Juuuust chillin' out!! 2010年11月

お弁当文化

お弁当ってやはり日本の文化なんですね。

相:同僚にComoの人がおんねんけど、奥さん中国人やねん
G:で?!
相:その人がな、俺のお弁当見て「日本人やな~」って
G:いい意味、悪い意味?
相:いい意味!
G:その人の奥さんはお弁当作りはれへんの?
相:作りはるよ
  奥さんの手作り弁当毎日持ってきてはる
G:で?!
相:でもタッパにわっさ~って入ってるだけ
  おかずの種類は俺が一番やねん( ̄^ ̄)
  それに俺のお弁当箱だけがいけてんねん( ̄^ ̄)
  だってみんなタッパやもん!!
G:お弁当は食べるもので競うもんじゃないでしょ~が・・
  それにこっちではお弁当箱売ってないやろ?!
  前、難儀したわ・・だからこのお弁当箱買ってんで!
相;これからも絶対このお弁当箱にしてな!!
  タッパは絶対嫌やから!!!
G:そのままレンジでチンできるからタッパの方がいいんちゃう?
相:絶対に嫌っ o(*≧◇≦)o″
  それも2段で持って行きたいから!!

と、小学生のように自分のお弁当箱自慢を会社でしている様子の相方(-_-)
しょっちゅうたま~に、本当にこの人は会社でちゃんとやっていけてるんやろうか??と疑問に思うほどの子供ぶりです・・実際はおっさんですが・・

そもそもお弁当文化って日本だけなのかな??
中国もそうなのかと思ってたけど、どうもComoの人のお弁当(中国人の奥様作)は一品料理が多い様子。
基本相方以外の会社の人たちが持参するお弁当は、パスタのみ(イタリア語圏やね~)、サラダのみ、セコンド(メイン、お肉やらチキンやら)のみっていうパターンがほとんどみたいです。
たまに1つのタッパにわっさ~と2種類ほど(セコンドとサラダとか、パスタの上に肉焼いたのを載せたりとか)入ってるパターンもあるみたい。
因みに相方は茹でてから時間のたったパスタは嫌みたいで、

相:パスタは嫌!
  ご飯にして!!

と、わがまま放題┐(-。ー;)┌

ある日、相方の部下のF(ベルギー人)の奥さん(コロンビア人)はチキンを焼いたのをタッパに入れ、それとは別にトマトを丸ごと(カットなし)Fに持たせてたみたい(^_^;)
まぁ一応2品だわなぁ・・

その日の相方のお弁当はツナ巻きとおかず。

F:これって朝から作ったん?
相:そう
  いつも朝作ってるみたい
F:彼女(私)は暇なん?

ええ、暇です。でも朝は忙しいですけど、何か?!
君とこの嫁も専業主婦やろが!
トマトぐらいカットしてもらえよ(^_^;)

とりわけ私のお弁当がどうってわけじゃない(だって相方の自慢はお弁当箱やし・・)けど、日本人的に仕切りで分けたりとか、何種類かおかずを入れたりとか、彩りも考えてみたりとかはしてる。
それがどうも他の人からすると不思議みたいです。

相:忙しいやろうから、適当に詰めていいよ!
  食べたら一緒やし・・
G:日本人的にはお弁当に関わらず、食事は目で楽しんで
  舌で楽しむもんやよ!
  食べたら一緒でも見た目がいけてなかったら
  おいしさも半減じゃない??
相:そうやなぁ・・
  日本人って凄いなぁ!!
  よかった、このお弁当箱があって!
※ってまだお弁当箱しかお気に召さぬかっ!

でもまぁ毎日残さずに食べて来てるのでよしとしよう!
お弁当箱は最初の1回しか洗ってきてくれたことがないけど(-_-)
でも本当に忙しいみたいで、一度だけ寝坊してお弁当を作らんかった(^_^;)
そしたら帰って来てから

相:今日はお昼なしやった(T_T)
G:えぇ~!どっか食べに行くとか、スーパーがめっちゃ近くに
  あるやろ?!そこで買うとかしてよ~!!
相:並ぶ時間がないぐらい忙しい日になったから(;´ρ`)

どうも私が怖いみたいで(苦笑)、お弁当を持たせると何が何でも食べてくるみたいです。
なので何とか作ってお昼を食べさせないと・・と思っています。
ちなみになぜなにがなんでも食べてくるかと言うと、

G:あんた~!残してきたら向こう1か月あんたの好きな
  お弁当箱の中身は石やからなっ!

と、脅しをかけているから(^^)v

話はそれましたが、少し前に日本にいた時にTVでフランスのキャラ弁を作る人と、別の人でお弁当箱をフランスに輸入してる人が出てた。ってことはフランスでも、きっと一部やろうけど、お弁当文化は花開きつつあるってこと???
一度フランス人でお弁当に興味のある人のお弁当を除いてみたいもんです♪

お弁当というか、カナダにいた時は「Boxed lunch」ってのがあって、ようは持参するお昼のこと(まぁ日本やったらお弁当ですよね)。それでクラスメートがよくPBJとかピーナツバターだけのサンドイッチとかを自慢気に持ってきてた(^_^;) どうもこれらは彼らの中では最高潮にいけてるというか、とても人気メニューみたい。
最初そんなん知らんから、罰ゲーム?!って思ってた私です(+_+☆\(-_-)
だって、パンにピーナツバターぬっただけ(PBJは一応ジャムも入ってるけど)って、朝ごはんちゃうん??

G:明日PBJしたろか?
相:何それ?
  おいしいん??
G:北米では大人気やよ!!
相:嫌な予感・・
※速攻ググる相方

相:いやや~o(*≧◇≦)o″

この人、英語圏で生活したことがないので、こういう日常品とかスラングとかに弱いからたま~に嫌がらせして楽しんでいる私です(* ̄m ̄)

本当にところ変われば好みというか、人気のお弁当メニューも違うものですね。

しかし最近お弁当もワンパターン化してきたから、そろそろ新レシピでも考えんといかんなぁ・・・
もしくは新しいお弁当箱でも探しに日本に帰ろうかしら(爆)。

風の影

4年前にルガーノの送付した本の中で一番読みたかった本がこちら↓
風の影 (上) (集英社文庫) 風の影 (下) (集英社文庫)

届いた本の中で一番に読みました!!

感想は続きへどうぞ♪

続きを読む »

Paco De Lucia

月曜ですが、Paco De Lucia(サイトはスペイン語です)というフラメンコ・ギターの巨匠(と私たちは信じてます)のコンサートに行ってきました♪
まさかPacoがルガーノに来るなんて!!ってのが正直な印象ではあるのですが(^_^;)

元々相方が大ファンで、家にはこの↓CDがあります。
B000068W5Zグラナダ~パコ・デ・ルシア・フラメンコ・ベスト・セレクション
パコ・デ・ルシア
ユニバーサル インターナショナル 2002-08-28

by G-Tools


私はフラメンコ・ギターの音色が好きから入ったのですが、コンサートのチケットは早々に相方と同僚のF(アメリカ人)が抑えてたみたいで、珍しく私からせかすこともなくすんなりとコンサートに行けました☆

最初はPacoの一人演奏から始まり、各楽器の見せ場あり~の、歌あり~の(2人の歌手の人がいらっしゃったのですが、一人の人の声に惚れちゃいました!!顔は2F席だったから見えなかったけど、シルエット的には・・・・)、男性のフラメンコ・ダンスあり~の(これまた凄い迫力でビビっときましたよ~!!)で、超~満喫!!
いやはや久々にコンサートに行ったけど、よかった~(*^_^*)
何よりもPaco最高\(^O^)/

最初席に着こうと思ったら(全席指定)、イギリス人の初老カップルが我々の席に座ってて

相:そこ我々の席なんですけど・・
イ:はっ?!
  ここは我々の席だよ、君!
  ※結構横柄な態度でした、自分らのチケットを確認もせず!

相方がチケットを見せて、

相:我々のチケットの番号と席番号、一致してると思いますけど。
  それに隣に座ってるのは我々の友人なんですけど。
※他の同僚とまとめて4人分のチケットを取ってて、彼らはすでに座ってた。

イ:向こう(自分たちの席)空いてるんだからそっちに行けば?!
相:ですから、この隣の人たちと一緒に来てるんです!!

と、間違ってるくせに自分たちの本来の席になかなか移動してくれなかった┐(-。ー;)┌

私は相方のように気が長くないので、聞こえるように

G:なんてa○○hol○なの!!

って言って相方にこっぴどく叱られました(+_+☆\(-_-)
とんだとばっちりだ!!
おっさんたちはそそくさと移動してましたが・・

そんな嫌~な始まりをも完全に吹っ飛ばしてくれたPacoのコンサート。

勝手にPacoのギター演奏のみって思ってたけど、歌やダンスも見れて本当に素敵でした。
やっぱ生はいい!!たまにはコンサート行かんといかんなぁ・・
それにしてもフラメンコ・ギターの音色ってなんであんなにドンピシャにはまるんやろか?!
(私だけ?!)
切ないような力強いような、不思議な音色が大好きです!!

アッという間にコンサートは終わっちゃってすごく残念だったけど(2時間ほどありましたけど)、またチャンスがあれば行きたいな~!!
まじPaco最高~(^^)v


コンサートは8時半からでした。
この日はなんやかんやとあって7時にやっとこさ椅子に座れた日。

G:さぁ~コンサートまでちょっとの間ネットでも・・

と、思ってまずメール開けたら相方から

相:7:40に帰るので、ご飯さっさと食べてコンサートに行くこと
  ご飯の用意7:40までによろしく!

ってメールが(+_+)

G:今やっと座ったのに・・

と、夕飯の用意。朝は

相:コンサートの後みんなでご飯行くから!

って言ってたくせに┐(-。ー;)┌
そして8時5分前に帰宅した相方(なにが7:40だ!)。

相:時間がないので(!)プリモだけで行くから!

と宣言した舌の根も乾かぬうちに、セコンドもさっさと平らげて(よ~用意してたこっちゃ!)コンサートに行った君は本当に人生満喫してるって感じだわ(笑)。
放っておいたら私が食べれんかった私のセコンドまで食べる勢いだったもんね(苦笑)。

G:セコンドはコンサートの後に食べるって言ってなかった?
相:これ、好きな味やねん!!

と、答えにもなっていない意見をありがとう!

Festa del Torrone di Cremona 2010

先週の土曜にまたまたCremonaに行ってきました。
前回は観光で行ったのですが、今回の目的はタイトルにもあります通り、「Festa del Torrone di Cremona 2010」のため(*^_^*)

Cremonaはヴァイオリンでも有名ですが、Torroneでも有名な街!
目抜き通りには露天が一杯!
20101120C08.jpg
↑これはマジパンだけど、かわいいから写真におさめました。
ちなみに上にあるバイオリンの形のものはTorroneです♪

20101120C01.jpg
20101120C02.jpg

色んな露天を見てたんですが、音楽が聞こえだすと・・

相:露天と買い物は後!
  何かやってるみたいやから!!

Piazza del Comune(やったと思います)でショーをやってました。到着した時にはすでに始まってたし、この日はあいにくの雨やったから傘の花が一杯でよく見えませんでした(>_<)

恐らく「Rievocazione Storica del matrimonio tra Francesco Sforza e Bianca Maria Visconti」をやってたのかな・・と思ってます。

20101120C03.jpg
↑小さいけど(遠かったんで)囲まれて真ん中にいるのがFrancesco Sforza(ほとんど見えない・・)とBianca Maria Visconti(ちろっとブルーのドレスが見えてます)。最後の最後のシーンでした。

20101120C04.jpg
20101120C05.jpg
20101120C06.jpg

相:さてTorroneを買いに行こう!!
※フラッシュに弱い相方(^_^;)
 すぐ目を閉じちゃう・・

20101120C07.jpg
↑味見やらさせてもらってお目当てのTorroneを4種類ほど購入したご機嫌さんの相方♪
※戦利品は写真を撮る前にパクついてたので、省略・・

ちなみに2件のお店で計4種類買ったのですが、この写真のお店ではリモンチェッロ味、チョコ味のTorroneをを購入。別のお店では砂糖無し(でも甘い!)、Nocciola(ヘーゼルナッツ)入りを購入。

G:後1か月ほどでNataleやから、Pescaraに持って帰る?
相:持って帰らない!

と、宣言通り、着実に戦利品は相方の胃袋に移動していってます(笑)。

露天を見たりをうろうろして寒いし、雨やし、お腹減ったしで・・

相:ひとまず購入したものを車に置きに行って、ご飯食べに行こう!
G:賛成!!

最初にここ!って決めてたBissioneってお店に行ったら

店:ご予約されてますか?
相:いいえ
店:満席です

で、断られた( ̄ロ ̄lll)

相:二人ぐらい入れてくれたらいいのに!!

と歩きながら逆切れモードの相方(^_^;)
凄くおいしそうな香りが漂ってたし、お店の雰囲気がよかったから本当に残念!
逆切れしたくなるのもわかるけど。。

次の向かったお店についてはとてもおいしかったのですが、非常にサービスが悪く、二度と行くことはないなぁ・・ってお店でした(苦笑)。
ひとまず自分の記録としてお料理の写真は続きに載せますが、お勧めはできないお店って感じ・・

スイスに来る前はブリュッセルに住んでたんですけど、うちの近所にKittaroってめっちゃおいしいお店があった(今はつぶれた)。そこもおいしいけど、サービスの悪さにかけては天下一品!このKittaroに張り合うぐらいのサービスの悪さでした(^_^;)

まぁそのお店のことは忘れるとして、Cremona。
やっぱかわいいしお気に入りの街だわ♪

続きを読む »

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Issa

って言ってもDa PumpのISSAではなく小林一茶です(^_^;)

Luganoで来年2月まで日本のカルチャーを紹介してるって以前書きましたが、その影響やと思うんですけどチェントロ(町jの中心地)にあるMigros(スイスでは有名なスーパーのチェーンです)の前ぐらい(やったと思う)に、

Oh lumaca,

scala il Monte Fuji

ma piano, piano!

con calma!

※訂正・・

って看板があるんです(>_<)
最初、「何のこと??」って思ってたけどよくよく見ると「Issa Kobayashi」って名前入ってるし、よくよく考えるとこれって蝸牛そろそろ登れ富士の山」のことですよねぇ?!

しかし、この一茶の句って(間違ってたらすみません)蝸牛のようにゆっくりとした歩みでも継続していれば富士山の頂上にも達する=継続は力なりみたいな意味ですよね?!

上の看板を見た相方が

相:これって何が言いたいん??
  Lumaca(蝸牛)が富士山に登るかいなっ!
  俳句やと思うけど、日本人はえらいこと思いつくなぁ~!!

って思いっきり突っ込んでました(^_^;)

う~ん、何人のTicinesi(ティチーノ=うちの州の人たち)がこれを見て本来の意味を理解してるんだろう(∂_∂)? このイタリア語訳からすると私の理解も間違ってる??ってちょっと不安になったりもしますが・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

初☆Masciarelli♡

ukoさんと私の間ではすっかりモンプルで定着しております、Montepulciano d'Abruzzo。

Valentiniが超~有名で、一度は飲んでみたいな~って思ってはいるのですが、なかなか手が出ず(-_-)
そんな中、家にある「Oggi scelgo io(直訳すると、今日は私が選びます)」シリーズの「il vino(ワイン)」で目にした(気がした)&相方一家がよく口にしているMasciarelliを先週行ったスーパーで発見♪

MasciarelliC1.jpg

G:2007年って微妙やっけ?
相:何が?
G:確かパパ(Gianni)マシャレッリって亡くなったんこれぐらいの
  年じゃなかった??
相:亡くなったんわ、Edoardo Valentiniじゃないの?
G:彼もやけど、その後、パパ・マシャレッリもやで!
  なんかめっさ値段安くない?
  ※9ユーロぐらいだったと思います。
  マシャレッリがこんなに安いってことは亡くなった後のかなぁ・・
相:買えば?!
G:えぇ~でもパパ・マシャレッリのが飲みたいし・・
相:買えば!
  帰ってから絶対グズグズ言うやろ、どうせ
G:じゃぁ買うわ!

早速飲んでみた。

G:なんか微妙じゃない?
相:おいしいやん!
G:うん、おいしいけど、思ってたほどじゃないって言うか・・
  やっぱパパ・マシャレッリが亡くなった後のなんかなぁ?!
  それともセカンド・ブランドなんかなぁ・・
相:ネット見てみ!
G:あっ、パパ・マシャレッリが亡くなったんは2008年やから
  辛うじてパパ・マシャレッリのみたいやけど・・

と、おいしいのですが、ちょっと肩すかしって感じでした。

よくよく「Oggi scelgo io」を見てみると、マシャレッリはマシャレッリでも「Marina Cvetic」と「Villa Gemma」という上のクラスのが掲載されていた(>_<)
道理で思ったほどではなかったのかなぁ・・
本によると「Marina Cvetic」はややお高めだけど、「Villa Gemma」はそんなでもないんで、こちらをまず探してみようかしら(*^_^*)

しかしこのワイン、前の晩に飲み残したものを翌ランチで飲んでみたらまだまだいけた。
これは抜栓の時間が短すぎたのか・・と反省。

それにしてもモンプル。
なぜか飲むと落ち着くわ~♪

ちなみに話は戻りますが、Edoardo Valentini氏が亡くなったのは2006年だそうです。
モンプルも代替わりして新しい風が吹いてきてるのかな・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

日本製品のちょっとしたこと

今日本で掃除機と言えば、音が静かで吸引力があるってのが主流じゃないですか?!
(えっ?!世界中そう???)

今回戻ってみると、ベルギー時代に使用していた掃除機とは別の掃除機が家にあった。
因みにベルギーの子はもうなかった。

新しい子の様相からするといかにも「やり手!」って感じd(´∇`о)
ベルギー時代の子はまぁまぁやったけど、小型やから軽いし小回りが利くから結構気に入ってたんやけど・・

この新しい子、やり手っぽいのは見かけのみで、使用してみたら・・

爆音&吸引力極少 ゞ( ̄∇ ̄;)

音はほんま凄いんです!
壁でも吸い込みそうな勢い!
しかし吸引力はパンくずすらやっとこさ(._.)ノ
マジ、手で拾った方が早いって感じ┐(-。ー;)┌

G:ちょっと、この掃除機は壊れてるん??
相:いや、買い替えてあんまり間が経ってないよ
G:吸わんで、吸わん!
  音は爆音やけど、吸わんよ、ゴミ!!
相:根詰まりしてるんやわ、きっと
※確かに詰まってた!

相:ほら!もう大丈夫(^o^)
G:さっきよりはやややる気出したみたいやけど、
  やっぱり吸わんよ(;´ρ`)
  ベルギーの子は?
相:どっか行った!
G:ちょっと日本では静かな音と強力吸引力が基本やよ!
  これやったら間違いなく不良品で返品やで!!
相:う~ん、でもそこそこのブランドのやつやのに(6 ̄  ̄)
G:ちょっと買い物リストに掃除機も加えておいてな!!
※って他のもこんなんじゃないよねぇ・・

ちなみにネットで見ると今時の日本の掃除機はだいたい60デシベル(静かな乗用車・普通の会話レベル)が主流みたい。図ったわけじゃないけど、うちのはきっと90デシベル(犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)レベル)クラスはいってそうな気がするけど(^_^;)

toscaさんともskyoeで話してたんですけど、ほんまちょっとしたことに日本の製品って気が利いてる!
この掃除機の静かな音もそうやし、特にサランラップ!!
基本こっちのってひっつき悪くないです?!
最近やや良さ気な子を見つけましたが、使い始めにびっくり!!

G:これはどっから始まる??

日本のってテープみたいなんがついてて、それをピロっと引っ張るといともたやすく始まりません?!
悪戦苦闘の結果何とか開始できたけど、両端がどうあがいてもめくれへんし、始まり口すら見当たらん・・

相:あきらめろ!
  90%は使えてる!
G:( ̄∇ ̄;)

しかし自分の順応性にもびっくり。

G:確かに!
  これは両端は見んかったことにしよ~!
相:そのいきや!!

で、使い始めたら知らぬうちに100%になっていて、なんだか得した気分(←単純・・)♪

後、下世話ですが生理用品!
特に夜用って大きく違いません?!!
※男の人もいるかもなんで詳細は省きますが・・

他には粘着系かなぁ・・
テープ、ガムテープ、接着剤とか。
何かものによっては(今のところ100%ですが)ひっつかん・・
軟弱もんというか、もっと頑張って踏ん張ってひっついておけ!と掛け声をかけたくなるぐらいにあきらめがいいというか軟弱というか(^_^;)
相方チョイスが悪いのか?!

ほんまちょっとしたことに気の利いてる日本製品ってええなぁ~と改めて思いました。

畳文化&床文化

今日はまったりDAY☆

朝、相方のお弁当を作って、朝食を食べさせて送り出した後、後片付けした後はまったりと読書して今はネット。
今日は閉店です、私(^_^;)
まぁもう少ししたら夕食準備して、またまったりしますけど・・

しかしこの家を掃除していていつも思うこと・・

私が据わる椅子の下は綺麗けど、

相方側はパンくずだらけ・・・


別にとりわけ相方の食べ方が汚いってわけじゃないんやけど、まぁ雑いのは雑いです。
それとこれって畳文化と床文化の違い?!とか思っちゃいました。

日本って畳文化やから、床にゴミを落とすってことは、誤ってしたとしても故意にはないですよねぇ?!
でもこっちの人って結構ちょっとした埃とかパンくずとかってささっとテーブルから払い落としません?!
それともこれって相方だけ(∂_∂)?

なんでこんな話になったかと言うと、昨日の夕食時に

相:Giannaのお皿って(食べた後)綺麗じゃない?
G:子供の頃からお茶碗とかにご飯粒残さないようにって
  育てられてるからじゃない?!
  肉にしろ穀物にしろ、殺生していただくものは感謝の意を
  込めて可能な限り残さずに食べる主義やし、私
相:ふ~ん
※と、慌てて残ってたニンジンの千切りを食べていた^m^

相方はお茶碗でお米を食べる文化じゃないから、以前は結構お茶碗のへりにご飯粒を残して食べてたんです。
結構それが気になってたりした私(B型なもんで、気になる箇所は徹底的に気になる)。
真っ向から

G:ご飯粒は一粒残さず食べ!

って言うと天邪鬼相方は絶対に意地でも食べないから(苦笑)、

G:知ってた?
  ご飯粒1粒には神様が7人住んでるって。
  あんたのお茶碗には数百もの神様が残ってるでぇ~!!

全く神を信じない相方だが、意外と小心者なのでちょっと怖くなったみたいでそれ以来ご飯粒は一粒も残さず食べてます(* ̄m ̄)プッ

と話が飛びましたが、昨日のお皿の食べ残し(って言ってもニンジンの千切りのすくい残しとかで、食べ残してるってほどでもないんですけど)の話になった時に、

G:お皿の綺麗さよりもさぁ・・
  いつも掃除してて私の椅子下とあんたの椅子下の綺麗さの
  違いの方がびっくりやわ。
  これって畳文化と床文化の違いかねぇ?!
相:どういう意味?
G:日本人ってさぁ、昔は狭い家に大家族が住んでたから
  畳の上でご飯食べて、寝てってしてたわけやん?!!
相:うん、うん。
G:だから畳の上にパンくずとか落とそうって気には
  ならんわけよ、だってそこで寝るんやから。
  でも床文化の人は通常靴で食卓に入るから、外と
  あんまり感覚は違わんのとちゃう?!
  さすがにベッドにパンくずを払おうとは思わんでしょ?!
相:思わん!
G:やっぱそこやな!
  畳文化vs床文化って感じ!!
相:いつもそんな事ばっかり考えてるん┐(-。ー;)┌
G:いいやん別に( ̄^ ̄)

まぁしょっちゅう掃除機かけるんで大した問題ではないんですけど、ちょっと不思議に思ったもんで(^_^;)
因みに我が家は大阪(勿論!)→ブリュッセル→ルガーノのマンションともに常に土禁です。

携帯とチョコ

まず、土曜に携帯を買いに行くと、宣言しておりましたが、結論から言うと行きましたがが買いませんでした(-_-)

結局相方がジムから戻って来たのは4時。
「3時に戻って来てな!」って言ったからまぁ、3時半には戻ってくるやろうとふんでいた。
しかし甘かった(+_+)
私の予定では、3時半戻り→ランチを食べながらネットで見つけた電話をチェック→携帯を買いに行く→イタリアへ食材を買い出し→ピザを食べる→帰る、だった。

が・・・
4時に戻って来た相方は

相:シャワーするわ、とりあえず・・

って、シャワーもしてきてへんのかい、この時間まで(+_+☆\(-_-)

土曜にも書きましたが、お店は5時まで。
家を出たのが4時半過ぎ。
はい、ランチ食べてませんし、ネット検索なんて時間もないです。

滑り込みでお店へ。

相方も相方の友達もみんな安いからってyalloって会社を使ってるんです。日本でもそうですけど、同じ会社にしておいた方が何かと利点がある!と思い、私もその会社って決めてました。

が、行ったお店の取り扱いは、別の電話会社3社のみ。
で、その3社の契約をすると機種が安くなる・・というしくみ。
ただyalloにしようと思うとそれは適応されないから、機種を購入&SIMカードを購入となり、やや割高・・

相:これにしたら?

って、恐ろしい機種が29スイスフランぐらいで売ってたのを指差したから、

G:いくら使えたらいいからって言ってもこれだけは勘弁やわ(-_-)
  それにこれだったらyalloのネットで見た方が安かったかも・・
相:だったらほかの会社で契約したら?
  機種安くなるやん!
G:あのさぁ(-.-;)
  今一回機種が安くなったからって、これから先使っていく内に
  携帯会社が違うと何かと割高になってくるやん!
  やっぱりyalloに揃えた方がいいって!
相:あっ!
  俺、外出先でネットつかえた方がいいからi-phoneを買おう!
  で、それを俺が出張行く時に機種替えしてくれ!
G:あのさぁ・・
  ネット使うってどこで?
  ほぼ一日会社やん!会社でネットあるやろ?!!
相:イタリアによく行くし、週末出かける時とかあれば便利やん!
G:週末出かける前は散々家でネット調べてからしか外出せんやん!
相:実家帰った時!
G:ひとまず、一回家に帰ってゆっくり考えよ!
相:でも携帯欲しいんやろ?!だったらそれでいいやん!
G:とにかく帰ろう!

幸いこの時点で5時。
買うも何も閉店時間やから店を出た。

G:スイスでi-phone使うチャンスも時間もないやろ?!
  会社でも家でもネットあるやん!
相:じゃあ今からイタリアへ行くからイタリアのi-phoneにしよ!
G:いらんやろ・・
相:でも実家に帰ったりしたら・・
G:実家に長期で帰るってパスクア(復活祭)とナターレ(クリスマス)
  だけやろ?!
  それもどっちを足しても1ヶ月もおらんやん!
  そのために1年間基本料金払うんか?!!
相:・・・
  でも、みんな持ってるし!
G:みんなって誰が名前言うてみ!
相:・・・
G:どうせ、3人ぐらいやろ?!
相:4~5人やし!
G:会社に何人おるんさ?!!
  その人らだけが持ってない場合をみんなって言うんちゃうん?!!

と、まさに科学者とは思えない言い訳(^_^;)
だいたい、私の電話を買いに行ったはずやのに、なんでイタリアであんたが使うi-phoneに話が変わるのか???

G:覚えといて!
  死に金は使わんタイプやから、私!!
  必要なものにかけるお金は止めへんけど、不要と判断した時はとことん
  止めるから!!
相:(@_@;)
G:現状我が家にはi-phoneをは不要と判断してるからね、私。
  あれば便利やけど、きっと1日たったらあんた、使わんと思うよ。
  それを2年(契約)も払い続けるのってばかげてない?!

少したつと冷製になった相方は、

相:やっぱりいらんな・・
  来週Giannaの携帯買いに行こう!

と、落ち着いた。
きっと私がおらんかったら閉店間際にこの人はi-phoneを買ってたんやろなぁ(^_^;)

なので私の携帯は一旦保留・・

そして日曜はEurochocolateの11:30からの「Dalla Fava al Cacao」というセミナーに申し込んでいた我々。
一応9時半に目覚ましをかけていた相方だが、10時前になっても起床せず(-_-)

G:やっぱりやめとくの?

久々に超~ご機嫌斜めな朝の相方。

相:行くよっ!
  もう目も覚めてるし!!

こういう日は無視に限る(笑)。
するとのそ~と起きてきて、朝食を要求。
その後シャワーをするとご機嫌が戻ったけど、既に11:25.

G:無理やろ(^_^;)
  やめとこ、雨やし。
相:きっちりと始まってないかもしれんし!
G:スイスやからきっちりと始まるやろ(苦笑)。

201011151.jpg
↑やはり奥でもう始まってました(*x_x)

相:ひとまずせっかく来たし、チョコでも買って帰ろう!

201011152.jpg
↑雨で閑散(T_T)

201011153.jpg
↑なぜか謎の音楽ブースがあった

201011154.jpg

相:前回よりもブースの数が減ってる!
  なんかしょぼくなってる!!!

と、ややがっかり顔。

一通り見て回った我々。
この後相方の同僚F(アメリカ人)が昼食に来ることになってから、

G:そろそろ買うもん買って戻った方がよくない?!

201011155.jpg

G:これを食べてから♪

これはチョコムースだったんですけど、フランス語圏のスイスのチョコ職人さんがつくってはりました。
そして、購入するとレシピも下さったんですけど、そんなにうまく作れるやろか(^_^;)

結局この後マロングラッセを食べて、チョコを6~7個買っていざ帰宅!
帰宅後に購入品を写真に・・って思ってたけど、食事の用意やらしてて、さらに昼食後すぐに相方が買ったチョコをぜ~んぶ開けだしたから写真を撮るのは断念(>_<)

買ったのは、赤胡椒入り、生姜入り、ポピーの種入り(←これが一番おいしかった)などの変わり種チョコ。

う~ん、雨ってこともあったんかもしれんけど、人もブースも少なく思ったよりはしょぼかったかも・・
まっ、チョコ買ってもらったからよしとしよ~♪

_| ̄|○ ガクッ

今日Eurochocolateのイベントの1つ、「Il cioccolato incontra i vini Ticinesi 」ってやつに行きたいと先日書きましたが、

相:多分予約せんとあかんはずやで!
G:( ̄ロ ̄lll)
相:電話してみるわ。

満席_| ̄|○

ちゃんと読めばよかった(6 ̄  ̄)
やはり土曜の3時って時間的にも好都合やし、みんな考えることは一緒なんか?!!

で・・

相:代わりに明日「Dalla Fava al Cacao」っていう
  チョコの作り方の工程セミナー申し込んだから♪
G:それイタリア語で聞いても私わからんと思うけど・・
相:・・・
G:で、一緒の時間?(=3時)
相:うううん、朝の11:30。
  大丈夫?
G:・・・

相方よ、私は大丈夫。
大丈夫じゃないのは君の方だと思うけど(^_^;)

さてさて明日、どうなることやら・・・

予定が狂った今日はやっとこさ私の携帯を買いに行くこととなった。
※1か月以上依頼してます。
 現状滞在許可書待ちなんで、多分私名義では携帯の契約ができないはず。

一昨日までは

相:いつも家におるんやから、家電あるし携帯いらんやろ!
G:いる!!

で、買ってくれる気配ゼロでした。
滞在許可書ゲットまでまだ役1か月ある。
その前に欲しい!!

で、昨日相方が電話かけてきた時にでんかった^m^
慌てて帰ってきました、相方。

相:何かあったんかと思って!!
G:トイレに行ってた。
※と言えば反論できまい!
  やっぱり携帯あった方がSMS残せるし、いいんちゃう?!
相:そうやなぁ・・

そして今日・・

相:じゃぁ携帯でも買いに行こっか♪
G:やった~\(^O^)/
  もう機種も決めてるから♪

頭脳(?)作戦勝ち( ̄ー ̄)

しかし・・

相:ひとまずGymに行ってくるo(^-^)o
※Gymもちょっとあって私はまだ正式申し込みされてないので、行けない・・・

と、先ほど(1時半頃)出かけて行った。

因みにここスイスは土曜は5時にお店が閉まります。
きっと帰ってきたら、「ご飯~!!!」って騒ぎそうやし、私は今日携帯ゲットできるのでしょうか・・・

う~ん、相方依存の行動にはピリオドを打たねば!
早く滞在許可書くれ~!!!!

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

やはりマンマは強い!

※相方との歴史の続き..

去年、本当はSardegnaに行く予定でした。
最終的にはPugliaに行くことになったのですが、なぜかと言うと相方のマンマの意向で(^_^;)

実は一旦別れることになった時に激怒したマンマ。
マンマはいつも私の味方で、当分相方と口をきかなかったぐらいに激怒していたらしいです。

そんなマンマが分かれた後、またイタリアに私が来ると聞いて

マ:絶対Pescaraに連れてきなさい!!

と言うことになり、実はLugano→Pescara→Puglia→Basilicata→Pescara→Luganoコースに急遽変更となったのです。

Pescaraに戻った時にマンマの第一声は

マ:本当によかった\(^O^)/
  で、いつ結婚するの?
G:(^_^;)
  いや、それは・・
マ:今回は結婚しなさいよ!
  で、いつ?
G:それは私じゃなくって息子(相方)に聞いてください。
マ:(^_^;)

これは相方がおらん時の話で、どうもその後私が日本に帰国してからマンマは毎日相方に

マ:いつ結婚するの?!!!

と、電話してたそうです(^_^;)

そんなマンマの攻撃(感謝、マンマ♪)、そしてあまりにも忙し過ぎる毎日を過ごしていた相方からある日・・

相:徹夜する日が週に2回ぐらいあってさぁ(;´ρ`)
  到底一人では普通の生活していける状況じゃないねん(*x_x)
  助けてあげようと言う気はある?
G:どういう意味で?
相:こっちにけ~へん?
G:観光で?
相:ず~っと。
G:・・・
相:いや?
G:今さぁ、試験(チーズ・プロフェッショナル)の対策コース取ってて
  その後ならいいけど、その前なら嫌。
相:試験はいつ?
G:7/25。でもこれ1次やから、受かったら2次もある。
相:2次は?
G:10/4.
相:その後ならいいん?
G:そうやなぁ・・
  ひっついたり別れたりしたけど、最初に付き合いだして今年で
  10年やろ?!
相:うん。
G:2010年10月10日にだったら結婚してもいいけど・・
相:のった!

と話をしていたのが今年の6月ぐらいだったはず。
ひとまず結婚する・・という話題が出たのですが・・・

※次回へ続く

Eurochocolate 2010

まず昨日のFの話ですが、やはり違うレストランに行ったそうです(^_^;)
因みにレストランはここで、どう見積もっても二人で500スイスフランは下らんでしょうってことで(苦笑)。

さてさて、少し前なんですけれど、ナポリの友達Cが

C:Pugliaに行くねん!
  Eucochoがあるから\(^O^)/

って、メールが来てた。
行きたいなぁ~って思ったけど、さすがにPugliaまで週末に・・ってのは無理なんであきらめてた。
そしたら・・

EurochocolateSwiss2010.png

あるやん、ここルガーノで\(^O^)/

G:今週末、Europchocolateあるみたいやねんけど、行けへん?
相:そうなん?
  前もやってて行ったことあるけど、結構よかったで♪
  じゃあ土曜にでも行ってみる??
G:\(^O^)/

だいたい相方はチョコが大好きやから、行く?って聞いたら絶対に行く!って言うと思ったけど ^m^
私が一番興味あるんは、土曜の3時からある「Il cioccolato incontra i vini Ticinesi 」ってやつ。直訳すると「チョコがティチーノ(うちの州です)ワインの出会う」。
つまりチョコとティチーノワイン(通常メルローです)のマリアージュを楽しむって言うイベントみたい。
きっとビターチョコやんかなぁ・・と思うけど興味津々♪
しかし時間的に土曜のこの時間に外出できた試しがないんで、どうなることやら(^_^;)
一応交渉してみよう・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

なぜかPizza (>_<)

昨晩夕食時に、

相:F(こちらは同僚の米人)が今日彼女の誕生日やから
  ミシュランで星ついてるレストランに食事に行ってるみたい!
G:彼女って、例のロシア人の人?
相:そうそう!
  で、サイトでそのレストランのメニューみてんけどさぁ・・
G:めちゃ高いんちゃうん?!
相:そう!
  軽く一人200スイスフランはいくな!
  プラスワイン代!
  ワインもリスト見てたらオルネライアとかシャトー・
  ラトゥールとか・・
G:エノテカで買ってもこっちやったら最低100スイスフランは
  するやろうから、3かけで最低でも300スイスフランやな。
相:それがさぁ・・
  多分値段のこととかはチェックせずにレストラン選んだみたい。
G:えぇ~ゞ( ̄∇ ̄;)、やんなぁF!
相:でも行ってみたい?
G:私はピッゼリアに行きたいわ!
  だって先週Pizza食べてないもん!!!!!
相:えっ、ピッゼリア?!(._.)ノ コケ

私・・
なぜか週に一度Pizzaが食べたくなります(>_<)

大阪人なんで、「お好み焼きが!!」「たこ焼きが!!」「おうどんが~!!」ってのが普通やと思うんですけど、それらはそんなに急を要するレベルで食べたくはならないんです(ぶっちゃけこっちに来てからまだ一回も食べてない&「お好み焼き!!」って言い出すのは相方の方が先)。
でも、でも・・

Pizzaは週1ペースで食べたい(>_<)

通常、週末(土曜か日曜)にイタリアに買い出しに行くんです。
で、その後のお決まりコースはピッゼリアに行ってピザ。
※なんせ私が食べたいもんで(^_^;)

が、先週末の買い出し後はIl Bocconcinoに行ってたので、先週はPizzaを食べてない(T_T)
そして昨日、最高潮にPizzaが食べたくなって相方に連れてってくれ~!!って頼もうかと思ったのですが、今のところ相方の仕事の事情で、日~水は外食を控えている状況。なので、

G:まじでそのレストランはいいから今週末はピッゼリアに
  連れてってくれへん??
  どうしても食べたいねんo(≧◇≦)o
相:安上がりやなぁ、お前 (^_^;)

だって和食のミシュラン系ならまだしもこちらのミシュラン星付きってなんだかヘビーな予感がするんだもん・・
最近年のせいか、あまりヘビー系は苦手なのだ(-.-;)
まぁFのレポートを聞いてから考えます・・
でも今週末はPizzaでよろしく(^3^)-☆

朝から奮闘 (+_+)

最近、お弁当、お弁当と騒ぐ相方(-_-)
前までは結構作ってたんですけど、最近は作らなくても家にランチを食べに帰って来ないので、これ幸い!と手抜きしていたら(^_^;)

相:今日(先週の金曜)L(部下Fの嫁)がお弁当作ってF(部下)が持ってきてた!!
G:で?
  ってか、Lはお弁当作らんやろ?!!
  だって、毎晩Fが晩御飯作ってるんやろ?!
  Fが作ったんちゃうん?!!
※図星だったみたいで逆ギレで
相:(--〆)でもきっとLが作ったから!
G:はいはい。で?要件は?
相:別に(--〆)
  ただ、Lがお弁当作ってFが持ってきてたよ!ってこと!
G:私は絶対Fが自分で作ったと思うな。
  お弁当が欲しいの?
  F見習って自分で作ってみる?!
相:作らんから!!

と、バレバレの嘘をついてまで訴えてきてたので、かわいそうになり、昨日からお弁当作ってます(^_^;)
一旦怠けるとお弁当作りって結構めんどい・・

昨晩はラグー(ミートソース)を作ろう!って思ってたけど、toscaさんのコメを見て寒いのもあったし急遽ポルペッタを作ることに決定(トマトソースで煮込むので、あったかい感じしません?!)!
なので、お弁当の分も^m^と、多目に作ったのに

相方完食( ̄ロ ̄lll)

相:ポルペッタが一番好きやから!

だそうですゞ( ̄∇ ̄;)
※前は前で「ミネストローネが一番好きやから!」って翌日の分も完食してたけど・・

G:まぁ冷凍してるステーキを冷蔵庫に入れて翌朝(今朝)焼いたらいいか!

と思ってたのに、寝る前に別のことをしてたらすっかり忘れてしまってました(^_^;)
電子レンジがない我が家・・
どう転んでも朝冷凍室から出したんじゃ~解凍されない。

急遽別メニュー↓

20101109.jpg

何か慌てて作ったから隙間いっぱい(^_^;)
こういう作業を仕出すと決まって背後霊のように背中越しに作業を凝視する相方(--〆)
時間がないから自由にキッチンを行き来したいのに、激邪魔なんですけど!!
そして集中できないんですけど!!

ちなみに左のBOXの手前右から時計回りに、おにぎり(ゆかりを知らぬ間に完食してた相方・・今日は塩むすびです)、茹でブロッコリー、茹でニンジン(本当はグラッセにしようと思ってたのに、邪魔されて茹でた段階で断念)、パルミジャーノ入りたまご焼き。右BOXはナスのオーブン焼き(何か色合いが・・)。こちら、エメンタールを使って・・って思ってたのに、これまた知らぬ間に完食してたみたいで、グリュイエールで作ってます。
写真には納まってませんが、実はもう1つ塩むすびがついてます。

今朝も嬉しそ~にお弁当を持って

相:いってきま~す\(^O^)/

君は遠足に行く小学生か?!と思った私でした・・
まぁこんだけ喜んでもらったら作り甲斐もあるって感じやけど。

週に2日は徹夜してる相方。

相:こんなに頑張って作らんでもいいのに・・

って言うけど、これぐらいしかサポートしてあげられへんもんなぁ・・
頑張って稼いで新しいシステムキッチン買ってくれ!

Il Bocconcino

Vino novelloBareggioにEnoteca Maggioliniに試飲しに行った際に出会ったMarioさんからご紹介いただいたレストランはIl Bocconcinoというレストラン!
Marioさんの食の好みと相方の食の好みがお話している中でドンピシャみたいだったから、二人してわくわくしながら一路レストランへ♪

相:Marioさんの紹介で来たんですけど・・
店:お待ちしておりました。
  どうぞ!!

と、お席にご案内くださいました。

20101107R01.jpg
↑まずはウェルカムドリンクで泡が出てきました。
香りお味ともにGood♪

20101107R02.jpg
↑ワインはMarioさんがご予約時にこれとおっしゃってたみたいで、何も言わなくてもこれが出てきました。
リグーリアの赤なんですけど、初体験!!
香り、お味ともに海の潮風を感じる不思議なワインでした。
おいしかったです(*^_^*)

20101107R03.jpg
↑コペルトのパンとグリッシーニなのですが、これがまたまた超~美味!
実は相方、ほぼすべて食べつくします(^_^;)

20101107R04.jpg
↑相方のAntipasto(前菜)、Lumache Bourguignon(エスカルゴ・ブルゴーニュ風)。
Marioさんがおいしいよ~!って言ってたので、すごく気になったみたいでオーダーした相方。
1つお味見させていただきましたが、とてもおいしかったです!!

20101107R05.jpg
↑私のAntipasto、Bresaola con foglie di Bitto(ブレザオラのビットスライス添え)。
※正式なお料理の名前は忘れましたが、こんな感じやったと思います(^_^;)
Bresaolaはロンバルディアのヴァルテッリーナというスイスとの国境近くで有名な牛肉のハムというかサラミというか、何て言ったらいいんだろう(・-・)?
牛肉を自然乾燥させて、塩漬けというか塩味というかにしたものです。
そしてBittoとはこの地方で有名なチーズのことです。

写真で言うと生ハムっぽいのがBresaolaで、上の黄色いチーズがBittoです。
下にうっすらと緑が見えてるのは野菜が下にひいてありました。

Bresaola、このヴァルテッリーナ地区に行ったことがあって何度か食べましたが、ここのは格別にうまかったです♪

20101107R06.jpg
↑二人とも満場一致でPrimo(パスタ料理)はRisotto alla Milanese(ミラノ風リゾット)!
メニューには調理に20分かかりますって書いてありました。

このRisotto alla Milanese、若干塩味が強かったけどめちゃめちぇおいしかったです(^^)v
私も相方もこれが今日一番のお気に入りやったかも!!

20101107R07.jpg
↑相方のSecondo(メイン)、Ossobuco(オッソブーコ)。
写真の奥側がOssobucoで、手前はポレンタです。
Ossobucoとは「骨の穴」って言う意味なんですけど、 ミラノの郷土料理で、仔牛のすね肉を骨ごとぶつ切りにして煮込み、骨の髄まで食べるというもの。
ポレンタは 粗挽きのトウモロコシの粉をお湯またはお出汁(日本のとちゃいますよ)とかで練り上げていくんですけど、ここではさらにその練り上げたのをフライにしてありました。
ほのかな甘みがあってめっちゃおいしかったです。

20101107R08.jpg
↑私のSecondo、Crostini di polenta con funghi porcini(ポレンタのクロスティーニ、ポルチーニ茸添え)。
ポレンタは上で説明した通りで、このような形状にして揚げたののを「Crostini di polenta」って言うみたいです。
も~ポルチーニ茸の芳しい香りが一杯の激うまの1品だったんですけど、さすがにAntipasto→Primoときて、私はこれを半分食べた時点でリタイア(*x_x)
持って帰りたい気持ちで一杯でした・・

20101107R09.jpg
↑エスプレッソも激うま。
今まで飲んだエスプレッソの中で1位2位を争うぐらいのうまさでした。
クリーミーさが絶妙なんです!!

20101107R10.jpg
↑サービスしてくれはった方。
彼いわく、

店:パンやコーヒーなどのお料理の主役でない小さなものにまで
  気を配ってお客様においしいものを提供することに意味が
  あると思います。

まさに!!
サービスもよかったけど、ほんまここのパンやらコーヒー、もちろんお料理は絶妙でした!!

20101107R11.jpg
↑Digestivo(食後酒)。
モスカートを自然発酵させたものらしいのですが、すごく不思議なお味でした。
おいしかったです。
私は通常Digestivoをあまり飲まないんですけど、これはスイスイ飲んじゃいました。
勿論相方は超~お気に入りで

相:ちゃんと写真撮った?
  ネットで探してみよ~!!
  めっちゃ気に入った!!
  凄い好きな味かも☆

と、興奮しておりました。

20101107R12.jpg
↑お腹いっぱいでご満悦の相方。

いやはや、Marioさんには超~感謝!
本当に素敵なお店を見つけました。

実はPrimoなんですけど、もう1品、Risotto al saltoというものがあったんです。
※食べたことがないんで、どんなんかはわかりません・・
それはできあがるまでに40分かかるみたいで、今回はギブアップ。

店:次回いらしゃる前にお電話を下されば、ちょうどいい時間にできあがるようにご用意いたしますよ!

とのこと。
きっとこれを食べにまたここに行くことになりそう\(^O^)/

このお店、本当に超~お勧めです!!



Il Bocconcino
住所:Via Cirillo 14, Milano, Italia
電話:+39-02-669-0590
営業:要問合せ
   土曜のランチ、日曜・月曜終日はお休みのようです

※場所は「最後の晩餐」で有名なサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会から徒歩20分ぐらいの場所です。
 地下鉄ならLanza Brera Piccolo Teatro駅またはMoscova駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Vino novello ( ^_^)/▽▽\(^_^ )

一昨日は撃沈しておりましが、昨日はイタリアまで車を出してもらってVino novelloを飲んで来ました( ^_^)/▽▽\(^_^ )

昨日も相方は忙しくって、結局夕方の5時ぐらいまで家で仕事をしてました。
なので、あまり遠くには行けないな・・ってのもあり、ロンバルディア中心に探しておりました。

余談ですが、ネットで検索するとvino novello(ワインの新酒)で出てくるのは中部イタリア(アブルッツォ、トスカーナ、マルケなど)が多く、なかなかこちら北イタリアではヒットしませんでした(^_^;)

最初は全く乗り気ではなさ気な相方(-_-)
でも「行かない!」なんて言おうもんなら私がぶち切れる( ̄- ̄メので、

相:どうする?
  どこ行きたいの?
G:仕事はいいの?
相:ひと段落ついたし、行きたいんやろ?!
G:うんo(^-^)o
相:そ~やなぁ・・
  Bareggio→Paviaコースでどう?
G:えっ( ̄∇ ̄;)
  別に1か所でいいんけど・・
相:せっかくやねんから2か所行ったらいいやん( ̄^ ̄)
G:お任せします(6 ̄  ̄)

何だろう、この人・・
乗り気じゃなかったクセに(^_^;)

BareggioにEnoteca Maggioliniというところがあって、そこでNovelloの試飲をしてるってネットで見つけた。

G:Enotecaやし、大したことないんちゃうかなぁ・・
  7時までって書いてるし、その後Paviaに行くって言ってるから、
  まっ、いっか~!

って、思ってましたが・・・

20101107B01.jpg
↑表には試飲お知らせの看板が!

20101107B02.jpg
↑初☆Novello解禁日にNovelloを試飲する相方

相:思った以上に楽しかったし、おいしかった\(^O^)/

20101107B03.jpg
↑7種類のNovelloが試飲可能。
勿論無料ですd(´∇`о)

20101107B04.jpg
↑彼が我々の試飲を担当してくれました。
とても優しくいい方でした。
真剣に香りや色を見てる私を察して、通常は2番目の写真の相方の向かって左手に持ってるプラスチックのミニカップで試飲なんですけど、左手に持ってるグラスを貸してくれはりました(^3^)-☆

担:ソムリエのクラスとか興味ありますか?
G:一応日本でソムリエではないんですけど、ワインの資格は取ったんです。
担:あ~、そうなんですね!
  だから真剣に色とか見てはるんや・・

20101107B05.jpg
↑隣ではリグーリアの食材の試食販売もありました。
実はこのご担当者であるMarioさん(なんで写真撮らんかってんやろ( ̄ロ ̄lll) 凄くお話好き、かつ、いい方で実は1時間ほど相方と話が盛り上がり、結局我々がこのEnotecaを後にするのは8時ごろとなり(* ̄m ̄)、結局Paviaには行かないこととなる・・)のご紹介でミラノにあるロンバルディア郷土料理のレストランに行くことになり(また後日アップします)、初めて「めっちゃロンバルディア料理っておいしいやん!」って二人して舌鼓を打つこととなりました。

以下我々の戦利品(*^_^*)
※ここからはクリックしていただくと写真が大きくなります。
20101107B06.jpg


←Oltrepo PaveseのNovello

まぁ地域的なこともあるのかもしれませんが、担当の人に

担:まずはこれを試飲してみてください。
相:( ̄ロ ̄lll)

※行く前に相方は

相:俺、Oltrepo Paveseあんま好きじゃないんねん(@_@;)

って、言ってました。
まず私が試飲し、

G:おいしいから飲んでみ!
相:(ゴクっ)
  (*^_^*) おいしい!!

結局すべて試飲しましたが、これが一番おいしくって、3本購入♪
ちなみにFiambertiという造り手さんです。

20101107B07.jpg


←次においしかったToscanaのSangioveseのNovello

勿論Novelloなんで軽い感じですが、普段飲みには最適♪
こちらは1本購入。

相:せっかく来たから!!

と、南伊に行ってから超~お気に入りのバジリカータの
20101107B08.jpg


←Aglianico del Vultureも購入

ほんまPuglia→Basilicata→Puglia旅行してからPugliaとBasilicataのワインにはまりまくってる相方。
まぁ両州のワインとも好きやから私的にはうれしいことなのですが・・

そしてリグーリアのMarioさんから
20101107B09.jpg


←栗のパスタ、ペースト、アーティチョークの酢漬け

このアーティチョークのがめっちゃおいしくって、購入しようとお店に入った(試飲や試食はお庭でやってました)のですが、Marioさんもいらっしゃって

M:こっちの奴の方がいいよ!

と、ベスト瓶を選んでくださいました。そして

M:このパスタ、一回食べてみて!!
  ほんとお勧め!!
  このペーストで食べたらめちぇめちぇおいしいから!!

と、勧められてパスタとペーストも購入。
栗のパスタって珍しいし、興味津々な二人。
また作ったらこちらもブログにアップしますね☆

ちなみにこのEnotecaさんですが、イタリアのソムリエコースを開催してらっしゃったり、色んなワインのイベントもやってはるみたいです。
18日のBeaujolais nouveau解禁日にはBeaujolaisに試飲会もやりはるみたいやし、翌19日にはイタリアの泡系の試飲もやりはるみたい。
どっちかに行けたらいいなぁ~って思ってますが・・

そして(ちょっとマニアですが・・)イタリアというかヨーロッパで初めてリーデルのグラスをこのEnotecaで発見!ちょっとした感動(*^_^*)。

思いのほか、そして私以上にVino novelloの試飲会を満喫した相方。
この後はMarioさんご紹介のミラノのレストランへ向かうこととなりました。
そのお話はまた別の日に・・



Enoteca Maggiolini
住所:Via Novara 19, Bareggio (MI), Italia
電話:+39-02-901-3034
営業:8:30~12:30/15:00~19:30
   日曜と月曜の午前はお休み
   ※12月はお休みなし

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

撃沈 ○| ̄|_

明日はイタリアのVino novelloの解禁日!
日本にいた頃は阪神百貨店で買い込んで12時とともに・・ってのをやってたんでこちらでも!!と思いスーパーへ!

ない(^_^;)

デパートへ!!

ない(-_-)

デパート近くのエノテカへ!!!

ない(x_x)

近所のイタリアワインを売ってるエノテカへ!!!!

ない ○| ̄|_

最後に行ったイタリアワインを売ってるエノテカのご主人のお話では、

主:イタリアでは明日解禁だから、こちらに入ってるくるのは18日頃ですよ!

なんでぇ~?!?!
イタリアまで車で20分ぐらいの距離なんです、ルガーノって!!
日本のがはるかに遠いにも関わらず、前日には確実に購入できたのに (>__<)

せっかく12時ちょうどにNovelloを祝おう!!ってはりきってた私は超~撃沈 ○| ̄|_
明日は幸い土曜だし、イタリアまで車出してもらおうかなぁ・・
よくわからんけど、イタリアではそんなにNovelloって大騒ぎするほどのものでもないのかなぁ??

デパート近くのエノテカの人はやたらとボージョレー勧めてきてたし(こちらも20日過ぎじゃないと入荷しないそうですが・・)。

ちなみにこのLuganoの近所にMendrisioって町があるんですけど、そこにはワイン・ロードとかもあってワイン造りが行われてます。そこではNovelloとかないんかなぁ????
ちなみにティチーノ(私の住んでるルガーノがあるカントン=州)ワインのNovelloも聞いてみたけど、ハァ(∂.∂)?って顔されたし (>__<)
やっぱまだまだ謎が多い(@_@)

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

秋の味覚?!

誰も興味ないかもしれませんが、私めっさフルーツ好きなんです (*^o^*)
中でもメロン、スイカ、梨、柿は大好き!!

G:秋って言えば柿じゃない??
  柿食べた~い!!!
相:ど~ぞ!

で、買ってきてくれはったんがこれ↓
20101104Loti.jpg

イタリアで柿はCaco(カーコ、複数でCachi:カーキ)って思ってたけど、これのパッケージには「Loti(ローティ。4つ入りやったから複数形。単数はLoto:ロート)」って書いてあった。

G:これってCacoじゃないんちゃう?
  どう見ても柿やけど・・
  味も柿やけど・・
相:Lotiって書いてるけど、同一のはずやで。

辞書でLotoって調べたら蓮とかって出てたけど、また別の意味なの???
わからん(∂.∂)?

まぁとても熟して甘~くておいしかったからそれはどうでもいいっちゃ~いいんやけど・・
でもまだちょっと気になってます、どうちゃうのんか・・

もう1つの秋の味覚はこちら↓
20101104YM.jpg

ははは、ヨーグルトなんですけど(^_^;)、栗味って珍しくないです?!
日本では見たことない気がする。

ここスイスでは(他のところも??)結構季節限定のヨーグルトが販売されます。
この栗もその1つ。
最近スーパーで見るようになったんですよね♪

これは季節もんなんかどうか???なんですけど、一緒にヘーゼルナッツ味も購入!
とにかくヨーグルトの味が一杯あるんで、いつも迷います。
私はマンゴー、パイナップル、ヘーゼルナッツ、そしてこの栗がお気に入り♪

冬バージョンは何なのかしら???
今から楽しみだったりする(笑)。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

ワインがキューピット?

一部の方はご存知ですが、2007年の「リセット」から突如、結婚しましたって、何のことやら??って感じですよねぇ (>__<)

正直、相方とは2007年の4月に日本に帰国する際にきっぱりと別れました。
それからはメールも含めて一切連絡は取ってなかったんです。
その時は結婚するつもりやったから、私の荷物はどっちゃりとこちらに輸送済みでした。
別れた理由は一方的に相方にあったので(マリッジブルーってやつですわ・・・)、

G:荷物はすべて持ち帰れないから、あなたが返送してね。
相:わかった、責任持って送る。

ってことになってたんですが、待てど暮らぞなしのつぶて(-_-)
まぁ当面必要なものは持ち帰ってたし、足らんもんは日本で買ったりもしてた。
何よりも帰国後すぐに新しい仕事(英会話の講師してました)について、研修やら、授業の準備やら、授業やらで、あっという間に時間が過ぎるというか、自分の時間がないというか(@_@)
荷物がどうこうって考える時間すらもありませんでした(x_x)

こんなことではいかん!!と思い、その仕事は早々に退職しました(^_^;)
そしてまた別の仕事に就いたのですが、ここがさらに輪をかけたぐらい忙しくって、毎日死んでました_(_"_;)_
その時はそれが少しはありがたかったんですが、そうこうしている内に1年が経ち、気持ちも随分落ち着いてきました。

G:日本でちゃんとした仕事に就いて、生活基盤を立て直そう!
  それにはこんな生活をしてては、ダメやわ!!

そして2008年には仕事も楽なものに変え(年も年なんで、まずは派遣でゆる~く働き、学校に行って別の道で生計を立てようと思ってました)、フードビジネスに入ってみようっかなぁ(←結局実現はしませんでしたが)と、ワインのスクールに通い始めました。

無知とは恐ろしいもの・・
ワインのことなんて何も知らずにいきなり受験コースに入った私(^_^;)
皆さんは1年ほど基礎と応用をお勉強された後に、受験コースに入られるそうです。
そんなこととはつゆ知らず(苦笑)、入って1日目に大ショックを受けた私(_"_;)
その時にワイン会の友ちゃん、Rちゃん、Kちゃんと知り合ってなかったら確実に私は1日目で辞めてました(^_^;)
だって、ワインの香りをかぐって、黒スグリの香りやら、ヴァニラの香りやらって(今ならわかるが)します?
私はズバリ!

ワインの香りがする!


と、おバカなコメントを書いていたことを思い出します(^_^;)

G:こりゃ何とかせねば!!

と思い、相方からもらったL'Atelier du Vinを思い出した!!
これだけは絶対に返してもらおう!!と、相方にメールを書いた。

G:クリスマスプレゼントにくれたL'Atelier du Vinを送って!
  って言うか、私の荷物は捨てられたん?

すると翌日返信が

相:すべて荷物はここにあるよ!!
  L'Atelier du Vin明日送るけど、他にもいるものある?

G:全荷物!

相:全荷物はもう少し待ってもらえる?
  でも今すぐいるものは?

G:L'Atelier du Vin!クラスで落ちこぼれてるから・・

で、すぐにL'Atelier du Vinが届いた。

相:届いたら連絡してな。

G:届いた。さんきゅう。他の荷物もよろしく!

と、そっけないメールの後、また連絡は取らなかった。

そうこうしている内に何かの拍子で1か月に一回メールを交換するようになり、それが2週間に1回になり、ついに相方から電話がかかってきた。

相:元気?
G:う~ん、仕事と学校で忙しいけど、元気やよ。
  そっちは?
相:こっちも仕事が凄く忙しいけど、元気。
  ところで・・
G:何?
相:今ってつきあってる人いる?
G:残念ながら、おら~ん(-_-)
  そっちは?
相:おらんよ・・
  こんなこと言えた義理じゃないけど、やり直せる?
G:・・・
相:アカンかなぁ・・
G:考えとくわ・・

正直迷いました。
反面、やっぱり私のパートナーは相方なんかな?!とも思い始めてる時でもありました。

別れていて連絡を取り合っていない間、これはお互いそうなのですが、他の人とデート(付き合うまでにはいってないけど)したりしてたけど、何か違うなぁ・・ってのがあったんです。
後で話を聞けば相方も同じことを経験していたようで、結果↑の会話が始まったのですが・・

相方とは好みがドンピシャだし、双子のようなところがあるので、一緒にいて楽しいし、何よりも楽!
やっぱり他人と一緒にいるのはそれなりに気を遣うから疲れる。
でも、相方とはほとんど素の状態なので、気も遣わないし(それがいいのか、悪いのか・・)。
他の男の人と出かけて帰ってくるとドっと疲れが出る(x_x)。
だから、あまり頻繁に会うのはやめておこう・・と思っちゃうんですよねぇ(^_^;)

それからはだいたい週1ぐらいで電話がかかってくるようになり、やっぱりやり直すことにしました。
お互い今度は結婚を焦らず、二人にとってベストな時がくればそうしましょう、そう至らなくても恨みっこなしにしましょう、ってことで。

そして、2009年のGWに相方が来日し、一緒に岡山旅行をしたり、同年の夏には私スイスに来て、一緒に南イタリア旅行したりして、どんどんと距離を縮めていきました。

※次回へ続く

初ジム&初筋肉痛in Lugano

昨日こちらルガーノにて初ジムo(^-^)o
生憎祝日だったのでスタジオプログラムはなく、マシン中心に軽く汗を流して参りました。
日本では2年強ぐらいジムに行ってたんですけど、いつもスタジオ中心の活動で、マシンはほぼ使ったことがありませんでした。なので、こちらでも当然マシンの使い方がわからない (>__<)
走ったり、自転車こぎはわかりますよ。
もうちょっとややこそ~な感じのやつがわからん(@_@)

幸いこの日は相方と一緒だったんで、色々とマシンの使い方を教えてもらいました。
ストレッチもたくさんしたし、そんなハードなことはしてなかったから大丈夫やろう!って思ってたら今朝、全身筋肉痛で起きました○| ̄|_

G:いったぁ~!!
  何気に全身筋肉痛やわ!
相:俺は全然平気( ̄ー ̄)
G:( ̄ー ̄)私はきっと若いから今日きてんわ、筋肉痛!
  あんた、明後日ぐらいにくるんちゃう?
  だったらおっさんやで、おっさん!!
相:う~ん、ちょっと肩とか痛いし・・
G:おっさんが嫌やから、なんちゃって筋肉痛ちゃうん!!
相:あほかっ!
  ほんまにそこら中が痛いわっ!
  あ~痛っ!

相方には絶対今日筋肉痛はきてないと思うのは私だけ?!

そうそう・・
自慢ではないのですが、私結構体が柔らかいんです、昔ヨガ習ってたから。
相方はそれを知ってるんで、さほど気にも留めてないんですけど、マシン終わって最後のストレッチをしてる時に隣のおっちゃんがガン見になってました (≧m≦)ぷっ!
おじさんはすでにストレッチの手がすっかり止まってて、顔が完全にこっちを向いてました (>__<)
いやはや、お騒がせいたしました・・
(ってそこまで柔らかくもないと思うけど・・)

こっちのジムでもZumbaやBody Pumpがあるんで、週に2回はPumpができればなって思ってます。
ちょっと気になるから一回ヨガのクラスものぞいてみようかなぁ(笑)。
頑張るぞo(^-^)o

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Ognissanti~諸聖人の日

ご存知の方も多いかと思いますが、今日は諸聖人の日(伊:La festa di Ognissanti、英:All Saints' Day)。
祝日なんですね、初めて知りました(^_^;)。

カナダに2年暮らしたけど、そんなんなかったよなぁ・・
最近ではこちらでもやや(?!)ハロウィン(Halloween)チックなものを見る気もするけど、カナダにいた頃ほどではないし・・
あっ、ちなみにハロウィンは10月31日です。
カナダにいた頃はこの日に家にいると、結構子供たちにドアをドンドコされて、キャンディをせがまれてのを覚えております。最初はキャンディを用意するのを知らんくって、居留守を使ったなぁ(^_^;)
今はスイスですけど、そんなこともなく・・こっちは「Trick or treat!」やんないのかしら???
仮装してる子供は昨日モールで見かけたけど。

もとい、カナダではハロウィンはポピュラー(でも祝日ではなかった)やったけど、諸聖人の日の記憶ゼロ。
この諸聖人の日が祝日ってどこの国が適用なのかしら??
イタリアはお休み。
スイスはカントン(州)によってどうも違うみたいだけど、ここルガーノが属してるティチーノはお休み。
確かブリュッセルにいた時も祝日だったはず・・
やっぱカトリック系の祝日だから、カトリック教徒が多い国のみって感じなのかしら???

ちなみに明日、11月2日は死者の日(伊:Commemorazione dei defunti、英:All Souls' Day)ですが、祝日ではありません。

最初、死者の日って聞いた時はなんとも怖っえぇ~!!って印象でしたが、例えるなら日本のお盆のような感じみたいですね。死者のためにミサを開いて、煉獄の死者のために祈る日って意味が元々あったみたい。でも今はどうなんだろう???

それにしても、スイスって不思議。
だって日本人の私からすると、1つの国で4か国語が国語として定められていて(それもみんなが4か国語話せるわけでもないし・・)、祝日もお正月、キリスト昇天の日、スイスの建国記念日、クリスマスを除けばすべての州が一斉にお休みを取る訳でもないって言うのは何とも不思議です(^_^;)

例えば、Luganoの人がGeneveの人と・・

L:今週末3連休やからどっか行かん?
G:うちはただの土日だけのお休みやけど・・

ってなったりすんですよねぇ(笑)。
プラスこの会話は何語で行われるの??
やっぱ不思議やわ・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Nippon~Araki

日本ブーム??」でご紹介いたしました、日本のイベント。荒木 経惟氏のLove and Deathという展覧(ハイライトはこちら)を見てきました。
LuganoにあるMuseo d'Arteでやってたのですが(2011年2月20日までやってます)、18時までなのにも関わらず、我々が到着したのは17時(^_^;)。ぶっちゃけ時間が足りませんでした (>__<)。

まず、はぁ・・やっぱスイスね・・って思ったのが入館料を払った時。
一人12スイスフランと言われて、2人分を相方が払ってくれたのですが、私がバッグとコートを預けている間に相方がよくチケットを見ると、このNipponではこの荒木氏の展示以外に3つの展示が別の場所でもやっています。で、4つとも行くなら36スイスフランで共通券があるみたいなんですけど、そのことが書かれてました。勿論チケットを購入する際にはそんなこと、一言もインフォはなかった。
で、チケット買ったばっかだし(私はコート預けてる最中だし)、まだ未入館です。

相:すみません、この共通券に変更してもらえませんか?
係:無理です。
相:でも、購入時にそのような券があると知らなかったし、ご案内もいただいてないですし、まだ未入館なんですが・・
係:もう発券したので、無理です。

日本の公共施設で仕事をしていた時は、このような場合、発券したものを無効にして、新たに顧客の望むチケットを発券という対応を取ってました。それはスイスでは不可能なことなのでしょうか???謎・・

この手の対応をする人とのそれ以上の会話は時間の無駄なので、あきらめて入館。

展示自体の感想は・・

エキセントリック!

荒木氏独特のエロス感、食物や花に対する色使い、死に対する観念など、すべてにおいてエキセントリックだなぁ・・と思いました。
特に食物と花を撮影している色使いはとてもどぎつく(と、大阪のおばちゃんである私ですら思ったよ!!)、正直相方も私も苦手でした(^_^;)
日常の食べ物ですら、彼の写真となるとあまり得意ではない食べ物に変化してしまうような・・・
とてもグロテスクな感じなんです(@_@)
花も綺麗というよりは奇異なもののように写っちゃって・・

荒木氏は猫ちゃんを飼ってたみたいなんですが、猫ちゃんの写真はとてもかわいかったです。
ただ、この猫ちゃんも今はもう亡くなっちゃったみたいで、末期の方の写真はあまりにも痛々しくて足早に通り過ぎちゃいました・・最愛の猫ちゃんの最後を写真におさめるという荒木氏の心理はどうだったのでしょうか?愛しているからこそ、最後までレンズに焼き付けたかったのかなぁ。まさにこの展覧のテーマ、Love and Deathなのかしらと思いました。

奥様の死に対して、奥様の納棺の瞬間を写真におさめるという行為は写真家荒木さんという人格が全面に出ていたのか、彼の死に対する概念が私のものとは大きく異なるものなのか、それとも猫ちゃん同様、これが荒木氏の表現したいLove and Deathなのか、色々な考えが脳裏をよぎりました。

相方とくすくす笑いながら、ひそひそと話しなが見て回るには1時間弱という時間は十分ではなく(だったらもっと早く行け!って感じですが・・)、最後はタイムアップで6時2分前に追い出されました(^_^;)
展覧自体は20の小部屋に分かれていて、足早に回ってはいたのですが、最後の4つぐらいの展覧はほぼ見れてないです(というか最後の20番目は映像だったみたいですが、すでに切られてました・・)。それがちょっと心残りかなぁ・・
特に最後の方にポラロイドで撮った写真をたくさん展示した箇所があったんですけど、それをもっとゆっくり(通りすがりレベルの見方しかできませんでした)見てみたかったです (>__<)

でもまぁ久々に展覧会を見に行って楽しかったです。
残り3つも来年2月中旬までやってるんで、また時間があればどれか見に行こうかと思っています♪


家に帰ってから・・

G:今日の展覧どうやった?
相:おもろかった!
  まぁ日本に住んでたから、(日本の)風景とか(日本人の)性に対する執着とかに対しての驚きはあまりなかったけど・・

う~ん、相方の日本人観についてのディスカッションが必要かも・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)