Juuuust chillin' out!! スイス

Ristorante Pizzeria 6512 @ Giubiasco

ローマの代わりにミラノについた理由は、もう二度と足を踏み入れることはないな・・・と思っていたスイスに行かないといけなかったから

相方の年金の手続きになぜか私までもが行かなくてはいけないと、アメリカ滞在中に相方が一人帰省した際に言われたみたい

マルペンサに着いたのが早かったので、その足でスイス入り。

が。。。

毎度のランチ渋滞!

アメリカの何車線もある道路に慣れていたのと、すっかりスイスでの生活は忘却の彼方でしたが、ここはどこに行くにも1本の道を通らないと・・・が基本のところ

もうちょっとのところで渋滞につき車動かず

一刻も早くこの国から脱出したいのに・・・である
ほんとこの国とは相性が悪い!!

相:どうする?
G:どうするって?!
相:間に合わんよ。
  昼休みでクローズやもん・・・
  どうする?!
G:ランチするってこと?!
  イタリアじゃなく、ここで???
相:明日出直す?
G:絶対にイヤ!
  仕方がないからランチしよう!

で、渋滞で動かぬ車からふと目をやると・・・

2016121903.jpg
Ristorante Pizzeria 6512

何となく、ここってイタリア人経営か?!って二人とも思った。

駐車場に車を停め、外にあったメニューを見る。
やっぱイタリア人経営っぽい!

2016121904.jpg
↑Pasta con le sarde(イワシのパスタ)

これ、ピッツバーグにいた時に相方の同僚I(イタリア人)の奥さん(アメリカ人)Sが、

S:イタリアにイワシと干しブドウを使ったパスタがあるって
  ネットで見たの。
  でも、I(夫)はないって言うんだけど、あるの、ないの??
相:ある、ある~~~!
  シチリアを代表するパスタの1つやで!!

って言ってたパスタでした(笑)。
残念ながら彼女はいませんが。

2016121905.jpg
↑こちらもシチリア名物のアランチーニ

2016121906.jpg
↑中はこんな感じ

と、お察しがつくでしょうが、シチリアからいらっしゃった方ちがオープンしたお店でした。
なので、お値段も良心的だし、お味もヘビー過ぎずで、満足のお店でした。

美味しかったランチの後はイラ~~~~っと来ることがまたあった。
もう、書きたくもないのでこれにてスイスのお話は永遠にTHE END!



Ristorante Pizzeria 6512
住所:Via Monte Ceneri 17, 6512 Giubiasco
電話:+41 77 949 63 18
営業:要確認

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

Addio Lugano~ルガーノよ、永遠にさようなら!

年明け早々からわが家にとってはとってもいいお話!
と言っても去年のことなのですが・・・

8月末にルガーノを去る際に、マンションを売りに出してました。

クリスマスにイタリアに帰ることになっていたので、その時ぐらいに売れたらいいね。。。って話してたのですが・・・

結構、さっさと売れた

ロケーションはとてもよかったのと、地価も上がってるという噂だったので、まぁ、そのうち売れるだろうとは思ってたけど、結構早くに売れました。

と言うことで、契約何やらで、相方が一旦アメリカから単身スイスへ!

そしてマンションも売れたので、スイスとの縁を一切切ろうということに。

ちなみに私は8月末にアメリカに発つ前に、見ることのなかった滞在許可書(どうもCだったようだけど、約1年近くかかってもまだ処理が終えることができなかったご様子で、見ることはなかったけど、キャンセルの際にそう言われた)を含めてすべてキャンセルして出ていたので、とっくの昔に縁は切ってたんだけど、相方の方は出発時には未払いのお給料云々を考慮してすべてはキャンセルしてなかったみたい。

そんな未キャンセルだったものの1つに年金も。

13年ほどスイスで働いていたので、その分の年金(要は給料から天引きされてたので、相方のお金)を返却してもらうことにしたみたい。

が、手続きに行くと・・・

私も同伴してサインしろ!

と言われたみたい

結局これに関してはクリスマス・イタリア帰省時に、二度と足を踏み入れないと誓ったスイスに行き、とっとと用を済ませて永遠におさらばしたのですが。

さらに、何やかんやといつものスイス的(常にバカンス中な人々・・・)事情により、アメリカに戻ってくるのが、なんと5日以上ものびることとなった

201611151.jpg
↑やっと帰ってきた相方は超~お疲れだった

色々とイラ~~~~っとすることの多かった相方の一時帰省。

が、これで家の件も片付き、永遠に足を踏み入れることはないので、よしとしよう!

ルガーノよ、永遠にさようなら~~~~

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Meiringen(マイリンゲン)観光

※『Interlaken(インターラーケン)観光』からの続きです。

かなりガッカリだったインターラーケンを後にして、もう帰ろう・・・って気持ちでいっぱいだった私。

が・・・

相:もう1か所だけ、せっかくやから!!

と、向かった先が、マイリンゲンというところ。

何故かと言うと・・・・

2016071850.jpg
↑シャーロック・ホームズ・ミュージアムがあるから!

ここ、まったく知らなかったのですが・・・

2016071851.jpg
↑メレンゲ発祥の地らしい

が、確証はないって噂だけど・・・

町と言うよりは村!

すぐに見つかった、シャーロック・ホームズ・ミュージアム↓だけど・・・
2016071852.jpg

かなりしょぼい感じ・・・

さらに時間的にクローズしていた。

一応敷地内には、

2016071853.jpg
↑シャーロック・ホームズ象あり

そしてここは『最後の事件』の舞台になった村みたいで・・・

2016071854.jpg
↑それらしき像もあり

恐らくシャーロック・ホームズ頼りなのでしょう。

2016071856.jpg
↑とってつけたようなコナン・ドイル広場の標識

コナン・ドイルはシャーロック・ホームズの作者ですよ。

2016071855.jpg
↑『最後の事件』も紹介されてた

2016071857.jpg
↑『最後の事件』に出てくるホテルは今では名前が変わってる

経営者が変わったからみたい。

で、『最後の事件』でシャーロック・ホームズが死んだとされる、ライヘンバッハの滝を探してみようと言うことになった。

2016071858.jpg
↑これらのどちらかか???と適当に進む

一応標識があって、その通りに進むも・・・・

辿り着けず

2016071859.jpg

スイスの多くの村がそうであるように、

人がいないので、聞けない・・・

窓から見てたるするんで、そっちを向くと、シャっとカーテンがしまる(苦笑)。

やっと人けのありそうな店に入るも、スイス・ドイツ語以外話せない・・・

結局。。。

2016071860.jpg
↑暗くなったので捜索終了・・・

帰りに、ズステンパスからの眺めを見せてあげようと思っていた相方。

どっぷり陽もくれて、景色は真っ暗。。。

多分もう通ることはないだろうけど、万が一また通るチャンスがあれば、陽があるうちに通ろうね。

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Interlaken(インターラーケン)観光

※『Spiez(シュピーツ)観光』からの続きです。

シュピーツから、さぁ家に・・・って思ったのに・・・

相:せっかくやから、インターラーケンに行ってみよう!

と言い出した。

名前だけは思いっきり聞いたことのある町。

トゥーンの町は結構いい感じだったけど、名前を聞いたことがなかった(基本スイスに興味なし・・・)から、この名前の聞いたことのある町はどんなにいいもんかしら・・・と行ってみることにした。

2016071840.jpg
↑↓駐車場近くの教会
2016071841.jpg

まず、ここのコインパーキングの機械、壊れてて難儀した。

お金を入れても入れても戻ってくる。。。

結局支払いのしようがないので、支払わず・・・

2016071842.jpg
↑町はこんな感じ

お土産物屋さん(高額のブランド店多し)、

2016071843.jpg
↑↓高級ホテル、
2016071844.jpg

レストランが立ち並ぶ。

インターラーケンは登山列車の起点となる町のようで、四方八方山に囲まれている。
何だか閉じ込められた印象で、ちょっと苦手な雰囲気。

2016071845.jpg
↑どっかに行くケーブルカーもあった

とにかくスイスってケーブルカー、どこにでもあるって印象。
そしてどこも高い・・・

2016071846.jpg
↑多分、アーレ川

そしてお決まりの!!

2016071847.jpg
↑カジノ

これもどこに行ってもある。

町の至るところそうなのですが、特にこのカジノ周辺には、中国人観光客とアラブ人観光客がわんさか。
なんだかどこの国に来たのかしら・・・と思うぐらいに、他の人種を見かけない。

まぁ、ただでさえ高いスイスの中でもお高いインターラーケン。
そんなところに来るのはやっぱバブリーな方たちなのでしょう。

2016071848.jpg
↑カジノの敷地内の花時計

買い物とカジノ以外、この町で特に何かをするって感じではなく、

2016071849.jpg
↑やたらパラグライダーが飛んでいた

期待が大きかっただけに、私てきにはルガーノ・クラスにがっかりの町だったなぁ・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

Spiez(シュピーツ)観光

※『Thun(トゥーン)観光』からの続きです。

トゥーンの町からアクセスしなかった、トゥーン湖を見てみようと、湖畔の別の町、シュピーツへ。

シュピーツは・・・

2016071835.jpg
↑湖畔沿いにブドウ畑がある!!

ここの景色もなかなかのもの!

そして!!

2016071836.jpg
Schloss Spiez(シュピーツ城)

お城もある!!

2016071837.jpg
↑トゥーン湖は水も綺麗な印象

2016071838.jpg
↑↓通り道で見かけた建物
2016071839.jpg

トゥーンよりもさらにこじんまりとした印象かなぁ・・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)