お知らせ~♪

激寒っ!
大阪は今朝、初雪らしい(+_+)
例年より6日早い初雪らしい。道理で寒いっ!
すっかり風邪ひきました、鼻風邪(*x_x)

実は3年前の今頃ローマ滞在した時に泊めてもらったルカっちが、来年早々(って1/2!まさに早々!!)ローマで結婚します。
それに呼ばれてて、来週の日曜(12/27)に大阪からアムス経由でローマ入りします。

イタリア人の結婚式に出席させて頂くんはこれが2回目ですが、またまたコムーネ(市庁舎)婚。
秘かに教会婚を期待してたんだけどなぁ・・
更にルカっちは超~左というか、披露宴もしないそうです。
※因にルカ君は超~リッチな子です。
リッチなルカ男のことだから、さぞかし披露宴でええもんを食べさせてもらえるんやろうとほくそ笑んでたんだけど(+_+☆\(-_-)

まぁまぁそれにしても身内だけでやる結婚式に呼んでもらえることは非常に嬉しいことです。
3年前にも泊めてもらったし、いつも優しくしてくれるから、感謝の意を込めてちょっとしたお祝の品を今日、買ってきました☆
誰がブログ見てるかわからんので(自動英語バージョンを含めて)、何を買ったかはアップしませんが..

身内婚ってことで、十中八九日本人は私だけやろうから、昨日ははりきってパーマネント(←あえてここはパーマネント。今お気に入りの死語)をあててきました(*^_^*)
※美容師さん、かっこよかった♪

しかし困るのは服・・
ブーツって可なのかしら?!
今どきの日本のおっされ~なパーチー(←これもお気に入りの死語)衣装って、思いっきりノースリでテッロテロの生地が多いんですけど、そんなん来てローマで生き延びれるんやろうか?!!(寒いですよねぇ?!)
行帰りはダッフルっても、コムーネが寒かったらアウトですよね?!
それにまず、ロ-マの人々はそのテッロテロ服を見て、

ロ:寒いのに、あほちゃうか、この日本人!!

って、思ったりはしないのかしら???

と、思っていたら結局今日も服が買えず(-.-;)

何よりも最近、ちょっとした痩せ型の中年のおっさん風な体型(腕は筋肉がついてるけど、腹回りはビール腹ってるみたいな..私の場合はビール腹ではなく、脂肪腹ですけど)やから、ノースリなんか来たらニューハーフみたいになってしまいそうやし(^_^;)
※めっさ若い時に数回間違われた。

年末は山小屋をレンタルして大騒ぎ→結婚式に参加→ブラブラ、ウダウダする→現実日本に1/11に戻る予定です。
そんなこんなで風邪なんかひいてる場合やないんやけどなぁ、私・・・
以前もブリュッセルに行った時、行きの飛行機で風邪をうつされ、ヨーロッパ滞在中は寝込んでた。
そして帰る日に元気になり、えらい高いベッド代(ってホテルに泊まってたんやないけど..)払ったもんや!って思った例もあるし・・
※今頑張ってルル飲んでます!

因に会社の本当の冬休みは12/30~1/4。
お休みくれた上司に感謝♪
って言うかクビちゃうか、私・・・

久々Mercato Angelo featuring ukoさん

ほんま、うちらよ~会ってます。
そう、またまたukoさんと12/16に久々に行って参りましたお店は6/13以来、ご無沙汰しておりましたIl Mercato Angeloでございます。

こんなに久々(って半年ぶり?!)に行ったのに、私のお気に入りカメリエーレのS君、クオーコ(シェフ)のY君は声を揃えて


お久しぶりです!!

の声にも~テンション上がってきましたよぉ~\(^o^)/

さてさてこの日もいただいたクーポンがあり、ワインが1,000円引きだったので、ちょっといいのが飲みたいなって思いukoさんにおつきあい頂きました(ukoさん、いつもわがままでごめんね<(_ _)>)

G:何かおすすめあり?!
S:メニューに載ってないのとかもありますんで、
  どんなんがいいかおっしゃって下さったら・・
u:醤油以外で!!
S:えっ、醤油ですか (-"-;A ...アセアセ
G:あのね、どうも彼女はパッシート系のぶどうが入ってると
  ダメみたいなんです。
u:そう!
  色は好きやけど、味は苦手・・
S:では、サルデーニャのとかだったら大丈夫ですよねぇ?!
G:基本、南のはむしろ好き系やと思う。
S:では、フィロキセラの流行の時に、生き残った貴重な樹からできた
  カニュラーリっていうブドウからできたワインってのがあるんですけど
  いかがですかねぇ?!
G:それは聞いたことないから興味津々!!
u:ストーリーがいいから飲んでみたい!!
S:ほんと、うまいっすよぉ~!!

で、S君一押しのこちらに決定d(´∇`о)
cagnulari.jpg

←Cagnulari 2006


※写真は輸入会社の有限会社カリテ・エ・プリより拝借しております。ネット購入も可能なようなので、ご興味があれば・・
※ukoさん、ネットで料金みちゃったけど、レストラン業界にしては破格の1.5かけぐらいやったよ!!

このワイン、鮮やかなルビー色で、スミレの香りやらスパイス系の香りやらがして、非常に複雑さを感じます。
注いでもらった時は固いかな・・って思ったけど、空気にたくさん触れさせると、芳醇な香りがバ~っと広がってなんとも素敵でした。
お味はボリューム感があるけれど、後味がほんの少し苦いので、以外とさらっといけます。
まじおいしい!!

そしてそしてまずは切りたてパルマ産生ハムをイタリアン・サイズ(通常の1.5倍量)をオーダー。

そうそう、このワインを出してくださった際にS君が通常グラスとは違うワイン・グラスを持ってきてくれた。
よくS君はこういうサービスをしてくれる。
ちょっとした心遣いだけど、それが嬉しくって、いつもS君担当のテーブルに座る(ってたまに呼びつけてる?!)んですよねぇ。

もとい!このグラスがドイツ製のグラスらしいのですが、ワインを入れて5分置いておくだけで、何回もスワーリング(ワイングラスをぐるぐるまわして、ワインを空気に触れさせること)したのと一緒の効果があるらしい。
試しにやってみた。
明らかに香りの立ち方が違う!!!
ちょっと欲しくなったよ、このグラス!!

生ハムのおともにukoさんがブッファラ(水牛のモッツァレッラ)とパンと追加オーダー。
も~この時点で我々の好きなシリーズ満載やからワインがすすむ、進む!!

そしてプリモに、Cacio e pepeをまずオーダー。
こちらはukoさんのリクエストだったのですが、ちょっとukoさんの好みとは違ったみたいで、一瞬テンションがやや↓。
しかし気を取り直してもうひとのプリモへ。

と、思ったけど、この時点で既にボトルは空(@_@;)

グラスを頼むことにした。

私が目をつけたのはROERO。
SudisfaRoero.jpg
※写真は造り手さんのNegro Angeloから拝借したんで、写真ではD.O.C.G.ですけど、我々がいただいたのは2004年ものでD.O.C.でした。

G:Roeroを2つ
S:すみません<(_ _)>
  Roero、1杯しか取れないんです。
  サービスで、Baroloを同じ値段で出させてもらいますんで
  1杯、Baroloでもいいですか?!

で、RoeroとBaroloを1杯ずつ。
ukoさんのご好意で私がRoeroをいただいたのですが・・

このRoero、かなりやばかったです!
見なれたエチケッタ(ラベル)やなって思って家で見たら、このシリーズのBarbera d'AlbaとNebbioloを過去に飲んでました!

G:すごい香りが芳醇で、素敵やよ。
  ukoさんも香ってみて!!
u:エロい香りがする!!
  ペネロペ(クルス)やわ、ペネロペ!!

と、大絶賛。本当においしかったです。
Baroloと言えばイタリアワインの王様。しかし今夜はRoeroの勝利って感じでした。

そしてそして、2つ目のプリモ。
トマト系のリゾットが食べたかったんで、またまたメニューにない(ので料理名がわからん..)トマトベースのリゾット、カニ入りを出していただいた。
※いつもごめんね、S君<(_ _)>

そうそう、また脱線しますが、会社でこのS君と私のやりとりを言ったら、みんなに責められた。
だから今日はS君に、

G:いつもわがまま放題で怒ってる?!
S:いや、全く怒ってないですよ。
  好きなお料理食べてもらって満足して帰っていただいて
  なんぼですから!
  それに明らかにできない時はできないって言いますよ。

と、23歳とは思えぬしっかり度!
カメリエーレの鏡やね☆

そしてあまりのおいしさに2つ目のプリモの最中でまたまたグラスワインを追加。

確かこの時はバルベラを抜栓してくれたような・・
※話に夢中で覚えてない・・

この日はセコンド(メイン)は食べずに、いつものお決まりのチーズをちょっといただき、デザート、カフェでしめたはず。

いやぁ~今回ワインはどれもヒット。
そして何よりもS君のサービスを堪能。
ここはカジュアルなお店なんで、基本ワインはボトルで頼んでも最初の1杯をお店の子が注いでくれるけど、後は結構自分たちで(たまたま通れば入れてくれる)って感じやけど、今夜はワインのボトルを持つこともなく..
(全てS君が絶妙にやってきて注いでくれた)

お店は忘年会シーズンもあってか、グループ客が多くて満席やったのに、ありがとね、S君♪
そしてこれに懲りずに我々が来た日には絶対S君のテーブルに案内してね☆

Le Caneton

12/5はまたまた日本酒のクラスでした。
因に最近出てくるこに日本酒のクラスとはAcademie du Vinというワインスクールでやってるコースです。

さてさて恒例のクラス後のお食事会の場所はこちら↓
Caneton01.jpg

←鴨・フォアグラ料理を中心としたカジュアルフレンチ『Le Caneton』

※写真撮影はまたまたTちゃんにお願いいたしました。いつもありがとう、Tちゃん♪
谷6の空堀商店街の近くにあります。

まぁ、一見は百分にしかず!ご覧ください。

と、申しましたが、まず、シャンパンをお店の方が出してくれはりました。
そしてやって参りましたオードブル(前菜)!
Caneton02.jpg

←左から、パテ、フォアグラ、トマト

実は↑これから皆日本酒で頂いているんです。
今回のコンセプトは日本酒とフレンチのマリア-ジュ。
先生(日本酒コースの)はあえてお店の方に普段通りのお料理で・・
と、いうことで普通にフォアグラとかパテとかがでてきました。


えぇ~日本酒とフォアグラ?!!

って、思うでしょ?!
思ってました、私も。
けどけど、ええ山廃の酒があったら相乗効果でどちらも激ウマ!!
フォアグラにあうんはワインだけではないと実感♪
Caneton03.jpg

←魚介のタルタル 昆布とシェリーのジュレ

これはやはり昆布だしやから日本酒とすんなりあいました。

Caneton04.jpg

←鳴門金時の温かいポタージュ トリュフの香り

これもトリュフと日本酒?!って思いはるでしょ?!
これが打ち消しあうでもなく、どちらかが勝つということもなく、素敵にマリア-ジュするのです!!
確か、古酒と合わせたように記憶しております。

あっ、因に我々は6種類のお酒を持参しておりました。
(※持ち込みはあくまでも先生の顔で特別に許可していただいたことだと思いますので、ご了承を・・)
Caneton05.jpg

←あれっ?!これって何やったっけ・・・

Caneton06.jpg

←ホホ肉

確か通常は赤ワイン煮込みやけど、これは違ったと思う・・
よく思い出せません、すみません・・
Caneton07.jpg

←空堀ロール

堂島ロールに押されてますが、空堀ロールも結構有名なんですよ♪
Caneton08.jpg

←食後酒に出してくれはったAmontillado

フレンチのお店ですが、スペインのシェリーが出て参りました。
しかしおいしいぃぃぃ~♪♪

Caneton09.jpg

←小菓子

これはどれもおいしかったです。
そしてコーヒーも出て参りました。

今回、フレンチと日本酒も絶対あり!!と実感。

そしてこちらのお店。
オーナーはとても優しくてお勉強熱心な方。
お店の場所はちょっとわかりにくいかもしれませんが、1軒まるごろこちらのお店になっていて非常に落ち着きます。
お料理もとてもおいしかったです。
そしてサービスもよかった!!

わざわざ谷6まで足を運ぶ価値ありありなんで、是非一度行ってみてくださいませ♪



Le Caneton
住 所:大阪市中央区上本町西2-6-23
電 話:06-6761-1717
定休日:月曜日
営 業:ランチ  11:30~14:00 【L.O】
    ディナー 18:00~22:00 【L.O】
    バー    22:00~0:00 【L.O】
備 考:地下鉄谷町六丁目駅から徒歩1分

リストランテ・マツムラ with ukoさん

も~何年越しになるんでしょうか?!
かなり前から気になっていたリストランテマツムラに12/3にukoさんと行って参りました♪

1回目は予約が取れんかったかなんかで行けんかった。
2回目はそれから間もなく通りすがりに入ろうと思ったら、閉まってた。
3回目はそれからちょっとたって、以前働いていた会社の人が予約を入れてくれようとしたけど、取れんかった。

で、もう縁はなし!と諦めていたところにukoさんから

u:リストランテマツムラって今年で閉まるみたいですよぉ~!!

って、聞き、こいつは行かにゃ~!!と思い、ukoさんにおつきあい頂いた。
と、言うか、予約を取っていただいた♪

入って予約が取れんって言うのが納得。

だって、丸いテーブルが3つあるだけやった。
私が入ると真ん中のテーブルには1組のご夫婦(かな?!)が。
そして奥のテーブルに通された。

お店はオーナー・シェフ(日本人)とその奥様(カメリエーラ)のお二人で切り盛りをされているご様子。

行く前からukoさんに

u:味はおいしいけど、サービス云々って食べログとかで言われてるんで、
  その辺りは覚悟して..

って、言われてた。
確かに食べログとか見たら、賛否両論、真二つ!
ドキドキして入ったら、食べログにまず文句ってあった、「キャパは広くないのに、いきなりイタリア語の大声で厨房に声をかける」という洗礼に。
きっとこれってイタリア語がわからん人の度肝を抜くのでしょうが、何のことはなく、「予約の人来店。もう一人は遅れる。」という事をおっしゃってるだけでした。

ukoさんをお待ちしている間、勝手に(!)プロセッコを頂きました。
ワインや食材に非常にこだわりがあるお店のご様子で、グラスでオーダーだから、いつ抜栓されたかは??ですが、ちゃ~んと香り、泡ともにたってました。
結構(私にしては)時間をかけて頂いたのですが、最後まで香りも泡もたっていて、保存に気を配ってらっしゃるんだなって思いましたね。

そんなこんなでukoさん登場!
写真は×ってことだったんで、例のごとく10日以上も経過していることをあまり思い出せない(健忘症?!)のですが(苦笑)、前菜→パスタ→メイン(私は豚をいただいたはず)→デザートを赤ワインと一緒にいただきました。
私は結構野菜&魚系で攻めたんですけど、ukoさんはがっつり家禽系で!あっぱれです。

後でお店の方も気づかれたのですが、ここでもukoさんの顔は知れ渡っている様子で、毎度毎度お顔の広さに(本人は非常に細くて小顔の今どきのお嬢さんですよ)びつくり(◎o◎)

お値段は以前一緒に行った新地のお店(アマンジャさん)よりも↑でちょっとびっくりしましたが、美味でした。

残念ながら、今月の30日でお店はクローズらしいです。

ご興味のある方はお急ぎを!!



リストランテマツムラ
住所:大阪市福島区福島1-2-1
   ロイヤルハイツ丹後1F
電話:06-6455-7977
営業:ランチ 11:30~13:30 予約制
   ディナー 18:00~21:00 予約制
定休日:毎週月曜日
    火曜日不定休
    火曜日ランチ

俺ん家

最近、月に1度、日本酒の勉強をしております。
元々ワインよりも日本酒派だったりするんですよねぇ。
今どきの人ってビール離れ多いって言うけど、日本酒に至っては同年代の人でも、「頭痛くなるから(-.-;)」とかって敬遠しがち。
非常に悲しく思っております(T_T)
だって、だって、


我らの国が誇れる醸造酒なんですよd(´∇`о)

ワインでも何でもそうですけど、安価なものはそれなりにトリックがあって、確かに頭痛をおこしたり、二日酔いになったりしやすかったりします。
でも、そんなんばっかりやないんですよ。

と、日本酒について語るんはまた今度にしますけど(って語るんかいっ!)、そんな学校の後にはテイスティングをした残りの日本酒を持ち込みさせていただけるお店(梅田近辺のランチタイムでご存知の方いらっしゃったらご一報を♪)の1つとして(って言うてもこれは先生の顔やったのかな??)、先週の土曜にお邪魔したんが・・

俺ん家

中津よりのところにあるんですけど、超~個性的!
と、言うのもその店名の通り、店主の河島さんのお宅にお邪魔~!!って感じのお店です。
名刺頂いたんですけど、キャッチフレーズも「自宅内レストラン」ってなってました!
マンションの一部屋をお店にしてはるんですけど、普通に玄関で靴縫いであがらせていただくとテーブルが。
我々が行った時は自家製のハム(激うま!)とか、にんじんのムース(とは思えん甘さ。言われんかったらかぼちゃっぽい)とか、とても個性的かつ、おいしいお料理を出してくれはりました。
各プレートには店主のこだわりが見えて、超~素敵♪
何よりも普通のレストランっぽくないところが更によし。
10人から貸し切りできるみたいなんですけど、友達同士でプチ宴会とかにはめっさおすすめかも。

今回我々は日本酒を持ち込ませていただきましたが、ええワインを一杯おいてはりました。
次回ここでワイン会とかできたらなぁ~ってその時の一部のメンバーと話しをしてて、この前写真を撮ってくれてたTちゃんが店主に聞いてくれた。そしたら持ち込み料払ったらワインとかも持ち込みOKって。

何かパーティとかしたいけど、場所が・・とか、ハウスパーティーは人数分のお料理作るんが大変!!とかって思う方々にはおすすめ。それ以外の人でも、食材にこだわりがある人とか、是非行ってみてぇ~\(^o^)/
にんじんのムースを食するだけでも価値ありですよ♪


俺ん家
住所:大阪市北区豊崎4丁目9-16
   白苑ビル401
電話:06-6374-5552
営業:ランチ 12:00(スタート)~14:00閉店(ランチは土、日のみ営業)
   ディナー17:00~23:00
備考:地下鉄中津1番出口より徒歩7分

レアもの♪

アブルッツォなオフ会をした際に、sakaeさんが私とukoさんの両名に重たいのに持ってきてくださったのが、我々が夢にまでみたこちら↓
2009cerasuolo.jpg

←Montepulciano D'Aburuzzo Cerasuolo

※写真は稲葉さんから拝借させていただいておりますm(_ _)m

私が大好きなFarnese(ファルネーゼ)という造り手のワインで、Cerasuoloの辛口です。
Cerasuoloというのは、Montepulciano D'Aburuzzo(モンテプルチアーノ・ダブルッツォ)で造られるロゼワインだけに使われる特別な名前なんです。
これ、稲葉さん(在名古屋)が輸入してはるんですけど、このCerasuoloってばFarneseさんが年に一度、春にしかリリースしてへん&稲葉さんの営業さんいわく、まだまだ日本ではロゼは売りにくいってことで、阪神さんにも入ってない代物。
何回か、稲葉の営業さんに

G:絶対ひきとりに行くから1本でも2本でもいいから阪神さんに私の予約品として入れてください!!

って、懇願しましたが、却下られて、入手は無理か?!って思ってたんです。
それをsakaeさんが気をきかせてお持ちくださった\(^o^)/

色はザ・チェラスオーロって感じのチェリー様の色合い。めっさ綺麗です!!
香りはモンプル使ってるってことですけど、赤系フルーツ(イチゴとかチェリーとか)の香りが香しい♪
味わいはすっきりとした辛口。お料理に合わせやすい!!って感じの爽やかな味わい。
通常、結構濃いモンプルに慣れてるから何とも不思議な感じです。
今の時期、結構寒いから常温で頂きましたが、ちょっと暖かめのお部屋の室温に合わせてもよかったのかなぁ~?!って思いつつ、あまりのうまさに一気に完飲d(´∇`о)
いやはや、恐ろしやFarneseって感じかなぁ・・

本当にsakaeさん、ありがとうございましたm(_ _)m

ukoさん、まだ飲んでなかったら、早めにお召し上がりになった方がいいかも。
だって、このワインの醍醐味はフレッシュ感を味わうってことみたいだし。

あぁ~、増々次回アブルッツォ入りする際には訪ねてみたいよ、Farnese!!
待っててねぇ~\(^o^)/