Juuuust chillin' out!! 2010年03月

広島上陸(2日目・メインイベント)

Deepな初日を過ごしましたが、広島に来た本当の目的は酒蔵見学。
日本酒のクラスで是非行きましょう!!ということで先生が企画してくださったこのツアー。
※初日の満喫度で遠征飲み会が目的と思われている方も多いかと思いますが...

我々がお邪魔したのは榎酒造さん。
クラスでも何本か試飲(?がっつり飲み?!)している貴醸酒で有名な蔵本さんです。

まぁ、見学の様子をご覧ください..
280210Hanahato01.jpg

←『華鳩』っていうブランド

280210Hanahato02.jpg

←熟成タンク

280210Hanahato03.jpg

←圧搾行程の1つ
 袋取り


280210Hanahato04.jpg

←麹室
 通称、「むろ」


280210Hanahato05.jpg

←作業が終った時期なので
 中にも入れていただけた!


280210Hanahato06.jpg

←真剣にお話聞いてます

280210Hanahato07.jpg

←もと(漢字でない..)の作業をする所

280210Hanahato08.jpg

←今は使ってないって
 おっしゃってたような・・


280210Hanahato09.jpg

←発酵臭を嗅いでます

280210Hanahato10.jpg

←ヤブタ式と呼ばれる
 圧搾機


280210Hanahato11.jpg

←原酒をお味見♪

280210Hanahato12.jpg

←Kちゃんお味見中

280210Hanahato13.jpg

←G:いっただきま~す♪

280210Hanahato14.jpg

←G:お~いすぃぃ~♪
 K:私にも頂戴♪


280210Hanahato15.jpg

←G:いやっ!

280210Hanahato16.jpg

←G:これだけ飲みてぇ~!!

280210Hanahato17.jpg

←なんとここでは樽熟したお酒もあります!

280210Hanahato18.jpg

←瓶たち

280210Hanahato19.jpg

←待ちにまった試飲た~いむ!

280210Hanahato20.jpg

←手前は俗にいうどぶろく酒

280210Hanahato21.jpg

←熟成した貴醸酒をアイスにかけると激うま!


とにかく超~親切!
普段は入れてもらえないやろうな..って感じの麹室にも入れてくださったし(雑菌が大敵だから)、原酒まで飲めるなんてなかなかないことだそうです。
※私は初、酒蔵見学でした。

こちらの前社長さんが、「貴醸酒」なるものを編み出されたお方なんです。
当時、大吟醸酒ブームのさなかに思いきったことをされた方です!
やはりパイオニアが造る貴醸酒はひと味も二味も違い、激美味です(>_<)
私も日本酒の学校に行くまでは

G:貴醸酒(・-・)?

って何か知りませんでしたが、お酒を造る行程で、水を加えるところをお酒を用いられるので、アルコールは高めですが、ゆえに熟成に耐えうるというか、ワイン同様、健全に熟成させると、それはそれは至福の時を迎えれる♪みたいな!
※ネットでも買えるので、百聞は一見に如かず!一度至福の世界へ行ってみてください♪

勿論、前社長にもお会いすることができ、お話を聞かせていただきました。
残念ながら、お昼の予約を入れていたので、あまり時間がなく、もっともっとお話を聞いていたいなぁ~というのが感想です。

是非これを機に色んな酒蔵さんに行ってみたいなぁ~!って思いますが、こちら程親切にどこでもしてくれはるんやろか???

全てにおいて感動の初酒蔵見学でした☆
Gianna、超~ご満悦(*^_^*)

広島上陸(初日2次会)

広島駅前宴会
宮島散策紀廣さんでの夕食と飲み続けている友ちゃん、Rちゃん、Kちゃん、そして私ですが、勿論2次会には参加しますよぉ~!!

2次会の場所は夕食2番目人気だったOyster Conclave 牡蠣亭
川沿いにログ風に造られたおっされ~なお店。
270210Kakitei01.jpg

←みんな食べる気、飲む気満々!

270210Kakitei02.jpg

←Rちゃん、念願の生牡蠣!

※この時期、養殖らしく、お店の人に

店:体調の悪い方はあたる恐れもあるので、生はやめてください。
K:えぇ~ど~しよ~!!
G・友・R:大丈夫よ、午前中からアルコール消毒完了してるから、私たち!

で、Kちゃんも生牡蠣をオーダー。

270210Kakitei03.jpg

←勿論ワインはサンセール

やっぱベストマッチ!
270210Kakitei04.jpg

←みんなご満悦♪


いやぁ~日本酒もいいけど、ワインも素敵やねぇ!!
結構店内は込みあってて、人気のお店なんやなぁ~って思いました。

私的にはちょっと火を入れた牡蠣の方が美味しかったかなぁ・・

明日もあるから・・ということで11時頃(やったかな?)解散。
市電に乗って駅前のホテルまで帰りました。



まだまだ飲みます。
Kちゃんはギブアップしましたが、友ちゃん、Rちゃん、私と日本酒クラスでご一緒の他2名にて先生のお部屋でいただきました、こちらのワイン!
270210afterDinner01.jpg

←ニュイ・サン・ジョルジュ

いやぁ~おいしいワインはこれだけ飲んで食べてした一日の最後にでも非常においしくいただけました。
先生はかなりお疲れのご様子だったから早めに退散させていただきましたが、何ともお酒も食べ物もうまい一日でした。ほ~んと満喫、まんきつ♪



Oyster Conclave 牡蠣亭
住 所:広島県広島市中区橋本町11
電 話:082-221-8990
営 業:11:00~14:30/17:00~21:30
定休日:年末を除き年中無休

広島上陸(初日夕食編)

広島駅前宴会宮島散策を経て戻って参りました、広島市内!

と、言うのも日本酒クラスの先生およびクラスメートと夕食をともにするために。
みんなの投票でお店は鮨 紀廣さんに決まってました。

このお店、大阪の日本橋のお店で修行された大将が広島にお店を出しはったお店。
大将は元々和歌山(紀州)のご出身で、広島(廣島)でお店を構えることとなったんで、それぞれ1文字とって『紀廣(きひろ)』としはったそうです。

まぁひとまずお料理をご覧ください。
※写真はもちろん、友ちゃんです。
 いつもありがとう、友ちゃん♪

270210Kihiro10.jpg

←前菜のうちの1つ
 きのこ大好き♪


270210Kihiro11.jpg

←こちらも前菜
 右手前は鯛の皮


270210Kihiro12.jpg

←白子
 うま過ぎでした!


270210Kihiro13.jpg

←とにかくここのお魚は
 超~新鮮!!!


270210Kihiro14.jpg

←炙りもやば旨!

270210Kihiro15.jpg

←広島の方でのみとれる貝

270210Kihiro16.jpg

←これが原形

270210Kihiro17.jpg

←カニも激やば!

270210Kihiro18.jpg

←新鮮そのもの!って色でしょ?!

270210Kihiro19.jpg

←ここからはにぎり

魚が新鮮なんもさることながら、大将は神業のようにお寿司をにぎる!
先生からも注目するように!って言われてたんですけど、も~びっくり(◎o◎)
一見の価値おおありです!!
270210Kihiro20.jpg

←ご飯がとにかく絶妙な柔らかさなのです

270210Kihiro21.jpg

←お出汁も最高!!

270210Kihiro22.jpg 270210Kihiro23.jpg
270210Kihiro24.jpg 270210Kihiro25.jpg
270210Kihiro26.jpg
270210Kihiro27.jpg

←デザートのイチゴ
 イチゴの酸味でお口すっきり!


見てるだけでヤバくなりそうでしょ~!!
日本酒との相性も最高で、超~満喫!!
いやぁ~広島最高!!
やっぱ瀬戸内の方はお魚がお~いすぃぃぃぃ~!!

270210Kihiro01.jpg

←お隣は大好きなMさんでした
 Mさんは超~憧れの人なんです



明日の予定がメインなので、夕食の時間を5時半に設定してくださっていた先生。
しかし酒豪軍団、8時に解放されてもまだまだ飲めまっせ~!!

と、いうことで2次会のお話は次回に・・



紀廣
住 所:広島県広島市中区鉄砲町7-26
電 話:082-225-4741
営 業:11:00~14:30/17:30~22:00
定休日:月曜日

広島上陸(初日午後宮島編)

午前編の続きです・・

駅前での酒盛りでテンションがあがってきた我々。
あいにく生牡蠣はなかったので、食べれなかったけど、牡蠣に気をよくした我々はアナゴ飯へ向かって一路宮島へ!

まずはJRで宮島口駅に到着。
義弟から船に乗る前に、『うえの』ってあるからそこでアナゴ飯を食べるようにって言われていた。

270210Miyajima02.jpg

←該当のお店発見!


しかし凄い有名なお店みたいで1時間待ち・・
そんなに待ってる時間もないので、断念しかけたら

店:お弁当ならすぐできますよ。

せっかくなんでお弁当を買って宮島で食べることにした。

270210Miyajima01.jpg

←見えてきたよぉ~!!

270210Miyajima03.jpg

←購入したお弁当と、宮島で買った地酒

酒盛り第2!
駅で牡蠣を食べたこともあり、お弁当は2人で1つをわけることにしたため、2つ購入。

270210Miyajima04.jpg

←中身はこんな感じ


宮島に来るのは2回目の私。
ここには鹿がいるのも知ってた。
なので鹿を警戒して海際で食することにした我々。
そこに行くには4段ほどの階段があり、幅も狭かったから

G:ここはさすがの鹿も降りれへんやろ~!!

と、安心仕切ってました。

そしたらなななんと!!!


空からとんび出現!

この時お弁当を持っていたのが、私とKちゃん。
Kちゃんは超~華奢でかわいい女の子。
まぁ言うなら小動物系。

さすがとんび!
Kちゃんのお弁当めがけて襲ってきた!
それも2羽も!!!
※私には襲ってこなかった。肉食獣臭してたんかしら?!?!

一同、逃げろ~!!って感じだったのですが、なんと逃げる唯一のアクセスとなっている幅狭の階段にはいつ到着したのか鹿が!!!
宮島の鹿は奈良の鹿ほどアグレッシブじゃないけど、ボ~っとしている鹿に

G:どいてぇぇ~!!

で、一同とんびから避難。
いやぁ~、とんびっって山にいるんじゃないの???
恐ろしかったぁ~(+_+)

そっからすっかりとんびに怯えた我々は、そそくさと食べて飲みました。
美味しかったんだろうけど、味わうのもそこそこでした・・
次回は是非お店の中で味わいたい!

そして観光へ。

270210Miyajima05.jpg

←ちょうど引潮!

270210Miyajima06.jpg

←おみくじも忘れない!


何気に私は今年、初おみくじでした。
そして初おみくじにして凶(*x_x)
270210Miyajima07.jpg

←さっさとくくりつけました。

宮島って恋愛の神様でもあるらしく、この後は恋愛のお守り購入!
いいことあるかしら、今年は・・

270210Miyajima08.jpg

←4人で記念ショット!

その後、丘の上の方をまわり、向こう側(ってどこ?!)に・・・
270210Miyajima09.jpg

←お茶屋さん発見!

270210Miyajima10.jpg

←お茶屋さんからの眺めも綺麗!

270210Miyajima11.jpg

←ここでは甘酒をいただきました。

ってどんだけ飲むの?!?!

そろそろ広島市内に戻らんとあかんかったから、フェリー乗り場へ・・って向かってたら..
270210Miyajima12.jpg

←かわいいお店発見!

270210Miyajima13.jpg

←ガラスの器が売ってた。


そこの器がめっさかわいかったから、4人でそれぞれチョイスしたものを購入しました。
私はピンクの器を買いました。
お店にいた時は目移りがしてたけど、家に持って帰ってみたら、愛しさが増した&ちょっと色んなバージョンをコレクションしてみたいなぁ~!!って思いました。

そしてその後広島駅に戻り、夕食へと続きます..



アナゴ飯のお店
うえの
住 所 :広島県廿日市市宮島口1-5-11
電 話:0829-56-0006
営 業:10:00~19:00
    [弁当]9:00~19:00
定休日:無休(水曜日は弁当のみ)
※予約は不可みたいです。

広島上陸(初日午前編)

3月も半ばですが、まだまだ2月に起こったことを書き切れていない私..

2月27日~28日、1泊2日で広島に参りました。
なぜ?!
その理由は後ほど明かすとして・・
その理由のために夕方に広島入りする必要があった私たち。

ひとまずRちゃんの

R:せっかくだから広島観光でも・・

に、のった~!の友ちゃん、Kちゃん、そして私。
9時半頃の新幹線で~って約束してたんやけど、偶然新大阪に向かう地下鉄内で友ちゃんと会った!
一路広島まで友ちゃんと計画を練ることとなりました。

えっ?!何の計画って???

それは・・

まず、メインの観光目的地は宮島に設定していた私たち。
うちの義弟が広島出身だから、前夜に色々とお店を聞いていた。
宮島と言えば『アナゴ飯』。
友ちゃんと、

G:アナゴ飯や有名らしいから、お昼はアナゴ飯でいいかなぁ?!
友:アナゴ大好き!!
  それで地酒かなんかと軽~くあわしてもいいんちゃう?!
G:そ~しよぉ~!!

でも、メールでRちゃんが

R:牡蠣が食べたい!!

と、言っていたのを思い出し、再び作戦会議。

G:さくっと生牡蠣でも食べれるところないんかなぁ?!
  生牡蠣とシャンパンとかよさ気じゃない??
友:牡蠣って言ったらミュスゼでしょ~!!
G:やばい、もう牡蠣とミュスカゼの口なってきたぁ~!!

と、これまだ朝10時前の新幹線内の会話です(>_<)
※トイレに立った時、前席のカップルに顔をガン見されました(^_^;)

そんなこんなであっという間に広島着!
車両は違ったけど、みんな同じ新幹線に乗ってたんで、ホームで落ち合い、友ちゃんと私がねったプランを披露。
一致団結したのはいいんですが、あいにくアナゴ飯のお店には牡蠣がないとのこと。
その日のディナーの時間が結構早め設定&アナゴ飯も外せないので、駅周辺で生牡蠣を求めて調査を開始。
駅の案内所で、駅前にお店があるって聞いたのでそこへ向かうことに決定。
しかし荷物をまずはホテルに預かってもらおう!ということになり、駅前のホテルへGO!

そしたらなんと駅前で『牡蠣祭り』なるものが開催されていて、香りにつられた我々はそそくさとかばんをホテルに預け、牡蠣祭りに参加することに予定変更。
行動力が魅力の我々ですd(´∇`о)

さてさて、牡蠣祭りの様子は・・

270210Hiroshima01.jpg

←駅前のデリで購入していたカヴァのうちの1本と焼き牡蠣

行動力の我々。
牡蠣祭りに参加すると決めた瞬間に駅前のファッションビルの地下で、カヴァのハーフを2本とプラスチックカップを購入しておりました。
本当はミュスカゼ!って思っったんですけど、冷えた白ワインはないし、ソムリエ・ナイフも持ってなかったので、道具なしで開けられる泡系にしました。

270210Hiroshima02.jpg

←これは別のカヴァと牡蠣+ポン酢

270210Hiroshima03.jpg

←朝からお~いすぃぃぃ~!!

270210Hiroshima04.jpg

←右後方にある白テントで牡蠣を売ってます


広島到着早々、午前中から駅前で酒盛り。
大阪駅前ではできんよなぁ・・と一同。
ちょっとおっさん化してきてるのかしら、私たち(6 ̄  ̄)ポリポリ
カヴァ持参の我々に広島市民も遠巻きに注目!って感じでした(苦笑)。

この後、宮島に向かうのですが、長くなったから、そのお話は次回に・・
広島話、まだまだ続きます。

ワイン会 vol. 2

ボジョレー会の面々で、
2月20日にワイン会を開催しました。
前回はあまりにもマダムMに甘えきってしまっていたので、今回はお店でやりました。
友ちゃんが持ち込みできるかどうか聞いてくれて、持ち込み料を払えばOKとのことだったので、持ち込みワインしました(←これが醍醐味!)。

まぁ、カメラ・ウーマン友ちゃんの写真、見て下さい。
※友ちゃんいつもありがとうm(_ _)m

200210Winekai01.jpg

←昼やし、まぁ6人でこれぐらいやろと我々が用意したワインたち
 一応シャンパンは1本お店で頼もうということになってました


200210Winekai02.jpg

←お店が用意してくれたこの日のメニュー

200210Winekai03.jpg

←これは頼んだシャンパンで、『Charles Pougeoise Brut』
 とてもフルーティでした



ここからはまずはお料理のご紹介・・
200210Winekai04.jpg

←1皿目
 サゴシでした


200210Winekai05.jpg

←2皿目
 ズッキーニを豚バラで巻いてソテー


200210Winekai06.jpg

←3皿目
 仔羊の煮込み
 パスタに混ぜたい!


200210Winekai07.jpg

←4皿目
 ルッコラの下には鴨肉
 マスタードがきいてて美味


200210Winekai08.jpg

←5皿目
 スズキのソテー


200210Winekai09.jpg

←6皿目
 豚の肩ロース
 これまたマスタードソースが美味!



そしてここからは持ち寄ったワインのご紹介!
200210Winekai10.jpg

←Crémant de Loire
 マダムMの持ち込み


これ、泡系なんですけど、1984年もの!!
まったりしてるけど、すっきりと凄く味わい深い1本でした。色はさすがに熟成してるだけあって、濃いゴールド色で、ローストしたような、トーストのような香りがありました。濃厚!
200210Winekai11.jpg

←Hospices de Beaune
 私の持ち込み


実はこのワイン、少々訳ありでワインスクールから頂いた2006年もののPommard(ブルゴーニュ)。
絶対にみんなと飲みたい!!と思い(思うだけ)、友ちゃんに伝えて今回のワイン会を企画していただきました。
思ったんならお前が仕切れ~!って感じですが、そこは友ちゃんに甘えちゃった(>_<)
ピノ(=ピノ・ノワール。ブドウの種類です。)にしては色合いは結構濃く、一瞬ボルドー?!って思うぐらいに力強い。しかしさすがピノで繊細さも兼ね備えておりました。
因に結構前から抜栓してたんですけど、半分ほど置いてて、最後の方に再度飲んだらまた味わいも変わって更に旨くなってた!!
200210Winekai12.jpg

←Puligny-Montrachet
 Rちゃん持ち込み


こちらもブルゴーニュですが、白です。
赤の次に白?!って思うかもしれませんが、この白、凄くしっかりしてるんです。
なんてったって1998年ものですから。ナッツやチョコのような香ばしい香りがしてました。
白なのにアルコールも13.5%としっかりしてます。
さすがブルゴーニュ好き、Rちゃんのチョイス!って感じでした。

あれっ?!この後Rちゃん持参のブルゴーニュの赤(Chambolle Musigny 1er Cru)があったけど、写真取りこぼしちゃった・・
友ちゃん、せっかく送ってくれたのに、ごめんなさい<(_ _)>
200210Winekai13.jpg

←Campo dei Gigli Amarone
 Hちゃんの持ち込み


実は私が

G:ポムロール(ボルド-ワインです)持ってくぅ~!

って凄い勘違いをしてたんで、しっかり系ってことでHちゃんがイタリアワインをご用意くださったんです(^_^;)
結果的に私が持ってたんはブルゴーニュやったから、やや、おいおいゞ( ̄∇ ̄;) 感はありましたが、超~美味は1本。私はあまりヴァルボリチェッラ(ぶどうの種類)が得意ではないけど、このアマローネは最高でした。
香りよし、色よし。イタリアワイン好きでもそうでなくてもたまりません!って感じ。
※超~イタリアワイン贔屓の私・・

と、ここで我々が持参したワイン+最初のシャンパンをあっさりとあけた私たちゞ( ̄∇ ̄;)

やっぱもう1本いってきます?!って感じでこちら↓
200210Winekai14.jpg

←State Landt
 お店にオーダー


あまりにもアマローネがしっかりしてたんで、対抗できる赤を見つけるのが難しく、しっかりとした白をもってきました。こちらはニュージーランドの白で、ソーヴィニオン・ブラン(ぶどう)使用です。こちらも白ですが、アルコールが13.5%とかなりしっかり。さすがニューワールド!
因に2001年もんで、マルボロで生産されたものです。

いやぁ~それにしてもまたまた飲んだ、食ったぁ~!

でもね・・

やはりいいワインは酔わないのです。
この後夜にまた家で義弟をワインを1本完飲した私・・
飲み過ぎかしら(6 ̄  ̄)ポリポリ



今回なんでこんなにワインのこと覚えてるの??って疑問を持たれました?!
実は友ちゃんが、テイスティング・シートを用意してくれてて、そこに書いてたから(後半は書いてないけど・・)なんです。
何から何までありがとうね、友ちゃん?

オフ会with ukoさん@>L'Osteria di Rendola

何故今?!!って感じで、インフルってました、先週(^_^;)
まぁ前回ブログを書いてから、怒濤の日々を過ごしていたんで、体力的にも精神的にも限界やってんやろうな・・って思っています。1週間休んだら凄くリフレッシュ。
勿論インフルで高熱(39度まで出た(*x_x)それもなっかなか下がらん・・)にうなされ期間はリフレッシュどころではなかったけど・・
今月末で会社を辞めるのに、こんな時期にちょっとヤバかったかも。でも、病気は突然やってくる!

さてさて、そんなこんなでアップできなかったことを少しずつアップってきます!

まずは2月24日にまたまたやってきました、イタリアン・ナイトwith ukoさん
ほんまは前から言うてたスペッロへ!ってはずやったのですが、二人が合う日がこの日(水曜)しかなくって、水曜定休日やから、断念_| ̄|○ ガクッ

で、お遊びも兼ねて、いっせ~のでっ!(←これって関西のみ?!せ~の!ってことです)ってことでお互い3軒チョイスしたお店をメールしあい、マッチしたらそこに!ってのをやりました。
そしたらなんと、このL'Osteria di Rendolaさんがマッチ!
まだまだ大阪にも色んなイタリアンあるのに、凄くないです、私たち?!!
まぁ我々的にはついにきましたか!って感じのお店ではあるんですが・・

私は会社帰りに行く予定やったら、現地集合で!って最初約束してました。
ところがukoさんも急きょ地下鉄でいらっしゃることになったら、だったら扇町の駅で待ち合わせます?!ってことになり、駅で落ち合いました。これが功を奏したんです!
私、随分昔にレンドラさんのお店カードを入手してて、それを頼りに行く予定やったんですけど、このカード、かなり古かったみたいで前のお店(移転してた)が書かれてました。
これじゃぁ~ukoさん、待ちぼうけくらうところでした(^_^;)

お店のキャパはほどよい感じで、あまり大ばこ店ではないです。
その代わり、丁寧なサービスをしてくれはります。
まずは前菜の盛り合わせを頼んでワイン・グラス片手にまだまだ爆トーク(笑)。
そしてサラダを頼んだように記憶してるけど、今や定かじゃないなぁ・・

プリモ(パスタ)も一品はお店のお勧めでラグ-系(やったよねぇ、ukoさん!!)のあまり聞いたことない感じのパスタをさっさと決めてたから、もう一品は珍しくあっさりとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノにしてみた。これがまた超~美味しかった。シンプルなメニューほど、結構ムズくないです、お店で出すのって?!

そしてセコンドも何食べたか忘れちゃった..肉やったのは覚えてる。
やっぱりさっさとブログに書き留めておかな、あかんなぁ・・反省。
※ukoさん、思い出したら何食べたかヘルプぅぅぅ~!!

お料理もどれも美味しかったです。
丁寧に造ってはるなって感じ。そして最初っからキッチンで二人分に取り分けて持ってきてくれはりました。
これって私的には結構点数高いです。
わっさ~って大皿盛りでくるんもいいんやけど、話に夢中になってることが多いんで、即、自皿から食べれるのって嬉しかったりします♪

最初はオーナーさんも我々の爆トークに遠巻き気味やったけど、(二人をそ~っとしておいてくれはるって意味で)そのうちオーナーさんを巻き込んでの爆イタリア・トーク!
オーナーの石井さんはイタリアで修行してはったことのある方で、写真やら、お店の名前の由来やら、色々と楽しいお話を聞かせてくださいました。
更にはデザートとカフェまでご馳走してくれはりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

結構早めのスタートを切っていた私たちだったので、そのまま近くのukoさんご用達のBar UnoへGo♪
結構そこでも一杯お話したけど、まだまだ話はつきない・・
しっかりと終電で帰宅しました。

3月も半ば。
また時間あったらまた集まりましょね~♪


L'Osteria di Rendola
住所:大阪市北区天神橋3-7-13 ブラーヴォ扇町101
電話:06-6357-3366
営業:ランチ  11:30~14:30
   ディナー 17:00~22:00
   不定休
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)