Juuuust chillin' out!! 関西伊イベント情報

イタリアと出逢う12月 Dicembre in Musica e Cinema

もう12月!!

知らなかったのですが、ここ何年か12月にこんなイベントが大阪で開催されているようですよ。

dim2015.jpg

Dicembre in Musica e Cinema(イタリアと出逢う12月)

なんと無料で、イタリアの映画が観れたり、コンサートが聴けたりするそうです(要予約)!!

大阪にあるイタリア文化会館が主催のようなのですが、なんとも太っ腹~~~!!!

関西ではそんなに数多くないと思われるイタリア映画鑑賞を是非この機会に♪♪

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ナポリ王国

9/23の日曜にukoさんじょばさん、K嬢、そしてukoさんの会社の若手社長、うちの結婚式にも来て下さったdちゃんとdちゃんのダ~リンの7名で行って参りました、ナポリ王国!
帰国前からじょばさんにFBでお誘いをいただいていた南イタリアワインのイベントだったのですが、私の諸事情で行きます宣言してなかったのです。
が、イベント少し前になって行けることになり皆さんのお供。

まず事前に出展ワインがわかっていたので、FBでじょばさんより

じ:ワインチェックしといてね~!

と、お達しが(笑)。

こちら入場料2,500円なのですが、それに1,000円分の金券がついてきます。
試飲できるワインはワインによって値段が違います。
なのでこの金券を使う、または買い足して試飲を楽しんでいくというシステム。
だから事前に出品ワインを吟味すると言うのは効率よく回れる&飲みたいワインが試飲できるいい方法。

ちなみにじょばさんとukoさんは今年が初めてではないらしい。
なので勝手知ったるイベントと言うところでしょうか(笑)。

まず淀屋橋の駅でじょばさんとK嬢と待ち合わせ。
近くのodonaでパンの買い出しのため。
その後お水もGETして、会場である中之島へ。

すぐに残りのメンバーと落ち合うことができいざ試飲へ!

092320121.jpg

092320122.jpg

後で思ったんだけど、7名とかで行くってのは本当に素敵!!
と言うのも、ワインの数がかなり多いので、各自違うワインをGETして色々とワインを回し飲みできるから。
いや~本当、これってばグループで行った方が人数分倍(杯)楽しめるって感じ!!

会場は結構大きい感じやったけど、かなりの人・ひと・ヒト。
カップルと言うか2名で来てる人が多かったかな。
それにしても日本でもイタリアワインの知名度が↑↑にかなりなったんだなととても嬉しく思いました。

そしてインポーターさんも増えたなぁという印象。
日本にいた際にはかなりイタリアワイン系のイベントには参加させていただいたのですが、聞いたことのないインポーターさんが結構入ってて感動!
それだけ日本未入荷のワイナリーがイタリアにはまだまだあるってことなんだろうなと思ったりも。
イタリアにはいっぱい美味しいワインがあるからもっともっと日本に紹介して欲しいな~!!

ちなみに今回は追加チケットを購入しませんでした。
なぜかと言えば、この後みんなでdちゃん夫妻宅へ。
そしてdちゃんご夫妻の手料理を堪能させていただきました☆

dちゃん宅にお邪魔するのはこれが初めて。
大阪市内にあるマンションなんだけど、超~~~~広くってセレブ~って感じ。
おしゃれなご夫婦にぴったりのおっされ~なお宅。

それにしてもdちゃんダ~リンってばまめ~~~!!
どっかの家の小3とはえっらい違いだわ(苦笑)。。。
今度は小3もお招きいただいて、dちゃんダ~リンよりご指導いただきたいものです・・・

こんなんあるみたいですよ♪

ちょっと先で9/26(日)なんですけど、 大阪市中央公会堂~大好きイタリアワインvol.1“キャンティ・クラシコ新世界”というイベントが開催されるようですよ♪(詳細はこちら

日本に輸入されているキャンティ・クラシコが50種類以上も試飲できるそうです。

詳細は上の「こちら」をクリックしていただいたらとべるのですが、さわりだけご紹介。


日時 2010年9月26日(日曜日)
時間 PM3時より受付
料金 2,000円(おつまみ1皿付)
   前売りチケット制(商品購入割引券200円付)

前売りチケットはレストラン、酒販店、合計50店舗にてチケット販売予定だそうで、森さんのお店でも販売されてるみたいです。

う~ん、私はこの日はちょっと行けそうにないけど、行けるもんなら確実に50種類、味見してると思う(爆)。
ビアガーデン行っても、食べ放題行っても、絶対にもとを取る女やな、私は(苦笑)。

「大好きイタリアワインvol.1」ってことはシリーズ化されるのかしら?!
いつか、モンプルも日の目を見ますように・・・

ご興味のある方はぜひ♪
イタリアワイン、盛り上げていきましょ~!!

Festival del Cinema Italiano 2010

人によってはまだ今週末まで続くのかもしれませんが、一応GW今日までですねぇ・・
ニート的な私としては全くもってGWも平日も変わりなく、閉まっているはずのお店が開いていたり、開いてるはずのお店が閉まっていたり、人が多かったり、少なかったりで、なんだか混乱でした(@_@;)
因に私はGymづくしのGW。
だって出かけても人ばっかりなんですもの..
ってか、Gymも結構な人ごみでした、ぶっちゃけ(^_^;)

さてさて、こんなお知らせも以前はしてたなぁ~&自分も行くなぁ~と思い、今さらながらお知らせ。
東京では既に始まってる様子で、toscaさんは結構観に行ってはるみたいで感想も書かれてましたが、大阪でもありまっせ~、Festival del Cinema Italiano 2010~イタリア映画祭2010
残念ながら東京のように上演数は多くないんですけど、2日間に渡って、7本上映されますよ♪
ちなみに上映作品と、日程は下記の通りです。

5/8(土)
 ・ジュリアは夕べに出かけない
 ・元カノ/カレ
 ・やがて来たる者

5/9(日)
 ・まっさらな光のもとで
 ・コズモナウタ-宇宙飛行士
 ・頭を上げて
 ・バール・マルゲリータに集う人々

場所は福島のABCホールで~す。

ちなみに私とukoさんは5/8(土)の1日券を購入済みで、観に行く予定です。その日にいらっしゃるご予定&見かけられた方々はお手柔らかにぃ~(^_^;)

阪神のイタリア市場(メルカート)2009

これまたすっかりアップが遅れておりますが、今年も行って参りました、阪神のイタリア展。
今年はいつもより時期が早かった(?)&ネーミングもいつもは『阪神イタリア展』やのに、『イタリア市場(メルカート)』って書いてるから、すっかり別もんやと思って油断してました(^_^;)

因に開催されていたのは、9月23日~29日でした。

油断していたこともあり、すっかり行く予定をあまりしっかりと立てていなかった私(-"-;A ...アセアセ
さらに(よく覚えていませんが・・)南イタリアを~的なキャッチフレーズがついていたような気がします。だから例年の伊展とは別にプレであるのかなぁ・・って勝手に思っておりました。

と、前置きが長くなりましたので、本題に・・

まず、9月26日(土)は3つ予定が入っていて、2つこなした時点で3つ目の予定まで、計算が狂って1時間強の空き時間が発生。
3つ目の予定は梅田近辺だったから、これ幸いと、阪神に立ち寄りました。
既にこの時点でukoさん28日の約束をしていたので、軽~く&その日に効率的に見れるように下見、下見!!って思ってました。
そしたらワインリストを発見!例年の伊展のようにフリーテイスティング場がドド~ンとあるではないですか!!この時点で

G:これってば伊展ちゃうん!!

と、気づき、がぜん火がつきましたo(^-^)o
しかしその後の予定がお食事会だったので、あまりお酒の臭い満開で行くのも・・と思い、ここはリストを見て、株式会社稲葉と遠くに見える私のカリスマ・ソムリエの田部様がいるモンテ物産に絞ることに。

まずは稲葉さんのブースに行きました。
予定では3つだけ試飲する予定でした。
しかし結局は大好きなFarneseの以下を試飲&購入
 (白)トレッビアーノ・ダブルッツォ '08
 (白)カサーレ・ヴィッキオ・ペコリーノ '07
 (赤)サンジョベーゼ '07
 (赤)カサー・ヴィッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ '07
そう、そこにあった全Farneseです。
因にペコリーノは最近、激はまってるアブルッツォの白で、それも海側のペコリーノにはまってるんですけど、これがまた海側!
因にモンプルは2本購入。

因に稲葉さんのブースでは15種類のワインを出典されてたんですけど、11本、試飲させてもらいました(^_^;) 因にここのブースで購入したのは上記以外に以下の2本を加えた、計7本。
 (赤)ボロンチーニ ヴィーノ・ノービレ '05
 (赤)ロッカ・ディ・モリ スクインツァーノ リゼルヴァ '00
ヴィーノ・ノービレの方は伊展価格ということもあり、税込み2,100円でした!
ヴィーノ・ノービレでこの値段ってお値打ち品やと思いません???
やや力強さは劣るけど、なんのなんの、コスト・パフォーマンス◎な商品でございます。
そして下の方はプーリアの赤。これはこのブースで買った商品の中で一番高かった(って言っても知れてますが・・)商品なのですが、よかったですよぉ~!
まぁプ-リアに最近はまってるってのもあるんかもしれませんが・・
結局このブースでの買い上げが一番本数多かったです。

そして向かった先はモンテさんのブース。毎年モンテさんは手広くやってはって、2ブース持ってはります。お目当ての田部さんは食事中ってことでいらっしゃらなかったのですが、モンテさんの社員さんとちょっとおしゃべり&試飲。

ひとまずこの日はモンテさんが出してはった目玉商品、『イタリアDOCGワイン6本セット』がお目当てでした。因にこの6本とは・・(赤ばかり)
 フォンタナフレッダ バローロ セッラルンガ・ダルバ
 アヴィニョネージ ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ
 ウマニロンキ クマロ・ロッソ・コーネロ
 バンフィ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
 フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ タウラージ
 メリーニ ラセルヴァネッラ キャンティ・クラシコ・リゼルバ
バンフィのブルネッロ・ディ・モンタルチーノはめちゃめちゃうまいのを以前にお店で飲んで知ってた。これで税込み21,000円やから、絶対お得な気がする!!

社員さんに、

社:数飲むんやったら、絶対に10本セットもお得やよぉ~!
G:とか言うて、最終的には15万のルーチェすすめるんちゃうん?!!
社:ぶっちゃけ、ルーチェは高すぎ!
  やったら6本セットをすすめるわ。
G:6本セットは元々買おうと思ってて、買うから。
社:あれも絶対得やよぉ~!!
G:じゃぁ10本セットも買おうかなぁ・・
社:ぶっちゃけ、白全部料理酒に使っても(白は4本)元とれるよって、内緒やで!

と、言う事で10本セットもゲット。
その日は田部さんに勧められていた白とかもあったけど、既に赤を飲んでたから月曜に来るわぁ~!!って言って断念。
月曜に田部さんは来ないって言ってたけど、ukoさんと月曜に行ったら居てはった。

その時に田部さんから

田:絶対これは買いや!

って言われてた下記2本をゲット。

 (赤)フォットリア・デル・チェッロ
    ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・リゼルヴァ '04
 (白)セッラ&モスカ
    デッレ・ヴィアンケ・トルバート・アルゲーロ '08

プラス、
 (赤)セッラ&モスカ
    テッレラーレ・カリニャーノ・デル・スルチス・リゼルバ '03

何気にヴィーノ・ノービレどんだけ好きやねん!!って言うぐらい買ってますよねぇ(笑)。
いや、好きなんです!!これもリゼルバにして税込み3,255円(通常価格は4,967円)!

因にこの他にも田部さんに飲んでだけでも行っときぃ~!って言われてマストで飲まな!!って思い、ukoさんにつきあってもらったのが4種ほどあります。

そうそう、ukoさんは着いていきなり

G:この後、レストランでの予約があるから、効率良くまわりましょね!!

の、勝手な号令のもと、リストを手渡され次から次と試飲!

二人ともさほどキャンティ・ファンではないのですが、リカーゾリのキャンティ・クラシコ '04には感動!!!しかし全て普段飲み用に飲んでいる我が家には1本5,670円(通常6,510円)ちと痛いので、これは試飲のみで・・(ゴメンチャイ、フードライナーさん<(_ _)>)

何本試飲したかは数えていませんが今年の阪神さんの伊展も堪能させていただきました♪

最終的に、このイタリア市場で購入したワインの数は30本(!)。
いつまで持つ事やら・・・
印象的だったワインはまたおいおいご報告させていただきます(^-^)
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)