Juuuust chillin' out!! 2011年09月

Luganoのバスについて

Ticino州を回れる定期を買ってから頻繁にLuganoでもバスを利用しているのですが、今更ながらこれらのバスについて・・・

Lugano市内で頻繁に見かけるのはTPLというバス↓。
※TPLの画像はTPLより拝借
bus.jpg

ベンツなんですね(笑)。

ちなみに路線図はこちら
料金はこの路線図にあるゾーンによってというか、いくつゾーンを走るかによって異なってきます。
イタリア語となりますが、料金表はこちら

例えばゾーン10(ルガーノ市内)もしくはゾーン11(ルガーノ市の周り)内の移動だと大人は1.60スイスフランで1時間有効です。
しかしこのいずれかのゾーン内で3停留所内だと1.20スイスフランとなり、30分間有効となります。
そして10と11の2ゾーンをまたがる場合は2.00スイスフランとなり、90分間有効です。
また郊外の料金はこれらとは異なります。
確か有効時間内でも逆行はできないと思います。

ちなみに1日乗車券は5.00スイスフランとなります。

そしてこのバスのチケットの買い方なのですが、バス停には必ずこちら↓
funicolare3.jpg
↑チケット販売機があります。

こちらで注意が必要ですが!!

お釣りでません!!

なので勿論お札は使えません!!
※スイスのお札は10スイスフラン札からです。
※メインのバス停には両替機がありますが、うちの近所など通常のバス停にはなし。

ちなみに昼間は前方(運転手さんがいるところ)、中間、後方のドアが開きどこからでも乗・降車可能です。
なので無賃乗車も簡単にできそうなのですが(ダメですよ~!)、抜き打ちでバス会社の係の人がどこからか乗り込んでくることがあります。
夜は運転手さんにもよりますけど、前からしか入れなくしていて、定期や乗車券を乗る際に見せるというパターンが多いです。勿論夜も抜き打ちチェックあったことありますよ~!

先日も駅まで行こうとバスに乗っているとこの抜き打ち検査がありました。
その時に無賃の人がいました。
少し遠くて聞こえなかったのですが、どうも身分証明書の提示(情報を控えてはりました)、住所の確認などが行われてました。彼は罰金の金額を持ち合わせていなかったようで、必要な情報を得るまで彼は2人の職員(大抵2人組み)に囲まれていました。

TPLのバス内にはこんな注意書き↓があります。
300911.jpg

かいつまんで言うと、無賃乗車の罰金は80スイスフラン。
その場で支払うと60スイスフラン。

抜き打ちに出会わない時も多いですが、1.60スイスフランをケチって60または80スイスフランの支払いは大きすぎる!!
しかし即金で払えば20スイスフラン割引きってところがちょっと笑えた(* ̄m ̄)
でも60スイスフラン持ってる人は無賃せんやろ・・・

ちなみにこの時もう1人も無賃だったんじゃないかな~と思います。
この捕まった子が職員に囲まれている間、次の停留所でそそくさと降りていった人がいました。

反面スイス人は真面目だな~と思ったのが、このそそくさと降りた人の停留所で降りる子たちは乗車券トや定期の提示を求められていないのに(職員は捕まえて子にかかりっきりだった)、自ら提示して降りていってました。
真面目~!!

そうそう・・・
Luganoの駅はちょっと丘の上なんですけど、こことチェントロ(中心地)を結ぶフニコラーレ(ケーブルカー)もこのTPLの管轄で、こちらは1.10スイスフランです。チケットは乗る前にチケットブースがあるのでそこで購入します。
夜などは運転手が一人でこのチケット(乗車券)売りと運転をしてたりします(笑)。


もう1つLugano市内でよく見るのは郵便局の黄色のバス↓
AutoPostale.png
※こちらの画像はAuto Postaleより拝借しております。

こちらはちょっと遠くに行く時に利用。
例えばLuganoから一番近くのショッピングセンターGranciaに行く時などはこちらを利用しています。

こちらはTPLとは違い、チケットを持っていない人は必ず運転手さんが乗っている前方の扉から乗り、そこで料金を支払います。片道か往復か、そして行先を告げる必要があります。
直接の支払いなのでお釣りはもちろんいただけます。

こちらのポストのバスは近場だけではなく、長距離なども走っているようですよ(利用したことはないですが)。

特にこのポストのバスを使う際、たま~にTPLのバス停と共有のバス停があいますので(LuganoのチェントロとかParadisoの学校前とか)、間違ってTPLのバスチケットを購入されませんように・・
※Granciaへ行く時に購入している人がいたから。。
 もちろんこのチケットは返金してもらえません。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Festa d'Autunno(秋祭り)@Lugano

ですねぇ~
皆さんは何の秋ですか?!

読書 の秋
※やっべ~まだ読めていない読まなあかん本が・・・間に合うか?!

スポーツ の秋

それとも食欲 の秋でしょうか

まぁ誰も聞いてないし、聞くまでもなく私は食欲 の秋です(^_^;)
また横に成長する・・・

イタリアやスイスでは食に関するイベントも満載です!
先日行ったMendrisioのブドウ収穫祭もそうだし、ず~っと前に連れてってもらったアルバの白トリュフ祭りなんかも秋にある\(^O^)/
※なぜか愛しのサン・ダニエーレ様は夏やったけど。。

そしてそして!!
我が町Luganoでも9月30日~10月2日の3日間、秋祭り↓が開催されま~す
FestadAutunno2011.jpg
※画像はLugano Turismoより拝借m(_ _)m
 クリックするとプログラムにとびます。
 なおプログラムは 語です。

何回も言いますけど、まだ1年経ってないんですスイスに来て。
なんでこちらも初☆秋祭り@Lugano!!
※行くかどうかは今のところ微妙ではありますが。。

観光局サイトによるとお天気は・・・
Meteo300911.jpg

ええ感じちゃいますか?!
さ~さ~皆さんLuganoへ来てください(って観光局に努めてませんから・・)♪

ちなみにプログラムを拝見してますと、音楽あり~の 、メルカート(市)あり~の 、食べ物スタンドあり~の のようですよ。
ワインもこちらの州では有名なTicino Merlot(ティチーノ・メルロー)が飲めるみたいだし

そうそう!
今日Grancia行った帰りにチェントロ通ったら・・・
※関係ないけど、Granciaからの帰りのバスはなんでいつも大幅に遅れるのか?!
 西日浴び過ぎで疲れた

290911.jpg
↑テントの用意してはりました!
それとPizzoccheri(ピッツォッケリ)のメニューボードも見た!!う~ん、久々にPizzoccheriが食べたいかも

このイベントの他にはやっぱ山 が多いからか、栗祭り が多いかなぁ・・

Lugano付近だけでもBrè-Aldesago(10/16)、Caslano(10/310/510/910/1010/12)、Vezio(10/9)、Barbengo(10/15)、Pura(10/16)、Vernate(10/23)などがあり(Brè-Aldesago以外はLuganoのコムーネ内じゃないけど)、狙っているところではcA_riNoさんがご紹介されていた(こちらムッジオ谷の栗祭り(10/9)かなぁ~。

後、えっ?!Ticinoで?!?!と思うような
OktoberfestLugano2011.jpg
↑Oktoberfestが駅前のレストランであったり(上の画像をクリックするとレストランサイトへとびます)、Luganoのチェントロでたまねぎ市 (10/8)があったりもします(笑)。

さてさて私はいつ&どれに出没しよっかなぁ・・・
見かけられた方は優しく見守っていてください。きっと飲み食いしまくってる可能性が高いので・・


※Luganoの秋祭りネタとは全く関係のないことを続きに書いています。
 ご興味のある方だけ・・


続きを読む »

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Magadino

Ticino州を回れる定期を更新したのはいいものの、更新してからはあまり使用していない
もうすぐ定期も切れるしと思い、またまたTicino旅を決行

今回はTILOの線で遣ってない線↓を使ってみようと思いました♪
TILOlines.jpg
※画像はTILOより拝借m(_ _)m
 クリックすると拡大します。
 さらに大きい地図が見たいかたはこちらをクリックください。

Luganoに住んでるとS10線はよ~使うんです!
例えば、MelideRiva San Vitale、州都のBellinzona、ブドウ収穫祭のMendrisioへ行く時はこちらの線を使います。

そして次によく使ったんがS20
Locarnoこちら)やCetovalli の旅へのアプローチ(もLocarnoやけど・・・)などの際に利用。

残るはS30
S60はかなりローカル線で一度利用(こちら)。
※地図下の方の線はイタリアなんで定期使用不可。

まずTicinoの観光情報って大き目の都市(州都Bellinzona、Lugano、Locarnoなど)を除くと結構入手が大変
こちらのS30線のメインはGambarognoというところか?!と目星をつけてググってみたらありました、ありました!!
観光情報はこちら。(サイトは のみ)

このサイトを見てるとVira(わかりやすいかと思い、リンク先は英語バージョンにしております)が一番観光スポット多いか?!と思いここにしよっかなぁ~と思ったり、やっぱ定期がギリギリまで使えるS.Abbondioにしよっかな~と思ったり。

しかし根っから悩むタイプではなく行動あるのみ な私(笑)。行ってみてから決めよ~と出発!

両方行けば?!と思われるでしょ?!!
今はそう思います。
しかしネットで調べてるとこのS30の頻度というか走ってる時間がほぼないって感じで、行く前はそれはチョイスとしてなかったんです。
行ってからわかったことはこのS30、Bellinzonaから出るまたはBellinzonaまで行くのは時間が限られてるし本数も限られてるけど、CadenazzoというところからとCadenazzoまではS10みたく30分ごとにあった。
※時間帯によってはバスが代替えになってたりもするのでご注意ください。

そうとは知らず出発した私。
ひとまず行きはBellinzona発がなかったんで、Lugano→Bellinzona→Cadenazzoと行き、CadenazzoからこのS30に乗車

電車に乗ってしばらくすると湖が見えてきた!!!
ちなみにこちらはLugano湖ではなくMaggiore湖です。

思わず下車 (。_・)
幸い下車した駅は・・・
28091101.jpg
↑行こうかと思っていたViraの最寄駅

ちなみにもう一度駅の名前見てください!
ViraだけじゃなくってMagadino-Viraってなってるでしょ?!
後で知ったのですが、この駅を出て湖に向かって右側がMagadino、左側がViraだそうです。

そうとはつゆ知らず、そして湖にはどないして近づこうかと(駅は坂の上)思ってるとおっちゃん発見!!

G:すみませ~ん!
  湖に近づきたいんですけど・・・
※ここはViraだけと信じてるんで、それを聞いてない私。
 ちなみに近いのはMagadinoです。

お:えっ?!
G:湖、見えてますけど、もっと近くに行きたいんですけど。
お:ああ。
  この坂を下りたらいいよ~!

で・・・
28091102.jpg
↑アプローチ!

ちなみに遠くに見えているでっぱってるところがどうもViraみたい。。。

なんかあるかな~とウロウロしていると

28091103.jpg
↑丘をちょっとのぼったところに教会発見!

28091104.jpg
↑階段ものぼらんと行けません・・・

この日Lugano出た時はちょっと涼しめで、私はブーツ にジャケットにスカーフまで着用(苦笑)。
ところがこちらは結構暑くって、ジャケットとスカーフは取れてもブーツは・・・
階段で汗かきました

頑張ってのぼったけど、教会には入れず
仕方がないので教会前から湖をパチリ

28091105.jpg
↑ちょっと電線が邪魔かも・・・

またまた湖を目指してくだり~

28091106.jpg
↑線路横にはワイン畑がありました。
やっぱTicinoメルローなのかしら?!

28091107.jpg
↑湖が狭くなってるところがあり、船がいっぱい停泊してました。
ここはLuganoとは違うところだなぁ。

湖前のプロムナードを歩いてると(これはやっぱどこにでもあるね・・)・・・

28091108.jpg
↑観光シーズン真っ盛りの時はきっと開いてるスタンド。
今日は閉まってました。残念!

28091109.jpg
↑何回か見かけたけど何か?!

家に帰ってチェックしたら多分これ。でもいまいち何か???です(苦笑)・・・

28091110.jpg
↑警察のボート

これってLuganoにもあるんやろか?!
見たことないなぁ~と思ってパチリ

28091111.jpg
↑自由な私はプロムナード逆行してたようです

28091112.jpg
↑ここはほんと湖に近い!!

28091113.jpg
↑日焼けなんかを楽しんでる人を発見!
でもそこまでは暑くないと思うんやけど・・・

ドイツ人か?!
※どうも体感温度が違うみたい・・・
 元クラスメイト(独人)いわく「7~8月は暑すぎて海には行きたくない」)らしい・・・

28091114.jpg
↑えぇ~っと・・大幅に逆行でした

28091115.jpg
↑やっぱどこにでもあるクルーズ
どうもLocarno(対岸)に行ったりするクルーズがあるようです。

暑かったのでここで一息&Viraへの行き方を聞こうと・・・
28091116.jpg
↑ビールを頼んだのはよかったのですが

ビールを頼むと何かをテーブルに置かれた。
よ~わからんので(なぜかすべてドイツ語 (´_` i) ドイツ語は簡単なご挨拶、数字1~100←ちょっと進歩!までしかわかりませ~ん\(_ _;)/)放置してると・・

店:なぜ開けないの?
G:えっ??
店:これ、くじよ♪
G:ドイツ語まったくわかれないんで・・・
店:何か当たるかもよ♪
G:いや~、どうでしょう?!

で店の人が開けちゃったゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ

そしたら・・

店:あなた~!!
  あたったわよ~!!!!
G:( ̄∇ ̄;)
  な、何がですか?!
店:これよ~↓!!
28091117.jpg

店:よかったわね~!!

って大声で言うから他の客もジロジロ見てるし、意外と気弱な私は

G:いりません!

とは言えず・・・

Vira観光断念

ちなみにこれ↑とはこれ↓です。
28091118.jpg

店:そこの湖沿いで日光浴するのに使ったら?!!
G:いえ、帰ります・・・

であっけなく終了してしまったS30の旅でした

そうそう・・
このお店もそうだったけど、この村(よね?!)やけにドイツ語が飛び交ってて一瞬「ここはどこ~?!!」って思ってしまいました。
Luganoでも夏の間は結構ドイツ語を耳にするのですが、マッジョーレ湖の町に来ると余計そう思います。
ドイツまたはドイツ語圏からはマッジョーレの町は人気スポットなの???

ちなみに帰りの電車もMagadino-Vira→Cadenazzo→Bellinzona→Luganoとなりました。
Bellinzonaで電車を待ってる時にホームで横に座ってたおばちゃんが話しかけてきた。

お:それは何なの?
G:Barでビール飲んだら当たったんですよ・・
お:どこのBar?
G:Magadinoの船乗り場前です。
お:あらっ!
  私、Cadenazzoだから今度行ってみようかしら!!

えっ?!これって結構人気商品なの???
さらにこのおばさんは自分の子供がどこに住んでるのか、遠出する時はチューリッヒ乗り換え派(そんな派があるのか?!私はたまたまいつも乗り継ぎの利便性でチューリッヒだから、乗り換えはチューリッヒが多いと言ったら私もチューリッヒ派に認定された・・)だとか、今度はドイツに行くとか色々と語ってくれたので待ち時間が短く感じて助かった♪
おばちゃんも電車待って間、退屈だったのかしら?!

そしてLugano駅からバスを待ってる時も別のおばちゃんに話かけられた。
う~ん、これを持ってるとおばちゃんに話しかけられるのか?!!
それとも私がおばちゃんと一体化してきてるから話しかけやすいのか?!!

Ticino在住のおばちゃんたちよ、私を見かけたら是非気軽にお声かけてきて~ん (^3^)-☆

って言わんでもしょっちゅう近所のスーパーでは知らんおばちゃんに話しかけられるけど・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Tamarindo

cA_riNoさんとミラノを楽しんだ後、またまた図々しくもcA_riNoさんご夫妻とお食事をすることに!
毎度毎度お邪魔虫、恐縮です

さらにミラノの帰り、Chiasso(キアッソ)の駅まで迎えに来ていただき車にて移動

最初向かった先のGrottoは月曜につきお休み
その後何度か相方と行ったLuganoチェントロにあるLa Tineraへ行ってみましたが、こちらもお休み

月曜のレストラン探し、手ごわし!

ひとまず歩き続けてTamarindoへ向かってみた。なんとな~くあいてる気がしたから・・

ビンゴ~!開いてた!!

丁度よい気温だったのでお外でお食事をすることにしました。

26091115.jpg
↑私のチョイスでQuesadilla(ケサディーヤ)のManzo

前回(こちら)Burritoを食べてちょっとヘビーだったので、Quesadilliaにしてみました。
結構こちらもしっかりしてます!

そして前回アルゼンチン人の元クラスメイトがこれのチーズ味にしてたんで、ちょっと気になってたのです。

確かメキシコ本場のQuesadilliaはチーズだけやったように思いますが、こちらは中にひき肉を香辛料で味付けしたものとチーズが入ってました。
その横はサワークリームとアヴォカドソース(ワカモレではないな・・)。

26091116.jpg
↑cA_riNoさんチョイスでInsalata al Naturale(ナチュラル・サラダ)

中身はトマト、キュウリ、アヴォカド、コーンだったと思います。

26091117.jpg
↑cA_riNoさんダ~リンのチョイスでFajita(ファヒータ)のManzo(牛肉)

え~上の写真はFajitaの具だけです。
皮の写真を撮り忘れました(苦笑)・・

cA_riNoさんご夫妻はメキシカンがお好きかどうかは??だったので恐縮でしたが、たまにはTicinoでスイス料理でもイタリア料理でもないお料理もよくないですか?!

意外とこちらTicinoもイタリアも(大都市を除いて)食べ物に関してはコンサバで、和食や中華料理を除けば色々な国のお料理があんまりないんですよねぇ・・・

和食ランチをいただき、最後はメキシカン。
ほんとちょっと日本にいるのかしら?!と思う一日でした。

そしてそして!!!

またまたcA_riNoさんダ~リンに

おごってもらった


相方よ、このお返しはサンフランから戻ってきたら必ずするのだぞ!!
※と、他力本願な私は只今無職専業主婦・・・

cA_riNoさん、cA_riNoさんダ~リン、しばしお待ちを!!



Tamarindo
住所:Viale Castagnola 21, Lugano - Cassarate
電話:+41 (0)91 970 10 00
備考:テイクアウトもできます
    日曜お休み

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Milanoのカフェと和食屋さん菫(すみれ)と日本のパン

Milanoへ行ったもう1つの目的は一度和食ランチを食べてみよ~ということでした

cA_riNoさんが事前にネットでチェックしてくださり、候補が2つあがりました。
その中から我々がチョイスしたのはRistorante Sumire~菫(すみれ)というお店。

お店は12時からだったんですけど、ちょっと早く到着してしまった我々。
すぐそばにVergerという何ともおっされ~なカフェ(だけじゃないことが後でわかった)があったんでそこでお茶することに

26091101.jpg
↑パティオはこんな感じ

店内を覗くと・・
26091102.jpg
↑お洋服やらも販売してらっしゃるようで、なんだか日本のおっされ~なカフェの雰囲気!

26091103.jpg
↑読書 を楽しみながらお食事やお茶をするのでしょうか?!

最初はこの椅子の後ろのポッケは何のため??って思ってたけど納得!
なんともかわいい&素敵なアイデアと本好きの私は思いました♪

店内には本や新聞やらが置いてあり、自由に読んでもいいみたいですよ。

そんなおっされ~なカフェを堪能した後は目的地、菫さんへ

イタリアの大都市ミラノにありながらドアの中は何とも日本!!
不思議な感覚です。
お店の方は1名を除いてすべて日本人の方でした。
お席へ案内していただき、オーダーしている次々とお席が予約やら来客で埋まり、あっと言う間に待ち客が!!
いや~、日本のランチ時を思い出しました(笑)。

お客様は日本人の方、イタリア人の方半々ぐらいというところでしょうか。
日本人にも人気があるというのは期待大です!!

26091104.jpg
↑数からランチメニューからなぜか二人ともとんかつをチョイス

実は二人とも、いえ、正確には我々の旦那陣(←今回は欠席というか仕事中の2名)も合わせてとんかつが大好きだと発覚!!

ちなみに手前が私のチョイスでおろしポン酢でいただくとんかつ、向こう側がcA_riNoさんチョイスで和風だしでいただくとんかつです。
他にもソースでいただくのもありました。

26091105.jpg
↑実は定食です

メイン(今回我々はとんかつ)の他に、お味噌汁、小鉢、お漬物、ご飯があり、飲み物はガスなしのお水、ガス入りのお水、温かいほうじ茶の中から1つチョイスできます。
さらには食後のコーヒーもついてますよ。
これで計13ユーロはお得中のお得だと思います!!

ボリュームもたっぷりで男性でも堪能できる量でした。
が。。。
勿論私は完食しちゃった(爆)。

そうそう・・
ランチは他にもから揚げ定食、お刺身定食、お寿司の定食、ざる蕎麦定食(←この日はなかったけど)、チキン南蛮定食などがあり、だいたい10~15ユーロぐらいです。
やっぱイタリア人の人たちはお刺身定食やお寿司定食にしてはる人が多かった。
反面日本人は結構とんかつやらから揚げが多かったように思います。

テイクアウトもできるのか、何人かのイタリア人は持って帰ってました(多分店内がいっぱいやったからか?!)。
店内はあまり大きくなく、我々が到着した際にもすでに『予約席』と書かれたプレートがたくさん置かれてました。
我々はほぼ12時ごろに入店したんですけど、それぐらいの時間に食べるなら予約して行った方が確実かもしれません。

こちら、夜は居酒屋さんになるようですよ。

とんかつ好きな旦那陣も連れて再訪しましょうねと言いながらお店を後にしました。

そしてそしてこの日最後のミッション(って大げさな・・)!

実は事前にパンをオーダーしていたんです。

「パンなんていくらでも買えるや~ん!!」って声が聞こえてきますが、メロンぱんなちゃん 、いえメロンパンは日本だけ!!そうなると食べたくなってくるのです!!!

La Bottega di Tosさんと言うお店を事前にcA_riNoさんが見つけてくださって、一緒にオーダーをしていただいておりました。
2日前までに予約をし、10ユーロ以上購入すれば最寄の地下鉄駅(配達範囲ありです。サイトでご確認ください)まで持ってきてくださるようです。
※詳しくはこちら

我々はだいたいの帰りの時間に合わせて予約をしておりました。
なので帰る前にミラノ中央駅でパンを受け取り帰途につきました。

26091118.jpg
↑ちなみに私の購入分

メロンパン、あんぱん、クリームパン、マーブルキャラメル(小)を購入しました。

何気にミラノにて日本を満喫した1日となりました。
たまにはいいよね、こういうのも



Verger
住所:Via Varese 1, Milano
    ※地下鉄Moscova駅が最寄駅
電話:02-8699-8276
時間:9:00~19:30
    ただしランチの時間は12:00~14:30
    カフェやBarの時間は要確認

Ristorante Sumire
住所:Via Varese 1, Milano
    ※地下鉄Moscova駅が最寄駅
電話:02-9147-1595
時間:12:00~15:00/19:00~23:00
    日曜休み

La Bottega di Tos
※予約注文での販売ですので、サイトでご確認の上ご購入ください

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Milano Moda Donna 2011

9月26日の月曜はまたまたcA_riNoさんと・・・

26091106.jpg
↑ミラノへ行ってきました

今回の目的はタイトルにもあるように・・・

26091113.jpg
↑↓Milano Moda Donna 2011チェックのため♪
26091110.jpg

この日はArmaniのショーもありました。
Armani2011.jpg
※写真はSfiateより拝借

ただ残念ながらショーは一般人は入れないそうで、見れませんでした

でもでも!!
TVのニュースで見た・・・

26091109.jpg
↑レッドカーペットは見た&撮った&踏んだ~

26091107.jpg
↑↓Baciプロデュース(?)のかばん!
26091108.jpg

カバンがかわいいな~と写真を撮ってるその横からイタリア人のおばさん3人組が

お:味見できるの、味見!!
※Baciチョコのことです。

とブースのお姉さんを直撃(爆)!
できないとタジタジでお姉さんは断ってました。
どこの国もおばさん強し!!

26091111.jpg
↑↓B by Limoniのメイクコーナーは女の子たちが列をなしてました
26091112.jpg

最初、BってあったんでてっきりBobbi Brownかと思ったら、そうではなくイタリアのコスメB by Limoniでした。
さすがの我々もこの後の事を考えると『イタリアン・メイク』にチャレンジする勇気はなく、遠巻きに写真だけ撮って退散!

一般で見れるのはこの付近だけみたいで、ぶっちゃけあんま見るものがなかった(苦笑)・・・
まぁ久々の都会、いい刺激になりましたけど♪

やっぱたまには都会出んとあかんな~と思いましたよ、ほんと(笑)。

しかしイタリアのNewsでMilanoはファッションに力を入れてるって言ってこの催し物のことが今晩も放送されてましたけど、だったらもう少し一般人も見れるようにして欲しかったなぁ・・・
※もしくは予約がいったのかしら???

さらにはプログラム配布的なブースもなく、どこへ行ったらいいのやら・・という状況だったのも残念だったかな。

続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Sagra dell'Uva del Mendrisiotto

相方がいなくて悲し~ などとしおらしいことを言う暇もなく(性格もなくか?!)、24日の土曜は去年から気になっていたSagra dell'Uva del Mendrisiotto 音でます サイトは 語のみです)にcA_riNoさんご夫妻のお邪魔虫をして行ってきました~\(^O^)/

なんやLugano在住数十年ぐらいの勢いがでている私ですが、実はまだ1年未満。
去年はこれが終わった後にLuganoに到着したもんやから行けなかったのです!

G:今年は行こな~!
相:了解~!

って言ってたの相方はサンフランシスコで胸焼け中。
そこで大迷惑にも厚かましくcA_riNoさんご夫妻のお邪魔虫をしてまいりました。

そうそう、去年の様子はcA_riNoさんがブログに書いてはります(こちら)。

本題に入る前に・・

Sagra dell'Uva del Mendrisiottoって何ぞや?!!
Sagra=収穫祭
Uva=ブドウ

そう!Mendrisiotto(Luganoの隣の市付近の地域名)のブドウ収穫祭です

私はてっきりワイン祭り と思ってたんですけど、事前にcA_riNoさんから

c:ワインだけじゃなくって屋台は何でもありですよ~!

と聞いていた通り・・・

24091101.jpg
↑チーズあり~の

24091102.jpg
↑ペイストリーあり~の

他にもスカーフあり~の、服あり~のとほんまに何でもあり~のな収穫祭(>_<)
いや~お祭りムード満載ですよ~

24091103.jpg
↑↓みんな今までどこに潜んでた?ってぐらいの人・ひと・ヒト!!
24091104.jpg

24091105.jpg
↑cA_riNoさんご夫妻とお知り合いの方の栗のスタンド

ホクホクのを栗を1袋・・・

cA_riNoさんのダ~リンに

買ってもらった(^_^;)


いつもすみません、ほんとm(_ _)m

町の中にはスタンドのみならず、
24091106.jpg
↑音楽を演奏してる方たちもちらほら

ちなみに向かって左の一番前の赤い服のおっちゃんは演奏者ではないですが一番盛り上がってて踊りまくってた!
いや~このおっちゃんみたく、人生楽しまんといけません!

24091107.jpg
↑せっかくなので白ワインを1杯

スタンドではこういうプラスチックカップでサーブされているようです。

ここには2種類白があったんですけど、名前からは判断つかずにいると

店:シャルドネが好き?
  それともメルロー?

実はメルローで造る白ワインは初&とても気になっていた。
なので勿論

G:メルローで♪

やはり黒ブドウで造るからかタンニンを感じます。
こういうお祭りのスタンドなんでボトルは空けっぱ(栓はしてるけど)なんでしょう。
香りはかなり飛んでたんでちょっと残念だったけど・・

24091108.jpg
↑これから何かをするのかしてたのか?!

24091109.jpg
↑こちらもギターとアコーデオン演奏に合わせて大合唱!

一人おっちゃん、めっちゃめちゃカメラ目線&ノリノリ!
ええですなぁ~!!
ほんま楽しんでる~って感じ♪

24091110.jpg
↑やっぱり出てたラクレット!

G:写真撮らせてくださ~い!
店:写真撮るだけやったらアカンよ~!!
  おいしいから、買ってて~!!
G:後で買いに来ます~!!

と大阪ノリで軽~く交わす。
こういうの好き

24091111.jpg
↑まったくパン屋さんっぽくないレゲエ風のお兄さんのスタンド

帰りがけに通ったらめっちゃめちゃ繁盛してた!!
パンおいしそうやったからなぁ~。

c:せっかくなんで赤も飲みましょ~

に反対する理由はまったくなしの私!

24091112.jpg
↑迷う・・・

c:どらがいいか選んでください♪
G:( ̄∇ ̄;)
  私、ティチーノのワイン、ほとんど飲んだことないから・・・

とやりとりしていると・・

おっちゃんらに囲まれた~(>_<)

お:何飲むの?
G:いや~赤なんですけどわからんから・・
お:選らんだろか?!
c:お勧めは?!

で選んでもらった(笑)。

そっからやけに仲良くなり(?!)、

24091113.jpg 24091114.jpg
↑これらプラスもう1本の計3本ボトルを次々に購入していくおっちゃんグループにワインもらった~(爆)!

一瞬ここはシチリアか?!と思うノリ!
1杯のワインで我々4杯以上いただいております・・・
ありがとう、おっちゃんたち。
※実は2人は私より1つ上なだけやったけど・・・

ちなみにこの2本はとてもおいしかった。
特に私は向かって右側のが好き♪

最初に勧めてもらったグラスのワイン、そしてこれら2本と写真に撮らんかった1本、どれも結構樽をきかした赤ワインが多かったです。結構アメリカ的、いや、そこまで樽樽してないか・・でも樽が好きなんかな~と思う造りかなという印象。

24091115.jpg
↑cA_riNoさんと乾杯ショット!

ちなみに写真撮ってくれてるんもおっちゃんグループの誰か。
そして周りからグラスだけ参加してるんもおっちゃんグループの人たち。

お一人がお誕生日だったようで、かなり盛り上がっておりました

しかしこのおっちゃんグループ!!

お:君、何歳や?!
G:〇〇歳ですけど。
お:えぇ~?!
  何歳?
G:〇〇です。
お:えぇぇ~?!!

と、何回年齢を連呼したことか(苦笑)・・・

お:女の人に年聞いたらあかんねんやけどさぁ~!

って言うなら連呼させるな&連呼するなぁ~(爆)!!

そうしているとお友達とお話してらっしゃったcA_riNoさんダ~リンがやってきたのでおっちゃんたちとはさよならし、cA_riNoさんのポーランド人のお友達と合流すべく移動

しばらくすると合流成功!
一緒にどこかの屋台でお食事することに☆

24091116.jpg
↑お友達の彼氏のお父様がおごってくれたポレンタ!

いや~思った以上にテンション↑↑の収穫祭でした。
ほんま盛り上がってた!!

何よりも入場料(3スイスフランでした)と最初の白ワインと赤ワイン1杯ずつを自力で購入しただけで、大好きな栗 を食べ歩き、気持ちよ~くなるほろ酔い分のワイン を分けてもらい&夕食 も食べちゃった私。
ある種、満喫しすぎやわなぁ・・・

cA_riNoさんご夫妻、おっちゃん一行、そしてcA_riNoさんのお友達一行、みなさんありがとうございましたm(_ _)m

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

LavauxとLausanne~食事編

Vaud州旅行の最終日はブランチを食べただけなので最終日前と最終日のお食事編をまとめちゃいます。

フランス語・・
慣れてきたころにいつもさよならでまったく上達がしませんが、苦労・苦労のフランス語ともしばし、いや当分お別れのフランス語圏旅行最終編です。

まずは20日(最終日前日)の朝・・

前日にかなり気に入った&ホテルから近いということもあり名前のわからん近所のカフェへ!

200911C1.jpg
↑この日はカスタードパンとCafé au lait!
うん、やっぱCafé au laitのがおいしい(笑)。

だいたいTicinoでもあんまりCappuccinoを飲まん私がなんでフランス語圏で??ってのもあったのかもです。反省!
あっ、Cappuccinoは好きですよ♪
でもイタリアのがいいって言ったら怒られるかしら・・・

お昼はCullyでいただきました。

200911C2.jpg
Au Major Davel

ホテルのレストランです。

観光バスに乗ろうと思っていたので時間は1時間しかなかった。
なので事前にウエイターさんにその旨を伝え、早くできるメニューからチョイス。

200911C3.jpg
↑私の仔牛のソテー

柔らかくってと~ってもおいしかったです!!
こっちに来てから食べたお食事の中で一番おしかった

ウエイターさんとちょっとお話をしてたんですけど、ポルトガルの人らしいです。

ウ:スイスはフランス語ができても十分じゃないから大変!
※ここがフランス語圏だからフランス語をお勉強されたそうです。

まさに!!
私も在スイスですけど、かなり苦戦しておりますフランス語圏!!

その日のお食事は泊まっていたホテルの近くでいただきました。
Café de Grancy
ここは以前に相方と来たこともあるところでいつも人でにぎわっています。

私はまたまたお腹の調子が悪くって(ってフランス語圏に来てからず~っとなんだけど・・)、軽めにしようかと思ったけどいまいちメニューがわからず・・
お昼はお肉だったから違うのにと・・

200911C4.jpg
↑↓サーモンのソテーのセットしました。
200911C5.jpg

サーモン、すご~くおいしかったんですけどやっぱ体調が・・・・
ここはまた次回相方と一緒に再チャレンジだ!

最終日はチェックアウトをすませた後、2日目に閉まっていたCrêperie Bretonne La Chandeleurに再チャレンジすべく旧市街へ!

2109111.jpg
↑↓やっぱ晴れてると教会が映える!
2109112.jpg

2109113.jpg
Crêperie Bretonne La Chandeleur開いてた~!!

2109114.jpg
↑中はこんな感じでこじんまりとしています。

2109115.jpg
↑私のチョイスはVaud州産のチーズが入ったクレープと自家製シードル

今回は前回の教訓を生かして甘口にした。
うん、やっぱ甘口のがおいしかった!!!

ここのクレープは皮(って言うの?要はクレープ)がおいしい!
とて~も香ばしくてほんとおいしかったです。大満足♪

いやはや体調不良の連日外食はなかなかハードでしたが、これにてフランス語圏ともフランス語ともしばしお別れ

どうもフランス語はいつも慣れてきたころにお別れってパターンが多いな、私(苦笑)・・・



Au Major Davel
住所:Place d'armes 8, Cully
電話:021-799 94 94

Café de Grancy
住所:Av. du Rond-Point 1, Lausanne
電話:021-616 86 66
時間:月~金 8:00~24:00
    土~日 10:00~24:00
    ※キッチンがクローズするのは22:00とおっしゃってました
備考:メニューはフランス語のみ
    英語が通じるかは謎・・・

Crêperie Bretonne La Chandeleur
住所:Rue Mercerie 9, Lausanne
電話:021-312-8419
時間:11:30~
    ※すみません、終わりの時間を控えるの忘れました
    ※日曜ともう1日お休みがあったんですけどそれも・・
備考:今回は英語メニューがありましたが英語が通じるかは謎・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

LavauxとChâteau de Chillon

9月20日は朝からお天気もよく、なんとか晴れ女に返り咲いたか?!という感じ

この日のメインはLuganoで予約を取っていたLavauxというワインで有名なエリアを訪ねること。
ちなみにこちらのワイン畑は世界遺産にも登録されている場所です!!

まずは場所の確認。
※地図はクリックすると拡大します。

Map Lake Geneva Region
※地図はOffice du Tourisme du Canton de Vaudより拝借m(_ _)m

Lausanneの宿泊期間中、こちら↓が利用できると言ってましたが(こちら)、
LausanneTransportCard2011.jpg
Epesses村まではこちらの利用が可能です。(カバーエリアはこちら

Lavauxには8つのエリアがあります。

1 Lutry
2 Villette
3 Epesses
4 Calamin Grand Cru
5 Dézaley Grand Cru
6 St-Saphorin
7 Chardonne
8 Vevey-Montreux

このうち私が予約を取ったのは3番目のEpesses内のCullyというエリアにあるワイナリー。
ちょっと了承を得ていないので現時点ではお名前を出しませんが、ある日本人の方のブログを拝見して教えていただいたワイナリーです。

20091101.jpg
Domaine Louis Bovard

この時期丁度ブドウを収穫されてらっしゃる時期のようでとてもご多忙な中、マダムがとても親切かつ丁寧に出迎えてくださいました。大感謝です!!

20091102.jpg
↑まずは造ってらっしゃるワインについてご説明をいただきました。

こちらでは主にスイスの白と言えば!というChasselas(シャスラ)をメインに、白ではSauvignon blanc(ソーヴィニョン・ブラン)やChenin(シュナン・ブラン)なども使ってらっしゃるそうです。

赤はPinot noir(ピノ・ノワール)、Merlot(メルロー)、Syrah(シラー)などを使って造ってらっしゃるとおっしゃってました。

20091103.jpg
↑まずは大樽で発酵

20091104.jpg
↑↓子樽で熟成
20091105.jpg

びっくりしましたが ブルゴーニュ産の新樽などがありました(すごく高いらしい!)。

白ワインに関してはMalo-Lactic Fermentation(マロラクティック発酵)をあえてせずに熟成させるワインも造ってらっしゃいました。
こちらはシャスラの白だったんですけど、そうすることによりシャスラが持つ酸を生き生きとし、この土地のお料理であるクリーム系のソースのお料理ととても合うと熱く語ってくださいました。

ワイン造りに対する情熱と愛情をとても感じます

20091106.jpg
↑↓お昼にソーヴィニョン・ブランを摘み取るそうなのでその準備をしてらっしゃいました
20091107.jpg

ここで一旦マダムからOenologue(ワイン醸造家)の方(お名前を聞きそびれました・・)にバトンタッチ!

20091108.jpg
↑↓1週間前に摘み取った発酵過程のソーヴィニョン・ブランをお味見
20091109.jpg

まだ1週間(後2週間は発酵させるとおっしゃってました)なのでジュースのように甘いのですが、酸は結構しっかりとありました。とてもいいブドウだと思います!!

しばし醸造家の方からお話を伺いました。
彼いわく、ソーヴィニョン・ブランは2009年、シャスラは2010年ができがよかったそうです。
個人的にはフルーティー感がソーヴィニョン・ブランの方があって好きだとおっしゃってました(笑)。

その後再度マダムとご挨拶をし、マダムのところのワインを扱ってらっしゃるワインショップへ移動。
そこでのテイスティングとなりました。

ご多忙な中、マダム、醸造家の方、本当にありがとうございましたm(_ _)m

マダムのワインを扱っているワインショップはマダムのところから歩いて1分!
Vinothèque de la Maison Roseといいます。
そちらで白を4種と赤を1種お味見させていただきました。

勿論!白ワインを2本買って帰りましたよ~
※相方とすでに1本は飲んじゃったけど

その後マダムからお伺いしていた近辺を観光するバスに乗ることに!

20091110.jpg
Lavaux Express

こちら、Cully発とLutry発のツアーがあるようで、我々はCullyにいたのでCully発のツアーを利用。
ちなみにCully発とLutry発では回るコースが違います。
前者の所要時間は約1時間15分、後者は約1時間です。

ここでは利用したCully発ツアーについて・・・

出発はワインショップの本当に近くの広場から出発。
Riex→Epesses→Dézaleyを回りCullyに戻ってきます。
降車できるのはDézaleyだけでした。
後で聞いたら、この降車地で例えばEpessesで降りたかったら降ろして欲しいと言えば降ろしてくださるそうです。
料金は大人13スイスフランでした。
料金表を見てると3種のテイスティング付きで20スイスフランってのもあったんで、そっちにしようと思ったらどうもそれは18:30発のツアーのみらしいです。こちらの所要時間は2時間となりますので要注意!

20091111.jpg
↑↓このワイン畑の風景が世界遺産だったと思います
20091112.jpg

ドイツのモーゼルで見たワイン畑を彷彿させるような急な坂!!
モーゼルのワイナリーさんが「収穫時に落ちてなくなる人もいるのよ~」っておっしゃってたけど、こちらは大丈夫なのかしら?!!

20091113.jpg
↑シャスラ

20091114.jpg
↑ピノ・ノワール

素敵な風景を堪能してると1時間15分なんてあっという間!
気づけばCullyに戻ってました(笑)。

その後・・・

とちょっと長くなるので続きに書きます・・・

続きを読む »

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Genève~食事編

まず朝ですが、ホテルの近くのカフェで朝食をとることに!

ホテルは駅前にあるHôtel Agoraに泊まってたんですけど(相方がよくLausanne出張中に使ってるホテルで駅前やから便利かな~と思って)、前にここに泊まった時も気になっていたホテル近くのカフェで(名前がわからない・・)。

と・・・タイトルがGenèveになってますけど、このカフェはLausanneです・・

190911C1.jpg
↑Cappuccino。

前日も別のお店でCappuccinoをいただきましたが、う~ん・・・
ごめんなさい、でもいまいちかも(苦笑)。
この日を境にフランス風に次回からはCafé au laitにすると心に誓いました(って大げさな・・)!

190911C2.jpg
↑朝から調子にのって、ブリのサンドイッチ!

いやいやヘビーです、ちょっと。
でもとてもおいしかったですよ♪

こちらはサンドイッチ、普通のパン、甘いパンをはじめ、ケーキやチョコも売っています。
結局滞在中にケーキを食べるチャンスがなかったけど、パンがとてもおいしかったんで次回は是非トライしてみたいです!!

そしてお昼はGenèveの新市街にある、Brasserie LIPP 音なります サイトはフランス語です)。

日本のガイドブックに載っているお店のようで元クラスメイトのご指名のお店で、魚介中心のお店のようです。
しかし私はお腹の調子がかなり悪かったので・・
190911C3.jpg
↑↓火の通っているムール貝にしました。
190911C4.jpg

ベルギーにいた時に何度かムール貝を食べましたが、これはかなり小粒!!
どうもそういう種類のムール貝だそうです。

お味は白ワイン風味ですが、塩加減も結構濃厚~!
更に結構死んでる貝が多くって、ちょっと冷凍かしら?!と思ったり・・・

お値段も結構なお値段だったので、私もこれ一回っきりでいいかな~という印象です(すみません)・・・

190911C5.jpg
↑元クラスメイトのチョイスで生牡蠣。

確か4種類違った牡蠣があるようで、塩分が違うそうです。
おいしかったそうですよ。

写真向かって右端のお皿に載っている茶色っぽいのわかりますか?!
こちらはこの生牡蠣と一緒に食べるとおいしいパンだそうです。

たまたま隣のお席にいらっしゃったLausanne在住のご夫婦のマダムが教えてくださいました。
塩分が聞いたバターがサンドされているパンだそうです。
斬新!


そして夜・・・
旧市街の外れというか新市街との境目というかのお店に入りました。

すみません・・
もうかなりお腹の調子が悪くってお店の名前なんかも全く覚えてないです

結構どれもヘビーな感じだったんでひとまず火が通ったものを・・と
190911C6.jpg
↑Escalope de veau Cordon Bleu(仔牛のコルドン・ブルー)。

私ってばちゃんとフランス料理というかお料理法を覚えてない&フランス語もサバイバル的にしかわからないんでCordon Bleuの意味をいまいちわかってませんでした(苦笑)。
Escalope de veau だけ仔牛の薄切り肉やなって思ってオーダーしたんですけど、要は中にチーズやハムやらを巻いてパン粉をまぶしてあげてあった(か揚げ焼き)・・・
大失敗です。

お味は観光客用レストランって感じのお味でした・・・
やっぱちゃんと調べて行かないとダメですね。反省!

結局Lausanneでの朝食が一番おいしかったかも(苦笑)。



Brasserie LIPP
住所:Confédération Centre
    Rue de la Confédération 8, Genève
電話:022-318 80 30
時間:月~土 7:00~2:00
    日    9:00~2:00

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Genève~観光編

スイス・フランス語圏3日目の9月19日も朝から雨。
前日の朝よりもかなり降ってます。

この日はGenève(ジュネーヴ)観光をすることに。
LausanneからGenèveまでは国鉄で特急に乗れば約30分です。

19日の月曜日はVaud州他、スイスの3州では「Lundi du Jeûne fédéral(英:Store Bededag Monday)の日で祝日。ホテルにチェックインする際に

G:月曜はこちらは祝日でしょ?!
ホ:スイス全土よ~!
G:???

とまだスイス在住1年に達していない私は信じてましたが、やっぱ3州だけじゃないですかっ!!

と言うことでGenèveはお休みではなくお店も普通に空いてました。
おかしいなって思ったのよね、ほんと!!

ちなみにお休み3州とは、LausanneのあるVaud州、同じくフランス語圏のNeuchâtel州、首都BernのBern州です。

お店が開いてるということもあり、元クラスメイトはショッピング。
そしてその後ランチを食べてると、行こうと思っていたUNOG国際連合ジュネーブ事務局)の最終入館時刻が~!!

慌ててバスに飛び乗り、一路UNOGへ

19091101.jpg
↑ここから入ろうと走ってたら警備の方が隣、隣と手で合図!

19091102.jpg
↑こちらから入るようです。

ここを抜けるとまず空港のように手荷物検査と金属探知機検査があります。
それが終了すると受付カウンターへ行き、

19091124.jpg
↑向かって左の入館証を発行してもらい、支払いをします。

入館証発行にはIDが必要です。
私はパスポートを提示しました。
どうも複数名だと代表者だけで大丈夫みたいだったんですけど・・・
我々は2人でしたが、ID提示+入館証発行は私の分だけでした。

19091103.jpg
↑上のレシートに39と書かれている通り、Gate 39へ向かいます。

ここに入るとまた受付があり、先ほどのレシートの提示を求められました。

本来はどうか??ですが、我々の到着が遅かったためツアーは開始しており係の人の指示に従って急いで最初のお部屋へ

ちなみに写真撮影はOKですが、ビデオ撮影は不可だそうです。
そしてツアーからはぐれないレベルでの写真撮影が許可されています。
また返却して写真を撮ってませんが、ツアー参加者にはストラップのようなものを首からかけることが義務付けられています。

ツアーはフランス語と英語があるようです。
ツアー参加以外での見学は不可です。
事前に予約をすれば日本語などのツアーもあるようです、こんなギリギリにそれも最終ツアーに行ったので英語ツアーに参加しました。

19091104.jpg
↑こちらの上のお部屋で国際連合ジュネーブ事務局の役割についての説明をいただきました。

ジュネーヴ事務局はNYの本部に次いで2番目に大きい事務所だそうです。

ジュネーヴに事務所がある機関は5つあるとおっしゃってました。その5つとは

IAEA – International Atomic Energy Agency(国際原子力機関
UNEP – United Nations Environment Programme(国際連合環境計画
UNESCO – United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization(国際連合教育科学文化機関
UNIDO – United Nations Industrial Development Organization(国際連合工業開発機関
WFP – World Food Programme(国際連合世界食糧計画

TVで聞いたり、新聞で文字を見たりの機関を聞いてちょっとテンション↑↑な私♪♪

ちなみに国連での公用語は6つあるそうです。
それは、英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、中国語です。

そうそう・・・
ガイドさんによると席順はアルファベット順だそうです。
でも英語バージョンの時とフランス語バージョンの時があるみたいですよ。

例えばドイツ!
英語だとGermanyなのでGですが、フランス語ならAllemandでA。
かなり順番変わりそ~!!
日本はどっちにしろJだわ・・・

19091105.jpg
↑こちらは上から見ていたお部屋。
ツアーに遅れたため、何のお部屋か聞きそびれました
多分総会場だと思うんだけど・・

19091106.jpg
The Human Rights and Alliance of Civilizations Room(人権理事会の会議室)の入口

19091107.jpg
↑スペインの画家、Miquel Barcelòの絵が印象的!
※ってちょっとしか見えてませんが・・

19091108.jpg
↑お庭には出れないので窓から外をパチリ

19091109.jpg
↑Salon des Delegues(参加者のサロン?)

どうも休憩室っぽい感じだったんですけど。

ここからはThe Council Chamber(委員会の会議室)の写真。
ここにはカタルーニャ(スペイン)の画家José Maria Sert.が描いた壁画があります。
スペイン政府から贈与されたもののようです。

健康・技術・自由・平和を通して成長していく人類を描いているそうですよ。
画像がいまいちですが、しばしご覧を♪

19091110.jpg

19091111.jpg

19091113.jpg

19091114.jpg

19091112.jpg
↑こちらは5人の巨人。
5人の巨人は5大陸を表しているようです。

さて、5大陸とはどこ?!
※回答は続きに書いときますね♪

19091115.jpg
↑お部屋を上から見てました。

19091116.jpg
↑こちらのお部屋は本当に何のお部屋か聞きそびれました・・・

ここでツアーは終わり。
約1時間ほどでした。

その後お土産物屋さんで絵葉書を購入した私。

そしてお庭方面には行けないけど出口方面をちろっとウロウロ・・・

19091117.jpg
↑向かって左、↓向かって右にあった像
19091118.jpg

何かは??だったけどちょっと写真を撮ってみたりしました(笑)。

すると先ほどのガイドさんが

ガ:Good bye~♪

と自転車で颯爽と帰宅していきました。
自転車通勤だったのね・・・



国連ガイドツアー
Visitors' Service
Palais des Nations
14, avenue de la Paix
CH - 1211 Geneva 10
Tel: +41 (0)22 917 48 96または+41(0)22 917 45 39
Fax: +41(0)22 917 00 32
Email: visit-gva@unog.ch

時間:9~3月(月~金) 10 :00~12 :00/14 :00~16 :00
    4~6月(毎日)  10 :00~12 :00/14 :00~16 :00
    7~8月(毎日)  10 :00~17 :00
料金:大人             CHF 12
    大学生とシニア      CHF 10
    学生(6~18歳)      CHF 7
    団体(最低10名の大人) CHF 10

特別なリクエストがある場合はこちらのページ(英語にしてます。日本語なし)の一番下のオレンジのボタンからどうぞ♪

続きを読む »

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Lausanne~観光編

Lausanneは以前にも観光したことがある(こちら)。
前は雪が降った次の日が何かやったんやけど、今回はマジ晴れ女 の称号を剥奪すべく のスタート。
幸いまだちょっとだけ運が残ってるんか、Bar à café le Petit-Barを出ると に変わってたけど・・・

18091101.jpg
↑↓Cathédrale Notre-Dame(ノートルダム大聖堂)も何だかどんより・・・
18091102.jpg

ひとまず大聖堂は最後に回ることにした。

18091103.jpg
↑Château Saint-Maire(サン・メール城)。

後で見たら前回とよく似たアングルで写真撮ってる
写真術はアップしてないってことか・・・

18091104.jpg
↑こちらは前回撮ってなかった写真ですが、何の建物かは謎(調べろ!)・・

この辺りはかわいい看板が多く、にわか看板フェチ

18091105.jpg

18091106.jpg

18091107.jpg 18091108.jpg

一回りした後は大聖堂の中へ♪
18091109.jpg
↑↓ステンドグラスが素敵♪
18091110.jpg

18091111.jpg
↑前回はこの写真は撮ってなかったなぁ~と思い、柱の写真(また撮った)は割愛でこちら採用!

そして今回は
18091112.jpg
↑塔に上るツアー(勝手に行くんやけど)に参加!

ひたすら階段です!
確か400何段かって言ってはったように記憶(違いやったらすみません)。
一人2ユーロ(2011年9月現在)でした。

18091113.jpg
↑塔の上。

しかし凄~く重た~い雲

18091114.jpg
↑夜にはこの鐘を鳴らし、時を告げるそうです。

残念ながらこの時間は鐘ならず。
そして鐘をきくこともLausanne滞在中ならずでした・・

18091115.jpg
↑何とな~くちょっと天気回復か?!

18091116.jpg
↑上れるところの一番上から見た塔の上。

塔を満喫し、ひとまず丘の上(このあたりは丘の上)を降りることに。

18091117.jpg
↑ちょっと下ったところから見た大聖堂。

そのちょっとした小広場のようなところに銅像発見↓
18091118.jpg

よ~見てください!!
わかります?!!

18091119.jpg
↑片手にEvian、そして胸にはシール!

誰や~こんな悪戯したん!!!
せめてスイスのアルプス水にしろ~(+_+☆\(-_-)

いえいえ、このような悪戯はやめましょ~若者よ!!
※ってただの酔っ払いのおっさんの仕業だったら若者たち許してくれ~!!
 でもおっさんはシール持ってないやろ?!

18091120.jpg
↑前回ナンパおっちゃんに遭遇したどり着けんかったPalais de Rumine

18091121.jpg
↑街並みなんですけど、凄いカーヴでしょ?!!

18091122.jpg 18091123.jpg
↑旧市街にあった別の教会と塔(それぞれの場所は離れてます)

18091124.jpg
↑新市街で見つけた!
でもこの日(日曜)は新市街はガッラ~ンとお店はお休み・・
※旧市街もだけど。

この後地下鉄で湖畔へ♪

18091125.jpg
↑向かった左が駅で左がLa Château d'Ouchy(ウシー城)。

どちらも今はホテル(駅は上の部分)になっているようです。

18091126.jpg
↑湖畔沿いのプロムナードから見たLa Château d'Ouchy(ウシー城)。

この後クレープを食べてたので・・・

18091127.jpg
↑オリンピック博物館は閉まってました・・・

めげずに前回撮ってなかったオブジェの写真を
18091128.jpg

18091129.jpg

18091130.jpg

最後の方はお天気もなんとか回復してきたんだけど、やっぱ晴れ女の称号は返還いたします(誰に?!)・・・


レマン湖(ローザンヌやジュネーヴが面している湖)の方は凄~く観光に力を入れているのかと思いました。
と言うのも、ホテルに泊まると必ずくれるこちら↓
LausanneTransportCard2011.jpg
※写真はOffice du Tourisme du Canton de Vaudより拝借m(_ _)m

滞在期間中(到着/出発日も含む)有効です。
Lausanneでくれる場合のカバーエリアはこちら

『Easy Access Card』と称するこのカード、Vaud州(Lausanneがある州)の他の都市でもやってるようです(こちら)。

スイスは電車代などがお高めなのでこちらは旅行者には嬉しいサービスではないでしょうか?!
Ticino(Luganoのある州)でもやってるんかなぁ?!?!
ホテルに泊まらんから知らんだけ?!?!
※やってたら誰教えてくださ~い!!

ちなみにこちらのLausanne発のカードについて言わせていただくと・・

・地下鉄
・区間内の国鉄
・バス

なんかが無料で乗れました。
Lausanneは坂が多いから地下鉄は非常に嬉しかったです♪

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Lausanne~食事編

今回はいつもと趣向を変えて(?)観光編の前に食事編から(笑)!
ブランチ→おやつ→夕食と続きます!
全てLausanne内で~す♪

まずブランチ編・・
ホテルを出て、まずは旧市街へ向かい、以前クレープをいただいたCrêperie Bretonne La Chandeleurさんへと思ったのですが・・・

日曜につきお休み

土地勘もなく、日曜日ということもあり、ひとまず近くのカフェに入ることに!
しかしこのチョイスは最終的には悪くないチョイスだった気がします。

180911C1.jpg
↑山羊乳チーズのサラダ

後にも先にもここのサラダは結構おいしかった!
しかし残念ながらアルコールのサーブはしていないようでなぜかサラダのお供はTicinoでは有名な"Gazzosa(もしくはGazosa)"!!それもこれ、Bellinzonaのんみたいやし(笑)・・・

ちなみにこちら、お味が4種類あります。
Limone(レモン)、Mandarine(マンダリン)、Lampone(ラズベリー)、Birtillo(ブルーベリー)。
我々はレモン味にしました。

これはガス入りの甘いお水にそれぞれのフレーバーがついています。

結構しっかりと量があったのでお腹はいっぱいになりました。

その後おやつにと、すっかりクレープの口になってた状態で向かった先は、もう1軒気になっていたクレープ屋さん。

180911C2.jpg
Crêperie d’Ouchy

180911C3.jpg
↑Grand Marnier(Arrosée au Grand Marnier)

グラン・マルニエ(グラン・マルニエを振り掛けたもの)です。

最初というかここではこのArrosée(振り掛けた)の意味がわからんくって、熱でアルコールを飛ばしてると勝手に思ってたらほんまに振り掛けやったからすっごいグラン・マルニエの香りと言うかアルコールの香りがそのまんまつ~んときました(苦笑)。おいしかったけど、アルコール×の人は絶対おすすめできない一品かも・・・

そしてお供はせっかくなんで・・

180911C4.jpg
Cidrerie NicolのシードルでRhuys。

アルコール度5.5%です。

このシードルはおいしかったぁ~!!
しかしクレープはおやつ用を食べたからかもやけど、やっぱ私はCrêperie Bretonne La Chandeleurのが好きかなぁ・・・

最後は夕食編!

きちんと調べてなかった&日曜で結構お店が閉まってた&旧市街は人通りがなくちょっとやばそうだったんで駅近のLes Brasseursへ行きました。

180911C5.jpg
↑ビール屋なんでまずはDe saison/Bière spécial(季節のスペシャル)にしてみた。

これはアンバービールでと~ってもおいしかった!!

ふと向こうのテーブルを覗くと(って言うか見えてただけ)、若者4人組みが~!!
180911C6.jpg
↑すごいビールを飲んでた~

ささ~っと近づいてって

G:ごめ~ん、写真撮らせて~!!

で、パチリ

ちなみにこの日の私、Giannaははるか昔(って言っても4年ぐらい前?!)に取り損なった杵柄のフランス語を駆使して入店、メニュー読み、オーダー、会計、そしてこの写真撮らせて~をこなしております
ぶっちゃけかなりの体力というか脳力消耗

なんで国内旅行なのに、我が町の言葉が通じんのか・・・
これでも結構頑張って、普段の生活ができるようにとイタリア語を習得したんですよ(苦笑)。
しかしまったく役に立たず
そう、ここはフランス語圏なのです・・・

もとい!

180911C7.jpg
↑Rösti montagnard。

Röstiはようはおじゃがのお焼きです。
それにこれはラクレット(チーズ)、ハム、タマゴが乗っかってました。
ビールには最高のお供って感じ

180911C8.jpg
↑Carbonade de bœuf à la flamande。

ベルギーでもよ~食べたけど、牛肉のビール煮です。それにお野菜が入ってる。
こちらはアンバービールで煮たものみたいでした。

お肉は柔らかくて超~おいしい♪

どちらもビールがすすみ、あっと言う間になくなっちゃったので追加!
せっかくなんで・・

180911C9.jpg
↑Les Palettes de Degustation~4グラスにした。

これは結構みんな見落としメニューやったんか、隣のおっちゃんとおばちゃん(やけにLove Loveやったなぁ~)もガン見してました(笑)!

向かって右端から順に、blonde, blanche, ambrée et spécial。
どれもおいしかったですよ~!!
ちょい飲み(って言っても4グラスあるけど・・)にはいいかも。

ちなみにこれ、3グラスバージョンもあります。
その際は最後のスペシャルビール(一番左端)が入ってません。

実はこのビール屋さん、以前相方と同僚たちとLausanneに来た時に来たんですけど、ギリでキッチンが閉まった時間で撃沈したお店です(苦笑)。
今回は相方はいませんが、悲願達成~!!!
しかし相方がおらん分、フランス語のメニューにあたふたしました、ほんと・・・



Bar à café le Petit-Bar
住所:Pont Bessières 1, Lausanne
    ※地下鉄Bessières‎駅から大聖堂へ向かって行く途中にあり
電話:021 323 53 59
時間:要確認
備考:メニューは黒板にフランス語で書かれたもののみ
    英語は通じませんでした

Crêperie d’Ouchy
住所:Place du Port 7, Lausanne
    ※地下鉄Ouchy駅からオリンピック博物館に行く途中にあり
電話:021 616 26 07
時間:7:00~22:00
備考:英語メニューあり
    ウエイターさんによっては若干英語が通じるのか?
    私たちのウエイターさんはフランス語オンリーでした

Les Brasseurs
住所:Rue Centrale 4, Lausanne
    ※地下鉄Flon‎駅とBessières‎駅の間ぐらい
     ややBessières‎駅に近いが平坦な道はFlon駅側
電話:021 351 14 24
時間:月~木 11:00~1:00
    金・土  11:00~2:00
    日    16:00~24:00
備考:メニューも対応もフランス語のみ

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Biel/BienneとGenève Aéroport

※Genève Aéroport到着について続きに追記しています。

Lausanne→Genève空港に向かう途中、立ち寄った町はドイツ語圏とフランス語圏の境目の町!

170911B01.jpg
↑駅名もバイリンガル!

またまた繰り返しますが、うちLuganoからLausanneやGenèveなどのフランス語圏に行くにはまずドイツ語圏のZürichなどで電車を乗り換えないと行けません。

SvizzeraMappa.png

ふ~んって感じですけど、うちLugano( 語)→Zürich( )→LausanneやGenève( 語)と言語までも変わっていくんでた~いへん!!

途中下車したBiel/Bienneは州で言うと首都Bernと同じ州です。
Biel(ビール)はドイツ語、Bienne(ビエンヌ)はフランス語となります。

駅前をま~っすぐ進んで行くと・・
170911B02.jpg
↑ちょっとした広場に出ます。

実はこの一歩手前で晴れ女には珍しく急に大粒の雨
慌てて駅近のスーパーへ傘をゲットしに戻りました。

スイスで傘を買うのは初めてですけど、日本だとどう見積もっても500円ぐらいのへぼい折り畳みがなんと!!

約20スイスフラン(約1,700円)!!

かなりひるんだけど、到着早々だしひとまず購入。
すると晴れ女の執念か・・・

雨やんでる~!!

しかしこの傘が後々に活躍することとなるのです。それはまた追々!

170911B03.jpg
↑そこには噴水があります。

とにかくこの町、そんなに大きくないのに噴水がすっごく多いんです!!

170911B04.jpg
↑建物もLuganoとは違う趣。

170911B05.jpg
↑旧市街の入口。
隣はシアターでした。

170911B06.jpg
↑その前にはやはり噴水!

そのまま道なりに歩いて行くと・・・

170911B07.jpg 170911B08.jpg
↑Place du Ringがあり、そこにはReformierte Stadtkirche(独)/Eglise réformée de Bienne(仏)

こちらはプロテスタントの教会です。
確かこの州はプロテスタントが主流だったと思うのですが。

170911B09.jpg
↑勿論ここにも噴水!

170911B10.jpg
↑その先にも噴水!!

170911B11.jpg
↑横にはポルティコチックな通路がありました。

旧市街はこのちょっと先までみたいでした。

しかしもう少し進んでいくと・・

170911B12.jpg
↑Römisch-katholische Kirche Maria Immaculata/Église catholique romaine

カトリック教会です。
表にはドイツ語とフランス語でカトリック教会と書かれていただけあり、中に入ってみると

170911B13.jpg
↑この時間はドイツ語によるミサがあると表示あり。

恐らくフランス語のミサの時もあるのでしょう。

この先は何もなさげだったんでまたまたPlace du Ringに戻りました。

170911B14.jpg
↑看板がかわいかったのでパチリ

そこから別の道を行くと・・・

170911B15.jpg
↑↓ヴィラ風のお宅が続いてました。会社なの?家なの??
170911B16.jpg

その先には・・・
170911B17.jpg
↑Pasquart-Kirche/Eglise du Pasquart

残念ながら中には入れませんでした。

そろそろLausanneに向かわないといけない時間だったので駅方面に向かってると、
170911B18.jpg
↑またまた噴水

比較的小さな町だと思ったのですが、教会と噴水がとても多かったのが印象的でした。

Lausanneへ向かう前にひとまずお手洗いにと有料の駅トイレに入ったのはいいのですが・・・

大切にしていたブレスレットが

切れてバラバラに



雨にしろブレスレットにしろ、いつものラッキ~晴れ女にはあるまじき旅の始まりとなりました・・・

続きを読む »

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

7~9月のお弁当

昨晩は遅くまで準備していて朝は朝で最後のメールチェックなんかをしていた相方。
やっぱ気になって一緒に寝起きをしたのはいいけど、ちょっと眠~い
家に帰ってきてすっかりくつろぎ気分になった証拠かなぁ(笑)。
そして前にも書いたかもしれませんが、こういう状況でいつも「あ~、ここが自分の家やねんなぁ~」と痛感する。

相方もいないのでゆ~っくり、まったり♪と思ってたけど、なんだかアイロンに燃えてしまった

主婦が板についたのか、つくづく貧乏性なのか?!!
う~ん・・・両方ってことにしておこう・・・

しかしくつろぎ過ぎ&相方は結構忙しかったんでよくよく考えたら2つ忘れてたことがある・・・

1つはデジカメを渡し忘れた
2台あったんやけど1台を日本に忘れてきてるから1台を共有してる。

もう1つはもしかしたらちょっとびっくりされるかも・・ですが・・・・

旅程聞くの忘れた

サンフランシスコに行くってことは知ってるんですけど、う~んどこに泊まるのか?!
何よりも確か1日には帰ってくるって言ってたように思うんですけど何時に???
また前見たいに気楽~にモップかけてきたら帰ってきてモップかけ中断とかになるんやろか・・・
う~ん、ネットがつながりますように☆
※ってメールを送るんも忘れてた


さてさて・・・
この前Pescaraに戻った時にGlに

Gl:最近、お弁当の写真アップしてないのはなんで?!

って聞かれた(笑)。

この7月~9月は出張、バカンス、家で昼食が多かった相方。
1月ごとに載せるのはしのびなかったのでまとめてみました。


7月4日(月)
O110704.jpg
仔牛のグリル&野菜もろもろとおにぎり。


7月14日(木)
O110714.jpg
ほうれん草入りタラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。


7月28日(木)
O110728.jpg
ほうれん草入りタラのフライ、グリーンピース&野菜もろもろとおにぎり。
※おにぎりのゆかりはcA_riNoさんのお母様からいただいたものです♪
 ありがとうございましたm(_ _)m


8月3日(水)
O110803.jpg
サーモンのフライ、チーズ&野菜もろもろとおにぎり。


8月4日(木)
O110804.jpg
大豆バーク&野菜もろもろとおにぎり。
※なかなか出かけないので先に出かけた。
 帰ってきたら空のお弁当箱がキッチンに放置されていた(←勿論洗ってない!)。
 家で食べる=お弁当いらないならそう言ってよ・・・


8月5日(金)
O110805.jpg
ほうれん草入りタラのフライ、チーズ&野菜もろもろとおにぎり。


8月16日(火)
大豆バーク&野菜もろもろとおにぎり。
※朝からデジカメ紛失騒動があり、写真が撮れず・・・


8月18日(木)
O110818.jpg
ポークソテー、かにかま&グリーンピースとおにぎり。
この日は

相;お弁当いら~ん!
  あっ、やっぱりして~!!

と材料ないから~って言ってるのに無理やりお弁当なんでちょっとちぐはぐで埋めただけになっちゃった・・


8月19日(金)
O110819.jpg
※「こりゃ~買いじゃない?!」をご参照ください。


8月30日(火)
O110830.jpg
ほうれん草入りタラのフライ&野菜もろもろとおにぎり。

なんでこんなにちょびらっとなのかと言うと、翌日からのシチリア行きに備えて猛烈ダイエット中だった相方!
前日は

相:絶対にお弁当はいらんから!!

しかしお弁当(お昼)抜いた相方は夜にバカ食い(苦笑)・・・

G:だったらちょっとだけでもお昼食べた方がいいんじゃないの?!
相:だったら!!
  ほんまのほんまにちょっとにしといて~!!

で本当にちょびらっと弁当・・・


9月8日(木)
O110908.jpg
茄子のミートソースグラタン
※結局この日も家でパンと一緒に食べてお弁当箱はほったらかし・・・



しかし毎日作ってないにしろバリエーション少なく、いや手抜きしまくってるのがこうやって見るとよくわかる・・・
10月からは出張も少なくなりそうなのでもっと気を引き締めて頑張ろうo(^-^)o

相方グラッツェ~!

昨日フランス語圏の旅から戻って参りました!
そして今朝相方はサンフランシスコ出張へ出発。来月1日まで戻ってきません。

この出張に向けて、そして不在の間下の子たちへの指示について、仕事を辞めてベルギーへ戻ったFの後任についてなど諸々すご~く忙しかったようで昨晩(と言っても7時ごろ)家に着くとどうもロクなものは食べてなかった感じの冷蔵庫具合
そしてこの日の朝慌ててしたと思われる食器洗い(* ̄m ̄)
一人やったはずやのに恐ろしい数のコップとフォーク・スプーン・ナイフ類・・・
さらには諦めたのか洗ってないフライパン(苦笑)。
そう、相方の嫌いな家事No.1は食器洗い!

よ~頑張った、相方!
絶対食器山積みやと思ったのに(笑)。

フランス語圏から5時間以上の電車の旅で疲れていたので

G:今日はピザかなにかで・・・

と思っていたけど仔羊肉解凍中だったんで、きっとこれを調理して欲しいんやろうなとピザは断念。
きっと翌日(今日)からアメリカなんで行く前に好きなもんを食べたかったんやろうなと思い調理をすることにしました。
まぁ私ではなくオーブンが調理してくれるのでフライパンで外だけ焦げ目をつけて後はオーブンに投入!

珍しく9時半ごろには会社から戻ってきた相方。
帰宅するとご飯のにおいがしてたんでちょっとほっとした顔をしてはりました。

出張前の忙しい時期に5日間遊ばせてもらった&家事を放置して行ってたけど、文句1つ言わない相方に感謝

G:実は予算、オーバーしてしまってん・・
  ごめんな
相:それは気にしなくってもいいよ。
  楽しかったんやったらいいよ、それで。

普段は「子供かっ!」って突っ込みたくなる行動満載の相方ですが、こういう時は頼もしい人です!
ありがと~(^3^)-☆

しかし食後はいつもの『子供』相方で

相:しんどいのはわかってるけど、ちょっとこれアイロンを・・・

相:ちょっとこれをたたんで欲しいんやけど・・・
※どうもシャツをたたむのが苦手な様子。

と主婦は帰ってきたあ~しんど~ではすまんのやなぁと痛感(苦笑)!
しかし今日から当分の間自分ペースの生活なのでゆっくりする時間はいっぱいある。
戻ってきはるまでにまた家をピカピカにしておこうo(^-^)o

フランス語圏旅行記はまた明日からにでもアップしま~す♪

Museo doganale svizzero a Cantine di Gandria

すっかりクルーズに舞い上がってしまった私ですが(普段は船酔いするくせに・・しませんでした♪)、本来の目的はMuseo doganale svizzero a Cantine di Gandria(税関博物館、またの名を密輸博物館)↓
140911M01.jpg

こちら入場は無料ですけど、船に乗らないとたどり着けない場所にあります。
ちなみにcA_riNoさんと私が船を降りた時は我々だけでした(苦笑)・・・
あっ、でも中には数人いてはりましたよ。

無料だし、しょぼい??って思ったけど1F~3Fまで展示がありました。

ここは昔、ほんまに税関やったところに実際に繰り広げられた密輸の歴史を展示しているそうです。

まずはマネキンを使った過去の業務内容の紹介コーナー!
※こんなんめっちゃ好き

えぇ~しばしGiannaの空想劇をお楽しみください。
※不謹慎にも勝手にセリフを考えています。
 関係者の方々、失礼!

140911M02.jpg
↑あ~今日も密輸、多かったから疲れたわ・・
 ご飯、ご飯!!

140911M03.jpg
↑今日はポレンタや!

140911M04.jpg
↑今日は夜勤・・・
 二人いるから怖くないよね?!

140911M05.jpg
↑だって一緒に働いてた警察犬、えらいことやし・・
※本当に警察犬やったみたいです。

140911M06.jpg
↑僕はも~寝るわ・・
 明日は早番やから!

140911M09.jpg
↑あ~忙し~!!

とは勿論書いてませんでした。

1枚目と2枚目の写真は同じ部屋なのですが、キッチン・ダイニングルームでした。
これがこの博物館がCantina di Gandria(ガンドリアの食堂)と言われるゆえんなのかしら?!と思ったり。
本当に住み込みで生活ができる状態だったのでしょう。

3~5枚目は同じ部屋で何の部屋かは把握でききれなかったのですが、ベッドがあることから寝室だったのかと思います。
しかし警察犬がへちゃがってたのが超~かわいそう・・・

当時は警察犬も活躍したことでしょう!!

ちなみに密輸が最も盛んだったのは戦争中みたいです。
そんなことを象徴する1枚↓
140911M07.jpg

一見何もなさげですが・・・

140911M08.jpg
↑靴底に金を隠して密輸!

当時は金も密輸対象だったということが見て取れます。

マネキンコーナーはここまで。
上の階にあがると・・・

140911M10.jpg
↑持ち込んではいけないリスト

コピー商品やドラッグをはじめ納得するものの中・・

140911M11.jpg
↑蜘蛛の密輸???
出てきてるし・・

これを見て、

G:Vareseってことはイタリア人が密輸?
  箱、新しくない?
c:そこですかっ?!

とちょっとcA_riNoさんも困り気味・・
失礼いたしました。

140911M12.jpg
↑魚はやっぱあかんやろ・・

ここで持ち込んではダメなものを学習した後、上の階へ!

140911M13.jpg
↑↓階段に飾られていた昔の看板って言っていいのか??
140911M14.jpg

Zollamtとはなんじゃいな~と思ったら「税関」って言うドイツ語なんですね。
納得!

140911M15.jpg
↑なぜかSan Matteoの絵

やはり寝泊りしていた人たちがクリスチャンだったから?!

さてさて上の階では下の階でお勉強したこと(ボ~って回ってただけの私ですが・・)をTest!

140911M16.jpg
↑問題です!

要約すると・・
Eva Sommerがエジプト旅行から帰って来た時の荷物の中に税関でとめられるものが入ってました。
さてどれ?!

140911M17.jpg
↑この中からお選びください。

140911M18.jpg
↑さっきの問題のボードをくるっと回すと回答!

要約すると・・・

遺跡を持ち帰ってはいけません。

どうも近頃特に増えている密輸品は遺跡の発掘品だそうです。税関は、文化財を守る役目もあるんですね。すごい!

140911M19.jpg
↑ガラス越しなのでちょっと写真が怖いですが、被写体も怖い!

これは持ち帰ってはダメダメ品がいっぱいの部屋。
この部屋、豹柄好きの大阪のおばちゃんでも落ち着かんぞ!!

最後は密輸者と税関員の戦いとも言える、あの手この手シリーズ!
そんな中、ほぉ~と思ったのはこちら↓
140911M20.jpg
これ↑をくるっと回すと↓
140911M21.jpg

手~こんでるな~と思いつつ・・

G:最初のPepsiってPepsi Blueじゃなかった?
  そんなん売ってるんかなぁ?!
  回した後は普通のやし・・
  一緒のにしてほしくない?!
c:・・・

度々すみません

思ったよりも内容に富んでいたし、よい勉強になりました!!
いや~行ってよかったです♪

cA_riNoさん、おつきあいありがとうございました!!!


Museo doganale svizzero a Cantine di Gandria
料金:無料
備考:船でしか行けません。
   クルーズの記事をご参照ください。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

ルガーノ湖クルーズになっちゃった・・・

9月14日はcA_riNoさん定期の期限最終日だったんでGandriaの方へ行こう!ってことになりました。

それが私のチェックがあまあまで乗船場に向かうと

係:これ(定期)では割引も適用にはならないよ。

と言われた

私のイメージでは今回の目的地までの単純往復で定期がカバーしてくれるはずだったのですが、実際はプチ・ルガーノ湖周遊的になり、年間定期を持ってる人は半額になるそうです。

プチ周遊とはこの時点では気づいてなかった我々。
どうする???ってことになりました。

しかしcA_riNoさんは交通機関の半額パスをお持ちだし、私はLugano Cardを持っているので半額にはなることがわかりました。

せっかくだし、半額だし乗ってみましょ~♪ ということになり、チケット購入!
私のLugano Card、初活躍です(笑)!!
そしてLuganoの住み始めて11か月が過ぎましたが、初☆クルーズです!!

14091101.jpg
↑気のいいクルーがお出迎え

後で発覚するのですが、我々2か所で降りたんですけど毎回このおっちゃんが出迎えてくれた。
そう、どうもこの船1隻しかない模様・・・
※Morcote方面は別の船がある。

そしてLugano在のTicino人らしい(ってその情報はいらんか?!)!

14091102.jpg
↑なぜかイタリアの国旗(ですよね?!)!

この船にLuganoのチェントロから乗ったんですけど、まずは

14091103.jpg
↑今や定着した噴水のあるParadisoへ!

6年前はない!ってcA_riNoさんには言っちゃったけど、今ブログ見たらありましたわ・・(こちら
またまたガセ情報・・
あれっ?!これってそんな前からありましたっけ????

14091104.jpg
↑↓湖側から見るLuganoの街並みはいつもと違う気がする!
14091105.jpg

14091106.jpg
↑湖の景色も違う気がする~!!

ってテンションが上がり過ぎなだけか・・・

14091107.jpg
↑見えてきました!
ここが1つ目の降りるポイントというか本来ここに来ようと思っていた場所!
こちらのお話はまた日を改めて・・・

14091108.jpg
↑2つ目の降りるポイントはGandriaの町

14091109.jpg
↑2F席もあるのかと気づき、帰りはこの2F席に乗ることに決めた!

14091110.jpg
↑しばしさようなら~

実はGandriaは前に相方と散歩で来たことがあります。

c:結構距離ないですか?!

と言う言葉通り、歩いて来た時はさほど感じなかったけど、船からみたら何だか通そう・・
ちょっとびっくり。そんなに歩いたか?!
いつもペラペラしゃべりながらの散歩なんで気づかないことが多いです(笑)。

14091111.jpg
↑細い路地が多いです

よく考えたら前回もここで写真撮ってた(笑)。
どうも私のツボなのか?!?!

しばし街並みの写真をお楽しみください・・

14091112.jpg

14091113.jpg

14091114.jpg 14091115.jpg
↑この教会の写真も前回撮ってました(笑)
しかし前回は中に入れなかったけど、今回は中に入れました!!
思ったよりも中は広く、壁画も天井画もしっかりとしてました。

ここで帰りの船の時間も考慮してお茶することに
と言うか結局はこの日も暑く (いつになれば涼しくなるのか?!)結局はビールで乾杯 (笑)!

ビールを飲みながら話してると・・・

14091116.jpg
↑これで湖クルーズは大丈夫か?!

と二人して写真を撮っていると ファンと間違われたのかいかだ船から思っきり手を振ってくれていた

またまたお話していると船の時間となったので慌てて船着き場へ
※実はロカルノで電車を乗り過ごしたことのある我々・・

14091117.jpg
↑船からお茶(ビール)したところの写真を撮ってるとお店のおっちゃん!

実は船が動き出すとこのおっちゃん、我々に手を思っきり降ってくれました
ビール1杯ずつ飲んだだけなのに、なんと心優しいおっちゃん!!
ちょっと、いやかなり感動した我々でした。

ちなみにおっちゃんのお店情報を下に載っけてますので、お近くに行かれた際にはビールでもどうぞ♪
※って急に宣伝部長の私・・

帰りはルートが異なり↓
LuganoCruseRoute.jpg
またまた1つ目の下船地へ寄り、その後カンピオーネの手前のグロット地帯を回ってParadiso経由でLuganoへ到着↓しました。
14091118.jpg

思わぬ形でのクルーズとなりました、またまたおつきあいいただいてありがとうございましたm(_ _)m
そして定期最終日に定期が使えない場所をチョイスしちゃってすみませんでした



Società Navigazione del Lago di Lugano
何種類かツアーがあるようです。
ひとまず英語のページのURLはこちら
他にも伊・仏・独語バージョンがあります。
我々が利用したツアーは「Giri nel Golfo di Lugano」、英語版の「Tours in the Bay」です。
料金:大人CHF 24.20 / 子供(6~16歳)CHF 12.10
   cA_riNoさんのように国鉄の半額パスやCarta Giornaliera Comune (Flexicard) 、
   私のようにLugano Cardを持ってる人はCHF 14.60

Miralago rist. Walter Quirino
住所:6978 Gandria
   ※住所がないんですけど、船着き場のすぐ横
電話:+41-(0)91 971 43 61

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Antico Grotto Fossati

9月9日の金曜にcA_riNoさんご夫妻とcA_riNoさんの日本のお友達と6人で、かねてからcA_riNoさんから伺っていた行きたいGrotto No.1 であるAntico Grotto Fossatiへ行って参りました~

まず・・・
お約束の時間は8時に集合だったのに、やはりと言うか、またかと言うか・・

相方帰って来ない

仕事に行く前にあんなに口を酸っぱくして

G:8時に集合やから8時に帰ってくるんとちゃうんやで!
  7時半には戻っておいでや!!
  服着替えよ~とか呑気に思ってるなら7時15分には戻ってきて!

が・・・
案の定というか、もちろん7:15には帰ってくる気配なし。
さらに7:30になっても戻ってこないので珍しく電話してみた。
すると・・・

相:もう出てるよ~!

しかし後ろの音がどう聞いても会社の中!
今の携帯は感度がええんやで、科学者相方くんよ・・・

そして7:45ごろに

相:渋滞でどうにもならんから遅れる~!

って電話があったんで怒り爆発で

G:どうにかしろっ!
  空飛んで帰ってこいっ!
  付近に着いたら電話してな、降りるから!!

って電話を切ったら思ったより早く(って言ってもすでに遅刻圏内ですが)帰ってきた。
ほんまに飛んできたんか?!

ちょっと言い過ぎたかと思ったので着替えのシャツとブラシをカバンに忍ばせて乗車。
到着するちょっと前に車内で慌ててお着替え&身だしなみを整えてましたよ、相方^m^

普段は時間を守らないこともあまり言わないんですけど、人との約束の時はやっぱ雷落としとかんと

さてさてこのGrottoはMerideというところにあります。私、てっきりSwissminiaturのあるMelideやと思ってました。
そう!両者とも日本語で言うと『メリデ』なのです。

ちなみにこのLの方のメリデはLugano県なんですけど(↓)
lago di Lugano
※Luganoの左下の湖沿い。赤の2とかって書いてる近くです。

Rのメリデはお隣のMendrisio県でした(↓)
MendrisiottoMap.jpg

大幅に遅刻して到着した我々(すみません、毎回、毎回・・)
既にcA_riNoさんたちがオーダーしてくださっていたので着いて間もなくフードが到着!!

09091101.jpg
↑TicinoのGrottoと言えば!!の定番ポレンタ

ポレンタとはなんぞや・・という説明はこちら

cA_riNoさんのお友達は初☆ポレンタだったようで感動してはりました!
噂には聞くけどやっぱ日本ではあんまりお目にかからんものねぇ!!

09091104.jpg
↑確かこれはオッソブーコ

オッソブーコはなんぞや・・という説明はこちら

う~、こっからはちょっと怪しくなってきます・・
間違ってたらご訂正を!

09091102.jpg
↑↓どっちかが牛のBrasato(ブラザート) でどっちかがイノシシ
09091103.jpg

多分上かブラザートと思うんやけど。。

ブラザートとはピエモンテの郷土料理やったと思いますが、大抵は(すべてか?)牛肉の塊の煮込みです。

そう思うとTiinoの料理は北イタリアの料理(オッソブーコはロンバルディア、ブラザートはピエモンテ)が混じってるんやな~・・・

09091106.jpg
↑多分こちらはウサギ

09091105.jpg
↑ポルチーニ

これらを上のポレンタに絡めていただきます。

ウサギやイノシシ大好きな相方はやっほ~ 状態!
私も前回いつ食べたのかわからない両者!

とにかくお肉系はすべて臭味もなくやわらかで超~おいしぃぃぃ~!!
そしてこのポルチーニも凄~く美味!!

何よりも我々夫婦の1番お気に入りになったのはこちら↓
09091107.jpg
↑リゾット

このリゾットの作り方は是非伝授いただきたい!って感じでした!!
ほんまおいしかった~!!!

と・・
最近恒例になってきてますが、またまたワインの写真撮り忘れました・・・
ティチーノ・メルロー(赤)をいただいたのですが。

09091108.jpg
↑暗すぎてうまく撮れなかったけど、お店はこんな感じ(外席)

いや~どれもこれも本当においしくってcA_riNoさんがいつも勧めてくれはった意味がわかりました!!
ここはまた絶対に来たいって思うGrottoの1つとなりました。
今までの中でやっぱ一番おいしい!!

勿論ですが、この日cA_riNoさんのお友達とは初対面なのに私はべっらべら話し、挙句の果てに相方にまで

相:しゃべり過ぎ!

って駄目だしを喰らいました(苦笑)。
本当に重ね重ね失礼いたしました・・・

とても素敵なお友達で『グルメ部』を言う部を作ってらっしゃるそうなのですが、仲間入りさせていただいた

やはり日本人4人は日本語で話してました。
ふと横を見ると・・・

相方ってばcA_riNoさんダ~リンと

超~ジェスチャーで話してる!!


えぇ~何回か言ってるかもしれませんが、相方、イタリア人なのに人見知りなんです。
ひとまず日本人的に人見知りしながらも頑張って話すんですけど、普段のジェスチャー大王的ジェスチャーは出ないことが多いのに

THEオーバー・ジェスチャー!

cA_riNoさんの前ではまだええかっこしてオーバー・ジェスチャーせんのにこの日はcA_riNoさんのダ~リンと二人の世界になってたんか出た~!!!

c:ちょっとびっくりしました!

でもこれが本来の姿でございます(6 ̄  ̄)

全てを堪能した後(!)・・

c:今日はご招待したので・・

と最年少カップルのcA_riNoさん夫妻がおごってくださった!
本当に申し訳ない!!
絶対にcA_riNoさん家に足を向けては寝れない私です。
ごちそう様でした!!!!

cA_riNoさんたちとの会話にもおいしいGrottoにも後ろ髪をひかれつつ階段を降りると(2Fにあります)・・

09091109.jpg
↑酔っ払い歩き禁止(?)のサイン発見!

これ、行きには気づかんかった(遅刻してるから駆け上ったし・・)!
しかし帰りの階段したで見つけた時はすでに酔っぱらって階段から落ちた時とちゃうんか?!というところに貼ってました(爆)!実際落ちた人がおったんやろか?!



Antico Grotto Fossati
住所:6866 Meride
   ※何を見てもこの住所というか番号は郵便版行やし町の名前しか
    掲載されてないので、イタリア語だけですけどサイトのナビを
    ご覧ください。
電話:+41-(0)91-646-5606
営業:11:00~14:00/18:30~23:00
    月曜休み

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Cetovalli の旅

夏の間のお得な定期がある間にもうちょっとどっか回りましょ~とシチリアから帰ってきた2日後にcA_riNoさんCentovalliというところに行って参りました!

そこに行くには我々が住んでいる地帯からまずロカルノへ行きます。

そこから
07091100.jpg
FARTという電車↓
07091101.jpg

に乗って行きます。

1枚目の写真わかります?
ロカルノの駅のすぐ横にあるんですけど、まず地下鉄なんですよ!!
で、途中から地上戦になる!

07091102.jpg
↑思ったよりも座り心地よしの座席!
2等席です。

またまたちなみにこの電車の路線図はこちら↓
FARTFerrovie.jpg

今回我々はロカルノ(赤〇)から出発し、まずIntragnaピンク〇)で現車、その後この線の終着駅であるCamedo(青〇)に向かうことに。

線はイタリアのDomodossolaまで続いてるんですけど、普通電車はこのCamedoまでしか行かないし、我々が持っている定期もここまでしか使えません。

2枚目の写真はこの最初の目的地Intragnaの駅で撮ったものです。

Centovalliは訳すと百の谷という意味です。
地図をご覧ください↓
centovalli_cartina_sentieri_2.jpg
周りも山と谷に囲まれている地域です。↑

皆さんがこちらにいらっしゃるメインの目的はハイキングだと思うのですが、我々はぶらぶらと町散策することにしました(笑)!

Intragnaのチェントロ(中心部)らしき姿が見えてきましたよ~!!
07091103.jpg

07091104.jpg
↑チェントロの中心の広場にあった噴水。

その前には
07091105.jpg
↑やはり教会!

逆光気味ですが、中はこんな感じ↓
07091106.jpg 07091107.jpg

時間的にもお昼時だったんで、cA_riNoさんが調べて下さっていたGrottoへ向かうことに!
07091108.jpg
↑きゃ~かわいいGurotto~!!とテンションが上がったのもつかの間。。。

お休み

どうゆうこと、ね~どういうこと???
相場は月曜がお休みじゃないの???
かなりがっかりしたものの、目の前の景色撮影に気持ちを切り替え!(はやっ!)

だって~!
07091109.jpg
↑石造りの橋!!

と思ってたら~!!
07091110.jpg
↑電車も来た~!!

にわか鉄子と化した二人でした(爆)!

07091111.jpg
↑このあたりから見る教会の塔は本当にそびえてるって感じで素敵でした!

とは言うもののやはり空腹には勝てず・・・

チェントロへ引き替えし、こちらのGrottoとは反対側方向へ散策

そしてGrottoのサインを発見!!!

が・・・

どうもまたお休みみたい

結局2つ目のGrotto付近にあったオステリア(人がいっぱいいたので)に入りました。
07091112.jpg
↑イカとズッキーニのパスタ

お味はおいしかったですし、雰囲気もかわいかったんですけど、これプラス二人で白ワインのハーフ・デキャンタを頼んで一人3千円強はちょっとね・・・
観光客値段というやつでしょうか?!!

何よりも着いて早々にこのオステリアで

3時間も爆トーク!

いやはや既に夕方と呼んでもいい時間になってきてました。
大急ぎで観光の続き!

ここで一番の見もののPonte Romanoを見たくてまたまた1つ目のGrotto方面へ

最初は降口を見逃していて、ひたすら道路をテクテク
橋=川=下の方なのに、のぼってってまっせ~!!

こりゃ~いかんと一旦引きかえし!
そしてそしてついに!!

07091113.jpg
↑Ponte Romano発見!!

07091114.jpg
↑↓いろんな角度から!
07091115.jpg

ここ、結構な山道っぽい道を通らんと行けません!
くれぐれもヒールなどではお越しにならないように・・
※今回はさすがの私もスニーカー

結構な時間になってたけど(まだ我々の住む地帯まで帰らんといかんからね・・・)、せっかくなのでこの定期で行けるギリギリまでのCamedoへ行くことに!

07091116.jpg
↑終点駅に到着!(乗り換えたらまたはLocarnoから特級に乗れば???←多分???Domodossolaまで行けると思いますが・・)

しかしこちら駅前には何もない気配
さらに電車の時間もこの後結構飛ぶのでなんと(!)

乗って来た電車に乗って帰った (。_・)

後でcA_riNoさんがお調べくださったところ、どうもこの前の鉄橋下から撮る写真が絶景だったらしい。。。

この日はCentovalli下見的には十分情報収集もできたし、楽しかった(ほぼレストランでしゃべってただけという噂もありますが・・・)!しかしここはやはりハイキングで来たいものです。
景色は綺麗だし、恐らく電車でお散歩だけでは見れない景色もまだまだいっぱいあるんやろな~と思いました。

また今度パニーノでも持ってハイキングに参りましょ~!
勿論パニーノ持ちにお互いの旦那を引き連れて^m^

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

シチリア(番外編)

シチリア旅行記、だ~っと書きましたが今回が最後で番外編。
ちょっと所感を述べたいと思います。

相対的に非常に歴史を感じました。
地理的に色んな国から狙われたのであろうと言うことが建物のところどころから伺えました。

010911S1.jpg
↑こんなところにも!

それれがうまく融合し、美しくもあり悲しくもありという感じがしました。
さらにそれを破壊することなく現存させるシチリアの強さが一番印象的だったかもしれません。

020911S4.jpg
↑とにかく建物にはこういった中庭が必ずと言っていいほどある!
それとこのポルティコのようなもの!!

020911S2.jpg
↑そしてヤシの木!

暑い気候なので、中でちょっと涼むというのが生活様式なのかしら?!と思いました。
素敵なことやと思います。
またこの様式はアラブ系諸国に多いように以前本で読んだような読んでないような・・・
いわゆる生活の知恵なのでしょうか?!

もう1つ感じたのは
020911S3.jpg
↑修復が追い付いていない現状
ちなみにこちらはChiesa del Santissimo Salvatoreの天井画です。

これは予算が出ないのか、それともシチリアのように色々な文化が融合しているだけに修復が困難なのか?!
特に天井画の破損が多くみれました。

Palazzo dei Normannでも壁画や天井画が破損したまんまだったので、やはり修復の困難さからなのかと思っていますが・・・

シチリア4日目(Monreale)で書いた焼畑の理由・・・

本来、法では禁じられているようなのですが、法を犯してもやりたい理由は羊飼いとの葛藤だそです。
色々とトラブルが多いようで、羊飼いが羊を自分の畑で放牧しないように(焼いてあると餌がないので・・)焼いてしまうと従姉から聞きました。

人・・・
すご~く優しいというか大阪人的というか(笑)。
ちょっと聞くと必ず親切に教えてくれました。
わからん時はその辺の人を呼び止め、クリアーにしてくれる。
迷子になりやすい私には超~ありがたかったです。

最初はこわそ~なおっちゃんも話すとめちゃめちゃ親切で優しかったりして感動!
人とのコミュニケーションの仕方、心得てはるというかほんま素敵でした!!
道を聞いた人、色々説明してくれた人、みなさん本当にありがとうございましたm(_ _)m

反面、貧富の差をも感じた町、パレルモでした。
※他の町は駆け足だったから気づかなかったのかもですが・・

ナポリちっくに色んなことが仕事になるというか資金源になるというか。
例えば駐車。
駐車しようとしている人がいれば勝手に誘導→お金を要求(我々はパレルモでは車を使ってないので料金は不明)。
ナポリでもありました。
払わんと駐車してる間に車を傷つけられたりする可能性があるんで少額やしみんな払ってました。
こちらもそんな感じ。
これは公共の駐車場、スーパーの駐車場と色んなところでみかけました。

そしてスーパーの袋詰め人。
スーパーで買い物をし、袋も購入(こちらは持参しない限り購入となります)するとその袋のどんどんと買った食材やらと詰めていって料金を請求(スーパーの人とちゃいますよ~!)。
私が見たのは黒人の人ばかりでした。
払ってはるんを見たら小銭でした。
ちなみに私は水1本とかなんで袋購入をしないから払ってません。

また初日の夕食時には前の道でおもむろに音楽をかけお世辞にもうまいと言えないダンスを踊り始めた人。
見ていてもいなくても見物量を請求に各席を回ってました。
レストランで食べているだけに逃れられない状況・・・
北ではよく花売り(これもいた!)が来るけど、ダンスは斬新というか、その前にもうちょっとダンスなんとかならんか?!という感じ・・・
率直に何もなく「お金くれ!」って言いに来た女の人もいたなぁ(苦笑)。

ある種アイデア次第で色んなことが仕事になる。
反面、そこまでしてでも何かをせんと食べていけん人がおるってことでしょうか?!

色んなことがイタリア本土とは異なったシチリア。
是非是非また戻ってみたいものです

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア6日目(移動)

アグリジェントでランチをした後一路パレルモへ!

前日の予定ではこの後Canicattiにいる泊めてくれていた方の従姉のワイナリーへ寄る→お父さんのお墓参りをするだったのですが・・・

時間なし!

いやむしろ・・・

急げ!!

え~ちなみにですが帰りのフライトはなんと・・・

Darwin Airlinesで、パレルモ 18:50→フォッジャ 19:55 ・・・乗り換え フォッジャ 20:30→マルペンサ 22:05

行きはアリタリアで1時間40分でマルペンサ(ミラノ)→パレルモだったのに、帰りはパレルモからフォッジャ(プーリア州)で乗り継いで待ち時間も合わせて3時間10分!約2倍やん!!!

なんでかって言うと・・

相:帰りさ・・
  リナーテ行きは安いのがあるけど、マルペンサ行きは
  高いのばっかやからフォッジャ経由にした~!

時は金なりとちゃうんかいな・・・
だったらリナーテまでとんでシャトルでマルペンサまで行った方が早いんとちゃうかと思ったけど・・・

と、話を戻して・・・

アグリジェントを後にし、順調に高速入りした我々。
と・・どっかで書きましたっけ???

シチリアってば高速タダ!

※と思う・・・
料金支払うところどころかチケット取るとこさえなかった。

もう少しでパレルモってところで(ちなみに空港はちょっと離れてます)・・・

G:そろそろガソリン入れた方がいいんじゃない?
※レンタカーしてます。
相:まだいいねん!

と威張っていたはずが・・

相:あ~っ
  ガソリンがないぃぃぃ~!!
G:・・・・

そしてカーナビも土地勘もないのに後ちょっとで空港なのに、何よりも時間ギリなのに

高速降りた~!

それもここどこやねん!ってとこでぇ~!!


G:ちょっと何で高速降りるん?!
相:ガソリンスタンドがあるはず!
G:ってあてもなくさまようのはガソリン的にも時間的にもヤバいやろ!
  人に聞け!
相:・・・

そう、イタリア人で打ち解けるとおしゃべりだけど相方は・・・

人見知りする ┐(-。ー;)┌

なので知らない人に道を聞くなんてことは嫌なことNo.1!!

こういう時は私が勝手に車の窓を開けて呼び止めて相方に用件を話させるようにしています。
私が用件も聞けばいいんだけど、相方が一人でいる際に迷った時に道が聞けるように訓練、訓練!!
最近は結構私が呼び止めさえすればすんなりと聞けるようにはなってきましたo(^-^)o
どうも呼び止めが苦手なのか?!

ことなくガソリンを入れ、さ~さっさと空港よ~!!!って思って高速に入ったら・・・

事故発生!

相:も~無理!
  も~間に合わんo(*≧◇≦)o

どっかで聞いたフレーズ(苦笑)!
そう、行きも同じこと言うてた!!!

相:も~帰れんわ、飛行機無理!!

確かに行きよりも時間は押してる!
しかしここで一緒に「きゃ~」ってなるとさらに相方がパニックるから

G:大丈夫、大丈夫!(←根拠なし)
  きっと間に合うよ!!
相:何を根拠にそんなこと言う訳(←逆ギレ)?!!
G:私、飛行機に乗り遅れたことないから。
相:俺なんて国際線にだって乗り遅れてるんやで!
G:それは自慢にならんよ。
相:とにかく、間に合わん!!!
G:大丈夫やって!
  とにかく行こう!何とかなるって!!

とこれまた行きと同じ会話をここでもすることとなった(-_-)

結局事故は反対側車線だったのですが、各方向2車線なのに2車線をふさぐ結構な事故につき、我々側の車線の反対側よりの車線から消防車やらが入ってたということでした。
なのでうちの車線は1本は普通に機能しており、ゆっくりではあるけど進んでいた。
その事故現場を過ぎるとまた2車線に戻り、帰りはマジやばの30分前に空港到着!

行きと同様にひとまずチェックイン。
今回はミラノほど大きな空港ではないので私は荷物当番をし相方はレンタカーを返却に。
ほんまギリギリでセキュリティーチェックを済ませてボーディングゲート付近へDash
すると・・・

名前を呼び出されてる・・・

G:私、こんなん人生初やわっ!
  はずかし~!!
相:俺は何回もあるよ~!

ってそこは自慢するところじゃないやろっ ゞ(ーー*)

なんとか搭乗!

乗り継ぎ空港のフォッジャはめっちゃちっさい空港でした。

相:多分もともと軍の空港ちゃうかなぁ・・
  もしかしたら今もかなぁ・・・

らしいです。こちら根拠なし。

乗り継ぎ35分ですがボーディングパスはここでかえんといかんかったみたいでグランドホステス(って今も言うの??)さんに

グ:急いでください!

ってせかされるし・・
やっぱ相方との公共交通機関は慌ただしい

マルペンサ行きのフライトに乗り込んだところ・・・

CAさん同じ人で

C:あ~っ!

って言われました。
このDarwin Airlines、スイスのエアラインみたいなんですけどめっちゃ小さい飛行機でした。
1列1と2の3席。
最初ボーディングパスもらった時に相方と二人やのに10Dと10Fやって

G:あれっ?!
  隣同士じゃないね!!
  チェックイン遅かったから?!?!

って言ってたんですけど1人席がA、2人席はDとFで隣同士でした。
しかし、BC(通路か?!)とE(これはほんまどこいってん?!!)はいずこに~?!?!

マルペンサまでのフライトは18列目だったんで真ん中かと思えば一番後ろでした(苦笑)・・・
ほんまちっこい飛行機!
そんなちっこい飛行機がもう後5分でミラノ~って時に

ゆ~れる~、ゆ~れるぅぅっぅ~

そのちょっと前からピッカピカ 光ってるな~とは思ってたのですが、そこを通らんと着陸できんみたいで雲 を通過中、思いっきり揺れた!
私はピッカピカ を確認してたんで心の準備はあったけど、ふと横を見ると・・

相:お~ち~るぅっぅ~

きっと一緒に「きゃ~こわ~い!!!」って言ってくれる嫁だったらよかったのかもしれませんが、あなたの嫁は冷静に「いや~ほんま喜怒哀楽に飛んだ婿やな~!」と思ってました。ごめん

G:大丈夫、落ちひんよ!
相:何を根拠に言うねん!

この人根拠好きやなぁ・・・

G:だって飛行機落としたら飛行機会社は高くつくから!
  この飛行機ほぼ満席やん!
  それにスイスの飛行機会社やで!
  どんだけ賠償金払うんよ!!!
  落とせへんって!!!
相:いや、落ちる!
G:お~ち~な~いっ!

と言ってる間に着陸 (* ̄m ̄)

2日後にcA_riNoさんにお会いした時に伺ったら

c:すごい雷だったんですよ!!

道理で揺れたはずだ・・・

しかし相方、ある種まさに『嵐を呼ぶ男』やってんなぁ (* ̄m ̄)
さすがの晴れ女もそこはかないませんわ・・・

その後は無事我が家の車にてLuganoまで戻って参りました。

今回の旅、一番なんでもない公共交通機関利用with相方が何よりもアドベンチャーでした(苦笑)・・・
当分相方とは車移動のみにします!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア6日目(ランチ)

神殿の谷を後にした我々は従姉(泊めてくれてた人のお姉さん)が待つ駐車場へ

既に来てはりました

飛行機もあるので挨拶もそこそこに昼食場所へと移動

そこはアグリジェントの郊外にあるレストランでした。

050911P01.jpg
↑相方のアンティパスト(前菜)でペコリーノチーズを焼いたもの

濃厚の一言!
しかし加熱することにより中がとろ~っとしておいしかったです(つまみ食いしました)!

050911P02.jpg
↑私のアンティパストで揚げ物の盛り合わせ

ほんまは別のにしようと思ってたんですけど、それを従姉が頼みはって3人でそれぞれのをちょっとお味見しよ~ってことになったんで、私はこれになりました(^_^;)

ちなみに向かって左手前からオニオンリング(イカと思ってはりきって食べたら玉ねぎやった・・)、野菜のカレー風味の春巻きみたいなもの、奥が魚のフライ、右端がポテト。
カレー風味のが一押しかなぁ。

ちなみに従姉の彼氏さんも来てはったんですけど(というか最終的には彼がおごってくれた!)、彼は相方と同じアンティパストにしてはりました。

また写真撮ってませんが、この時もボトルでシチリアの白を頼みました。

050911P03.jpg
↑私と従姉のプリモでハタのラビオリ

これ、絵面はあんまよくないですけど、めっちゃめちゃおいしかったです!!
何よりも、当然っちゃ~当然なんですけどイタリアでもハタって食べるんや~と感動!
ハタはイタリア語ではCerniaと言うそうです。

050911P04.jpg
↑相方と従姉の彼氏さんのプリモでPasta alla Norma。

結局相方と彼氏さん、一緒のもん食べてたなぁ(笑)・・・

これ、トマトソースに茄子が入ってるだけじゃなくってリコッタチーズも入ってます。

これはこれでおいしかったけど、相方も私のパスタのがおいしかったって言ってました(笑)!

パレルモまでの移動と飛行機の時間があるのでそそくさとランチをすませていざパレルモへ


Bernini Wave
住所:43, V. G. L. Bernini, Agrigento
電話:+39-0922 610730

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア6日目(Agrigento)

シチリア旅行6日目の9月5日はシチリア最終日!
帰りの飛行機は夜だったんで、朝食を従姉の家ですませた後、いざAgrigentoへ!

アグリジェントは地図のオレンジの〇のところです。
SiciliaMappa.jpg


実はこの従姉のお姉さん(も相方てきには従姉ですが)がアグリジェントに住んでいます。
彼女とランチをする前に遺跡を見学することにしました。
そうです、Valle dei Templi(神殿の谷)へ♪
こちらは1997年に世界遺産に登録された場所です。

05091101.jpg
↑まずは銅像がお出迎え♪

後ろに見えるのは・・
05091102.jpg
Tempio della Concordia(コンコルディア神殿)

05091103.jpg
↑横から見たらこんな感じで

05091104.jpg
↑正面はこんな感じ
※なぜかまた出演・・
 しかし後にこのトップスの型通り日焼けすることとなる・・

こちらの神殿の名前は、近くで発見されたラテン語の碑文に由来しているそうで、ローマ神話の和合の女神コンコルディアとは関係ないそうです。

写真が続きますが、他の遺跡に比べてここの保存状態が一番いい感じやったんとちゃうかな~と思っています。

と・・・
ここの神殿の遺跡はすべてドーリア式だそうです。
ドーリア式とはなんぞや?!?!

ギリシャ建築の様式には ドーリア式、イオニア式、コリント式の3つの主要な様式があり、う~ん・・・ギリシャのパルテノン神殿もこのドーリア式ですというとイメージがしやすいでしょうか?!
ちなみに同じパルテノンでもローマののはコリント式です。
柱に特徴があるようですよ。

05091105.jpg
↑でかっ!

05091106.jpg
↑私がこかしたんとちゃいます(笑)!

05091107.jpg
↑クリックすると拡大するんけど、羽のところに顔が~!!
そして足には手!
結構怖い像でした。こわっ!

05091108.jpg
↑遠すぎてたどり着けん神殿
何神殿か?!

ここには7つの神殿があるそうです。

05091109.jpg
↑↓Tempio di Giunone(ユーノー神殿)
05091110.jpg

これを見るとやはりコンコルディア神殿の保存状態のよさが一目瞭然!

紀元前5世紀の建物なのですが、紀元前406年にカルタゴ(ハンニバル軍??)進軍により炎上したそうです。
しかし全壊の原因は地震だそうです。

05091111.jpg
↑またまたコンコルディア神殿

今回も撮影担当者(二人で回る時は大抵そう)は相方。
どうもここがお気に入りの様子です(笑)・・・

05091112.jpg
Tempio di Ercole(ヘラクレス神殿)

この谷の神殿の柱の中では最古の柱だそうです。
以前はもっと柱があったというか神殿だったのですが、こちらも地震により今や8本を残すのみ・・
しかし地震にも耐ええた8本の柱!
ヘラクレスのように力強さを感じます

05091113.jpg
↑これはすご~く古いオリーブの木

何年前のだったかしら・・・

05091114.jpg
↑↓Fichi d'India
05091115.jpg


Valle dei Templi

直訳するとインドのイチジク。
ウチワサボテンです。
この実は食用だそうです。

そうそう、従姉のサマーハウスのお庭にもありました!!
結構シチリアでは見かけるインドのイチジク!
イタリア本土では見かけないのでちょっと写真を撮ってみました♪

この神殿、実はもう1つ入口があり、私たちが見たのはきっと半分だけ。
しかしここでタイムアップ
後ろ髪思いっきり惹かれつつ神殿の谷を後にした我々でした・・・

家に戻ってガイドブック見るとここは日陰もなく帽子や日傘などを持参した方がいい(夏の間)とあった。
どちらも持参しなかった我々。
焦げた~!!!



Valle dei Templi
住所:Strada Panoramica dei Templi, Agrigento
時間:8:30~19:00(ゼウスのエリアは~17:00)
料金:10ユーロ
    ※別途地図は1ユーロです。
     購入の義務はなし。
     地図はとてもシンプルなのでガイドブックを持参されることをお勧めします。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア5日目(Licata)

シチリア5日目の9月4日はまったりと従姉たちと過ごすことに!
ここへきて相方もシチリア初☆まったりDayとなりました♪

まず朝(って言うか相方起きてきたのは限りなく昼ですが・・・)近所のBarへ!

写真を撮り忘れたのですが、ここでまたまたグラニータを食べました。
しかし、シチリア風グラニータの食べ方を従姉から伝授いただきましたd(´∇`о)

まず前日の晩に食べたグラニータですけど、グラニータとはこんな感じです。
030911C04.jpg

スノーボールほども肌理は細かくないですが、かき氷よりは肌理が細かい(って説明が細かいか?!)感じの冷菓です。
これをこのまま食べるもありなのですが、シチリアの朝食として、なななんと!!

ブリオッシュ(クリックするとwikiのブリオッシュのページに飛びます。このページの1番最初の写真みたいな感じ)とともに!!!

どないして食べるかと言うと、ブリオッシュを一口サイズ(結構ちっちゃめ)にちぎってグラニータの中に入れ、浸して食べる!

えぇ~?!!って感じですが、やってみると意外とありかも♪
結構はまりました、この朝食(笑)!!

朝食を済ませた後は一旦従姉のサマーハウスに戻り、従姉が用意してくれたパニーノとともに近くのビーチへ!

そうそう、言い忘れてました。。。

この日は噂には聞いていた・・

Scirocco(シロッコ)到来!!

シロッコ・・
日本で言う黄砂みたいな感じです。
黄砂は主に春に東アジアの砂漠や乾燥地から飛来してくる砂嵐。
シロッコは初夏にサハラ砂漠(アフリカ)から飛来してくる砂嵐。
気象現象って不思議!!

しかしLicati滞在はこの日(翌日は帰る日)しかないので、いざ海へ♪

シロッコの影響で潮の流れ速し!

いや~流される、流される~!!!

そしてもう1つびっくりしたこと・・・

海に入る前に

相:こっちの海の温度って高いんかなぁ?!
従:あったかいよ~!!
息:僕見てくるわ~!
  うわぁ~めっちゃあったか~い!!

で海に向かった相方と私!
第一声は

どこが~(( ;゚Д゚)))))))ブルブル

冷た~!!!


従:えっ?!
  あったかいよ~!!

そう、アドリア海に慣れている我々は地中海の開けた海の温度に慣れてない!!

ここでちょっとイタリアの周りの海をおさらい(って余計なお世話ですが・・)☆

cartina_italia.jpg
※クリックすると拡大します。

相方の実家があるPescaraの前にはアドリア海。
こちらはヴェネツィア(ベニス)からプーリア州まであるのですが、東欧との間にあるため波はとても穏やかで潮の流れもまったり・・・Pescaraの夏の海はまさにぬくいって感じです。
南下するとMar Ionio(イオニア海)があり、そのすぐ下がMar Mediterraneo(地中海)。
今回滞在している場所はこの地中海に接しているところです。
そこから北上、つまりイタリアの西側でナポリやローマが接しているのがMar Tirreno(ティレニア海)です。
さらに北上するとジェノヴァなどが接しているMar Ligure(リグリア海)があります。
ここは北西に行くとフランスのコート・ダジュール地方があって海がめっちゃ綺麗って言われてるところです。

と地理の話は置いといて・・・

10分ほど浸かってる(まさに微動だにせず浸かってました)と水温にも慣れてきて泳ぎ始めたのはいいものの、潮に流されまくって超~お疲れ・・・
早々にビーチベッドで日焼けを開始!
※って日焼けしてはいけないお年頃ですが・・・

このシロッコ!
なまぬる~い強風です。
あまり感じなかったけど、後でものがじゃりじゃりしてたんでやっぱ砂を運んできてるんやな~と思いました。

1日まったりと海で過ごした後は従姉の家に子供のお友達家族を招いてお庭でBBQとなりました。
お客様がいらっしゃってるのでさすがに写真は撮れんかったけど、いや~食べた、食べた!!
またこっちともPescaraとも違う感じのBBQでした。
シチリア産のサルシッチャ(ソーセージ)やらが出てきて満腹、満腹!!
勿論お食事のワインは従姉のワイナリーのもの

まったりのはずがなんだかあっと言う間に1日となりました。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア4日目(Licata~夕食)

Monrealeを後にした我々はいざ親戚のいるCanicattiへ!と思ったら・・・

相:どうも今電話したら夏の間はサマーハウスにいるみたい(^_^;)
  Licataって海の近くにおるんやて・・
G: (。_・)ドテッ

いつも思うのですが・・・

事前に確認しよ~ぜ、相方よ・・

Licatiとはこちら↓(の〇のところです)
SiciliaMappa.jpg

多分そんない遠くはないと思うのです。
しかし!!

相:あぁぁ~!!
  車(マルペンサにおきっぱの我が家の車)にカーナビ忘れえきた!!

でマジで山越え 、畑を突っ走り ですっごい時間がかかって到着(+_+)
親戚というか従姉家族お待ちかねでした・・・

今回お邪魔したのは相方のお父様(相方7歳の時に亡くなりました)のお兄様の子供(姉妹)の妹のサマーハウス。
いやはや噂には聞いてたけど・・・

大別荘だった(◎o◎)

高台にあり、まずゲートからシチリア特有のサボテン(食べれるやつ)やら木やらがわ~っとあって広~いお庭を抜けるとやっとこさ家!いやはや・・・
あまりに超~庶民な私は家の写真を撮りたかったけど、相方に

相:やめてくれ

と制止されました(苦笑)・・・

私・・・
皆が自分の家に戻ってる時にここに住みたい・・・

従姉には10歳の子供がいるので待ちくたびれてたようで

従:ご飯食べに行きましょう!

ってことでビーチ近くのお店へご案内いただいた。
※レストランの名前がわからないのです・・・

せっかくなんで前菜色々を頼んでとりわけようと言うことに。

030911C01.jpg
↑タコ、魚、えび

このタコ!!
後にも先にも一番うまかった!!
どうもこの日のタコはほんまうまかったみたいで

従:このタコおいしいぃぃ~!

って案内してくれた従姉も言ってた(笑)!

勿論他の魚貝も超~美味!!

030911C02.jpg
↑こちらはエビと魚のフリット

ここでフォークとナイフ で簡単にエビの殻を取る術を従姉の旦那様より伝授された相方!

むやみやたらにエビの殻を外しまくってた(爆)!
いや~きっと嬉しかったんやろうねぇ・・・

お皿の写真は一回のとりわけ分やから、これを何回か取って食べてたら結構お腹いっぱいに(*x_x)

しかし

従:せっかくだから、ウニのパスタは食べて欲しいんだけど・・

030911C03.jpg
↑でいただきました♪

すご~く上品なお味でした。

そうそう、この日は初のシチリアの白の泡をいただいたんですけど、またまた写真撮り忘れ_| ̄|○
すご~く綺麗に仕上がってる泡だったのに・・・
チョイスは従姉夫妻だったので名前も思い出せない(涙)・・

ちなみに従姉はワイナリーを経営しております。

もとい・・
従姉のお子さんはやっぱ子供らしく(?)

子:僕はピザ!

とピザを食べてました。
従姉いわく

従:ここはピザも本当においしいのよ!
  ちょっと食べてみる?

って言われたけど、子供からせしめるのはちょっと気が引けたのでまた次回にと言うことで・・・

デザートは無理!と思ったので軽めに・・(って食べるんかいな)
030911C04.jpg
↑レモンのグラニータ

すっごいしっかり硬いんでびっくり!!
私の勝手なイメージではグラニータってもうちょっと柔い感じかと思ってました!!

しかしシチリア、デザートにスプーンやらフォークを突き刺して出すスタイル流行ってるんかいな?!?!
日本ではあきませんよ~!!
南無~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア4日目(Monreale)

さてさて4日目ランチの後、行きたかったけど車がないと・・と思っていたMonrealeへ♪

場所はこちら↓
cartaNO.jpg
※地図はPalermo Turismoさんより拝借m(_ _)m

Monreale・・
シチリア語ではMurriali(何て発音すんねんやろ??)と言うそうです。
Monte Caputo(カプート山)に位置します。
マニアな私はまずこの地名に反応

Monは恐らくMonte(山)、realeは英語で言うところのroyal(王の)・・・
つまり王の山 !!

王の山、王の山・・・

G:なぁなぁ、Monrealeってさぁ、王の山って言う意味ちゃう?
相:地名やで。
G:やけどゞ(ーー*)
  意味的には王の山とちゃうんかいなっ!
相:そうやなぁ。
G:だったらさぁ・・
  フランス語で言ったらMontreal(モントリオール、仏発音ではモンレアル)とちゃうん?!!
相:なんでフランス語が出てくるん??
G:そこはいいねん!
  なぁ、そうちゃうん?!!
相:どうやなぁ。(←まったく気がない)
G:カナダのモントリオールと関係ありか?!
相:ないやろっ!

こういうしょ~むない私のマニア話はいつもあっさりばっさりの相方(-_-)
つれな~い

と・・・
相方のみならず、みなさんのもつれなくされる前に・・

ここに来たかった目的はこちら↓
03091101.jpg
Duomo(ドゥオーモ)!

中はこんな感じです↓
03091102.jpg

03091103.jpg

03091104.jpg

こちらも金ぴか!
シチリアはどうも教会の財力を感じるというか、どこかの様式なのか金ぴか系が多い!!

丁度この日に結婚式をされる方がいたみたいで、写真撮影していると参列者というか幹事さんなのか

参:もうすぐお式が始まるので向こうに行ってもらえますか?!

と言われた。
日本人の私の反応は

G:はいは~い!

イタリア人の相方の反応は

相:何の権利があってそんなことを言うねん!
  教会貸し切ってるんか?!!

いやいや、ええやんかいさ・・・
確かにドイツ人観光客らしき人たちはオーディオセットを借りてはって(有料)かわいそうやな~と思ったけど、我々は無料で入ってるし・・・(入るだけなら無料)

しかしかなり大き目の教会に参列者は40人ほどだったんで、後列の方(は座ってても文句言われんかった)に観光客がいてちょっとは盛り上がった感じじゃなかったのでしょうか?!
でないと前の方だけにポッツ~ンって感じだった・・・

ドゥオーモ自体の見学はオーディオセットを借りない限り無料。
しかし屋上テラスへ行くのは有料です!

どんなもんかとチケットをGETして屋上へ♪

03091105.jpg
↑キオストロ(回廊)と中庭は結構シンプル!

03091106.jpg
↑珍しく出演!

03091107.jpg
↑こんな細~いところを通り抜けて・・・

03091108.jpg
↑途中ちょっと外を覗き~の・・

03091109.jpg
↑ええ天気やな~って言うか、ずばり暑い

と呑気に思ってたら・・・

03091110.jpg
↑火事か ?!

本当は法律的にはいかんらしいのですが、シチリア(いや、プーリア行った時もやったなぁ・・・)は焼畑してるところが多い!その理由はまた忘れてへんかったら後に書きますね・・

03091111.jpg
↑行けるのはこの階段の上まで。

03091112.jpg
↑↓外から見たDuomo
03091113.jpg

中庭を見るにはまた別にチケットを購入する必要があります。
でも上から見た中庭とキオストロがあまりにもシンプルな感じやったんで

相:入る?
G:めっちゃシンプルっぽくなかった?
相:うん、俺てきには微妙・・
  って言うかむしろ入らんでもいいかなって思うけど・・
G:せやなぁ~。
  そろそろ移動しますか?!

で親戚のいる町へ移動することにしました。



※情報は私が行った2011年9月初旬のものです。
 のちほど相違が出てくるかもしれませんので、ご確認ください。


Duomo
住所:Piazza Vittorio Emanuele, Monreale (PA)
時間:9:00~18:00
料金:Duomo内見学は無料
   オーディオ案内 すみません、借りてないので不明・・
   屋上テラス入場 2ユーロ
   回廊付き中庭見学 こちらも入ってないので不明・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア4日目(ランチ)

パレルモ4日目の9月3日。
この日はパレルモから親戚の家に移動の日!
相方はAM中は会議があり、

相:チェックアウトしてから会議に行くわ。
  会議が終わったら携帯鳴らすからB&B集合な!

と言ってましたが・・・

チェックアウト時間(11時)の30分前まで爆睡

前夜、会議主催者とパーティー後に飲みに行ってたみたいで、B&Bに戻ってきはったんは夜中の3時!
そして発表も終わり、ほっとしてはったんでしょう(苦笑)・・・

計画変更で一緒にチェックアウトをした後(勝手に12時チェックアウトしてるし・・・)、パレルモでランチをしてから移動することに!!

最初、ukoさんから勧めてもらってたTrattoria Piccolo Napoliに行ったんですけど、

相:なんかメニューがTrattoria Torremuzzaとかぶってない?
  他のもんが食べたいわ・・・

とわがままを言いだし(-.-;)

G:ほんならどないするん?!!
相:う~んと、う~んと・・・
  あっ、そうそう!!
  会議に来てた人がCibusに行って面白かったって言ってた!!
G:レストランで面白いってどういうこと??
相:なんか他とちゃうんやて!
G:どう違うん?
相:それは知らない!

って知らんのに勧めるんが相方か(^_^;)

Piccolo Napoliからも近い位置にあったんで、歩いてCibusへ

会議に来てはった人が面白いって言ってはった訳、わかりました!!

ここって前はお店になってて、一番奥がお総菜屋さんみたいな感じ。
そこで量り売り!
その横にはテーブルと席があり、店内でも食べれるようになってました。

相:やっぱりPiccolo Napoliにしよっかなぁ・・
G:( ̄- ̄メ)
  今日ってあんたの親戚の家に行かんといかんねんやろ?!!
相:うん。
G:その前にちょっと観光するんやんなぁ!
相:うん。
G:だったらグズグズ店ばっかり回ってる場合じゃないんちゃう?!!
  もうここでいいやん!
相:・・・

で、ここで食べることにした。

※メニューとかないんで、ショーケースで見て選ぶためちゃんとしたお料理の名称は不明です・・・

030911P01.jpg
↑イカのソテー

これっ、見るからにやわらかそ~だったんで

G:絶対これ頼んで~!!

って言ってたもの。
思った通り、やっわらか~い!!!!

030911P02.jpg
↑多分いわしのフリット

いやぁ~油がのってるけど、鮮度が高いのかさらっといけちゃう!!
しかしなにゆけにグルグル巻き???

030911P03.jpg
↑お店おすすめのカポナータ

これは私が店の兄ちゃんに

G:これは外したらあかん!ってのあります?
店:絶対カポナータは食べて欲しいなぁ~!!

で決定した一品!

いやぁ~、おすすめだけあっておいしかった~!!!!
何だろう、トマト がおいしい!
だからトマトソースがおいしい!!
完熟濃厚とはこういう感じかなぁ♪

030911P04.jpg
↑ピスタッキオのパスタ

これは「何にする~?!?!」って迷ってる時に別の人が

別:ピスタッキオのパスタ!

って頼んでたんを相方が聞いて、マネっこ!
二人ともピスタッキオ大好きなんです!!
その相方のマネっこ大正解でめっちゃめちゃおいしかった!!!
そう!ピスタッキオも濃厚!!!

と・・・
ワインも白のボトル頼んだのに写真撮り忘れた

あまりのおいしさにパクパク食べてたけどここまで食べてお腹い~っぱい!!

G:なんかさぁ、アイスあるで、アイス!!

030911P05.jpg
↑即、注文の相方!

030911P06.jpg
↑相方アイスはスイカ とイチジク!

030911P07.jpg
↑私はピスタッキオ(まだ食べるよ~!)と・・・あれっ?!何にしてんやったけなぁ・・
いつものチョイスとは違うチョイスにしたんやけど(6 ̄  ̄)ポリポリ

030911P08.jpg
↑濃厚なお味のアイスに相方ご満悦!

030911P09.jpg
↑↓しかし店内は微妙な飾り付け・・・
030911P10.jpg



Cibus
住所:Via Emerico Amari, 64, Palermo
電話:+39-091-323062
時間:8:00~24:00



ちなみにこのお店、シチリアもんだけじゃなくって、お醤油やBaratti & Milanoのクレーマも置いてあった!!

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア3日目(観光その2)

またまた観光話に戻って、パレルモ3日目の9月2日。
この日も相方は会議です。さらに発表の日だったのでちょっと朝からテンパってます。

この日まず向かった先は・・
02091101.jpg
Chiesa di Santa Caterina(サンタ・カテリーナ教会)。

絢爛豪華な感じですよねぇ?!
ベッリーニ広場の前にあって建物の入口の写真(なんで撮ってないんだろう・・・)を見ればすぐわかる場所です。
ちなみにイタリア語ですが、建物の写真がグーグルに掲載されていました。ご参考までにこちら

02091102.jpg 02091103.jpg
↑向かって右は天井画です。

こちら比較的保存状態がよいのか修復されたのかいい状態だったのですが、他は結構・・

02091104.jpg
↑こんな感じ。
もったいな~い!!

修復などを行ってるかもしれませんが、建物本体自体は14世紀から立て始めたもののようです。

この付近は前日に結構散策済みだったのですが、某ガイドブックにも載っているこれを見逃してた!!

02091105.jpg 02091106.jpg
↑Quattro Canti(クアットロ・カンティ)。

Quattroは4です。Canto(複はCanti)は一隅、つまり4つの隅=四つ角とでも言いましょうか?!
その名の通り、Via Maqueda(マクエダ通り)とCorso Vittorio Emanuele(ヴィットリオ・エマニュエーレ大通り)が交差する四つ角にあります。

このQuattro Cantiの場所、別称があって、Piazza Vigliena(ヴィリエーナ広場)、Ottagono del Sole(オッターゴノ・デル・ソーレ)、Teatro del Sole(太陽の劇場)。しかし一番親しまれるのはやっぱQuattro Cantiじゃないかな~って思います(根拠なし)。

そしてお次は前の晩に相方に

相:えっ?!行かんかったん?
  あほちゃう!!

と言われて悔しかったので行ってみました・・・
02091107.jpg
Cattedrale(大聖堂)!

02091108.jpg
↑やっぱ人多い!

しかしふと疑問・・・
大抵イタリアでは大聖堂=Duomo(ドゥオーモ)と思っていたけど、ここはCattedrale(カッテドラーレ)なんだ・・
何でだろう???
そもそもDuomoとCattedraleはどないちゃうん????
ご存知の方は是非ご教授を!!

もとい・・
02091109.jpg 02091110.jpg

向かって左は大聖堂の中なんですけど、意外とあっさりとしてるという印象。
外がすごかっただけにもっと凄いのかと思いました(笑)。

そして向かって左は中で見つけたマドンナの絵なんですけど、こちらも他とは違う雰囲気のマドンナやな~と思って写真を撮りました。私的には超~シチリア風な感じなんですけど・・・

大聖堂には宝物庫があり、そこにも入りましたが、写真撮影でした。

と・・・
まだまだ続きますので続きに書きますね・・・

続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

シチリア2日目&3日目(食事)

2日目の観光中に行ったChiesa di San Francesco d'Assisi(サン・フランチェスコ・ダッシジ教会)の前には・・

010911M01.jpg
↑有名なフォカッチェリアがあった!

その名もAntica Focacceria San Francesco(笑)。

パレルモにはたくさんフォカッチェリアがあるのですが、ここは老舗中の老舗のようで、写真にも写ってますがいっぱい観光客が!!!
せっかくなので私もここでランチすることにしました♪

010911M02.jpg
↑ここの名物、Focaccia Maritata(フォカッチャ・マリタータ)!

このフォカッチャ(って言うかバーガーっぽくないですか?!)1851年にここが生み出したものらしいのですが、仔牛の脾臓と肺、リコッタチーズ、カチョカヴァッロチーズ、ラードが入っています。

名物ってことで食べましたが、う~ん私てきには・・・

ちょっと微妙~(>_<)

だってだって、かなりヘビーだったから・・・

これを食べた後、観光に戻ったのですが、夕方B&Bに到着しも~かなりのお疲れモード(*x_x)

相方は会議の主催者企画のディナーに行くことになってたんで一人での夕食。

朝の時点では数か所行きたいレストランの目星をつけていたのですが、日中の強い日差し と歩きすぎ でも~へとへと

何か買ってB&Bで食べようと思い立ち、B&Bのフロントの人に

G:この付近で何かテイクアウトできるお店ってありますか?
B:フォカッチャとかでも大丈夫ですか?!
G:ええ。
B:ここから歩いて5分以内に有名なところがあります。

で紹介されたのがまたまたここだった(苦笑)。
せっかく紹介してもらったし、何よりもも~歩けんからここでテイクアウトすることに(苦笑)・・・

010911M03.jpg
↑向かって左がArancinette、右がPanelle。

Arancinetteは小さいライスコロッケと言うのかしら??
お味は2種類でした。
1つはバター風味、もう1つはトマトソース風味でした。
トマトソースの方がおいしかったかなぁ・・

Panelleはひよこ豆の粉を使ったフリッターでシチリアでは有名だそうです。
本来はパンなどにはさんで食べるそうですが、私はこのままさつま揚げ感覚でいただきました(笑)。
ビールにあうって感じ

お店の名物であるお昼に食べたフォカッチャよりも私は夜食べたPanelleの方が好みかなぁ・・

これら3つともシチリアのストリート・フードと呼ばれている部類のものです。
どれも結構油っぽいので、あんまたくさん食べるとちょっと胃にもたれるってのが正直な感想。
まぁ話のネタにちょっとつまむにはおいしいし、お手軽です!

そして・・・
また日を改めてアップしますが、3日目も観光に出てました。
パレルモで絶対見たいと思っていた少女のミイラが展示されているカタコンペのお昼休憩時間にたどり着いたもんだから、その近辺でランチすることにしました。

観光話の前にこちらに3日目のランチもまとめちゃいます

入ったお店はMIRAGLIOTTI COFFEE & BREAK(音出ます )というお店。

1905年から創業してるみたいです。場所は本当にカタコンペの近くというか、この辺ではここぐらいしかお店がないんとちゃうかと思いました(笑)。

020911M01.jpg
↑カジキマグロのペンネ、トマトソース味

いや~やっぱシチリアはカジキマグロ料理が多いね!!
しかしうまい!!
場所的に観光客相手の手抜きかと思ったけど、意外としっかりアルデンテでおいしいお味でした

020911M02.jpg
↑ランチのお供に選んだグラスワインの白。

Cardinale di SiciliaというところのBianco d'AlcamoというワインでDOCみたいです。

Catarratto(カタラット)種が主で Inzolia(インツォリア)種も入ってます。
どちらもシチリアを代表する白ワイン用のブドウです。

とにかく色目も「濁ってる?」と思うぐらいに濃い色で、香りもリンゴのような香りがとれました。
最初、観光地でアジア人(他のはアジア人いなかった)やし。。ってシードルを出されたんかと思ったぐらい(笑)。
でも飲むとやはり白のきりりとしたお味でした。
なんかとても面白い1本でその後見つけて購入を・・って思ってたのですが目的達成できず・・・

結構お気に入りのワインとなりました♪

そして3日目の晩御飯・・・

この日も相方は会議の主催者が企画したパーティーに出ていて一人での食事。
パレルモ最終のディナーだから・・とはりきって町に繰り出したはいいけど、ビール瓶(759mlぐらいの瓶)を持った兄ちゃんがず~っとついてくる&まったく人気がない(我々だけだった)&お店まではこの状態でまだまだあるかないといけなかったのでちょっとやばいかな~と思い、ひとまずB&Bに引き返した。

しかし一旦B&Bに戻っちゃうとなんだか疲れがピーク(やっぱ年やね・・)!
お昼が遅かったこともあって、寝ちゃいました

シチリアの灼熱の中の観光、結構疲れる・・・



Antica Focacceria San Francesco
住所: Via A. Paternostro, 58, Palermo
電話:+39-091.320.264
時間:要確認
備考:サイトを見てるとミラノやナポリにもあるみたいですね。
   そして我が(!)Pescaraにもオープン予定らしい・・・

MIRAGLIOTTI COFFEE & BREAK
住所:Via Pindemonte 104, Palermo
電話:+39-091 6524670
時間:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)