど。

EUには非加盟ですが、シェンゲン協定には加盟しています。
なので基本この協定加盟国内移動時の入国審査はないです。
反面、この協定加盟国内で90日ないし3か月間の滞在(観光目的の場合)となります。
例えば日本人の場合、イタリアへはMAX90日間観光でビザなしで滞在できます。
そしてスイスは3か月間。
スイスで3か月間観光した後にイタリアへ移動して更に90日の観光はできません。

最後にいまだにややこしくってどうにかしてくれ~と思うスイスのこと。
スイスは州ごとに規則やら祝日が異なります!
勿論複数州が同じ祝日を取ることもありますし、スイス全土の祝日とかもあります。

ふ~んって感じですか?!
でもね、住んだり旅行したりしてると結構めんどいんです!!
基本スイスは日・祝はお店などがお休み。

この前ヴォー州に行った時も月曜はヴォー州は祝日だったため予定が狂いました(苦笑)。
フランス語圏全部か?!と思ったらどうもお隣のジュネーヴ州は違ったみたいで、どこがお店開いてるの?!?!って感じになってきます。ちなみにこちらティチーノはお休みではなかったです。
噂によると学校の夏休み期間とかも違うそうですよ。

う~ん、まだまだ謎多しスイス!
その前に26州覚えよう・・・いつの日か・・・
※イタリア20州はワインの試験勉強で覚えたけど・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Vacherin Mont d'Or~ヴァシュラン・モン・ドール

に引き続きもう1つスイスならではの秋の味覚について

それはこちら↓
Vacherin_Mont_dOr.jpg
Vacherin Mont d'Or(ヴァシュラン・モン・ドール)!

正確には秋のみの味覚ではなく、秋~春にかけての味覚となります。
だったらなんでここで紹介?!

だって。。。

9月16日に解禁したから~

今回は珍しく(!)チーズ・プロフェッショナルらしくこのチーズがどんなんか~って言ううんちくをご紹介(笑)。
たまにはこういうのもせんとバッジ剥奪やわ(ってほんまに剥奪されませんからご心配なく・・・)!!

まずまず・・・
Mont d'Or(モンドール=黄金の山)と呼ばれるチーズは2種存在します。
1つはスイスフランス語圏のVaux(ヴォー)州(ローザンヌが州都です)で造られるVacherin Mont d'Or。
Vacherinとは牛乳製のという意味です。

もう1つはそこから山を越えてフランス側のFranche-Comté(フランシュ=コンテ地域)で造られるMont d'Or

山をまたいで国は変わるものの、ほぼ同じ地域での生産となります。
ではでは何が違うのか

何が違うのか?!と言っておきながら、まずはここは一緒(意外とないんですよ、一緒の点!)ってところから。

ウォッシュタイプのチーズ
・牛乳製のチーズ
・製造期間限定のチーズ
・製造所が酪農協同組合、酪農場
・形状が円盤状(写真参考)
・エピセアの樹皮が巻いてある

そこで本題!
何が違うか?!!
※以下、=Vacherin Mont d'Or、=Mont d'Or

・牛乳製と一口に言っても・・
  63~65℃で1分ぐらい加熱した乳、Lait thermisé(レ・テルミゼ=低温殺菌乳)使用
  生乳、Lait cru(レ・クリュ=無殺菌乳)使用
    さらに牛種はMontbéliarde(モンベリアルド)またはSimmental française(フランスのシンメンタール)限定
    そしてミルクの生産は標高700m以上で

 ※どない違うん?!ですよね(笑)。
  通常は無殺菌乳を使用したチーズの方がクセがあるというこ個性があります。

・生産時期は両方とも限定ですが・・
  8月15日~3月31日
  8月15日~3月15日

・チーズの熟成期間
  1か月
  最低21日間

・販売期間
  9月中旬~翌年4月頃
  9月10日~翌年5月10日

・形状
  直径 12~32 cm、高さ 4~5 cm、重さ 400 g~3 kg
  直径 12~30 cm、高さ 4~5 cm、重さ 500 g~1 kgまたは1.8~3 kg

・その他
  の方がウォッシュ(リネンス菌で洗う)回数が多いため、乳(にゅう)は低温殺菌乳を使用していますが、お味の個性は強いように思います。


ちなみに食べ方ですが、上の表皮をうま~く切り取って(1回で食べ切るのは無理だと思うので、これをその後上蓋にします)中のとろ~りとした部分をスプーンですくってパンや茹でじゃがなどにつけていただいたり、それに飽きてきたら箱ごと(でも箱はホイルなどで覆ってください。焼けます!)オーブンに入れて(ガーリックや白ワインをプラス)焼いてフォンデュ風にして食べたり(←この2つはスタンダード)、も~無理ぃ~!!ってなってきたら牛乳と白ワインとで伸ばしてソースにしてみたり、日本でチーズと言えばのFermierさんによればケーキにもできるみたいですよ(こちら)。

ワインは何が合うんかなぁ・・・

CIMG4908.jpg
Cullyで買ったワイン(シャスラ)と合う気がする。Vaux州同士、同郷だし。

フランスだと・・・
それこそボジョレーとあわせても面白いかも。でもヌーヴォーはどうかなぁ(苦笑)。
もしくはブルゴーニュの白とか。

昨年近所のスーパーで普通に売ってて(さすがスイス!)「わぁ~!!」と思って買ってから相方もはまってるチーズなので今年も期間限定!楽しもっかなぁ~
こっちは丸々1個じゃなくって半分とか売ってるんで(スーパーで!)、フランス版はデパートに行かんとないかもしれんけど、食べ比べ(同時にはやったことないんです!)してみよっかな~と思案中。
これもスイス生活の醍醐味の1つかなぁ(笑)♪

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Sagra della Castagna~ムッジオ谷の栗祭り

栗について』から栗 つながりで・・・

先週の日曜にTicinoであった栗祭り(イタリア語のサイトはこちら)に行って来ました~♪
日曜と言えば『Manor in Ticino 100周年記念』を予告しておりましたが栗 好きな我々、そして恐らくこれが私がまだTicinoで未体験のイベントの最後だな~と思い参加。

今年の開催地はBruzellaという村でした。
場所はちょっとMerideに行った時の地図を使いまわしですが(苦笑)・・・
MendrisiottoMap.jpg
↑Merideから向かって右に行くとBruzellaがあると思います。
まさに山の中でした!!

途中から駐車している車を多く発見したので我々もほどよいところで駐車。
そこから歩いていると
09101101.jpg
↑Bruzellaらしき村を発見!!

思った通りここがそうでした!
まず目に飛び込んできた屋台は・・・
09101102.jpg
↑多分こっちの方言で書かれた「ムッジオ谷」のTシャツ。
うちはイタリア人と日本人カップルなので何と読むのかは謎!

09101103.jpg
↑えらいひとだかり!
何やろ~ってこの時は思いましたが、どうも焼き栗を販売してはったみたいです。

09101104.jpg
↑税関の標識???
中は写真展をやってはりましたけど・・・

09101105.jpg
↑合唱隊を発見!

村は栗祭り仕様にデコられてました。
09101106.jpg

09101113.jpg

09101114.jpg

09101109.jpg

09101112.jpg

すると・・・
09101110.jpg
↑パーティー用ズラ着用兄さんが

兄:チョコケーキ食べへ~ん?!

と箱とともにやってきた!!

相:いくらですか?!
兄:食べて、食べて~!!

でいただいた

09101111.jpg
↑兄さんはこの栗アイス売りスタンドの人みたいだったんで栗アイスを買った。

この栗アイスが一番おいしかったかも!!

他にも栗もんを試そうと・・

09101108.jpg
↑モンブランの上の部分だけ風のもの

色からもおわかりのように多分渋皮とかもちょっと入ってるんかな~って感じ。
渋味がややあり、何よりもキャラメル(アメの方じゃないブリュレの上部分みたいな)香ばしさが感じられました。

しかしせっかく栗祭りに来たんだから焼き切りを!と焼き栗売り場を見ると。。。
09101107.jpg
↑かなりの長蛇の列

しかし先ほどの販売スタンドにはすでにもういないので、仕方なく並ぶことに・・・

待つこと30分以上
09101115.jpg
↑↓やっとGETした焼き栗
09101116.jpg

う~ん・・・・
ちょっと薄味かな・・・

パンフレットを見ると、今回お祭りがあったBruzellaには10年ぶりでの開催とありました。
観光サイトにも村が持ち回りでお祭りを開催とあります。
と言うことは10ぐらいの村があるのかな~と勝手に想像。
来年はどこの村で開催されるんでしょうね?!こうご期待!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

栗について

と言えばやっぱ食欲の秋

gooランキングの『これが出回ると秋を感じる「秋の味覚」ランキング』によると堂々たる1位はやはり(!!)



ちなみにTOP3をご紹介すると・・・

1位 栗
2位 秋刀魚
3位 松茸

まずこの2位と3位はイタリアでは存在しない気がします。
※違ったらご指摘を!

秋刀魚は北大西洋に生息する魚なんで、まぁ最近は生態系が変わってきてるからいるのかもしれないけど基本イタリアにはいないと思います。

そして松茸も北欧では同種のものがあるみたいですけど、イタリアにはないはず!

そんな中、イタリアにもスイスにも、そして勿論日本にもあるのが堂々1位に輝いている栗!
私も相方も大好きです

そしてここスイスではその栗を使ったあまり日本では見かけへんのとちゃう?!って感じの食品をご紹介!

まずこれは私も相方もびっくりした・・・
2011Kuri1.jpg
↑栗のビール

ちなみに生産地はcA_riNoさんのダ~リンの出身地付近です!!

ちなみにお味はとても軽やかで繊細なお味です。
この秋相方一番お気に入りのビールとなっていて、ほぼビールと言えばこのビールばかりの我が家(笑)。
とても飲み口もよくほんとおいしいです。
ちなみに栗の味って感じの味はいたしません。。
ほのか~な甘味は感じますけど。

2011Kuri2.jpg
↑栗のパン
※ちょっと横にまたビール写ってますけど・・

日本の栗パンって栗あんが入ってたりってパターンで栗の粉で作ったパンってあんまりなくないですか?!
私が知らないだけかもしれませんが、ひとまず私は見たことがない気がします。

こちらほのかな甘みがあってこれだけでも食べたいって感じのちょっと危険なパン(笑)!
あまりに危険なのでこれ以来買ってないんですけど(爆)・・・
なんかこ~パクパク食べちゃいます。

そして最後は・・・
2011Kuri3.jpg
↑栗のヨーグルト。

今日本も色んな種類のヨーグルトが出てると思うんですけど、栗のヨーグルトってあります?!
私がいたころは見たことがなかったな~・・・

これ、すっごいおいしくって買うとすぐなくなっちゃう代物。
我が家は食の好みが非常に似てるので、一人が「おいしい!!」って思うともう片方も「おいしいぃぃぃ!!」って思うみたいで消費スピードが非常に加速します。

他にも何か珍しい栗のもんがないかな~と今探し中!

ちなみにお気づきでしょうか?!
写真をクリックしていただくとやや拡大してわかりやすくなると思うのですが、一番上のビールは表示が『Castagna(カスターニャ)』、下2つは『Marroni(マッローニ)』となっていることに!!

CastagnaとMarrone(Marroniは複数形です)の違いって
どちらも日本語では栗のはず!!

Italia a Tavolaによると(記事はこちら。イタリア語のみとなります。)、前者は野生のもので、後者は品種改良した大粒のものだそうです。

話はそれますけど・・(いつものことですが・・・)
私的にはやっぱ栗って言ったらモンブラン↓!
MontBlanc.jpg
※写真はwikiさんより拝借!

これ、イタリアやこちらイタリア語圏スイスでは『モンテ・ビアンコ』と言います!!
何か別もんって感じがしますか?!
しかし!!
モンブランってフランス語なんです。
Mont blancと書きます。
分解すると、Mont=山、blanc=白い。
これをイタリア語にすると、山→Monte(モンテ)、白い→bianco(ビアンコ)。
そう!同じことなのです(笑)。

ちなみに本物の山、モンブランもイタリア語ではモンテ・ビアンコです♪

あ~モンブランが食べたくなってきた・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Crotto del Sergente

昼からSkype2連ちゃん
いや~便利な世の中です。

さてさてお話が前後しまくってますが、結婚1周年記念の日は家で二人でお食事をしました。

CIMG4908.jpg
Cullyで買ったワインで乾杯

ご飯は相方の好物(この日はカレーじゃなかったですが・・)にしました。
まったりとしながら「1年って早いな~。これからもよろしくね!」とお互い言い合いケーキでしめました。

なんで記念日に外食をせんかったかと言いますと・・・

※ca_rino mammaさん、娘さん情報やってきますよ~♪

相方の愛するcA_riNoさんではなく(いや、彼女のことも大好きなんですけどそれ以上に・・・)cA_riNoさんダ~リンとcA_riNoさんと翌日にお食事をするお約束をしていたから

え~、cA_riNoさんには言ったんですけど、この日まで私は相方がネットスケジュール管理をしてるとはつゆ知らずでした(苦笑)。お食事の日を決めてから

相:約束いつやった?
G:11日やで、忘れんといてや!
  予定も入れんといてや!
相:忘れんけど!!
  他の人に予定入れられんように予定をブロックするために
  スケジュール入力してんねん!!
G:えっ、そんなんあるん ( ̄∇ ̄;)
相:えっ、あるけど ( ̄∇ ̄;)

珍しく早く帰ってきたのにLuganoの湖畔沿いの道工事中につき(ここを通るのが高速への最短距離)大渋滞。
迂回したもののLugano出るんに約30分も費やす羽目に・・・そしてお決まりの遅刻・・・
毎度毎度すみません <(_ _)>

向かった先は以前に我々が来てかわいいな~と思ったCrotto del Sergente
いつもおいしい場所をご紹介くださるcA_riNoさんへスイスとはちょっと違った感じのGrotto!
相方いわく。。

相:Crottoはティチーノで言うGrottoのことやで~!

らしいです。ロンバルディアではCrottoって言うんですって。

11101101.jpg
↑相方チョイスのNino Negri(音出ます )のValtellina Superiore DOCG。
Chiavennasca100%のワインです。

11101102.jpg
↑私のプリモでTagliolini freschi al Cacao con ragout di Selvaggina e Nocciole tritate。
この時点では何やよ~わからんかったけど(苦笑)、カカオ入りのタリオリーニにヘーゼルナッツ入りのラグーソースやな~って感じで面白そうやからチョイスしました(笑)。
結局は写真の通り、予想はだいたい当たってる感じでした。
ちゃんと意味を取ると、ジビエのラグー(Ragoutはフランス語でシチューの意味ですけど、発音はラグー。ここはフランス風に書いただけでイタリアのラグーの方のことやと思います)とヘーゼルナッツソースのカカオ入りフレッシュタリオリーニ(タリオリーニはパスタの種類です)。
カカオは甘くないです。恐らくパウダーを生地に練りこんでタリオリーニにしたんだと思いますけど、とてもおいしかったです!!

11101103.jpg
↑相方とcA_riNoさんダ~リンのプリモでRisotto allo Zafferano con polvere di Liquirizia e Petto d'Oca affumicato。
これ、2名以上からのオーダーだったんですけど、

相:誰かこれ食べたい人~?!!

にいち早く反応くださったcA_riNoさんダ~リン!
いつもお世話ありがとうございますm(_ _)m

何かと言うと甘草の粉末と燻製ガチョウの胸肉入りサフラン風味のリゾットです。

一口頂きましたけど、おいしかったですよ♪
ただ私は燻製が一般的に苦手なんで、上のお肉はいただいてませんけど・・・

11101104.jpg
↑cA_riNoさんのプリモでGnocchi di patate e spinaci con Gamberi di Fiume e fiori di Zucca。

こちらはザリガニとかぼちゃの花添えおじゃがとほうれん草のニョッキです。
えぇ~ザリガニ?!?!ってびっくりしはるかもしれませんけど、日本で見かけるザリガニよりかは一回りほど大きくってこちらでは食用です。

11101105.jpg
↑私と相方のセコンドでBocconcini di Storione fresco alla Gardesana con patate e salsa verde。
一口サイズのガルデサーナ産チョウザメ、ポテトと緑のソース添え。

って日本語に訳してもなんじゃい?!って感じですよね(苦笑)。
串にささってるんがチョウザメを一口サイズに切ったフライ(パン粉を使わない)です。
その下にはマッシュドポテトのようにポテトが敷かれました。そして緑のソースは何のおソースやってんやろ?!
ちょっと酸っぱかったです。
チョウザメはとてもタンパクなお味でしたよ。おいしかったです。

11101106.jpg
↑cA_riNoさんダ~リンのセコンドでTagliata di cervo con salsa ai Mirtilli Rossi e creme Brulé al Ginepro。
訳すと鹿肉のステーキ、こけもものソースと杜松の実(ジェニパーの方がわかりよいですか?!香辛料です)入りクレーム・ブリュレ添え。

cA_riNoさんは食べ切れないからとダ~リンのを少し召し上がってました。
ここが可憐ですよね!!
何でもガツガツ食べる私を嫁に持つ相方はちょっとかわいそう・・・

そしてデザートは夫婦息ぴったりチョイスとなり、
11101107.jpg
↑cA_riNoさんご夫妻チョイスのクレーム・ブリュレ

11101108.jpg
↑相方と私のチョイスでババロア

いや~美味でしたよ、美味!!

cA_riNoさんのデザートもちょっとお味見させていただいたのですが、量が結構あったけど繊細なお味だったのでこれはこの量いける!って思いました。

我々のはアマレットが入ってるのかアマレットのお味がいたしましたよ。

そしてある種催促となってしまった感のある相方のカレー好き話・・・

c:うちはそんなに食べないので、どうぞ♪

11101109.jpg
↑カレールーのおすそ分け

勿論相方はにんまり
いや~ほんまに好きなんやねぇ・・・

cA_riNoさん、こちらでは貴重なカレールーのおすそ分け本当にありがとうございました m(_ _)m

これに懲りずにまたご一緒くださいませ♪



Crotto del Sergente
住所:via Crotto del Sergente, 13, Lora (CO)
電話: +39-031-283911
営業:12:00~14:00/19:30~22:00
   水曜終日と土曜のランチはお休み


続きは相方へのcA_riNoさんダ~リンへの愛のお話・・・


続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Trattoria del Lido

私事で話が飛んじゃいましたが、Vigevanoの帰り・・・

G:前にPavia行った時にリゾット食べれんかったから
  リゾットが食べたいなぁ・・・
相:VigevanoってPavia県やしなぁ。
  Paviaまで行ってみる?
G:うん♪

で一路Paviaへ

Lombardia.png
↑VigevanoとPaviaの位置関係はこんな感じです。

Paviaへ行ったことはなぜか書いてませんでしたが、随分前に連れてってもらいました。
う~んなんで書かんかったんやろか?!?!
Certosa di Pavia(パヴィア修道院)が見てみたくって行ったんです。
その帰りにPaviaの町も散策したんですけど、やっぱリゾットが食べた~いってなって・・
ただ見つからずに撃沈で帰ったのを覚えております(涙)
今回はリベンジ!

しかし・・・
あてもなく彷徨うって大変
やっぱなかなか見つからず。
車なんで郊外へ出てみたりとウロウロしてるとお店の案内看板発見!
そりゃ~行くしかないでしょ!!

で向かった先は『Trattoria del Lido
ある種一か八かの訪問・・・

外のメニューを見ているとリゾットも何種かある様子。
ただ彷徨っていたため結構な時間(苦笑)・・・9時ちょっと過ぎてたと思います。

相:問題はこの時間リゾットをしてくれるかどうかやなぁ・・
G:聞いてみる?!

で入った。
開口一番に相方が

相:リゾットできますか?!
店:ちょっとキッチンに聞いてきますね。

しばし待ってると・・・

店:大丈夫ですよ。
  パヴィア風かポルチーニのリゾットなら。
相:パヴィア風ってどんなんですか?!
店:え~と普通にサルシッチャ(ソーセージ)と
  サフランのですけど・・
G:私はパヴィア風にするわ。
  ポルチーニ好きやけど、他でも食べれそうやし。
相:じゃあパヴィア風のリゾットを2つお願いします。
店:時間かかりますから、それまでに前菜の盛り合わせとか
  いかがですか?
相:何が出るんですか?!
店:サラミ類と冷たい前菜いくつかと温かいのがいくつかですけど。
相:じゃあそれを1つ。

と、メニューが出てこなかったから

G:メニューないんかなぁ・・
相:う~んどうやろなぁ?!

とちょっと心配だった私。
最終的には良心的なお値段でしたたよ。
無用な心配でした。

まずはリゾットを待っている間の前菜盛り合わせから♪
081011C01.jpg
↑サラミなど
手前がサラミ、その後ろ向かって左が(多分)スペック、その右横がコッパ(豚の肩肉のハム)。
スペックは燻し感満載で私は苦手でしたが、それ以外、特にコッパは激ウマでした♪♪

081011C02.jpg
↑ひよこ豆のsalsa rossa(サルサ・ロッサ)和え。
ひよこ豆大好き☆

081011C03.jpg
↑お供のワインは勿論地元のOltrepò Pavese Bonarda

081011C04.jpg
↑こちらは温かい前菜で、手前は茄子とズッキーニのグリル、向こう側はQuiche Lorraine自家製アレンジ風。

肉系が多いからこちらの「Quiche Lorraine」と称するものは肉なしのベジタリアン仕様となっておりました(笑)。

081011C05.jpg
↑こちらも温かい前菜でbietola da costa(ビエトーラ・ダ・コスタ)。
イタリアのお野菜です。

どれもこれもおいしくって二人でお話しながらパクパク食べているとアッという間に完食!
しかしいいタイミングで・・・

081011C06.jpg
↑お待ちかねのパヴィア風リゾット

いや~やっぱうまい!!
サルシッチャ(ソーセージ)が入ってるからヘビーかな~って思ったけど、そうは感じずこれまたアッという間に完食です!
ちなみに写真は1人分。

そして、お決まりのデザート!

081011C07.jpg
↑相方のデザートでSalame di cioccolata(チョコレートのサラミ)
と言ってもサラミは形状だけで入ってませんので・・・

081011C08.jpg
↑私のデザートでリンゴのタルト

どちらのデザートもバターを使用していないというお店の人が言ってました。
どちらもおいしかったけど、とりわけ私が食べたリンゴのタルトはふっわふわでめっちゃめちゃおいしかったです!!
2つはいけるって感じ(だけど1つで我慢)!!

偶然見つけたお店だけど、とても気に入りました。
お店の人もすご~く親切で帰りがけにもお話をしているとどうもサルデーニャ出身の方のようでした。
またリゾットとリンゴのタルトを食べに戻ってきたいなぁ~!!!

満腹&満足



Trattoria del Lido
住所:Via Canarazzo 360, Pavia
電話:+39-335-6916854

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Nozze di cotone

本日10月10日は我々の『紙婚式』(結婚1周年記念日)です。
この紙婚式とはアメリカ式の言い方のようで(こちら参照)、イタリアではタイトルにあるように『綿婚式』(こちら参照)となるようです。どうもフランスもそうみたいですね(こちら参照)。

結婚したことはさら~っと書いておりましたが(こちら)、実際はバッタバタで結婚しました(爆)!いや~すったもんだしてましたけど、10年付き合ってた割にはやはり最後はバッタバタか・・って感じなのですが。。。

まず、去年の夏にチーズプロフェッショナルという資格試験の1次試験を受け、まぁ~通らんやろう・・と思ってたらまぐれパス!ここからがバタバタ激の始まりとなります。
その頃ぐらいから10月に・・って話はしてたんですけど、9月の末ごろに2次試験がありました。

G:2次試験終わってから行ってもいい?
相:えぇ~無理無理!!
  書類系とか間に合わんよ!!
  諦められへんの?!
  来年とか2次だけ受けれへんの?
G:受けれるけど、また1から勉強はかなり大変やから
  ひとまず受けたいんやけど・・・
  一旦試験前に行って書類系済ませよう!
  後は4649!

で一旦渡伊

まずはミラノ入り。
そこで一旦今の自宅(Lugano)に入り、翌日にはミラノで貸衣装試着と予約に。
時差ボケも取れない間に一路Pescaraへ車移動
休む暇もなく翌日はPescaraのQuestura(警察)へ行ったりとNulla Osta(婚姻要件具備証明書)を依頼するのに必要な書類集めに走る
翌日はローマへ
ローマの日本大使館でNulla Ostaの発行依頼をし、ちょうどローマにいたukoさんとdoriさんとお茶というかアイス!
いや、私と相方はアイスで彼女たちは冷たいもんを飲んでたな・・・

しかし私はこの後倒れ(苦笑)、翌日にできあがるNulla Ostaは相方一人で代理受取に行くことになりました
かなりヤバかったけど早々倒れている時間もないため、二人で式場となるCittà Sant'Angeloへ予約依頼へ。

え~・・・
こんなん言うてええんかなぁ・・・
とにかく私の滞在は10日ほどやったと思います。
その間に済ませんといかんことを済ませんといかんかったんで・・・

コネ使いまくり!

簡単に書類を集め・・とかってスイスや日本やないんで、一筋縄ではいかん!!
人に頼みまくりでコネを手繰り寄せ、書類の手配から式場の予約からを何とか済ませました。

ちなみに式は市役所婚です。
式を執り行ったCittà Sant'Angeloは『聖天使の町』と言う意味のAbruzzoにある町でした。

※これより先掲載の写真はdoriさんまたはコモ友Rが撮影してくれたものを使用しております。
 ありがとねぇ~

10101001.jpg
↑ここにある通り、Città Sant'Angeloの市役所は元サン・フランチェスコ修道院だったところです。

10101002.jpg
↑外観はこんな感じ

10101003.jpg
↑式を取り仕切ったのは市議会議員の方

ここでも私が結婚指輪をホテルに忘れてきて、ブリュッセル友のVが取りに行ってくれたり(間に合いました!)とまたまたバタバタではありましたが、何とか式も終了!

披露宴はMosciano Sant'Angeloというところのレストランでいたしました。
これまたSant'Angelo(聖天使)と名のつく町です。
しかしこれは県も隣の県となり↓高速使って車にて民族大移動~!
1010Abruzzo.jpg

実はここに決まったのって私も当日まで知りませんでした(笑)!
相方がここに決めた理由はこちら↓
10101004.jpg
↑お庭!

ここで前菜をバイキング形式で召し上げっていただきました。
Abruzzoらしさを!ということで海のもんから山のもんまで、もちろんArrosticiniも出ましたよ~♪

10101005.jpg
↑↓相方と私は各離席(笑)
10101006.jpg

10101007.jpg
↑前菜ということで泡でか~んぱ~い

10101008.jpg
↑Abruzzoの民謡バンドみたいな方にも入っていただきました。

少しでもみんなに(イタリア人も含めてAbruzzo人じゃない人も多かったから)Abruzzoを知っていただこうという相方の考え。民謡バンド~?!?!って感じですけど、これが結構盛り上がりました!!

前菜を楽しんでいただいた後には中に入っての食事↓
10101009.jpg
↑多分これはもう食べ終わってる感じの写真かなぁ・・

その後はデザートバイキング↓でした。
10101010.jpg

通常みんなは1年とかかけてする準備を我々は1か月ほどでバタバタで決行しました(爆)。
まぁこれも我々らしくっていいかな~と思ってます。

そんな急な式でしたが、快く証人役をひきうけてくれたukoさんとGiに大感謝!
何よりも試験でほとんどヘルプできなかった私に文句ひとつ言わずに準備してくれた相方に感謝しております!!
これからも4649(←最近の相方のお気に入り)ね、相方☆

Vigevano

昨日の在欧1周年記念日は初上陸したローマに・・って思ったけどやはり遠いので(苦笑)、近場のこちら↓に行って参りました\(^O^)/
08101101.jpg
↑↓Vigevano
08101102.jpg

その理由はこちら↓
102011PalioVigevano.png
※写真はPalio delle Contrade di Vigevanoより拝借m(_ _)m
 写真をクリックするとそのサイトへ飛びます。

実はVigevanoへは6年前にも相方と一緒に行ったことがあって(こちら)、上のサイトにあるプログラムを見て6年目にしてやっとあの時やってたイベントの謎が解けました(笑)!!

生憎昨日はPalio(パリオ)はなかったんですけど、『Vista al Borgo』と題する市みたいなのが出てたのを見に行きました。

08101103.jpg
↑お城につながる通路を使っての市!
そして売ってる地元の方々は全員仮装です
こんなんめっちゃ好き~

仮装とかめっちゃ好き!!
思わずパパラッチ状態の私
さすが11年のつきあい!相方は

軽~く無視(._.)ノ

集中している時は二人で出かけてもしばし個別行動となる我々です。

08101104.jpg
↑像と作るよりしゃべりまくりのおっちゃん!

08101105.jpg
↑質問を聞くよりも砂と鉱物を仕訳するんに必死のおっちゃん!!

08101106.jpg
↑ディスプレイ直してるようで品物に手~かけて何も動かしてないおっちゃん!!!

も~つっこみどころ満載のおっちゃん天国やん!!
こんなんめっちゃ好きぃ~

08101107.jpg
↑家でもやってるんか手馴れた感じでお手製パスタをつくるおばちゃん!
教えて~!!!!

08101108.jpg
↑彼氏か旦那が来た途端に作業さっさとやめちゃったお姉ちゃん!
Amoreの国やねぇ~

08101109.jpg
↑衣装の展示&多分ここは布とかを売ってたところやったと思います。
これって京都みたく、変身体験にしてくれたらいいのに~って思ったけど・・
イタリアってそういうのないような気がする。
これきて写真撮影とかでも1回5ユーロとかやったら私は払うけどなぁ・・

08101110.jpg
↑商売っ気ゼロゼロで何やらマジ話のおっちゃんとおばちゃん。
帰り通った時も同じ状態やった。
めっちゃ深刻に世間話ってパターンもあるけど、どうやったんやろ?!?!

08101111.jpg
↑カメラを向けた瞬間、ポーズを決めたおっちゃん!
いや~役者やっ!!

08101112.jpg
↑これらの衣装は自前なんやろか?!
この辺りってもしかして1人に1着あり?!?!
ハロウィーン(ってイタリアも最近メジャーですよね?!!) もこれでOKやん!!って思う私は下世話か・・

08101113.jpg
↑何やら男性陣が好きそうな品の店

08101114.jpg
↑と、急に角笛を吹き出す店主!
THE自由人イタリア人(は我が家にもいるけど・・・)

そんな中、やはり小腹がすき始めた我々が立ち寄るのは勿論・・

08101115.jpg
↑こちらはレバー入りのTorta salata(=甘くないお惣菜パイみたいな感じ)

08101116.jpg
↑こちらは甘い方のパイで確か向かって左から、ヘーゼルナッツ、くるみ、松の実

ちなみに相方はレバー入りのパイと松の実のパイを購入!
さらに・・・

08101117.jpg
↑全部のパンの説明を聞き始める我が家のTHEイタリア人=相方。

G:あんたお腹減ってんの?!
※これは姉さんにわからんように日本語で・・
相:別に!

の割には上で書いた他にもいくつかパンやらフォカッチャを買ってた
いや、確実に大き目の小腹はすいてたはずや!!

ちなみに戦利品!
08101119.jpg
↑左端のワイン(普通のワインじゃない)以外はこのパン屋さんで購入。

残念ながら今回はお城の中庭へ出る道は閉門されていて出れませんでした。
そして目玉のパリオは今日の午後3時からみたいですね!

市を堪能した我々が再び広場に戻ってみると・・・
08101118.jpg
↑Duomoの後ろにはお月さんが

この後また数年前に一緒にしたことを思い起こしながら、移動

※続きはまったく関係ないけど、くみこはんがmixiでつぶやいたネタが白熱していて、それ関連に我が家ネタを1つ・・・

続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

在欧1周年\(^O^)/

今日10月8日は日本からヨーロッパに来て丁度1年目の日で~す \(^O^)/

なんや昨日来たような気もすれば、もう5年ぐらい住んでるような気もします(笑)。
ちなみにスイスに来た日はもうちょっと後になるんですけど・・・
と言うのも、また折りを見て書きます(書くかもしれません)が、結婚式をイタリアでやったんで1年前の今日、大阪→ローマ入りしました。

この1年を振り返って・・・

スパルタ相方のおかげで何とかベーシックなことはイタリア語でこなせるようになった
・blogでお馴染み、cA_riNoさん、前田さん、gioiaさん、かーるさんなど日本人のお友達ができた
・学校に行ったので日本人以外のお友達もできた
・定期のおかげでTicinoにもちょっと詳しくなった(ように思う)
・なんとなくスイスでの生活の仕方がわかってきた

1年はがむしゃらに過ごすって感じやったんで、ここからが勝負な気がします。
今は学校にも行ってないんで、ダラダラと過ごしてしまわないように、ひとまず2年目に何をするかを宣言(人に言って自分にプレッシャーを与えて何かをするタイプの私)!

①イタリア語力の底上げをする
②英語を元のレベルに戻す
③スポーツを始める
④もう少し本格派ハイキングにチャレンジする
⑤実用的な習い事をする
⑥レシピを増やす


①は相方の日々ダメだしを少しでも減らせるレベルに・・
もう少し頑張れるならCILSとかにもチャレンジしてみたいです。

②はやっぱイタリア語に囲まれた生活で忘れまくってる単語が満載!
カナダで働いていたころのようにとは言いませんが、スイスに来た当初ぐらいのレベルまで戻したいなぁ~・・・

③はこの1年まったくスポーツしてません(涙)。
すっかり中年体型になったのを何とかしたい!
元クラスメイトSにも「プールで待ってる!」って言われてる(←プレシャーかけられてる)し・・・

④はどっちかって言うとうちは相方も私も海派
しかしここスイスは山派が多い
うちのすぐそばにも湖もありますけど山もあるんで、もっと山を知ってみようと思ってます。
くじけそうになったらcA_riNoさん夫妻、ハイキングに誘ってねぇ~

⑤は学校に行けば色んな人との出会いがあって友達の輪も広がるなと感じたイタリア語のクラス。
しかしこれから先イタリア語をのばすのは自分がどれだけ時間をかけるかという気がしています。
なのでそれ以外のもっと実用的なことを何か習いたいな~と思案中。
まだ何をという具体案がないのがつらいですが、カナダにいた時も語学学校は3か月だけで後は専門学校に行ってたからそんな感じで・・
って書いてるといかにイタリア語ののびが遅いかですよねぇ(涙)
ちょっとまだイタリア語以外のコースについていけるか謎です(苦笑)

⑥は最近マンネリ化してきてる夕食。
基本相方は『作ってもらってる』と言う気持ちがあるのか、文句は一切言いませんし、食べ切ります。
しかしマンネリ化してきてることには気づいてるはず(と私は思うけど)!!
もう少しNewメニューをと思ってます。
「これ簡単にできるよ~!」ってのがあれば是非是非ご教授を♪

①~⑥どこまで実現するかは非常に???ですけど、どれもできそう(語学系は厳しいか?!)なゆる~い宣言(^_^;)
でもまぁ頑張りま~す

最後に・・・
1年経ったということは1年オープンの航空券の復路を使わず期限切れにしてしまった
いつの日が帰る(と思う)から日本チーム待っててねぇ~(^3^)-☆チュッ!!
※マルタイラーメン持参で会いに来てくれ~

さてさて私はこれからとある場所に相方どのが起きたら行って参ります♪
そのお話はまた今度

英語との格闘

元クラスメイトたちと出かける前に日、やっとこさ加入している英語系のグループの集まりに参加してきました。
このグループというのはプライベートで作ってはるグループなんですけど、英語の本を読んで月1でその本についてディスカッションするって言うグループです。

加入したんは6月の末やったんですけど、6月のミーティング間際の加入やったもんやからこちら本読んでないし行かんかった。そう、ここLuganoで指定の英語の本をGETするのはあまり容易じゃない(Amazon使えばいいんやけど)。
なのでKindelを買ってもらったんですけど、まだまだKindelで購入できる本に限りがあるし・・・

そして7~8月は夏休みってことで会合はなく、9月のはシチリア旅行中で参加できず。
今回がやっとこさの初参加でございます。

元クラスメイトの紹介で入ったんですけど、軽~く外人系の集まり・・って考えてたら・・・

ほぼ英語が母国語の人、特に

アメリカ人の集まりだった


かれこれ8か月ほど前から家では相方とイタリア語 のみの会話。
この8か月ほぼ使うことのなかった英語力、恐ろしく低下↓↓!!

いまや、以前にカナダで働いておりました~なんて言うとしばかれそうな勢いの英語力
まさに

OMG!!!
じょばさん、PCに向かって声出して読まなくても大丈夫です(爆)!

こりゃ~いかんと只今対策練り練り中!!!
しかしこれに集中し過ぎると、今や学校には行ってないイタリア語力も↓↓になるとどうにもこうにもなんで、家では今まで通りイタリア語にせんと!!

英語は習いに行くんはあほらしいから独学と言うか、アメリカ人コネを使うことにしよっかなぁ~と思ってます。
だって元先生はプライベートで英語のレッスンを受けてるらしいけど、時間60スイスフランらしい!!
週1とすると月に240スイスフラン。結構な金額じゃないですか?!
※先生はどれぐらいの頻度で英語を習ってるのか???ですが。

まさかここに来て英語にひっかかると思わんかったからちょっとショック~

スイス人って4か国語とか普通に話す~って言うけど、みんなどうやって維持してるんやろ?!
私は1個習って1個衰えて派(そんな派はあるんか?!)やな・・・

実はもう1言語、手を出そうと思い立って申し込んだものの満席で断念したんやけど(英語じゃないです)、それどころじゃなくなってきたなぁ・・・
スイスではあんま役に立たん英語やけど、色んなところを旅する時には有益やからな~・・・

この前のフランス語圏地帯での自分のフランス語に撃沈し(←でもこっちはベルギー以来まったく勉強してないから浮上可能なレベルの撃沈)、さらには一番外国語の中では得意と思ってた英語に撃沈(←こちらは浮上不可レベルの撃沈)・・・

日本語をのけて、2か国語以上操る方々!!
どないして維持してはるんですか??????

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

La Cucina di Alice

えぇ~大した話でもないのに長らく引っ張りましたが、昨晩は元クラスメイトたち+αとのお出かけでした。
まず何でαかと言いますと、元先生の現生徒さんたちも来てたから。
この先生の生徒さんは出たり入ったりが多いようです。
昨晩は先生を入れて9名が来てた。
ややこいのでイニシャル入れましょう・・(って別に知りたくないって?!)


まず先生Lと私を除く7名中、S(フランス語圏スイス人)、H(ドイツ語圏スイス人)、M(オランダ人)、T(ドイツ人)、Sa(旧ユーゴの国のどこやろ・・・最初の3か月だけ一緒やってほぼ話したことないからわかんない・・)の5名は元クラスメイトで知ってる人。人は初めて会う人やったんですけど、E(フランス人)は私の元クラスメイト数人とクラスメイトやったらしい。El(ドイツ語圏スイス人)が唯一今季から学校を始めたようで現クラスメイト以外とは顔見知りではない人。

そうそう、今はこの私が知らない2人(EとEl)と元クラスメイトのH、M、Sa、そしてその前の晩に別の会合で一緒やったらMMの6名らしい。

もとい・・・
まずはいつものアペリティーヴォ場所であるSOHOに集合!
今回はいつもにも増して大勢参加の9名!
しかし女子(って私をはじめ結構年齢層は高いか?!)ばっか!!

現クラスメイト同士は別として、久々に会う元クラスメイトと新しくクラスにジョインした人たち。
そこは女同士!

大しゃべくり大会へと発展!

ちなみにL(先生。伊人)を除くみんなは伊語ネイティヴじゃないけど、女同士のしゃべくりはこれぐらいのレベルと速度の方がわかりよい!!
やっぱまだまだイタリア人ばっかの、特に女の人ばっかの会話に参戦するほど達者ではない・・・
ほんま早いよ~、しゃべくり!!

あっと言う間にアペリティーヴォ1杯ずつを飲んで、仕事で遅くなっていたSも到着したから夕食場所へと移動!
しかしTは家に帰らんといかんからここでお別れ。
ダ~リンとお子さんが待ってはるからね。

かく言う我が家はカレーを作って相方は放置!

相方のええとこはこういう場合、

相:行っといで~、行っといで~♪

と快く送り出してくれるところ。
相方自身もお友達との交流を大切にする人やから、こっちにもそれに関しては寛大です!

さてさて我々8名が向かった先はSの彼氏が最近行ってよかったよ~と言っていたLa Cucina di Aliceという湖畔前の道に面したレストラン。

日中はまだまだ温かいLuganoですが(今週末から寒くなるらしいけど)、朝晩は結構冷える。
ここは満場一致で

皆:中席!

幸い中の席がいくつか開いていて、テーブル同士をくっつけて8席用意してくれた。

05101101.jpg
↑まずアミューズが出てきた

向かって右はセロリの冷製スープで、左はパイ。
セロリのスープはおいしかったけど、セロリが嫌いな人には強烈なセロリ味(まんまの味します)でした。

05101102.jpg
↑私はじめ、5名がオーダーした今日のパスタ

リコッタ入りのラヴィオリに上はポルチーニのソテーです。
何気に今年初のポルチーニやったかも、私!!
持ってくる途中からポルチーニのええ香りがしておりました!!
おいしいけどややヘビー級です。

ちなみに写真には撮りませんでしたけど、隣に座ってたSは緑茶入りのパスタを頼んでた。
まぁまぁおいしかったって言ってました。
そしてEパッションフルーツソースのパスタを頼んでた。チャレンジャー!!!

ちなみに席は向かい合わせで横は4席だったんですけど、Eは同じ列の一番端っこにいたんでほとんど話していません。
なのでこのパスタの感想は謎!

そしてElはサラダを食べてらっしゃったらしい。
Eの向かいでこちらも遠く離れていたため感想聞けず。
って普通のサラダやったから普通の味でしょう、きっと。

05101103.jpg
↑お食事のお供は勿論ティチーノ・メルロー

ここはイタリアワインが多かったみたいなんですけど、やっぱティチーノにおるってことでティチーノのワインにしました。
みんなのメニューからして私的には白でよかったんとちゃうかな~と思ったけど、赤派大多数につき赤になりました。


ここではレストラン内でがやがやしてるってこと、そして席的な条件もあって、2~4名の小グループでのお話となっていた。私はほぼ横にいたSとSの前にいた先生Lとかと話してることが多かったかなぁ・・
途中からMとSaは英語になってたし(苦笑)・・

そうそうこのメンツ、私とSを除けばみんなそれそれと同じ国の人と結婚してるんで、やっぱ家でイタリア語を使うか学校だけで使うかの差が出始めてました。

私は学校行きだして早々にくみこはん

く:あかんやん、いつまでも英語で話してたら~!!

ってメールをもらい、先生にもクラス始まって早々に同様のことを言われたんで、そっからはほぼイタリア語のみ。
わからん単語の意味の説明をイタリア語で聞いてもわからん時とは「〇〇はイタリア語で何って言うの?」の〇〇は英単語やったりするけど、それ以外はイタリア語にしてます。
最初は地獄~って思ったけど、今は相方の忍耐に大感謝!

もとい・・・

話と食事をエンジョイした(っていきなり英語かよっ!)のち、L、Sそして私の3名は・・・

05101104.jpg
↑↓デザートシェアー!
05101105.jpg

HとM(ってH&Mみたいやなぁ・・)はカフェを飲んでました。

ちなみにデザートは上の方がいちじくのケーキ、下がクレーム・ブリュレです。
いちじくのケーキはおいしかったけど、ブリュレは冷たかったのでヘビーだったのがちょっと残念だったかなぁ・・・

久々のイタリア語でのGirls talk めちゃめちゃ楽しかったです
またたま~にこうやって集まって近況報告とかし合えたらいいな~と思っています。
その時はS(←いつも企画係)よろしく~!!!!


La Cucina di Alice
住所:Riva Vela 4, Lugano
電話:+4191 922 0103



帰りはまたまたSに車で送ってもらった。
帰る道すがら、二人とも今はクラスに行ってないので

S:なっかなか家で一人でイタリア語の勉強ってしにくい!
  やっぱりカフェとか家から出て勉強するって予定を
  スケジュールに組み込まんとできんわ・・・
  どうしてるの?
G:私も同じくかなぁ・・
  私も近所に図書館があるから、図書館でしよっかなぁ・・
  でもさぁ、声出して読んできんやろ・・・
S:そりゃ~無理やな!
G:そこがネックなんよねぇ・・・・

と今後の自宅学習について色々話あっておりました。
今のレベルでのイタリア語の横ばいは怖いので、頑張って勉強しよう(と自己啓発のためにここで宣言しておきます)!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

知らなんだ・・・

相方殿のカレーを作ったのち、一路Girls night へ(とその話はまた後で・・ってどんだけひっぱるか?!)♪

で、チェントロ(中心地)を通ると・・

0510111.jpg

0510112.jpg

なんじゃいな(∂_∂)? と思って周りに聞いてみると、どうもスイスのハードロックバンドGotthardのヴォーカルだったSteve Leeの1周忌だったようです。

ルガーノのNewsでもやってたみたい(こちら)。

その時一緒にいた中の2人ほどは「バンド名は聞いたことある~!」って言ってたけど(2人ともスイス人)、他は知ら~んって感じだったのであっさりとスルーしてしまったけど。

ちなみに私もこれを見かけるまではこのバンドのこと知りませんでした。
知ったきっかけがヴォーカルさんの1周忌とはなんかちょっと皮肉な気もしますが・・・

ちなみに家に帰ってから相方に

G:なぁ、今日チェントロでこんなんやってた~!
  ※写真を見せた
  Steve Leeって知ってた?
相:知ら~ん。
  でもバンドの名前は聞いたことあるで。
  結構有名やと思うけど・・・

と知っていた。

う~ん、私が知らんだけスイス出身のバンドや歌手って結構いるんかなぁ?!?!
スウェーデンやったらThe Cardigansとか、Ace of Baseとか、古いところやとアバとかすぐ出てくるんやけど・・・

Paolo Meneguzziも結構長~い間イタリア人やと思ってたし、スイスの音楽事情に疎すぎるのかしら、私・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

どんだけ~!

最近と言うか昨日今日はちょっと予定が立て込んでいる私です(-"-;A ...
なぜに重なるのか、予定!!

もとい・・・
今日はGirls night だったので(そのことはまた書きます)、相方の晩御飯の支度をそそくさと済ませ外出準備!
こういう時って主婦は自分の事だけして出かけられないのがつらいです!
まぁ稼ぎ頭がおらんとGirl night もできんから・・・

最近外出が続いているので、相方のご機嫌を損ねぬよう今晩の相方のメニューは日本のカレー
相方の大好物です!
我が家には炊飯器がないので事前に相方にメールを送付し(仕事中にしょ~むないことで電話すると怒るから)・・・

今晩はカレーです。
悪いけどご飯だけ炊いてな!
と、サラダは冷蔵庫なんで、自分でオリーブオイルであえてください。


ご飯は鍋で炊いてます。
事前に炊いておくと保温がきかないからここは自力で炊いてもらうことにした。
そしてサラダもあえてしまうと水分が出てべちゃべちゃするからこちらもお任せ。

日本のカレーのルーって便利になりましたね!
今は1箱で2回できるように分けてある。
2人家庭には大助かりです!!

この半分(5皿分)で茄子入りカレー(相方は茄子が大好き)を作った。
5皿分・・・
明日の私のランチと相方弁当は楽勝、楽勝~!!!
が!!!

もう1皿取れるか謎の量だけ残ってる!

相:あ~食べ過ぎた~(;´д`)

って、ほんま食べ過ぎって言うか、どんだけ好きやねんカレー!!

まぁご機嫌さんで超~珍しく洗い物まで済ませてくれてたから文句は言いませんが・・・
明日のランチはまた明日考えます┐(-。ー;)┌

ちなみにうちの相方殿はCoCo一で20分以内に1.3キロのカレーライスを食べきったら無料&記念撮影に挑戦し、見事記念撮影した人です(* ̄m ̄)プッ
普段はめっちゃめちゃ食べるんが遅いから巻きモードで食べてはりましたわ。。。
と言う情報はFBには載せないようにと横からお達しが出たので、FB友のみなさま、このことはご内密に☆

Manor in Ticino 100周年記念

スイスではおなじみなのですが、Manorというスイスのチェーン展開しているデパートがあります。
そのデパートがTicinoにできてから100周年を迎えるようで、今週の日曜にイベントが開催されます(こちら)。

そこになんと!!
ティチーノが誇る(Mendrisio生まれみたいです)Paolo Meneguzziがやってくるそうです。

と言うと聞こえはいいが、ようは彼的にはニューアルバムのプロモって感じ(苦笑)・・・

Sei Amore

Paolo Meneguzziと言えば6年ぐらい前やったかしら、『In Nome Dell'amore』が流行ってた時によくカーステで聞いたもんです。なんだか懐かし~!!
ジャケ写真見てると大人になったなぁ~と思ったり(笑)。

ちなみにこちらの記念祭、11.30~はリゾットが無料でふるまわれるそうです。
Manor太っ腹~!!!

Manorと言えば今日Manorレストランで会合があり話していると・・・

店:こちら試作のTorta di paneなんですけど、お味見してみてください!

とスイスに来て初めてそんなオファーが来た(◎o◎;)

会合メンバーは月1でここで会合してるので・・

G:顔なん?!
会:いや~こんなん初めて~!!

だそうです。
これまたManorやんなぁ~(って違うか?!)!!

日曜のLuganoのチェントロはお店も閉まってることもあって結構閑散としてるんだけど、Paolo Meneguzziパワーと無料リゾット配布パワーでManorの記念祭は賑わうのでしょうか?!
乞うご期待!!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

ジャパレス

まずタイトルの『ジャパレス』・・
この言葉って英語圏日本人にしか通じないのか?!とイタリア語圏に住み始めて思っております。
要はJapanese restaurant(ジャパニーズ・レストラン=日本食レストラン)、略してジャパレス

確かにイタリア語だとRistorante giapponese(リストランテ・ジャッポネーゼ)だから略すと(略さなくてもいいけど、略したくなるのが大阪人!「なんでも略すのはGianna語なの~?!」って最近オランダ人のWさんに言われたな(6 ̄  ̄)ポリポリ)、『リスジャポ』ってサンジャポのばったもんか、リスの新種 みたいになってきたか?!やっぱりイタリア語で略すのはやめよう・・・

もとい・・・

相方が10月1日の日本酒の日 に米 から戻って参りました (*^_^*)
いやはや午後5時前にはミラノ・リナーテ空港に到着しており、マルペンサ付近に車を駐車していたから空港間シャトルで移動はあるにしてもどう見積もっても8時までには戻ってくるやろう・・と思っていたのですが・・・

10時ごろ帰宅 (*x_x)

帰宅早々に

G:おかえり!
  何かあったん?
相:えっ?!何が(∂_∂)?
G:いやいや5時前にはリナーテに到着してたんじゃないの?
相:してたよ~。
G:って8時ごろには家に着けたんじゃないの??
相:うん、でも車をひきとったら眠くなったから、ちょっと寝てた
G:( ̄∇ ̄;)

自由さ全開

相方不在中に、cA_riNoさんとミラノでとんかつを食べたことがやや後ろめたかったので、とっとと告白しようと
※相方は大のとんかつ好きです。

G:あのさぁ・・・
  実はおらん間にcA_riNoさんとミラノに行ってんやんかぁ・・
相:楽しかった?
G:うん・・・
  でなぁ・・・
  とんかつ食べてん
相:そうなん?!
  俺もサンフラン(シスコ)でジャパレス行ったよ~!!
  凄いもの発見やで!!
G:( ̄∇ ̄;)

一気に後ろめたさ消滅!!
相方ってば行って2~3日したぐらいにメールをよこして

胸焼けがして何も食べれません・・・

って書いてきてたくせに~!!!
しかしここは大人になって・・・

G:何を発見したん??
相:回転寿司の船バージョン
G:(∂_∂)?

どうも相方、サンフランでその名も『Sushi Boat Restaurant』というジャパレスに行ったようです。

SushiBoatSF2011.jpg
※画像はGoogleより拝借m(_ _)m

いや~こりゃ~斬新じゃないですか?!
回転寿司が日本以外にもあるって聞いたけど、このバージョンは初耳~!!
しかもサンフランにはここ一軒だけじゃなくって何軒があるみたいですね。

回転寿司は私と私の妹家族と一緒に淡路島で(ここのがやけにうまかったし安かった!)そして、相方一人ではシンガ(ポール)で経験済み!
しかし船バージョンはもちろん初めて!

相:ちょっと取るのが回転寿司よりはスムースにはいかんと言うか
  取りにくいというか・・
  でもおもしろかったよ~\(^O^)/
  ほんで、とんかつも別のジャパレスで食べた~!
  ほんとはエビフライが食べたかったんやけど、ないって言われた
  だいたい俺は日本でいつも行ってた店みたいに、エビフライとか
  とんかつとか コロッケとか 色々入ってないとイヤだ!!
G:( ̄∇ ̄;)
  じゃあさぁ・・・
  ミラノにあるジャパレスのとんかつランチ誘うんやめとくわ・・・
  とんかつだけやったし。。
  cA_riNoさんと今度は4人で行きましょ~って言っててんけどさぁ・・
相:( ̄∇ ̄;)
  それは行くよ!
  だって〇〇(←cA_riNoさんのダ~リン)も来るんやろ?!
  だったら絶対に行くわ!!
G:( ̄∇ ̄;)
  そうそう、今日(10月1日)は日本酒の日 やねん!
  日本酒飲む?
相:飲みたいけど、すごい疲れてるから今日はやめとく・・

と我慢してはった日本酒。
昨日は秋祭りに行ったりですっかり忘れてはったみたいですけど、今日のランチ(は家でした~!ってか時差ボケもあってか起きてきはったんはほぼ午後2時~!)時に思い出したんか・・・

相:そうそう!
  日本酒、日本酒!!!

でいただいた日本酒を開けました

031011.jpg

鹿野酒造さんの山廃吟醸です。
鹿野酒造さん・・・常きげんを造ってはるって言ったら日本酒好きな方はピン!ときますでしょうか?!
加賀のお酒です
もっともっと日本酒マニアな方にはかの能登杜氏、農口尚彦氏が醸していると言えばよいでしょうか?!!

鹿野酒造さんのサイトにこんなこと(こちら)が書いてあったので、あえてここは和食ではなくムール貝を使ったパスタと合わせてみました。

と。。。
上の写真「何でワイングラスで飲んでるの???それしかないのか?!」って思われました?!
これはあえてワイングラス使用でいただきました。
このチューリップ型のワイングラスはやはり香りを取るには最適な器だと思います。
このお酒を知るためにあえて第一弾は常温で、そしてワイングラスでいただきました。

青りんごのようなすご~くさわやかな香りと飲み口も青りんごを感じさせてくれるお酒という印象です。
口に含んだ一瞬は甘く感じるお酒ですが、どんどんと旨味がでてきて、キレはよし&辛口です。
いや~これが杜氏さんの力なのでしょ~!
酒蔵見学行きた~い!!!

そうそう、お料理との相性ですが、山廃でない大吟醸だとキレが良すぎるというかマリアージュの観点からはどうでしょうと思うことが多いです。魚系を食べる時は口の中に残る魚の生臭さを一掃してくれるという点ではこの上なくいいのかもしれませんが・・・
しかしこの山廃は日本酒のコクとムール貝の旨味がマッチしていたように感じました。
ベストマッチか?!と問われるとやや疑問が残りますが、いい線行ってるように思います。

ボトルの裏には「5℃以下のひや、ロック、ぬる燗で・・」と書いてあったので、今は冷蔵庫で冷却中・・
今晩はこれをひやでいただいてみようかと思っています♪
もちろんひやでいただく際にはukoさんからいただいた薄はりグラスで

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

Festa d'Autunno(秋祭り)~参加編~

Festa d'Autunno(秋祭り)@Lugano』でご案内しておりました
FestadAutunno2011.jpg
※画像はLugano Turismoより拝借m(_ _)m
 クリックするとプログラムにとびます。

Luganoの秋祭りに行って参りました♪

まず行く前に入念にGrottiniのメニューをチェックし・・・
102011MenuGrottini.jpg
※こちらの画像もLugano Turismoより拝借m(_ _)m
 クリックすると拡大します。

食べたい物(赤〇)のメニュー名を記憶!
ちょこっとずつすべてのGrottiniを回ろ~と思っていたのですが・・・・

02101101.jpg
↑まずはPiazza Riformaにアプローチ。
いくつかのスタンドが並んでました。

02101102.jpg
↑ガラスが光ってますが、サラミやハムやらを売ってるスタンド。
※帰りがけは人が結構並んでた。

02101103.jpg
↑チーズのスタンド。
見えます?!牛のフィギュアがかわいいぃぃぃ~

02101104.jpg
↑別のチーズやサラミ屋さん。
やっぱこれ系のスタンド多し!

02101105.jpg
↑いつもは閑散としがちな(失礼!)Luganoも今日は人でにぎわってました♪

02101106.jpg
↑アイデア商品!
懐かしのレコードをリフォームしたバックを売ってるスタンド!

02101107.jpg
↑動物系のオーナメントを売ってるスタンド。
ほんと何でもあり!!
他にもワイン、スカーフ、衣料、花、ハチミツなどが売ってるスタンドもありました。

そうこうしてると何やら聞こえてきましたよ!
02101108.jpg

02101109.jpg
↑↓アルプホルン(伊:Corno alpino)!
02101110.jpg

勝手なイメージですけど、男の人だけが演奏しはるんかと思ったら、女の人の奏者も!!
素敵ぃ~

他にも至る所で合唱やら演奏やらが行われてました。

02101111.jpg
↑何という衣装なんだろう?!
それを来たノリノリ合唱団!

02101112.jpg
↑こちらも独特の衣装を着た合唱団。

は~い、↓の人に注目~!!!
まず赤↓の人・・・

02101113.jpg
↑ヘアーアクセはスプーンです

次に青↓のおっちゃん!
このおっちゃん、凄い業師!
合唱も一緒にしてるんやけど、途中で合いの手のようにピ~!!!って指笛を吹きはるんやけど、これがすっごい音!!
いや~熟練の技か?!
ちなみに私はできません・・・

そしてオレンジ↓の人・・
一般人・・もしかしたらこの合唱してる人の誰かの親族?!
そんな超~ノリノリ系ではないと私は思った合唱(民謡的というか)なのに異常にノリノリ&合唱団に超~接近。
やっぱ親族か?!!

02101114.jpg
↑パーカッション系のバンドやら

02101115.jpg
↑通りがかった時には演奏終了で何系かはわからんバンドなんかもいた。

02101116.jpg
↑Manor(庶民派デパート)の前にあった何か・・
通っただけで正体わからずです(^_^;)

さぁ~そろそろ何かを食べに と思ったのですが・・・

02101117.jpg
↑閉店!

ちなみに・・・
Cervo(salmì di cervo=鹿肉のサラミ
Coniglio(cosce di coniglio alla cacciatora=ウサギのもも肉煮込み狩人風
Gnocchi(gnocchi al pomodoro=トマトのニョッキ

G:ウサギとか鹿って書いてるわ!
相:見ない!
  だってもう閉店やから食べれないから、見ない!!
G:(^_^;)

結局グルグルまわったけど、どこもかしこも閉店で(早いよ・・・)、仕方なく(って失礼やけど)

相:ラクレットのパニーノでも食べる (-.-;)
↑本当は鹿やらウサギが食べたくってかなりの逆ギレモードだった・・・
 いやいやだからお昼過ぎから起こしてたでしょうに・・・

が~!!!

02101118.jpg
↑残りが少ないから、後どれぐらいできるか・・・
順番を待ってもGETできるかどうかは運次第と言われた (◎o◎;)

G:も~無理ちゃう?!
  あきらめて家で何か作ろか?!
相:いや、待つ!!

きっと自分の寝坊のせいで何も食べれんってのが嫌やったんでしょう。。。
しかしここは相方の執念に軍配!

02101119.jpg
↑2人分、なんとか取れました~!!

しかしこれで5スイスフランは結構いい商売やなぁ・・
まぁスイス値段なんですけど。
来年はここで焼きそば1皿10スイスフランででも商売したいわ、私(爆)!!

しかしこれでは食べ物チェックをしていた相方は超~不満喫だったらしく・・・

02101120.jpg
↑サラミとFragolinoをGET!

Fragolinoはフラゴリーノと読みます。
一瞬、Fragola(イチゴ)のお酒?!って思ったけど、甘口の発泡ワイン(と呼ぶにはアルコール度が低すぎるか?!)です。しかしこれは随分気が抜けていて発泡度は↓↓やったけど・・・

う~ん、狙いまくってたPizzoccheriも食べれんかったし、何とも不燃焼君に終わった秋祭り・・・
来年は相方を置き去りにして相方をもう少し早く起こしてまずは食べ物目指して突進しよう

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Chiassoへ行ったもう1つの理由

gioiaさんとランチをした後、我々が向かった先はこちら↓
30091101.jpg

何やと思いはります?

これ↓を見るとLugano~Chiassoに住んでる人はピンっ!ときはりますかねぇ?!
30091102.jpg

30091103.jpg
↑高速からいつも見えていたCentro Ovale Chiasso~Polaris Chiassoです。

形状から最初は体育館か?!と思っていましたが、ショッピングセンターなのです!!

あまりスイスのNews番組を見ない私なのですが、たまたま合わせたチャンネルでオープンしたとNewsで言ってたのでちょっと見に行こうと思いました♪

ちなみにオープンは9月29日の木曜。
なぜこの日なのか??と言う疑問はありますが(^_^;)

日本だとキリのいい10月1日、それも今年は土曜だし、この日にしませんか?!?!
私の予測では・・・

なぜかスイスのお店は木曜のみ遅くまで(Ticinoでは大抵夜9時まで)営業しています。
木曜を除く平日はお店によりますが、だいたい7時ごろまで、土曜は6時ごろまでで、日曜はお休み。
仕事をしてる人たちなどは自然と木曜の夜か土曜にお買い物というパターンになるため木曜の9/29にした。。
あくまで予想ですよ、予想!

幸い月末にオープンしれくれたんで私は定期が使えてラッキ~だったんですけど

30091104.jpg
↑ちなみにサイドはこのように網々になっています。

さ~中に入りますよ~!!

30091105.jpg
↑Ticinoではあんまり見かけないハウスグッズのお店。

主にはTefal(ティファール。。。スイスのページはイタリア語ないやん・・・)やMoulinex(ムリネックス。。。こちらもスイスのページは独・仏のみ・・・ちなみにこちらは日本には入ってませんよね?!ヨーグルトメーカーが欲しい&うちのホームベーカリーはこちらのメーカーのものです)がほとんどでしたが。

どちらもフランスのメーカーさんです。
そう思うとキッチン系の家電はヨーロッパではフランスの一人勝ちなのか?!!

30091106.jpg
↑服屋さん。

30091109.jpg
↑店の奥は外壁の内側が見えます。
ギリギリまで店舗さんが使ってはるんですね。

他にも靴屋さんの数が目立ちました。
そうそう3F(日本の4F。日本の1Fは地上階になるので)にはMigros(スイスのスーパー)が入ってました。
そして地下は駐車場です。

が・・・
30091107.jpg
↑見えにくいですが、店舗名が書いた案内板

そうです・・

30091108.jpg
↑まだ空きもありました。

噂では当初の店舗数は60とも言われてましたが、実際は30ぐらいでしょうか。

30091110.jpg
↑最上階はレストランが入る予定ですが、工事中&立ち入り禁止!

そうこうしてると・・・

30091111.jpg
↑謎の二人組!

30091112.jpg
↑謎のポーズ。
どうもここで働いてる人みたいです。
ちなみにもう片方はお手洗いに行ってはりました(笑)・・・

ぶっちゃけ思ったよりも狭いです。
もっと広大なイメージだったんですけど、あっさりばっさりと見学終了!

感想としてはまだまだオープンに間に合っていないのか、ディスプレイの適当さというか付け焼刃的さを感じました(それともこれで完成なの??)。それにやはり店舗が少ないというか。。

この近所にはSerfontanaというかなり大きなショッピングセンターがあります。

このCentro Ovale Chiassoができた~ってTVでNewsを見たときは「Serfontanaやばい?!」って思ったけど、う~ん・・・安泰かしらと思ったりも(失礼!)。今後の2つのショッピングセンターの共存が楽しみです☆



Centro Ovale Chiasso~Polaris Chiasso
住  所:Via Pietro e Luisita Chiesa 2, 6830 Chiasso
アクセス:国鉄Chiasso駅からVia Comeへ向かった徒歩約10分
時  間:月~水・金・土 9:00~19:00
      木        9:00~21:00
      日        9:00~18:00
      ※なんとMigrosも日曜開いてるみたいですよ!!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Ristorante Pizzeria CARLINO

Ticino州を回れる定期最終日にChiassoにてgioiaさんとランチをしてきました~\(^O^)/

gioiaさんとはこのブログでコメのやりとりをしているからあまり感じなかったんですけど、なんと会うのは半年ぶり!!
彼女は暇暇な私と違い、お仕事をされてるからお忙しいのです!!
そんなご多忙な中、お時間をさいていただき向かった先はRistorante Pizzeria CARLINO

gioiaさんが以前ピザを食べたことがあるお店だそうです。

ピザ・・
ちょっと前まではいつもRomana(モッツァレッラ、トマト、オレガノ、アンチョビ)かNapoletana(Romanaプラスカッペリ)が多かったのですが、最近はチャレンジャーな私

メニューを熟読し(はよ決めろ~!)、選らんだピザは!!

300911P01.jpg
↑Raclette(ラクレット)

※g=gioiaさん、G=私

G:珍しそうなんでラクレットにしました♪
g:そんなのメニューにありました?!!
G:ええ、書いてましたよ~。
  でも具はラクレット以外に何かは忘れちゃいましたけど。
g:いやぁ~前に来た時も誰もそれは頼みませんでした・・・

と、やはり珍しメニュー&チョイス!

ちなみにこちらはラクレット、モッツァレッラ、にんじん 、おじゃが が入ってました。

にんじんとおじゃがは千切りになってましたよ。
そして写真中央に乗っかってる黄色~いチーズがラクレット。
ラクレットとはこんな↓チーズです。
24091110.jpg

私は好きなんですけど、結構強烈なにおいです(苦笑)。
なのでこのピザも強烈なにおいがしておりました・・・
こんなちょびっとしか入ってなくっても存在感ありあり!!
きっとラクレットが嫌いな人は限りなく嫌なピザだと思いますので、ご注意を!!
※ってそんな方はまずこの『ラクレット』という名がついたピザは頼まないですよね・・・

そしてびっくりはにんじん!!
意外とピザににんじん入ってるのって見たことなくないですか?!!
私はこのピザが初めてです。
gioiaさんも初めてだったようで

g:この赤いのってにんじんですよね?!
G:どうです、で、この白はおじゃがです。
g:えぇぇ~にんじんですか?!
  珍しい!!!

そう、おじゃがはたま~にあるけど、にんじんはほんと珍しい!!

そんな驚きメニューでしたが、お味はおいしかったです。
でもやっぱラクレットはラクレットとして食べないと、主張が強すぎるかな~という印象もややありです。

そして向こう側に見えるのはgioiaさんのピザで、ハムときのこ(っておっしゃってたように記憶)のビアンカというトマトソースを使わないピザに確かアーティチョークをトッピングされてました。
それのピッコロ(小さいと言う意味)サイズ。
一回り心持小さいサイズでしたよ。

半年ぶりに会うgioiaさんと色々お話をし、また在スイスの先輩、何よりもイタリア語歴は大先輩のご意見を伺い(年齢は私が先輩ですが。。。いや~年取るの年々早いっ!)とても素敵な午後を過ごすことができました。

ちょっとこれから先どうイタリア語力を伸ばして行こうかと色々と迷ってたりもしたんで(って週2の半年しか学校行かんかったからしょぼしょぼですが・・・)、本当にためになるお話を伺えました。
アドヴァイスいただいたこと、実践していこうと思いますo(^-^)o

そしてgioiaさんと髪の毛&シャンプーの話になって、1つびっくりしたこと!!
gioiaさんの同僚の方たちによると(女性です)

毎日洗髪しないらしい

外国の人ってそうなんですか?!?!
理由は水道水が硬水のため、毎日洗うと頭皮や髪によくないからだそうです。

うちの相方は毎日洗うし、私も日本からの習慣か(日本にいた時は実は朝と夜と2回洗ってたけど・・それは美容師さんに「やめてください!」って言われたなぁ・・・)毎日洗髪しておりました。

確かに抜け毛&パサつきは多くなってる気がします。
でも最近cA_riNoさんから抜け毛にいいシャンプーをご紹介いただき(って別に我々はげてはいないです・・)、今のシャンプーがなくなったら切り替えようかと思ってはいたんですけど。
パサつきに関しては、コンディショナーをやめて毎日ヘアーマスクを使うようにしてからはちょっとマシになってる気がしてたんですけど・・・

う~ん・・・
やっぱ洗髪は毎日したいかも。
皆さんの周りの外国の人(在海外)はいかがですか???
今度誰かに聞いてみよ~!!

もとい・・・

その後ちょっと予定があったので、お話は一旦切り上げてエスプレッソを飲むことに

300911P02.jpg
↑なぜかロカルノ映画祭のトレードマーク入りのお砂糖・・
余ってるのか?!?!

そして次の予定へと向かったのでした☆



Ristorante Pizzeria CARLINO
住所:Via Vela 5, 6830 Chiasso
電話:+41(91)/682.68.28
時間:要確認

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)