スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valencia 5日目~最終日

Valencia 4日目~食事編からの続き・・・

この日のAM中が相方&Aにとって会議最終の日。
どうもAは早々に会議に行く前にホテルをチェックアウトしていた様子。

一方我が相方どのは。。。

相:11:45に戻るから!

と、荷造りもせずに出かけて行った。

これまた長年の付き合いにていや~~~~~~な予感。

最近はそうでもないのですが、自分の荷物を触られるのが嫌な相方。
なので荷造りも自分でしたいタイプ。
でも11時半になっても帰ってくる様子もないし、携帯は不通。。。

性格やと思うのですが、相方は家でもどこでも思いっきり散らかすタイプ。
こんなんでチェックアウトまでに荷造りできるんか?!と思い、勝手に荷造りを始めていた私(自分の分はすでに完了!)。やっぱ11:45になっても帰って来ない・・・・

チェックアウトは12時。
スペインやから(?)12時半ぐらいまでは大丈夫かな~って思ったけど、12時半になっても帰ってくる気配もなければ相変わらず携帯は不通・・・・
なので12時半の時点で(って30分遅刻やし。。)勝手にチェックアウトすることにした。

ただ、もう一方のカードキーを相方が持って行ってるのでそれをフロントで説明していると。。。

帰ってきた

いつもの行動に呆れてると・・・

相:オレ、どこも見てない o(*≧◇≦)o″

と、いつものわがままが出てきた・・・

私はかなり観光したし、Aも初めてじゃないから、まさに相方のために早足観光へ!
まず向かったのは歴史地区

最初に向かったのはやはりヴァレンシア闘牛場
そこから中央市場へ向かいました。

ここで!!

A:実はここを観光するの初めてかも!
相:えっ?!
  ヴァレンシア初めてじゃないって言ってなかった?
A:はい、前にも来たけど。。。
G:観光せんかったん?
A:前も会議で来たんで一人だと観光とかは・・・

ジェネレーション・ギャップか?!
我が家は一人でも二人でもささ~~~っと観光に出ちゃうタイプなのですが・・・・

中央市場で我が家はスペインのオリーブオイルとワインを購入し、Aも何やら購入し、一同

一同:お腹減った~~~~!

で、ベタですが中央市場前のTHE観光客用レストランで。。。

08062012P01.jpg
↑私のやっとこさパエリア。
やっぱ観光スポットのレストランって感じのお味。
でもお米は芯が残っててGood!

08062012P02.jpg
↑相方とAの生ハムメロン。
こちらもまずくはないけど、普通のお味だったそうです。

と、ここのお店、10ユーロで前菜かプリモから1つ、セコンド1つ、デザート1つ、飲み物1杯がついてくるというシステムなのです。

08062012P03.jpg
↑これまたベタにサングリア

前夜のシードル屋の話を聞いて相方はシードルが飲みたかったみたいなのですが、ここには置いてなかったので3人ともこちら。

08062012P04.jpg
↑相方とAのイカのグリル。

何気にこの二人、同じもんばっか頼んでる(爆)。
こちらは結構おいしかったそうですよ。

08062012P05.jpg
↑私はカジキマグロのグリル。

厚みに欠けるものの美味でした。

08062012P06.jpg
↑Aと私のデザートでフラン(プリン)。

08062012P07.jpg
↑相方のクレマ・カタラン(ブリュレ)。

THE観光客スポットのレストランにしてはお値段は良心的やし、セコンドは焼き立てやったのでまぁまぁってところでしょうか。

その後さら~~~っと観光を続け、向かった先はCAC地帯。やっぱイタリア人の相方をしても圧巻の建物群。

08062012X.jpg
↑中央市場でも飲んだOrxataをまた飲むことに。

実は3日目の夕食時に相方が麦コーヒー(イタリア語でCaffè d'orzoと言います)を飲みたいと言い出したのを覚えてて、Aが

A:スペインではOrxataって言う!

って言ってたから中央市場で飲んで見た。
それは甘くてどう転んでもCaffè d'orzoって感じじゃなかった。

そしてここでこの豆らしきものを発見し、「これ、やっぱ違うんちゃうん?!」って話してる時に伊語ができるスペイン人の子が

人:これはXufa(ショクヨウガヤツリ)って植物からできてる飲み物よ。

と、謎解きしてくれた。
ちなみにこのCAC地帯の屋台で売ってるOrxataのがおいしかったです。

あらましの観光も済ませ、一路Aが住むイタリアのヴァレーゼ県を目指します。

Aと私は途中どこかで宿泊・・・って思ってたのですが。。。

相:帰る!

と、約13時間弾丸旅行となりました

実はすでに帰ってきてはいるのですが、12日の火曜から6月どさ回り出張第3弾、4弾、5弾が控えていた相方。
ちょっとでも家に帰りたかったようです。
まぁ私的にも日曜の朝までに帰りつければお洗濯ができるので、ありがたかったのですが・・・・
こう出張が続くと1週間お洗濯日が飛ぶというのはイタイのです。

と、言う訳で途中のサービスエリア(スペイン側で)、夕食となりました。

08062012C01.jpg
↑私のセット。

08062012C02.jpg
↑Aのセット。

08062012C03.jpg
↑相方のセット。

まぁお味はサービスエリアのレストランってお味。
でもやっぱイタリアよりも安いし、ボリュームありすぎ!!

この後はガソリン入れとトイレに止まるだけでヴァレーゼ県までぶっ通し。
かなりの距離まで相方が運転し、後はAが交代で運転して帰って参りました。

やっぱスペインは飛行機で。。。
でも本当にヴァレンシア最高~~~~
絶対にまた来たいですし、チャンスがあるなら住んでみたいと思いました。
スポンサーサイト

Valencia 4日目~食事編

Valencia 4日目~観光編からの続き・・・

買い物撃沈でホテルに向かうも突如空腹が~
この時点でお昼の3時半か4時ぐらいです。

実はその後の自分の予定として、この日はホテル宿泊最終日なのでホテルのおプールでちょっとひと泳ぎ と庶民は燃えていたのですが

これから泳ぐにあたってこのプチ★ハンプティになってはいかんとお昼を食べてなかったけど、このままじゃぁ~力尽きておプール死体のようにプカ2るぞ・・・と。。。

07062012P1.jpg
↑控え目にパニーノ(とビール

3日目のランチに懲りず、またまたスペイン名物、tortilla de patatas(おじゃがのトルティージャ)が入ってるパニーノ。

え~、これにはわけがありまして

入ったBar、まったく英語通じず

入った時間帯ってまだまだスペインの人たちは普通のランチタイム。
なのでランチのセットメニューのメニューを持ってきた。
でもそんなに食べると夜にも響くし、さらにはこれからおプールが待っている!!

G:もう少し軽めのものありませんか?

の、この「軽めのもの」が通じない・・・
英語でトライし 、イタリア語でもトライし

そこへ隣のテーブルの女の人(美人だった!)が助け舟。

で、パニーノもあるってことがわかり、生ハムのパニーノを・・・ってなったのですが・・・

女:ここはね、tortilla de patatasのパニーノが
  すご~~~~くおいしいの!!
  それをお勧めするわ!

と、何度も言うので根負けしてこれになりました(笑)。
そう、意外と美人の押しには弱いのです、私・・・(っておっさん化か?!)

でもこちらのパニーノは確かにおいしかったです。

そしてその美人、実は新婚旅行で関西へ来たみたいで

女:あなた大阪なの?!
G:はい。
女:行ったわよ~~~!
  今でも忘れられない食べ物があるのよ!
  え~~~っと何って言ったっけなぁ・・

って、「忘れてるやん 」ってつっこみそうになりましたが(笑)、ググっとこらえ。。。

G:どんなんですか?
女:ボールのように丸いのよ。。
G:タコ入ってました?
女:そう!
G:タコ焼きです。
女:そう、そんな名前だった!!
  こっちにもね、アジアレストランがあるから
  聞いてみたけど、どこにもないの・・・
  食べたいのよ~。
  あなたどこか知らない?!
G:私、観光客なんで・・
  でもそれって大阪名物なんで海外では
  見たこと、あまりないです。
  私は家でしますけど。
女:え~、あなたどこに住んでるの?!
G:スイスです。
女:遠いわね・・・・

そう、近かったらご招待するけど・・・

小腹が膨れ、いざおプ~ルへ~~~と勇み足でホテルへ帰る。
早々に水着(持参品)に着替えて おプ~ルの階へ!!
この時に備えてハウスキーピングのおばさんから余分に1枚バスタオルをもらっていたのです☆☆

が。。。

おプ~ル閑散

さらにおプ~ルと呼ぶにはおこがましい(失礼!)4メートル四方ぐらいのプール。。。
ちょっとした外湯温泉か?!って感じ
このプール、7Fの外にあるもんだからなんだか風が吹いてきてうす寒~~~くなってきたので早々に退散

いや~芋の子洗うようにごった返しはいややけど、一人でポッツ~~~~ンもいやかも。。。

お買い物もプールも不燃焼・・・・

この日の夜は相方は会議主催のバンケット・ディナーがあった。
部下Aも一緒かと思いきや、Aは参加しない様子。
結構会議主催のディナーって高いのよね。。。

で、Aと他に会議に来ていたイタリア人AlとEと歴史地区で合流。
私が着くと彼らはすでに食べ終わっていた(苦笑)。
「スイス時間から食べてるのか?! 」ってつっこみそうになったけど、AlとEとは初対面につき(ってAもこのヴァレンシア旅行で初対面やし)ツッコミはなし。
Aが、

A:僕らは食べ終わったし、別の店で僕らは飲むから
  そこで食べたら?!

で、向かった先は "Sidreria El Molinon" と言うシードルのお店。

実はヴァレンシアに向かう車の中でず~~~っとAが

A:前にヴァレンシアに来た時に偶然シードル屋があって、
  すっごくおいしかったからまた行きたい!!

って言ってたお店なのです。

07062012C1.jpg
↑やっぱシードルで乾杯!

07062012C2.jpg
↑生ハムの盛り合わせ

これ手前が普通の生ハムで後方が頬肉のハム。
後方はちょっと癖があり、私はちょっと苦手だった。
普通の生ハムは超~うまかった♪

07062012C3.jpg
↑タラのフライ

07062012C4.jpg
↑イカのグリル

と、ここまで超~~~~美味。
さっきご飯食べたはずのAもガンガン食べてる(爆)。
※AlとEは飲みだけ。

E:さっきの店でさぁ、前夜いっぱい食べ過ぎて
  あんま食べれんって言ってなかったっけ?
  めっさ食べてない?!
A:えっ?!
  でも、めっちゃおいしいねん!!!

どうもA、つられ食いするみたい(爆)。
前夜の夕食時も

A:お昼食べ過ぎて・・・

って言ってたけど、結局誰よりも食べてたし(爆)。

なので

A:もう1つか2つ頼めば?!

07062012C5.jpg
↑ガリシア風タコ

う~~~ん、これはちょっと塩辛かったのです。
さらに下にはおじゃががなかったからその辛さをどこに持って行ったらいいのか???でまぁまぁ。。。。

シードルと言えばフランスが有名ですが、スペインのシードルもなかなかいけますよ♪


5日目に続きます



Sidreria El Molinon
住所:Bosseria 40, 46001 Valencia
電話:963911538

Valencia 4日目~観光編

Valencia 3日目~食事編からの続き・・・

この日はついにMuseo de Bellas Artes de Valencia

なんでここに来たかったかと言いますと、まず、Velázquez(ベラスケス)の自画像と、ゴヤ、エル・グレコなんかを見たかったのと、元修道院だったというところに心を惹かれました。

と、ここに写真をアップして気づきましたが、せっかくの外観の写真撮り忘れてます、私・・・・
こちらをご覧ください。

まず、勇み足で入ったら。。。

チケット売り場には誰もいない・・・

横に人がいたのでそこか?!と行ったら

係:さっきのところでチケットを入手してください。

で、戻ると係の人がいた(笑)。

G:大人1枚です。
  おいくらですか?!
係:タダです。

どうもタダみたいです。

地図をもらっていざ中へ

0706201201.jpg
↑ここでも遠足の小学生発見!
小さい頃からこういうのが身近にあるって素敵ですね。
先生の質問にみんなかなり真剣に回答してましたよ。

ちなみに彼れはGherardo Starninaの“Retablo de Fray Bonifacio Ferrer(Bonifacio Ferrer修道士の祭壇画。。と思いますが、不確か)”の前です。
※写真ボケてますけど・・・

0706201202.jpg
↑祭壇画がかなりありました。どれも豪華!

0706201203.jpg
↑イエスだと思うんですけど、すごい優しいタッチだったのでパチリ

0706201204.jpg
↑ちゃんと控えてなかったのを後悔!
多分、「母の愛」とかってタイトルだったように記憶。
凄い&深いな~とかなり衝撃を受けてパチリ

0706201205.jpg
Francisco Ribaltaの“Abraça de sant Francesc al Crucificat(十字架にかけられたイエスを抱擁するサン・フランチェスコ、かなぁ。。)”

0706201206.jpg
↑この横には「Giovanni Bizzeli?/La Magdalena」とありました。
多分、Giovanni BizzeliはGiovanni Bizzelliか?!l一個抜けてまっせ~~。
すごい大きなマグダラのマリアが見据えているのは十字にかけられてるから、イエス???
どういう意味があるのか興味深かったので絵と横の作者が書かれたのを写真に収めたんだけど、いまだ意味はわからず。。。

0706201207.jpg
Anthony van Dyckの“Retrat eqüestre de Francesc de Montcada(フランシスコ・デ・モンカダの乗馬のポートレート、と思います。)”

0706201208.jpg
↑こちらも横の説明書きを撮ってた。
それによると「Matthias Stom/San Sebastián atendido por Irene y su criada(イレーヌに介抱される聖セバスティアン)」とあった。

Matthiasってどっかで見た気がするんだけど、勘違いかなぁ。。。

0706201209.jpg
↑そしてVelázquez(ベラスケス)の自画像!

時代は違うが、これまたスペインを代表するダリどの(結構好きなのです)と言い、こちらのベラスケスと言い、このピンっと上向きのお髭の人がどうも気になる私・・・
あっ、相方はピンっと上向きお髭、ないです
昔はイタリア人にはやってるのか?!というバッジオ様しかりの泥棒ひげだったんですけど、今はなしです。

ベラスケスに話を戻して。。。
彼の作品の半分ほどはマドリッドのプラド美術館にあるらしい。一度は行ってみたいプラド。。。

0706201210.jpg
↑これまたスペインを代表するゴヤの"Retrat de Joaquina Canadado(Joaquina Canadadoのポートレート)" 。
この女の人は誰なのか謎・・・・

0706201211.jpg
↑これは写真撮り逃げで、誰の何という作品か控えてなかった

さすがに元修道院だけあって、

0706201212.jpg
↑↓回廊と中庭
0706201213.jpg

そして入口の天井もこんな感じ↓
0706201214.jpg

かなり堪能して、ブックショップで何か購入と思ったら。。。

閉まってた

お昼休みか?!それとも永遠にしまってるのか??
係の人に聞くも誰も英語わかんないから、閉まってるという事実以外は突き止められなかった。。。
って閉まってるのは見たらわかるぞっ!

気を取り直し、この日は2日日に目をつけていたサンダルを買おうとまたまた歴史地区へGo

0706201215.jpg
↑↓何となくパチリ
0706201216.jpg

はい、ちょっとまた迷ってます(地図は持参中)。

0706201217.jpg
↑ここは見たような気がするけど。。。

0706201218.jpg
↑Plaza de Alfonso el Magnánimo(アルフォンソ5世広場)にあったアルフォンソ5世 (アラゴン王)像

このブログで教会などの建物フェチを告白しておりますが、意外と像も好きなのです(笑)。

その後無事目的地(靴屋)に到着!
2日目にあんなにかわいいいぃぃぃ~~~~!と闘牛のように鼻息荒くしていたサンダル!

試着したらいま5

この日はも~買い物しまっせ~ムードがムンムンだった私。
またいっぱい飼ったら相方に怒られるから、こっそりと自腹を切るつもりでお金をおろしていた(自分の個人預金より)。
なのに!!

どれもこれもいま1~5!

どうも試着すると様子が違うのは私の体型と焦げすぎの肌のせいか?!
さらに前日は相方のお誕生日だったのですが 、プレゼントの用意をしてなかったのでその買い出しも。。。と思っていた。
相方のものに関しては「これいいかな~」ってのが2つ3つあったのですが、すべて服。
普段買い物は一緒に行く我々。
と、言うのも相方は上背はそんなにないんですけど、昔短距離やってたんで胸、腕、腿の筋肉がやけに発達している。
さらに最近はややハンプティ・ダンプティなのでウエストもやば気味・・・

ここはヴァレンシア。
買ったはいいけど、サイズが合わんかったら今度いつサイズのお取替え???
やっぱ連れてこんと洋服類はリスクが高すぎる

なので相方のプレゼントもあきらめ・・・・
必殺本って手もここでは使えんし。。。。

鼻息荒いまんまたどり着いたのは2日目にも行った

0706201219.jpg
↑Plaza de Toros de Valencia(ヴァレンシア闘牛場)。
この像には2日目気づかんかった!!

そしてその先には
0706201220.jpg
↑これまた素敵な中央駅があった。

買い物はかなりの不燃焼でくすぶって終わってしまいました・・・


4日目~食事編に続きます



Museo de Bellas Artes de Valencia
開館:月   11:00~16:00
   火~日 10:00~16:00
料金:無料
備考:ガイドツアーは事前要予約。
   オーディオガイドの貸し出しについては不明。

Valencia 3日目~食事編

Valencia旅行にお話を戻して、ちょっと食事編に行く前に・・・

相方と私、毎日最低1.5リットルは水を飲む

と、言うわけでなぜか(!!)毎日暑い中自力で(!!)1.5リットルボトルの水×2本を購入する係になった私
3リットルって結構重いよ・・・
しかしスペインで買っていたこの水↓
06062012.jpg

恐ろしくいっぱい入ってるのです。
ほんまに1.5リットルなのか、ボトルが小さいのか、毎回開けるたびに水がこぼれる
普通キャップまでの間に幾分か隙間ないですか???
って、どうでもいいんですけど、ちょっと気になった水事情・・・・
ちなみに別のメーカーのを買ってみたらキャップギリギリまで入ってなかったのでこぼれなかったんだけど・・・
このメーカーだけか?!

さてさて、Valencia 3日目~観光編の続き・・・

Museu de les Ciències Príncipe Felipe(フェリペ王子科学博物館)でインディ・ジョーンズの特別展示があると勘違いしまくってた私。かなりお腹が減ってたので、この特別展示をご飯なしで見るには倒れる~~~って感じだったので不本意ながらこの博物館内のカフェテリアで。。。

06062012P1.jpg
↑パニーノを頬張る。
スペイン名物、tortilla de patatas(おじゃがのトルティージャ)が入ってるのですが、ぶっちゃけ・・・

いま3!

スペインに来て初のお食事してブル~

さらに食事後、お腹はいっぱいになったので勇んでインディ・ジョーンズの特別展示の場所に行ったら私は見れなくって撃沈となるのでした。。。

そんなお昼とは裏腹に、夜はヴァレンシアに来て初相方を交えての夕食
私はまだヴァレンシア発祥のパエリアを食べてなかったので、それを食べる気満々だったのですが、この日は奇しくも相方のお誕生日

ひとまず大人な(!)私は・・・

G:何か食べたいものある?!
相:絶対にタパス!
  タパスがいいぃぃぃ~~~~ o(*≧◇≦)o″

で、タパスを食べることに(苦笑)。
まぁお誕生日だし。。。

そしてフロントでよさげなタパスを食べれる場所(ホテル近く)を聞いて向かった先は、“casa tape tap” というお店。

06062012C01.jpg
MurviedrosBlanco(白)をチョイス

相方が適当にチョイスした割にはすっきりと飲みやすかったです。
コスパよし

ちなみにここには相方と部下A、私の3人で来ています。

A:あまりお腹減ってないんやけど・・・
※お昼にパエリアを食べ過ぎたらしい。

相:ひとまず俺は3皿!
G:私も3!
A:じゃあ僕も3で!
相:みんなで分けよう!
  かぶりなしでひとまず一人3皿チョイスな。

で、選んだのが。。。

06062012C02.jpg
↑向かって左がやはりイベリコ豚の生ハム、左がアンチョビ

ここで気づいたんやけど、イタリア的には魚介+チーズって基本 じゃないですか?!
スペインはありなのです!
そしてうまいっ!!

06062012C03.jpg
↑私チョイスの山羊乳チーズのコロッケ

これ、オーダーした時はイタリア人二人ともいや~~~な感じの顔してたのに、何気に一番のうまうま品で一気になくなる(笑)。
Aは「僕、あんまりお腹減ってない・・・」って言ってたのに、めっさ燃えて一番食べてた(爆)。
そう!若い時はいっぱい食べるべし!!

06062012C04.jpg
↑実はこれ2種類あって向かって左と真ん中は同じでハムとトマトのバゲット。
一番右端はトマトだけ。

06062012C05.jpg
↑イカのグリル。
普通においしい!とにかくこの後もスペインのイカってば外れなし?!って思うぐらいにうまい!!

06062012C06.jpg
↑これはアンチョビ入りのコロッケやったと思う。
私チョイスでしたが、これはアンチョビの味がほぼせず普通のコロッケって感じでちょっとコケっ (。_・)

06062012C07.jpg
↑これも私でエビのグリル。
エビがおいしいんでしょう。普通にパックパク!!!
これもあっという間に完食!

06062012C08.jpg
↑小エビとおじゃがのグリルにこれまたチーズがかかってる

既にスペイン人化しているイタリア人二人組。
も~シーフード+チーズはあか~~んなんて言わずにパクパク。

どれもこれもおいしくって一気に食べちゃいました(笑)。
でも相方のお誕生日だったので

G:やっぱケーキとはいかんでもデザートはいっとこ!

で。。。

06062012C09.jpg
↑相方のFlan(プリン)。

06062012C10.jpg
↑私とAのPan de Calatrava(やと思う)。

このデザートを決める際にお店の人↓に色々と聞いてて、
06062012C11.jpg

相:今日実は誕生日なんです。

って話になったら。。。

06062012C12.jpg
↑Cavaくれた。

スペイン人のカスタマーサービスってば凄過ぎ~~~~!!!
イタリアでもたま~にいっぱいサービスはあるけど、瓶ごとって・・・・
凄過ぎます、スペイン!!!

最近家で朝と昼(を家で食べる時は)ご飯の後にはエスプレッソ、夜ご飯の後にはCaffè d'orzo(麦豆のコーヒーでカフェインフリー)を飲む習慣が定着している我が家。やはりと思ったけど。。。

相:Caffè d'orzo飲みた~い o(*≧◇≦)o″
G:ええけど、Caffè d'orzoってスペイン語で何って言うん?
相:・・・・
  何って言うねん(Aに)?!
A:。。。

で、カフェインフリーで~とかって色々と相方が説明したところ(先ほどのお店の方はスペイン語のみです)。。

06062012C13.jpg
↑カフェインフリーの粉のコーヒーが出てきた

私てきにはスペインの普通のコーヒー(エスプレッソ)ってばイタリアと同じぐらい外れなしでおいし~~~って思ってる。ぶっちゃけ、ここティチーノのエスプレッソよりも数段うまい!
なのに、この日は最後の最後に3人とも・・・

撃沈

ある種シ~~~ンと3人の中で静まり返ったところでおひらき~と自然になりました(爆)。

ちなみにCaffè d'orzoはスペイン語ではCafé de cebadaらしい。
次回に備えて覚えておこう・・・・

4日目~観光編に続きます



casa tape tap
住所:Padre Tomás de Montañana, 24 Valencia
電話:96-316 9081

Valencia 3日目~観光編

Valencia 2日目~観光編その3の続き・・・

この日はMuseo de Bellas Artes de Valenciaへ!って思ってたことを朝起きたらすっかり忘れていて(苦笑)、向かった先はCAC(Ciudad de las Artes y las Ciencias=芸術科学都市)。

実は泊まっていたホテルの近くだったのです。
この日もいいお天気 で30℃越え
前日よりも暑いです

まず見えてきたのが・・・
0606201201.jpg
↑↓Palau de les Arts Reina Sofia(ソフィア王妃芸術宮殿)
0606201202.jpg

オペラやコンサートなどが開催される劇場です。

このソフィア王妃というのはもちろん、スペイン国王フアン・カルロス1世の王妃、ソフィア・デ・グレシア王妃です。

せっかくなので、またまたガイドツアーに参加

0606201206.jpg
↑ここからスタート。
ここにはCACの建物がいつから建設され始めたのか、スポンサーがどこなのかなどが壁に書かれています。

ここから一気にエレベーターでSala Principalがある階まで行きます。
Sala Principalに入る前にこのフロアーでお話を聞きます。

0606201207.jpg
↑眺めも最高~♪

0606201208.jpg
↑↓Sala Principalは1,412席。
0606201209.jpg

主にはオペラに使われるホールのようですが、バレーなどの公演にも使われるようです。
オケが入るので。。。

0606201210.jpg
↑壁は特殊な形。
音響効果、いいそうですよ。

オペラを生で観たことがないので知れないだけかもなのですが。。。

0606201211.jpg
↑座席で字幕が選べるそうです。
選べる言語は、スペイン語、ヴァレンシア語、英語、公演演目言語(イタリアのオペラならイタリア語、ドイツ語のオペラならドイツ語)の4か国語は確実で、演目によってはさらに他の言語でもある時があるみたいです。

すごくないですか?!
一度でいいからここでオペラを観てみたい!!!

建物の中階ほどの外には

0606201212.jpg
↑木なんかも植わってて、環境にも優しいって感じ。

そしてお次は。。。

0606201213.jpg
↑↓Auditori
0606201214.jpg

こちらも1,490席の大型ホールです。

0606201215.jpg
↑建物のドアノブに反応

ガイドツアーで他の人との絡みもあるから他のノブ写真が取れなかったんですけど、他にも面白いノブがありましたよ。

そしてお次は。。。

0606201216.jpg
↑↓Restaurant Los Toros
0606201217.jpg

ここは演目前後などにVIPの人たちが休憩したり、披露宴なんかに使われたりするっておっしゃってました。
こんなところで披露宴って素敵~~~~!!

0606201218.jpg
↑Aula Magistral
座席数は378席。
小さな公演や、会議なんかにも使われるそうです。

0606201219.jpg
↑飾ってあったのでパチリ

0606201220.jpg
↑Teatre Martín i Soler
座席数は400席。
中小規模のオペラなどが公演されるそうです。

芸術にも力を入れてるんだな~と感動しながらツアーを後にしました。
ガイドさんもとってもいい方でした

水辺に浮かぶはCACの建物たち↓
0606201221.jpg

長くなりそうなので、続きに書きます。
ソフィア王妃芸術宮殿のガイドツアー情報も続きに・・・・

続きを読む
プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。